人気ブログランキング |

タグ:江ノ島 ( 19 ) タグの人気記事

今週は真面目に働いたので更新が遅くなりました。
個人的にはあまり苦労せず、どっさり儲けたいので取引先の方々、そのあたりよろしくお願いいたします。
さて、どうせ取引先の人は見てるわけないので何とでも書けますが、投稿内容は江ノ島寒中神輿が終わった後、
ゆりえどんと江ノ島のてっぺんにあるサムウェルコッキン苑に、この時期の名物「ウインターチューリップ」の撮影に行ってきました。



江ノ島神社
サムウェルコッキン苑に行くには、最近弱ってきたせいかエスカレーターを使ってしまいます。通称”エスカー”
途中、神社の前を通るのですが、通年江ノ島の初詣客は1月いっぱいは沢山いるイメージです。



江ノ島神社


江ノ島神社
黄金浄水で心とお金を洗いましょう!とありますが、わたしゃー無宗教で神様もあまり信じないので、こういうのは積極的にやりませんです。
運命は自分で切り開くもの! あ、今良いこと言いました。



江ノ島神社


江ノ島神社
わたしゃーおみくじなんて引いた事ありませんです。
その人の運命が決まっているなら、何回引いても同じのが出るんだろうね?とツッコみたくなる偏屈な人間です。

とはいえ、そんな事ばかり書いていると、バチが当たるんじゃないか?と心配なのでこの辺でやめておきましょう。



江ノ島ウインターチューリップ
サムウェルコッキン苑のウインターチューリップです。
後ろで肉まんみたいな帽子をかぶっているのがゆりえどんです。 被写界深度の中に入れなかったので、肖像権うんぬんで訴えられる事はないでしょう。
この日は久々に究極のレンズ135mm F2.8 [T4.5] STF持参です。
未だに使いこなせていませんが、使わないことには進歩もありませんので修行だと思って・・・・。



江ノ島ウインターチューリップ
相変わらず花を撮るのは苦手なうえ、下手なのでどうにもなりません。
αcafeでこれらを投稿したら、ノッチ師匠からは下手だと言われ、HELさんには熱いものを感じないとダメ出しされたのでプンスカ。



江ノ島ウインターチューリップ
きっとこのお姉さんは上手に撮れたんでしょうな。
レンズの描写は素晴らしいんですけどね。結局、道具は使う人がダメだとそこまでです。はい。



江ノ島シーキャンドル
夕方になったのでシーキャンドルの方に行ってみました。
シーキャンドルは撮影場所が限定的で、24mmくらいでは全然構図内に入り切らないのです。
16mmでも結構ギリギリな感じで、どう撮ったかというと・・・



究極のローアングル
寝っ転がって・・・・(笑) ゆりえどんに激写されておりました。
しかしこの撮影方法、意外と自分の靴が写ってしまうので難しいんです。



江ノ島シーキャンドル
カップルとシーキャンドル



江ノ島シーキャンドル
肉まんの帽子、ゆりえどん。



江ノ島ウインターチューリップ
帰り際、玉ボケとチューリップを撮りました。
数枚撮りましたが、やはり花の撮影はうまくいかなくて投稿できるのがありませんです。



知らぬ間に12位に転落してました(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-01-20 17:00 | 撮影記 | Comments(2)

江ノ島東浜 寒中神輿

1月15日は江ノ島の東浜で寒中神輿という行事があるという事で行ってきました。
午前11時から開始という事でしたが、早く江ノ島入りしないと駐車場が満車になってしまうので、午前9時過ぎには家を出て車で移動。
江ノ島の駐車場は、一日停めても料金の上限が1500円なので良心的です。



江ノ島から見た富士山
この日はいい天気でしたけど、富士山のてっぺんには雲がかかってました。
撮影はα99+70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
寒中神輿の撮影は初めてなので、どんな感じかよくわからないというのもあり400mmは保険みたいなものですね。



江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿
現地に到着したのは午前10時過ぎでしたが、既に準備されていてお神輿が浜に用意されておりました。
この日は最強寒波という事で気温が低かったのですが、陽の当たる海岸は動き回ると暑いくらいでしたね。



江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿
始まるまで長いな~と、待つ覚悟はしてきましたが、そんな心配は無用でした。
浜では太鼓を叩く人達がいて、被写体には事欠きませんでしたね。



波乗り女子


波乗り女子
太鼓ばかり撮っていても・・・という事で、サーファーが沢山いる波打ち際の方に行ってみました。
400mmを持ってきているので自由に撮れます。
普段からサーファーを撮ろう!などと、昼間から撮影に来たことがなかったのだけど、サーフィンは波の描写や、人物の動きに躍動感があるので良い被写体ですね。
今度、サーファーだけを狙いに来てみようかな。



江ノ島東浜寒中神輿
11時を過ぎましたが、神輿が海に入るまでには例によっていろいろとあるようです。
お祓いから始まり、偉い人のお言葉まで・・・・
そのうち、素敵なお尻を出した殿方達がウロウロしはじめました。
「なかなかいいケツしてんな~」ということでパチリ! 後から思いましたが、お尻にカメラの「美肌モード」は有効なのだろうか?(笑)



江ノ島東浜寒中神輿
と、つまらない事を言っている間に、お神輿は海の中に入っていくのでありました。
ダイバーの自分はよくわかりますが、まあ水は冷たいでしょうな(笑)
おそらく水温は16度から18度くらいでしょう。 せいぜい我慢できて20分かな。裸だしね。



江ノ島東浜寒中神輿
お神輿はそこそこの場所まで入っていきますので、この手の撮影には長いレンズの方が有利ですね。
近くでSonnar T* 135mm F1.8 ZAを持っている人を見ましたが、135mmではちょっと届かないだろうな~と思います。
かなり近くまで寄れれば、単焦点で勝負してもいいかもしれませんね。



江ノ島東浜寒中神輿


江ノ島東浜寒中神輿
撮影はドライブモードから連写LOWモード。
流鏑馬のように一瞬を捉える!みたいな写真でもないので、LOWモードの間隔でちょうど良い感じでした。
時折波が来るのですが、波の描写が入る方が海でやっています!みたいな感じが出るのでいいと思いました。



江ノ島東浜寒中神輿
やたら沢山撮りましたが、ここに沢山貼るとページも重くなるし、雰囲気が分かりやすいのだけにしておきましょう。
正直、神輿までの距離が遠すぎて、人の表情を撮るとか、そういう作風の物は難しいですね。

カメラマンの中には長靴を履いて、波打ち際より少し沖側で撮っている人がいましたが、
神輿と波打ち際に大勢いるカメラマンの間に割り込むので、非常に撮影がしにくく、周囲には舌打ちしているカメラマンの方が沢山いました。

人より良い場所で撮りたい・・という気持ちはわかりますが、あれはちょっとヒンシュクだったと思います。
長靴を履いている人も、人に気を使って後ろをチラチラ見ている人もいましたが、
どう見ても、自分だけ撮れればいい!という立ち位置の人もいましたからね~。
来年は長靴は持っていきたいとは思いますが、あまり沖の方には出ないように気をつけたいです。


ポチリよろしく~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-01-17 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

あけましておめでとうございます。2017年がスタートしました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末は写真を撮ろうという気分でもなく、飲んだくれていたら終わってしまいましたが、
初日の出だけは、何とか撮らないとカメラオタクの名誉に関わると思い行ってきました。
昨年は海の公園から撮影した ↓

海の公園 初日の出
http://momoken819.exblog.jp/25061779/
これだったので、今年は違う場所から撮ろうと思い湘南方面に!

江ノ島の背景に朝日が登るシーンを・・・と考えたので、辻堂海浜公園あたりから撮ろうと思い、
朝も暗いうちから辻堂海浜公園公園の西駐車場に行くと、警備員のような人がいて 「今日は停められませんよ」 との事。
「えっー!」 と思いましたが仕方ない。 東駐車場に車を停めて、そこから折りたたみ自転車出動で海まで移動しました。



辻堂からの初日の出
この日の日の出時刻は6:50頃です。 写真は6:04ですが既にマジックアワー状態。
これ以上時間が経つと、上の方の青い部分が消滅するので早目に撮影です。



辻堂からの初日の出
波打ち際にカメラマンがいたので撮影。
この日は望遠側が欲しかったので、α77Ⅱ+70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。



辻堂からの初日の出
だんだん人が多くなってきました。
特に写真を撮ろうというわけでもない人は、日の出の時間にやってくればいいわけですからね。
一気に人が増えてきた感じです。



辻堂からの初日の出

辻堂からの初日の出
低い位置に雲がありましたが、何とか初日の出は顔を出してくれました。
これが2017年の初日の出であります。
これは金沢観光協会さんには使ってもらえないだろうな~(笑)



辻堂からの初日の出
カメラマンの皆さんもそれなりに多いですね。



辻堂からの初日の出


辻堂からの初日の出
せっかく長いレンズを持ってきたので寄ってみました。
本当はシーキャンドルのてっぺんにある針に、太陽を串刺しにしたかったんですけど位置がずれたようです。


e0341572_21521997.jpg
撮影が終わって片付けていると「アツシさん!」と声をかけられ、顔を上げてみるとサークルのお仲間さんのBGさん。
その後、ゆりえどんから電話が来て、関西から遊びに来ていたkazuさんと近くにいると言うので合流しました。
こんな顔を隠した写真をPHOTOHITOさんの方に投稿できないので、
ブログ機能の方に投稿しましたが記念写真。
皆さん! お疲れ様でございました!



辻堂からの富士山
車に戻る途中、歩道橋の上からはクッキリ富士山。
正月に富士山とはこれまた縁起がいい! 撮ったカメラも77! 
ラッキーセブンが2つも並んでる!(笑)

きっと今年もいいことあるふぁ! ということで、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-01-01 22:00 | 撮影記 | Comments(6)

シーキャンドルとチューリップを撮りに江ノ島に行った次の日、なぜか連チャンでまた江ノ島であります(笑)
もうシーキャンドルもチューリップも撮るつもりはなく、この日の最大の目的は 猫 です。
湘南撮影隊の活動という事で、今回もまたYurieどんに付き合ってもらいました。

自分の中で猫撮りのベスト機材は α99 + 70-200mm F2.8 G SSM II なんですが、
今回はあえてそうせず、α7Ⅱ + FE 90mm F2.8 Macro G OSS のみで挑戦してみる事にしました。
猫以外のスナップも楽しそう!というのが理由です。
今回投稿の写真は何の作品性もないと思うのですが、スナップ的に撮影した江ノ島という事でみてください。


2016-01-17 江ノ島探検
このマクロレンズ、絞り開放でもすごい描写をするので、
気楽に開放で撮影ができます。 まさに開放感というべきです。



2016-01-17 江ノ島探検
人がごった返しているお土産屋の脇道ですが、奥の方にカフェがありました。
Gigiカフェっていうんですね。  http://www.g-z-gigi.com/
いちお、他人から見たら男女なのでカップルに見えてもおかしくないのですが、
カメラ持つとお互いに目が被写体探しになって、カフェとか入ろうなんて言葉も出てきません(笑)



2016-01-17 江ノ島探検
このレンズを持つと、こういう写真を撮りたくなります。
絞り開放、背景を微妙にぼかして手前の看板の存在感強調です。



2016-01-17 江ノ島探検
マクロレンズはあまり持ち出す事がありませんが、
たまに使ってみると本当に楽しい! 主役を見つけたらそれに合う背景を探して撮影。
100マクロより焦点距離が10mmしか短くないけど、100mmよりすごく使いやすい気がするのは気のせいでしょうか?



2016-01-17 江ノ島探検
観光地ですが、普通に住人もいますから入ってきてしまう人がいるんでしょうな。
こういう人間臭いというか、生活臭がするのも面白い場所です。



2016-01-17 江ノ島探検
Yurieどんが湘南バーガーってのがあるよって教えてくれまして、普段、江ノ島で何か食べるって事がないので知りませんでした。
やはり女性と来るといろいろと教えてもらえるのでお得です。



2016-01-17 江ノ島探検
そんなわけで、今回は「しらすコロッケバーガー」ってのを食べてみる事にしました。
気をつけないといけないのは、上の方にトンビが旋回しているので、うっかりしていると取られてしまうかもしれません。
買ったハンバーガーは自分が持っていたのですが、
Yurieどんに 「トンビが襲ってきたら俺がとっ捕まえてみせる!」とイキがっていました。
実は結構ビビっていたんですけどね(笑)

食べてみた感想は、あまりしらすの存在がよくわかりませんでした(笑)
普通のコロッケをパンに挟んで食べただけみたいな・・・・
ちなみにこれを食べたYurieどんは、胸焼けに襲われ苦しそうでした。



2016-01-17 江ノ島探検
シラスマンゴーソーダ?

いったいどんな味がするんだろう? 買う勇気もなく撮影だけ。



2016-01-17 江ノ島探検
100円で恋が占えるなら格安ですな。
90マクロを持っていると、普段気にしないような物をイタズラするように撮りたくなります。
ちなみにこれを書いた人、えらく達筆だな・・・と関心。



2016-01-17 江ノ島探検
江ノ島の上の方には行かず、灯台の方に行ってみました。
天気が悪くてどんよりしていたので、普段なら撮っても仕方ないとカメラをしまってしまいそうですが、
この日はもう何でも撮る日なので、歩きながらどんどん撮るのです。



2016-01-17 江ノ島探検
防波堤の上に、石を敷き詰めて足の裏を刺激するところがありました。
Yurieどんは比較的スイスイ歩いて行きましたが、自分は一歩一歩が悶絶級に痛かった!!
あまりの痛さに相当へっぴり腰だったようで、Yurieどんに大笑いされてしまう始末(笑)

しかしねぇ。これは本当に痛いですよ。
どんな隠し事も、これで拷問されたら白状してしまうでしょうな。



2016-01-17 江ノ島探検
島の真ん中に戻る途中、Yurieどんが、
「あ!あの岩、人の顔に見える!」 というのでパチリ。
言われてみると確かに人の顔に見えなくもない。多分、防波堤の上を歩いて足の裏が痛かった霊の仕業だな。
そういう悶絶した顔に見えますからね!間違いない!



2016-01-17 江ノ島探検
かなり暗くなってきました。 すでにカメラの方はISO1250です。
こういう撮影になると、手振れ補正の強力なα7Ⅱは心強いですよ。
食堂の前にバイクに乗ったゴリラが・・・・。 まあ、だから何? なんだけどさ(笑)



2016-01-17 江ノ島探検
猫はほとんど見かけなかったのですが、この場所に来たら数匹まとまっておりました。
もうだいぶ暗かったし、猫は動くので撮影するモチベーションもあまりありません。
Yurieどんと、猫のいる場所はわかったし、次回またチャレンジという事で! で意見は一致。



チョンマゲ猫
撮っている時は気が付かなかったのですが、この猫、頭にチョンマゲ乗っけてました(笑)
名づけて「チョンマゲ猫」 本人はいたって真面目な顔なのが余計に滑稽(笑)

今回はFE 90mm F2.8 Macro G OSSのみの撮影でした。
昔から100マクロをつけて、横浜の街を歩くのが好きだったので同じように楽しいです。
改めてこのレンズ、いろいろすごいな~と関心させられました。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-01-20 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

次の週末はacafe内のサークルGαsha!で江ノ島撮影会です。
担当、引率は自分なので、事前にちょっと見ておこうとカメラを持って江ノ島に行って来ました。




江ノ島入り口
江ノ島の投稿というと、この場所からいつもスタートです(笑)
相変わらず物凄い人の数ですなぁ。カメラバックと三脚を持って歩きたくない場所です。



江ノ島神社
人をかき分けて歩いて行き、ここまで来ると一段落。ふぅ~。
人が多いのは数メートルだと思うので頑張って歩きましょう。 途中、饅頭とかせんべいなどの誘惑に負けてはいけません。



江ノ島エスカー
今まで「カメラマンは歩かないといけない」がポリシーだったのですが、
頂上に行くまでに撮るものもないし、目的地にすぐに行きたいという事で、
最近はエスカレーターを使うようになってしまいました。こうして人間ダメになっていくという見本です(笑)



江ノ島エスカー
頂上まで歩かない自分に、何となく罪悪感を感じながらエスカーで登っていきます。



江ノ島ウインターチューリップ
エスカーで頂上まで上り、サムウェルコッキン苑に入ると、すぐ目の前にウインターチューリップが広がっております。
今月の前半暖かかったせいか、チューリップもなんか開き気味のような気がしますな~。
色は綺麗なんですけどね。 口開けて空を見上げているようでマヌケな気がします。



江ノ島ウインターチューリップ
チューリップの写真って、多くの構図が似たり寄ったりなので、ちょっと変わった視点という事で真上から撮ってみました。
この方が何となく勢いを感じますな。




江ノ島ウインターチューリップ
一部分を切り取ってみました。
本来、花の撮影はシベにピントを合わせるのが基本ですが、
今回は花びらの一番上あたりを狙ってピントを合わせてみました。
変なような、そうでないような微妙な感じですが、これはこれでアリかな??



江ノ島シーキャンドル
だんだん日が落ちてきたのでシーキャンドルの方に移動。
今回の機材はα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。
太陽を構図に入れても全然大丈夫なレンズなので、ここは安心して撮ることができますね。

撮影していたら、突然目の前にYurieどんが!!
なんと自転車で江ノ島まで来たという事で、いきなり現れるのでこちらはビックリ!!
遊び心の塊みたいな彼女に、シーキャンドルを支えてもらう事にしました。




江ノ島シーキャンドルを支える!
ファインダーを見ながら 「上の手をもっと引いて・・・ 下の手をもっと出して・・・」とかやりながら、
上のような写真を撮りました。  タイトルは 「Yurieどん! シーキャンドルを支える!」



江ノ島シーキャンドル


江ノ島シーキャンドル
毎度綺麗だな~とは思うのですが、
似たような写真を量産しているだけのような気もしますな。
シーキャンドルの電飾も毎年同じだし、イベント的に足を運んでいる感じですね。



江ノ島シーキャンドル HDR
上の写真をHDR現像してみました。
コントラストの低い、淡い感じになりました!

この後、Yurieどんは自転車で爆走して帰宅し、次の日足が筋肉痛だとメールがきました(笑)
シーキャンドルを支えた腕も、さぞ筋肉痛だったんでしょうな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
by momoken805947 | 2016-01-18 19:30 | 撮影記 | Comments(2)

以前、江ノ島の背後から朝日が登るシーンを撮ろうと、早朝の茅ヶ崎でみごとに撃沈してしまいました。

http://momoken819.exblog.jp/23845823/

雲が多くて朝日が見れなかった11月3日文化の日です。
今回はそのリベンジのために、また早朝の茅ヶ崎に行ってまいりました。

この時期の日の出は朝7時ちょっと前くらいなので、5時に起床して車で茅ヶ崎に向かいました。
車は辻堂海浜公園に駐め、そこから約1キロ歩きで西に移動。
自分の計算が正しければ、この場所から江ノ島の背後に登る朝日が拝めるはずです。


夜明けの釣り人
撮影場所に到着して三脚をセットしようとしたらアクシデント!
三脚の脚が1本壊れてしまい、手元も暗いのにチマチマ誤魔化し修理。
これで何とか使えるという状態にしましたが、三脚がダメだともうお手上げですからね~。
三脚なんて買えばいいけど、この日の撮影の方が重要です。

撮影場所に到着した時に海を見たら綺麗なマジックアワーでした。
空の青さもクリアで素晴らしいものでしたが、機材を準備している間に青がどんどん消滅してしまい、
その後の撮影ではちょっと青が残念なことに・・・・
夕日もそうですが、日没1時間前に現場にいないとダメですね。
この点は今回の反省点ですが、冬の朝に日の出1時間前にその場にいないといけないのはちょっと辛いかも。



江ノ島サンライズ
AM6:48:51です。
いよいよ江ノ島の背後から朝日が顔をのぞかせました!
朝日は真上に上がるわけではなく、右斜上の方に移動して来るので良い感じです。
ここからは連続でご覧ください。



江ノ島サンライズ


江ノ島サンライズ


江ノ島サンライズ
朝日が江ノ島シーキャンドルの真裏に入りました! AM6:50:13です。
できればもう少し上の方で決まって欲しかったですね。 シーキャンドルに刺さっている感じで・・・・・
でも、まあ、このくらい決まってくれれば良しとしましょう!



江ノ島サンライズ
この後はどんどん右に移動して上がって行くのでした。
この日の機材 α7R+70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
400mmあれば相当寄れると思ったのですが、もう一歩寄りたいという感じでしたね。
画質優先でα7Rを選択したのですが、ここは寄る事を優先してα6000かα77Ⅱを使うべきだったかもしれません。



日の出と共に
朝日と共に釣りをする人達は気持ちよさそうでした。



早朝の富士
撮影していた背後には、富士山がクッキリと出ていました。
早朝の富士山は綺麗ですね。夕景だと逆光になるのでシルエットになってしまいますが、
早朝は順光なので本来の姿をとらえる事ができます。

センサーにゴミついてますよ!って言われてしまいそうですが、
富士山の左側に写っているのは鳥です(笑)



辻堂の歩道橋から


辻堂の歩道橋
撮影を終えて車に戻る途中、辻堂海浜公園前の歩道橋。
横を見ると綺麗な富士山が道の向こうに見えたので、また機材を取り出して撮影しました。

帰ってからこの写真を見て「ん?富士山の右側にゴミが写り込んでしまった」と思ったら雲でした(笑)

早朝の撮影はエネルギーを消耗しますね。
元々寝不足で行動しているというのもありますが、撮り終えた後の虚脱感はかなりのものです。
この後、速攻で家に帰りまた寝ましたけどね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
by momoken805947 | 2015-12-23 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

未だに11月3日の話の続きです。
江ノ島サンライズ、江ノ島サンセットで撃沈し、このまま引き下がるわけにはいきません。
夜は江ノ島で開催されている 湘南キャンドル を撮影しに行くことにしました。

七里ヶ浜駐車場を出て、江ノ島に到着した時はすでに真っ暗。
江ノ島の駐車場は9時に門が閉まってしまうので、あまりのんびりもしていられません。
キャンドルのイベントをやっている「サムウェルコッキン苑」は、江ノ島のてっぺんにありますが、
歩いて行くとそれなりに時間がかかるので、普段は邪道だと思って使わないエスカレーターを使いました。



湘南キャンドル 2015
6500基のキャンドルがあったようですが、相当の数というイメージです。
これだけ手作業で火をつけていくのは大変だったでしょうね。



湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015
家を出る時にここに来る予定が全くなかったので、
レンズは個人的に風景用だと思っている物しか持参しておらず、
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 及び 70-300mm F4.5-5.6 G SSM の2本だけ。
135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28 も FE 90mm F2.8 Macro G OSS も持ってきてません。
かなり準備不足な撮影でしたが、それでもなんとかなる!と言い聞かせて撮影開始。



湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015
上の方でああは書きましたが、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSは持ってきてよかったですね。
会場の雰囲気を広角で撮る事には意味があったと思います。
しかもこのレンズ、意外と寄れるみたいですね。普段は風景にしか使っていなかったので実感がありませんでした。

一番下の写真の所に椅子が置いてあり、カップルの撮影スポットになっていたのですが、
「すいませ~ん、写真撮ってもらえますか?」と頼まれたので撮ってあげたら、後ろにカップルが沢山並んでおり、
どんどんカメラを渡され、しばらくこの場所の専属カメラマンにされてしまいました(笑)
隙を見て何とか抜けましたが、お人好しもほどほどにしておかないと・・・・。



湘南キャンドル 2015
せっかく70-300mm F4.5-5.6 G SSMも持ってきているので使ってみました。



湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015


湘南キャンドル 2015
このレンズも個人的には風景用にしか使っていなかったのですが、
後方にあるキャンドルのボケ方とか見ると意外と綺麗ですね。あなどっていました。
このレンズは70-400mm F4-5.6 G SSMIIを買った時に売ってしまおうと考えていましたが、
そのコンパクトさが魅力で、重たいレンズを持ちたくない時にいいんですよね。



湘南キャンドル 2015
最後にキャンドル&シーキャンドルで締めくくりたいと思います。

撮影している周囲はラブラブカップルに包囲されており、
「きゃ~きれ~い!」とか言ってる若い女の子ばかりでありました。
一人寂しく来ているおっさんは、どんな顔をしてそこに居ればいいのかちょっと困りましたが、
とりあえず黙々と撮影することで、その場を凌いだ感じですね。

11月3日、この日は朝3時半に起きて活動開始し、夜10時くらいに帰宅した感じなのでかなりハードでした。
自分はいったい何と戦っているのかよくわかりませんが、
体力の続く限り、こんな感じで撮影をしていきたいと思っております。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2015-11-11 19:00 | 撮影記 | Comments(4)

11月3日の江ノ島サンライズで撃沈したので、この日は一旦、朝のうちに帰宅しました。
だいたい朝の3時半起きでしたので、ほとんど寝ておらず眠くて無理でした。
帰宅してから3時間くらい寝たとは思いますが、
とてもいい天気なので、また湘南の方に取って返し江ノ島サンセットでリベンジです。



e0341572_15064029.jpg
この日の夕日の角度を調べてみると、
だいたい江ノ電、鎌倉高校前駅のちょっと東寄りから撮れば、
江ノ島シーキャンドルに夕日が沈む角度ではないかと思われるので、七里ガ浜からアプローチです。



七里ガ浜の江ノ電
というわけで、七里ガ浜駐車場に車をとめ、ついでに江ノ電も撮っておきました。
写真はHDRです。 雲の描写が面白いかと。
この写真、ちょっとまえにacafeに投稿したところ、沢山のBravo!をいただきました。どうもありがとうございます。
しかし、なぜこの写真が人気なのか、自分にはよくわからんとです。


七里ガ浜
七里ガ浜もいいお天気です!
江ノ島と右の方に雲が多いのが気になりましたが、夕日までにはまだ時間があるので様子見です。
さすがこの時期、陽気がいいので人も多いですね。
日没までにはまだ時間があるので、砂浜に降りて何か撮ってみたいと思います。



少年の思い出
砂浜で子供が遊んでいました。
ちょうど波がきて、子供がそれを避けようとはしゃいでいるシーンが撮れました。
少し古い写真のような雰囲気にして、この写真のタイトルを「少年の思い出」としました。

そうこうしていると、だんだん日が落ちてきたので撮影ポイントに移動です。
江ノ島シーキャンドルと夕日が重なる角度の位置は、ここから少し江ノ島寄りなので砂浜を歩いて移動します。



七里ガ浜 夕景
夕日は右斜め下の方に移動しながら落ちていくので、歩きながら太陽の動きを追っていきます。
しかし砂浜は足を取られて歩きにくい・・・・
結構距離があるので、上の道路を歩けばよかったと少し後悔。



七里ガ浜夕景
徐々に夕日が江ノ島の方に近づいていきます。
しかし、またしても江ノ島の周辺に雲が多いではありませんか! 早朝の悪夢がまた頭をよぎります(笑)
太陽の落ちる角度を考えると、砂浜をもう少し歩いて向こう側に行かないといけないようです。



江ノ島シーキャンドル落陽
頑張って歩きましたが、結果はまたしても雲に阻まれ撃沈。
雲が微妙に切れたあたりから、ちょっとだけ夕日を撮る事ができた程度です。
本日の結果、朝日と夕日で0勝2敗。 ちょっと悔しすぎます。



シーキャンドルに日は沈む
自分のそんな気持ちは知る由もなく、隣で夕日を眺めている女性お二人。



江ノ島夕景


人々の週末
こうして残念な一日は終わっていく・・・・と思っていたら、
Yurieどんの「サンセットがダメなら、江ノ島でキャンドルイベントやってるからそちらに行けばいいんだよ!」
という言葉を思い出し、よし!これから江ノ島に行くぞ!と、
七里ガ浜を後にし、車を江ノ島に走らせました。 11月3日の撮影日記はまだまだ続くのであります・・・・



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2015-11-09 19:00 | 撮影記 | Comments(2)


7月の前半はずっと雨ばかりでしたが、ここにきてようやく晴れ間が出ました!
紫陽花はもう終わってしまいましたし、どこに行こうかと考えた結果、今年に入って行っていなかったこちらへ!
              

2015-07-11 江ノ島
江ノ島であります。
海水浴シーズンになれば、車と人でごった返すので今のうちにと思い立ちました。
撮影はα6000+Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


2015-07-11 江ノ島 人多すぎ

2015-07-11 江ノ島 人多すぎ
観光地なので当たり前ですが、ここは通路が狭いせいもあって本当に人が多いと思いますわ。
たまには足をとめて写真を撮りたいと思っても、前から後ろから人が来るので押し流されてしまいます。
撮影はα7Ⅱ+70-400mm F4-5.6 G SSMII。

灯台であるシーキャンドルまで行くには、かなり登って行かないといけませんが、
歩くのに自信がない人のために有料エスカレーター、通称エスカーがあります。
写真を撮る人は自分の足で登るのが基本! かと・・・



2015-07-11 江ノ島

2015-07-11 江ノ島
江ノ島といえば神社ですが、観光地という事もありいろんな言葉が飛び交ってますね。
本来ならもっと絞りを開けて撮りたい被写体なのですが、70-400mm F4-5.6 G SSMIIは明るいレンズじゃないからな~。
なんで70-200mm F2.8 G SSM IIを持って来なかったんだろう?



2015-07-11 江ノ島
観光地に行くと100円を入れてのぞく望遠鏡がありますよね?
あれは大抵景観のいい場所に設置してあるので、写真を撮るなら望遠鏡を探すといいです。
この場所もそんな望遠鏡のある場所からの撮影ですが、江ノ島と本土を結ぶ橋です。人すげーな。



2015-07-11 江ノ島

2015-07-11 江ノ島
江ノ島はまだ紫陽花が綺麗に咲いてました。八景島あたりはもう枯れちゃってるんだろうな~。
階段を上りながら歩いてみると、周囲には花が沢山植わっている感じです。
ちょっと花の名前がわからないので、これもまた同級生のお母さんに教えてもらわないとわからんとです。



江ノ島階段
しかしまあ、この日は暑くて汗びっしょりです。
いつもの事なのですが、カメラバッグは多分10kgくらいあると思います。
女性に持ってもらうと 「あー無理!」 と言われるくらい重たいのですが、江ノ島の階段をこの装備で登るのはもう登山ですね。
こんな階段が数箇所ありますが夏はキツいっす。


 

江ノ島 サムウェルコッキン苑
入園料200円を払って頂上にあるサムウェルコッキン苑に入りました。
冬はチューリップで埋め尽くされているこの場所も、花はあるけど「とりあえずある」って感じですね。
友人のお母さんに花の写真を送りたいと思い、少しこの場所で花を撮りながら日が暮れるのを待ちます。



2015-07-11 江ノ島シーキャンドル

2015-07-11 江ノ島シーキャンドル
だんだん日が落ちてきたのでシーキャンドルの方に移動してきました。
天気がいいと思って江ノ島に来てみましたが、梅雨時には変わらず空はぼやっとしておりました(笑)
でもまあ、せっかく来たのだから最後まで撮っていくとします。



2015-07-11 江ノ島シーキャンドル
シーキャンドル3人娘! 名づけて シーキャンディーズ! 
どう?歳がバレるけど(笑)




2015-07-11 江ノ島シーキャンドル

2015-07-11 江ノ島シーキャンドル

2015-07-11 江ノ島シーキャンドル
レンズ特性なので仕方ないのですが、パースが効きすぎてシーキャンドル倒壊寸前ですやん(笑)
本当にこんな斜めだったら倒れてますってくらい曲がってます。
シーキャンドルは足元にライトがあって、それを照射する事で光るように見えるわけですが、
いろんな色に変わるので見ていて面白いですよ。



2015-07-11 江ノ島シーキャンドル
暗くなってきましたが空があまり綺麗でないのが残念ですね。
撮影機材はα7R+Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。



江ノ島シーキャンドル

江ノ島シーキャンドル

江ノ島シーキャンドル
さて、最後に撮って帰ろう!と撮ったのがこれら。
シーキャンドルは下の方が細くて、上の方が太いのだけど、
これもレンズ特性であまり近くから撮ると寸胴になってしまうのですよ。

梅雨時に江ノ島は初めてかもしれませんが、やはり風景写真は秋から冬にかけてじゃないとダメっぽいですね。
しかもこの日、台風のせいか南風が強く、海風で自分もカメラもベタベタ。
家に帰ってからアルコールでカメラとレンズを念入りに拭いておきました。 もう梅雨時に江ノ島は来なくていいや(笑)

※3位と4位をいったりきたり。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
by momoken805947 | 2015-07-12 10:32 | 撮影記 | Comments(0)