人気ブログランキング |

長野旅行2日目、8月14日の内容になります。
天気予報を見ると、お盆中の白馬村周辺は曇りと雨マークしかなく、
天気が悪いのに山の上の方に行っても下も見えないし、それなら善光寺にでも行ってみようと考えていたら、
14日の朝は予想外に晴れたので、これは山の上の方に行ってみよう!と八方の方に移動しました。


ゴンドラリフト アダム
駐車場に行くと満車と立て札がありましたが、おじさんがやってきて立て札を取ると、
「あんた運がいいね~今、一台出て行ったところだよ」との事。
続けて「普段の行いがいいんだろうな」と、きっと毎度使い回しのジョークを繰り出しました(笑)

車を降りてゴンドラ「アダム」で「うさぎ平」を目指します。
ちなみにゴンドラアダムですが、どこかにイブがあるのかどうかは知りません。



ゴンドラリフト アダム
20代の頃はスキーに行っていたので、ゴンドラやリフトはよく乗りましたけど、
おっさんになってから、高い所が怖いという意識が増幅したようです。
結構、ゴンドラって怖いんだよね。 みなとみらいの観覧車も怖いけどさ。



うさぎ平テラス


うさぎ平テラス
数分ゴンドラに乗って、うさぎ平に到着!
来たかったのはこのテラスなんですが、空も青いし来て正解だったようです。



うさぎ平テラス


うさぎ平テラス
雲はそこそこあったけど、太陽が出ると日差しが強烈でした。
ただ、風が吹くと気持ちよかったです。
それほど沢山の人がいるというわけでもなく、テラスも広いし良い場所でありました。



うさぎ平 パラグライダー


うさぎ平 パラグライダー
テラスの真横は、パラグライダーが飛び立つ斜面があり、
間近でそれが見れるので迫力があって、写真も撮ろうという気になりました。
しかし、こんな所を飛んだら気持ちいいだろうなぁ~と思いますわな。



白馬うさぎ平テラスにいたカエル
うさぎ平というけれど、見渡してもウサギの姿はどこにもなく、
足元を見たら、山の上なのになぜかカエルがおりました。


うさぎ平テラスからの眺め
自分がいる辺りは、黒い雲が結構かかっていたのですが、
向こう側の山には、真っ白い綺麗な雲があったので写真的には良かったですね。



うさぎ平テラス
ここより上に行くと八方池もあって、行ってみたかったけど黒い雲がかかっていたのでやめました。
1時間くらいいたら、中国から来た家族がドローンを飛ばし始めて、
その音がえらいうるさくて嫌になったので下山。

下に降りた後、天気が悪くなってきて雨が降ってきたので、
いい時に登って、いい時に降りてきたようです。
これも駐車場のおじさんの言うように、普段の行いが良いからだと自負しております(笑)



毎度ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-19 08:00 | 撮影記 | Comments(2)

お盆の季節に長野の方に行こうと思うと、自分の家からは圏央道から中央道に乗って移動する感じなのですが、
圏央道は長いトンネルの中で渋滞だし、中央道に乗ってからもしばらく渋滞という有様で、
以前は朝5時頃家を出ていましたが、早目に出ても渋滞は免れないとわかっているので、
13日は朝7時に家を出発して長野の白馬村を目指しました。

白馬村に到着したのは午後3時頃。
なんだかんだと8時間もかかりましたが、宿のチェックインにはちょっと早いと思ったもので、
軽く散歩する程度の場所はないかと調べてみたら、
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンというのをみつけたので、
そこに行って写真でも撮ってみる事にしました。



白馬コルチナ


白馬コルチナ
イングリッシュガーデンの眼の前にあるホテルですが、何とも造りが印象的な建物です。
基本、スキー場の前にあるので、冬のスキー客がメインなんでしょうな。
調べてみたら立派な建物だけど、宿泊代はそれほど高くないみたいです。

https://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/



白馬コルチナ
イングリッシュガーデンは、ホテルの建物の裏側にありました。
ここで入場料を払って中に入るのですが、ホテルに宿泊している人は200円、
自分のような一見さんは800円という事で、ちょっとお高いけど来てしまったから仕方ない。



白馬コルチナイングリッシュガーデン
花の事は詳しくないのでよくわからないのですが、これは紫陽花じゃないんですかね?
白馬は気温が低いから、今頃紫陽花が咲いてるんだなぁ~と勝手に納得してましたけど・・・(笑)
みけさん!見ていたら、これが紫陽花なのか教えてくださいませ。



白馬コルチナイングリッシュガーデン
近くに良いベンチがあったので、構図にしてまとめてみました。
美しい女性が座っていたら、いいポートレートになりそうなんですけどね。



白馬コルチナイングリッシュガーデン


白馬コルチナイングリッシュガーデン
イングリッシュガーデンという割には、花もそれほどないし微妙でした。
撮影もそれほど期待していなかったので、α7Rと FE 16-35mm F4 だけ。
それもほとんどクロップで撮ったんじゃないかな?



白馬コルチナイングリッシュガーデン


白馬コルチナイングリッシュガーデン
涼しいと思ってやってきた白馬村でしたが、カメラ持ってウロウロしていたら汗びっしょり!
例年だとこんなに暑くないんだけどなぁと思いながら、早々に車に退散してエアコンONですわ。

どうも草木の元気がないような気がすると思っていたのですが、
後でペンションのオーナーに聞いたら、白馬は長いこと雨が降らなかったという事なので、
そのせいで草や花が枯れたり、元気がなかったんじゃないかな?と思います。

今回から投稿する写真を小さくしました。
実は白馬にノートPCを持っていったのですが、そこで自分のブログを見てみたら、
写真のアスペクト比がおかしな事になっている事に気が付きまして、
おそらく4Kモニターと、そうじゃないモニターは見え方が違うようですね。

長らく大きな写真を投稿していましたから、多くの人に不便な見え方だったと思います。
申し訳ございませんでした。たまに自分のノートPCでチェックする必要がありそうです。


ちなみに全くの余談なんですが、長野に行っている間、

山口県で2歳の男の子が行方不明だというニュースを見ていました。

帰ってきてから、無事に発見されたというのでホッとしましたが、

世界中で2歳、3歳の子供が突如としていなくなり、その後無事発見されるという事例が多数あるようです。

非常に興味深い話だったので、皆さんにご紹介したいと思います。


https://indeep.jp/he-will-be-back-and-they-had/




毎度ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-17 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

木曽 馬の里

撮影記投稿の前にこの情報をご紹介しておきます。
http://www.globaleye-world.com/2016/08/2122.html

最近、三陸沖で地震が頻発していますが、
5年前の311と状況が似ているという事で注意喚起されています。
何もないのに越した事はありませんが、気持ちの隅っこにでもメモしておくといいかもしれません。


さて、前回の投稿、御嶽山の後は 木曽馬の里 です。

自分は競馬もやりませんし、馬にあまり縁はないのですが、
広い高原に馬がいるシーンは、写真的にも良いんじゃないのかと思い足を伸ばしてみました。



木曽 馬の里
ここは駐車場も入場も無料です。
駐車場はあまり広くはないのですが、この連休でもすぐ停められたので普段は大丈夫そうです。
お客様へのお願いが書いてあり「小さなお子様は必ず手をつないでお歩きください」とあります。
小さな子供が柵をくぐって馬の背後に行ってしまい、蹴られたら大変な事になってしまうのは想像できますね。
お父さん、お母さんは気をつけてください。



木曽 馬の里


木曽 馬の里
柵越しに馬を間近に見る事ができます。
もちろん恐い動物ではありませんが、大きいのでなんか恐い(笑)
たまに「ブヒヒ~ン」とかいうし。



木曽 馬の里
柵の外にある草をむしってあげている人もいます。
柵の中にも沢山草は生えているのに、なんで人からもらって食べるんだろう?という不思議。



木曽 馬の里


木曽 馬の里


木曽 馬の里
それなりに長く生きてきたつもりですが、
馬が水を飲んでいるシーンを見たのは生まれて初めてかもしれません。
水飲み場が狭いせいか、後ろから来た馬はちゃんと並んでいました(並んでいるように見えた)



木曽 馬の里
周囲にはスマホで写真を撮っている人が多数いましたが、
ここはちゃんとしたカメラを持っている人間として、高原と馬を表現すべく気合を入れて撮影してみました。



木曽 馬の里


木曽 馬の里
24mmで撮影。
白い馬がお尻を向けているのが残念でしたが、
構図的には青い空と、背景にある木を入れる事で立体感を出してみました。
できれば2頭の馬は、真横を向いてくれるとよかったのだけど、そこは生き物だから仕方ないか・・・・
この場所の広さを表現するには、24mmより広いレンズを持っていくべきでしたね。



木曽 馬の里
小さな女の子が柵の向こう側に向かって「おうまさ~ん!」と叫んでいたのが可愛かったです(笑)




木曽 馬の里


木曽 馬の里
ここは乗馬の体験もできます。
馬に乗っていたのは子供ばかりで、おっさんが乗っているのは全く見ませんでした(笑)



木曽 馬の里
花が咲いている所を探して、前ボケで花を入れて馬を撮ってみました。
う~ん・・・高原らしい写真が撮れたかなぁ?

間近で見る馬は、目がなんとなく悲しげで何か言いたそうな感じでした。
今度行く機会があったら、人参を持って行ってあげたいような気もします。
普段、あまり動物を撮る事がないので、どう撮って良いのかよくわかりませんでしたが、
こういう時は、あまり深く考えずにシャターを切るのがいいのかもしれませんね。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-08-21 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

御嶽山 七合目

長野県の旅行から帰ってきた早々、こんな話題が・・・

http://digicame-info.com/2016/08/a-20.html

ソニーはAマウントの開発を中止している!とか何とか・・・
まあ、出るという噂がある反面、出ないという噂もあるだけなんでしょうけど。

旅行から帰ってきて、トイレで大きい方をしたらモノの色が真っ黒で、
「あぁ・・・僕は何かの病気で近々死ぬんだな」と、まさにAマウントと共に死ぬ覚悟をしていたら、
長野で買ったワインの飲み過ぎだったというオチでした。
(お食事中の方、どうもすいません・・・)

そんな話はどうでもいいのですが、長野で撮った写真をまた投稿していきたいと思います。



御嶽山 ロープーウェイ乗り場
長野入りして二日目は「御嶽ロープーウェイ」に乗ってきました。
ここはスキーのゴンドラを夏の観光用に利用しているという感じなので、混むという事はほとんどないそうです。
一昨年、御嶽山は噴火しているので、ネットで御嶽山の情報を集めてみたところ、
今日、明日に噴火しそうという事はなさそうなので行ってみようと思った次第です。



御嶽山ロープーウェイ


御嶽山ロープーウェイ
ロープーウェイ乗り場の手前はお花畑でした。
スキーシーズンになれば、この場所も一面真っ白になってしまうのでしょうから、
この風景を見られるのは夏のシーズンという事なんでしょうね。



御嶽山 ロープーウェイ
いざ、乗り場に来ると本当にスキーのゴンドラでした。外側にはスキー板を格納する場所までそのまま。 
20代前半の頃は、よくスキーにも来ていたので懐かしい感じがしました。



御嶽山ロープーウェイ


御嶽山ロープーウェイ


御嶽山ロープーウェイ
ゴンドラの中から撮影していますが、窓のガラスが汚いうえに霧が出ているので白っぽくしか撮れません。
Lightroomでコントラストいじったりして、何とかこんな感じに現像しました。
上の方から壮観な下の景色を撮りたかったのですが、目の前は真っ白で風景写真という感じでもありません。



御嶽山ロープーウェイ


御嶽山 七合目 2150m
到着した所は七合目、標高2150mの場所でした。
きっと寒いのだろうと思い、上に着るものは持ってきていましたが、
半袖のTシャツでも全然大丈夫な感じでしたね。 長くいたら寒いかもしれないけど・・・・




御嶽山ロープーウェイ
下でチケットを買う時、七合目の山小屋までは行けますと言われました。
多分、それから上は登山者登録みたいなのが必要なんだと思います。 
どのみち、それより上に行くつもりもなかったので、七合目の山小屋まで行ってみることに。
ロープーウェイを降りて10分程度歩くみたいです。



御嶽山
山小屋までの道はこんな感じ。 とても歩きやすそう!
道には木のチップみたいなのが敷いてあって、登山というより観光客でも歩けるようになってるんでしょうな。
道の両側には熊笹があって、熊が出たら恐いな~という・・・。



御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋
少し歩いたら山小屋が見えました。 なんか良い感じ!
自分、長年海ばかり行っていたので、こういう山の施設とかすごく新鮮です!
もうダイビングはお腹いっぱいなところもあるので、今後は山登りしてみようかな・・・なんて思ったり。



御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋


御嶽山 七合目山小屋
中はこんな感じです。畳が敷いてあって良い雰囲気であります。



御嶽山 七合目山小屋
メニューはこんな感じ。 
特にお腹もすいてなかったのですが、車で来ているのでビール飲むわけにもいかず、
パッと目を引いた甘酒を飲んでみました。もちろんアルコールは入ってないやつです。



御嶽山 七合目


御嶽山 七合目
山小屋を出て、またロープーウェイ乗り場の方に戻る途中、
熊避けの鈴をつけて歩いている方がいたので、この人に付いて行けば安全だ!と近くを歩いていると話し掛けてきてくれたので、
しばらく話をしながら歩いていましたが、少し前に剛力さんが熊に襲われたらしく、
あ~やっぱり熊がいるんだなと思いました。
ただ、ここの道に関しては、人も沢山通るし人の臭いもついているから熊は出ないだろうと言ってましたけどね。



御嶽山 ロープーウェイ
とまあ、そんなわけでまた来たルートをゴンドラで下って行くのでした。
帰りは低い方が進行方向になるので、上りよりちょっと怖かったです(笑)



花猿亭


花猿亭
山を降りたらちょうどお昼頃だったので、何か食べようと車で移動していると偶然みつけたお店がここ。
花猿亭(かえんてい)さんです。
パスタやピザのお店で、パスタとピザのどちらを注文するか迷った挙句ピザを注文!
とても美味しかったのですが、食べるのに夢中で写真を撮り忘れました(笑)
今回は御嶽山に登ったというお話でしたが、写真は何の作品性もなく単なるおっさんの絵日記ですいません・・・

2014年9月27日に御嶽山は噴火しましたが、
その際、58名の方がお亡くなりになり、5名の方が行方不明という事で、
七合目を歩きながら「亡くなった方達もここを歩いたのかな?」と考えていました。
改めて、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。


ただいまランキング3位になりました。ポチリありがとうございました!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-08-18 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

中山道 奈良井宿

今まで夏休みというと安曇野の方に行っていたのですが、
今回はちょっと違う方面に行ってみようと思い木曽の方に行ってみました。
毎年の悩みの種ですが、圏央道から中央道に移動する際の渋滞は酷いですね。
横浜を出て、塩尻ICまで6時間近くかかりましたよ。



奈良井宿散策
初日に宿泊予定のホテルは木曽福島のあたりなので、途中の奈良井宿に立ち寄ってみようと車を停めました。



奈良井宿 中央本線
電車で行きたいという方は、中央本線沿いに宿場町が沢山あるので電車でも行けます。
ここ奈良井宿は「奈良井」という駅が目の前にありました。
電車の時刻表を調べてみたら、だいたい30分に1本くらいは電車があるようで、
たまたま運良く電車が来たので撮影。 単線じゃないのですごい田舎ってわけではないのかも。



奈良井宿
前情報ではわからなかったのですが、何やらお祭りをやっている時に来てしまったようです。
駐車場から移動しようと思ったら、既に人が沢山いて歩行困難(笑)



奈良井宿
立派なお神輿がありました。
お神輿というと、自分の住んでいる地域は7月にやりますが、ここはお盆の時期なんでしょうかね?
地域を考えると歴史が古いんでしょうから、伝統あるお祭りのような気もします。



奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策
お祭り要員の方々がどんどんやって来るので、しばらく立ち止まって撮影していました。
宿場町を背景に、それっぽい衣装は絵になりますね。



奈良井宿散策
お祭りをやっている事は知らなかったので、本来はこういう風景を撮ろうと思ってきました。
連休なので混んでいると覚悟していましたが、意外と一般の観光客は少ない印象です。



奈良井宿散策


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策


奈良井宿散策
撮影システムは基本的に α7Ⅱ + 24-105mm F4 DG HSMです。
過去の経験から、レンズを沢山持ってきても結局使わないというのがわかっているので、
一番便利なズームレンズが最も機動力があります。 24-70mmだと望遠側が足りないので105mmは心強い。



奈良井 相模屋
お腹がすいたので、お昼に蕎麦を食べようとお蕎麦屋さんに入るも、
「今日はお祭りで主人がお祭りに出払ってしまっていてお休みです」と言われてしまい、
ここ 相模屋さん というお蕎麦屋さんしかやっていませんでした。



奈良井 相模屋のそば
沢山食べたかったので「二段盛り」というのを頼みましたが、
そもそも一段が少ないので二段でも微妙な量(笑) 男の人だとお腹いっぱいにはならないかも。



奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策
所々にあったレトロな感じの物。
赤いポストは鎌倉でもたまに見かけますが、こんな場所にあるとまた風情があります。
子供の頃はこんな電気屋さんの看板も見たような気がしますね。



奈良井宿で出会った子


奈良井宿散策


夏祭りの子供


奈良井宿散策
お祭りの日だったからかもしれませんが、地元の子供たちにも出会いました。
それぞれが皆笑顔で楽しそうなのが印象的でした。 小さな頃はお祭りが楽しみだったな~などと思いながら撮影。



奈良井宿
ここ奈良井宿は長さが1kmほどあるので、駐車場から往復しながら撮影するという事になります。
1kmは長いと思ったのですが、歩きながら撮影していると意外と短く感じました。
戻りながらもう少し撮ってみましょう。



奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿


奈良井宿散策
軒先にある花も綺麗でした。
撮影しながら思ったのは70-200mm F2.8 G SSM IIがあればよかった・・・です。
少し長いレンズで道のりを圧縮して撮影すると、宿場町の雰囲気を表現できたと思います。
しかしまあ、持ってこなかったんだから仕方ない。 現場と機材ってのはだいたいそんなものです。



奈良井宿
途中で見かけたので立ち止まって読みました。
なんとも説得力のあるお言葉! 人生は自分自身を尊敬できるように生きなくてはならないようです。



木曽大橋
そんなわけで宿場町を2時間くらいはウロウロしたでしょうか?
最後に木曽の大橋を撮影してこの場を後にしました。

ホテルに入って、夜は星を撮ろうと思っていましたが雲に覆われて撃沈。
仕方ないのでホテルの窓から風景だけ撮りました。
ホテルの窓から
ホテルの窓にカメラを置いて、真っ暗な外を7分間露光して撮影。
向こう側にコテージみたいなのがあるので灯りがあります。
山の天気は短時間でコロコロ変わるので難しいですね。 一瞬でも星が出てくれればよかったんですが・・・。


ただいまランキング4位! ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-08-15 13:00 | 撮影記 | Comments(2)

夏休みは我が家に因縁の多い12日からでした。
その12日からより涼しい場所を求めて信州の方に行っておりました。
天気予報などで各地の気温を見ると、北海道でも場所によっては30度を超えている場所もあり、
安易に北の方に移動するより、標高の高い場所に行く方が快適なのではないでしょうか?


白樺湖
中央道諏訪インターで降り一路白樺湖へ。このあたりまでやって来るとかなり涼しくて快適です。
あいにくスッキリと青い空というわけではありませんでしたが、晴れると日差しは強いと思うのでこのくらいがいいのでしょう。
写真を撮るというのが目的でもないので、観光客程度の写真ばかりになりますがお付き合いくださいませ。



ビーナスライン
美ヶ原をビーナスラインを走って移動していきます。
勾配のきつい上り坂で結構カーブも多い道ですが、写真のような雰囲気で走っていてとても気持ちがいいです。
あちこちに景色を眺めることのできるよう、車を停めるエリアが設けてあるので景色を見ながら移動していきます。



美ヶ原

美ヶ原

美ヶ原

美ヶ原

美ヶ原
王ヶ頭という一番高い所には行きませんでしたが、このあたりでも標高1700m程度はあったようなのでかなり涼しいです。
写真を撮っていて風が吹いてくると寒いくらいでした。
ここからの眺めは山、山、山・・・で、山が折り重なる風景は向こう側になるにしたがって墨絵のようであります。

この日は安曇野の方に宿泊予定でしたので、この後山を降りて松本経由で移動です。



松本城

松本城
松本は中継地点のつもりだったので、松本城に寄る予定は全くなかったのですが、
移動中、どうしてもトイレに行きたくなって、ここに来ればトイレはあるだろうという事でトイレ休憩(笑)
松本城は中学生の時に友達と来た記憶があるので30年以上ぶりという事になります。

さすがこの時期の観光地。天守閣まで観光客が並んでいて60分待ちという事だったので、
外側から写真を撮って引き返す事にしました。入場料600円払ったのになぁ(笑)

松本城を後にし、安曇野の大町温泉郷の宿まで移動。松本から大町まで結構車の乗りでがありましたが、
夕方の丁度いい時間に到着。宿泊したのはこちら

http://www.keisui.jp/

黒部のすぐ近くなので、多くの宿泊客は黒部ダムなんかに行くのでしょうね。
自分は2年前に黒部ダムには行っているので今回はパスです。



大町温泉郷 緑翠亭景水

大町温泉郷 緑翠亭景水
ホテルのロビー。
長年ダイビングをやってきて、いつも一泊4.500円くらいの宿ばかり泊まっていたので今回はゴージャスです(笑)



大町温泉郷 緑翠亭景水
部屋の前の廊下の部分が畳という、なんとも和を強調した作り。いちお蔵をモチーフにしているようです。
う~ん・・・一泊4.500円の雨漏りのした宿とはちょっと違うな(笑)



大町温泉郷 緑翠亭景水
食事は大広間にて。



エリンギ
卓の上に馬鹿でかいエリンギが置いてあったので中居さんに聞いてみたところ、
あの 「きのこ、のっこーのこ元気のこ!」 のCMで有名なホクトという会社が近くにあり、
そこから直接仕入れているエリンギという事でした。
中居さんが目の前で割いて調理してくれましたが、かなりの量でエリンギだけで腹いっぱいに・・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2015-08-15 12:45 | 撮影記 | Comments(2)