人気ブログランキング |

12月の三連休はずっと天気が悪くて、寒いうえに雨だとモチベーションも上がりませんでした。
22日の土曜日は夜になれば雨が上がるという予報だったので、
夕方から赤レンガ倉庫のクリスマス・マーケットを撮影しようと車を走らせました。

雨だから人出も少ないだろうと高を括り、赤レンガ倉庫の駐車場に行ってみると「満車」
仕方なしに大桟橋埠頭の駐車場に車を入れましたが、外に出てみると雨がまだ降っていたので悩みました。
重いカメラバッグと三脚と傘を持って撮影はキツイな・・・と。

しばらく悩んだ末に、数本のレンズと三脚は車に置いて、
α99Ⅱ + SIGMA50mm F1.4 DG HSMと傘を持って赤レンガ倉庫へ!
そう、この日は「手持ち」で撮る事にしたのです。



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
皮肉な事に会場に到着した途端、雨がやんだ感じで傘はいらなくなりましたが、
いや~土曜日だからでしょうけど人多すぎでした。



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
50mm一本勝負は久しぶりだったので、ウォーミングアップを兼ねて小物アイテムで練習。



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018


赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018


赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
会場の内側は朝のラッシュの電車の中みたいだったうえに、
平塚七夕まつりの時のように、紙コップに入ったビールを持ってウロウロしている人がいるので怖いです。
ぶつかってカメラにこぼされたらエライコッチャ!という事で、会場を抜けてツリーの方に出ました。
こちら側から見てもえらい人の数ですわな。



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
人間の視覚とほぼ同じといわれる50mmしか持ってませんから、被写体との距離は足を使うしかありません。
寄ったり引いたり忙しいけど、これが単焦点で撮る時の醍醐味かな?



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
鐘を鳴らすステージは行列になっていました。何かご利益があるんでしょうか?
たいていはカップルで鳴らしていましたが、カップルはしゃくにさわるので女の子二人のシーンで(笑)



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018


赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
さすがに夜手持ち撮影なのでISOも上げないといけなくなりますが、レンズがF1.4なので安心感は高いです。
この手の撮影だと、開放でF2.8のズームだとちょっと辛いかな?と思いますね。
F1.4をF2.0くらいまで絞って使うと、意外とビシッと写るし精神的にも良い感じ。



赤レンガ倉庫・クリスマス・マーケット2018
あまりの人の多さに、だんだん気持ち悪くなってきたので撤収する事にしました。
冷静になって考えてみると、おっさん一人がカップルをかき分け、
クリスマスツリーを撮ってるってどうなんだ?と・・・(笑)



雨上がりのみなとみらい
大桟橋埠頭の駐車場に戻ろうと歩いていると、またポツポツ雨が降ってきました。
路面が濡れてコントラストが気持ちよかったので、みなとみらいに向けて1枚。

手持ちでも問題なく撮れるα99Ⅱは、やはり良いカメラだと思いました。
また、使用頻度があまり高くなかったSIGMA50mm F1.4 DG HSMも素晴らしいレンズですね。

最近、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalばかり使っていましたが、
SIGMA50mm F1.4 DG HSMもどんどん使わないと勿体無いと思った次第でございます。



いつもポチッとしていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-25 18:41 | 撮影記 | Comments(0)

冗談のつもりで買ったHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalですが、
やはり冗談なので、普段しょっちゅう使うという事もなく、防湿庫の肥やしになりつつあるんですが、
ごくたまに気まぐれで、なんとなくカメラバッグに入れてしまうという事があります。

この日もそんな感じで持ってきていたので、
たまには10mmの変態画角使ってみるかな~と、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalからチェンジ!



Yokohama Historic Car Day 7th
ドヒャ~!(笑)
久しぶりにファインダー覗いてぶったまげました。
本当変態画角だと思いますわ。効果的な使い方をするにはちょっとした知恵が必要だったりします。



Yokohama Historic Car Day 7th


Yokohama Historic Car Day 7th
このレンズを使う時は、水平をきちんと取ろうとか考えない方がいいようです。
とにかく写真の基本とか、常識をぶっとばした方が面白い写真が撮れるような気がします。



Yokohama Historic Car Day 7th


Yokohama Historic Car Day 7th



Yokohama Historic Car Day 7th
超広角レンズ全般に言える事ですが、
近いものはドーンと強調され、離れているものは更に遠く表現されるわけだから、
とにかく撮りたい物には寄れるだけ寄る!ってのがいいと思います。

一番下の写真なんて、ナンバーにぶつかるくらい寄ってるので、
そばにいた人からすれば「こいつナンバー撮ってるのか?」と思ったでしょうな。



Yokohama Historic Car Day 7th


Yokohama Historic Car Day 7th
ドアを開けて展示してあった車がありましたので撮ってみました。
まるで象の耳でございます。



Yokohama Historic Car Day 7th
視点を車のコックピットから撮ってみました。
かなり寄ってますが、ハンドルまで距離があるように見えます。
とにかくファインダーを覗いてみないと、どう見えるのか想像もつかない場合が多いです。
35mmや50mmだと、ファインダー覗く前からわかるんだけど、こればかりはどうもわからん。



Yokohama Historic Car Day 7th
うっかりすると、自分の少し後ろにいる物や人が入ってしまうことも・・・
右側におっさんの手が入ってしまいました(笑)
気がつくと、自分の指が写ってしまってる事もあるから恐ろしい。

前にエーデルさんにこのレンズを貸してあげたら酔ったらしく、
貸してあげましょうか?と言ったら「結構です」と言われました(笑)

このレンズは写真を撮るより、ファインダーを覗く方が楽しくて、
エスカレーターに乗りながらファインダー覗くと、
物凄いスピードで移動しているように見えてビビリますからお試しあれ!



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-13 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

横浜赤レンガ倉庫で開催された「Yokohama Historic Car Day 7th」に行ってみました。
若い頃は車が大好きでしたが、最近は車は走ればいいし、荷物を運べればいい道具になってしまいました。
ヒストリックカー と クラッシックカー の違いもよくわかりませんが、
要するに旧車、古いクルマをヒストリックカーというみたいで、

それをMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮ってみました。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
こういう車が大好きな人が写真を撮る場合は、1台づつ記念撮影のような撮り方をするのかもしれませんが、
自分の場合は特にこういう車が好きだというわけでもないので、
写真としてどう撮ったらかっこいいか?という事になるのかと思います。
背景が赤レンガの建物だと、雰囲気が出るな~みたいな感じで。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー


赤レンガ倉庫 ヒストリックカー


赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
かなり沢山の車が置いてありました。
あまりにも人が多く、無人の写真を撮るのは不可能でしたが、
背景に客船、セレブリティ・ミレニアムが停泊していたので絡めて撮ってみました。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
フェアレディZや! 
おそらく自分が小学生の頃、走っているのをリアルに見ていた型だと思います。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
ほぅ~。若い君にもこの渋さがわかるんかい?(笑)



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
こういうのもヒストリックカーっていうんですかね?
クラッシックカーとの境界線がよくわからんです。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
せっかくハーフマクロのレンズなのですから、少し接近して撮る方が迫力が出るかもしれませんね。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
映画、バック・トゥ・ザ・フューチャーで登場した車、デロリアンも置いてありました。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー


赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
このコックピットはデロリアンのではありませんが、
65mmくらいの焦点距離だと非常に撮りやすかったです。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
車の持ち主が犬を連れてきていたようです。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー


赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
見かけた犬は、みんな大人しいせいか人気者でした。



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
絵を描いている人もおりました。黄色い帽子が赤い車とマッチングしていて素敵!



赤レンガ倉庫 ヒストリックカー
この日は、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalを持ってきていたので、
変態画角の10mmで撮ったらどうなるのか? 興味半分でレンズを交換し撮影してみました。
写真の投稿数が多くなりすぎたので、それは次回の投稿という事で!



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-11 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

年末のこの時期は仕事もドタバタなうえ、体もキツイのでのんびりしていたかったのですが、
エーデルさんとみけさんにお誘いを受けたので、夕方からノコノコと横浜の方に出掛けて行きましたとさ。




日本大通り駅前
みなとみらい線の日本大通り駅を出ると、目の前に横浜開港記念会館(ジャックの塔)がドーンとあります。
夜はライトアップされてそれなりに綺麗なのですが、まだ午後3時半くらいで明るかったので証拠写真だけ撮って立ち去ります。



飛鳥Ⅱ
大桟橋埠頭までやってくると飛鳥Ⅱが接岸されておりました。
空には雲が多くてイマイチな感じでしたが、それほど風もなくて寒さも厳しいという感じではありませんでした。
もう見慣れた船、風景なので、写真とるぞ~!という感じでもないんですが・・・・。



大桟橋埠頭 クジラの背中
エーデルさんとみけさんには「4時頃大桟橋に行くようにします」とメールをしたので、しばらく一人で撮影していましたが、
みけさんからメールが来て「赤レンガ倉庫にいます」とあったので、来たばかりだけど赤レンガ倉庫の方に向けて移動。



クリスマスの人力車
赤レンガ倉庫の方に移動中、サンタが運転する人力車に会いました。
横浜はどこに行ってもクリスマスムードで溢れている感じでございまする。



みなとみらい方面
日没の時間になりましたが、またみけさんからメールがあり「大桟橋埠頭に付きました」
自分は赤レンガ倉庫に来てしまったので「入れ違いになってしまったようなので赤レンガ倉庫にいます」と返信。
仕方ないのでここでしばらく一人で撮影することにしました。



飛鳥Ⅱ
ここから客船を撮るのも飽きましたが、いちお証拠写真として撮っておきましょう!
右にいるおねーさんは、動かないで撮影に協力してくれました。



飛鳥Ⅱ出港前
客船は暗くなってから撮る方が、海への写り込みも入るしいいですね。
本当に真っ暗になってしまうと背景が黒くなりますが、この薄暗い時間帯だと透明感のある空が残っている感じです。
飛鳥Ⅱは午後5時に出港なので間もなく出ていってしまいます。



飛鳥Ⅱ露光間ズーム
出港間際、突然飛鳥Ⅱが爆発しました! ・・・・・なんてわけもなく、
退屈だったので露光間ズームで撮ってみたらこんな風になりました。



赤レンガ倉庫
すっかり暗くなったので赤レンガ倉庫の方に行ってみましょう!
さすが若者の街横浜です。周辺には10代、20代と思われるカップル、グループが沢山います。
心の中で「平均年齢上げてしまってごめん・・」と謝りながら撮影。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット


赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
大きなクリスマスツリーの方に来てみたら・・・ドヒャ~!人多すぎて無理!
三脚を立てる場所がないとか、そんなレベルの話でもないくらい人がゴッソリ!



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
とりあえずツリーの真下まで行って証拠写真撮っておこう・・・と。
あまりの人混みに気力負けしてしまい、撮影はもう危険だからやめておこうと諦めたところ、
エーデルさんとみけさんとようやく合流する事ができまして、また一気に平均年齢が上がってしまいました。
そして次はナビオスにあるキャンドルイルミネーションの方へ行くことにしました。



ナビオスキャンドル


ナビオスキャンドル49)
こちらもそれなりに人は多かったけど、赤レンガ倉庫ほどじゃなかったのでよかったっす。
キャンドルイルミネーションなのに、強力なライトが当たっていてキャンドルのほんのりした灯りはどこへ?



ナビオスキャンドル
こっちの方がキャンドルっぽいですね。背景にランドマークタワーと観覧車を入れてみました。
この日はVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを持ってきましたが正解でしたね。
イルミネーションを撮るにはいいレンズだと思います。可もなく不可もなく・・・って感じで。



横浜イルミネーション


横浜 イルミネーション
おっさん的にはイルミネーションの撮影って、すごい撮りたいというものでもなく、
「まあ、ブログのネタにはなりそうだから撮っておくか・・・」程度なんですが、
カメラを始めた頃は、こういう場所での撮影はすごく楽しくて時間が経つのも忘れる程でした。
人間、「慣れ」が生じてくると、楽しかった事が楽しくなくなってくるというのがどうもよくないと思います。

そろそろ手持ち無沙汰・・・という頃、エーデルさんが「忘年会行くわよ!」というので撮影終了!



エーデルさんとみけさん
とまあ、そんなわけでエーデルさん、みけさん!
2017年もいろいろとありがとうございました! 来年もまた頑張ってまいりましょう!



エーデルさんが後ろから突いてくるランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-12-24 11:00 | 撮影記 | Comments(2)

前回の山手西洋館の投稿の続きです。
ほぼ、半日山手西洋館でウロウロしながら撮影した後は、
赤レンガ倉庫まで移動して、クリスマスマーケットの撮影に挑戦です。
昨年は主にα7RとVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSで撮影しましたが、
今年はα99ⅡとVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMです。
旧型のα99では高感度性能が不安ですが、今年はこの新型のおかげで暗くなっても手持ちで撮ろうという意欲も湧くってもんです。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
少し明るい時間に赤レンガ倉庫に到着しましたが、いやまあ~すごい人です。
人を入れないようにするには、カメラを上に向けて撮るのが吉ですね。
おかげで似たような構図、写真ばかりになってしまうんですが。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
入り口には雪が運び込まれており、子供たちが雪だるま作ったりして遊んでいました。
端っこの方にある雪で軽く滑りましたが、それはここだけの秘密です。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
上の方にあった赤ずきんちゃんの人形。
印象的なのはオオカミの目。こういう目をしたおじさんいますわな(笑)



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
これはなんぞや? ヘンデルとグレーテル?



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
サンタクロースもいました。
下から煽って撮るので、人が入らないのはいいのですが、
構図が限定的であまり面白い撮影とは言えませんね。



赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット


横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
海側にあったメインのクリスマスツリー。
どうやって撮るか?と考えると、背景に倉庫を入れるのが普通・・・というか、
どうやっても背景に倉庫が入るんだけどね。
周囲をまわりながら構図を考えても、下から撮るしかないので同じような構図の大量生産でした。



横浜赤レンガ倉庫 クリスマスマーケット
あとはカップルのシルエットを入れてこんな構図とか・・・。
この場所で良い写真を撮ろうと思ったら、ある程度人の動きを見ながら粘る必要がありそうです。
誰かと一緒に来るとかだと落ち着かないし、こういう場所での撮影は一人孤独にじっくり撮る必要はありますね。



キャンドルイルミネーション
赤レンガ倉庫からみなとみらいの方に移動して、キャンドルイルミネーションにやってきました。
これを撮っていたら、何やらイベントをやるのでどいてと言われまして、
はい、ここまで。



イルミネーション写り込み
ここは噴水が17:00に止まり、その後の水溜りの写り込みが狙えます。
写り込みを撮るのに、Yurieどんに足モデルになってもらいました。
顔がキュートなゆりえどんの足だけ・・とは、何とも勿体無い話なのですけど、
全国25000人のゆりえどんファンの皆様、申し訳ありません。



横浜にある宇宙
エーデルさんに「宇宙にお連れします」と言われて連れて行かれたのがここ。
自分にしてみたら、エーデルさんの方が宇宙人です(笑)
どこが宇宙なのかよくわからないまま、何となく背景にイルミネーション入れて撮ってみました。



冬の横浜ストリート
周辺の通りも綺麗でしたよ。
皆でワイワイやりながら撮ったので、撮影に集中できたとはいえないのですが、
こういう集まりは好きだし、カメラ交流会だと思って楽しみました。
時間があれば、一人で来て気合入れて撮ってみたいと思います。



ポチっとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-12-24 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

だいぶ前の投稿、雨の日にベーリックホールで撮影し終えてからの行動です。
山手西洋館の閉館時間は、夏は18:00となっていますが、9月以降は17:00までになります。
ベーリックホールを出た後、雨が降っていたのでまた赤レンガ倉庫に行ってみようと車を走らせました。

前回は雨上がりに撮影した赤レンガ倉庫ですが、今回は雨が降っている最中に撮影です。
前回の投稿はこちら→ http://momoken819.exblog.jp/24523459/

赤レンガ倉庫に到着しましたが、外はまだ明るかったので傘を差しながらロケハン。
前回は雨上がりで水溜りが小さかったので、今回は水溜りが大きい事を願いましたが、
特に土砂降りというわけでもなかったので、水溜りの大きさ自体はあまり変わらないという感じ。

水溜りのある場所も前回と変わりません。
だいたい水溜りというのは、その周辺で一番低い場所にできるわけですからね。
基本的にはいつも同じ場所にあってしかるべきなんでしょう。



雨の赤レンガ倉庫
前回はシグマの24-105mm F4 DG HSMで撮影したのですが、
一番広い画角が24mmという事で、もう少し広い画角で撮ってみたらどうだろう?と考えていました。
そんなわけで今回はVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS で撮影です。
この写真は16mmで撮影していますが、若干トリミングしています。



雨の赤レンガ倉庫
とにかく広角で撮れば面白いかな?と思ったのですが、
この手の写り込みの写真には制限がいくつかある事に気が付きました。
まず、水溜りのある位置と、建物の位置によって写り込みの角度が決まってくるので、
自分が撮りたい画角で撮るという事は、構図を考えるとできないようであります。
また、広角で撮ると、奥側に配置される建物がより小さく描写されるので、構図的に迫力に欠けるものになってしまいます。
むしろ、標準レンズくらいの画角で、空間を少し詰めてあげる方がいいかも。



雨の赤レンガ倉庫
前回来た時に、もっとこうしたらいいんじゃないか?と思ったイメージが違いましたね。
こうして何度かトライして、ようやく自分の納得いく写真が撮れるものなのですが、
雨も降っているし、例のレインジャケット装着での撮影だったので早々に撤収。

とりあえず赤レンガ倉庫の写り込みは、今回のリトライで休戦かな?と思います。
何となくイメージしているのが、観覧車が写り込む水溜りを探してみたい!って事で、
どのあたりから撮るか?など、全く目星もついていないのですが、
雨が降ったらみなとみらい地区を歩いて探すしかありませんね。
写真を撮るという作業は、なんと地道で暗いのだろう・・・。


ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-10-05 23:00 | 撮影記 | Comments(0)

SNSサイト、αcafeで開催されていた第53回マンスリーフォトコンテストの結果発表がきました!
お題が「雨の日」という事で、これに合わせて撮影に行ったのがこちら。

http://momoken819.exblog.jp/24523459/

三脚の最低地上高から水溜りを狙い、ズボンの膝を濡らしながら撮った赤レンガ倉庫。
taeさんに「ビニールの風呂敷を持って行くと便利!」と教えていただきました。



雨上がりの赤レンガ倉庫
撮影してすぐに応募したのがこちらの写真なんですが、
パット見分かりやすい構図でいいと思いつつも気が変わり、締め切り間際になってから応募を取り消して違うのを投稿。



雨上がりの赤レンガ倉庫
個人的にはこちらの方がいいと思うのですが、
おそらく差し替えない方が結果はよかったんじゃないか?と思います。
結果は25位という事で、とりあえず入選できてよかったよかった。(30位までが入選)

ちなみに結果発表のページはこちら。

http://acafe.msc.sony.jp/contest/award/time/000000000053

ゆりえどんも29位に入ってましたな。
プロカメラマンの人が選ぶと、また全然違う結果になると思いますよ。
ユーザー投票のコンテストなので、イベント的な遊びだとは思いますが、
意外とお題が出て楽しいので、次回もまた応募したいと思っています。 次のお題は 「いきもの」 
ポートレート撮影でも広い意味では いきもの ですわな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-07-29 17:00 | フォトコンテスト | Comments(4)

αcafe内で毎月開催されている、文字通りマンスリーフォトコンテスト。
毎度お題が出て、そのお題にちなんだ写真を投稿し、メンバーの皆さんによる投票で順位が決まるというシステムです。

少し前からお題もネタがなくなってきたのか、個人的には「アニバーサリー」なんてお題あたりから選定が難しい!
そもそも自分のような寂しいおっさんは、記念日とか特別な事とかあまりないもんで、
アニバーサリーなんて言われても困るわけです。

そして直近のお題が「雨の日」
梅雨時だからリアルタイムなお題なんでしょうが、そもそも普通の人は雨が降ったら撮影に行きません(笑)
それはきっと、カメラやレンズという精密機器と水は相性が非常に悪く、濡れる=壊れる という図式が頭の中にあるからだと思いますが、
別にお題が「雨の日」でも、雨の中で撮らないといけないわけではないと思うので、
そこはアイデア次第なんでしょうが、お散歩する時についでに撮影する人は、わざわざ雨の中撮影に行かないでしょうな~。

雨の日といえば、前に八景島に雨の中あじさいを撮影しに行った事があったので、
その中から選んで応募しようと思い、その時に撮った写真をざっと見返してみたのですが、
フォトコンに出すような写真は全くなく、 「こんなの出してもな~」 という感じでした。

仕方ないので、近いうちに雨が降ったら撮影に行こうと決めていましたが、
いよいよその日がやってきたので出陣です。



雨上がりの赤レンガ倉庫
やってきたのは赤レンガ倉庫。
ずっと雨が降っていたのですが、夕方にはすっかりやんでしまいまして、
目的だった「水たまり」もすっかり干上がって小さくなってしまっていました。 これは残念。

もう、この時点で「あ~今回のフォトコンは棄権だな。こりゃ」と思っていたのですが、
とりあえずこの小さな水たまりが何とかならないか? と、夜になって暗くなるのを待つことにしました。



雨上がりの赤レンガ倉庫
さて、すっかり日は落ちて暗くなり、倉庫もライトアップされました。
狙っていたのはこの写り込みです。 う~ん・・・でも、水たまりが小さくてなんとも迫力がない・・。



雨上がりの赤レンガ倉庫


雨上がりの赤レンガ倉庫
しかしここで諦めたらフォトコンは棄権しないといけなくなってしまいます。
何とか良い角度はないものかと、週末でカップルが沢山行き交っているこの場所で、
腕立て伏せをするように、水たまりを覗き込む怪しいおっさんになってました。



雨上がりの赤レンガ倉庫
三脚を思い切り開いて最低地上高でカメラを設置。
どうしてもファインダーでMFで撮りたいので、両膝を地面につけて土下座をするような格好で撮影しました。
三脚は水たまりのすぐそばなので、ズボンの両膝は濡れてしまい泥がつきました(笑)
周囲から見たら、変な格好している怪しいおっさんです。



雨上がりの赤レンガ倉庫
やっぱり水たまりが小さいですわ。
もっと沢山水があれば、倉庫まるごと写り込めたんでしょうね。
撮っていたら集団がやってきて、なぜかこの位置で止まって人数確認。

・・・・・・・・・・・・・なんでここでやる?(笑)



雨上がりの赤レンガ倉庫
やっと集団がいなくなりましたが、どうもイマイチです。
水たまりが小さすぎ。 ここはダメだと思い、他に水たまりはないかと探してみると・・・・ありました。



雨上がりの赤レンガ倉庫
この水たまりは小さいけど、横に少し長かったので角度を探って構図を決めました。
もうズボンの膝はぐしょぐしょであります。



赤レンガ倉庫と月


赤レンガ倉庫と月
昼間は土砂降りに近かった雨もすっかりあがり、空には月が出ておりました。
とりあえず、水たまりに写った赤レンガ倉庫は何枚か撮れたので、この中から選んでマンスリーフォトコンテストに応募したいと思います。
いや~今回の撮影は苦労しました。
次回、こういう写真を撮る時は、膝に敷く何かを持ってこようと思います。
変な体勢でずっと撮っていたので体中が痛い・・・・(笑)



<にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
by momoken805947 | 2016-07-13 17:00 | 撮影記 | Comments(4)

今回の投稿は赤レンガ倉庫で開催されている「クリスマス・マーケット」です。
個人的にはクリスマスとか、バレンタインとか、誕生日のようなイベントに興味のない方なので、
(モテない男のヒガミかもしれませんが)
とにかく写真を撮るぞ!という事で足を踏み入れてみます!



Artリンク
クリスマス・マーケットと同時に開催されている Art Rink です。
http://www.yokohama-akarenga.jp/artrink2015/
これも毎年やってますね。 ある意味横浜の風物詩です。
スケートなんて、もう20年以上もやってないな~。今やったら転んで仕事お休みコースがオチでしょう。



DSC042015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット


2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
昨年も来ましたが、相変わらずものすごい人、人、人・・・です。
ん?入り口の雰囲気も人形も同じような気がします。
きっと地球に優しい使い回しなんでしょうね。 資源は大切に!(笑)



2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
人をかき分けながら中の方に入って行くと、向こうがにクリスマスツリーが見えてきました。
目指すはクリスマスツリーであります!
さて、ここでカメラの事について少し書きたいと思います。
カメラとレンズは、α7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS です。
EXIFを見ると絞り開放のF4 ISO3200 シャッタースピード 1/13 です。
前にも書いた事がありますが、個人的なこだわりとしてISOは3200以上なるべく上げたくないというのがあり、
今回もそのこだわりに従いましたが、やはり歩いている人は止める事ができませんね。
手前の人の顔がハッキリと写らないので、ブログ的にはむしろ好都合なんですけど。


 
2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
クリスマスツリーの所にたどり着くと、そこはカップルのお立ち台撮影場所でした。
だいたいこのクリスマス・マーケットに来ている人なんて、ほとんどがカップルという事だと思いますが、
カメラを2つも抱えて、何も食べず、何も飲まず、ファインダーを覗きひたすらシャッターを切るおっさんはどうなんでしょう?(笑)
だいたいこの辺で虚しさMAXになるわけですが、ブログに投稿する写真を撮らねば!という使命感から、
まるでカウント9で立ち上がったボクサーのようになってます。



2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット


2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
クリスマスツリーの周辺を回りながら、倉庫と一緒に撮れそうな構図を探してみました。
α7Rは高画素ながら、α7M2よりも高感度耐性はあるように思えます。
もちろんα7Sの方が、こういう撮影には向いているのでしょうね。α7SだったらISOは6400以上を使っていると思います。



2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット


2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
更に奥の方に進んでいくと、いかにもクリスマスらしいのがあります。
こういったアイテムの前は、記念撮影をしているカップルがいるので、
立ち去るまでじっと我慢の子であった・・・という感じで待ちます。
これもISO3200で撮影していますが、Lightroomでノイズを除去すると結構綺麗なもんです。

撮影をしていると、自分の背後で話しかけてくる女性がいます。
声の感じからして若い女性だと思いましたが、
「お兄さん、写真なんて撮ってないで私と一緒に過ごしませんか?」
「は、はい!」 と振り向くと、そこには・・・・









2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
こんな素敵なおねーさんがおりました。
どうやら聞こえてきた声は幻聴だったようです(笑)



2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
仕方がないので、他の女性に自分から声をかけてみようと、
「あの、よかったら僕と一緒に何か飲みませんか?」 と、
テレパシーを送ってみましたが、どうやらこの女性には伝わらなかったようです。



2015 赤レンガ倉庫 クリスマス・マーケット
いよいよ赤レンガ倉庫を後にする事になり、
寂しかったので、熊のぬいぐるみに愚痴を言って立ち去りました。

今回は妄想ブログになってしまいましたが、
これは演出でありフィクションです。 いや、本当に演出だって。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2015-12-10 19:00 | 撮影記 | Comments(4)