人気ブログランキング |

4月9日は森戸海岸、真名瀬からダイヤモンド富士が見れる日でしたが、
カレンダーを見れば分かる通り、この日は火曜日の平日でありまして、
朝から良い天気で、これはかなりの確率でダイヤモンド富士が見れるのではないか?と、
仕事をしながら空を見上げておりました。

夕方になっても天気は崩れる様子もなく、
これは何としても行かないとあかんと決意。
仕事を放り出してα99に70-300mmを装着!
それをバッグにも入れず、車の後部座席に投げ込んで出陣です!



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士


4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
現地に到着すると・・・
な、何だ?あの黒い雲は!

見ての通り、天気は非常に良いのですが、ピンポイントに雲がかかっているではありませんか!
やはりダイヤモンド富士のオチってこんなんか?!と・・・・



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
しかし、周辺には大勢のカメラマンがスタンバイしています。
そうか~きっとこの中に、普段の行いが悪い人がいるんだろうな・・・と、
自分の事を棚に上げて、いつものネタにしておきます。



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
雲は多いのですが、よぉ~く見てみると隙間が・・・
富士山と雲の間には、微妙に隙間があるのでどうなるのか?



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
よく観察してみると、雲はひだりの方が少し上がっている感じがします。
雲は左から右に流れているので、時間と共に富士山と雲の隙間は広がるんじゃ?



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
富士山の頂上あがりが真っ赤に燃え上がりました。
おそらくこの辺で、本来ならダイヤモンド富士の状態でないかと・・・



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
う~ん・・・よく分からないけど「ダイヤモンド富士」じゃないですよね?(笑)
しかし、よく見てみると風景としては美しいと思います。

だいたいダイヤモンド富士の日を除いて、夕日は富士山の右か左に沈むので、
右か左が明るくなり、こういう風にはなりませんからね。



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
こうして太陽は富士山の裏側へと消えていくのでありました。



4月9日真名瀬漁港ダイヤモンド富士
急いで駐車場の方に戻りながら、違うアングルからも撮影。

なぜ急いでいたかというと、
沢山集まっていたカメラマンの皆さんが一斉に帰り始めると、
駐車場の料金を払う出口で詰まって、なかなか出れないからです。

長年の経験で得た知識であります(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-04-19 07:10 | 撮影記 | Comments(0)

石原裕次郎って誰?

ほぼ一ヶ月くらいホームグラウンドの森戸海岸に行っていなかったので、
たまにはパトロールしておこうと行ってみる事にしました。
比較的天気もよく、ここのところ寒くて湿度も低いから富士山も見えるだろうと・・・・



真名瀬漁港の光芒


真名瀬漁港の光芒
天気良いと思っていたら、西の方だけ雲があってなんだかなぁ~。
富士山も全く見えないし、もうこの時点で来た意味が50%削減ですよ。
しかし、天使の梯子は綺麗に出ていました。



森戸海岸
数ヶ月前までは賑やかだった海岸も、この寒さでほとんど人もいません。
しかも、太陽の角度が悪い時期なので、日の当たる場所がなくてコントラストが全くありません。
こりゃ~海岸はダメだな・・・と、森戸神社の方に行ってみました。



森戸の光芒
雲が多かったせいで、長い時間天使の梯子が出ていました。
この日持ってきたのは、α99 + 70-300mm と α7R + 24-70mm F2.8 の2つ。
海での撮影は標準ズームはあまり出番がないのだけど、たまに50mmあたりが使いたい時があるもんで。



森戸の光芒
今年の初めの頃だったと思いますが、宇宙線の影響で今後は雲の多い日が増えると何かで読みましたけど、
振り返ってみれば、今年は雲の多い日が多かった気がします。
これが宇宙線の影響なのかどうかわかりませんが、
今年は撮影に来たけど天候に恵まれなかったという事が多かったと思います。



森戸の夕景
ここで撮影していたら、後ろから若い女性が二人やってきて、
「あ、なんか顔があるよ」と言いながら、顔を近づけて「石原裕次郎だって?」と言っていました。
どうやら石原裕次郎さんを知らない二人だったようで、それを横目にしながら、
あ~もう日本人でも石原裕次郎さんを知らない人たちがいるんだな~と時代の流れを実感。
確かに石原裕次郎さんや、美空ひばりさんを知らない人が沢山いるんでしょうね。
改めておっさんになったのだと思いましたわ。



森戸の夕景


森戸の光芒


森戸の光芒
海ばかり撮っていても仕方ないので、夕日を見に来ていた人たちをシルエットにしてみました。
毎度、似たような写真ばかり撮ってますが、何度も同じ場所に通うとこんなもんでしょう。

写真の事で一部の人に「撮影場所」について質問される事があるのですが、
その際に言うのは「できれば定期的に通って撮影できるホームグラウンドをつくるといいかもしれません」と言っています。
初めて行く場所というのは、気分的には新鮮で撮っていて楽しいのですが、
被写体、構図を探しながら撮影し、終わってみるとたいした写真も撮れないという事が多いです。

通っている慣れた場所は、ここの立ち位置だとこんな構図になるとか、
この季節は太陽の角度があっちから来るから、こちら側から撮るとコントラストが良いとか、
さまざまな条件を把握できるようになるので、そういう意味では撮っていて楽しいというのはあります。

ただ、同じ場所は撮っていても新鮮さがあまりなく、条件が悪いと本当につまらない事もありますね(笑)
そんな事もあり、通うには忍耐もいるのですが、基本的には森戸海岸は好きな場所だから続いているんでしょう。



毎度ポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-17 00:00 | 撮影記 | Comments(0)