人気ブログランキング |

タグ:Eマウントレンズ ( 37 ) タグの人気記事

週末の土曜日は朝から雨で、夕方になって雨があがるかどうかという予報。
仕方ないので雨があがってから、いつもの横浜あたりで何か撮ろうと、
購入したばかりのシグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSを持って出かけてみました。

昼間、山下公園で手持ちで少し撮りましたが、
雨が降ったり、やんだりだったのであまり撮れてません。


山下公園(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
使った感じとしては、ズームリングのトルク感は丁度いいです。
軽くも重くもなく、回すのにいい頃合いをセッティングしてくれた感じ。
ズームロックはついていますが、首にぶら下げて歩いても、
重さで自重落下する事はありませんでした。

AFは結構速いと思います。
遅くてストレスになるとか、迷うという事はありませんでした。
動体は撮っていないので、追従性能は分かりませんが、
反応が機敏なので、そのあたりも良さそうな感じはします。

OSの効きも感覚的には良く効いていると思います。
それなりに長い焦点距離を使っても、1/30とかで普通に撮れました。



にっぽん丸
暗くなったのでにっぽん丸を長時間露光で撮ってみると、
えらい眠たい描写で、すごくガッカリしたのですが、
原因はOSを切り忘れていたようで、OS切らないと長時間露光は完全にNGのようです。

この設定で何枚も撮ってしまったので完全にボツ。
気がついたのは、赤レンガ倉庫まで移動してからでした(笑)



赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
このレンズを使うには、撮影場所の選択に失敗しましたな(笑)
こんなレンズを持ってきても、大きな建物みたいなのは撮りにくいです。

圧縮効果を使った撮影をしようと考えましたが、
なかなか100mmスタートのレンズを使うのは難しい。



ベイブリッジ(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
焦点距離280mm F11
そもそも景色が白っぽくて、肉眼で見てもスッキリしてないから仕方ないのですが、
ぼんやりとしか写ってません(笑)
しかし、このレンズは絞った方がいいですね。
F11くらいまで絞る方が気持ちよく決まると思います。



赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
とにかく圧縮して撮ろう!と意識して、
海ギリギリまで下がって撮ってみました。
解像力は高いですね。24-70mm F2.8 DG DNと比べると落ちますが、
そこは標準域と望遠域の違いで仕方ないでしょう。
多分、ソニーのGMで撮っても大差ないと思います。



赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


赤レンガ倉庫(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
出てくる色はシグマらしいあっさりした感じです。
ソニーAマウントレンズのような、こってりした色気のある描写ではありません。
RAW現像しやすい素材ですが、個性がないのが個性みたいな感じ。



飛鳥Ⅱ(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
飛鳥Ⅱが停泊していたので撮ってみました。



飛鳥Ⅱ(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
こんな巨大な船をこんなレンズで撮る事自体無理があるってもんですが、
ほとんど広角端に近い写真ばかりなのはご愛嬌という事で・・・・



飛鳥Ⅱ(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


飛鳥Ⅱ(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


みなとみらい(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)


プロムナード(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
結局、帰ってから撮った写真のデータを見ると、
ほとんど広角端で撮った物ばかりで、望遠レンズの検証になりませんでした(笑)



飛鳥Ⅱ(100-400mm F5-6.3 DG DN OSテスト)
ちなみに飛鳥Ⅱを400mmで撮るとこんな事に!(笑)
細々した物が沢山置いてあるので、解像力をチェックするにはいいかもしれませんね。

横浜の夜景は何度も撮っていますが、
この手のレンズを持ってきた事は一度もなく、
やはり夜景は標準域がベストだと思い知った次第です。

結論

横浜の夜景にこんなレンズ持って来るな!

あまり参考にならなかったかもしれませんが、
解像感くらいはチェックできると思うので・・・


ブログに貼り付けた写真は、サムネイルのような眠たい解像感なので、
チェックしたい方は、写真をクリックしてPHOTOHITOの方で拡大してください。



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2020-07-19 15:00 | Eマウントレンズ | Comments(2)

あーだ、こーだと数回投稿してきましたが、
このブログを読んでくれている方達は「どうせ買うんだろう」と思っていた事でしょう(笑)

70-400mm F4-5.6 G SSMIIは昨年、135mm F1.8 GMを買う時に下取りにしてしまったし、
400mmは1本も持っていなかったので、いずれ買わないといけないと思っていたから既定路線でした。

巷ではEマウントはライセンスの問題でテレコンが販売されないのが問題なようですが、
自分は400mm以上の焦点距離は必要ないのでこれで十分です。

結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17031373.jpg
例によって白黒の色気もない箱ですが、
個人的には非常に気に入っています。
変な所にコストを掛けない企業の利口な姿勢が見えるような気がして。

まず、この箱の段階で「うわっ!小さい!」と思いました。
ソニーの70-400mmなんて、箱自体がバカでかいですからね。


結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17012668.jpg
箱から出してみて更に関心しました。
本当に小さいし細いと思います。これはビックリ。
70-200mm F2.8のレンズより小さいと思いますよ。


結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17020992.jpg
背景が黒だと見にくいかと思い、裏側に白いボール紙を入れました。

どのくらい小さいのかお伝えするため、前にメガネを置いてみました。
メガネなんて人間の顔に合わせて作ってあるし、
皆さんが持っている物と大きさは大差ないでしょう。
わたしゃーコンタクトだ!という人は知らんがな。



結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17050194.jpg
フードをつけた大きさを分かっていただくために、
更にメガネを横に並べて比較してみました。
ちょうどメガネ2つ並べた長さと同じ感じであります。
まあ、フードが結構長いからね。



結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17054076.jpg
レンズ後方にゴムがついていますが、
この部分にオプションの三脚座を取り付けるという事のようであります。
三脚座はレンズ購入と一緒にしたので取り付けてみます。



結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17090916.jpg
こんな感じ。
やはりこの手のレンズは、三脚座があると箔が付きますわな。



結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17100235.jpg
三脚座はアルカスイス溝があるので、
アルカスイスの雲台に取り付けるのも楽ですね。
今どきこの仕様はデフォルトかな。



結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17134516.jpg
なんかボディを取り付けて撮ろうと、
目の前に転がっていたα6000をガチャンコしてみました。
さすがにα6000のボディだと、レンズにボディがくっついている感じです。



結局、購入してしまった SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS_e0341572_17141971.jpg
しかし、持ってみると意外と持ちやすいし、
これで撮影しろと言われても十分できそうな感じでした。

天気が悪いので、外で撮ろうとは思わなかったのですが、
家の中でAFを試してみたら意外と速いのにビックリ。
これがα6400とかならかなり速いんじゃないでしょうかね?

せっかく購入したので、週末持ち出してみたいとは思いますが、
あいにく天気予報は雨ばかりなので難しいかもしれません。
天気が良ければ、海に持っていって夕日に向けてみたいんですけどね。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2020-07-17 19:00 | Eマウントレンズ | Comments(2)

シグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSが気になって眠れない今日この頃なので(いや、そんな事はないけど)
ネット上のレビューや、ユーチューバーの動画投稿を待っているのですが、
ずっと天気が悪いせいかあまり情報が出てきません。

このレンズが素晴らしいと思うところは、
やはり小ささと軽さなのですが、
以前持っていたAマウントの70-400mm F4-5.6 G SSMIIは、
重さは男なので苦になるという事もなく、
最大の問題はその大きさ、体積でした。

とにかくバッグに入れるという事になると、
一回り大きなバッグを買わないといけなくなったり、
首からストラップでぶら下げていると大きいせいで邪魔極まりないのです。
しかも、ズームロックがなかったせいで、
歩いていると知らぬ間にビヨ~ンとレンズが伸びてしまい、
まるで温泉にいるおっさんの股間のようでした(下品で失礼)

そんな苦労をして持ち運びしないといけない割に、
写りはどうもイマイチで、撮った写真を家に帰って見て何度ガッカリしたことか。

その点、シグマの100-400mm F5-6.3 DG DN OSは、
フィルター径67mmという細身なうえ、重量も1kgちょっとということで、
多少写りに妥協しても、価格を考えれば買いかなぁと考えていたところ、
こんな情報を見つけたのでご紹介しておきます。

シグマ100-400mm F5-6.3 DG DN OSは望遠側でソニーGMを上回る画質

まじか?

妥協どころか望遠側では100-400mm GMを上回っていると!
この手のレンズは広角側より、望遠側に価値があるわけで、
その部分で優秀なら、妥協どころかシグマの方がええやないかい!

個人的には海で使う事が多くなりそうなレンズですが、
経験上、口径の大きなレンズは逆光に弱いという認識があるので、
この67mmというフィルター径は、きっと逆光に強いレンズなはず!

う~ん・・・これはやはり買いでしょうか?

しかしこの7月は、タムロンの70-180mm F/2.8 Di III VXDとα7RⅢを買ってしまったので、
散財の月というのもあり、さすがに気が引ける感じもしますなぁ。
しかし、どうせいつか買うなら、早く手元に置いて使いたい時に使う方が吉のような気もします。

ここは悩みどころです。


また、まったりとランキング再開しときました。
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2020-07-15 21:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

シグマの100-400mm F5-6.3 DG DN OSが10日に発売になったので、
ネット上にはあーだ、こーだとレビューが出てくるかな?と期待していたのですが、
意外にもあまり声が上がって来ないので、
話題になるようなレンズでもなかったのか?と思ったら、
多くのユーザーは天気が悪いので、撮影に出られないというのがあるようです。

自分も似たような理由で、先日購入したTAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXDが、
防湿庫に入れたままになっておりましたが、
12日の日曜日、ようやく晴れ間が出たので持ち出してみる事にしました。


TAMRON  70-180mm F/2.8 Di III VXDを使用してみました _e0341572_17444187.jpg



TAMRON  70-180mm F/2.8 Di III VXDを使用してみました _e0341572_17452301.jpg


α7RⅡに装着してみました。
大きさとしては標準ズームの大きいやつって感じで、
自分が持っている小さなタムラックのバッグに、
ボディに装着したままスッポリ入るのが非常にありがたい。
今までの70-200mm F2.8のレンズは入りませんでしたからね。



真名瀬漁港
α7RⅡ + 70-180mm F/2.8 Di III VXDの組み合わせで、
いつもの場所にやってきました。

例年だと7月の海水浴シーズンは、海岸の撮影は避けていましたが、
今年は海水浴場がオープンされないので、
状況はどんなだろう?という偵察の意味も含めての撮影です。



真名瀬海岸


真名瀬海岸
夏っぽい雲があって、久しぶりに気持ちの良い天気であります。
海での撮影は、ボディやレンズがベタベタになるので、
あまり新しい物を持って来たくないというのが本音なんですが、
まあ、持ってきてしまったのだから仕方ない。



裕次郎記念碑
F4まで絞って撮影。
F2.8のレンズはF4くらいまで絞るとカッチリいきますね。
まあ、この辺りも常識的な感じです。



森戸神社
望遠端180mm F2.8で撮影
ボケの感じは非常にいいと思います。
ザワッとするようなボケではなく、見ていて違和感がありません。



森戸神社
115mm F2.8にて撮影
なんか中途半端な焦点距離ですが、これも綺麗なボケだと思います。



森戸神社
広角端70mm F3.2で撮影。



森戸海岸
広角端70mm F11にて撮影。
海水浴場が中止になっても、結局人は海に集まってくる事が分かりました(笑)
海の家がないので、個々にテントを持ってきているようです。



森戸海岸
広角端70mm F11にて撮影。
AFは爆速だという前情報でしたが、
α7RⅡだとそれほど速いとは思いませんでした。
これならα99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIの方が速いと思います。
ボディがα9とかだとまた違うのでしょうけどね。



森戸海岸
焦点距離81mm F11にて撮影。
解像感は素晴らしいと思いました。
ネット上にアップロードした画像では、なかなか伝わらないと思いますが、
このレンズの解像力はかなり高いと思います。



森戸海岸
望遠端180mm F4にて撮影。
開放で撮ってみたのですが、前ボケがボケ過ぎたので絞りました。
前ボケも悪くないと思いますが、
個人的には後ボケの方がちょっと綺麗かな?と思います。



森戸海岸
空を見るとすごい雲がありました。
「巨根雲」と名付けておきましょう。
このブログ、初めての下ネタかもしれません(笑)



森戸海岸
70mm F3.2でいつもの落書きを!



森戸海岸
89mm F8にて撮影。
ズームレンズだと、焦点距離が半端な数字になります。
AFはα7RⅡでも十分な速さなうえ正確なようです。
遠くにいる人でも問題なく合いました。



アラレちゃん
砂浜を離れて通りに出ました。
広角端70mm F2.8にて撮影。



店の前の自転車
焦点距離154mm F2.8にて撮影。
小さいし軽いので、スナップ感覚で使うにも違和感ありませんでした。



懐かしい蚊取り線香のやつ
望遠端180mm F2.8にて撮影。
ちょっとレトロなお店だったのですが、
50mmくらいだとお店の前で撮るのに躊躇しますが、
180mmくらいあると、離れて撮れるので気が楽なところはあります。
これ、蚊取り線香を入れるやつですよね?



家の前の置物
130mm F2.8にて撮影。
小さなオブジェでしたが、これも背景が綺麗にぼけました。

撮影は1時間ちょっとだと思いますが、このレンズの良さは十分分かりました。
小さくて軽いので取り回しは非常に楽です。
写りは70-200mm F2.8 GMより上という意見もありましたが、
勝ち負けは置いておいても、十分素晴らしい写りをすると思います。

このレンズをオススメしたいのは、
70-200mm F2.8は重いという理由でF4を購入した女性の方かな。
買い替えて、このレンズにした方が幸せになれると思います。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


by momoken805947 | 2020-07-12 22:30 | Eマウントレンズ | Comments(2)

昨日の夜でしょうか、新たなEマウントレンズが発表されました。
超広角ズームレンズで、12mmから24mmをカバーする焦点距離のようですが、
同じズーム域のF4通しのGレンズがすでにあるので、
今回はその上のGMでF2.8通しという事のようです。

FE 12-24mm F2.8 GMが発表されましたが・・・_e0341572_15472420.jpg


個人的な見解としては、この手の超広角は背景をぼかすとか考えてないし、
四隅の描写までカッチリさせたいから絞るので、
F5.6でもいいから小さい方が持ち運びに楽だと思ってしまうのだけど、
12mmみたいな焦点距離にF2.8が必要な撮影って星撮影、天体撮影くらいしか思いつかないですね。
やはりその用途専用レンズみたいなもんでしょうか?





短い動画がアップされていました。
超広角レンズの宣伝というと、決まって大聖堂みたいな場所なのはご愛嬌ですが、
ソニーはこの手の映像を作るが非常にうまいですね。
押してくるような圧倒的な迫力があるというか、
観る人が欲しいと思うように作られているなぁと関心します。

今回のこのSEL1224GMですが、
一番ビックリしたのはその価格であります。
な、なんと!

定価38万円!

もう笑うしかありませんなぁ。

星、天体写真を撮る人は、この値段でも買うのかもしれませんね。
いや~しかし、GMレンズは出るたびに値段が上がっていく印象です。

カメラ関係のブログでコメント欄を見ると、
「思っていたより安いので買います」みたいなのが意外とあるような気がしますが、
38万円と聞いて、思っていたより安いっていう意見、どうなんでしょう?
どうも関係者のヤラセ書き込み臭がプンプンします(笑)

自分はいくら欲しかったとしても、
レンズ1本にこの金額は出せないと思いますが、
知り合いで買う人がいるかどうか気になるところです。
買いそうだなぁと思い当たる人はいますけどね(笑)


by momoken805947 | 2020-07-08 17:00 | Eマウントレンズ | Comments(4)

ここのところ天気も悪く、撮影にも出ていないので更新が緩慢になっていますが、
梅雨が明けたら撮影に力を入れようと思っているので、
今はその準備期間だと考え、機材の手入れや見直しをしています。

少し前にキャッスレスポイント還元が終わる前に、
シグマの100-400mmを購入しようか悩んでいたのですが、
まだ発売前で情報がなく、予約をするのも躊躇するところがあったもので、
結局、何を購入したかというと、タムロンの70-180mm F/2.8 Di III VXDにしました。


結局、キャッシュレスポイント還元終了前に購入したのは・・・   _e0341572_14271706.jpg

発売直後に問題がありましたが、その問題も解決されたようですし、
巷の評判も良いという事で決め手となりました。

70-200mmのレンズは2本所有していましたが、
やはり大きくて重たいというのもあり、
最大の問題は、お気に入りのカメラバッグに入れようと思うと、
ボディに装着した形で入らないので、
つい面倒になって持ち出すのをやめてしまうという事が多々ありました。

しかし、このタムロンの70-180mm F/2.8 Di III VXDは、
ボディに装着したままバッグに入りそうなので、
そのあたりの物理的問題を解決してくれる事が最大の恩恵です。

さすがに70-200mmが2本、
そしてこのレンズ追加という事で、
似たような焦点距離が3本はいらないという事もあり、
どれか1本は処分しようと思っています。

70-180mm F/2.8 Di III VXDはまだ使用していないので、
使い心地や描写力についてはコメントできませんが、
28-75mm F/2.8 Di III RXDがとても優秀なので、
この血統を受け継いでいれば、写りは優秀だと思っていいと思います。

手に持ってみてまず思ったのは、小さくて軽いなぁ~でして、
この重さ、サイズだと気軽に持ち出せそうです。
既存の70-200mmは、首にぶら下げて一日中歩くって結構ヘビーですからね。

難点があるとすると三脚座がない事でしょうか?
数が売れれば、どこかのメーカーさんが三脚座を作ってくれるかもしれませんので、
それに期待したいと思います。
小さくて軽いとはいえ、ボディを雲台に固定すると、
さすがにフロントヘビーだと思います。


by momoken805947 | 2020-07-07 15:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

以前所有していたAマウントの70-400mm F4-5.6 G SSMIIは、
どうしても解像感に納得できずに手放してしまいまして、
EマウントのFE100-400mm GMを購入しようかとも考えたのですが、
400mmという焦点距離がそれほど必要な撮影もなく、
価格を考えると購入してもなぁ~と二の足を踏んでいました。

しかし、ごくたまに海での撮影の際、
300mmでは足りず、トリミングで対処したりしていたので、
いずれは400mmは欲しいと思っていました。

昨年の後半あたりだと思いますが、
シグマから100-400mmが発売されるのでは?という噂があり、
シグマレンズの好きな自分としては期待していましたが、
いよいよその噂が現実になりそうです。

シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OSは買いか?_e0341572_21394867.jpg

100-400mm F5-6.3 DG DN OSは、フィルター径は67mmという事なので、
純正の100-400mmよりは、かなりコンパクトになると予想します。
写真だと三脚座がついていないように見えますが、
三脚座はあるんじゃないかな?

価格は現時点での情報では1000ドル程度という事なので、
日本での実売は10万から12万あたりになるのでしょうか?
仮にそのあたりだと純正の半額という事ですね。
今どきのシグマレンズですから、写りが悪いという事もないでしょうし、
個人的には動体撮影にどの程度使えるか?が問題でしょうか。

最近発売されているタムロンのレンズは、
コスト削減のせいなのか手ブレ補正がついていませんが、
このレンズには手ブレ補正がついているようです。
400mmという焦点距離だと、APS-Cボディで使いたくなりますが、
自分、α6000しか持っていないのでボディ内手ブレ補正がなく、
レンズに手ブレ補正(OS)がついているとありがたい。

この手のレンズを発売前に予約して購入するというのも博打なので、
発売されてしばらく情報を集めたいと思います。

タムロンの70-180mmも気になっているのですが、
発売直後に問題が発生したりとか、
右側の解像感がおかしいとか、
いろいろ難癖がついているようで様子見です。

ボディやレンズのハードには興味はあるのですが、
コロナ騒動のせいで、撮影モチベーションが落ちてしまって浮上しません。
あちこちのお祭りやイベントも中止ばかりですし、
今後はハードよりも、ソフトの方が重要かもしれません。













by momoken805947 | 2020-06-13 22:00 | Eマウントレンズ | Comments(2)

久しぶりのカメラネタになります(笑)
平和だった頃、既に発売が予定されていたレンズですが、
タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD の販売予約が開始されました。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD の予約が開始されました!_e0341572_22020150.jpg



予約開始とアナウンスがあった際には、
「え~こんなタイミングで予約開始か~」と率直に思いまして、
良い製品なんだろうけど、このタイミングじゃ厳しそうだな・・・と思っていたら、
予約開始からたった1日で、ヨドバシカメラでも発売日以降のお届け!だそうです。

いや~カメラやってる人ってパワフルやなぁと関心してしまいましたが、
こんな時に、こういう製品が売れるというニュースは元気が出ますね。

予約した方は、この経済停滞の時に消費してくれたという事で、
大いに称賛されていいと思います(笑)

前情報を少し見ましたが、純正の70-200mm F2.8 GMより画質も良いとか、
AFも相当速いようで、気にならない人はいないのではないでしょうか?

個人的にはAFの正確さや、追従性能が気になりますが、
今までの70-200mm F2.8のレンズは、それなりに大きくて重たいので、
重量が810gというこのレンズは、いろんな意味で魅力だと思います。
あとは望遠側が20mm短い事をどう考えるか?でしょう。

ただ、三脚座はついていないようなので、
三脚に乗せた時のバランスは気になるところです。

多分、多分ですが、このレンズは相当数売れると予想するので、
どこか小物を作るメーカーが、専用の三脚座を作って販売してくれる予感はします。
値段は・・・多分、多分ですが\25.000から\30.000ってところかな?
知らんけど・・・

また、MFの場合に限定されるようですが、
広角端70mmでは0.27mまで寄れるというのはすごいですね。
タムロンのHPで作例を見ると、さすがにこの条件で撮った物は周辺が甘いですが、
それがむしろ味っぽい感じもするので、
マクロレンズを持参していないという時でも、
簡易的に使う事ができそうでいいなと思いました。

お値段は価格コムで見ると、最安値\123.750-という事です。

相場から考えると安いですよね。
破格だという感覚の人も少なくないんじゃないでしょうか?
純正のGMと比較したら半値ですし、
自分の知り合いの女性は、GMは重たくて無理だと断念し、
純正の70-200mm F4を使っている人も多いので、
F2.8が使いたい!と願っていた人には、
このタムロン70-180mmは救世主だと思います。

自分も欲しいなぁとは思うのですが、
ここ最近、世間がこんな雰囲気なのでカメラを持ち出す事もなく、
新しいレンズを買ってもなぁと、気後れしてしまってるのは確か。

同じような理由で予約を見送っている人も少なくないのかもしれませんが、
本当はこんな時期なので、欲しいものは予算が許す範囲で積極的に購入し、
販売しているメーカーや、店舗を後押しするってのが大切なんですよね。

今のところ予約はいっぱいみたいですし、
落ち着いたら購入したいと思っていますので、
こんな時ですが、タムロンさんにも頑張っていただきたいものです。
もちろんシグマさんにも!


by momoken805947 | 2020-04-11 00:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

皆様、メリクリでございます。
正直、寂しいおっさんとしては、クリスマスは全く関係ありませんが、
先日、購入した24-70mm F2.8 DG DNで撮影する被写体は何にしようか?と考えたあげく、
山手西洋館でやっているクリスマス装飾の撮影にしよう!という事で、
クリスマスとは縁のないおっさんは、一人寂しく出かけてみたのであります。


ブラフ18番館 クリスマス装飾
まず最初にやってきたのは「ブラフ18番館」
ここはJR石川町駅から歩いて来ると、急な坂を登る羽目になるので、
この入口に到着した頃には暑くて汗をかいており、
暖房が効いている中に入るには、少し間をおいてクールダウンする必要があります。



ブラフ18番館 クリスマス装飾
正直言うと、この手の撮影は苦手分野ですし、
それほど興味があるというわけでもないのですが、
今回の一番の目的は、24-70mm F2.8 DG DNというレンズを使う事なので、
そんな風に見ていただけるといいかもしれません。



ブラフ18番館 クリスマス装飾
良いレンズを使っている人には、良く分かる例えになるかもしれませんが、
ファインダーを覗いた瞬間「あ!見え方が違う!」っていう感覚。
それがこのレンズにはありました。



ブラフ18番館 クリスマス装飾
暗い部屋っていうのもありますが、
基本的に物撮りになるので、絞り開放あたりでの撮影が多くなります。
70mm開放で撮ってみましたが、前ぼけは結構良い感じかと・・・



ブラフ18番館 クリスマス装飾


ブラフ18番館 クリスマス装飾


ブラフ18番館 クリスマス装飾


ブラフ18番館 クリスマス装飾
50mm付近の焦点距離で撮影。
解像力はとても良い感じですが、雰囲気のある描写をすると思います。
それもシグマらしい描写で、カールツァイスとはやはり違う。

詳しい設定は、写真をクリックしていただくとPHOTOHITOで開けるので、
そこでExifを確認していただければと思います。



外交官の家 
次は外交官の家に行ってみましょう!こちらはF8まで絞って撮っていますが、
メタセコイアの木を見ても、フリンジが出ていないようです。



外交官の家 クリスマス装飾


外交官の家 クリスマス装飾


外交官の家 クリスマス装飾
24mmで撮った3枚です。
24mmの焦点距離は、FE24-70mm F2.8 GMの方が良いという評価でしたが、
撮った写真を見る限り、このくらい撮れていれば十分かと思います。
隅の方も流れているっていう感じもしないし・・・



外交官の家 クリスマス装飾


外交官の家 クリスマス装飾
35mmから40mmあたりで撮りました。
人間の目で見ただけで、24mmより良いとか悪いとか分かりにくいと思いますが、
オリジナルデータを見る限り、単焦点並に写ると言ってもいいレベルです。



外交官の家 クリスマス装飾
点光源があったので、玉ボケを撮ってみました。
口径食はありますが、玉ねぎはないようです。
標準ズームとしてはいいんじゃないでしょうか?



外交官の家 クリスマス装飾
発売前の評価を見ると、ぼけはタムロンより綺麗とありましたが、
確かにぼけは綺麗だと思います。
ただ、タムロンのより綺麗かどうかは、同じ条件で撮ってみないと何とも言えません。
タムロンのもぼけは悪くないと思うんですよね。

読んでいただいた皆さんにとっては、
実験的なデータではなく、実際の写真でしかないと思いますが、
ぼけについては、なんとなく雰囲気が分かってもらえたかもしれません。

F11くらいまで絞って風景も撮ってみたいと思いますが、
最近のレンズでよく聞く「開放からシャープに写る」のは当然として、
前ぼけ、後ぼけも綺麗だと思いますし、
道具として非常に気持ちよく使える一品だと思いました。
購入を考えているという人がいたら、十分オススメできるレンズです。

ただ、24mmは使用頻度が低いという方にはタムロンをオススメするかも。
大きさ、軽さについては、タムロンが圧倒的ですし、
写りも優劣つけがたいほど優秀です。

今後、自分が使うシステムとしては、標準ズームはEマウントがメインになり、
撮影スタイルに合わせて、シグマとタムロンを使い分ける事になりそうですね。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-12-24 19:00 | Eマウントレンズ | Comments(4)

以前の投稿で、新製品、シグマ24-70mm F2.8 DG DNを購入予約した事を書きましたが、
発売日の12月20日に無事に手元に届きました!

発売日を過ぎたら、あちこちでレビューも上がり始め、
自分がレビューする意味があるような気もしませんが、
せっかくカメラ、写真のブログなんで、おまけ程度かもしれませんがあーだ、こーだと書きたいと思います。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051685.jpg

例によってシグマのレンズは、この洒落っ気もない白黒の箱です。
箱は製品の保護が重要なだけだと思っているので、
コストをかけず、シンプルなのが一番良いと思います。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051736.jpg

早速、α7RⅡに装着してみました。
82mmのフィルター径という事で、でかいだろうなぁと思っていましたが、
予想外にそれほどでもありません。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051750.jpg

自分、純正の24-70mm GMは持っていませんが、
ノッチじじいがいつも使っているので、それを見た感じから言わせていただくと、
純正のGMよりは、実寸というよりイメージ的に小さく感じるかも。



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051891.jpg

フードを取り付けてみるとでかいけど・・・(笑)



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051514.jpg

このレンズのフードですが、ロックボタンがついていました。
今までシグマのレンズは数本購入していますが、
このフードにロックがついているのは初めてです。

しかも、フードの下半分にゴムが巻いてあるので、
脱着時に滑るという事がなく、非常に良い感じです。
ただ、ゴム部分にほこりが付着しやすいというのはあるかも。



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075800.jpg

タムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDには、
横にボタン類が一切ありませんが、24-70mm F2.8 DG DNにはいくつかあります。

まずはAF、MFの切り替えスイッチ。
28-75mm F/2.8 Di III RXDはボディ側でAF、MFの切り替えしないといけませんが、
レンズにこの切り替えがあるのは楽ですね。

135mm GMのスイッチはすごく切り替えしづらいんですが、
このレンズのスイッチは切り替えしやすいです。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075864.jpg

フォーカスホールドボタンがつきました!
自分の持っているシグマレンズは、AF、MFの切り替えスイッチはありますが、
このフォーカスホールドボタンが付いているのは初めてです。

ボディ側で設定すれば、いろんな機能に割り振ることもできるので、
ポートレートを撮る人は、瞳AFなどに割り振ることもできるようです。



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075868.jpg

そしてまさか付いてくるとは思わなかったズームのロックスイッチ。
一日持って歩いてみましたが、ロックしなくても勝手に伸びるという事はなかったです。
ただ、あると精神衛生上いいですね。

自分の持っているカメラバッグは、横からカメラを出し入れするタイプなんですが、
たまに逆さに付けたフードが出す時に引っかかってレンズが伸びるので、
このロックがあると、レンズが伸びてからカメラが出てくるという事がないのでありがたい。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075628.jpg

おまけみたいなものですが、タムロンのと比べてみました。
箱の上に乗せたので、両方とも斜めってるのはお許しを!

比べてみると長さはほとんど同じ。
太さが違う感じですね。
持ってみると、明らかにタムロンの方が軽いのが分かるくらい違います。

ズームリングについては、タムロンの方が面積が広い感じで、
使いやすさからいうと、タムロンの方が操作性はいいような気がします。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075720.jpg

正面から見ると、明らかにシグマの方がでかく、タムロンの方が小さいです。
シグマはフィルター経82mm、タムロンは67mmですから当たり前か~。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075746.jpg


ついでに同じ24-70mm F2.8のレンズという事で、
AマウントのVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMと比較してみました。
こちらも斜めってるけど、分かると思うので強行的に進めます。

Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMの方は、
フィルター経が77mmで小さいのですが、レンズ自体の太さが太いように見えますね。
長さはあまり変わらないですが、Eマウントのフランジバックの関係で、
シグマの方が若干長いようです。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13104079.jpg


フィルター径はシグマの方が5mmほど大きいのですが、
その差は見てもあまり感じません。

シグマはフィルター径は大きいけど、
筒の部分が細くなっているので、感覚的に大きいような気がしないのですが、
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMは寸胴なので、
持っていて「でかいレンズだなぁ」って感じるんですよね。

重さは両方同時に持ってみると、若干24-70mm F2.8 ZA SSMの方が重たい感じです。
シグマの方は830g、24-70mm F2.8 ZA SSMは955gです。

今回は物としてどうなの?という視点で投稿させていただきましたが、
このレンズは非常に丁寧に作られている印象で、
フードのゴム巻きや、ロックボタン類の配慮はすごく良いと思います。
全体的な質感も良く、手を抜いてコストを削減しているという部分も見当たりません。
(むしろ純正レンズの方が、セコいところでコスト削ってる印象)

使用してみた印象としては、ズームは非常にスムーズで、
ズームリングの使い勝手も良いのですが、
フォーカスリングの抵抗が少なく、スルスル回ってしまうのがイマイチでした。
もう少し抵抗があって、トルク感があるとよかったんですけどね。

AFは速くて正確。
追従性能は検証してないのですが、ボディがα7RⅡしかないので意味があるかどうか・・・
このあたりの情報は、α7Ⅲやα9を持っている人に提供していただきたいですね。


次回は実際に撮影した写真も掲載していきたいと思います。


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-12-22 15:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)