人気ブログランキング |

1月27日の日曜日は、良いお天気になるという予報だったので、
吾妻山公園に行ってみようかな?と考えていたんですが、
あの300段の階段を登るのが嫌なのと、富士山と菜の花のコラボは飽きるほど撮ったので、
吾妻山公園はもういいかな・・・と。



茅ヶ崎からの富士山
さて、どこで撮影したかというと「茅ヶ崎第一中学」の周辺からの富士山を撮る事にしました。
ここからの富士山はもう何度か撮っていますが、
あまりいろんな場所から撮るという模索をしていなかったので、
この日はあちこちから撮ってみたいと思います。



茅ヶ崎からの富士山
定番の歩道橋の上から。
いや~こんなにスカッと見えるのは珍しいです。
ちょっと歩いて行けば、すぐ富士山に行けそうな感じですわな。



茅ヶ崎からの富士山
歩道橋を下りて歩道から。



茅ヶ崎からの富士山
目線を下げてみたらどうだろう? とか、いろいろ撮ってみました。



烏帽子岩
海の方から撮ってみようとやってきました。
向こう側に見えるサメの背びれみたいなのは「烏帽子岩」
その向こう側のシルエットは伊豆大島でございます。



茅ヶ崎からの富士山
海側からも富士山は良く見えます。
構図を探すとなると、あとは手前に何を入れるか?というのがテーマですね。



茅ヶ崎からの富士山
空と富士山が青いので、赤色が入ると鮮やかですね。
人を構図に入れるという事が多いせいか、
顔が分からないように撮るのは慣れています(笑)



茅ヶ崎からの富士山
凧揚げしていた少年。
構図は水平とれているんですが、
柵が海に向かって傾斜になっているので、
人の感覚的にはちょっと変な感じがするのは仕方ないか・・・



茅ヶ崎からの富士山
このカヌーは長い事この浜に置いてあるのだけど、
来る度に場所が変わってます。

写真の数が多いので、今回はpart1という事でpart2に続きます。

システムの話をすると、この日は α7Ⅱ+ 70-200mm F2.8 G SSM IIです。
マウントアダプターはモーターのついていないLA-EA3を使いましたが、
やはりAFはスピードが出ません。
ま、動く物撮ったわけでもないので問題ありませんが、
AFのスピードが重要ならAマウント使えばいいだけです。

毎度、言う事ですが、
明るい昼間に撮る時は、裏面照射型のセンサーより表面照射型のセンサーの方が良い結果が出る気がします。
何が違うかというと立体感です。
最近のセンサーは解像感はあるのだけど、立体感がないと感じるんですよね。
他にそんな事を言う人をあまり見ないので、個人の妄想だと思っていただければいいと思います(笑)



いつもポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-01-28 10:00 | 撮影記 | Comments(0)

撮影日は10月28日になりますが、稲村ヶ崎で撮影した写真を投稿していきたいと思います。
α300を手にした頃、稲村ヶ崎にはよく通っていたのですが、
ここ最近はあまり行く事もなかったので、たまには行ってみようと足を運んでみました。



稲村ヶ崎・スナップ
サーファーが通う海だけあって、波があるとザッパーン!と叩きつけるのが稲村ヶ崎。
こういう日は周辺の空気は海水を含んでいるせいで、呼吸するだけで潮臭いんですが、
例によってこんな日は、カメラ機材にはかなり過酷だと思います。
特にズームレンズなんて、ズームしてレンズが伸びる時に外気を吸い込んでるわけだからね。



稲村ヶ崎・スナップ
稲村ヶ崎は海岸の幅が狭いので、波があると134号線のすぐ下まで波が当たってます。
サーファーのお兄さんも、波を見つめながら立ち尽くしていましたが、
波を見ながら自分の技量と相談していたんでしょうか?



稲村ヶ崎・スナップ


稲村ヶ崎・スナップ
日没に近づいてきました。
少し離れた場所から見下ろす形で撮影してみました。



稲村ヶ崎・スナップ


稲村ヶ崎・スナップ
夕日が沈むあたりは伊豆半島になるので、水平線に沈む夕日は見られません。
周囲は比較的明るいのに、α7ⅡのAFは迷って合焦しないというヘタレ具合。
仕方ないのでMFでピント合わせましたけど、本当α7ⅡのAFはダメだな。



稲村ヶ崎・スナップ


稲村ヶ崎・スナップ
この時期の夕日は文字通りつるべ落としでございますな。
あっという間に沈んでしまいました。
富士山も雲に阻まれて見えないし「さあ、帰るべ」となるわけです。

富士山が見えると稲村ヶ崎は良い撮影場所になりますが、
富士山が見えないと何しに来たのかわからないということになり、
まさに諸刃の剣のような撮影場所。

冬になれば富士山が見える日が多くなるし、そのうちスカッとした富士山撮ってみたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-05 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

あてもなくカメラだけを持って、湘南方面に車を走らせていたところ、
七里ヶ浜の前を通ったらフリーマーケットをやっていたので、急遽駐車場に車を入れて見に行ってみました。


七里ヶ浜・フリーマーケット


七里ヶ浜・フリーマーケット
なんと言いますか、買いもしないのに撮影するだけってのはカメラを向けにくいものでして、
しかも、時間が遅かったのか、あちこちの出店で片付けが始まったしまったので終了間際だったようです。
仕方ないのでそのあたりをウロウロして撮影することにしました。



七里ヶ浜・スナップ
駐車場に2台並んで面白い車が停まっていました。
「出張タイガーウォッシュ洗車」と書いてありましたので、出張で車を洗ってくれる会社でしょうか?
Googleで調べてみたら、この車の出処がわかりました。  
http://eco-sensya.com



七里ヶ浜・スナップ


七里ヶ浜・スナップ
この日も七里ヶ浜は沢山の人で賑わってました。
ここの壁は意外と高いけど、座っている人は高所恐怖症じゃないんでしょうな。
自分はちょっと怖いんですが・・・・



七里ヶ浜・スナップ


七里ヶ浜・スナップ


七里ヶ浜・スナップ
この日のアイテムは α7Ⅱ + タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di USD です。
マウントアダプターはLA-EA4を使っていますが、使えるけど使いやすいとは言い難いですな。
望遠系のレンズは、きちんとAマウントのボディを使う方がよさげ。



七里ヶ浜・スナップ


七里ヶ浜・スナップ
この黄色い車は青空に映えておりました。
スナップ写真には最適な被写体でございます。
いろんなお客さんが来るので、この車に似合った方の後ろ姿をいただきました。



七里ヶ浜・スナップ


七里ヶ浜・スナップ
海の方では子供が遊んでいましたが、
この日は波が高い状態で、波が高いと七里ヶ浜は波しぶきがすごいのでカメラ機材には厳しいです。
以前、購入して今日が初使用というα99を七里ヶ浜に持ってきて、飛沫でベタベタになった事があるのですが、
その時の記憶が蘇りましたよ(笑)

70-200mm F2.8のレンズは、守備範囲が広いレンズだと思いますが、
海に向けると露骨に焦点距離が足りないという不満が出ますな~。
次は稲村ヶ崎に行ってみたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-03 19:00 | 撮影記 | Comments(1)

原宿や渋谷に久しぶりに行きましたが、いや~あの人混みはどうも慣れそうもありません。
都会の独特な雰囲気は、写真撮るには面白いんですがね。
そんなわけで、自分には都会より湘南の方が性に合ってると思うし、
海に行くだけで気分的にも落ち着くので、またしても海の撮影に行ってリフレッシュです。



湘南・七里ヶ浜
森戸海岸ばかりではブログ的にも面白くないと思いまして、今回は湘南の七里ヶ浜です。
ここの駐車場は海岸線に沿って長いので、端から端まで歩くと結構写真撮れます。
この日はα99 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII を持ち出してみました。



湘南・七里ヶ浜
ピントは中央にいる外国のおじさん。
手前の自転車は、あえて前ボケに入れてみました。
焦点距離の長いレンズを持つと、後方から狙い撃ちできるので射撃のようで楽しいっす(笑)



湘南・七里ヶ浜


湘南・七里ヶ浜
七里ヶ浜は江ノ電の駅がすぐ近くなので、観光客から地元の人まで様々。
週末は憩いの場になっておりますが、人間模様がよく現れる場所でもあります。



湘南・七里ヶ浜
江ノ島は目の前なのでよく見えますが、視界があまり良い日ではありませんでした。
この70-400mm F4-5.6 G SSMIIは、撮影条件によってコントラストが著しく落ちる事があります。
でも、海のキラキラを入れたかったので仕方ない。



湘南・七里ヶ浜
波打ち際で女の子がはしゃいでいました。
台風が通過した後でしたからね。波が結構高いし飛沫も飛んでました。
おかげでカメラもレンズもベタベタでございます。



湘南・七里ヶ浜


湘南・七里ヶ浜
久しぶりに光のシャワー! 通称「天使の梯子」を見る事ができました。
もう少し広い画角で撮りたかったけど、広角端が70mmだからしょーがない。
車の中に24-70mmのレンズがあったのだけど、交換しているうちに消えてしまうかもしれないと思いレンズ交換は断念。

七里ヶ浜で1時間くらい撮影した後は、ゆりやんに「これから行きます」と連絡し、
茅ヶ崎に撮影場所を変えようと移動です。



茅ヶ崎ヘッドランド
途中、江ノ島のあたりで渋滞があったので、茅ヶ崎に着いた頃は薄暗くなってました。
さすがに焦点距離400mm シャッタースピード 1/25だと微妙にブレますわな(笑)



茅ヶ崎ヘッドランド


茅ヶ崎ヘッドランド
三脚持ってきてなかったし、暗いレンズなので気持ちの中では終了モード。
雲が多くて富士山も見えないし、空もきれいというわけでもなく・・・・



茅ヶ崎ヘッドランドお祭り


茅ヶ崎ヘッドランドお祭り
近くでイベントをやっていて、人が沢山集まっていたので行ってみました。
茅ヶ崎は土地柄なのか、陽気な人が沢山いる印象があります。
音楽とサーフィンの茅ヶ崎って感じかな。

もう暗かったので、ゆりやんもあまり写真は撮ってなかったけど、
家に帰ってからゆりやんからメールが来て、開いて読んでみたところ、
「今日のあの事をブログに書いたら許さないからね」という脅迫状でした。

ブログを読んでくれている方には、あの事ってのが何か気になると思いますが、
既に脅迫されているので、ここに書くことはできません(笑)



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-11 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

だいたいどこの海水浴場も8月が終わると共に終了でして、
海に囲まれた自分の住む地域は、週末の雰囲気がガラリと変わったりするわけです。
普段から通っている森戸海岸は、9月になると海の家も営業が終了して解体されるし、
駐車場の料金も1/3になるので、張り切って行こうという気になるのであります。



森戸海岸スナップ
9月に入ってからあちこちで災害ばかりがあるイメージだし、関東もあまりカラッと晴れませんな。
まあ、被災地の方達を思えば、天気が多少悪いくらいで不満言えませんけどね。
青い空が見えたと思うと、急に黒い雲が出てきて雨が降ってくるとか変な天気でした。
海水温はこれから上がるので、海の中はまだ温かく人も入って遊んでます。



森戸海岸スナップ


森戸海岸スナップ
この日は少年がSUPの練習をしていたようで、ずっと目の前を行ったり来たり・・・
ほとんどこの少年を追いかけながらシャッター切ってましたけどね。



森戸海岸スナップ

森戸海岸スナップ
コントラストが良い場所と、移動している少年を追いました。
なかなかカッチリと決まるポジションが難しく、悪くないけど良くもないって感じです。
太陽がたまに雲に隠れるので、そういう時はインターバル。



森戸海岸スナップ

森戸海岸スナップ
女性のお友達同士がやってきたので、またしても良いコントラストを追いました。
なかなか良い一枚が撮れない感じなんですが、この駆け引きが結構楽しかったりするのです。



森戸海岸スナップ
コントラストのキツイところは、それなりに面白いとは思います。
これ以上太陽光が強烈だと、女の子はシルエットにならず消滅する事があります。
この撮り方はレンズを結構選ぶ感じで、お粗末なレンズだとフリンジ出まくりです。



森戸海岸スナップ
薄っすらだけど富士山が見えました。
手前で砂遊びしている子供を入れて構図にしてみました。



森戸海岸スナップ
森戸神社の方に行ってみたら、岩場に座って頭をかかえている外人さんに出会いました。
夕食は味噌ラーメンにしようか? 醤油ラーメンにしようか? 悩みどころだったのでしょう。



いつもポチっていただきありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-09-11 21:39 | 撮影記 | Comments(2)

先日の夜、夕食を食べていたら電話が鳴ったので出てみると、
声の感じから若い女性の方だったのですが、どうやら平塚観光協会の方という事でした。
タイミング的にフォトコンテストの受賞の連絡とかじゃないし、一体なんだろう?と分からなかったのですが、
何やらこの度、平塚観光協会さんの方でポストカードを製作するらしく、自分の写真を使用させて欲しいというお話でした。

本来、写真コンテストに応募するという事は、
その土地の観光協会さんが写真を使用する事について自動的に承諾する事になるはずなのですが、
わざわざこうして電話をしていただけるというのは、律儀というか気持ちの良い対応をしていただいたという事なのであります。
平塚観光協会さん、どうもありがとうございます。

内容的には一昨年に入賞したメタセコイアの写真と、昨年入賞した湘南平の写真の2枚を使用させてくださいとの事。
冬のメタセコイア並木道


湘南平の夜景
写真コンクールの入賞作品でポストカードは製作されるようですが、2枚採用されるのは自分だけのようで、
観光協会の女性の方は、そのあたりを強調しておりました(笑)
「メタセコイアの写真、私大好きなんです!」なんて言ってくれるもんだから嬉しくなり、
つい、お食事でも一緒にいかがですか?と言いそうになりましたが、怪しいおっさんになりたくないのでやめました(笑)

また、今年も写真コンクールがありますので、是非応募してくださいとも言っておりました。
e0341572_09200002.jpg


応募のチラシに自分の写真を採用していただきましたが、やはり平塚といえば七夕まつりがメインですから、
今年は人混みを掻き分けてでも、七夕まつりの写真を撮らないとあかんかな?とは思っています。

そんな訳で平塚観光協会の電話の女性が素敵だったもので、宣伝のお手伝いもありますが写真コンクールがありますよ~。
平塚市内で撮影した写真がある方は、応募してみてはいかがでしょうか?
ポストカードも販売されるようなので、購入していただく際には、
「う~ん・・・メタセコイアと湘南平の写真が最高やね」と言いながら購入してください(笑)

今年の写真コンクールも入賞できれば3年続けての受賞となりますが、さすがに3年続けて受賞の自信はありません。
七夕まつりで凄いのが撮れたらいいんですけどねぇ。



いつもポチっていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-06-16 17:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

シグマから 70mm F2.8 DG MACROのEマウント版が発売されるようです。

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_70_28/

このレンズの旧型はAマウント用があり、自分も所有しているお気に入りレンズのひとつなのですが、
通称「カミソリマクロ」と呼ばれるほど、その描写は非常にシャープであります。

そのカミソリマクロが、この度Eマウント用に開発、発表となるようですね。
e0341572_19594111.jpg
見た感じはスリムで重量は515gという事なので、軽量なレンズではありますね。
フィルター径は49mmという事なので、旧型の62mmよりは小さくなるみたいです。



SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
こちらは旧型であります。こちらも小さくて軽いレンズです。
そんなシグマの70mmが話題になったというのもあり、久しぶりにシグマ70mmカミソリマクロを持ち出してみました。

横浜の方はCP+でごった返しているだろうと思い避け、それなら湘南方向だ!と一般カメラユーザーとは反対方向へ!
江ノ電で江の島まで行き、稲村ヶ崎まで歩きながらスナップという、壮大な個人的企画であります(笑)
ボディはレンズの能力を最大限に引き出したいという、ブロガーの威信にかけてのα99Ⅱでございます。



湘南スナップ
江ノ電で江の島駅に到着し、ホームに降りた時点でカメラをバッグから取り出しました。
早速、向かい側の車両を撮ってみようとカメラを構えると「ギュイ~~ン!」と、古いレンズ特有のあれですよ(笑)
フィルター枠まで回転するので、PLフィルターは使えないし、
うっかりレンズの先の方を触ろうものなら、手を怪我するんじゃないか?と思うくらいの勢いです。
でもね~このレンズ、本当にスカッと写るんですよ。最近のGMとかにも負けてないんじゃないでしょうか?



湘南スナップ
味がどうとかは別としても、解像力は目を見張るものがありますよ。
スナップという事なので、目についた物をどんどん撮っていくというスタイルです。
特に湘南ぽいものだけというわけでもないのですが、基本的な趣旨としては新型の70mmが欲しい人には参考になるかな?って事で。



湘南スナップ


湘南スナップ
F2.8のレンズなので、開放で撮っても背景がトロトロに溶けるという感じでもありませんが、
合焦した部分の解像力は、開放でも十分すぎるほど十分だと思います。
今時、開放からシャープってのは聞き飽きましたが、このレンズが発売された当初は画期的だったんじゃないかな?



湘南スナップ


湘南スナップ
とにかく開放を使うという人も多いようですが、自分は意外とF4からF5.6あたりを使う事が多いです。
このレンズも開放から優等生ですが、やはりF4あたりからカッチリしてくる感じでしょうか?
人物とお酒の瓶の前に、前ぼけを入れてみましたが悪くないような気はします。



湘南スナップ


湘南スナップ


湘南スナップ
前の方に書きましたが、AFは「ギュイ~~ン」なのでうるさいですが、精度は相当高いレベルと言っていいと思います。
動体を撮影しようと思うと本末転倒なレンズですが、スナップ写真を撮るには十分です。
AFは遅いけど正確。 スナッパーとしては正確な方が重要でしょう。



湘南スナップ


湘南スナップ
江の島の海岸までやってきました。
同じようなヨットが並んでいましたが、自分のいる所からはかなり遠く、
持っていたレンズがズームじゃなかったもんで、仕方なく自分の足で歩いて近くまで行きました。
手前にあるイオンのカートのゴミにピントを合わせましたが、背景のヨットは綺麗にぼけていると思います。



湘南スナップ


湘南スナップ
小さなブルドーザーがあったので撮ってみました。
シグマのレンズの傾向としては、発色があっさりしていて味気ない感じはします。
カールツァイスのレンズのように、前面に出てきて主張が強いという性質ではありません。
そう考えるとシグマのレンズは、ネイチャーみたいな写真はあまり向いてないのかも・・・とは思います。



湘南スナップ


湘南スナップ
小動(こゆるぎ)神社にやってきました。
いつも車で前を通るだけだったので、徒歩だと好きな場所に立ち寄れるメリットが大きいです。
合焦した部分の解像感は良い感じなので、新型の70mmはもっとシャープなんでしょうかね?



湘南スナップ


湘南スナップ


湘南スナップ
江ノ電もいくつか撮ってみました。
元々、動体は苦手なレンズでしょうが、動きが緩慢な江ノ電くらいは普通に撮れます。
まあ、このあたりはα99Ⅱというボディの性能のおかげもあるかもしれませんけどね。
3枚目はちょっとSSが遅かったようで被写体ブレが微妙にありますけど、それはレンズのせいではなく撮影者のせいです。



湘南スナップ
江ノ電七里ヶ浜駅の前でスナップ



湘南スナップ


湘南スナップ
稲村ヶ崎まで歩いてきたら、空が怪しくなってきたので江ノ電に乗って撤収。
スナップ写真はコントラストがないと、撮っていて楽しくないんですよね。
撮る前に光を読んで、自分の立ち位置を決めるってのがスナップの醍醐味じゃないでしょうか?

α99Ⅱ + SIGMA 70mm F2.8 DG MACROで湘南スナップいかがでしたでしょうか?
近々、シグマからEマウントの70mmマクロが発売されるという事で、旧型のそれを使用して撮影してみました。
元々、カミソリマクロの異名を持つレンズなので、後継の70mmもそれなりの性能でデビューしてくると思います。

旧型の70mmについては、解像力はFE 90mm F2.8 Macro G OSSよりは微妙に落ちると思います。
新型がどこまでFE 90mm F2.8 Macro G OSSに追い上げるか?が楽しみですね。
発売されてレビューが出てくるのが楽しみであります。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-03-05 22:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

この冬は本当に寒いと思いますわ。
話をする人の中には「温暖化だと言うのに、何でこんなに寒いんだろう?」という人多数ですが、
自分に言わせると「なんで?」と思ってるなら、今時ネットがある時代なんだから調べてみたらいいじゃん!と言いたくなるのです。

これを読んだ人の中に、もし同じ疑問を持っている人がいたら調べてみるといいですが、
地球は氷河期に向かっているというのがどうも真実っぱく、2015年から氷河期に入っているという学者もいます。
夏がすごい暑いからとか、冬にすごい寒いからという単純な話ではないようですが、調べてみると結構面白い分野ではあります。

氷河期と聞くと、かなりの人が世の中は氷に閉ざされてカチカチになるという、テレビの観すぎ的な発想になるようですが、
別にそんな事が心配なわけではないし、そんな事にはならないと思いますが、
最大の問題は、今まで当たり前にあった農作物が、気候の変動で収穫できなくなるという食糧問題だそうで、
今の野菜高騰も、そういう視点から見ると布石のように思えたりもするわけです。

そんな氷河期かもしれない1月の冬、江の島で開催される寒中神輿に行ってみました。



江の島 寒中神輿 
神輿を担いで海に入るという行事なので、男の人はふんどし?っていうか、こういう格好です。
αcafeにこの写真を投稿したら、エーデルさんがコメントで「私にはこのお祭りは(エグくて)無理でした」と書いていただきましたが、
別に殿方の尻を撮らないといけないというわけでもありませんから、
来年は是非、エーデルさんを誘ってあげたいと心から思っています(笑)



江の島 寒中神輿


江の島 寒中神輿


江の島 寒中神輿


江の島 寒中神輿
神輿の上には、その年に成人した新成人たちが乗る事になっているようで、
男性も女性もピチピチしていて活気がありました。

撮影機材については、昨年はフルサイズに70-400mm F4-5.6 G SSMIIでしたが、
フルサイズで400mmだと微妙に足りなかった記憶があったので、今回はボディにα77Ⅱを選択!
神輿は海の中に入ってしまいますが、自分らは波打ち際から撮る事になりますからね。

周囲に沢山いたカメラを持った人達は、持っている機材をパッと見ると標準ズームみたいなレンズの人が多かったです。
多くの人が本格的にカメラが趣味というわけでもなさそうで、家にあるカメラ持ってきた・・・みたいな感じでしたけど。
まあ、そんなレンズで撮っても、江の島の手前に何か写ってるぞ! って写真にしかならんでしょうな。

ゆりやんはRX10M3で撮ってましたけど、こういう時は自分の持ってるようなシステムより、RX10のようなカメラの方がいいかも。
ゆりやんは近い被写体もバンバン撮ってたけど、自分は近すぎて撮れないという場面も多かったからなぁ。



江の島 寒中神輿
男の裸も連なっていると美しいですな(そういう趣味はありませんが)
全員スキンヘッドだったら、更に美しさが増していた事は間違いありません。



江の島 寒中神輿
神輿の後ろをヨットが通ったので構図にまとめました。
神輿とヨットというのは、何の関連もないアイテムだと思う所がまた楽しい。
ヨットに乗っているおにーさんも、二十歳の女性に見つめられてご満悦!



江の島 寒中神輿
見学している人は、昨年と同じくらいのような気がしましたが、数自体はそれほど多くないような気がします。



江の島 寒中神輿 太鼓演技


江の島 寒中神輿 太鼓演技
神輿が海から上がって終わった後は、太鼓の演技が披露され盛り上がっていました。
周囲を観客が囲んでいるので、どこからでも撮れるってわけではなかったのが残念。
APS-C70mmが広角端だったので、撮りにくいったらありゃしない。



江の島のトンビ
観光客の弁当を狙って、上空を飛んでいたトンビを遊びで狙ってみました。
まあ、こんなのは今時のカメラなら何でも撮れるでしょうが、α7RⅡくらいまでのEマウントだと無理かもしれませんね。

70-400mm F4-5.6 G SSMIIついては、
男の自分には持った感じ軽く思えるんですが、
数十分から1時間くらい連続で手持ち撮影となると、結構腕がキツくなってきます。
普段からこの手のレンズを振り回している人は、そういう筋力がついているのだと思いますが、
次は素直に一脚持っていった方が楽かも。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-01-30 14:00 | 撮影記 | Comments(0)