人気ブログランキング |


2月の投稿で70-400mm F4-5.6 G SSMIIのAFが壊れ修理。
70-200mm F2.8 G SSM IIもAFの挙動がおかしかったので、
修理に出した事をお伝えしました。

https://momoken819.exblog.jp/27991116/


e0341572_20031701.jpg

この白いぶっといのが70mmから200mmまでをカバーする望遠レンズでございます。
修理のために発送しましたが、

長々と何の連絡もなく、いつになったら戻ってくるのか心配になったので、
保証会社にメールで連絡してみました。
ちなみにこちらを発送したのは1/31なので、
もう一ヶ月半もの間、どうなっているのか不明であります。

ちなみにソニーストアで購入すれば、
修理の際には対応が早いんでしょうが、
カメラ量販店で買ったこのレンズは、
延長保証は別の保証会社が対応するという事なので、
保証会社 → 修理窓口 という経路になるため対応も遅いのだと思います。

メールで問い合わせすると、半日くらいで返信がありました。

当初、AFがガクガクする挙動を示すと伝えたのですが、
メーカーの回答は、個体差はあるが正常の範囲という事。
友人に渡してファインダーを覗いてみてもらった事がありますが、
「なんでこんなにガクガクするの?」と聞かれたくらいなので、
主観でもないと思うのですが、正常だと言われると微妙な気分。

また、AFの駆動時にモーターが甲高い音でキーキーと鳴るらしく、
そんな症状あったかな?と思ったのだけど、
それは保証の範囲でモーター交換を実施してくれるとの事です。

ただし、AFがガクガクするという挙動については、
AFの駆動部分を交換する事もできるが、それは有償だと書いてありまして、
金額を見たら 86.751円だそうで、
交換しても変わらない可能性もあると付け加えられてました。

交換しても変わらないなら、86.751円も出したくないので、
それは修理しないでいいのでキーキー鳴るのだけ直してくださいとお願い。
この連絡の後、さらに2週間くらい修理にかかるというので、
戻ってくるのは3月の終わりから4月の初めでしょう。

保証会社の対応は丁寧で、とても親切な感じがしたのだけど、
連絡しないで放置しておいたら、レンズはいつになったら戻ってきたかわかりませんな。

やっぱりソニー製品については、ソニーストアで買うのがいろんな意味でベストっぽいです。
自分の場合、70-200mmは TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di USD があるので、
あまり急ぐ必要もなかったのだけど、
すぐに修理して使いたいという人は、かなり焦れったいと思います。

何か皆さんの参考になればと思い投稿してみました。



いつもポチっていただいてありがとうございまする。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-17 09:27 | Aマウントレンズ | Comments(0)

先日、PHOTOHITOさんの方から連絡があり、システムの改善をしたので確認して欲しいとの事で、
Firefoxでブログを開いてみると無事に写真が表示されまして、どうやら写真が表示できない件は直ったようです。
また、スマホやiPhoneで写真が見れないと言っていた友人にも確認してみましたが、
皆さん問題なく見れているという事なので、今回の件は一件落着です。

この件でお問い合わせさせていただいたPHOTOHITOさんの運営の方には、
迅速な対応をしていただきまして、最短でシステムを改善していただいたと思います。
誠意ある対応をしていただいたと思いますので、こちらの環境で写真が見れるようになった事、
また、知り合いの端末でも写真が表示されるようになった事をPHOTOHITOさんの方にもお伝えしておきました。
PHOTOHITO運営の方々、本当にありがとうございました。



無事に写真が表示されるようになったところで本題です。

エーデルさんに「道寸祭りどうすんだ?」とメールをしましたが、エーデルさんからは返信がありません。
きっとこの暑さでぶっ倒れているのだろう?と思いましたが、それを確認する術もありません。
そんなくだらない事を言っていたら、笠懸は本番となり馬は走り始めてしまいました。



逗子海岸 流鏑馬
写真ブログなので、少し今回の機材についてのお話を。
この写真は昨年撮影した逗子海岸での流鏑馬の物ですが、撮影はα77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII にて行いました。
70-400mm F4-5.6 G SSMIIは解像力は400mmなのでこんなものでしょうが、非常に残念なのは背景の二線ぼけです。
個人的には見ていて耐え難い程、背景のぼけ方が騒がしくて嫌になります。
そんなわけで今回は、望遠側は多少捨てても200mmでいこうと70-200mm F2.8 G SSM IIを持ってきました。

ちなみに写真に写っている射手の女性は「あけみさん」という方ですが、今回の笠懸には出場されないようで非常に残念。
あけみさんファンの自分としては、あけみさんに会いに来たと言っても過言ではありません。



笠懸 


笠懸


笠懸 
今回の選択はどうやら正解でした。
場所取りの際にレンズが200mmという事を考慮しましたが、構図的にはそこそこだと思います。
解像力も400mmより断然良いですし、背景のきれいなボケ方も別物と言っていいと思います。



笠懸 


笠懸


笠懸 
動いている物は普段ほとんど撮らない自分なので、おそらくこの笠懸、流鏑馬の撮影が最速の動体かと思います。
このα77Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIのシステムは、自分の撮影において十分な性能です。
かなりのスピードで駆け抜けていく馬ですが、ピントを外したものはほとんどありませんでした。
セッティングはAF-C、フォーカスエリアはゾーン。 12連射、ISOはAUTO。 SSは 1/1000から1/1250。



笠懸 
流鏑馬はスタートとゴールが決まっていたと思うのですが、笠懸は同じコース上を往復するので復路があります。
復路のスタート地点がすごく近かったので、広角端の画角が35mm換算で105mmだとちょっとキツかったです(笑)



笠懸 流し撮り
復路は射手の背中を撮る構図になりますが、ここは流し撮りでいこうと思います。
モードをシャッタースピード優先にし、SS 1/80 にセット。 周囲の光量が十分なせいでF値は16とかになってしまいましたが、
その方が被写界深度とれるので、多少のピンズレも補えるというメリットはあります。



笠懸 流し撮り


笠懸 流し撮り
流し撮りは普段から気合入れてやってる撮影じゃないので、
それほどスキルがあるわけでもなく、運任せみたいな撮影になってしまうのは仕方ない。
まあ、この手の撮影はクオリティより、雰囲気を出した方が勝ちみたいなところありますから、
このくらい撮れていれば自分的にはOKという事にしておきましょう!

笠懸自体は1時間くらいで終わりですが、とにかく炎天下だったので過酷な撮影ではありました。
会場のアナウンスでも、水を飲んで熱中症にならないように! って頻繁に言ってましたからね。

笠懸が終わった後は、暑くてヘロヘロだったから帰ることにしましたが、
帰りの道中でエーデルさんからメールがきまして、どうして笠懸の撮影に来なかったのかといえば・・・・

「忘れてました」

という事でございました(笑)

今回、何より残念だったのが、マドンナのあけみさんが出場してなかった事ですね。
ゆりやんにメールして「あけみさんがいない!」と送ったら、
「片想いは両想いより燃えるでしょ? だからいいのよ!」とあり、
「これ、良いフレーズだからブログに書いてね」と言われました。

ゆりやん、ちゃんとブログに書いたからね。



毎度ポチリありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-06-02 18:00 | 撮影記 | Comments(0)

5月13日(土)と14日(日)は、山下公園周辺で横浜トライアスロンがありました。
当初、13日(土)に撮影に行ってみようかと計画していたのですが、土砂降りと言っていいくらいの雨だったので、
14日(日)に計画を変更して行ってまいりました。




横浜トライアスロン 2017 イベント
AM10時くらいに家を出て山下公園に到着すると、ステージでフラメンコを踊っている美しい女性たちがおりましたが、
運悪く演技が最後の方だったようで、早く撮らないと終わってしまう~というタイミングでした。





横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
まずは山下公園内です。
このエリアは主にランナーの方が走っておりまして、とにかく沢山の人がコース内を回っている感じです。
最初、上の3枚のように走っている人を何となく撮っていたのですが、
このような撮影だと単調になってしまって、同じような写真を量産してしまうんじゃないかと思ったので、
表情とか仕草とか、そういう人間臭さを撮れたら・・・と、テーマを持ってみる事にしました。




横浜トライアスロン 2017
こちらの女性のように、素敵な笑顔で走ってくれているといいですし・・・




横浜トライアスロン 2017
時間を気にする仕草・・・みたいなのも変化があってよかったと思います。



横浜トライアスロン 2017
Instagramに投稿したら、あまり人気のない写真になってしまったのですが、
ランナーが給水所で水を受け取った際、落ちる水滴の描写が個人的に好きな1枚であります。
撮影機材に関しては、被写界深度の薄い写真にしたかったので70-200mm F2.8 G SSM IIを持ち出しています。
望遠側が足りないかもしれないという考えから、フルサイズは使わずα77Ⅱが出動。
結果的には良い選択だったと思っています。 改めてα77Ⅱはいいカメラだと再認識しました。



横浜トライアスロン 2017
少しマリンタワーの方に移動して自転車エリアにやってきました。




横浜トライアスロン 2017
自転車は走者に比べるとスピードが圧倒的に速く、撮影の難易度は若干上がりますね。
ここもどんどん自転車が来るので、何も考えずに撮っていると普通に走っている上のような写真を量産してしまいそうです。


横浜トライアスロン 2017
こちらのお姉さんのように、前傾姿勢でやる気満々だと撮り甲斐もあるってもんです。
カメラの設定は12連写。 f3.5固定でSSは 1/1000 です。AFは AF-Cで追従。フォーカスポイントはフレキシブルです。
α77Ⅱと70-200mm F2.8 G SSM IIだと、自転車の動きくらいは超余裕。



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
折り返し地点を狙います。
ここは物理的に減速しますから、直線的ではない動きが撮れるのではないか?という事と、
何か面白い動きが撮れるのかも?という期待がありました。



横浜トライアスロン 2017
折り返し地点からの立ち上がり加速場所ですが、
あえて前の方の自転車にピントを合わせ、手前の自転車は前ボケにしてみました。
これは公募展の先生がなんていうかわかりませんが、個人的には面白い写真だと思います。
まあ、こういうのを手前味噌って言うんでしょうけど・・・(笑)



横浜トライアスロン 2017
ゆりえどんがこの写真を見て「後ろから撮るのもいいね!」と言ってくれましたが、
確かに前方にいる自転車が後ボケになっているので、手前の自転車が追っている感じが出ると思います。
いろんな構図で撮っておくと、後々勉強になるのでいいですね。



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
普段、風景写真ばかり撮っている軟弱者なので、流し撮りは得意とは言えないのですが撮っておきました。
自転車については、流し撮りはスピード感が出ていいですね。

こういったスポーツの撮影は、普段全然やらないので正直困りましたが、あーだ、こーだと考えながら撮るのは楽しかったです。
そしてやはりAマウントは素晴らしい! 次はα99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIでも撮ってみたいですね。
自分の持っているEマウントのシステムでは、スポーツを撮る気がしませんが、
先日発表されたα9だったら最適なんでしょうな~。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-05-18 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

少し前にLightroomがα99Ⅱに対応しまして、これで何の問題もなくα99Ⅱを持ち出せるようになりました。
お台場で花火を撮影した次の日は「こちら湘南撮影隊!」の活動と称して平塚へ!
副隊長のゆりえ丼が、午後2時まで用事があるというので少し早目に移動して、
一人で花菜ガーデンのオータムチューリップを撮影しようと一路花菜ガーデンへ。

しかし、休日の湘南方面、相変わらず渋滞がひどくて花菜ガーデンに到着したのが午後1時頃。
ゆりえ丼を迎えに行くのに30分はかかるので、ざっと計算すると30分程度しか撮影時間がありません。
駐車場代も入場料も30分のために払う事になりましたが、それでも撮ってみようと思い行ってみることに。



花菜ガーデン オータムチューリップ


花菜ガーデン オータムチューリップ
なにしろタイムリミットは30分なので、あれこれ考える時間もないと思い、
直感でシャッターを切ってとにかく撮りました。
撮影はα99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II。 円覚寺でもこの組み合わせだったな~。
今後はいろんなレンズの組み合わせを試してみたいところです。



花菜ガーデン オータムチューリップ


花菜ガーデン オータムチューリップ


花菜ガーデン オータムチューリップ
サブでα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSも持ってきました。
花をマクロで撮るという撮り方よりも、この方が自分には合ってるような気がします。
チューリップはとても綺麗に咲いているのに、人がほとんどいないという不思議。



花菜ガーデン オータムチューリップ
たまには持ってきてみようと思ったDistagon T* 24mm F2 ZA SSMで撮ってみました。
このレンズは絞って撮ると抜群の解像感を発揮すると思うし、
緑色の描写が綺麗だというイメージがあるので好きなレンズです。
その割にあまり使わないのは、つい標準ズームの広角側24mmで済ませてしまうからなんでしょうな。

撮っていたらあっという間に30分が経ってしまい、ゆりえ丼・・・いや、
ゆりの宮さまをお迎えにあがる時間がやってきてしまうので撤収!



メタセコイア並木道
無事にゆりの宮さまをお迎えにあがり、向かった先は平塚総合公園のメタセコイア並木道です。
先日、平塚のフォトコンテストで入選をいただいた写真の撮影場所ですが、
今年もまたやってきて、何か違う写真が撮れたらいいな・・という事です。



メタセコイア並木道
撮影はα99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIですが、
普通に風景撮ってもつまらないので、今回はα99ⅡのAFも試してみたかったし、人や自転車をAFで追従させる撮影に重点を置きました。
ジョギングをしているくらいの人は余裕です。 AFで追っていても余裕を感じますね。楽勝。



メタセコイア並木道


メタセコイア並木道


メタセコイア並木道
写真を撮りに来ているので、別にα99ⅡのAFの実験をしに来ているわけではありません(笑)
AFについては、歩いている人なのか自転車なのかという事よりも、
カメラとその被写体までの距離によって速度が違いますからね。一概のどうこうは言えません。
まあ、この程度の被写体ならα7系のボディでも全然いけるでしょうけど、余裕が違うとやはり心強いものですよ。


メタセコイア並木道
比較的速い速度の自転車も普通に追従。まあ、当たり前か・・・。



メタセコイア並木道


メタセコイア並木道
長いレンズばかりでは単調なので、広角でも撮ってみました。
レンズの焦点距離で雰囲気がだいぶ変わりますね。
ちなみにゆりの宮さまは「私他で撮ってくる!」と言い放ち、どこかに消えていっていなくなりました(笑)



α99Ⅱ
わたしゃー沢山の荷物のせいで移動もできないので、ゆりの宮さまのお帰りをこの場で待ち続けるのみであります。
ちなみにα99Ⅱの後ろにある荷物と、脚だけが見えている三脚はゆりの宮さまの荷物です。 本人だけが忽然と消えました。



湘南平
日も沈み、ゆりの宮さまも無事にお戻りになられたので湘南平に移動です。
この日もお台場の花火撮影同様、寒いし強風で厳しい撮影。



湘南平から見た茅ヶ崎
湘南平から撮影した茅ヶ崎方面の夜景。
α99Ⅱと70-200mm F2.8 G SSM IIの解像力が見たい方は、拡大してジィ~と見てくださいませ。
拡大して見ていくと、結構関心する描写だと思います。



湘南平
やはり広角で撮った方がしっくりくる感じですかね?
あまりの寒さにゆりの宮さまも「あと一枚で限界・・」とかボソボソ言って撮ってました。
さすがにこの場所では行方不明にはなりませんでしたが、
この後、一緒にデニーズに行き、あれだけ寒いと言っていたゆりの宮さまは、抹茶アイスをお食べになりご満悦でございました。


ブログランキングただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-12-14 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

α99Ⅱが届いた次の日、早速何か撮ってみようと北鎌倉の円覚寺へ行ってみました。
紅葉シーズンの北鎌倉は激混みなので、門が開く午前8時前に円覚寺の階段の下で待ちました。
しかし、まだ11月だというのに朝の寒さといったら厳しいものでしたね。

この日の荷物は2システム、α99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II、 α7RⅡ + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM です。
この2つのシステムをカメラバッグに入れると結構重たいですね。
しかも、朝寒くてダウンジャケットまで来ていたのでモコモコ。 いろんな物の重量が重なって、かなり大荷物になっていたのは間違いありません。



円覚寺
早朝に出てきたというのもあり、前日はα99Ⅱの日付くらいしか設定できていませんでした。
ボタンのカスタマイズなども何もやって行かなかったし、まだLightroomのような現像ソフトの対応もないので、
今回の写真は全てスタンダードなうえJpeg撮って出しという事で見てください。
その方がカメラの素性がわかりやすいかもしれませんけどね。



円覚寺


円覚寺
前日、ネットで円覚寺の紅葉状況を見てみたら「見頃」になっていたにもかかわらず、実際に来てみるとまだ早いんじゃないかと思いました。
赤くなっている葉も多いですが、まだ緑色の比率の方が多い気がしました。
開門直後に撮った写真でも人が写っていますが、これがしばらくすると通路が人で埋まってしまう感じになります。
ここを撮るにはやはり早目に来ないといけませんね。



円覚寺


円覚寺


円覚寺
α99Ⅱに初めて装着したレンズは70-200mm F2.8 G SSM IIでしたが、
おそらく自分の持っているレンズでも、これが一番フォーカスの速い部類ではないかと思います。
α77Ⅱも速いけどα99Ⅱもまた速い!! ここまで速いと優劣はつけにくいところはありますが、
人間の感覚でいえば、どちらも瞬時なので、このくらいの速度で十分だと思います。



円覚寺
数日前に降った雪が、まだ屋根の上に残っておりました。
そういえばα99Ⅱは旧型と比べてシャッターボタンが浅いですね。
家でレンズを装着し、シャッターボタンを半押ししようと思ったら切ってしまいましたが、
おかげで記念すべき最初の1枚目は自宅の廊下になってしまったという・・・(笑)



円覚寺
現像もしていないし、彩度も上げていないのであっさりした写真ばかりですが、パソコン画面で拡大してみると解像感はすごいですね。
フォーカスも速いし、まだ使ってないけど連射機能もすごいと思うので、動くものを撮る人にとっては夢のボディだと思います。
正直、自分が使うにはかなりオーバースペックだとは思いますが、
これを持っていれば何があっても撮れるという余裕は頼りがいがありますよ。

ちなみにα7RⅡも持っていったので、そちらの写真も少し・・・。



円覚寺


円覚寺


円覚寺
昔はα300とα77の2台体勢で写真を撮ったりしていた頃もありましたが、
ここにきてα99Ⅱとα7RⅡの2台体勢となり、機材的には十分充実したと思います。
こうなるとα7RⅡの方に24-70mm F2.8 GMが欲しくなってくるのですが、
お金ばかりかけてもいられないので、ここは少し妥協しないといけません(笑)


ポチリよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-11-27 15:00 | Aマウントボディ | Comments(0)

いよいよ紅葉シーズンのようですが、関東の南の方はもうちょいという感じのようです。
ゆりえ丼から例によって撮影場所の情報を送ってもらいまして、紅葉のライトアップがあるという場所だったので、
紅葉シーズン本番の前に下見に行ってみようと足を伸ばしてみました。
場所は大磯城山公園という所。

家を出て車でしばらく走った所で「あっ!いけね。携帯忘れた!」
ちなみに自分、スマホは持っていないので忘れたのは携帯です。
引き返して取りに行くのも面倒だったので、仕方なくそのまま目的地まで移動。
途中、コンビニに寄ったのですが、普段おサイフケータイで支払いをするのに携帯を忘れたため、
現金で払いましたがお釣りジャラジャラで面倒くさいっすな。



大磯城山公園

大磯城山公園
目的地に到着しましたが、やはり紅葉というにはまだ早い感じであります。
この緑色の葉っぱが全部赤くなったら、構図的にも結構良さそうですね。



大磯城山公園

大磯城山公園
中に入ってしばらく歩いていると、少し赤くなっている物もありましたが、やはりまだまだという感じです。
ふと、何気に時間を確認しようと腕時計を見ると「あっ!腕時計忘れた!」
外出するときには大抵腕時計をするのですが、この日は腕時計まで忘れてしまいまして、携帯もないから時間の確認しようがありません。
仕方なく写真を撮って、写真のExifを見て時間を確認するという何とも面倒な事態に・・・・。



大磯城山公園
この公園はそれほど広くはないようでしたが、
道がいくつもあって、どこをどう行けばいいのかよくわかりません。
が、しかし、どの道を行っても、結局同じ場所に出るだけ・・・みたいな感じです。



大磯城山公園

大磯城山公園
ライトアップされるメインの場所まで来ました。
小さいながらも滝があったり、池があったりと意外と風情のある場所でした。
まだ紅葉の方はこれからという感じでしたが、ここのライトアップは来てみたいと思いました。
とりあえず下見はできましたが、あまり場所が広くないので三脚の使用が許可されるのかどうかわかりませんね。

時間がまだ早いので、明るいうちに湘南平に行ってみようと思い移動。



湘南平から茅ヶ崎方向
湘南平に明るいうちに来たのは、20年以上前だったような・・・
今回はα7RⅡを持ってきたので下界を撮影してみましたが、例によって拡大してみるとすごい解像力ですね。



湘南平からランドマークタワーが見えた
湘南平タワーの横のずっと向こう側には、ランドマークタワーとベイブリッジが見えました。
どれだかわかりますか?



湘南平からの夕景富士
夕方まで待ってみたら富士山も良い感じになりました。
やはり森戸から見るのとはだいぶ違いますね。結構近いような感じです。
頭の上の雪もハッキリとわかります。



湘南平
東の方には月がクッキリと出ておりました。
翌日はスーパームーンという事でしたが、過ぎてみるとその日は天気が悪くてスーパームーンは見れませんでしたね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-11-17 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

海の貴婦人 海王丸

本題に入る前に、以前ブログに写真を貼る件についてPHTOHITO事務局さんに問い合わせをしましたが、
突然、その件でメールを頂きました。 内容は・・・

いつもご利用いただきありがとうございます。PHOTOHITO事務局です。
突然のご連絡となり、誠に恐れ入ります。お客様よりお問い合わせをいただいていた件に関してご案内があり、
ご連絡を差し上げております。「ブログへ貼り付け」ボタンにつきまして、
先日のリニューアルで機能を廃止しておりましたが、この度改めて実装したことをご報告いたします。
ブログ貼付は、各写真ページの“写真情報(撮影地)”の下部よりご利用いただけますので、ご確認いただければ幸いです。
※写真ページ画面の右下でございます。ご利用にあたって何かお気づきの点がございましたら、お声をお聞かせくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


この件については、よほど問い合わせや要望が多かったんでしょうね。
試行錯誤して裏技で貼り付けていましたが、
どうやら元画面の方で対応していただけるようになったようであります。
この場を借りてPHOTOHITOさんにはお礼を申し上げます。


さて、ここからはタイトルの本題です。
ある日、αcafeを見ていたら、大桟橋ふ頭で撮影した海王丸の写真が目に止まりました。
撮影した日付を見てみると、自分がみなとみらい周辺で撮影していた日でしたが、
この日は大桟橋まで行かなかったので全く気が付かず「あぁ・・・残念な事をしたな~」とガッカリ。

それから2日くらい経って、大桟橋ふ頭のライブカメラを見てみたところ、
海王丸はまだ大桟橋に停泊しているではありませんか! これは行ってみようと思い一路大桟橋へ!



海王丸


海王丸
おおっ! いました! 海王丸!
残念ながら帆は張っていませんでしたが、その姿はまさに帆船!



ロイヤルウイングが帆船になった瞬間
撮影していたら、ロイヤルウイングが定位置に戻ってきまして、
ちょうど海王丸と重なった位置で 「あっ!」 と思いつきこんなショットを撮影。
みごとロイヤルウイングが帆船に早変わりという構図(笑)

山下公園から撮影していましたが、夕方から夜にかけてはきっとライトアップがあるのだろう思い待つことにしました。



みなとみらい


みなとみらい
写真はいきなり夕景になりますが、この間待っている時間の長いこと長いこと・・・
連れがいて話し相手がいるというわけでもなく、おっさんが独りでじっと暗くなるのを待っていたという暗い話。
山下公園といえば、どちらを向いても若いカップルだらけなわけですよ。もう、わけもなく涙が出てくるシチュエーションなのです。
(いや、別にそんな事もないけど・・・・)



海王丸


海王丸
自分の心が沈んでしまう前に日が沈みました(笑)
どうでしょうか? おっさんが独りでじっと待った甲斐がありますでしょうか?
「ない」と言われると立ち直れないので、夜まで待ってよかったという事にしておいてください。

山下公園からの撮影はここまでにして、大桟橋ふ頭の方に移動してみる事にしましょう!



海王丸


海王丸
大桟橋ふ頭へやってきました!
背景にベイブリッジを入れる事ができるので、この場所は船を撮るには定番ですね。



猛スピードで海王丸を追い越していく船


猛スピードで海王丸を追い越していく船
海王丸を撮影していたら、またしてもロイヤルウイングがやってきたので、
長秒で撮影したらこんな風に・・・・・
漫画の描写のように、猛スピードですり抜けて行くような感じがしますな。
まあ、ロイヤルウイングの動きは非常にスローでしたけどね。



SONNE


SONNE
ついでと言ってはなんですが、海王丸の後ろに停泊していた貨物船みたいなのも撮ってみました。
クレーンのアームなどの設備が、工場夜景を想像させる感じで、こういうのもアリだなと思い船の名前を見ると・・・・



SONNE
「損ね!」 
という事でなんか損した気分・・・・

お後がよろしいようで・・・・


ポチリいつもありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-10-12 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

花の撮影にはそれほど積極的ではないのですが、
夏は昼間は暑いので、早朝なら行動できるかな?と思い三渓園の早朝観蓮会に行ってみる事にしました。
朝6時に開園という事で5時起きです。



三渓園 早朝観蓮会
先日、写真コンテストで賞をいただいた写真と同じ場所から撮影。
桜のライトアップとは全然雰囲気が違いますな(笑)



三渓園 桜ライトアップ
http://momoken819.exblog.jp/24512683/



三渓園 早朝観蓮会
植物の事は全く知識がなく、蓮がどういう場所で、どういう状態で咲いているのかも知りません。
行ってみると手前の花は撮りやすいのですが、奥の方にあるのは400mmのレンズじゃないと無理ですね。
この日は久々にα99を持ち出しました。



三渓園 早朝観蓮会
花の繊細さを表現するにはα7RⅡがいいと思い持ち出しました。レンズは70-200mm F2.8 G SSM IIです。
この組み合わせは個人的にはお気に入り! 9月に発売になると言われるSEL70-200mm GMはあまり必要だとは思えません。



三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会
当日の予報は曇りから雨だったのですが、実際は太陽が出てかなりいいお天気。
日の当たる所はコントラストがキツイので避け、なるべく光の弱い部分にある蓮を狙いました。



三渓園 早朝観蓮会
この日は久しぶりに135mm F2.8 [T4.5] STFを持ってきましたです。
完全にMFでしか使えないレンズですが、さすがにそこそこ長くやっているのでピントは合わせられます(笑)
いつ使っても関心しますが、やはり背景のボケは綺麗に出ますよね。
このレンズはほとんど使う機会がないのに、手放したくないレンズのベスト3には入りますよ。



三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会


三渓園 早朝観蓮会
上で書いたように、あまり持ち出すことがないので未だに使いこなせていません。
ボケの美しさがウリのレンズですが、合焦したところのシャープさは最先端のレンズにも負けませんね。
ただ、逆光に弱く、すぐパープルフリンジが出るので夕景の撮影なんかには向いていない気がします。



蓮の葉がステージ
シグマの24-105mm F4 DG HSMも持参。 蓮の葉の上に花びらが落ちていました。

どう撮ったらいいのかよくわからず、考えている時間の方が長かったかもしれませんが、
なんだかんだと1時間くらい撮影して帰りました。

花も思い通りに撮れたら楽しいのでしょうが、なかなかうまくいかないですね。
良いボディと良いレンズを持っていけばなんとかなる!と思いたい自分もいるのですが、
やはり道具でカバーできる範囲は、撮る人を超える事はないようです。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-08-02 00:06 | 撮影記 | Comments(2)

新緑の丸の内

先日、ノッチ師匠と一緒に撮影した際、
「丸の内は太陽が真上にある11時から14時くらいがいいよ」と教えていただいたので、
そんなにいいなら行ってみようかと、朝から電車に乗って東京駅に向かいました。



新緑の丸の内


新緑の丸の内


新緑の丸の内
撮影を開始したのが11時を少し過ぎてしまいましたが、
ノッチ師匠の言う通り、お日様が真上から光を当ててくれているせいで、緑色がとても綺麗に出ますね。
年寄りの話は素直に聞いておくべきだと思いました(笑)



新緑の丸の内
週末は歩行者天国になるようで、テーブルと椅子が用意されておりました。
週末の丸の内で読書をしたり、お茶をしたりするなんてオシャレですな~。



丸の内警備
この日はサミット関連で警察の方が沢山いましたね。なんかやる気なさそうに見えるのは気のせい?(笑)
人間の姿勢って、肩が落ちていると脱力感アリアリに見えますね。



新緑の丸の内
ここでの撮影は爽やかさを出すのがポイントだと思うので、
露出は少し高め、白飛びはあまり気にせずに、飛ばすところは飛ばしてしまいましょう。
白いシャツを着た人が、自転車に乗ってスッと追い抜いていくシーンなんて「待ってました!」という感じでした。



新緑の丸の内
東京で見る女性の後ろ姿も洗練されているように思えますね。
この女性、前を歩いている赤い服を着た人を撮っていたのだと思いますが、
更に後ろで自分が撮っていた事には気がついていなかったようであります(笑)



丸の内ランナー
ジョギングの方も走り抜けていきます。
α7RⅡのAF-Cでフォーカスを追いましたが、α7Ⅱよりきちんと追いかけてくれますね。
AFに関して言えば、α7Ⅱよりα7RⅡの方が性能は上のようですよ。
感覚的にはα99のAF-Dには負けてると思うけど・・・・。



休日の過ごし方


丸の内ワゴン


ベビーカー in 丸の内
歩行者天国というだけあって、人が沢山集まって来ます。
基本的に人間ウォッチングが好きなので、こういう場所で人がどういう行動をするのか?を見るのは楽しいです。
長年、ダイビングのインストラクターをやってきて、ダイバーが水中で吐いている泡の量や間隔を観察しながら、
「この人、相当緊張しているな・・・」と精神分析をしてきた癖かもしれませんが・・・(笑)



丸の内歩行者天国
通りを奥に進んで行くと、写真を展示している場所に出ました。
日の当たる場所は暑いので、少しだけ見て撮影続行。



丸の内歩行者天国
東京駅側にはいませんでしたが、こちらの方にはお掃除お姉さんがいました。



丸の内 クレープ屋


丸の内 クレープ屋
目線の先には何やら派手な赤い車が・・・。
近くに行って見てみるとクレープ屋さんでありました。
男の自分にはかなり需要のない物でありますが、色が派手なのでつい撮りたくはなります。
お客さんの女性の顔が写らないよう、撮影場所を考えてショットです。



丸の内の外人さん
クレープ屋さんの後ろの方には、外人さんがスマホいじってました。
都会に外人さんはとても似合いますね。 ちなみにノッチ師匠は外人さんが好きでよく撮ってます(笑)



丸の内 横断歩道
しかし暑いな~。 また戻りながら撮ってみましょう。
太陽の角度が変わると、同じ場所でも雰囲気が違いますからね。



花のある場所
オブジェを見つけたので、花を前ボケにして撮影してみました。
このレンズ、F2.8のレンズでボケも非常に綺麗だと思ってます。まさにオールマイティ最強のレンズです。



折り畳み自転車
これを見た時、一瞬「ん?」となりました。
例えるなら、交通事故にあって、あり得ない方向に腕や足が曲がっている人を見てしまった感じでした。

ああ、なるほど! 折りたたみ自転車を折りたたんで柱にくくりつけたのね。

ノッチ師匠は14時くらいまでがベストと言いましたが、
13時を過ぎるとだいぶ影の部分が多くなってきました。どうも年寄りの話はあてになりません(笑)
日陰が増えてきたし帰るかな~と、一路東京駅へ!



東京駅ファミリー
そんなわけで、楽しそうなファミリーの後ろを歩きながら東京駅を目指すのでありました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

by momoken805947 | 2016-06-03 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

2016年春の称名寺

桜の花の季節になりまして、桜が咲いたから写真を撮ろうというのも凡人の考える事ですね(笑)
自分もその凡人の一人なので、カメラを持って桜を撮りに行って来ました。
桜はあちこちに名所がありますが、咲いている時期があまりにも短く、
そのあちこちに撮りに行けるわけもないので、毎年家から近いところを押さえていく感じです。

今回も称名寺ですが、ここは年間を通して通い続けている場所で、
春は桜、黄菖蒲、夏は特にありませんが、秋は彼岸花、冬はライトアップという感じで、
ここに撮影に来ることは、地元民の役割だと勝手に思っています(笑)



2016 称名寺の桜
しかしねぇ・・・週末というと天気悪いですね。
桜はその色を考えると、背景はスカッとした青色で撮りたいのですけど、
こうどんよりしていると、背景は灰色、白飛びとなってしまい、写真のクオリティも落ちるってもんです。
普段は閑散としている場所なのですが、この桜の時期は自転車も沢山あってすごい人です。



2016 称名寺の桜
門のところでしばらく粘ったのですが、人の往来が激しすぎて撮るのを断念。
仕方なく門を入ったところから少し撮りましたが、門を入ると目の前に外人さんがおりました。
桜と金髪ってのは意外とマッチしてると思いますね。



2016 称名寺の桜
この女性は素晴らしいですね。
羽織っているものは薄い桜色、リュックサックは見事に桜色です。
まさにコーディネートはこーでねーと!と、ゆりえどんのようなダジャレを言いたくなるほど!



2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜
いつも人なんてほとんどいないのに、参道はものすごい事になっておりました。
とは言っても、200mmで空間を圧縮しているので、これは写真独特な描写であります。
撮影は α7Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIであります。
ちなみにレンズアダプターはLA-EA3です。 70-300mm F4.5-5.6 G SSMのAFは使い物になりませんでしたが、
70-200mm F2.8 G SSM IIはLA-EA3でストレスなく使えます。



2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜
いちお広角も持ってきました! α7R + Distagon T* 24mm F2 ZA SSM。
レンズアダプターはLA-EA4です。 α7Rは位相差が使えないのでLA-EA4です。
このDistagon T* 24mm F2 ZA SSMというレンズは、あまり話題になっていませんが素晴らしいレンズですよ。
ピントに少し難点がありますが、F8くらいに絞って使うとかなりすごい描写をします。 オススメ!



2016 称名寺の桜
お寺の敷地内に入ると、例によって赤い橋があります。
構図的にはこの赤い橋や、奥の本堂と桜をコラボで構図に入れる感じになりますね。
空がどんよりしているので、なるべく空を入れないような構図を考えないといけません。
太陽が出ていないのでコントラストがキツくならず、その点は撮影に向いている条件だと思います。



2016 称名寺の桜
敷地内でも外人さんにお会いしました。
こちらの外人さんも一眼レフを持っていて、すれ違う時にこちらを見ていたのですが、
英語で話しかけられたらどうしよう・・とビビってました。
話しかけて来ることはなかったですけどね(笑)



2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜
橋と桜のコラボの構図を模索して撮ってみました。
ここは敷地内の真ん中に池があるので、撮影できる場所は限定的になってしまいます。
単焦点のレンズを使いたいところですが、足を使って距離を決められないのでズームレンズがベストですよ。
テレ側で200mmもあれば十分だと思います。



2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜
次は建物をベースに構図を考えてみたいと思います。



2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜
立ち位置をいろいろ考えてはみるのですが、
冷静に見渡してみると、それほど桜の木ってないんですよね。
称名寺の中は桜より、むしろイチョウの木が多いような気がしますよ。



2016 称名寺の桜


2016 称名寺の桜
本堂の方から入り口の門の方にカメラを向けてみました。



2016 称名寺の桜
そんなわけで、なんだかんだと敷地内をグルグル周り2時間くらいは撮影していたでしょうか?
そろそろ帰るとしますか・・・。



2016 称名寺の桜
帰りは桜の参道を戻りました。

桜が咲くと、多くの人がそれを見ようと足を運ぶので賑やかになりますね。
最近、明るいニュースもない日本なので、こういう事で活気があるのは良いことだと思います。
人々の心が花を見ようといううちは平和なんでしょう。
いつまでも春になったら桜を見に行こう・・・という世の中であってほしいものです。

そんなわけで、久々にギターを貼り付けておきますが、
曲はそのまんま さくら です。

自分、歌は(も)下手なのでギターに歌ってもらうとします。


ブログランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-04-04 10:00 | 撮影記 | Comments(2)