人気ブログランキング |

TAMRONから噂のレンズ17-28mm F2.8 Di III RXDが発表されました。
これでTAMRONから発売されたFEレンズは2本目という事になります。

e0341572_10160152.jpg


人気のある28-75mm F/2.8 Di III RXDは、現在所有して使っていますが、
小型、軽量なのに高画質という事で大変気に入っているので、
この17-28mm F2.8 Di III RXDも非常に気になる存在です。



自分が所有しているレンズで、比較対象となるのはおそらく・・・

e0341572_10210108.jpg


純正のVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSだと思います。
このレンズは飛び抜けた性能というわけではないと思いますが、
それなりに優等生で、意外と持ち出そうという気になるレンズです。

比較する項目としては、まず重量です。
17-28mm F2.8 Di III RXDの重量は 420g
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの重量は 518g
差はほぼ100gのようで、これはそれほど問題ではなさそうです。

次にF4スタートか、F2.8スタートかという事ですが、
この手の超広角レンズで、背景をぼかすという使い方はあまりしないので、
特にF4だから不満という事もなく、個人的にはF2.8じゃなくてもいいかな?とは思います。

画角の違いについては、広角側が1mm違うのは結構重要で、
16mmと17mmは「う~ん・・・」と思ってしまいますね。
望遠側については、28mmで全く不満は出ないと思います。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSについては、
望遠端35mmまでいらなかったので、
ズーム域を縮めて、その分、画質の向上に割り振って欲しかったな。

広角レンズは、画角的に風景を撮る事が多いのですが、
風景撮影については、たいていF8くらいまでは絞るし、
むしろF4スタートくらいな方がいい塩梅かと・・・

気になるのは、17-28mm F2.8 Di III RXDには手ぶれ補正がない事ですね。
一方、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSには手ぶれ補正があります。

手ぶれ補正のあるボディしか使用していない人には関係ないかもしれませんが、
自分の場合、初代α7Rやα6000も所有しているので、
手ぶれ補正がボディにないと、レンズにOSSがあると有り難い気もします。

こう考えていくと、買い替え、入れ替えする理由もあまりなさそうですが、
現在、28-75mm F/2.8 Di III RXDを使っている事を思うと、
17-28mm F2.8 Di III RXDを導入する事で、
焦点距離が綺麗につながる気持ち良さはありますね(笑)

以前、知り合いのおじさんが16-35mm GMを購入して使っていましたが、
そのGMを購入する際、1635Zを下取りに出して失敗したと言っていました。
理由を聞くと、光芒の写り方がGMより1635Zの方が綺麗だったとの事。



e0341572_10544298.jpg


確かに光芒の出方は素晴らしいんですよね。
ちょっとセンサーには怖いけど、太陽に向けたくなるレンズです。

TAMRONの17-28mm F2.8 Di III RXDが、
果たしてここまで逆光に強くて、光芒が綺麗に出るのか気になります。

予想としては、解像力は17-28mm F2.8 Di III RXDの方が上。
光芒の美しさは1635Zの方が上。
そんな感じではないでしょうか?
発売後、多くの人のレビューを待ちたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-07-04 12:26 | Eマウントレンズ | Comments(0)

山手西洋館ネタがしつこくて申し訳ありませんが、
おまけというか、ネタで持って行った
α7R + HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalの写真を投稿いたします。



HELIAR-HYPER WIDE 10mm
最近の手ぶれ補正のついたボディは、
なんだかんだと大きいので、この初代7Rが持ち歩きには最高です。
10mmなんて焦点距離に手ぶれ補正なんていりませんしね。



10mmで撮る 花と器のハーモニー


10mmで撮る 花と器のハーモニー
このレンズの画角から比べると、
15mmなんていう焦点距離は標準域ですな(笑)



10mmで撮る 花と器のハーモニー
入り口のドアから部屋を撮影すると、
部屋全体が入ってしまうという変態画角。
魚眼じゃないので、パースはあるけど湾曲はしません。



10mmで撮る 花と器のハーモニー
部屋の中なので直線が多いのですが、
パースが強烈なので、なんか変な感じがしますね。
四角形が平行四辺形になるような感覚。



10mmで撮る 花と器のハーモニー


10mmで撮る 花と器のハーモニー
αcafeに投稿したら「酔いそうだ」というコメントをもらいましたが、
確かにファインダーをずっと覗いていたら酔うかもしれません。
この視覚で生活しろと言われたら、
おそらく1日で頭がおかしくなりそうです(笑)



10mmで撮る 花と器のハーモニー
この構図は何枚か撮りましたが、
自分のスリッパの先っぽが写っている物がありました(笑)

左の下の方に、消化器が置いてあったのですが、
それを構図から外すのに苦労しまして、
なにしろ、あまりにも画角が広いので、
入れたくない物を構図から外すのが困難だったりします。



10mmで撮る 花と器のハーモニー
レンズの最短撮影距離は30cm。
すごい寄って撮っても、普通に撮ったように写ります。



鼻デカ
港の見える丘公園にあったキャラクターですが、
鼻デカ!を撮ろうと寄ってみました。
この「鼻デカ」は、魚眼レンズの方が面白いですね。



ランキングのカテゴリーが変わりました。

現在50位!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-19 20:38 | 撮影記 | Comments(0)

イルミネーションの撮影はパッとしませんでしたが、
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalをバッグに忍ばせていたのでチェンジ!
これでまた例のクネクネを撮ってみようと思い、クイーンズスクエアの方に行ってみました。


YOKOHAMA METALLIC


YOKOHAMA METALLIC
人の往来が激しかったので、人が切れるのを待っても無理だと判断。
微妙に残像が残ったけど、まあこのくらいなら仕方ないでしょう。

ちなみにこのオブジェ、調べてみたら正式名称ってのがあったんですね。
「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」というらしいのですが、
もくもく湧く雲というイメージだとか。
https://hamarepo.com/story.php?story_id=1

さすがに10mmで撮るとパースが強烈で、
αcafeに投稿したら「こんな形でしたっけ?」みたいなコメントもらいました(笑)

e0341572_20360476.jpg

久しぶりに「人気のフォト」に入りましたが、こういうのがウケるんだよね。αcafeは・・・




いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-22 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

チューリップの撮影は苦手意識が強いのでストレス満載でしたが、
シーキャンドルみたいな物は、それほど苦手意識もないので少し前向きに撮影ができます(笑)



江ノ島シーキャンドル
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalでシーキャンドルを撮るのは初めてになると思いますが、
さすが10mmの超広角、シーキャンドルのほぼ真下から撮ってもスッポリ入ってしまいますね。
シーキャンドルは上の方が太くて、下の方が細い構造をしているのだけど、
この手の超広角レンズで撮ると寸胴に写ってしまい、ちょっと美しさが削がれるのが難点。

しかしまあ、こんな写真撮っても全然面白くないですわな(笑)
ここで写真を撮る人のほとんどが、こんな写真を撮って帰るんでしょうから・・・・・



江ノ島シーキャンドル
そんなわけで、何度も通っているこの場所です。
いつもと違う写真を撮りましょう!という課題を持ち、レンズ特性を活かす撮影をしてみました。



江ノ島シーキャンドル
っていうか、この超広角レンズのパース感は物凄いものがありますね(笑)
シーキャンドル倒れてるじゃないですか!



江ノ島シーキャンドル
手すりのすぐ脇に三脚を置いて撮影。
なんか非日常な写真がすぐ撮れるのが楽しいです。しかも点光源が光芒になり金平糖みたいに・・・・・



江ノ島シーキャンドル
シーキャンドルの写真は沢山撮られたと思いますが、
この構図で撮った人は今までいなかったでしょうね~。自分でも斬新な構図だと思います。
こんな場所から撮ってみよう!と思う、自分の発想がそもそも変態なんでしょうけどね。

ここの撮影は意外と難しくて、あまりに画角が広いレンズなもんで手すりの上が切れてしまうんです。
レンズを手すりにぶつけるくらいくっつけて撮らないといけませんでした。



江ノ島シーキャンドル
敷地内ではイルミネーションをやっているので、せっかくだから下に降りて撮ってみましょう。
下からシーキャンドルを撮ると、10mmの画角だと一網打尽!
こういうレンズで、こういう場所を撮るのは楽しいですね。 おっさん一人で・・・・(笑)



江ノ島シーキャンドル
ほぼ同じ位置からクロップで撮影。 35mm換算で15mmになりますけど、それでも十分広角。
イメージサークルの中央部分しか使わないので、描写もすこぶる良い感じだと思います。
フルサイズ16mmで撮るなら、この10mmクロップの方が良い結果でいけるんじゃないかな?



江ノ島シーキャンドル
こちらもクロップです。
α7Rで撮ってるので4800×3200となり、画素数でいうと1536万画素となりますね。
α7RⅡやα7RⅢを使えば1800万画素程度にはなるので、十分実用に耐える写真になると思いますよ。



江ノ島シーキャンドル
シーキャンドルもレンズ1本で楽しめました。
ここも人が多くて撮影がしにくい場所ですが、特に若いカップルが多くておっさんは微妙です(笑)
今回もまた平均年齢を上げてしまい申し訳ありませんでした。

HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalについての感想。
基本的にフルサイズ用という事になるわけですが、α6000とかα6500とかを持っている人が15mmのレンズとして使いたい・・・
というのであればすごいオススメいたします。
ソニーにAPS-C用の10mmスタートのズームレンズがありますが、それの10mmよりは綺麗に写ると思うな~(多分)
まあ、ソニーのそれよりお高いから当たり前かもしれないけど。


ランキング!いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




第2回プラチナブロガーコンテスト



by momoken805947 | 2018-01-16 16:16 | 撮影記 | Comments(0)