人気ブログランキング |

大仏様の撮影はイマイチだったなぁ~と思いながら、
次は長谷寺に行ってみようと、来た道を戻る形で歩いて行きました。
ズームレンズだったら、立ち位置が同じでも構図のバリエーションあるんですけど、
単焦点の撮影は、同じような写真を量産してしまうのが弱点です。



鎌倉 長谷寺
長谷寺の手前にあるお土産屋さん。
こういうスナップ撮るには35mmは良いです。

紫陽花が咲くシーズンには近寄りたいとすら思いませんが、
何もないこの時期でも、長谷寺はやはり混んでいます。
ほとんどが外国人観光客なんですけどね。



鎌倉 長谷寺
シグマのレンズって、35mmだけに言える事じゃないのですが、
木とか緑を撮っても、あまり良い結果が出ない感じがするんですよね。
明らかにネイチャー系の撮影には向いてないだろうなぁ・・・と。
個人的な意見なんですが、同じように思う人いますかね?



鎌倉 長谷寺
さすがF1.4のレンズだけあって、F2.8まで絞るとカッチリ写ります。



鎌倉 長谷寺
水かけ地蔵さま。

お地蔵様だけ撮っても味がないと思い、
水をかけている柄杓と手を構図に入れてみました。
お地蔵様テカってるなぁ。



鎌倉 長谷寺


鎌倉 長谷寺
35mmでどう撮るか悩んだ場所。

24mmだと、その数の多さを表現できるのでしょうが、
35mmという画角は微妙な感じです。



鎌倉 長谷寺
このレンズは、こういう撮り方が一番しっくりするかな?
元々、絞って使うレンズでもないし、開放付近が一番美味しいんでしょうな。



鎌倉 長谷寺
コントラストが美しい場所をみつけました。
御札にピントを合わせF1.6で撮影しています。



鎌倉 御霊神社
長谷寺を後にして、近いので御霊神社に行ってみる事にしました。



鎌倉 御霊神社
波紋が美しかったので撮影してみました。
落ちる水から、外側に綺麗な丸を描いて波紋ができています。
開放F1.4で撮影。



鎌倉 御霊神社
鳥居と江ノ電を撮りたかったんです。
被写界深度が欲しかったのでF5.6で撮影。

緑色の古い車両を撮りたかったのだけど、
江ノ電ぽくないのが来てしまいました(笑)
次の電車を待ったのですが、その間に人がゾロゾロ来たので断念。
なかなかうまくいかないものであります。

2回に渡り35mmだけで撮った写真を投稿させていただきましたが、
35mmという焦点距離は奥が深いですな。
中途半端に長いレンズだと、空気感みたいなので誤魔化せるのですが、
この35mmという焦点距離は、そういう誤魔化しができないと思います。

シグマ35mm F1.4を、FE35mm F1.8に買い換えるかどうするか?
もうちょっと考えてみたいと思います。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-09-18 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

先日発売された、非常に評判の良い35mmの単焦点レンズ、
FE35mm F1.8 が気になりますな。

e0341572_10401868.jpg


しかも重量が280gって、この軽さもなかなか魅力的。
現在持っているシグマ35mm F1.4から買い換えるかどうか悩むので、
もう一度確認してみようと、鎌倉に持ち出してみる事にしました。



江ノ電 長谷駅
江ノ電に乗って長谷駅で下車。
鎌倉から江ノ電に乗ったけど、相変わらず混雑が半端なく、
最近思うのだけど、江ノ電は完全にキャパオーバーです。



鎌倉 大仏
今回は、このブログが始まってから一度も投稿したことがない、
鎌倉の大仏様にやってきました。
鎌倉には何度も来ているけど、大仏様に来るのは30年ぶりくらいじゃないかな?



鎌倉 大仏
35mmという画角は、人間の視界より広いわけでして、
意外と撮影しやすいけど、構図をまとめるのが難しいというイメージ。
長く写真をやればやるほど、35mmの奥深さを知る事になります。



鎌倉 大仏
手前のサルスベリ?の木を入れたかったのですが、
どうしても35mmではまとまらず、いきなりクロップという反則を・・・



鎌倉 大仏
大仏様の前で、托鉢(たくはつ)の修行をされているお坊様。



鎌倉 大仏
外国から来た観光客のおっさん!
ちょっと露骨に近寄りすぎじゃないかい?



鎌倉 大仏


鎌倉 大仏
大仏様とはいえど、巨大建造物という事で、
写真的に構図を考えると、たいして撮り方があるわけでもなさそうです。
35mmという焦点距離自体は、非常に扱いやすい被写体だけど・・・



鎌倉 大仏
いろいろ撮ってみましたが、結局、観光客レベルから脱する事ができません。



鎌倉 大仏
そういう事なら、開き直ってこれでいいじゃん!って事で(笑)
小学生が撮ってもこうなると思いますが、
よくよく考えてみると、この誰が撮ってもこうなる構図が一番かも。

これで雪が降ってるとか、
大仏様の頭の上に夕日があると、見事フォトコン入選作品になりますわな。



幾何学模様
結局、大仏様までやって来たけど、
一番気に入った写真は、入り口にあった木の根っこでした(笑)
マニアックすぎるんじゃ!という意見はごもっともだと思いますが、
大仏様は、どう撮っても観光客の写真になってしまいます。

35mmレンズ1本だけという撮影は、意外と撮りやすいし不自由は感じないのだけど、
帰ってから撮った写真を見返すと、うまくまとまってない感じがします。
シグマ35mm F1.4は描写力も高いし、良いレンズだとは思いますが、
やはり大きくて重たいというのは感じますね。

次は長谷寺の方に行ってみます。
つづく



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-09-16 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿の続きになります。

FE 135mm F1.8 GM、1本だけ持って鎌倉スナップです。
雨が降ったり、やんだりというコンディションなので、
ヒット・アンド・アウェイ的な撮影になりました。



鎌倉スナップ
東慶寺にやってきました。
開放F1.8で撮影。
135mmの開放は、独特な立体感を生み出す描写をします。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを初めて使った時の感動たるや、すごいものがありましたが、
このレンズの描写もまたすごいと思います。



鎌倉スナップ
こちらも開放F1.8。
背景は奥行きがかなりありますが、
ザワザワとうるさい感じの背景な割に、
ボケ方が綺麗なので、あまりうるさい感じもしないと思います。



鎌倉スナップ
浄智寺の入り口にある橋。
ここは人が比較的多かったので、これだけ撮って建長寺に行く事にしました。



鎌倉スナップ
建長寺にやってきました。
正直、135mmだけでスナップっていうのは、意外と難しいと思います。
距離感ですよね。間合いが難しいのですよ。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
後ろボケは綺麗だけど、前ボケがイマイチというレンズはありますが、
FE 135mm F1.8 GMは、前ボケ、後ろボケ共に綺麗だと思います。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
なんてことない一部分を切り取っても、
絵になってしまうマジックを持っているのが135mmです。
やっぱこの立体感なんでしょうなぁ。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
最短撮影距離は70cmという事で、
こういった写真も比較的撮りやすい感じです。
シグマの135mmは、約90cmという事なので、
この差はかなり大きいと思いますよ。



鎌倉スナップ
この時点で2時間以上、歩きながら撮影していますが、
特にシステムが重たくて苦痛という事もありませんでした。



鎌倉スナップ
F8まで絞って撮影。
さすがにここまで絞るとバキバキに解像します。
本来、こんな風に使うレンズではないのでしょうが、
画角が合うなら、風景に使うもの良いと思います。
70-200mmの135mmを使うのとは、一段上の写りだと思いますし。

そんなわけで約3時間、鎌倉を歩きながらスナップしてみました。
ちょっとだけ使ってみての感想ですが、一言で言うと優等生的な印象でした。
AマウントのSonnar T* 135mm F1.8 ZAと比べると、
正直、レンズの持つ解像力の優劣は、人間の目で見て違いがわかる程ではないと思います。
ただ、発色の良さでいえば、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAの方が上のような気がします。

FE 135mm F1.8 GMは解像力も高いし、
良いレンズである事は疑う余地もないのですが、
優等生すぎて面白くないと思う人もいるかもしれません。

仕事で使うならFE 135mm F1.8 GM、
趣味で使うならSonnar T* 135mm F1.8 ZA 
という表現をすると分かりやすいかも(笑)

使いやすさでいえば、AFの快適さはFE 135mm F1.8 GMだし、
持ち歩くストレスもFE 135mm F1.8 GMの方が少ないと思います。
一長一短はあると思いますが、欲しいと思う方は買いでしょうね。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-07-23 08:00 | Eマウントレンズ | Comments(2)

マリリン・モンローのスカートの中を撮っていた、
ノッチ師匠達との撮影の続きです(撮ってへん)

一行は江ノ電に乗って「七里ヶ浜」で下車。
鎌倉文学館のバラを撮ろうと移動したのであります。



鎌倉文学館
途中の道も味のある鎌倉っぽい雰囲気であります。



鎌倉文学館
鎌倉文学館の入り口に到着。
右の方で焦ったような格好をしているエーデルさん。
顔が写ると怒られるので、黒く塗りつぶしてあげました。



鎌倉文学館
フォトジェニックなトンネルを抜けて行きます。



鎌倉文学館
建物の中にも入りましたが、撮影禁止なので外側だけ。
師匠いわく「山手の外交官の家みたいだな~」と、
誰にでも言えるようなお言葉を発した後、お目当てのバラ園へ。



鎌倉文学館
エーデルさんご推薦のバラ園。



鎌倉文学館


鎌倉文学館
おおっ~!
良い感じに咲いていましたが、ここからは苦手な花の撮影になりますので、
気を引き締めていかないと・・・



鎌倉文学館


鎌倉文学館


鎌倉文学館
マクロレンズで撮ると、
どうしてもこういう構図になってしまうんですが合ってる?(笑)



鎌倉文学館
建物とバラを撮る場合も、
このように建物にピントを合わせるか・・・・



鎌倉文学館
バラにピントを合わせるかで雰囲気が違いますね。
師匠にどちらが良いのか聞いてみたところ、
「バラでしょ」と、誰でも言えるような答えがあっさり帰ってきたとさ。



鎌倉文学館
背景に若い女の子がいたので、ぼかして構図に入れました。
90マクロのぼけは、背景の距離で雰囲気が違いますが、
この距離感だと綺麗にぼけてくれます。



鎌倉文学館
着物とバラは似合いますわな。

撮影しているとエーデルさんからアドバイスがありました。
ここは17:00に閉館だけど、16:30から人が入って来ないのだそう。
人が徐々に減っていくので、そこからがチャンスだと・・・

しかし、エーデルさんのアドバイス通りにいかず、
中にいた人は帰らないでウロウロしてました(笑)



鎌倉文学館
そんなわけで17:00ちょっと前になったら、
警備の人に「お帰りはあちら」と半強制的に退去させられまして、
そそくさと鎌倉文学館を後にしました。



江ノ電
次はどうする?という事になり、
ノッチ師匠が「江ノ島で夕景撮ろう」と、
誰にでも言えるような提案をしたので、一行は江ノ電に乗って江ノ島へ!
あ、みけさん!ちょっと邪魔。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-20 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

何日だったか忘れましたが、連休中沖縄にいたらメールが来まして、見てみたらエーデルさんでした。
「旅行中すいません」というところから始まり、11日にノッチ師匠達と鎌倉に行きませんか?というお誘いでした。
海に潜ってくたびれていたので、なんだかよく分からないうちに「行きます」と返信しまして、
沖縄から帰ってきてボォ~としていたら11日になりました(笑)

どこに行くのか聞いてみたら「長寿寺」という事で、
ここは少し前に行ったばかりやがな~と思ったのですが、
前回はMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalしか持っていかなかったので、
今回は超広角で撮ってみようと16-35Zを持参。

この日のレンズ
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
28-75mm F/2.8 Di III RXD
FE 90mm F2.8 Macro G OSS

ボディ
α7Ⅱとα7R



鎌倉 長寿寺
28-75mm F/2.8 Di III RXDの28mmでも十分。
天気が良すぎて屋外との照度さが厳しかったので、
露出補正には気を使いました。
飛ばしてしまうと台無しなので、暗めに撮ってシャドーを調整する作戦。
モデルは みけらぶさん。



鎌倉 長寿寺
このお寺には、こういう注意書きがあちこちにあるので緊張します。
お喋りをすると怒られるので、みんなヒソヒソと話してました。



鎌倉 長寿寺


鎌倉 長寿寺
前回の65mmだと撮りにくかった屋内。
お寺だけあって、和風な作りが良い感じであります。



鎌倉 長寿寺
28-75mm F/2.8 Di III RXDの写りは気に入っています。
ピントの合焦した所はスパッと写り、ぼけの部分はふんわりが良い感じです。



鎌倉 長寿寺
ピーカンだったせいで、外が明るすぎて撮影が難しかったなぁ。
普通に撮ったら、外が真っ白になって終了って感じの条件です。
撮影は焦点距離28mm。



鎌倉 長寿寺
α7R + FE 16-35mm F4 ZA OSS
撮影焦点距離は16mmです。 
このくらい広角で撮ると、空間的に息苦しくない写真になりますね。



鎌倉 長寿寺
ノッチ師匠、ウ○チング・スタイルで撮影中。



鎌倉 長寿寺
超広角で室内を撮ると、天井まで入ってしまうのは面白い。
10mmは持ってこなかったんだけど、次は10mmで撮って遊んでみたいと思います。



鎌倉 長寿寺


鎌倉 長寿寺
お寺の庭に出て少し撮ってみました。
あまりにも天気が良く、日差しが強いので撮影には向いていませんでした。



鎌倉 長寿寺
ちなみにブログを書いている途中、
ノッチ師匠のこの写真を見てイタズラ心に火がつきました。
ブログの中で披露した事はありませんが、
自分、Photoshopを使うのはそこそこ得意です。


e0341572_09335102.jpg

お後がよろしいようで・・・
※公的秩序云々を考慮し、歴史的ワンシーンから引用しました。


毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-18 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 1本で行く鎌倉スナップの続きになります。

正直、65mmなんていう焦点距離のレンズ1本で写真を撮ろうと思うと、
制約も多いし、構図も似たような物になりがちですが、
そういう不便さを持ってしても、このレンズ1本だけでも良いと思える価値があります。
何しろジェットダイスケさんが「運命のレンズ」と紹介したくらいですからね。



MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
今更写真を載せる必要もないと思いますが、
難点をいえばちょっと大きい事かな?



長寿寺
とまあ、そんなレンズ1本だけ持って、次にやってきたのは長寿寺。
ここは普段、一般に開放されていないのですが、
時々、一般開放する事があって、前を通ったらたまたまその期間だったようです。
「これはラッキー!」と思い、300円払って中に入ってみる事にしました。



長寿寺
中に入って庭や建物を見ると、人によって荒らされていない事が伝わってきます。
この感覚が普通の人にあるかどうかわからないのですが、
自分、海に潜るので、人が潜っていない海って見ると分かるんですよ。
自然がそのまま残ってるというか、
人が手を着いたり、着底していない場所だなと・・・
そういうのが、この場所にも雰囲気としてあるというか。



長寿寺


長寿寺


長寿寺
建物の中には、至る所に張り紙がしてあって、
「拝観する際は、おしゃべりをしないように」みたいな事が書いてあります。
確かに長寿寺の空間は、一言でいえば「静」という雰囲気で、
α7Ⅱのシャッター音でさえ、ちょっとヒンシュクかな?と思えるほど静か。
そういう理由で、遠慮して写真が少な目なんでございます。



長寿寺
建物の中は厳粛な雰囲気で、だんだん息苦しくなってきたので庭へ出ました。
どのみち、自分は一人で来ているので、おしゃべりする相手もいないんだけどね(笑)

長い石畳。
奥に行くにしたがってボケていく感じが( ・∀・)イイ!!



長寿寺
ここからの話はマジです。

自分、ブログに投稿する事を考えながら撮影をしていますが、
この場所に来た時、階段を上ると足利尊氏の墓があるという事なので、
前振りというか、説明的にこのショットを撮ったのですよ。

階段を上ると、すぐ目の前に足利尊氏の墓があったので、
ブログに投稿するために、墓の写真を撮ったんですが、
家に帰ってSDカードの中を見てみると、その墓の写真がないんですよね。

真っ黒に写ってるとか、真っ白に写ってるとかでもなく、
とにかくその写真自体が見つからない・・・
これは自分が撮ったつもりで撮ってないのか?
未だにそこがわからないのですが、とにかく墓の写真がなくてすいません・・・
(個人的には結構気味が悪い・・)



長寿寺
気を取り直していきます。
墓の後はきちんと撮れていて、撮った写真についての記憶もあります。

鎌倉のお寺には、意外と竹やぶがある所が多く、
ここでも筍が伸びていました。



長寿寺
長寿寺の中にあるせいか、石にも威厳があるように見えます。
ついている苔にも味がありました。



鎌倉スナップ
長寿を離れ、鎌倉駅の方に向かって歩いて行くと、
道端につつじが沢山咲いていました。



鎌倉スナップ
ここは自分のお気に入りの木。
摩訶不思議な形をしていて、くぐるとご利益がありそう?



鎌倉スナップ
鎌倉って細い路地が沢山あるので、
こういう感じで無理やり踏切があるんですよね。
意外と、こういう踏切ばかり探して写真を撮ると面白いかも!



鎌倉スナップ
フラフラ歩いていたら、ごく普通の一般のお宅なんですが、
駐車場の奥に停めてあった自転車、コントラストが良かったのでちょっと失礼。
いいな~。こういう明暗大好きですわ(笑)

そんなわけで鎌倉スナップはここまで。
あまり天気は良くなかったけど、いい運動になりました。

最近、自分のブログの検索結果を見てみると、
このMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalに興味がある人が多いのか、
このレンズについての検索が頻繁なようです。
現在、このレンズは価格コムの最安値で10万円切ってるし、
欲しいなぁと悩んでいる人がいたら、買った方が幸せになれるとオススメしておきます。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-05 22:31 | 撮影記 | Comments(0)

α7Ⅱ と MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを持って鎌倉に行ってきました。
鎌倉といっても、駅でいうと北鎌倉になりますが、
個人的には鎌倉駅周辺よりも、こちら北鎌倉の方が鎌倉らしい雰囲気だと思うので、
もし、鎌倉に来られる方は、北鎌倉も散策してみてください。



北鎌倉
前回来た時から、駅の看板が変わったようです。
新たに韓国語、中国語の表記が足されたのかな?
そのうち日本語表記が消されるんじゃないでしょうか?
・・・っていうジョークも、ジョークであって欲しいと思う雰囲気ですけどね。



北鎌倉駅前
連休中に鎌倉は激混みじゃないかな?と、
ある意味、怖いもの見たさではありましたが、意外と人も少なくて拍子抜け。



円覚寺
まずは駅前の円覚寺。
桜が終わると緑一色という感じですね。
65mmという焦点距離なので、こういう写真は後ろに下がらないと撮れないという不便さはあります。



円覚寺
来年の鎌倉フォトコンテストに応募するような作品を撮ろうっていう感じではなく、
散歩しながらスナップ撮る感覚です。
MFのレンズを持ってると、撮影ペースがまったりになりますが、
そのペースが好きだったりします。



円覚寺
上の方にある葉を透過して光が降りてくるうえに下が苔なので
全体的に緑っぽい写真になりました。
本来ならマゼンタ寄りに修正するんですが、見た目そのままで現像。



円覚寺
奥の方に行ってみましたが、やはり人は少なくて快適。
連休なのになぁ。



円覚寺
天気が良くてコントラストがキツイので、
写欲もあまり湧かず、本当に散歩になってしまいましたわ(笑)



浄智寺


浄智寺
浄智寺にやってきました。
ここも人少なかったなぁ。
紫陽花が咲くとごった返すんだろうけど・・・



浄智寺
静かに散策したい人は、紫陽花が咲く前に鎌倉に行くといいと思いますよ。
人が少ないと静かで、本来の雰囲気が体感できます。



浄智寺
周囲に誰もいなくて、こういう場所にカメラを向け、
MFでピントを合わせるなんて事をしていると、
ある意味、精神統一のような気分になります。



浄智寺
竹やぶの中には筍があったりして、
入ってくる光もいい感じだったなぁ。



浄智寺


浄智寺
狸の置物も光の当たり方が面白く、コントラストが良かった~。
まあ、狸の置物っていう被写体もどうかとは思うけど・・・(笑)



浄智寺


浄智寺
布袋様の周囲にも誰もいなかったので、布袋様と二人きりでした(笑)
お腹のあたりが黒光りしているのは、
来る人がお腹を触っていくからのようです。

65mmだけのスナップは、意外と制約もあるけど面白いです。
もう1本持ってくるとしたら35mmがいいな~と思いつつ、
次の投稿に続きます。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-03 18:07 | 撮影記 | Comments(0)

風邪の方も完治し、本調子になってきた感じですが、
サークルの撮影会を欠席したら、どうやら「あつしさんは恋の病にかかっている」という事になっているようで、
おそらく・・いや、絶対にノッチ師匠・・・いや、じじいが話に尾ヒレをつけたんでしょう。
恋の病で撮影会を欠席できるくらい重病になってみたいもんですが、
あのじじいは何とかしないといけません。

じじいの話はさておいて、鎌倉材木座海岸の続きです。
だんだん暗くなってきて、ISO800の出番になってくると三脚の出番。
常に美を追い続ける自分としては、ISO800はあまり使いたくありません。



材木座海岸からの富士山
材木座海岸から普通に富士山を撮ると、手前のもっこりが邪魔でイマイチ。
左側に小さなもっこりがありますが、ここは稲村ヶ崎です。
きっと小さなもっこりの裏側には、多くのカメラマン達がいたことでしょう。



材木座海岸の船
海岸の左の端の方には、漁船が3つ浮いておりましたが、
ここで思ったのは「この漁船と富士山を一緒に撮りたい!」
という事でございまする。

海岸のずっと左の方はどうなっているのか行った事がないのですが、
せっかくだから撮影できる場所がないか探してみよう!という事で、
三脚担いでひたすら歩いて行ってみました。

えらい細い路地を入って行くと住宅地。
建物があって海が見える場所がないな~と歩いていたら、
突然視界が開けて海が見えました!



材木座海岸からの富士山
もっこりに隠れてしまっていた富士山も、
この場所から撮ると良い感じです。
左側の江ノ島も構図に入れる事ができます。



材木座海岸からの富士山
構図に入れたかった漁船を無理やり入れようと思うと、
70mmまで引かないと入りません。
もうちょっと富士山と漁船の感覚を詰めて撮りたいので、
右の方に移動したいのですが、右側には柵があってこれ以上行けません。


すると・・・見知らぬおじさんが下の方から上がってきまして、
「え?そんな所に道があるんですかい?」と思って見てみると、
海に降りるような階段があるじゃないですか!

その階段を降りると、さらに右の方に寄る事ができそうです。



材木座海岸からの富士山
そこから撮ると、富士山と漁船をこの位置関係でいけました。
足元はすぐ海で、周囲に誰もいないので薄気味悪かったですけどね。

これが撮れたので満足し、また三脚担いで元の場所に戻りました。



材木座海岸からの富士山
変な構図だけど、船を入れて撮ってみようと・・・



材木座海岸夕景
もう空もピークを過ぎて暗くなってきたのでここまで。
あれだけ人の多かった海岸も、人がいなくなって静まり返っておりました。

やはり構図は自分の足を使って探すのが一番ですし、
意外にも発見できた時は嬉しいですね。

船と富士山の構図は、材木座海岸を逗子マリーナの方に移動して行くと、
トンネルがあるので、その手前を右の方に入って行き、
300mくらい行くと右側に海の見える場所がありますから、
そこにある階段を下りていけば分かると思いますよ。



いつもポチっていただいてありがとうございまする。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-26 21:32 | 撮影記 | Comments(2)

鎌倉材木座海岸と光明寺

3月23日はサークル「Gαsha!」で撮影会があったのですが、
先週ひいた風邪が長引いて、咳が残ってしまったという理由で悩んだあげく不参加。
本人が辛いっていう事ではなかったのですが、
誰かにうつしてしまったら申し訳ないと思いまして断念しました。
久しぶりにお会いできるという方もいたので残念でしたが、
ここは大人の判断という事で・・・。

そんな理由もあり、仕方なく一人で撮影に行く事にしました。
広い海や場所なら人に迷惑をかける事もないだろうという事で、
久しぶりに鎌倉の材木座海岸へ!



鎌倉・光明寺
と、その前に、
材木座海岸のする裏手にあるお寺「光明寺」に、
桜の状態がどんな感じだかチェックしに行ってみました。



光明寺のまだ咲いてない桜
3月24日の時点では、ほとんど咲いていませんでした。
なんとなく4月の最初のあたりが見頃じゃないかと思った次第。



光明寺の猫


光明寺の猫
午後5時過ぎでしたが、夕方のお寺なんてのんびりしたもんです。
人もあまりいないし、猫がじっとしているだけでした。



光明寺スナップ
この日は α7Ⅱ + TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di USDです。
Aマウントを持ち出そうと思ったところ、バッテリーを充電してなくてこうなりました(笑)
マウントアダプターはLA-EA4ですが、AFも速いし良く写ると思いますよ。



材木座海岸
桜の状況も分かったので、材木座海岸の方へ移動してきました。
比較的暖かい日でしたので、人も結構いたと思います。
こうして見ると、ゾンビ映画のワンシーンのようですけど・・・(笑)



材木座海岸


材木座海岸
海岸の方ものんびりした雰囲気でした。
最近、撮影に来てこういうシーンに出会うと、
なんだかんだいっても、日本という国は平和なんだなぁと思うのですよ。
平和が続いて、こういう光景がいつまでも見れる事を心から願うばかり。



材木座海岸
おそらく風で形成された物なんでしょうが、
どう風が吹いたら、こういう形になるのか?
長年海に関わってきましたけど、分からないことの方が多いのです。
というか、長年海に関わってきて分かった事は、
所詮人間には、海のことなど分かるわけもない・・という事なんですけどね。



材木座海岸・スナップ


材木座海岸・スナップ
鎌倉の海は、夏になれば海水浴場になりますが、
普段は漁師さんの仕事場だったりするんですよね。
どうも感性が変態なので、こういう漁師さんの道具とかロープが気になるんですわ。



材木座海岸・スナップ


材木座海岸・スナップ
こういうの撮ってしまうんですよねぇ。
ほとんどの人に理解もされないんでしょうけど(笑)



材木座海岸・スナップ
こういう写真の方がインスタ映えしますね。
このTAMRONの70-200mmは、逆光にそれほど弱くないです。
たまにフレアやゴーストが出ますが、
70-200mm F2.8 G SSM IIよりは全然ましかもしれません。



材木座海岸・スナップ
自転車はあると撮ってしまうんですが、
その度ゆりやんに「自転車好きだよねぇ~」と言われます。
きっと馬鹿にしているのだと思うのですが、
いまだに良い反論方法がありません(笑)



材木座海岸・スナップ
夕日を見ていた家族連れを撮影。
もうα7ⅡのAFは効かないのでMFです。
よくα7Ⅱは暗所のAFが弱いと文句言う人がいますが、
こんな写真だったらMF使えばいいんです。



材木座海岸・スナップ
夕日に佇む渋いおにーさん。
太陽の沈む位置から、ダイヤモンド富士が近い事がわかりますね。



材木座海岸・スナップ
さて、手持ち撮影はそろそろ限界でしょう。

この後、車に三脚を取りに行きまして、
次回は三脚を使ってじっくり撮った富士山を投稿したいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございまする。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-24 22:00 | 撮影記 | Comments(5)

写真が多すぎて4回に渡っての投稿になりましたが、
読んでくれている皆さんもかなり飽きてきたと思います。
書いている本人が飽きてきたくらいですから当然でしょう。



鎌倉・宝戒寺
エーデルさんが連れてきてくれたのは「宝戒寺」
このお寺の建立は1335年、9月には萩の花で埋め尽くされるので、
萩の寺とも呼ばれるそうです。



鎌倉・宝戒寺
中に入ると人もまばらで静かな雰囲気。
イケメンの外人さんがいましたが、エーデルさんはイケメンを撮ってました(笑)



鎌倉・宝戒寺
梅の花もまだ早いせいか、あまり咲いていませんでした。



鎌倉・宝戒寺
メジロがいましたが、α6000に90マクロだと遠くて盛大にトリミングとなりました。
エーデルさんは70-200mmで撮っていたので、もっときちんと撮れているんでしょう。



鎌倉・宝戒寺
提灯の灯りを背景に梅の花を撮影。
何枚も撮ってみたのですが、なかなかハマるのがなくて・・・



鎌倉・妙本寺
宝戒寺を後にして妙本寺にやってまいりました。
入り口の門の前に、少しだけ梅の花が咲いておりました。



鎌倉・妙本寺
空もどんよりだし、いよいよ最後のお寺なので疲れてきました(笑)
本堂の前には梅の花が咲いてましたわ。



鎌倉・妙本寺


鎌倉・妙本寺
妙本寺の本堂は、広い空間があって落ち着けます。
陽気が良いと人が集まってるのですが、この日は閑散としてました。



鎌倉・妙本寺


鎌倉・妙本寺
α6000 + FE 90mm F2.8 Macro G OSSは物撮りに最高でした。
標準ズームで撮ると、パンフレットの写真みたいになりがちなんですが、
135mm画角はそんな風にならないのがいいです。



鎌倉・妙本寺
動かない鳥をみけさんが見つけました。
どうやら「アオジ」という鳥のようですが、
個人的には緑色のスズメって感じです。

今年で4年目になる鎌倉トリオの集まり。
気心知れている集まりなので、気楽に撮影ができて毎度楽しいです。
いろんな趣味をやってきましたが、
結局、最後はそこに集まる人が中心になっていくような気がします。



いつもポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-02-23 10:00 | 撮影記 | Comments(1)