人気ブログランキング |

シグマの100-400mm F5-6.3 DG DN OSが10日に発売になったので、
ネット上にはあーだ、こーだとレビューが出てくるかな?と期待していたのですが、
意外にもあまり声が上がって来ないので、
話題になるようなレンズでもなかったのか?と思ったら、
多くのユーザーは天気が悪いので、撮影に出られないというのがあるようです。

自分も似たような理由で、先日購入したTAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXDが、
防湿庫に入れたままになっておりましたが、
12日の日曜日、ようやく晴れ間が出たので持ち出してみる事にしました。


TAMRON  70-180mm F/2.8 Di III VXDを使用してみました _e0341572_17444187.jpg



TAMRON  70-180mm F/2.8 Di III VXDを使用してみました _e0341572_17452301.jpg


α7RⅡに装着してみました。
大きさとしては標準ズームの大きいやつって感じで、
自分が持っている小さなタムラックのバッグに、
ボディに装着したままスッポリ入るのが非常にありがたい。
今までの70-200mm F2.8のレンズは入りませんでしたからね。



真名瀬漁港
α7RⅡ + 70-180mm F/2.8 Di III VXDの組み合わせで、
いつもの場所にやってきました。

例年だと7月の海水浴シーズンは、海岸の撮影は避けていましたが、
今年は海水浴場がオープンされないので、
状況はどんなだろう?という偵察の意味も含めての撮影です。



真名瀬海岸


真名瀬海岸
夏っぽい雲があって、久しぶりに気持ちの良い天気であります。
海での撮影は、ボディやレンズがベタベタになるので、
あまり新しい物を持って来たくないというのが本音なんですが、
まあ、持ってきてしまったのだから仕方ない。



裕次郎記念碑
F4まで絞って撮影。
F2.8のレンズはF4くらいまで絞るとカッチリいきますね。
まあ、この辺りも常識的な感じです。



森戸神社
望遠端180mm F2.8で撮影
ボケの感じは非常にいいと思います。
ザワッとするようなボケではなく、見ていて違和感がありません。



森戸神社
115mm F2.8にて撮影
なんか中途半端な焦点距離ですが、これも綺麗なボケだと思います。



森戸神社
広角端70mm F3.2で撮影。



森戸海岸
広角端70mm F11にて撮影。
海水浴場が中止になっても、結局人は海に集まってくる事が分かりました(笑)
海の家がないので、個々にテントを持ってきているようです。



森戸海岸
広角端70mm F11にて撮影。
AFは爆速だという前情報でしたが、
α7RⅡだとそれほど速いとは思いませんでした。
これならα99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIの方が速いと思います。
ボディがα9とかだとまた違うのでしょうけどね。



森戸海岸
焦点距離81mm F11にて撮影。
解像感は素晴らしいと思いました。
ネット上にアップロードした画像では、なかなか伝わらないと思いますが、
このレンズの解像力はかなり高いと思います。



森戸海岸
望遠端180mm F4にて撮影。
開放で撮ってみたのですが、前ボケがボケ過ぎたので絞りました。
前ボケも悪くないと思いますが、
個人的には後ボケの方がちょっと綺麗かな?と思います。



森戸海岸
空を見るとすごい雲がありました。
「巨根雲」と名付けておきましょう。
このブログ、初めての下ネタかもしれません(笑)



森戸海岸
70mm F3.2でいつもの落書きを!



森戸海岸
89mm F8にて撮影。
ズームレンズだと、焦点距離が半端な数字になります。
AFはα7RⅡでも十分な速さなうえ正確なようです。
遠くにいる人でも問題なく合いました。



アラレちゃん
砂浜を離れて通りに出ました。
広角端70mm F2.8にて撮影。



店の前の自転車
焦点距離154mm F2.8にて撮影。
小さいし軽いので、スナップ感覚で使うにも違和感ありませんでした。



懐かしい蚊取り線香のやつ
望遠端180mm F2.8にて撮影。
ちょっとレトロなお店だったのですが、
50mmくらいだとお店の前で撮るのに躊躇しますが、
180mmくらいあると、離れて撮れるので気が楽なところはあります。
これ、蚊取り線香を入れるやつですよね?



家の前の置物
130mm F2.8にて撮影。
小さなオブジェでしたが、これも背景が綺麗にぼけました。

撮影は1時間ちょっとだと思いますが、このレンズの良さは十分分かりました。
小さくて軽いので取り回しは非常に楽です。
写りは70-200mm F2.8 GMより上という意見もありましたが、
勝ち負けは置いておいても、十分素晴らしい写りをすると思います。

このレンズをオススメしたいのは、
70-200mm F2.8は重いという理由でF4を購入した女性の方かな。
買い替えて、このレンズにした方が幸せになれると思います。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


by momoken805947 | 2020-07-12 22:30 | Eマウントレンズ | Comments(2)

自分、いつも書いていますが経営者なもんで、
コロナ騒動が始まってから、経営者は(も)いろいろ大変です。

何か経営的なヒントはないものか?と、
経営コンサルタントの方が投稿している動画なんかも観るのですが、
「何か新しいことを始めましょう!」とか、
「他社と同じ事をやっていてはダメです!」とか、
「投資をしないといけません!」とか、
「副業をやらないと生き残れない」みたいな話ばかり。

正直、経営者の皆が皆、
そんな行動力や資金力があれば苦労しませんが、
アドバイスが抽象的で、半分精神論みたいなものです。
しかも、経営コンサルタント自体が結構潰れてるらしいという、
何とも冗談みたいな話(笑)

こういう時は、あまり周囲の意見に惑わされず、
自分が今までどういう風に商売、仕事をしてきたのか?を振り返って、
新しい事をやるのも大切かもしれませんが、
こういう時期だからこそ、
基本に戻ってみるというのも重要かなと思います。

自己啓発セミナーみたいのに行く人も多いようですが、
そういうアドバイスを聞いた人は、
もしかするとユーチューバーになろう!とか思うんでしょうかね?

思い返してみると、昔のYou Tubeは面白かったなぁと。
昔は動画を投稿して報酬が貰えるなんて事もなかったので、
趣味性が高くて、ユーチューバーに個性があったと思います。

今はいかにも「お金を稼ぎたい!」という雰囲気の人が多いので、
動画の終わりには、
「チャンネル登録とグッドボタンをお願いします!」
あれを言われると萎えますね(笑)

まあ、そんなユーチューバーばかりですが、
やはり元祖ユーチューバーといえば「ジェットダイスケ」さんですよ。
何と言ってもキャリアが違います!




そんなジェットダイスケさんが、
タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXDのレビューをしてくれていました。

ジェットダイスケさんがレンズを持っているのを観て、
「いや~小さいなぁ」と、まず思いました。

従来からある70-200mm F2.8のレンズって、
意外と大きくて重たいので、
使うかどうか分からないような時は、
気軽にバッグに入れていこうと思えませんが、
これなら持っていこうと思えますよ。

動作も純正に劣るという感じでもないですね。
AFも速いようだし、
個人的に使用する予定も無い「瞳AF」も十分な動作みたいです。
また、背景ボケもうるさい感じもなく綺麗な印象。

いや~このレンズ欲しいと思いますけど、
現在、自粛で撮影気分じゃないし、
今後の経済状況を考えると、ポンと買うのもねぇ。

明日、14日が発売日なので、
一般ユーザーのレビューが出てくるのを待つとしましょう!


by momoken805947 | 2020-05-13 17:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

久しぶりのカメラネタになります(笑)
平和だった頃、既に発売が予定されていたレンズですが、
タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD の販売予約が開始されました。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD の予約が開始されました!_e0341572_22020150.jpg



予約開始とアナウンスがあった際には、
「え~こんなタイミングで予約開始か~」と率直に思いまして、
良い製品なんだろうけど、このタイミングじゃ厳しそうだな・・・と思っていたら、
予約開始からたった1日で、ヨドバシカメラでも発売日以降のお届け!だそうです。

いや~カメラやってる人ってパワフルやなぁと関心してしまいましたが、
こんな時に、こういう製品が売れるというニュースは元気が出ますね。

予約した方は、この経済停滞の時に消費してくれたという事で、
大いに称賛されていいと思います(笑)

前情報を少し見ましたが、純正の70-200mm F2.8 GMより画質も良いとか、
AFも相当速いようで、気にならない人はいないのではないでしょうか?

個人的にはAFの正確さや、追従性能が気になりますが、
今までの70-200mm F2.8のレンズは、それなりに大きくて重たいので、
重量が810gというこのレンズは、いろんな意味で魅力だと思います。
あとは望遠側が20mm短い事をどう考えるか?でしょう。

ただ、三脚座はついていないようなので、
三脚に乗せた時のバランスは気になるところです。

多分、多分ですが、このレンズは相当数売れると予想するので、
どこか小物を作るメーカーが、専用の三脚座を作って販売してくれる予感はします。
値段は・・・多分、多分ですが\25.000から\30.000ってところかな?
知らんけど・・・

また、MFの場合に限定されるようですが、
広角端70mmでは0.27mまで寄れるというのはすごいですね。
タムロンのHPで作例を見ると、さすがにこの条件で撮った物は周辺が甘いですが、
それがむしろ味っぽい感じもするので、
マクロレンズを持参していないという時でも、
簡易的に使う事ができそうでいいなと思いました。

お値段は価格コムで見ると、最安値\123.750-という事です。

相場から考えると安いですよね。
破格だという感覚の人も少なくないんじゃないでしょうか?
純正のGMと比較したら半値ですし、
自分の知り合いの女性は、GMは重たくて無理だと断念し、
純正の70-200mm F4を使っている人も多いので、
F2.8が使いたい!と願っていた人には、
このタムロン70-180mmは救世主だと思います。

自分も欲しいなぁとは思うのですが、
ここ最近、世間がこんな雰囲気なのでカメラを持ち出す事もなく、
新しいレンズを買ってもなぁと、気後れしてしまってるのは確か。

同じような理由で予約を見送っている人も少なくないのかもしれませんが、
本当はこんな時期なので、欲しいものは予算が許す範囲で積極的に購入し、
販売しているメーカーや、店舗を後押しするってのが大切なんですよね。

今のところ予約はいっぱいみたいですし、
落ち着いたら購入したいと思っていますので、
こんな時ですが、タムロンさんにも頑張っていただきたいものです。
もちろんシグマさんにも!


by momoken805947 | 2020-04-11 00:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

前から噂のあったタムロンの単焦点レンズが先日発表されました。
焦点距離は20mm 24mm 35mm という事ですが、F2.8というのは微妙だな~と思っていたら、
どうやら最大撮影倍率が 1:2 のようなので「おっ!ハーフマクロか?」と・・・




ここ数年、新しいレンズが発表されるたびに、
ユーザーの興味は「そのレンズが寄れるのかどうか?」だったイメージがあるので、
TAMRONとしても、新しいレンズはそこに拘った感じがします。

寄れないレンズといえば、純正のFE35mm F2.8 や FE55mm F1.8を思い出しますが、
描写は良くて気に入ってるけど、寄れないから不便で売ったという人も多いんじゃないでしょうかね?

発売されるのは20mm、24mm、35mmという事ですが、
共通しているのはF2.8という事、フィルター経が67mm、重量も200gちょっと、
お値段も\40.000程度って感じのようです。

個人的には20mmの描写が良ければ欲しいなぁという感じですね。
星の撮影をするわけでもないので、F1.4とかいりませんし、
その分、小さくて軽いならF2.8の方が全然いいです。

35mmに関しては、F1.4からF1.8が欲しい焦点距離だと思うので、
35mmは一番物欲が沸かないっすな。

ふと思ったのは、3種類全部購入してカメラバッグに入れたら、
ひと目で何ミリのレンズか、すぐに分からないんじゃないかと・・・?

ハーフマクロで被写体に寄れるのが売りだと思うし、
軽い上にお値段もリーズナブル。
テーブルフォトなんかにも良さそうだから、
意外と女性に人気が出そうな気もしますがどうなんでしょう?



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-10-26 22:22 | Eマウントレンズ | Comments(2)

TAMRONから噂のレンズ17-28mm F2.8 Di III RXDが発表されました。
これでTAMRONから発売されたFEレンズは2本目という事になります。

気になるレンズ タムロン 17-28mm F2.8 Di III RXD_e0341572_10160152.jpg


人気のある28-75mm F/2.8 Di III RXDは、現在所有して使っていますが、
小型、軽量なのに高画質という事で大変気に入っているので、
この17-28mm F2.8 Di III RXDも非常に気になる存在です。



自分が所有しているレンズで、比較対象となるのはおそらく・・・

気になるレンズ タムロン 17-28mm F2.8 Di III RXD_e0341572_10210108.jpg


純正のVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSだと思います。
このレンズは飛び抜けた性能というわけではないと思いますが、
それなりに優等生で、意外と持ち出そうという気になるレンズです。

比較する項目としては、まず重量です。
17-28mm F2.8 Di III RXDの重量は 420g
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの重量は 518g
差はほぼ100gのようで、これはそれほど問題ではなさそうです。

次にF4スタートか、F2.8スタートかという事ですが、
この手の超広角レンズで、背景をぼかすという使い方はあまりしないので、
特にF4だから不満という事もなく、個人的にはF2.8じゃなくてもいいかな?とは思います。

画角の違いについては、広角側が1mm違うのは結構重要で、
16mmと17mmは「う~ん・・・」と思ってしまいますね。
望遠側については、28mmで全く不満は出ないと思います。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSについては、
望遠端35mmまでいらなかったので、
ズーム域を縮めて、その分、画質の向上に割り振って欲しかったな。

広角レンズは、画角的に風景を撮る事が多いのですが、
風景撮影については、たいていF8くらいまでは絞るし、
むしろF4スタートくらいな方がいい塩梅かと・・・

気になるのは、17-28mm F2.8 Di III RXDには手ぶれ補正がない事ですね。
一方、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSには手ぶれ補正があります。

手ぶれ補正のあるボディしか使用していない人には関係ないかもしれませんが、
自分の場合、初代α7Rやα6000も所有しているので、
手ぶれ補正がボディにないと、レンズにOSSがあると有り難い気もします。

こう考えていくと、買い替え、入れ替えする理由もあまりなさそうですが、
現在、28-75mm F/2.8 Di III RXDを使っている事を思うと、
17-28mm F2.8 Di III RXDを導入する事で、
焦点距離が綺麗につながる気持ち良さはありますね(笑)

以前、知り合いのおじさんが16-35mm GMを購入して使っていましたが、
そのGMを購入する際、1635Zを下取りに出して失敗したと言っていました。
理由を聞くと、光芒の写り方がGMより1635Zの方が綺麗だったとの事。



気になるレンズ タムロン 17-28mm F2.8 Di III RXD_e0341572_10544298.jpg


確かに光芒の出方は素晴らしいんですよね。
ちょっとセンサーには怖いけど、太陽に向けたくなるレンズです。

TAMRONの17-28mm F2.8 Di III RXDが、
果たしてここまで逆光に強くて、光芒が綺麗に出るのか気になります。

予想としては、解像力は17-28mm F2.8 Di III RXDの方が上。
光芒の美しさは1635Zの方が上。
そんな感じではないでしょうか?
発売後、多くの人のレビューを待ちたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-07-04 12:26 | Eマウントレンズ | Comments(0)

前回の続き、超広角レンズで撮る山手西洋館「花と器のハーモニー」
次はベーリック・ホールに行ってみたいと思います。


花と器のハーモニー ベーリックホール


花と器のハーモニー ベーリックホール
ここは毎度、自分の感覚と現実が違う場所で、
意外と明るいように見えて、実は結構暗いという・・・。

ここの装飾は、派手では全くなくてシックな感じでした。



花と器のハーモニー ベーリックホール
テーブルの上をよく見ると、落ち葉というか枯れ葉というか渋い!



花と器のハーモニー ベーリックホール
たまに結婚式をやっているホールの方に来てみました。
テーブル装飾の渋さとは違い、こちらはゴージャス!!



花と器のハーモニー ベーリックホール
ここには熱心なカメラ女子の方がいまして、
ずっ~~~~~と長時間撮っていたものだから、
長らく待ちまして、ようやく無人のショットが撮れました。



花と器のハーモニー ベーリックホール
窓際の綺麗な光が入っていた場所なので、
ふんわりと現像してみました。



花と器のハーモニー ベーリックホール
建物の2階に移動してきました。
定番のタイプライターも、広角で撮ると雰囲気が違います。



花と器のハーモニー ベーリックホール
ここはあえて右側にドア部分を入れて、
前後の遠近感を出してみる事にしました。
現像は時間をかけてやったのですが、
個人的なイメージは「三小田智子風」なんですけどどうですか?姉さん?



花と器のハーモニー ベーリックホール
この後、雨が降るという予報だったので、
あまりのんびりもしていられないと次に行く事にしました。
次は山手234番館に行きます。



山手234番館
ここ山手234番館は、何となく苦手意識がある場所なんですが、
とりあえず行ってみる事にします。



花と器のハーモニー 山手234番館


花と器のハーモニー 山手234番館
どうも、後ろの窓が大きいせいなのか、
光の入り方が難しいというか、コントロールしにくい光が入ってくるんですよね。
そのせいで苦手だと思ってるんですが・・・



花と器のハーモニー 山手234番館
建物の2階にやってきまして、
いくつか撮ったのですが、どうもうまく撮れる感じがしないので退散。



花と器のハーモニー イギリス館
そんなわけでイギリス館にやってきました。

天井のシャンデリアがゴージャスだったので、
超広角の画角を利用して、テーブルと天井をショット!



花と器のハーモニー イギリス館


花と器のハーモニー イギリス館
ここイギリス館は、毎度装飾のセンスがいいな~と思う場所です。
空間の広さなのか、雰囲気なのかわかりませんが、
非常に落ち着くというか、居心地が良い感じがします。



花と器のハーモニー 山手111番館
最後は「山手111番館」です。
吹き抜けの空間が印象的。



花と器のハーモニー 山手111番館
テーブル装飾はシンプルな感じでした。
ここは混んでいたけど、例によって無人になるのを待って撮影。



花と器のハーモニー 山手111番館
窓の方から順光で撮ると、コントラストが面白くないですね。
やっぱり苦労はあるけど、逆光の方が写真としては良いと思いました。



花と器のハーモニー 山手111番館
違う部屋にはこんな装飾もありました。

数時間かけて、数件の洋館を廻りましたが、
やはりのんびり撮影しようと思ったら、半日以上は必要かもしれません。
ただ、テンションが効かなくなる可能性は高いです(笑)

写真が多すぎて投稿できなかった、
超広角10mmで撮影したのがいくつかあるので、
それは次回、まとめて投稿したいと思います。



ランキングのカテゴリーが変わりました。現在61位!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-18 07:30 | 撮影記 | Comments(0)

αcafeを見ていたら、ノッチ師匠が山手西洋館に行ったようで、
Aマウントの16-35mmという、超広角レンズで撮影した作品が並んでおりました。

西洋館の撮影というと、35mmから100mmくらいの焦点距離を使っていたせいか、
師匠の画角が斬新に見えまして、自分も超広角持って行ってみようと思ったのであります。



タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di USD
今回のメインレンズはこれ。タムロンのSP 15-30mm F/2.8 Di USDです。
重さが1kgありますが、これと持っていくのが
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalだけなのでトータルは軽いでしょう。



花と器のハーモニー ブラフ18番館
まずは「ブラフ18番館」からスタート!

ボディはα99Ⅱ。
屋内は暗い場所も多いので、暗所に強いセンサーの方が有利です。
4200万画素はいらないんですけどね・・・。



花と器のハーモニー ブラフ18番館



花と器のハーモニー ブラフ18番館
今まで35mmから90mmくらいで撮っていた西洋館ですが、
超広角15mmで撮るのも面白いですね。
ピンポイントな物撮りというより、部屋全体を入れる感じの構図になります。

ただ、人が一人でも周辺にいると入ってしまうので、
無人になるまで待つという忍耐は必要でしたが。



花と器のハーモニー ブラフ18番館
ワイドマクロ的にも使えます。
広角で寄って撮るのも面白い撮り方です。
水中写真では、ニコノスの15mmでよくやりました。



外交官の家 HDR
次は「外交官の家」に移動。
建物の外観を撮り、HDRで現像してみました。
自称「バイオハザード洋館風 外交官の家」



花と器のハーモニー 外交官の家
山手西洋館の中でも、ここが一番暗いんじゃないかな?
ISO1250でございます。
ここの装飾は、部屋をいっぱいに使った巨大な物でした。
そうなると超広角レンズグッジョブ!です。



花と器のハーモニー 外交官の家
この画角の中に、人を入れないようにするのが何よりも至難の業でした。
カメラを持ったまま、何分立っていた事か・・・



花と器のハーモニー 外交官の家
このメインのテーブルの周辺には、常に人がいたので一番苦労しました。
頭の中で、あみんの「待つわ」が流れるほど・・・



花と器のハーモニー 外交官の家
窓際の空間は、光量もあって撮影しやすい場所でした。
立ち位置が決まってしまうので、15mmの画角でも少し狭いくらい。



花と器のハーモニー 外交官の家
建物の2階にやってきました。
ここはおそらく書斎なんだと思いますが、
飾られていた花もワイルド!



花と器のハーモニー 外交官の家
花という装飾を写すというより、
花という装飾がある空間を写す・・という方が正しいかもしれません。
50mmくらいで無難に撮るより、こういう方が斬新でいいかも!



花と器のハーモニー 外交官の家
窓際のコントラストが良い場所でした。
普通に撮ってしまうと、窓が白く飛んでしまうので、
そうなってしまったら負けです。
ハイライトをいかに抑え込むか?が戦いになりますね。



花と器のハーモニー 外交官の家
浴室とトイレの空間。
壁が白いので、コントラストが難しい場所でした。



外交官の家 紫陽花
外に出ると紫陽花が咲いていたので撮ってみましたが、
花は超広角じゃない方がいいかも(笑)

次はベーリック・ホールに行ってみましょう!



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-16 19:30 | 撮影記 | Comments(0)

2月の三連休はお天気に恵まれませんでしたね。
9日は雪が降ったので、翌日10日にカメラ持って出掛けてみる事にしました。


秋谷モノクロスナップ
今回は久しぶりのモノクロスナップにしたいと思います。
場所はここ「秋谷漁港」
写真が趣味の人は、立石の写真を撮りに行った事があるかもしれませんが、
そこからすぐ近くのエリアを散策する感じです。



秋谷モノクロスナップ


秋谷モノクロスナップ
今回使ったのは α7R + 28-75mm F/2.8 Di III RXD のみ。
この組み合わせ、最高に軽くていいなと思いました。
ボディ、レンズ共に手ぶれ補正がないけど、昼間撮るならそんなもんいらんです(笑)



秋谷モノクロスナップ
最近、ゆりやんがモノクロばかり撮るようになり、
その写真がInstagramでも評価が高いので、何か覚醒したようです。
モノクロを撮るようになると、物の形が違う目で見れるようになるのと、
コントラストに敏感になるので、そういう意味では感性が磨かれたんでしょうな。



秋谷モノクロスナップ


秋谷モノクロスナップ
スナップなので、良い写真を撮りたい!みたいな感じではなく、
なんとなく目を引いた物があったらバシバシ撮る感じでした。
木の質感とか、デコボコな感じはモノクロの方が伝わりやすいような気もします。



秋谷モノクロスナップ
秋谷漁港の中に入ってきました。
人がいなくて変な雰囲気でしたけど、静かだったので集中できました。



秋谷モノクロスナップ
同じ形をした物が、規則的に並んでいると撮りたくなりますね。
周囲がシーンとしていたので、α7Rの「ガシャン!」というシャッター音が響きます(笑)



秋谷モノクロスナップ
漁港にある施設や物は、壊れていたり老朽化している事が多いので、
自分やゆりやんのように感性が変態だと、こういうのに心惹かれます(笑)
きっと周囲に人がいたら「こいつ何撮ってんだ?」と思われるでしょうが、
そういう意味でも周囲に人がいなくてよかったです。



秋谷モノクロスナップ


秋谷モノクロスナップ
すいません。段々被写体が変態になってます(笑)
チェーンとかロープは心惹かれますねぇ。

残念なのが曇り空で、太陽が出ていないもんだからコントラストがなくてノッペリしている事です。
そろそろ立石の方に戻ってみます。



秋谷公園の松
唯一、雲が切れている所があったので、そこを背景に松を撮影。
読んでいる皆さんも、そろそろモノクロには飽きたと思うので、
唯一のカラー、しかもHDRという事でラストショットです。

モノクロは興味のない人にはイマイチだったかもしれませんが、
撮ってみると奥が深いし、個人的には感性を磨くには良いと思います。
特にこだわりはないのだけど、今後もモノクロは撮っていきたいと思います。



いつもポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-02-12 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

初日の出の投稿と前後してしまうのですが、
先日、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD を購入した事を投稿しました。
そのタイミングでお台場の花火撮影に誘っていただいておりましたので、
お台場の花火とガンダムを撮ってみようと、α7RⅡに装着して使ってみたので感想など書いてみたいと思います。



お台場・ユニコーンガンダム


お台場・ユニコーンガンダム
エーデルさんがガンダムをカッコよく撮ってみたいと言うので、皆でガンダム撮影会です。
このレンズの広角端は28mmなので、広角側がもっと欲しくなるかな?と思いましたが、
意外と28mmスタートというのは気にならず、工夫次第でどうにでもなりそうな感じです。



お台場・ユニコーンガンダム
夕方のマジックアワーとガンダム



お台場・ユニコーンガンダム


お台場・ユニコーンガンダム
昼間の照度の高い撮影だと、レンズの性能も意外とよくわからないのですが、
夕方くらいになって、被写体の照度差が出てくると分かりやすい条件になりますね。

正直このレンズ、外見はつや消しの黒で、純正の金属製のに比べるとチープ感があり、
見た目からすると、どうせキットレンズに毛が生えたようなもんだろうと思っていたのですが、
使ってみるとその解像力にビックリするほどすごいですよ。
全てAFで撮りましたが、スピードは速いとはいえないけど、精度も高く前ピン、後ピンもなさそうです。



お台場・ユニコーンガンダム
どちらかというと広角側よりも、標準から望遠域の方が良さそうですが、
28mmで撮っても十分解像しているし、葉っぱの描写なんかを見てもかなり良い感じだと思います。



お台場・ユニコーンガンダム
少し下がって標準域50mmで撮影。
24-70mm F2.8 GMは持っていないから比べようもないのだけど、
おそらく同じ画角で同じシーンを撮って、見比べて分かる人もいないんじゃないでしょうか?
そのくらいの性能はありそうですけどね。



お台場・ユニコーンガンダム
このくらい使ってみると、何となくレンズの個性みたいなのがわかってきました。
正直、このレンズかなり良いと思います。



平成最後のお台場レインボー花火


平成最後のお台場レインボー花火


平成最後のお台場レインボー花火
お台場レインボー花火は、遠景の撮影になると思いますが、
拡大して見てみても十分解像しているし、他のレンズで撮ってもこんな感じなので普通かもしれません。

一日、このタムロンで撮ってみましたが、軽いのがまず良いですね。
また、径が細いので持ちやすく、快適に撮影ができる印象でした。
性能も純正の高いのと比べても遜色なく、AFは速くはないけど正確で、
動いているような物は撮りにくそうですが、静物を撮影するならなんの問題もないと思います。

ただ、AFの精度については、レンズの個体差や使用ボディによって変わるかもしれませんが・・・

ちまたで絶賛されていたレンズなので、興味半分で購入した感じだったのですが、
このレンズ、噂通り相当良いと思いますよ。
純正にこだわりがないなら自信を持ってオススメできると思います。



いつもポチッていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-01-02 22:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

標準ズームレンズというカテゴリーにおいて、自分の持っているイメージとか観念をいうと、
基本的には24mmから70mm(105mm)くらいのズームで、使用頻度の高い焦点距離をまとめた感じになっているのだけど、
どちらを見ても絶賛するほどの物がなくて、昔から言われている「標準ズームに銘玉なし!」というのは的を得ていると思います。

が、しかし、24mmから70mmまで単焦点で揃えた上に、それをバッグに入れて持ち歩くというのも非現実的な話であって、
とりあえず標準ズームを買わないといけないという宿命になるわけなんですが、
自分が持っている標準ズームは、AマウントのVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM と、
同じくAマウントのSIGMA 24-105mm F4 DG HSMの2本だけ。

この2本のレンズは標準ズームとしては、普通に役割は果たしてくれているのだと思うのだけど、
とにかくでかくて重たいってのがネックなもんで、Eマウントボディでマウントアダプターなしで使える標準ズームが欲しくなりました。

そこで候補に上がったのが純正の FE 24-70mm F2.8 GM だったのですが、
これもでかくて重いので却下となり、気持ち的には最近話題のタムロン28-75mm F/2.8 Di III RXDが気になりました。
調べてみると小さくて軽い割には、写りもそこそこみたいですしね。




ジェットダイスケさんの動画を観ると、純正のGMに比べて寄れるのがいいですね!
そのうえコンパクトとなると、ただでくれるといってもタムロンを選びたくなります。

いや、くれるならGMもらって、それを売ってタムロン買うなぁ(笑)


と、まあ、そんなわけでタムロンを買ってみようと思いましたが、
価格コムの書き込みを見たら、まだ生産が追いついていないのか納期が長いようで、
注文しても数週間待たされるなと思っていたところ・・・・

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD を買ってみましたよ _e0341572_19000201.jpg
注文して2日後には手元に届きました(笑)
さすがマップカメラ早いっすな。


タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD を買ってみましたよ _e0341572_19004194.jpg
少し前のタムロンの箱はシルバーだったのですが、最近のは白いのか?
15-30mm F2.8の箱と比べてみても、箱自体が相当小さいですよ。


タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD を買ってみましたよ _e0341572_19012759.jpg

レンズを箱から出してみると「ちっちゃ~」
このくらい標準ズームが小さいと、70-200mmと一緒に持ち出しても楽だな~と思いました。


タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD を買ってみましたよ _e0341572_19014944.jpg

レンズだけ撮っても大きさがイマイチ分かりづらいと思うので、
机の上に転がっていたα7Rにくっつけてみました。
写真だと、それほど小さく見えないかもしれませんが、
径が細いので持ちやすいし、体感的にはかなり小さく感じますよ。

ちなみに今回の写真、20年前の330万画素のゴミみたいなデジカメで撮ったので、
画質が悪いのはご愛嬌という事で・・・。

部屋の中でちょっといじってみた感想ですが、
ズームリングはちょっと重たい感じです。これは使っているうちに少し軽くなると思うのでちょうど良さそう。
AFはお世辞にも速いとはいえないですが、これで流鏑馬を撮ろうとは思わないので別にいいでしょう。

そのうち外に持ち出して、写真を撮って貼り付けたいと思いますが、
これででかくて重いレンズを持っていかなくていいと思うと気が楽になりました。
だんだん歳と共に、小さくて軽い機材にシフトしているなぁ。
こうして人間弱っていくんでしょうな(笑)



いつもポチッとしていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2018-12-26 19:34 | Eマウントレンズ | Comments(0)