人気ブログランキング |


横須賀しょうぶ園
前回の投稿の続き、横須賀しょうぶ園での撮影になります。
今回は花の手入れをしていただける、花摘み娘さん達が主役です。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの薄い被写界深度を利用して、
浮かび上がるような描写を目指して撮影してみました。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
作業をされているのですが、
意外と移動が早く、背景に水車を入れるのに、
自分も移動しないといけませんでした。



横須賀しょうぶ園
園内は広いので、あちこちに花摘み娘さんがおりました。
背景が抜けている広い場所を選んで撮影。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
F4まで絞ると、描写が急に固くなる感じになりますね。
まあ、パキッと写る事は写るんですけど・・・

個人的にはF2.8くらいまでが好きな描写になりそうです。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
手前の菖蒲を前ボケにして撮影。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
菖蒲じゃない花も手入れしてました。
菖蒲の中にいる時は分からなかったのですが、
腰から下はビニールのスカート履いてました(笑)
写真的には見えない方がいいと思うけど・・・・



横須賀しょうぶ園
2回の投稿となった 横須賀しょうぶ園 ですが、
なかなか撮りごたえのある場所でございました。
来年もまたコウジくんと来てみたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-26 11:30 | 撮影記 | Comments(2)

お天気の良い日曜日に行ったら、駐車場待ちで諦めてしまった横須賀しょうぶ園ですが、
どうしても撮りたいと思い、次の週にまた行ってみる事にしました。
今回は相方のコウジを誘ってのエントリーであります。

横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
菖蒲のピークは過ぎているのですが、
遅咲きの花がまだまだあり、見どころは十分だったと思います。
前の週は鬼のように混んでいたのに、この時はガラガラ。
やっぱり天気悪いと人の出も少ないようです。
花の撮影は曇りくらいの方がいいんですけどね。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
いつ雨が降ってくるか分からない状況だったので、
レンズ交換しないつもりで Sonnar T* 135mm F1.8 ZA のみで勝負!
なかなか良い距離感でした。



横須賀しょうぶ園
レンズの開放F値は1.8ですが、
自分のような古い人間は、どうしても微妙に絞って使ってしまう悲しさ。
これ、昔からの癖みたいなもんでしょうね。
撮影はF2.5



横須賀しょうぶ園
この紫色のが好きで、ついこればかり撮ってしまう・・・
菖蒲って、すごいいろんな名前、種類があるようで、
同じに見えるけど、名前が違うってのがいくつもあって訳わかりませんでした。



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
集団で来ていたおばちゃん達が、綺麗だと騒いでいた花。
名前を連呼していたけど、どうしても思い出せん・・・(笑)
コウジはマクロレンズで撮っていたので、
きっとすごいのが撮れてると思います。



横須賀しょうぶ園
園内には紫陽花も沢山咲いていて、
菖蒲、紫陽花のコラボという感じでした。



横須賀しょうぶ園
さすが魔法のレンズ!
どう撮っても、とりあえずちゃんと写真になるというクオリティ!



横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園
低いアングルから園内の様子を撮影。
混雑している時に来たら、こんな風にのどかな感じにはならなかったでしょうな。



横須賀しょうぶ園
あ~あ、雨降ってきちゃったよ。
まあ、傘が構図の中に入るってのも、なかなかいいもんです。



横須賀しょうぶ園
というわけで、写真の投稿数も多くなってしまったので、
花摘み娘さん達の写真は、次の投稿でしていきたいと思います。



ランキングただいま25位!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-24 14:15 | 撮影記 | Comments(2)

ソニーストアからも、マップカメラからも新しくて出たFE135mm F1.8 GMの予約開始のメールがきました。
CP+でも注目の新製品だったようで、チラホラと作例なんかも出てきていますが、
海外の評価は「今まで使ったレンズで最もシャープ!」なんてレビューもあるようです。


e0341572_20061693.jpg


気になる重量はSonnar T* 135mm F1.8 ZAより微妙に軽い950g
まあ、1kgだと思えばいいんでしょう。
最短撮影距離は70cmのようなので、これもSonnar T* 135mm F1.8 ZAと大差ないです。
ただ、MTF曲線があったので見てみると・・・

e0341572_18554964.jpg

ここのところ、データを改ざんする腹立たしい問題が話題になっていますが、
これは改ざんしてないよね? と言いたくなるくらいすごい!

個人的な想像では、ピントの合っている面はシグマの135mmの方がシャープだろう?と思っていたのですが、
どうもソニーの135mmの方が上かもしれません。



e0341572_18594952.jpg

ちなみにシグマの135mm F1.8 DG HSM。
こちらも優秀なレンズのようではありますが、重量がなんと1.230gもあります。
う~ん・・やっぱりシグマのレンズは重いんだな~。
ただ、写りが圧倒していれば、重量は目をつぶれるのかもしれませんが、
ソニーのFE135mmのMTFを見ると、シグマが圧勝というわけでもなさそうです。

最短撮影距離は87.5cmという事なので、ソニーのより寄れないようです。
重量と最短撮影距離で譲ってしまってるけど、
お値段はソニーの半分くらいなんですよね。

e0341572_19080267.jpg


シグマのMTFはこちら。
まあ、ソニーの方が数値上は上なんだろうけど、
この違いを人間の目で見て判断できるのか疑問です。
個人的には重量の差の方が大きいと思いますがどうでしょうか?





e0341572_19120286.jpg

そしてZEISS Batis 2.8/135
ソニー、シグマと違うのはF1.8じゃなくてF2.8ってとこ。
もちろんそのおかげで重量も軽く614g。
シグマの丁度半分ですわな~。

持ち歩くには軽くていいと思うのだけど、
135mmって、このF1.8がピリッと効いてくる焦点距離だし、
F2.8ってのがなぁ~って思う人も多いんじゃないかな?
でも、重量は軽いし、光学式の手ぶれ補正がついてるのがポイント高いですな~。
https://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/photography/products/batis-lenses/batis-28135.html

最短撮影距離は87cmという事なので、ここはシグマと同じですが、
値段はソニーよりちょっとだけお安い程度か?
女性にオススメするなら絶対にこれだな~。

e0341572_19194362.jpg



Batis 2.8/135のMTF。
これ見てもソニーの方が良好って感じだけど、
こちらもこれで十分高性能なレンズですよね。





e0341572_20101398.jpg

最後はEマウントじゃないけどSonnar T* 135mm F1.8 ZA


e0341572_19335291.jpg


MTFを見るとやはりFE135mmの方が優秀だけど、

絞って使うなら同等と言っていいくらい?
さすがに設計が古いし、開放ではFEの方が良好っぽいですね。
まあ、このレンズの売りは、こんな数値よりも色の出方とか雰囲気だからなぁ。


いくつか思い当たる135mmを引っ張り出してみましたけど、
MTFだけみれば、FE135mmが一番優秀だと思います。
ただ、この135mmという焦点距離は、背景のボケ方の美しさも重要だし、
いわゆる「味」の世界でもあるので、トータル的にいえばどれが一番優秀とも言えないと思います。

あとはお値段ですね。
お値段からいえば、FE135mmが一番高性能なのは順当だと思います。
対費用効果からいえば、重量さえ許容できるのならシグマかもしれないし、
軽くて機動性で選ぶならBatisだと思います。
お金は有り余ってるから、とにかく性能だぁっていう人はソニー純正かな?(笑)


結論!

こんな重箱の隅をつついている暇があるなら、

写真を撮りましょう!




いつもポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-06 00:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

現在、横浜でCP+2019が開催されているので、話題はそればかりな感じですな。
自分はCP+は一度も行った事がなく、噂では物凄い人混みという話ばかり聞くもんで、
そんなところに行ってられるか・・・というのが行かない理由であります(笑)

e0341572_20101398.jpg



前回の投稿の続きですが、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮る横浜スナップの続きになります。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
中華街から山下公園にやってきました~。
それなりに人は多いけど、週末だからこんなもんでしょう。
135mmの圧縮効果で、みなとみらいの観覧車も近くに見えるってもんです。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
ピント面の浮き上がり感は半端ないですな。
お父さんが黒い服を着ているので、写真的にはイマイチでしたが・・・



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
カメラに露出をお任せすると、必ずカモメが白飛びしてしまういつもの構図。
135mmでもちょっと遠いので、できれば70-200mmがあるといいと思います。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
トリミングして580万画素程度にしても、
レンズの解像力のおかげでスッキリした描写。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
こちらのスズメちゃんなんて200万画素までトリミング。
鳥、撮り、トリミングですよ!



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ


Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
比較的寄れる135mmという事で、花を撮るのも得意なレンズだと思います。
新しく出たFE135mmも寄れるレンズみたいですよね。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
この構図、人が3人入っていますが、
3人共よく顔が分からないように撮ってます(笑)
得に手前の少年、シャボン玉で顔隠すって我ながら神業だと思ったりして。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
大さん橋にやってきました。
屋上デッキには、カメラマンが沢山いますが、
ここ、屋内のロビーにはカメラマンはいません。
あえてここで撮ってみる事にしました。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ


Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
ガラスの感じが面白くて、人が来る度にいろいろ撮ってみました。
こういう撮り方をするのに135mmは面白いです。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
意外とコントラストも良いんですよね。
床の反射も綺麗だったなぁ。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ


Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
定番の横浜BLUE、プロムナードを抜け・・・



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
汽車道でショット!
奥行きのある構図が135mmにハマった感じ!



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
綺麗な夕景を撮りたかったのですが、空はどんよりで夕景はNG。
早々に桜木町駅まで歩き、この日の撮影はここまでとなりました。

ご清聴、ありがとうございました~。



いつもポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-01 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

いや~毎日暑いですな。
仕事が休みでも、昼間はカメラを持って外に出ようなどと思えませんです。
夜になったら少しはマシだろうと思い、頑張って表に出て散歩がてら横浜を歩いてみました。
荷物が多くて重いのも嫌だったので、この日はα7ⅡにSonnar T* 135mm F1.8 ZAだけ!

だいたい散歩に持っていくレンズなら、標準ズームか50mmくらいの単焦点がいいんでしょうけど、
ここはあえて、使いにくそうな135mm単焦点という事で・・・・



横浜スナップ
山下公園に着いた時刻がちょうど日没の頃。 空はまだ薄っすらと明るい感じでしたが、
このレンズ、薄暗い程度でも既にAFが使い物になりません(笑) 
ボディ側にも問題はあるんですが、迷いに迷って行ったり来たり・・・
仕方ないのでMFのみでいく事にしました。



横浜スナップ
しかしまあ、この暑いのに山下公園はすごい人ですわな。
少しでも涼しくなってから外出しようという人達なんでしょうかね?
観覧車の時計を見るとちょうど19:00です。



横浜スナップ
氷川丸の背景も良い感じです。
ノッチ師匠いわく手前の「氷川丸 重要文化財へ!」は、写真を撮る際に邪魔なんだそうです。
確かに写真としては、ない方がいいとは思いますね。



横浜スナップ


横浜スナップ
ここのカモメ、たいていこの場所にいるのですが、
体が白いのに、背景の船が黒いので露出が難しいんですよね。
大抵は背景の黒に引っ張られて、カモメが白く飛んでしまうってのがパターンです。



横浜スナップ
Exif見ると19:18です。数分で急に暗くなります。
三脚を持ってきていないので全部手持ちですが、この時点でISO1250程度。



横浜スナップ


横浜スナップ
玉ボケを作れるような構図を撮ってみました。
135mm F2.8 [T4.5] STFは画角全域で綺麗なまん丸のボケになりますが、
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAは画角の端の方でラグビーボールになりますね。
点光源のボケは135mm F2.8 [T4.5] STFの方が綺麗だと個人的には思います。



DSC08400
山下公園を出てプロムナードへ!
前を歩いている人達、なんであんなに固まって歩いてるんだろう?(笑)



横浜スナップ
プロムナードの上から大桟橋埠頭方面。
ロイヤルウイングしか停泊してなかったので、いつもの大桟橋埠頭です。



横浜スナップ


横浜スナップ


横浜スナップ
プロムナードを降りて象の鼻パークへ!
ここに来るとバイクや自転車を撮ってしまうというのは定番です。



横浜スナップ
この辺り、なんか人が沢山いるな~と思っていたら、クルーズ船が出るのを待っていた人達みたいでした。
夏の夜に海に出たら気持ちいい・・・と思うかもしれませんが、
船には嫌というほと乗った自分からすると、夏の夜に船に乗ったら潮風でベタベタになります。はい。



横浜スナップ
横浜赤レンガ倉庫は今、viva la FARM!! RED BRICK Paradise というイベントをやっています。
南国ムードのエリアがあって、そこで飲食をするんですな。



赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise


赤レンガ倉庫 viva la FARM!! RED BRICK Paradise
135mmなんてレンズを持ってきても、あまり撮れるようなものがありませんでした。
こういう場所はやっぱり50mmくらいが妥当な感じです。
天井からミストを噴射している箇所があって、カメラが濡れてしまうというのがありましたので、
これから行く人は気をつけてください。



横浜スナップ
赤レンガ倉庫を出てワールドポーターズの前を通り・・・・



横浜スナップ
汽車道へと・・・



横浜スナップ
右手には結婚式場と屋形船。 
夜になってもやっぱり暑い・・・結構汗かいてました。



横浜スナップ
ようやく夏の夜の散歩も終盤を迎え・・・



横浜スナップ
無事に桜木町駅に到着です。
最後まで読んでいただいた皆様、どうもありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
by momoken805947 | 2016-08-07 12:30 | 撮影記 | Comments(2)

有楽町ガード下

前回の投稿からの続きです。
東京駅から新橋駅まで歩いて帰ろうと思い、首からカメラをぶら下げた怪しいおっさんは一路新橋へ!
途中、国際フォーラムの横を通りましたが、まだ天井の工事みたいなのやってるんですな。


有楽町駅


有楽町ビックカメラ
有楽町までやってきました。
東京、有楽町間を電車で移動する人がいるのか? というくらい近いです。
自分の住んでいる地域からすると、駅と駅の間を歩いて移動するのは苦痛な距離ですが、
都心は駅から駅が近くて便利なのか? そうでないのかわかりません。



有楽町 ガード下
一度撮ってみたかったのはここです!
昭和の時代から全く時間の流れていない場所と言っても過言ではないでしょう。



有楽町 ガード下
この「ボンカレー」の看板は、本当に小さかった頃に街中で見た記憶がありますね。
あと、大村崑さんの「オロナミンC」の看板も・・・。 
気になったので調べてみました。
ボンカレーのこの看板、
昭和43(1968)年から昭和49(1974)年にかけて95,000枚作られたそうです。
描いてある女性は松山容子さんという方のようですが、
さすがに自分の親の世代の方だと思うので、リアルな記憶はありませんね。



有楽町 ガード下
こちらの映画のポスターもまたレトロですな。
ざっと見ても全然わからない物ばかりで、これも親の世代の産物だと思います。
この時代にタイムスリップしたら興奮しそうです。街中が全部こんな感じなわけですからね。
街を歩いている人にカメラを見せて「50年後のソニーのカメラでっせ!」と自慢したい。



有楽町 ガード下


有楽町 ガード下


有楽町 ガード下


有楽町 ガード下
人々がお酒を飲んでいる風景ですが、パッと見た感じだと本当に昭和の風景です。
意外だと思うのは、お店は昭和の雰囲気アリアリはわかるとして、
そこにいる人達に違和感がないことですね。明らかに服装が現代風で違和感があるとか感じません。
基本的に外見上の人間というのは、あまり変わらないのだと思います。
おそらく昭和初期当時の人達は、貧しいけど頑張れば報われるというのがあったと思うので、
根本的な精神はプラス思考だったのだと思いますが、
現代人においては、そういう思考はあまり浸透していないと思うので、
飲んでいる人々に関しては、娯楽なのか、ストレス解消の場なのかの違いはあるような気はします。



有楽町 ガード下


有楽町 ガード下
昭和の世界を後にして、ひたすら新橋を目指して歩きます。
焼き鳥屋のある場所の前は煙がモクモク。美味しそうな匂いも漂ってきますが歩きます。



有楽町 ガード下
前を歩いている女の子を見て思いました。
「街灯の灯りと髪の毛の色が同じや!」



有楽町 ガード下
そろそろ新橋駅です。



新橋駅前
新橋駅の前までやってきました。
距離にしたらそれほどありませんが、いろいろとあるので楽しい道のりです。
読んでいただいた皆様、歩いた自分、お疲れ様でした(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

by momoken805947 | 2016-05-24 15:00 | 撮影記 | Comments(2)

今回は湘南方面ではなく東京です。
丸の内にSonnar T* 135mm F1.8 ZAとα7RⅡを持って行ってきました。



東京駅
このレンズF8くらいまで絞ると、恐ろしいほどの解像力を持ってると思います。
こんなレンズを使ってしまうと、もうズームレンズなんて使えなくなってしまいますわな。
なんとも危険なレンズであります。
東京駅を降りたのは17:30くらいでした。 夜の撮影がメインなのであまり早く来ても暇になりそうだったもんで。



丸の内仲通り
撮影場所を丸の内仲通りに絞りました。 
あまり広範囲に行動すると、疲れるばかりで撮影の意図がわからなくなりそうだったので。
日没まで時間があったので、明るいうちにいろいろと下見してみようと歩いてみました。



中洲に取り残された若者
レンズの焦点距離が135mm固定なので、撮れる写真は限定的になってきます。
タイトル 「中洲に取り残された若者」  こういう写真はタイトルとセットになりますね。
個人的には今の社会において、メッセージ的な意味を持った写真でもあります。
手前のサラリーマンの視線と、向こう側にいる女性が振り向いているのがポイントかな。



読書の婦人
タイトル 「読書の婦人」
手前の木が微妙な位置にあって、構図を決めるのに時間がかかりました。
薄い被写界深度を利用して、都会の中で物静かに読書をするご婦人をクローズアップ。



不規則
タイトル 「不規則」
ガス灯をモチーフにした照明を横から撮ったら位置がバラバラ。
この不規則に並んだ感じが逆にいいなと思いました。



丸の内仲通り
特にタイトルを決めませんでしたが、
自転車を撮ろうとしていたら、人が歩いてきたので構図の中に取り込みました。



丸の内仲通り 都会のシャボン玉


丸の内仲通り シャボン玉
タイトル 「都会のシャボン玉」
そのまんまのタイトルですいません。 顔を出すわけにいかなかったので、
顔が写ってしまっているものは投稿できませんでした。
もう少し絞ってシャボン玉もきっちり写せばよかったかなと思います。



丸の内仲通り
タイトル 「新緑の中を赤バスがゆく!」
新緑の緑色と、バスの赤色のコントラストが面白いと思い撮影しました。
それほど速くないバスをAF-Cで連射しましたが、α7RⅡは意外とフォーカス外してます(笑)
やはり動いている物はAマウントで撮ったほうがいいです。



丸の内街灯と新緑
ガス灯のようなのがあったので、人の後ろ姿と撮ろうと待ち構えました。
たまにおっさんが来るのでそれはパス!(笑) 
絵になる女性3名がやってきたので「どうもありがとうございました」



夕陽のあたる丸の内


夕陽のあたる丸の内
だんだん日が落ちてきて、皇居の方からまっすぐ夕陽が入る通りをみつけました。
ここでも待ち構えて人が通るのを狙います。
影のコントラストがもっとハッキリ出ても良さそうでしたが、あまりクッキリと出ませんね。
太陽の角度や光の強さの問題もあるんでしょうけど。



丸の内 街灯
いよいよ暗くなってまいりました。
先ほど撮ったガス灯もすっかりいい雰囲気になっております。



丸の内仲通り
暗くなってくると、同じ場所でも雰囲気がだいぶ変わります。
今回は暗所に強いα7RⅡを持ってきているので、三脚は持参しておりませんです。



丸の内仲通り


丸の内仲通り


丸の内仲通り


丸の内仲通り


丸の内仲通り
135mmのレンズ1本で撮り切るとなると、それなりの慣れが必要だと感じます。
正直、50mmとか70mmっていう方が扱いやすいとは思いました。
この場所で撮影をするのに便利なレンズは、おそらく70-200mmのズームレンズでしょうね。

この日は風が強くてだんだん寒くなってきたので、そろそろ東京駅の方に戻るとします。



東京駅
135mmしか持っていなかったので、撮れる東京駅はこんなドアップですわな(笑)



東京駅前
東京駅から電車に乗って帰ろうかと思ったのですが、
何となく新橋まで歩いてみようという気になったので、そうする事にしました。
次は東京→新橋の間で撮ったスナップ写真を投稿していきたいと思います。


こちらはただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

こちらはただいま2位!

カメラ(SONY)ランキングへ

by momoken805947 | 2016-05-22 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

4月9日の朝、αcafeのヨッシ~さんから「今日はダイヤモンド富士に行くのですか?」というコメントをいただき、
全然知らなかったので調べてみると、葉山の真名瀬漁港と森戸海岸の間くらいからダイヤモンド富士が見れる日という事でした。

正直に言うと、自分の場合ダイヤモンド富士にそれほど思い入れがあるわけではないのですが、
森戸は自分の一番通っている場所だし、雲は多いけど撮れるかもしれないと思い森戸に行ってみました。



森戸海岸 
ダイヤモンド富士は18:00前ですが、かなり早い時間に森戸に移動しました。
今回はα99でSonnar T* 135mm F1.8 ZAを使ってみたかったからであります。
一見、お天気良さそうに見えるのは、Lightroomで空を青く現像したからなんですが、
実際はもっと白っぽくて、普通の感覚だと曇り空という感じ。

最初にお断りしておきますが、今回は全然撮りたいと思う被写体がなく面白い写真がありませんです。
もろおっさんの日記になってますので、そこのところはお許しを・・・。



森戸海岸
森戸海岸に来ると、とりあえず砂浜をざっと歩いてみるのですが、
この日、ウインドサーフィンをやる男性が、正座して砂浜に座っておりました。
これは精神統一でしょうか? なんとなく神聖な感じがしたので後ろから失礼。



森戸海岸
バイクに乗るお姉さんも座って黄昏ておりました。
前にα7ⅡにSonnar T* 135mm F1.8 ZAをつけて撮影した時、F1.8だと微妙にピントを外している物がありました。
自宅に帰ってから撮った写真を確認してみましたが、今回α99とSonnar T* 135mm F1.8 ZAの組み合わせはピント精度良いです。
狙った所にきちんと合焦しています。 こういう部分からしてもAマウントの方が優れていると思います。



森戸海岸
本当にすいません。 撮るものがなかったんです(笑)
ゆりえどんにもよく言われるのですが、自分自転車が好きみたいでいつも撮ってますね。
周囲は漁港なんですが、うまく切り取って花と自転車の構図にしてみました。



森戸海岸
自転車のそばには漁師の方でしょうか? 何か干しているような作業をしていました。
働いている人の姿って美しい~と思いますね。 こういう自然体の写真って個人的にすごく好きです。



森戸海岸 みそぎ橋
撮りたいと思うような被写体がなくて、入り口の みそぎ橋 まで戻ってきました。



森戸海岸 みそぎ橋
このままだとブログに何も投稿できないと焦ったので、
誰か通ったら構図にしようとしばらく待っていると、仲良しカップルが通ったので・・・。
左側にある白い建物はトイレなんですが、その前にいるお兄さんはちょっと邪魔でしたね(笑)



森戸神社
何か撮らないとブログに・・・・は続き、仕方ないので森戸神社の方に行ってみました。
またしてもカップルがお参りしていたので、背後からちょっと失礼いたします。
男性が神妙な感じで頭を下げていて、隣で女性が手を合わせている光景が日本の心を思わせます。



森戸
裕次郎記念碑の方に行ってみると、風が強いにも関わらず女性が一人で立っていました。
空はすっかり雲で覆われ、これからダイヤモンド富士?? ちょっと無理じゃない?という雰囲気です。



真名瀬からのダイヤモンド富士待ち


真名瀬からのダイヤモンド富士待ち
そろそろダイヤモンド富士を撮影する場所に移動してみようと思い行ってみると、
それなりの数のカメラマンが三脚を立ててスタンバっておりました。
自分も車に置いてある三脚と、70-400mm F4-5.6 G SSMIIをつけたα7Rを取りに行き、
この場所で準備しましたが・・・・・・



真名瀬からのダイヤモンド富士 撃沈
この後、太陽が少し沈んだら、太陽までもが見えなくなり、

何がダイヤモンド富士だ!

という気になったので、三脚をそそくさと畳んで撤収!(笑)
ゆりえどんに「撃沈です」とメールして帰りました。

春のダイヤモンド富士はまともに撮れた事がありません。
最近、天気悪いですしね~。 

カメラの画素数が上がったら、肉眼では見えない富士山も見えるようにならないもんでしょうか・・・。


読んでいただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-04-11 18:00 | 撮影記 | Comments(2)

すっかりSonnar T* 135mm F1.8 ZAに惚れ込んでしまったので、
続けてこのレンズでの撮影レポートとなります。

確かにすごいレンズで気に入ってはいるのですが、
135mmの単焦点というと使いドコロが限定的になると思ったので、
サブにα57 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA というシステムを持ち出しました。
α57を持ち出すのは珍しいのですが、使ってみるとこのボディはかなりいいですよ。



フリーマーケット ボンネット売り場
七里ヶ浜でやっていたフリーマーケットでの一コマ。
レトロ感のある車のボンネットの上に商品を陳列しておりました(笑)
α57は1600万画素ですが、個人的にはα77Ⅱよりいい描写をするような気がするのは気のせい?
ちなみに撮影はPLフィルター使用してます。



フリーマーケット ボンネット売り場
少し後方からSonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮影。
フルフレームF2.2で撮影しているので、味付けがα57とは違う感じですが伝わるかな~。
前回はレンズという機材の話がメインだったので、この回はちゃんと写真メインでいきたいと思います。



ラグビーボールの彼
人間の目、感覚というのは面白いもので、
例えば50mmのレンズを持っていると、目が50mmの画角で被写体を探しますが、
今回のように135mmのレンズを持っていると、目が自然と135mmの画角をサーチするようになりますね。
50mmだと人の顔まで入れる構図になると思いますが、
135mmだと思い切ってボールに寄るような意識になるものです。



707ショップ
赤色が綺麗だったので、背景の海が入る角度で狙ってみました。
広角だと全体を入れたくなりますが、今回はこんな構図になりました。



フリーマーケット サングラス
フリーマーケットというカテゴリは、あまり興味も縁もなかったので知らなかったのですが、
イメージとしては古着しか売ってないと思ったら、意外と新品でいろんな物を売ってるんですね。
こちらサングラスの陳列。 こういう物撮りも楽しいです。



スクーターとサングラス美人
ピンはスクーターのメーターに合わせました。



七里ヶ浜 お昼寝
ジムニーの色が黄色で、背景の海とコントラストがよかったので惹かれました。
また、昼寝をしている男性の服が赤で、写真的には面白いかな~と。



七里ヶ浜のおじさん
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮ってくれ!と言わんばかりのシチュエーション。
主役と背景に距離があると、このレンズの真価を発揮します!
写真的にはフォトヨドバシっぽいところがお気に入り(笑)



茅ヶ崎ヘッドランドでのお散歩
舞台は茅ヶ崎ヘッドランドに移動しました。
ここに来ると黄色い倉庫みたいなのが目立ちますね。
これを背景に・・・と思っていたら、犬を散歩している人が来たのでゲット!
髪の長い綺麗なお姉さんだったらポイント高かったな~と思いながら・・・。



波ジャンプ!


波ジャンプ!


波ジャンプ!
数名の子供が波打ち際で遊んでいました。
横に並んで波が来るとジャンプ!! しばらく連写で粘りましたが、
立体感のある描写で捉えることができたと思います。



夏を待てない!
背景はボカせばいいというわけでもなく、
後方に子供が遊んでいるという輪郭を残す計算で絞りました。
こんな絵を撮ると、あ~もうすぐ夏なのか~と言いたくなりますが、
この日はまだ3月下旬で、風も冷たく寒い日でありました。

今後の被写体は桜になりそうですが、このレンズは活躍してくれそうですね。


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-04-02 15:38 | 撮影記 | Comments(0)

Aマウント使いの人は、135mmといって思いつくレンズは2本あって、
1つは135mm F2.8 [T4.5] STF 、もう1つはSonnar T* 135mm F1.8 ZAとなるのですが、
両方共、それなりに高額なレンズなので、購入する際はどちらかにしようと悩むというパターンが多いようです。

自分の場合、同じ悩みに陥り最初に購入したのは135mm F2.8 [T4.5] STF でしたが、
この135mm F2.8 [T4.5] STF というレンズは、Aマウントを使う人間に与えられた特権みたいなところがあって、
本当に素晴らしいレンズとは思いつつ、AFは使えないし撮影者にその能力がないと本領は発揮できないというのが真意のようです。

ネットでいろんな意見を見ると「STF買ったけど何を撮っていいのかわからない」というような書き込みも少なくなく、
結局、安易に”花を撮るレンズ”という認識になっているようですが、
実際は撮影者の工夫次第で、いくらでも活躍する場面はあるのだと思います。
ま、いろいろと書きましたが、使いこなせていないのは自分もそうなので偉そうには言えません(笑)

そして前から気になっていたSonnar T* 135mm F1.8 ZAですが、
このレンズの描写の素晴らしさは、あちこちの写真投稿サイトを見ると納得のいくもので、
135mm F2.8 [T4.5] STF とは、焦点距離が同じだというだけで、全然違うレンズだという事に気が付きました。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAもAマウントを使っているなら必須なレンズだと思うのですが、
少し前からSSM化されるという噂があり、それまで待って・・・と考えていたところ全然そんな気配もなく、
今回、もうそろそろ購入しておくか・・・ということになりました。

e0341572_15002557.jpg
価格コムで調べたところ、自分の購入できる範囲ではマップカメラさんが一番安かったですね。
楽天で買うとポイントもつきますし。
本当はソニーストアで買うのが一番安心なのですが、価格設定が大幅に違うので諦めました。



SAL135F18Z 試写
そんなわけで早速持ちだしてみました。
いざ出かけようと思ったら、Aマウント用のバッテリーを充電していなかった事に気が付き、
仕方ないのでα7ⅡにマウントアダプターLA-EA4経由で装着です。
ちなみにSonnar T* 135mm F1.8 ZAはSSMではないので、LA-EA3ではMFしか実質使えません。

試しに駐めてあった自転車をF1.8で撮影。
別に何でもない物を撮っても、こんな風に「おお~なんかすごい!」という描写をします。
F1.4の50mmや35mmは持っていますが、135mmのF1.8というのは別次元です。
これは多分、望遠の圧縮効果+薄い被写界深度の表現なんでしょうが、さすが多くの人が絶賛するだけはあります。



SAL135F18Z 試写
苦手なので関わりたくない花を絞り開放で撮影(笑)
背景のボケに関しては、135mm F2.8 [T4.5] STF 最強!と思っていましたが、
このSonnar T* 135mm F1.8 ZAもかなりいいボケをしますね。
以前、どこかの掲示板か何かで、二線ボケがどうこうというのを読んだ記憶があるのですが、
あまり気にするような感じでもなさそうです。
背後に木の枝とかが入る条件だと変わるかもしれません。



SAL135F18Z 試写
こちらは少し絞ってF2.8。
開放でF2.8というレンズは沢山ありますが、
開放でF2.8というのと、絞ってF2.8というのでは、描写に余裕があるというか気分的に違うものですね。
写真を撮ることにあまり慣れていなかった頃、135mmというと何を撮っていいのかわからず困ったものですが、
さすがに数年間やっていると、視界に入る物をどんどん被写体にするだけの経験値があるようです。



SAL135F18Z 試写
砂浜を歩いている人をAF-Cで追従してみました。
人が歩いて行くくらいの追従は問題なさそうですね。ただ、SSMじゃないので「フイ~ン、フイ~ン」と煩いことは煩いです。
首からぶら下げていても煩いので、撮影しないときはMFボタンを押してフォーカスを止めてしまうという事をしてました。



SAL135F18Z 試写
歩きながら秋谷漁港までやってきました。少し絞ってF4の描写です。
どうもこのあたりからの描写がピークっぽいですね。解像力を目指すならF4からF5.6くらいが最高かも。
漁港はロープみたいなゴチャゴチャした物が沢山あるので、
レンズの描写力を試すには最高の場所っぽい(笑)



SAL135F18Z 試写
こちらはサビサビの工具類ですがF5.6で撮影。
上の上の方に写っているロープは、すでに被写界深度の外になっているようです。
手前のモンキーレンチあたりにピンを合わせてます。

さて、ここからは絞り開放で撮った、超薄いピントによる立体的な描写をご紹介します。
SAL135F18Z 試写


SAL135F18Z 試写


SAL135F18Z 試写


SAL135F18Z 試写
一部、アップロードした際に、PHTOHITOのウォーターマークを入れてしまいまして、
投稿し直そうと思いましたが、単なる試し撮りの写真なのでそのままでいいや~と(笑)
こういう望遠+薄いピントの世界は70-200mm F2.8 G SSM IIもすごいと思っていましたが、
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAはそれを超えていると思います。



SAL135F18Z 試写


SAL135F18Z 試写
上の2枚はF2.8の写真です。
描写と表現を両立させようと思うと、F2.8くらいが安定的かな?とも思いますね。
70-200mm F2.8 G SSM IIのF2.8は開放値なので、これよりも描写は甘くなると思います。
F2.8でこの解像力ってのは魅力だな~。



SAL135F18Z 試写
絞りF5。
トリミングして1500万画素程度になっていますが、
奥行きのある構図だったので、あえてこのレンズで撮ってみた感じです。



SAL135F18Z 試写
更に絞ってF8。
ピントは歩いている女性ですが、さすがにF8まで絞ると浮き出るような描写にはなりませんが、
ピントの合っている部分は、かなりカリッとした感じですね。



SAL135F18Z 試写


SAL135F18Z 試写
更に絞ってF11。
風景を撮るようなF値ですが、描写を見る限りこのレンズだと絞りすぎかな~という印象。
平面的な構図なので、奥行きの感じがイマイチつかめませんが・・・・

Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの感想。
SSMではないので、動作時にジーコジーコ煩いというのはありますが、
AFのスピード自体はそれほど遅いわけでもなく、速く動く物でなければ問題なさそうです。
ただ、迷うことが結構あるようなので、AFとMFをうまく使い分けていくのが良さそうですね。

今回はα7ⅡとLA-EA4の組み合わせの環境ですが、
開放F1.8だとAFを外すことがたまにあって、撮った写真のピンズレはそれなりにありました。

欠点はそれなりにあるレンズですが、
その欠点を全て妥協できる程の魅力のあるレンズでもあります。
正直、もうこのレンズ以外はなくてもいい!くらい気に入った次第です。
もっと早く買っておけばよかったと今更ながら思ってます。


ブログランキング! ただいま4位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-03-29 00:00 | Aマウントレンズ | Comments(2)