人気ブログランキング |

読んでいただいている皆さんも、八景島の花火ネタばかりでうんざりしているかもしれませんが、
投稿している自分もうんざりしてきたので、花火ネタはそこそこにして、
花火撮影にまつわるエピソードを書こうと思います。

夏休み最後の花火シンフォニアは、8月17日だったのですが、
この日は八景島の中から撮影しようと思ったので、
少し早目に行って車を駐車場に停めました。

車を停めた近くに、大きな三脚バッグを持った女性がいて、
誰かを待っているような雰囲気だったので、
「この女性も花火の撮影に来たんやな~」と思いながら、
自分は目的の場所まで歩いて行きました。



八景島シーパラダイス 
撮影場所は橋の上なんですが、
人も車もほとんど来ないので、かなりスッキリした景観です。
自分が来た時も誰もおらず、そんな中で三脚を出して構図の確認をしていました。



八景島シーパラダイス
手前の虹色の部分は、人が通行する歩道の屋根になっているんですが、
これを構図に入れたいと考えてました。

ただ、この構図だと上に全く余白がないので、花火が上がると構図に花火が入りません。
しかし、持ってきたレンズが24-70mmで、
広角端の24mmじゃ、上の写真の画角なもんでこれが限界。

もっと構図を上にずらして撮らんとあかんやないか~。
16-35mm持ってくるんやった~などと思っていたら、
先ほど駐車場で見かけた女性が、男性と二人でやって来て、
自分の横に並んで三脚を立てて、撮影の準備を始めたのであります。

男性が自分の隣だったのですが、見るとソニーのカメラを使っているようでした。
声を掛けてみようかと思ったのですが、
一緒に来ていた女性と楽しそうに話をしていたので、
邪魔するのも申し訳ないと思い、声を掛けるのをやめたのですが、
そのうち花火の打ち上げ時間になりました。



2019-08-17 八景島花火シンフォニア
結局、このくらいの画角で妥協し、
手前の虹色の屋根は、このくらいしか入りませんでした。



2019-08-17 八景島花火シンフォニア


2019-08-17 八景島花火シンフォニア


2019-08-17 八景島花火シンフォニア
手前の虹色にこだわらなければ、もっとズームしてもいいかもしれませんね。
水族館の三角屋根だけの方が、迫力があるかもしれません。



八景島シーパラダイス


八景島シーパラダイス


八景島シーパラダイス
花火が終わると、園内のお客さんが一斉に帰り始めるので、
駐車場の混雑を避けようと、しばらく周辺で暇つぶし撮影して帰りました。

帰ってから、撮った写真をInstagramに投稿したところ、
フォローしている方から、こんなコメントをいただきまして・・・・

e0341572_23244334.jpg

※特に問題ないと思いますが、いちお名前は隠しておきました。

どうやら、隣で撮影していた男性の方は、
Instagramでお付き合いのあった方のようでございました(笑)

Instagramの中では、この方の作風は良く知っているし、
写真も上手なので関心して見ていたのですが、
まさかそんな方が、自分の隣で撮影していたとは!

まあ、リアルにお会いした事のない人の方が多いSNSですから、
こんな偶然もたまにはあるだろうと思います。

意外と撮影現場で近くにいた人が、
SNSでやりとりしている人っていう事はあるのかもしれませんよ。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-22 17:00 | 撮影記 | Comments(2)

鐙摺で夕景を撮った後は、八景島に花火を撮影に行ってみました。
ここから撮ったらどうだろう?と思う場所があったので、
自分の家から行くと、八景島の反対側になる場所になるんですが、
駐車場もあるので車で行ってみると、夏休みという事もあって駐車場も混雑。
何とか停める事ができたけど、八景島ってこんなに人が来るんだ~と改めて思いました。

撮影場所は真っ暗で、ライトがないと手元も見えないような場所でした。
近くに釣りをしている男性が一人だけいて、
三脚なんて周囲に全く見えないし、撮影は自分だけか・・・と準備をしていると、
突然後ろから「あら?あつしさん?」と声を掛けられ、
振り向いてみると・・・「あ!taeさん!」

そう、自分のブログのリンクを貼らせていただいているtaeさんでした(笑)
taeさんのブログはこちら!

https://taephoto.exblog.jp/

いや~こんな場所で偶然にお会いするとは思いませんでした~。
しかし、あの真っ暗な場所で、よく自分だと気がついたなぁ~と今でも不思議。

準備しながらお話させていただきましたが、
taeさんは三脚を持ってきておらず、手持ちで撮るという気合の入りぶり。



八景島 花火シンフォニア
今回は手前の青い歩道橋を入れてみたらどうだろう?という事で、
この場所を選んでみたのですが、taeさんも同じ考えだったようです。

花火が上がりましたが、右側にあるポールが邪魔でしたね。
構図をもっと左にずらしてもいいのかもしれませんが、
花火が右に寄り過ぎると、バランスが悪いような気がします。



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
続けて撮影していきましたが、
どうも風が弱かったせいか、またしても煙幕地獄に見舞われました。
煙が流れていかないので、怪しい展開に・・・・



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
こりゃダメだ・・・・
一面煙だらけになり、またしても最初の一発目だけがちゃんと撮れた感じ。

やはり花火撮影は、ある程度風がないとダメですね。
それか煙が出ない花火を開発してもらうか。



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
花火が終わるとtaeさんは自転車でお帰りになりまして、
自分は、煙がある程度なくなってから、
周辺の物をちょっと撮影して帰りました。

駐車場に戻って帰ろうと、車に乗って駐車場出口の料金所に来ると、
駐車場代が1300円! え~! 50分くらいしか停めてないのに~!
どうもこちら側の駐車場は、八景島で一日中遊んでも1300円が上限のようですが、
1分で出ても1300円取られる仕組みのようで、
ちょっとだけ撮影して帰る人は、こちら側の駐車場は避けた方がいいかもしれません。
すごく損した気分になります(笑)
ま、料金形態を知らなかった自分が悪いんだけどね。

taeさん、また撮影ご一緒いたしましょう!



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-17 19:30 | 撮影記 | Comments(2)

夏休み初日、プロカメラマン三小田智子姉さまが、
ひまわりの撮影に行くというので連れて行ってもらう事になりました。
メンバーは他に、姉さまの知り合いの男性と、久しぶりにお会いするmuneira(ムネイラ)さん!

電車で行くのかと思ったら、姉さまの知り合いの男性が車を出してくれるという事で、
JR大船駅に15:00待ち合わせという、のんびりした時間に集合でございます。



座間 ひまわり


座間 ひまわり
夏休み初日という事もあって、えらい渋滞してるんじゃないか?と思ったのですが、
意外と早く座間に到着しまして、16:30頃には撮影開始でした。

しかし、ひまわりは東の方向に顔を向けているので、
この時間帯の撮影は、全て逆光という罰ゲームみたいな状況。
現像時の調整も非常に難しい。



座間 ひまわり


座間 ひまわり
逆光で撮影し、現像時にシャドーを上げると絵画みたいになってしまうのが微妙ですが、
こうしないと、ひまわりが真っ黒なので仕方ないですなぁ。
ストロボ使って日中シンクロで撮ればよかったのでしょうが、
この広大な場所に、光が行き渡るわけもありませんね。



座間 ひまわり
太陽が雲に隠れてくれると、照度差が小さくなるので撮りやすい。
ひまわりを撮るなら、早朝か夕方がいいような気がします。



座間 ひまわり


座間 ひまわり
撮影機材は α99 + シグマ24-105mm F4 DG HSM、
α7R + FE 16-35mm F4 ZA OSS の2台持ち。

ボロいカメラ2台持ちだったけど、
砂埃がすごかったから、ボロいカメラでよかったです。
帰ってからみたら、カメラもレンズも砂ついてましたからね。

ひまわり撮影の後は、八景島の花火を撮ろうという事で大移動。
八景島に行くってことは、自分にすれば帰宅するようなもんです(笑)



八景島 花火シンフォニア
この日は野島展望台から撮影。
今まで何度も八景島の花火を撮っていますが、ここから撮影するのは初めてです。
なぜかといえば、この展望台、地元では有名な心霊スポットだからで、
一人で行って誰もいなかったら嫌なので、一度も行った事がありませんでした。
今回は道連れが3名いるので初挑戦(笑)



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
展望台に着いた時には誰もいませんでしたが、
花火が上がる時間になると、家族連れもやってきたので一安心。

定期的にこの手の事で怖い思いをするので、
こういう場所はなるべく避けたいというのもあります。



八景島 花火シンフォニア
高い場所から撮影すると、奥行きのある構図になるのでいいですね。

逆光のひまわり撮影は難易度が高くて勉強になったし、
数名でワイワイやるのも楽しかったです。
野島展望台は・・・誰か一緒に行く人がいたらまた行きます(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-12 10:00 | 撮影記 | Comments(2)

横浜スパークリング花火の翌日は、またしても雨降りの天気で、
どこかに撮影に行こうという気分にもならなかったのですが、
夜になったら雨が一時的に上がったので、これは八景島の花火は撮れる!と思い、
家から10分で行けるのでパッパと行ってきました。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア
家から近いという事もあり、八景島の花火はおまけみたいな撮影です。
よってα6000を持ち出しましたが、たまにはあのレンズを使おうと思いました。
そのレンズは MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical です。
この場所からだと、フルサイズ90mm~100mmくらいがちょうどいい感じなので、
α6000 + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical は良い塩梅。

この日はジェットコースターがライトアップされていました。
たまにライトアップがなく、真っ黒な時があるのでラッキーかも。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア
夜釣りをしている人がいて、
緑色の電気ウキを投げていたので長秒で撮ってみました。
思っていた通り、ホタルのように写りましたが、
だから何なの?と言われると、いえ別に・・・という感じ(笑)



2019-07-14 八景島花火シンフォニア
ジェットコースターの背後に花火が上がりました!
一年ぶりくらいに見るこの光景!
今年もこの季節が来たなぁ~と思いながら撮っていましたが・・・。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア
ほぼ無風状態だったので、
過去の嫌な記憶が蘇ってまいりました。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア
そう、煙が風で流されないで停滞するこの状況!
花火が上がる度に煙が充満し、視界が悪くなって最悪の状態。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア


2019-07-14 八景島花火シンフォニア
あ~あ・・・これはあかん。
風が強いと花火が流れてダメなんですが、
風がないと、こんな状態になるので難しいですな。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア


2019-07-14 八景島花火シンフォニア
それでも花火の上がる間隔が少し空くと、
煙が多少は流れるので、合間から花火が見えるという状態にはなります。

この日は、横浜スパークリング花火の二日目でもありましたが、
しまさんの投稿を見たら、横浜の方も同じような状態だったようであります。



2019-07-14 八景島花火シンフォニア
花火が終わった後も、流れていく煙を撮ってみようとシャッター開きっぱなしにしました。
今年初めての八景島花火でしたが、
見事に煙の洗礼を受けてしまいましたな~。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-07-19 12:31 | 撮影記 | Comments(0)

12月の三連休最終日はクリスマス・イブ。
何でクリスマス・イブなのか思い出したのかといえば、八景島の花火を撮ろうと車を運転していたら、
ケンタッキー・フライドチキンの店の前に人が並んでいたので「今日は何でこんなに並んでるんだ?」と思い、
3秒位経ってから「あぁ・・・今日はクリスマス・イブだったか・・・」という悲壮感漂うおっさんだったのでした。

八景島の花火は何度も撮影していますが、
今回は今まで撮った事のない場所から挑戦してみようと、島の北側に回ってみる事にしたんです。

e0341572_14260766.jpg

トナカイさんの鼻のような赤丸をつけておきましたがこの辺り。
いつも撮影していたのは反対になる南側でしたのでね。



八景島
島の北側の撮影場所がどうなっているかといえば、
向こう側の八景島が華やかなのに対し、自分のいる場所は街灯もないような真っ暗な場所。
カメラをセットするのにも、手元が真っ暗で何も見えないような感じで、
周囲には誰もいないのに、足音だけが聞こえそうな雰囲気なのでありました。



八景島 水族館
真っ暗なうえに寒いので、気を紛らわすべく撮りたくもないのに八景島を撮ってました(笑)
この三角屋根は水族館の物です。

撮影システムは α7R + SIGMA 24-105mm F4 DG HSM
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalと比べると惨敗な解像感なんですが、
これだけしか持ってこないと比べることもないので十分綺麗に見えるから不思議(笑)

しかし、冬の花火撮影の待ち時間って寒いし辛いですな。


2018-12-24 八景島花火シンフォニア


2018-12-24 八景島花火シンフォニア


2018-12-24 八景島花火シンフォニア


2018-12-24 八景島花火シンフォニア
全くダメだ! という程でもないような気がしますが、
すごく良くてまた来たい!という程でもない微妙な構図。
もう少し右側に移動して、水族館と花火の角度を考慮する余地がありそうな感じです。

しかし、クリスマス・イブの夜に、真っ暗で手元も見えないような場所で孤独に花火撮ってるって・・・(笑)
何とも悲壮感漂うおっさんになってしまいましたが、
ブログを更新せな!という意気込みがあると何でもできるもんです。



いつもポチッとしていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-28 10:00 | 撮影記 | Comments(2)

3連休初日は朝から雨が降っており、仕事の書類関係なんかをチマチマやっつけまして、
夕方から夜にかけては雨も上がるという予報なので、その頃に横浜の方に行ってみようと思っていたところ、
うっかり昼寝してしまい、起きたら18:00!「しまった!寝てもうた!」これで横浜は断念。
20:30から八景島で花火が上がるのを知っていたので、今日は花火でお茶を濁そうと早目に出掛けて行きました。



八景島・25th
八景島に行ってみたら、こんなのがありまして、
大陸から来ていた家族が、これの前でずっと記念撮影していたもんだから、
数分間ずっと待ち、いなくなってようやく撮れたんですけど、八景島は25周年らしいですわ。早いもんです。
自分が若い頃、友人と「おい!八景に島ができるんだってよ。遊園地できるらしいぞ!」と話してましたけど、
それがもう25年も前の事になってしまうとは・・・歳とるわけだ。



八景島・ジェットコースター


八景島・ジェットコースター



八景島・ジェットコースター
花火は20:30からですが、早く来すぎてしまったのでジェットコースター撮ってました。
何がどうというわけでもないのですが、周囲をウロウロして良い構図はないか?と散策。
八景島は意外と木が多いので、木に隠れて見えない部分が多いですな。



八景島
少し早かったけど、花火の撮影場所を確保しに行きました。
実は写真左の建物手前辺りから撮ろうと思っていたのですが、
そこは有料観覧席のようで、椅子が並べられていて入れません。

ここで以前、グーグルマップで上空から調べた時「ここから撮ったらどうだろう?」と思った場所があったので、
思い切ってそこから撮ってみようと決断し、三脚担いで大移動する事に。



八景島・光跡


八景島・光跡
移動した場所はこんな風景。
偶然、船が通過していったので、ついでに光跡も撮ってみようと暇つぶし。

この場所は花火撮影をする人はおろか、見物する人すらいません。
周囲を見渡しても自分しかいないという、全くもって究極の穴場でございました(笑)

花火が打ち上がるのは、おそらく三角屋根の左側だろうと予想しましたが・・・・



八景島・花火シンフォニア
正解でした(笑)
この場所だと水面の写り込みも入りますし、手前の橋も綺麗なので良い感じです。



八景島・花火シンフォニア


八景島・花火シンフォニア
すごい良い場所みつけた!って感じでもないけれど、
前から一度確認してみたかった場所という事で、そういう意味ではスッキリしました。
八景島に詳しい人なら、どこから撮ったかすぐに分かると思いますが、
この超穴場ポイントの詳細は伏せておこうと思います。



いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-09-17 12:00 | 撮影記 | Comments(2)

夏休みに入りましたが、猛暑なのは変わらずという感じで暑い日が続きます。
夏休みの夜は、ほぼ毎日八景島の花火があるので、夜ちょっと出かけて撮影するにはちょうどいいですね。
たった10分間の花火なので、遠方からわざわざ撮影に来るというのはどうかと思いますが・・・

今年に入ってから、八景島の花火撮影は初でしたので、
撮影データをチェックしてみたらフルサイズ100mm近辺の距離。
この日はα6000にMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalでいってみよう!と思いつきました。

レンズ 光芒チェック


 レンズ 光芒チェック
早目に撮影場所に到着したので、レンズの光芒の出方とゴーストをチェックしてみました。
上の2枚の写真はF11まで絞って撮っていますが、光芒の出方はキラ~ン!と派手に出るようです。
また、ゴーストは1枚目がわかりやすいですが、暗闇に強烈な光源があってもあまり派手には出ないようです。



八景島花火シンフォニア
花火が打ち上がりました!
今まではズームレンズを使ってこの花火を撮っており、ピントを合わせるのにファインダー拡大すると、
向こう岸のジェットコースターは、ディティールが潰れてピントが合わせにくかったのに、
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは、ピント拡大してもディティールがしっかり残っていて、
ピントの山を掴むのが非常に楽でした。
良いレンズを使うと、ファインダーを覗いた時点でもう違うんですよね。



八景島花火シンフォニア
ボディはα6000なので、センサーはAPS-Cになりますが、
それでも解像力は、以前撮影したα7R + 24-105mm F4 DG HSMより上なんじゃないかな?と思うほど。
いや、このレンズ本当にすごいと思いますわ。



八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア
たった10分間なので、あっという間に終わってしまいますわな。
今回は実験的にα6000でMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを使ってみましたが、
APS-Cセンサーにおける、35mm換算100mmのレンズとしても十分使えると思います。
ただ、α6000は手ぶれ補正がないので、35mm換算で100mmはちょっと手ブレが心配かもしれません。
使うなら手ぶれ補正のあるα6500がいいですね。

MACRO APO-LANTHARは、近々110mmってのが出るようで、
この65mmがあまりにも優秀なもんで、110mmも買ってしまいそうで怖いなぁ。


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-12 12:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

八景島に通った夏

しかしまあ、懲りずにどんよりした天気が続いておりますわな。
例年だと花火撮影は、それほど思い入れのあるカテゴリーでもないのであまり行かなかったのですが、
今年は夜くらいしかまともに撮れないという理由からか花火が多いです。
そんなわけで八景島での、花火構図探しを2日続けて投稿です。



八景島立体迷路
ずっと八景島の外からの撮影だったので、久しぶりに島の中に入りました。
新しいアトラクション「立体迷路」なる物がありまして、何か面白そうでしたが一人で入るには悲しいのでパス(笑)
どこか目新しい花火の構図はないかと、どんどん奥の方に歩いて行きます。



八景島ゲート
この日は島の中から花火を撮るという事で、接近戦になる事を予想していたのでVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS持参。
最近16-35mmはF2.8のGMが出ましたが、自分はこの画角は風景しか撮らないと思うので買い替えの予定は一切ありません。
重箱の隅をつつくレベルでいえば、GMの方が良い写りはするんでしょうけどね。

広角レンズを持ってくると、このマリンゲートを撮りたくなるんですよ。
これは島の向こう側の駐車場にアクセスするための通路ですが、色が綺麗だし結構写真映えすると思います。



八景島アクアミュージアム
この日は「ここから挑戦してみるか!」という事で三脚を設置。
自分のイメージでは、屋根がド派手な水族館、アクアミュージアムの上に花火が上がる・・・んですが、
実際、花火は上がってみないと正体がわかりません。
結構不安でしたが、ダメならダメで仕方ない! という覚悟も必要。



アクアミュージアムと花火シンフォニア
待つこと数分。 上がった花火は予想より左に寄ってました。
しかも、建物が近すぎるせいで、花火の下の方が切れてしまいました。
もう少し花火が高く上がってくれないと、構図的にスッキリしないというポジションになってしまったようです。



アクアミュージアムと花火シンフォニア


アクアミュージアムと花火シンフォニア
う~ん・・・なんかイマイチ。
構図の左側が真っ暗だし、何ともバランスが悪い・・・・。
せっかく来たけど、この日の撮影は失敗と言っていいでしょう。まあ、こんな事もあります。



八景島花火シンフォニア 2017/08/18
日付は変わって翌日18日。
この日は前日と反対側になる位置に三脚を設置。
自分のイメージでは、アクアミュージアムのちょっと右側に花火が上がるんじゃない?って感じだったのですが・・・・



八景島花火シンフォニア 2017/08/18
上がってみたらイメージよりもっと右だったぁ~。
上がった途端、雲台いじって画角変更という、忙しい撮影になるのは花火撮影だといつもの事。
アクアミュージアムと花火が離れたせいで、画角を広角寄りに変更したので、
構図の左上の余白のバランスが悪く、プロカメラマンの方に見てもらう事があるとしたらツッコミどころ満載でしょう。



八景島花火シンフォニア 2017/08/18


八景島花火シンフォニア 2017/08/18
う~ん・・・ダメじゃないと思うけど、自分で点数つけると55点かな。
まあ、目新しい場所から撮るというのがテーマで、自分で撮影場所探すのが楽しいからいいんだけど(笑)

翌日19日は最終日だったのですが、夜になって雨が降り始めたので撮影は断念。
次の花火シンフォニアは9月16日という事なので、行けそうだったらまた撮影に来てみようと思っています。
その前に26日の金沢まつり花火大会ですね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村
by momoken805947 | 2017-08-21 20:00 | 撮影記 | Comments(2)

八景島の花火、花火シンフォニアは8/11から8/19まで毎日開催されるという事で、
家から近いし、行ける時間がある時は行ってみようと思いまして、新しい構図で撮れる場所はないか探してみました。

前回、αcafeのお仲間さん達と撮影に行った際、シーサイドラインの野島公園駅の近くから撮ってみたらどうだろう?と、
ちょっと気になっていた場所があったので、ダメで元々と思い一番でかい三脚を持って行ってみました。

前回撮影した旧伊藤博文金沢別邸の脇から撮影した際、フルサイズで100mmくらいの画角だったので、
今回はもう少し後方からの撮影になるし、少し長めのレンズということで70-300mmを持参。
ボディは花火専用ボディと化しているα7Rです。



太田屋と八景島
構図の確認と試し撮りのため、シーサイドライン野島公園駅のすぐ下から撮影。
釣りバカ日誌でおなじみの 太田屋さん が右手に入り、釣り船が停泊している構図になります。
ただ、船は停泊していても揺れるので、長時間露光で撮影すると被写体ブレによりボケたようになってしまいますね。
まあ、これは過去の経験でよくわかっているので想定内ですが、夜の船はどうやってもうまく撮る事が難しいですな。
ISO上げてもっとSS速くすればいいのでしょうが、花火撮影だとそういうわけにもいきません。



八景島とシーサイドライン
ちょいとカメラを左の方に向けて撮影。
左側にはシーサイドラインというモノレールみたいなのが走っています。
上の方で書き忘れましたが、この場所は橋の上です。 ジョギングの人が走ってくると揺れるので、
頼むから走らないでくれ~と願うばかり。



シーサイドライン
別に意味はないのですが、シーサイドラインの車両が来たので、光跡がどうなるのかやってみたくて撮影してみました。
花火撮影は打ち上がる前に準備するので、待っている間手持ち無沙汰になっていろいろ撮って遊んでます。



八景島サーチライト
そろそろ花火が上がりまっせ!という時刻になってくると、
八景島はサーチライトみたいなのがチカチカし始めるので、それを撮ってみようとISO2000です。
あまりシャッターを開いていると、光軸がちゃんと捉えられません。
SSは1/2なので、手前の船もあまりボケずにディティールがちゃんと残ってますね。



煙で見えない花火
風がなかったので嫌な予感はしていたのですが、数発打ち上げたらまたこの状態。
煙が移動せず停滞するので、花火が全然見えないという前と同じ状態。



煙で見えない花火


煙で見えない花火
あ~あ・・・
結局またこの煙幕花火か・・・。八景島の花火は何度も撮っているけど、
この状態が2回続けてとはツイてないなぁ。



八景島花火シンフォニア
結局、前回同様、綺麗に撮れた花火は最初の1発目だけ!
釣り船と一緒に撮るこの構図、意外と良いと思うのですが船がブレるのでイマイチかな。
波がなければ船は揺れないのでしょうが、それはイコール風がないという可能性が高いので花火は煙幕状態かも。

シーサイドラインと花火が撮れるような場所がないかな?
また新しい構図を求めてウロウロしてみたいと思いますよ。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-08-16 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

7月22日に八景島の花火を撮影し、αcafeに投稿したところソコソコ好評で、

http://acafe.msc.sony.jp/photo/detail/item/000022441924w2?ltyp=04&lkid=000022583086sc&lpag=1&lptk=551636&loid=5eefbea58e1aa2b113ac2c20c6b84872

この場所から同じように撮ってみたいとエーデルさんにコメントをいただいたので、
8月3日は打ち上げ時間が15分間なので、よろしければお連れしますと返信したところ、
数名の方が行きたいという事に進展したので、結局4名の方をお連れして八景島の花火を撮影しに行ってきました。




花火打ち上げ前の八景島
台風のせいかなのかわかりませんが、ここのところどんよりした天気ばかり続いていて、
この日も雨がポツポツと降っておりまして、レンズについた水滴を拭き拭きしながら撮影準備。
平日だからなのかもしれませんが、この日はジェットコースターのライトアップが暗いというか、薄いというか・・・・



花火シンフォニア
19:15から花火の打ち上げがスタート!
しかし、前回とはかなり勝手が違い、風向きが悪いせいで花火の煙がモクモク!
風は少しあったと思うのですが、こちら側に向かって吹いてきているようで、
結果的に視界を塞ぐ形になったんでしょうな。 おかげで花火がよく見えない~。



花火シンフォニア
これなんて酷いもんですな~。
もう撮影していてモチベーションダダ落ちですわ。
せっかく4名の方達にも集まってもらったのに、撮影条件が悪くてこれじゃあちょっと申し訳ない感じです。
まあ、自分が悪いわけじゃないけど・・・・



煙だけが残った八景島
花火が終わりましたが、見てくださいよこの煙を!
丁度この日、築地の方で火災があったというニュースをやっていたのを思い出したくらいです。
花火って相当煙が出るもんなんだな・・・と改めて知りました。



花火シンフォニア
そんなわけで、この日まともに撮れたのは、一番最初に打ち上がったこの花火だけ。
煙が立ち込める前に撮ったショットは綺麗にいきました。

この日は久々にα6000が出動。レンズは24-105mm F4 DG HSMです。
がっつり絞って撮る花火は、特にフルサイズでないとダメというわけでもありませんね。
ただ、RAWで撮ってLightroomで拡大して見ると、照度ノイズが若干フルサイズより多いのと、
アンダーの部分を持ち上げても、フルサイズで撮影した時よりも追いついてこない感じはします。
でもまあ、見た目には十分綺麗に撮れました。

お付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました。


ブログランキングただいま3位です
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-08-04 23:00 | 撮影記 | Comments(2)