人気ブログランキング |

タグ:Eマウントレンズ ( 22 ) タグの人気記事

最近の新製品にはあまり興味がなく、
α7RⅣはすごいという噂は聞けど、自分で買って使おうと思うようなボディでもないし、
FE200-600mmみたいなレンズも、良いとは聞くけど自分が買っても使い所がありません。

しかし、ここ最近の話題で、タムロンが新しいレンズを出すらしいです。

e0341572_14443940.jpg

https://www.sonyalpharumors.com/sr5-these-are-the-four-new-tamron-fe-lenses-70-180mm-20mm-24mm-and-35mm-f-2-8/

近々、発表されるであろうレンズは4本という事らしく、
単焦点が3本、ズームが1本という内容みたいです。

単焦点はF2.8のようなので、イマイチ興味が沸かないのですが、
上の写真を見ると、28-75mm F/2.8 Di III RXDよりちょっと大きいけど、
これ70-180mm F2.8という事で、この手のカテゴリーのレンズとしては最小では?と思います。

重量などのデータはまだないようですが、
いつも持ち歩いている70-200mm F2.8は、意外と大きくて重たいので、
このタムロンの70-180mmは買おう!と今から思っています。

ここからは個人的な趣味嗜好の話ですが、
先日、135mm F1.8 GMを購入して少し使った感想として、
最近のソニーのレンズは、解像感はバリバリだけど何か味気ない描写で、
自分の好みと何か違う感じがします。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの描写と比べての感覚なので、
全てのFEレンズにそれが当てはまるわけでもないと思いますけど。

せっかく買ったし、135mmは使っていこうと思っていますが、
よほど純正で欲しいと思えるレンズでなければ、
Eマウントで使うレンズは、なるべく軽くて小さいサード製で構成していこうかと。

Aマウントは好きなので、今後も使っていきたいのですが、
もう新しいレンズが出る事もないと思うので、
既存の気に入ったレンズでやっていくとして、
スナップを撮るようなシステムは、軽いEマウントのレンズと入れ替えようと考えています。

正直、Aマウントに比べると、操作性などでEマウントはイマイチだと思うのですが、
軽くて小さいっていうのは大きなメリットで、
そのあたりをうまく使い分けていけたらいいなと思います。

とりあえずタムロン 70-180mmは購入予定です!



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-09-22 16:00 | Eマウントレンズ | Comments(1)

2014年に初代α7とα7Rが発売された時、
専用のレンズは55mmと35mmの2本しかなくて、
当初の雰囲気は「Aマウントレンズをアダプターで使えや~」という感じでしたが、
あれから5年経って、FEのレンズも隙間なくラインナップされました。

このFEレンズを充実させるのにリソースをつぎ込んできたソニーですが、
その間、APS-C用のレンズは「そのうち出すからちょっと待ってくれ」って物言いで、
本当にそんなつもりがあるのか、ないのか疑心暗鬼でしたが、
ここにきてとうとう、本気でAPS-C用のレンズを出してきました。

e0341572_19252744.jpg


SEL16-55mm F2.8 G
フルサイズ換算で24mmから82.5mmの画角ですが、
α6000シリーズで使うには良さそうですよね。

自分も前から、軽量、コンパクトで気軽に持ち出せるAPS-C用レンズが欲しかったので、
「おお!これ買おうかな?」と思って値段見たら、
希望小売価格 \153.000 + 税 

た、高けぇ~! (笑)
フルサイズのレンズなら分かるけど、
APS-C用のレンズがこんなにするのか~と、ちょっとビックリ。

常識とかじゃなくて、自分の個人的な感覚だけど、
APS-C用のレンズは、お値段もコンパクトじゃないと存在価値が・・・と思うので、
せめて高くても10万円くらいにしてほしかった。



そしてもう一つ

e0341572_19253894.jpg


E70-350mm F4.5-6.3 G OSS

見るからにカッコいいし、フルサイズ換算で525mmの画角は魅力なんだけど、
できれば広角側を50mmか55mmにしてもらえると、
使い勝手が全然良くなるんですけどね。
まあ、画質を考えると、広角側をできるだけ削りたいのでしょうなぁ。

こちらのお値段は \109.000 + 税 という事なので、
16-55mmよりはお安いみたいですが、
それでも10万円超えなので、皆さんどう考えますか?

もうちょっと出せば、フルサイズ用の70-300mm買えてまうやん!と思うのですが、
α6000シリーズを使う人にとっては、
小型、軽量が重要な性能であって、
小さくて軽い事に、どこまでお金を出せるか?という事かもしれません。

これら2本のレンズ、発表はされましたが販売は10月、11月のようなので、
世に出て、多くの人からレビューが出てきてから購入を考えてもいいかもしれません。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-31 23:59 | Eマウントレンズ | Comments(0)

前回の投稿の続きになります。

FE 135mm F1.8 GM、1本だけ持って鎌倉スナップです。
雨が降ったり、やんだりというコンディションなので、
ヒット・アンド・アウェイ的な撮影になりました。



鎌倉スナップ
東慶寺にやってきました。
開放F1.8で撮影。
135mmの開放は、独特な立体感を生み出す描写をします。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを初めて使った時の感動たるや、すごいものがありましたが、
このレンズの描写もまたすごいと思います。



鎌倉スナップ
こちらも開放F1.8。
背景は奥行きがかなりありますが、
ザワザワとうるさい感じの背景な割に、
ボケ方が綺麗なので、あまりうるさい感じもしないと思います。



鎌倉スナップ
浄智寺の入り口にある橋。
ここは人が比較的多かったので、これだけ撮って建長寺に行く事にしました。



鎌倉スナップ
建長寺にやってきました。
正直、135mmだけでスナップっていうのは、意外と難しいと思います。
距離感ですよね。間合いが難しいのですよ。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
後ろボケは綺麗だけど、前ボケがイマイチというレンズはありますが、
FE 135mm F1.8 GMは、前ボケ、後ろボケ共に綺麗だと思います。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
なんてことない一部分を切り取っても、
絵になってしまうマジックを持っているのが135mmです。
やっぱこの立体感なんでしょうなぁ。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
最短撮影距離は70cmという事で、
こういった写真も比較的撮りやすい感じです。
シグマの135mmは、約90cmという事なので、
この差はかなり大きいと思いますよ。



鎌倉スナップ
この時点で2時間以上、歩きながら撮影していますが、
特にシステムが重たくて苦痛という事もありませんでした。



鎌倉スナップ
F8まで絞って撮影。
さすがにここまで絞るとバキバキに解像します。
本来、こんな風に使うレンズではないのでしょうが、
画角が合うなら、風景に使うもの良いと思います。
70-200mmの135mmを使うのとは、一段上の写りだと思いますし。

そんなわけで約3時間、鎌倉を歩きながらスナップしてみました。
ちょっとだけ使ってみての感想ですが、一言で言うと優等生的な印象でした。
AマウントのSonnar T* 135mm F1.8 ZAと比べると、
正直、レンズの持つ解像力の優劣は、人間の目で見て違いがわかる程ではないと思います。
ただ、発色の良さでいえば、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの方が上のような気がします。

FE 135mm F1.8 GMは解像力も高いし、
良いレンズである事は疑う余地もないのですが、
優等生すぎて面白くないと思う人もいるかもしれません。

仕事で使うならFE 135mm F1.8 GM、
趣味で使うならSonnar T* 135mm F1.8 ZA 
という表現をすると分かりやすいかも(笑)

使いやすさでいえば、AFの快適さはFE 135mm F1.8 GMだし、
持ち歩くストレスもFE 135mm F1.8 GMの方が少ないと思います。
一長一短はあると思いますが、欲しいと思う方は買いでしょうね。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-07-23 08:00 | Eマウントレンズ | Comments(2)

初日の出の投稿と前後してしまうのですが、
先日、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD を購入した事を投稿しました。
そのタイミングでお台場の花火撮影に誘っていただいておりましたので、
お台場の花火とガンダムを撮ってみようと、α7RⅡに装着して使ってみたので感想など書いてみたいと思います。



お台場・ユニコーンガンダム


お台場・ユニコーンガンダム
エーデルさんがガンダムをカッコよく撮ってみたいと言うので、皆でガンダム撮影会です。
このレンズの広角端は28mmなので、広角側がもっと欲しくなるかな?と思いましたが、
意外と28mmスタートというのは気にならず、工夫次第でどうにでもなりそうな感じです。



お台場・ユニコーンガンダム
夕方のマジックアワーとガンダム



お台場・ユニコーンガンダム


お台場・ユニコーンガンダム
昼間の照度の高い撮影だと、レンズの性能も意外とよくわからないのですが、
夕方くらいになって、被写体の照度差が出てくると分かりやすい条件になりますね。

正直このレンズ、外見はつや消しの黒で、純正の金属製のに比べるとチープ感があり、
見た目からすると、どうせキットレンズに毛が生えたようなもんだろうと思っていたのですが、
使ってみるとその解像力にビックリするほどすごいですよ。
全てAFで撮りましたが、スピードは速いとはいえないけど、精度も高く前ピン、後ピンもなさそうです。



お台場・ユニコーンガンダム
どちらかというと広角側よりも、標準から望遠域の方が良さそうですが、
28mmで撮っても十分解像しているし、葉っぱの描写なんかを見てもかなり良い感じだと思います。



お台場・ユニコーンガンダム
少し下がって標準域50mmで撮影。
24-70mm F2.8 GMは持っていないから比べようもないのだけど、
おそらく同じ画角で同じシーンを撮って、見比べて分かる人もいないんじゃないでしょうか?
そのくらいの性能はありそうですけどね。



お台場・ユニコーンガンダム
このくらい使ってみると、何となくレンズの個性みたいなのがわかってきました。
正直、このレンズかなり良いと思います。



平成最後のお台場レインボー花火


平成最後のお台場レインボー花火


平成最後のお台場レインボー花火
お台場レインボー花火は、遠景の撮影になると思いますが、
拡大して見てみても十分解像しているし、他のレンズで撮ってもこんな感じなので普通かもしれません。

一日、このタムロンで撮ってみましたが、軽いのがまず良いですね。
また、径が細いので持ちやすく、快適に撮影ができる印象でした。
性能も純正の高いのと比べても遜色なく、AFは速くはないけど正確で、
動いているような物は撮りにくそうですが、静物を撮影するならなんの問題もないと思います。

ただ、AFの精度については、レンズの個体差や使用ボディによって変わるかもしれませんが・・・

ちまたで絶賛されていたレンズなので、興味半分で購入した感じだったのですが、
このレンズ、噂通り相当良いと思いますよ。
純正にこだわりがないなら自信を持ってオススメできると思います。



いつもポチッていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-01-02 22:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

発売当初、人気商品でなかなか手に入らなかったらしいソニーFE24-105mm F4 G OSSですが、
発売から半年近く経って、今は普通に購入できるようになったようです。
e0341572_19354705.jpg
このレンズは以前、Eマウントユーザーにアンケートを取ったところ、一番「あったらいいな」と需要のあった物らしいですが、
自分はこのズーム域のレンズは、シグマの24-105mm F4 DG HSMを持っていたというのもあって、
早々に飛びつく事もなく、世の中の評判を淡々と見ておりました。

e0341572_15535008.jpg
e0341572_15535445.jpg
世の中の評判を聞かずしても、シグマのが大きくて重たいのは明確な事実(笑)
ソニーFE24-105mmは軽いようだし、性能的に納得できれば機材を軽くしたい時にはいいな~と思いつつ、
光学性能がイマイチわからなかったのですが、ここに来てデジカメinfoさんから比較の記事が投稿されました。

http://digicame-info.com/2018/03/fe24-105mm-f4-g-oss-4.html

タイトルがまた興味をそそられますね。
「ソニーFE24-105mm F4 G OSSの望遠端はこのクラスでは異例の高解像力」

内容はリンク先を読んでいただけるとわかると思いますが、ソニーのFE24-105mmは面白い性能ですね。
この手のレンズは大抵、望遠端の105mmは描写性能がガクッと落ちておまけ扱いされるのですが、
このレンズは望遠端の描写性能が非常にいいみたいです。



それに対してシグマ24-105mm F4 DG HSMの方は・・・

http://digicame-info.com/2018/02/24-105mm-f4-art.html

「シグマ24-105mm F4 Art は広角端では驚きの高解像力」

自分が使用してきたシグマ24-105mm F4 DG HSMは、広角端の24mmでは驚きの高解像力という事で、
これは自分が今まで使用してきた感覚と一致します。
24mmで風景を撮る際、F8からF11くらいで撮った写真を見ると、ビックリするようなシャープさですからね。

ただし、シグマの24-105mm F4 DG HSMには、今のところEマウントボディに直接装着できる物はないので、
マウントアダプターを経由という事になりますが、
Eマウントボディを使用している人にすれば、直接装着できるFE24-105mm以外の選択肢はないでしょうね。

シグマのが広角側に強く、ソニーのが望遠側に強いからと言って、同じ焦点距離のレンズを2台体勢で持つ奇特な人もいないでしょうが・・・(笑)
自分の機材環境でいえば、シグマ24-105mm F4 DG HSMを持つのであれば、
望遠側の補強に70-200mm F2.8 G SSM IIや70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持つのがベストっぽいと思いました。

こういう比較も重箱の隅なんでしょうけど、
実際に一般ユーザーの目で見れば、そんな差はほとんど分からないし誤差の範囲なんでしょう。
でも、自分は物を作るのが仕事なもんで、同じようなカテゴリーの製品でも、
作り方によって得意、不得意が反対になるのは面白い現象だな・・・と思って、今回の投稿となったのであります。



いつもポチリありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村
<

by momoken805947 | 2018-03-04 13:09 | 撮影機材 | Comments(0)

昨晩、デジカメinfoを見ていたら「ソニーが間もなく発表する新製品に関する噂」という記事が投稿されており、

http://digicame-info.com/2017/10/post-999.html

その内容はいつものごとく、α7Ⅲとα7SⅢの話題だったので、「あ~そろそろα7も三世代目か~」とサラッと思ったのですが、
何とビックリする事に、本日突然α7RⅢがソニーから発表されました!

この登場の仕方はα7Ⅱが発表された時に似ていますね。
α7Ⅱも何の前情報もなく、ある日の夜突然情報が入ってきて「5軸手ブレ補正がついた!」って衝撃的なニュースでしたが、
このα7RⅢも何の前情報もなく、突然バッと出てきた感じです。
最近のソニーは、新製品についての情報が完全に統制されているのか、
リークする情報と、リークしない情報が分けられているような気がしますね。

e0341572_19264637.jpg
例によって外見はもうお腹いっぱいのこれですが、中身はいろいろとレベルアップしているみたいです。
ただ、センサーの読み出し速度が速くなったとか、AFが従来の何倍も追従するとかは当たり前の感じなので、
ポートレートはやっていない自分としては、瞳AFが進化したとかはあまり重要でもありません。

いいな~と思うのは、α9と同じバッテリーになって容量が従来の2.2倍になったってところと、
ピクセルシフトがあるっていうから、風景写真撮る人には魅力かな~。
でも、4200万画素でも十分すぎるほど十分だし、果たしてそれ以上のデータ量が必要なんだろうか?
画素数がα7RⅡから据え置きだと考えると、これはα7RⅢというよりα7RⅡマイナーチェンジくらいの進化じゃないかな?

価格はまた50万円くらいか?と思っていたら、どうやら37万円くらいが市場推定価格のようです。

個人的に買い換えるかどうか?については、α99Ⅱもα7RⅡも持っているので、買い替えは次の機種かな?


続いて発表されたのがSEL24-105Gというレンズ。
前に何かで読んだ記憶があるのですが、α7のユーザーが最も欲しいと思っているレンズは24-105mmという事だったので、
このデータはきっとソニーも見ているはずだし、そのうち出してくると思ってはいました。

e0341572_19354705.jpg

現在、シグマの24-105mm F4 DG HSMを使っていますが、写りも良いし、結構気に入って使っているので、
このSEL24-105mm G がシグマ24-105mm F4 DG HSMより性能が良かったら欲しいですね。

仕様を見るとフィルター径は77mm、重量は663gという事のようです。
この手のレンズの非球面の使用は、ボケにはあまり期待できそうもないのと、
MTF曲線を見る限りでは、シグマの24-105mm F4 DG HSMをぶっちぎる性能という事もなさそうな気がしますが、
シグマのより軽いし、旅行に持っていくとかには、とても良いレンズでしょう!


ポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-10-25 20:00 | Eマウントボディ | Comments(0)

最近、買う資金もないので、撮影機材の話題は関心が薄いのですが、
デジカメinfoさんは癖のようにちょくちょく覗いていて、DxOMarkにセンサーやレンズのスコア記事が出ると興味深く見ています。
どんな事か簡単に説明すると、カメラに搭載されているセンサーやレンズのデジタル的、光学的な事に点数をつけるというような話です。

ただし、背景のボケのように、人によって美が違う点については点数はつけられないので、
そんなアナログ的な部分には触れておりませんし、優劣はつけてないと思います。

そんなDxOMarkですが、先日 FE85mm F1.8のスコアが出ていました。

e0341572_20053222.jpg
またデジカメinfoさんから拝借してしまいましたが、
このFE85mm F1.8というレンズがどんな立場かといえば、ZeissでもGでもGMでもない無印のレンズ。
今、価格コムで最安値を見たら57.380円となっていました。

一方、比較対象となっているFE85mm F1.4 GMですが、同じ焦点距離のレンズというだけで、
大きさも価格も全く違いまして、特にお値段は170.000円なり~。 F1.8のレンズの3倍ですよ。
ちなみにBatis1.8/85については、お値段130.000円くらい。

価格だけを見ればF1.8は、文字通り桁違いに安いのですが、
解像力は3つの比較の中で最も優秀だし、Batis1.8/85との比較では透過は引き分けだけど、
他の項目では全部勝ってるって・・・・(笑)

しかし、こういったスコア的な数値って、人間の目で見た時に決定的にわかるようなものじゃないと思います。
実際、ブラインドテストで、同じボディで同じ風景を同じ条件で撮影して当てろと言われたら、
ほとんどの人がわからないんじゃないかと思いますよ。

その昔、現役バリバリでダイビングのインストラクターだった頃、
ダイビング器材であるレギュレーター(水中で呼吸をする装置) の新製品が出たという事で、
メーカーから借りて使用した事がありました。
メーカーいわく、旧製品よりも呼吸が軽くできるようになっていると言われて使ってみたのですが、
自分にはどうしても旧製品の方が呼吸が楽に感じたので、
ショップに戻ってから、その借りたレギュレーターを返しながら、
「う~ん・・・どう考えても旧製品の方が呼吸は軽いと思う」と正直に言ったら、
帰ってきた答えが「計測してみてデータ上は軽いはずなんだけど・・・」と言われた事があります。

そんな経験もあり、道具というのはデジタル的な数値が、人間の感覚と一致しない事もあると思っているので、
カメラのセンサーやレンズが、デジタル的にいくら優秀と言われても、
人間の目や感覚で判断すると、あのスコアはおかしい・・・という事も多々あるのではないかと疑うわけです(笑)

似たような話ですが、少し前にノッチ師匠がAマウントのSAL70-200mm F2.8 G SSMを落として壊してしまい、
新たに購入したのがFE70-200mm F2.8 GMだったのですが、
ノッチ師匠いわく、FE70-200mm F2.8 GMの方が解像力は高いしカッチリ写るけど、
SAL70-200mm F2.8 G SSMの方が空気感のある描写をする良いレンズだった・・・との事。
ま、これも個人的、かつアナログ的な感覚だと思いますけどね。

世の中の法則的にいえば、高額な物は良品である可能性は高いのですが、
安くても良い物は沢山あるわけで、今回話題になったFE85mm 1.8みたいなレンズもそのひとつかもしれません。
大雑把に言えば、道具に点数をつけるみたいな話は、
参考にはなるけど鵜呑みにしない・・・ってのが正解なのかも!(笑)




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-05-24 21:00 | Eマウントレンズ | Comments(4)

ソニーがFE 16-35mm F2.8 GMとFE 12-24mm F4 Gを発表しました。
FE 16-35mm F2.8 GMは前々から噂があったので、順当というかあまりビックリもしませんでしたが、
FE 12-24mm F4 Gは、いきなり出てきたので意外です。
この手のアイテムは、欲しい人には喉から手が・・・という程欲しいでしょうが、
興味のない人には全く必要ないという事もありますから、今回もまた自分勝手な事を書いてみたいと思います。


e0341572_17495704.jpg
12-24mm F4は、GMじゃなくてGみたいですね。どうやらフードは固定式のようです。
この手のレンズは大抵そうですが、レンズが出目金でフィルターは取り付けられないようであります。
少し前だったら欲しいと思ったかもしれませんが、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalを買ってしまったからなぁ~。
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalを買ってしまったという物理的な理由もありますが、
それを使ってみて思ったのは、この手の超広角レンズは絶対に単焦点の方がいいと思いました。

超広角レンズで一番問題になるのは、中心の画質は最高にいいけど、端っこに行くほど像が流れてボンヤリしてくるという事。
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalの周辺画質は、不満もあまりないし優秀だと思います。
元々、設計が難しいレンズだと思うので、焦点距離を決めたら徹底的にそこで詰めていく方がいいと思うのんですよね。
仮にこのレンズを自分が買ったら12mmは多様したいと思うけれど、24mmはいくらでも代用できるレンズがありますし。

また、この手のレンズの大抵のパターンは、広角端の12mmは優秀だけど、
24mmの望遠端は褒められるような画質ではない・・・っていう評価。
個人的に勝手な事を言わせてもらうとすれば、16-35mmみたいなレンズを持っている人は、
このレンズではなく、Voigtlanderの12mmをオススメしますよ。
ズームの利便性は捨てられないという人は、このレンズはいいと思います。



さて、前々から噂があった16-35mm F2.8 GM。

e0341572_17501212.jpg


知り合いのソニー仲間の人達を見ても、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを持っているという人はかなり多い印象で、
このVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSに不満があるという人も少なさそう。
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSからの買い替え需要ってどのくらいあるもんでしょうかね?

自分の場合、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを買う時に悩んだのが、
AマウントのVario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSMとどちらにしようか?という事だったのですが、
普段から星を撮るというわけでもないし、背景をぼかして撮ろうという画角でもないのでF4で十分だろうと思いまして、
それなら軽いVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSにしようと購入したわけです。

まあ、写り自体は今回の16-35mmはGMだし上なのでしょうが、
フィルター径82mmのでかくて重たいレンズだし、値段もVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの倍はするのでしょうから、
買い替えたいという気も全くしませんです。

ここのところ、ソニーのFEレンズは相当早いペースで新製品が出てきますが、
このあたりでEマウントのレンズは、十分なバリエーションになったのではないかと思います。
足りないのは超望遠の単焦点レンズくらいかな?
α9という新しいボディも出たし、これからEマウントがどこに行くのか楽しみですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2017-05-21 09:29 | Eマウントレンズ | Comments(0)

前々から噂はありましたが、とうとうSONYが9という数字を使ったα9を発表しました!
SONYが製品のネーミングに9を使う時はマジな時で、
どんなカメラかスペックを見ると「あぁ・・こりゃマジだわ」と思うしかありません。

・世界初のフルサイズの積層24.2MP CMOSセンサー。裏面照射型。
・1/32000秒までのサイレント、無振動の撮影。
・60回/秒のAF/AEトラッキング演算の693点像面位相差AF。画面の93%をカバー。
・ファイル転送用のイーサーネットポート、デュアルSDカードスロット、長くなったバッテリーライフ。
・5段分の効果のある5軸手ブレ補正。
・デュアルSDカードスロット。
・ISO範囲は、機械シャッター使用時ISO100-51200(拡張で50-204800)
 電子シャッター使用時ISO100-25600(拡張でISO50-25600)
 動画時ISO100-51200(拡張ISO100-102400)
・368.6万ドットのQuad-VGA有機EL EVF。光学系には両面非球面レンズを採用。
 倍率は0.78倍。輝度はα7R II の2倍。リフレッシュレートは60fpsまたは120fps。
・バッテリーは全く新しいNP-FZ100で、これまでのフルサイズ機のバッテリーのの2.2倍の容量がある。
・動画は全画素読み出しの4Kで、6Kからのオーバーサンプリング。
・縦位置グリップVG-C3EM使用時はバッテリーライフが2倍になる。
 カメラボディー経由でUSBバッテリーシャージが可能。
・価格は4500ポンド(※dpreviewによると北米では4500ドル)、発売は2017年6月。

と、まあ、こんな感じの模様。
自分の撮影スタイルや被写体を考えると「う~ん・・・宝の持ち腐れだし高いから買えない」です(笑)

要するにスポーツや鳥、車やバイクのレースなんかを撮る人には最高のカメラっぽいですね。
自分のように、夜チマチマと出掛けて行って客船をMFでじっくる撮るような人には、
α7RⅡの方が向いているカメラという事になるんでしょう。

羨ましいと思う点は、バッテリーが新しくなったようで、容量も増えたみたいでそこは価値があると思います。
価格は4500ドルという事なので、そのまま日本円に換算すると50万円弱になりますが、
毎度、この計算はアテにならないので、国内の初値は60万円くらいになるんでしょうかね?


e0341572_17173078.jpg
外観の感想は「え~またこの形ぃ~」と思ってしまいました。おいらのα7RⅡのロゴが「9」になってるだけですやん!
この見慣れた形だと、覚悟を決めて購入し、箱を開けても感動が薄いような・・・・(笑)
中身はモンスターみたいなカメラですが、動かない物を撮るのならα7Ⅱとたいして変わらんのだろうな~と思ってしまったり・・・。

個人的には、おそらくこの後出てくるα9Rを期待してしまいますが、
α7RⅡの4200万画素以上のセンサーが必要かと考えてみると、もういいんじゃないの?って感じでもあります。

ここのところ、デジカメも売れなくなってきているので、性能に特化した物を作っていかないと厳しいのかもしれませんが、
もうこれ以上の性能も必要ないという人も少なくないと思いますし、
何よりもお値段が倍、倍と、とんでもない事になってきているので購入しずらいですね。

あと、α9と同時に FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS も発表されました。
e0341572_17194762.jpg
α9よりこちらの方が気になるかも。
自分の持っているSAL70-400mm F4.5-5.6 SSM2 より110gほど軽いようですし、
レンズの枚数もこちらの方が多いので、光学性能もきっと上なのだろうと思います。

Eマウントの弱点は、望遠側のレンズが少ない事でしたが、
このレンズが出た事によって、Eマウントに移行しようという人も増えるかもしれません。

ここにきてα9も発表され、時代はいよいよミラーレスかな?と思えるようになりました。
今時、カメラの中でミラーがパタパタ動いているなんていうのは時代遅れになってくるでしょうね。

時代と共に良い物はどんどん出てきますが、最新の物を追いかけてお金を使っているとキリがありません。
自分はやはりAマウントが好きだし、しばらく新製品は静観したいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-04-20 19:00 | Eマウントボディ | Comments(2)

ここのところ、αcafeに10mmのレンズで撮った写真ばかり投稿していたら、
ハンドルネーム「4WDさん」が 「新国立美術館で撮ったら面白いよ!」と教えてくれたので行ってみる事にしました。
ちなみに4WDさんと呼びにくいので、「ヨン様」とお呼びしたところ「ヨン様はやめてくれ」と言われました(笑)

http://www.nact.jp/



新国立美術館
実は午後3時頃には新国立美術館に到着したのですが、建物がガラス張りで室内と外の照度差が激しく撮影しにくい状態。
これは夕方まで待つしかないな・・・と2時間以上待ちました(笑)
美術館の閉館時間が午後6時なので、5時30分くらいから撮影開始という感じでした。



新国立美術館


新国立美術館
薄暗くならないと撮影しにくい建物でしたが、人の多い場所で三脚を使うわけにもいかずISOを多少上げての撮影になりました。
ただ、α7RⅡは高感度に強いのと手ぶれ補正があるので、10mmという焦点距離ならシャッタースピード1/13でもブレません。
優秀なボディとレンズの組み合わせのおかげでクリアに撮れました。



新国立美術館
上の方に行ってみました。
超広角レンズで切り取ると、まるで宇宙基地のようで面白い構造です。
さすが美術館という感じで、建物そのものがアートという事のようです。



新国立美術館
撮影枚数は結構あるので、全部ご紹介するわけにもいかずこのくらいで・・・
やはり建物の曲線が面白い場所で、撮影するなら建物の内部と外の照度が同じくらいになる時間帯がベストだと思います。
昼間に来ると建物の外が圧倒的に明るく、白く飛んでしまうでしょうね。

帰りは都営大江戸線で大門まで出て、時間があったので貿易センタービルの展望台に行ってみました。



貿易センタービルから
何度も来ている場所なので、東京タワーはもうお腹いっぱいでした(笑)
もっと面白い切り取りはないか?と考えてみたところ、
今までは広い範囲を構図にしようと、広角ぎみなレンズで撮っていましたが、
少し範囲を狭くして切り取ってみようとテーマを持ってみました。



貿易センタービルからの夜景


貿易センタービルからの夜景
真冬に比べると気温が上がったせいか、少し先の方は白く霞んでしまっていました。
仕方ないので近い所を集中的に撮影する事に。



貿易センタービルからの夜景


貿易センタービルからの夜景
しかしまあ、東京って所は本当にビルが密集しているな~と感じます。
全てを破壊するような首都直下地震でも来れば、これがどうなるのか考えるだけで想像を絶する世界です。
ある意味美しい世界に見えますが、現代においてはそういう懸念もあるわけで・・・。



貿易センタービルからの夜景


貿易センタービルからの夜景
ここが一番綺麗だったかな?
黒いビル群にオレンジ色の首都高という構図になります。
昔はここに来ると、広い範囲をとにかく写そうと広角レンズばかり持ってきていましたが、
こういう切り取りの方がテーマがしっかりして、見やすいような気がしますね。
自分も少しは上達したんでしょうか?(笑)

田舎モンの自分としては、都会は息が詰まりそうで撮影に来るのも微妙です。
どちらかといえば、湘南の海で長いレンズ振り回している方が性に合ってるみたいです。


ポチリよろしくお願いします! ただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-03-21 12:00 | 撮影記 | Comments(2)