人気ブログランキング |

5月25日の土曜日は、小学6年生の甥っ子の最後の運動会という事で、
弟に頼まれて撮影部隊でありました。

以前、運動会の撮影を投稿した事がありましたが、
正直、他所様の子供の運動会を観たいという人もいないでしょうし、
ごく一部だけ投稿しておきたいと思います。

e0341572_20431955.jpg

甥っ子の出場した競技「騎馬戦」
中央右にいる白い帽子が甥っ子で、競技が始まり「よ~し!撮るぞ!」
と、気合を入れてファインダーを覗いた直後。



e0341572_20435847.jpg

瞬殺でございました(笑)


そんなわけで、甥っ子の小学校最後の運動会も無事撮影が終わり、
午後の早いうちに帰宅したので、
夕方になってから森戸海岸に行ってみました。



森戸海岸 夕景
運動会の撮影には α77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII を使用したので、
ボディをα99に変えての撮影。



森戸海岸 夕景
この日はかなり暑い日でした。
冬や春の寒い日は、海にはほとんど人がいないというのに、
気温が上がると、防波堤にも沢山人がいて賑やかです。



森戸海岸 夕景
夕日も山の向こう側に沈む直前という感じ。
気温が高いせいか空は白っぽくて、富士山なんて見えるわけもなく・・・



森戸海岸 夕景
あ~とうとう夕日も沈みました。



真名瀬 夕景
車を停めた駐車場まで戻る途中、
空を見るとグラデーションがかかってきました。



真名瀬 夕景
冬のようなスカッとした空ではないけど、
ぼんやりしつつも綺麗な空でしたわ。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-01 08:00 | 撮影記 | Comments(0)

周囲のカメラ仲間に聞くと、運動会の際にカメラが使えるという事で駆り出される人は少なくないようです。
孫の運動会という事なら、自ら喜んで撮影に行くのかもしれませんが、
甥っ子の運動会って結構微妙で、個人的には「カメラ貸してあげるから親が撮ってあげればいーじゃん!」って思うのですが、
前にそう言ったら「使い方わからないし無理」と言われまして、まあそうでしょうな。

個人的にはどーでもいい撮影なので、遊び心でα57を持って行ってみました。
レンズは標準ズームじゃどうしようもないので、いちお70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持っていきましたけどね。
今回は買ったばかりの一脚を使ってみたかったので、それのお試しってのもありました。



運動会に駆り出されたカメラマン
まぁ、だいたい小学校の運動会というと、みんな似たような体格なうえに、
似たような服を着ているので、どれが甥っ子のケンなのかわからないのであります。
弟の嫁にどのあたりにいるのか聞いて、プログラムを見せてもらって・・・と、実はかなり大変な作業。

画面真ん中でオレンジ色の靴を履いているのが、甥っ子のケンであります。
まだ北斗神拳の伝承者の修行はしていませんから、北斗神拳は使えません。



運動会に駆り出されたカメラマン
この手の撮影は肖像権の問題があるので、バシバシ撮って何でも投稿できるというわけではないのが困ります。
あ、先生ですか・・・ご苦労様です。
こんな風に後ろを向いている写真なら大丈夫でしょう。
しかし、どうでしょうかね? α57+70-400mm F4-5.6 G SSMII なかなかいい仕事してくれていると思いますよ。



運動会に駆り出されたカメラマン


運動会に駆り出されたカメラマン


運動会に駆り出されたカメラマン
ケンの顔出しはおじさん権限で良しとしましょう(笑)
後ろの女の子は、他所様のお子様なのでクマちゃん貼り付けて顔出しNGです。

α57ですが、正直運動会の撮影には向いていませんでした。
というのも、フォーカスポイントの移動が、Eマウントボディと同じでいちいち面倒くさかった・・・
Aマウントのボディなので、てっきりキーだけで移動できると思い込んでいたんですがそうではなかったようです。

しかし、AF-Cは意外と優秀なようで、リレーの選手に選ばれたケンのスピードもきっちり追っています。
ピントの精度も悪くないと思います。 あまり動きものをα57で撮ろうなんて思った事がなかったので、
今回の運動会ではちょっと見直した感じです。



運動会に駆り出されたカメラマン
ケンは小さな頃から、かなり足が速かったのですが、
現在でも学年で1、2番を争うくらい速いらしいのです。今回もリレーの選手になり一周走ってバトンを渡す場面。
小さな子どもはカメラで追うのが難しいですよ。



運動会に駆り出されたカメラマン


運動会に駆り出されたカメラマン
カメラ好きとしては、爆走する子供たちを撮るのは結構楽しくて、
小学校高学年のリレーともなると、それなりに速いし迫力もあります。
もちろん顔出しはできませんが、この子の走るポーズがかっこよくて躍動感ありました!



運動会に駆り出されたカメラマン
運動会の撮影という事になると、撮ってみて思ったのはやはり走る競技が一番撮り甲斐がありますね。
今回、半分冗談みたいなつもりでα57を持ってきてみましたが、
これまた意外とちゃんと撮れるし、出て来る画もα77Ⅱにも負けてないんじゃない?って感じです。

そして今回初使用の一脚ですが、エルロックのついた物を購入したのは正解でした。
とにかく伸縮がさっとできて便利! 先の方は結構細いので心配していたのですが、
400mm程度のレンズだったら強度的にも十分だったようです。 

また、結論としてはやはり雲台をつけた方がいいです。
画角を微妙に上下したい時、首が動かないので一脚を傾けるか、足を伸ばす、縮めるという動作をしなくてはならず、
運動会の場合、周囲に人がいると一脚を傾けるというのはやりにくかったし、
いちいちエルロックを緩めて、足を伸縮されるのも面倒くさかったです。

そんなわけで、次に一脚を使う機会が来るまでに雲台を買おうと思います。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-05-29 22:00 | 撮影記 | Comments(2)

仕方なく甥っ子の運動会

投稿しなくていいかな~とは思ったのですが、
いちお撮影活動ですし、カメラやレンズのウンチクを垂れるコーナーにしたいと思います。
この時期、学校の運動会なわけですが、身内にカメラを趣味にしている人間がいると駆り出されるわけです。
主役は弟の息子・・・まあ、甥っ子なわけですが、
弟には「カメラ貸してやるから勝手に撮れよ~」と言いつつ、
いきなりα77Ⅱと70-400mm F4-5.6 G SSMIIを渡されて撮れるわけありませんわな(笑)
運動会の写真なんて作品性があるわけでもなく、単なる記録なので気合も入りませんが、昨年行かないでブーブー言われたのでイヤイヤ行ってきました。

ここで甥っ子の写真を貼り付けて、あーだこーだ甥自慢しても、
上司の家に招待されて、永遠と孫のビデオを見せられるような拷問にはしたくないので、
話はカメラ、レンズ、撮影の話にしておきます。



甥の運動会
まずは主役の甥です。名前の一部をとって普段は「ケン」と呼んでいるので、
将来は北斗神拳の伝承者にしたいと思っていますが、それほど強くないのでどうも無理っぽいです。
写真は相当枚数撮りましたが、他のお子様の顔を出すわけにはいかないので、
ケンだけが写っているか、個人の判別不可の写真のみ投稿しておきます。



甥の運動会
さて、持っていったシステムは α77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
運動会の写真を撮るのにEマウントを持って行く気はしませんね。
今回、この撮影でEマウント(α7系)を持っている人は見かけませんでしたが、
仮にEマウントを持っている人を見たら「あ~この人カメラにあまり詳しくないのかも・・」と思うでしょう。偏見かな~(笑)

カメラが趣味なので、周辺の人達の持っている機材が気になるのですが、
ほとんどの人がキヤノンのエントリーモデルにキットレンズみたいな感じです。
自分のようなバズーカ砲のレンズを持っている人は全くいなくて、
自分の機材をチラチラ見て「あの人のレンズでか~」って思っていたようです(笑)



甥の運動会
運動会の撮影となると、校庭も広いし望遠レンズは必須です。
正直、200mmなんて全く届かないでしょうね。たまに400mmでも足りないと思う場面もあったので、
α99Ⅱが出て連写枚数は良しとしても、望遠側で足りなくなるのでα77Ⅱは運動会では必須かもしれません。



甥の運動会

甥の運動会

甥の運動会
小学3年生というと、体は小さいのにチョコチョコと動きが速く、カメラで追うには意外と厄介な被写体でした。
流鏑馬の時はフォーカスエリアはゾーンで追いましたが、
運動会は他の子供や、周辺にいる先生、置いてあるポールのように、
撮りたいもの以外にフォーカスが引っ張られる可能性が高く、ゾーンでは追いきれないのでスポットで追い続けました。
こうなると撮影というより、ある意味射撃に近い感じです。

帰ってからチェックしてみると、ピントの追い込みがイマイチな感じがしますね。
カメラの事なんてわからないお父さんが撮ったレベルならアリかもしれませんが、
自分としてはまだピントは追い込めそうな余地があります。



甥の運動会

甥の運動会
団体競技はスピード感もないので撮影は少し楽。
でも、なんかやっぱりピントが甘い感じがするなぁ。そのうち微調整しておかないといけないかも。
普段、フルサイズの解像写真を見てしまっているので、77Ⅱの出す絵はカリッとしていないような気がしてしまいます。
確かにこの手のズームレンズ、しかも望遠側で解像感を求めるのも間違いなんですけどね。
おそらく普通の人が見れば、綺麗に撮れてる写真なんだろうけど・・・。

自分の隣でコンデジで撮ってるお母さんがいたので、背面液晶をちょっと覗いてみたのですが、
当然、ズームが寄りきれないので、これじゃ撮っても「ウォーリーをさがせ!」だな~と思いました。
やはり運動会では400mmは必要だし、連写の効くカメラじゃないと無理ですね。

とりあえず撮影も終わり、無事に弟に写真も渡したので役目は果たしました。
甥っ子はあと3年間小学生なので、あと3回行かないと行けないかもしれません(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-10-25 00:00 | 撮影記 | Comments(2)