人気ブログランキング |


この手の話を書くのに、暑くてたまらないこの時期を逃す手はありません。
エーデルさん、今回は怖い話ですから、読む勇気がなければ読まないようにしてくださいね(笑)

今年の春、久しぶりに若い頃働いていたダイビングのお店に行った時、
どういう経緯だったか忘れましたが、なぜか怖い体験の話になり、お店のマネージャーの女性が、
自分と全く同じ経験をしたというので、そのうちブログに書こうと思っていました。


それは自分が金沢文庫、称名寺の近くのアパートに一人暮らしをしていた時、2009年の8月の夏休みの話です。
友人が沖縄でダイビングのお店をやっているので、何度かGWに遊びに行っているのですが、
この2009年は珍しく夏休みのシーズンに沖縄に行ったので記憶が鮮明で、
後にも先にも8月に沖縄の友人の所に行ったのはその時だけです。

自分は年ごとにフォルダを作って写真を保管しているので、2009年フォルダを見ると写真は一目瞭然なのですが、
GWのダイビングとはちょっと夏休みは違い、親子とか家族連れがお客さんに多かったような気がします。

e0341572_20293649.jpg


e0341572_20304290.jpg

その時の写真を貼り付けておきますが、考えてみればもう10年近く前の事なんですね。
当時使ったカメラは富士フィルムのFinePix F10という600万画素のカメラです。

この時の滞在が自分の中では最長で、おそらく一週間くらいはいたんじゃないかな?
夏休みも終わり、明日から仕事という日に金沢文庫の自分のアパートに戻りましたが、
それはその日の夜に起こりました。

夜中、金縛りにあう
沖縄から帰ってきて、その日の夜アパートで寝ていると、突然、金縛りにあって目が覚めました。
金縛りにあうのは、この時が初めてではなかったのですが、
自分がなる金縛りは、すごい重たい人が上に乗っかってくるという表現とか、
帯紐みたいな物で締め上げられるという表現が近い感じで、とにかく呼吸をするのも苦しいほどギュウ~ときます。
金縛りにあった事のある人が口を揃えて言うように、体は動かないし声も出ません。

この時に思った事は、普段そうそうならない金縛りに、沖縄から帰ってきてなったという事は、
沖縄に行った事が原因だろう・・・という事でした。
自分、特に霊感があるというわけでもないので、足元に誰か立っているのが見えるとか、
枕元に誰かいるとか、そういう事も全く感じなかったのですが、

(西伊豆ではあったけど https://momoken819.exblog.jp/23587611/
とにかく金縛りで体は動かないし、締め付けられるので苦しいのですよ。

自分が寝ている部屋
当時、自分が寝ていた部屋というのが、リビングの隣にベッドが一つ置けるような小さな部屋というかスペースで、
そこに布団を敷いて寝ていたのですが、枕の方を壁に寄せて寝ていたので、
足の方は1メートルくらいのスペースをおいて、クローゼットの扉があるという感じでした。

金縛りにあっている最中というのは、何とかして動かないといけないと思うだけで、
よくお経を唱えるとか言う人がいますが、自分はそういう事をその時思いつかないようで、
とにかくもがいているだけのような気がします。

その時もなかなか動く事ができずに、とにかくこの状況を脱しないと・・・と思うだけだったのですが・・・


突然!
金縛りにあっている最中、突然、足元のクローゼットの方から手がふたつ出てきて足を掴まれました。
昔、弟の車の助手席に乗っていた時に、対向車が前から突っ込んできた事がありましたが、
その時に見えた光景が、一瞬止まったように頭の中に焼き付いています。
その時の光景もそれに似ていて、
手がふたつクローゼットから出てきて、足を掴んだという光景が止まって記憶に残っているんです。
その腕というのは、白くてとても綺麗な肌だったという記憶まであって、
それはどう見ても男の人の腕ではなく、誰が見ても女性の腕です。

足を掴まれて、そのままクローゼットの方に引っ張られました。
その時の力がすごく、ズドンという感じでクローゼットに足をぶつけた感触があるのですが、
その時、ふたつの腕の間に、真っ黒な長い髪の毛が見えたような気がしたので、
今でもその腕の主は明らかに女性だったと思っています。

朝目が覚めて・・・
足を引っ張られた直後の記憶というのがなく、気がついたら朝でした。
起きてすぐに思ったのは「昨夜は嫌な夢を見たなぁ~」という事でしたが、
自分の状況を見て愕然としたのは、枕がずっと上の方にあり、
なんとクローゼットに足をくっつけて寝ていたという事でした。

自分、寝相が悪いという事もなく、1メートル足の方にずれて朝起きるなんて事も今までありません。
寝相が悪いなら横の方向に転がる事はあるかもしれませんが、
縦方向の位置が変わるというのも、どう考えてもあり得ないのです。

この時のこの経験、今でもあれが現実だったのか、夢だったのか分かりません。
ただ、クローゼットに足をくっつけて寝ていたという事は現実で、
それはどう考えてもあり得ないし、そこだけが今になっても不可解です。


ダイビングショップのマネージャーの話
この話を今年の春、昔働いていたダイビングショップのマネージャーにしました。
このマネージャーの女性は、若い頃沖縄でダイビングスタッフとして働いていたという経験があり、
私も似たような経験があるという事でしたが、やはり寝ていた時に足を掴まれて引っ張られたそうです。
それもやはり黒い長い髪の女性だった・・・というのです。

金縛りにあって足を引っ張られたのは、沖縄から帰ってきた日の夜だけでした。
その後、数日に渡って同じ目にあったというのなら、検証のしようもあったのかもしれませんが、
その後は何もなく、アパートで金縛りにあったのもその時だけです。


好奇心の強い自分としては・・・
結局、あれは夢だったのかもしれないと思いながらも、
なぜ、あの日の朝、足をクローゼットにくっつけて寝ていたのか?が不可解で、
今でもあれが何だったのか? わからないままなんです。

自分は好奇心が人一倍強い人間なので、自分の身に起きた事が何だったのか?知りたくて仕方ないのですが、
今まで何度も不思議な体験をしているにも関わらず、それが何だったのか?が全く解明できません。
仮にあの日の夜の事が現実だったとしたら、
なぜ、沖縄から帰ってきた日の夜だけ、あんな事があったのか?
あの黒髪の女性は一体誰で、なぜあんな事をしたのか?
知りたくて仕方ないのだけど、自分には検証のしようがありません。



いつもポチっていただいてありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-07-25 20:00 | 不思議な話 怖い話 | Comments(0)

先日、ダイビングに行く車の中で、koji君と「最近、○○ダムの貯水率が下がって、ダムの下の道が見えてるらしい」という話になった。
この○○ダムというのは、僕が子供の頃はまだダムではなく、普通に川原があって人が出入りできる場所だったのだが、
高校生の頃にここでキャンプをして不思議な体験をした事があったのでkoji君とその話に・・・

この話は冒頭で書いた通り、自分が高校1年生か2年生の時の話で、
うちの父親の妹夫婦の旦那さんが、トヨタのラウンドクルーザー60(ロクマル)という大きな4WDの車に乗っていて、
その車で道なき道を行くような事や、キャンプをするような事が趣味だったので、
父親の妹夫婦とその息子二人、うちの家族の合計8名で、現在はダムの下になってしまった川原にキャンプに行った。

うちの父親は当時、ハイエースの普通のワゴン車に乗っていたので、その車では川原に降りる事ができず、
大きな橋がある所に車を停めて、おじさんの車で川原に降りてキャンプする場所に向かった。
そのキャンプする場所というのがまたすごくて、車で川に突っ込んだと思うとどんどん川の中を走って行って上流の方に・・・・。
当然、一度で8人は乗れないので2回に分けて移動したのだが、テントを張るという場所の周囲には誰もいませんでした。

テントを張った場所というのが、川の広い中洲のような場所だったのを覚えているのですが、
その時は雨が結構降っていて、今思えば雨が降っている中、川の中州でキャンプというのは、あまりにも無知で愚かな行為だったような気もします。
当時、自分は高校生だったからわからなかったけれど、今だったら「雨の日にこんな場所でキャンプなんてとんでもない!」と言ってるでしょうな。

もう30年以上前の話なので、昼間に何をしたのか?など、詳細な記憶はないのですが、はっきりと覚えているのは夜になってテントの中で寝ている時の事です。
まず、このテントというのがすごい大きさで、テントを張ると部屋がいくつもできるような構造でした。
何しろ8名が入れるテントでしたし、おじさんの話で覚えているのは、このテントを洗う時はどこかの港に行くと行っていましたから。

1日目の夜

その大きなテントで寝ていると、何時くらいだったかは全く記憶がないのですが、テントの外で足音がするので目が覚めました。
最初に思ったのは、自分たちが食べた物をあさりに近くにいる動物が寄ってきたのだろう・・・という事でした。
テントは大きかったのですが、縁をめくるとすぐ外は見れるので、手元にあった懐中電灯を持ってテントをめくり外を見渡してみました。

テントをめくって外を見ると、同時に足音も聞こえなくなるのですが、それらしき動物は何もいません。
川原はかなり広いので、仮に狸みたいな動物がいたとしても、逃げていく後ろ姿くらいは見えるはずだと思いました。

なんだろうな?と不思議に思い、また寝ようとするとまた外で ザッ、ザッ と足音がするのです。

再度、テントをめくって懐中電灯で周囲を探すのですが、動物もいないし何の姿も見えません。
その時に思ったのは、姿が見えないという事なら鳥なんじゃないのか? と思ったのですが、
考えてみると、羽をバタバタさせるような音も聞こえないし、だんだん気持ち悪くなってきて、
持ってきていたウォークマンのヘッドホンをして、再生ボタンを押し音楽を聞く事にしました。
今でもよく覚えているのですが、その時に流れてきた曲は、レベッカのモータードライブ です。

翌日、自分は全く覚えていないのですが、夜に起こったこの事を誰かに話したという記憶がありません。
子供だったので遊ぶのに夢中だったのか、その時は忘れてしまっていたのかわからないのですが、
おそらく誰にもこの話をしなかったような気がします。

2日目の夜

足音が聞こえた次の日の夜、寝ていると今度は母親に起こされました。
「あつし、あつし、なんか外で足音が聞こえるんだけど・・・」 母親にそう言われて起こされて、前の日にも自分は足音を聞いたと、
その時初めて母親に言ったような気がします。
自分は何か動物がやってきた・・・と最初思ったのに対し、母親はお金目当てに物取りみたいな人が来たと思ったそうです。

その時に気がついたのは、川原に転がっている石は、小さな物でも大人の握りこぶしくらいの大きさはあるので、
小さな動物や鳥が歩いたくらいでは、自分たちが聞いているような足音にはならないだろう・・・という事でした。
そしてよく聞くと、それは人間の歩幅というか歩くタイミングであり、人間くらいの体重で川原を歩く音だという事でした。

二日目は母親も一緒だったので、自分が懐中電灯を持って、母親がパッとテントの端っこをめくって周囲を照らしてみましたが、
テントをめくると同時に足音もしなくなり、当然何も、誰もいないという状況。
自分が初日に体験した、何もいない状況が続くだけでありました。

この事は30年以上経った今になっても、母親と「あれは何だったんだろうか?」という話になるのですが、
一緒にいながらも全く知らないままだった父親は「もうその話はいいよ」と機嫌が悪くなります。

後から知った事でしたが、川原に降りる事ができずに父親が車を停めていった大きな橋は、
いわゆる自殺の名所と言われる場所で、橋の両側には高いフェンスが張ってあります。
最近、その橋には行ってないので状況はわかりませんが、自分が知っている最後の橋の感じはそんな風でした。

自殺の名所と聞いて、あの足音が何だったのか?というのは「あぁ・・・そういう事だったのか」と思うだけで、
そりゃ~そんな所で夜中寝ていれば、足音くらいは聞くだろうと納得しています。
ただ、キャンプをしている時、近くに自殺の名所があると知っていたら、かなり怖かったとは思いますが・・・

その後、数年経ってから、ダムができてその周辺は水没しましたが、
その時思ったのは、あの足音の場所は水の底に沈んでしまうんだな・・・という事でしたけど、
最近、ダムの貯水率が下がって下が見えているというニュースを聞いた時、
あの時の足音の主も、久しぶりに地上に出たのだろうか? と、そんなどうでもいい事を考え、
今思えば、あの時のあの体験が、その後いろいろな不思議体験の始まりだったな~と思ったりもしました。

世の中には体験した本人でさえ、説明のつかない不思議な事というのはあるものですが、
人は死んで肉体を失っても、意思だけで行動ができるのだとしたら、
それはある意味、現世を生きている人間にとって希望にはならないでしょうかね?


いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-09-19 00:00 | 不思議な話 怖い話 | Comments(0)