人気ブログランキング |

山手西洋館ネタがしつこくて申し訳ありませんが、
おまけというか、ネタで持って行った
α7R + HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalの写真を投稿いたします。



HELIAR-HYPER WIDE 10mm
最近の手ぶれ補正のついたボディは、
なんだかんだと大きいので、この初代7Rが持ち歩きには最高です。
10mmなんて焦点距離に手ぶれ補正なんていりませんしね。



10mmで撮る 花と器のハーモニー


10mmで撮る 花と器のハーモニー
このレンズの画角から比べると、
15mmなんていう焦点距離は標準域ですな(笑)



10mmで撮る 花と器のハーモニー
入り口のドアから部屋を撮影すると、
部屋全体が入ってしまうという変態画角。
魚眼じゃないので、パースはあるけど湾曲はしません。



10mmで撮る 花と器のハーモニー
部屋の中なので直線が多いのですが、
パースが強烈なので、なんか変な感じがしますね。
四角形が平行四辺形になるような感覚。



10mmで撮る 花と器のハーモニー


10mmで撮る 花と器のハーモニー
αcafeに投稿したら「酔いそうだ」というコメントをもらいましたが、
確かにファインダーをずっと覗いていたら酔うかもしれません。
この視覚で生活しろと言われたら、
おそらく1日で頭がおかしくなりそうです(笑)



10mmで撮る 花と器のハーモニー
この構図は何枚か撮りましたが、
自分のスリッパの先っぽが写っている物がありました(笑)

左の下の方に、消化器が置いてあったのですが、
それを構図から外すのに苦労しまして、
なにしろ、あまりにも画角が広いので、
入れたくない物を構図から外すのが困難だったりします。



10mmで撮る 花と器のハーモニー
レンズの最短撮影距離は30cm。
すごい寄って撮っても、普通に撮ったように写ります。



鼻デカ
港の見える丘公園にあったキャラクターですが、
鼻デカ!を撮ろうと寄ってみました。
この「鼻デカ」は、魚眼レンズの方が面白いですね。



ランキングのカテゴリーが変わりました。

現在50位!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-19 20:38 | 撮影記 | Comments(0)

前回の続き、超広角レンズで撮る山手西洋館「花と器のハーモニー」
次はベーリック・ホールに行ってみたいと思います。


花と器のハーモニー ベーリックホール


花と器のハーモニー ベーリックホール
ここは毎度、自分の感覚と現実が違う場所で、
意外と明るいように見えて、実は結構暗いという・・・。

ここの装飾は、派手では全くなくてシックな感じでした。



花と器のハーモニー ベーリックホール
テーブルの上をよく見ると、落ち葉というか枯れ葉というか渋い!



花と器のハーモニー ベーリックホール
たまに結婚式をやっているホールの方に来てみました。
テーブル装飾の渋さとは違い、こちらはゴージャス!!



花と器のハーモニー ベーリックホール
ここには熱心なカメラ女子の方がいまして、
ずっ~~~~~と長時間撮っていたものだから、
長らく待ちまして、ようやく無人のショットが撮れました。



花と器のハーモニー ベーリックホール
窓際の綺麗な光が入っていた場所なので、
ふんわりと現像してみました。



花と器のハーモニー ベーリックホール
建物の2階に移動してきました。
定番のタイプライターも、広角で撮ると雰囲気が違います。



花と器のハーモニー ベーリックホール
ここはあえて右側にドア部分を入れて、
前後の遠近感を出してみる事にしました。
現像は時間をかけてやったのですが、
個人的なイメージは「三小田智子風」なんですけどどうですか?姉さん?



花と器のハーモニー ベーリックホール
この後、雨が降るという予報だったので、
あまりのんびりもしていられないと次に行く事にしました。
次は山手234番館に行きます。



山手234番館
ここ山手234番館は、何となく苦手意識がある場所なんですが、
とりあえず行ってみる事にします。



花と器のハーモニー 山手234番館


花と器のハーモニー 山手234番館
どうも、後ろの窓が大きいせいなのか、
光の入り方が難しいというか、コントロールしにくい光が入ってくるんですよね。
そのせいで苦手だと思ってるんですが・・・



花と器のハーモニー 山手234番館
建物の2階にやってきまして、
いくつか撮ったのですが、どうもうまく撮れる感じがしないので退散。



花と器のハーモニー イギリス館
そんなわけでイギリス館にやってきました。

天井のシャンデリアがゴージャスだったので、
超広角の画角を利用して、テーブルと天井をショット!



花と器のハーモニー イギリス館


花と器のハーモニー イギリス館
ここイギリス館は、毎度装飾のセンスがいいな~と思う場所です。
空間の広さなのか、雰囲気なのかわかりませんが、
非常に落ち着くというか、居心地が良い感じがします。



花と器のハーモニー 山手111番館
最後は「山手111番館」です。
吹き抜けの空間が印象的。



花と器のハーモニー 山手111番館
テーブル装飾はシンプルな感じでした。
ここは混んでいたけど、例によって無人になるのを待って撮影。



花と器のハーモニー 山手111番館
窓の方から順光で撮ると、コントラストが面白くないですね。
やっぱり苦労はあるけど、逆光の方が写真としては良いと思いました。



花と器のハーモニー 山手111番館
違う部屋にはこんな装飾もありました。

数時間かけて、数件の洋館を廻りましたが、
やはりのんびり撮影しようと思ったら、半日以上は必要かもしれません。
ただ、テンションが効かなくなる可能性は高いです(笑)

写真が多すぎて投稿できなかった、
超広角10mmで撮影したのがいくつかあるので、
それは次回、まとめて投稿したいと思います。



ランキングのカテゴリーが変わりました。現在61位!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-18 07:30 | 撮影記 | Comments(0)

αcafeを見ていたら、ノッチ師匠が山手西洋館に行ったようで、
Aマウントの16-35mmという、超広角レンズで撮影した作品が並んでおりました。

西洋館の撮影というと、35mmから100mmくらいの焦点距離を使っていたせいか、
師匠の画角が斬新に見えまして、自分も超広角持って行ってみようと思ったのであります。



タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di USD
今回のメインレンズはこれ。タムロンのSP 15-30mm F/2.8 Di USDです。
重さが1kgありますが、これと持っていくのが
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalだけなのでトータルは軽いでしょう。



花と器のハーモニー ブラフ18番館
まずは「ブラフ18番館」からスタート!

ボディはα99Ⅱ。
屋内は暗い場所も多いので、暗所に強いセンサーの方が有利です。
4200万画素はいらないんですけどね・・・。



花と器のハーモニー ブラフ18番館



花と器のハーモニー ブラフ18番館
今まで35mmから90mmくらいで撮っていた西洋館ですが、
超広角15mmで撮るのも面白いですね。
ピンポイントな物撮りというより、部屋全体を入れる感じの構図になります。

ただ、人が一人でも周辺にいると入ってしまうので、
無人になるまで待つという忍耐は必要でしたが。



花と器のハーモニー ブラフ18番館
ワイドマクロ的にも使えます。
広角で寄って撮るのも面白い撮り方です。
水中写真では、ニコノスの15mmでよくやりました。



外交官の家 HDR
次は「外交官の家」に移動。
建物の外観を撮り、HDRで現像してみました。
自称「バイオハザード洋館風 外交官の家」



花と器のハーモニー 外交官の家
山手西洋館の中でも、ここが一番暗いんじゃないかな?
ISO1250でございます。
ここの装飾は、部屋をいっぱいに使った巨大な物でした。
そうなると超広角レンズグッジョブ!です。



花と器のハーモニー 外交官の家
この画角の中に、人を入れないようにするのが何よりも至難の業でした。
カメラを持ったまま、何分立っていた事か・・・



花と器のハーモニー 外交官の家
このメインのテーブルの周辺には、常に人がいたので一番苦労しました。
頭の中で、あみんの「待つわ」が流れるほど・・・



花と器のハーモニー 外交官の家
窓際の空間は、光量もあって撮影しやすい場所でした。
立ち位置が決まってしまうので、15mmの画角でも少し狭いくらい。



花と器のハーモニー 外交官の家
建物の2階にやってきました。
ここはおそらく書斎なんだと思いますが、
飾られていた花もワイルド!



花と器のハーモニー 外交官の家
花という装飾を写すというより、
花という装飾がある空間を写す・・という方が正しいかもしれません。
50mmくらいで無難に撮るより、こういう方が斬新でいいかも!



花と器のハーモニー 外交官の家
窓際のコントラストが良い場所でした。
普通に撮ってしまうと、窓が白く飛んでしまうので、
そうなってしまったら負けです。
ハイライトをいかに抑え込むか?が戦いになりますね。



花と器のハーモニー 外交官の家
浴室とトイレの空間。
壁が白いので、コントラストが難しい場所でした。



外交官の家 紫陽花
外に出ると紫陽花が咲いていたので撮ってみましたが、
花は超広角じゃない方がいいかも(笑)

次はベーリック・ホールに行ってみましょう!



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-16 19:30 | 撮影記 | Comments(0)

エーデルさんのブログを読んでいたら、山手111番館で人形着物作品展というのをやっている事を知り、
エーデルさんの写真を見たら、透明感のある美しい写真だったので自分でも撮ってみたくなりました。

https://edelweiss8.exblog.jp/29325830/

エーデルさんの投稿にコメントしたら、
「私より可愛いお人形はいないけど、行ってみたらどうですか?」と、
そんな事は全く言っていませんでしたが、30日に一人でノコノコ行ってみました。



アメリカ山公園


アメリカ山公園


アメリカ山公園のチューリップ
山手111番館に行くには、みなとみらい線の「元町・中華街駅」が一番近いので、
そこからアメリカ山公園を抜けて行く事にしました。
花が沢山咲いていて、春なんだなぁ~と。



山手111番館


人形着物作品展
この人形着物作品展は、エーデルさんは85mmGMで撮っていたので、
それに対抗するべく α7RⅡ + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical で挑みます。



山手111番館・人形着物作品展
会場はあまり広くありませんでしたが、光の感じは悪くありませんでした。
それでも屋内だったのでISO500です。



山手111番館・人形着物作品展
最初、横構図で撮ってみたのですが、
人形は縦長というのもあり、縦構図の方がしっくりくるような気がします。
しまったぁ~縦グリ持ってくるんだったなぁ。



山手111番館・人形着物作品展


山手111番館・人形着物作品展
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは言うまでもなくMFのレンズなので、

SONYのウリである「瞳AF」なんてものは使えません。
MFで瞳にピントを合わせないといけないので、
かなり慎重な作業になりました。



山手111番館・人形着物作品展
このバイオリンを持った人形は、一番意識がいきました。
衣装の水色が美しかったからかもしれません。



山手111番館・人形着物作品展


山手111番館・人形着物作品展


山手111番館・人形着物作品展
置いてある場所は移動できないので、
自分の立ち位置と、カメラの角度を工夫するしかありません。
絞りは開放のF2.0 or いくらか絞って使う感じでしたが、
被写界深度が狭いので、MFで手持ちで瞳にピントは結構辛い。



山手111番館・人形着物作品展
下の方から俯瞰で撮ってみると、
何となく見つめられているようで悩ましい・・(笑)



山手111番館・人形着物作品展
他の人形もいくつか撮影しました。


山手111番館・人形着物作品展


山手111番館・人形着物作品展


山手111番館・人形着物作品展
撮影していたら、人形の着物を作った先生が話しかけてくれましたので、
しばらくお話させていただきました。
どうやらこの衣装、1年間で8着くらいしか作れないとの事でした。
つまり1ヶ月に1つはできないと・・・。

細かい刺繍までご自身でやられるという事でしたから、
相当細かい作業をコツコツとされているようです。



山手111番館・人形着物作品展
普段からポートレート撮影にも興味がないし、
ましてや人形を撮る機会もなかったもんで、たいしてうまくも撮れませんでしたが、
気分的には新鮮で楽しかったです。

この人形の写真をInstagramに投稿したら、
知り合いの女性にドン引きされてしまうという事態になりましたが、
見ていただきたいのは、人形というより衣装ですからね。

どうやらエーデルさんも最近、撮影に行かれたようです。
https://edelweiss8.exblog.jp/29338871/

エーデルさんの写真が素晴らしいので、
なんだか投稿しにくいなぁ~(笑)



いつもポチっていただいてありがとうございまする。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-30 22:04 | 撮影記 | Comments(2)

皆様、メリー・クリスマスでございます。
山手西洋館クリスマス装飾シリーズもいよいよ最後になりました。
読んでいただいている方も飽きてきたと思いますが、自分も飽きてきたので仕方ないでしょう(笑)
場所は外交官の家から、ベーリック・ホールへと移動します。



山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール


山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール
ベーリックホールの装飾は派手さはなく大人の雰囲気でしたが、ドイツがモチーフだそうです。
ここは外交官の家と比べて窓が大きくて多いので、光量が多くてコントラストはあまりない感じかな?
やはり人が多いので、標準よりも長めの焦点距離のレンズで切り取る方が撮りやすいかも。



山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール


山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール


山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール
たまに結婚式をやっているホールには、地味ながら装飾がありました。
写真には写っていませんが、トナカイが引くソリはフォトコーナーになっていて、
サンタの帽子を被って写真を撮る場所になってましたから、カップルで行くにはいいと思いますよ。



山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール
階段を上がって2階にやってまいりました。
ここでも入ってくる光と相談しながらの撮影になります。



山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール


山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール
これらの装飾がクリスマスと関係あるのかわかりませんが、
やはりシックな感じで大人の雰囲気でございます。
このあたりの撮影は、焦点距離65mmは扱いやすかったなぁ。



山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール
洗面所は壁のブルーが美しいのと、コントラストがよかったので撮ってみました。
ベーリックホールの2階というと、左側にある形の窓がありますが、
この窓が何ともフォトジェニックで好きなんですよね。



山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール


山手西洋館・ベーリック・ホール


山手西洋館クリスマス装飾・ベーリック・ホール
定番のタイプライターを撮ってみました。
ハーフマクロなので接近戦にも強いし、こういう物は非常に撮りやすいですね。
フォトヨドバシみたいに撮りたいと思って撮りましたけど、うまくいったでしょうか?(笑)

タイプライターの撮影を最後にベーリックホールを出まして、
すぐ隣にあるエリスマン邸に行ってみました。



山手西洋館クリスマス装飾・エリスマン邸
エリスマン邸はモナコのクリスマスを再現しているそうです。



山手西洋館クリスマス装飾・エリスマン邸
エリスマン邸での撮影は、何となく苦手意識があるんですが、
建物の角度のせいか、この時間帯はコントラストがなくのっぺりしています。

撮影しながら外を見たら、いきなり雨が降ってきて「あちゃ~雨降ってきたわ~」
何となくテンションが落ち、周っていない西洋館もあったのですが「帰るべ~」と撤収。
ブログへの投稿は3部にもなりましたけど、撮影時間は2時間くらいだったような気がします。
少し撮影すれば、投稿3つ分になる西洋館の装飾撮影はお得だと思いました(笑)



いつもポチッとしていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-24 10:24 | 撮影記 | Comments(0)

続けて投稿したいと思っていたところ、番狂わせのフォトコン入選があったので仕切り直しです。
山手西洋館クリスマス装飾の続きになりますが、今回は「外交官の家編」でございます。
撮影は α7RⅡ + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical のみとなります。



山手西洋館・外交官の家の前にある椅子
ブラフ18番館から外交官の家に行く際、必ず前を通るテーブルと椅子なんですが、
いつもその形が美しいと思い撮ってしまいます。



山手西洋館クリスマス装飾・外交官の家
外交官の家のクリスマス装飾は、スペインのクリスマスがモチーフのようです。
もちろんスペインには行った事がないのでよくわかりません。



山手西洋館クリスマス装飾・外交官の家
外交官の家は、中に入ると非常に暗いのですが、
窓から入る光をよく見て、コントラストに気を配ると面白い場所ですね。



山手西洋館クリスマス装飾・外交官の家
あまり天気が良い日だと、窓から入る光が強烈でコントラストがキツくなるので、
この日はあえて曇り空の日に行きましたが正解だったようです。



山手西洋館クリスマス装飾・外交官の家
ここは西洋館の中で、一番コントラストが綺麗な場所じゃないかな?と思うのですが、
テーブルの周辺は人が沢山集まるので、じっと待って人がいなくなるタイミングを狙わないと撮りにくいですな。



山手西洋館クリスマス装飾・外交官の家


山手西洋館クリスマス装飾・外交官の家
シグマのレンズは金属を撮ると素晴らしい描写をしますが、
このアポランターはガラスを撮ると非常に美しい描写をすると思いました。
貼り付けた写真は解像感がガタ落ちなので残念なんですけどね。



山手西洋館・外交官の家
2階の社長室みたいな部屋は、特にクリスマスっぽい装飾はなかったです。
絞り開放で撮影し、奥行き感を出してみました。



山手西洋館・外交官の家
ここも窓があったので、コントラストが綺麗な角度を模索しながら撮影。
こんな風に美しいコントラストを探す感性というのが重要なんでしょうな~。
物撮りすると女性の方がうまいっていうのは、このあたりの感性が優れているのかもしれませんね。
おっさんが美しいと感じる部分とは、きっと違うんでしょう。



山手西洋館・外交官の家
浴室の中は明るくて綺麗な光が入っていたので、クリスマスとは関係ないけど撮ってみました。
花の赤が鮮明な事で、葉の緑色が引き立っていました。



山手西洋館・外交官の家の前のバラ
そんなわけで外交官の家を出ましたが、外にあったバラが綺麗だったので撮ろうとファインダー覗いたら、
背景が殺風景だったので、人がやって来るのを待ってからパチリ。

次はベーリック・ホール、エリスマン邸に行ってみたいと思います。


またもやエーデルさんに追撃されているランキング!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-22 10:30 | 撮影記 | Comments(0)

12月も半ばを過ぎてくると、だんだん「あ~今年も終わりっすな~」と実感が湧いてきます。
街に出ると、どこもクリスマスの飾り付けとカップルばかりなので、いろんな意味で寒すぎますわな(笑)

今年は山手西洋館にあまり行きませんでしたが、クリスマスとなると飾り付けにも気合が入っているだろうという事で、
クリスマスくらいは行っておこう!と、おっさん一人で西洋館を目指すのでありました。


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
αcafeの投稿では、チラホラと拝見させてもらっていましたが、
チョコさんが平日に行ったのに混んでいたとコメントされていたので、
休日にしか行けない自分は、相当ごった返しているんだろうと覚悟して出陣。



山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
実際にブラフ18番館に来てみると、予想通りすごい人の数でございます。
本当は35mmあたりでも撮ってみたかったのですが、35mmの画角だと混んでいて人が入ってしまう懸念があったので、
持参したのは α7RⅡ + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical と、
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS の2システムだけ。
狭い画角で人を入れない作戦であります。



山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
α7Ⅱでもよかったのだけど、西洋館の中は意外と暗いので暗所に弱いカメラは避けてみました。
実際に使ってみるとISO400からISO800あたりを多用したので、α7Ⅱでも全然大丈夫でしたね。



山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは例によって素晴らしい描写をしますな~。
ブラフ18番館は意外と狭い空間なので、65mmだと微妙に長い感じは否めないのですが、
頑張って後ろに下がったり、ハーフマクロなので接近して撮ったりと工夫が必要でした。
できれば50mmくらいが自分的には使いやすいかも。



山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
よくブログで書いていますが、こういう物撮りは苦手意識が強いので難しいです。
三小田智子姉さまのような感性、才能があるとドキッとするような写真が撮れるんですが、
才能のないおっさんが撮ると、まあこんなもんでございます。



山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは背景のボケも綺麗なレンズですね。
こういう限られた空間で立ち位置を決め、MFでピントを追い込んでいくっていう撮影は楽しいです。
すごく丁寧な撮影をしているという感覚(錯覚?)になるので、
満足度というか、幸福度というか高い感じ!



山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館


山手西洋館・クリスマス装飾・ブラフ18番館
結局、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalでの撮影が楽しすぎて、
ここ、ブラフ18番館ではFE 90mm F2.8 Macro G OSSはバッグから出すことすらなく・・・・

人は沢山いましたけど、構図の中に人を入れずに撮る事ができた事については自分を褒めてあげたいと思います(笑)
撮影枚数が多いので、何となく選んで投稿させていただきましたが、
次は「外交官の家」に行ってみたいと思います。



毎度ポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-18 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

13日の土曜日は、ノッチ師匠と数名のα仲間と客船、セレブリティ・ミレニアムを撮影することになり、
早めに集合して、山手西洋館から大さん橋までフォトウォークです。
この日は特に西洋館でテーブル装飾があるとか、イベントがあるわけでもなかったので、
そんな何もない西洋館は、いったいそんな雰囲気なのか? かえって興味があったりして・・・・



山手西洋館スナップ
この日は相当歩く事が予想されたので、重たい機材は嫌だな~と思いまして、
持ってきたのがボディα7Ⅱ、レンズは 24-70mm F2.8 ZA SSMと100マクロの2本だけ。
西洋館は意外と中が暗いので、F4スタートのレンズだとちょっとキツイのです。



山手西洋館スナップ
西洋館での撮影といえば、小物を撮るようなカテゴリーになると思うのですが、
まあ、こういうのは女性の方が圧倒的にうまかったりするわけです。
それでもおっさんの感性で撮るしかなく、とにかく頑張って撮ってみましょう。



山手西洋館スナップ
なんだかんだ言っても、ズームレンズって便利だな~と思いました。
24mmって単焦点では風景を撮るくらいの認識しかないのだけど、
こうして狭い空間に入ると24mmが使えるのはいいですね。



山手西洋館スナップ
自分、ここの階段大好きなんですよね(笑)
いつもいろんな角度から撮ってみるんだけど、未だにベストショットがありません。
階段が反射している部分のコントラストが美しいと思います。



山手西洋館スナップ
誰か人が来てくれるといいんだけどな~と待っていたら、
一緒に行っていたYちゃんが降りて行ってくれたので激写!(笑)



山手西洋館スナップ
ここのコントラストはいつ見てもいいですね。
あまり天気が良すぎると、コントラストが強くなってイマイチなんですが、
この日は曇っていたから、光も柔らかい感じでよかった~。



山手西洋館スナップ


山手西洋館スナップ
標準ズームに銘玉なし!と言われるように、標準ズームにはあまり期待していないのですが、
近接の被写体だと意外といい感じかもしれません。
でも、こういう構図だと、F1.4の開放を使いたくなりますね。



山手西洋館スナップ


山手西洋館スナップ
定番のタイプライター。
昔は闇雲に撮っていたけど、さすがに今は光を読んでから撮ろうという余裕があります。
まあ、誰が撮っても似たような角度、写真になるんだけどね(笑)



山手西洋館スナップ
縦構図にして照明まで入れてみました。
窓の外を白飛びさせないように、アンダー気味で撮影してライトルームで調整です。



山手西洋館スナップ
バスルーム
明るくて爽やかな空間です。うまく表現できたかなぁ?
こういうのを
三小田姉さまが撮ると、神がかり的にすごい写真になるから不思議。
まあ、あの方の写真は、ある意味魔法ですから。



えの木てい
西洋館じゃないけど、ここはお茶するところ「えの木てい」

西洋館でゆっくり撮りすぎて、だんだん時間が押してきたので山下公園の方に移動です。
山下公園ではインドのお祭り「ディワリ・イン・ヨコハマ」をやっていますから、
それも少し見てみたいですし、ここのところ日没も早いですからね。

というわけで、客船の撮影は次の投稿で。




いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-15 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

カメラを趣味にしている人なら、横浜で開催されているCP+2017が気になるところでしょうが、
自分、混んでいる所が大嫌いだし、特に触れてみたいという製品もないので全く行く気もなく・・・・(笑)
写真が趣味で、横浜に住んでいて、写真のブログをやっているのにCP+に行かないのは自分だけかもしれません。

そんなわけでどこに行ったのかというと、この時期は特に被写体があるわけでもなく、
ネットでちょっと調べたら、山手西洋館 ブラフ18番館でお雛様装飾があるという事でした。
おっさんなのでお雛様に興味もなかったのですが、α99Ⅱとシグマ35mm F1.4 DG HSMの組み合わせを使ってみる良い機会だと思いまして、
CP+に行かないのに横浜の方に出掛けてみるのでありました。



ブラフ18番館
当日はとてもいいお天気。
お天気が良いので屋内の撮影は勿体無いような気もしましたけど、意外と空気が冷たくて寒い日でした。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
35mmの画角というと定番な気がしますが、個人的には少し広いな~という感じで50mmの方がしっくりくるんですけどね。
少し後ろに下がると、お雛様の装飾はおおよそ全体が入る感じ。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
ここのところF4スタートのレンズを使うことが多かったので、F1.4のレンズは使っていて気持ちいいです!
F1.4の開放ではピント面が薄すぎるので、実際に使う時はF2.0~F2.8くらいに絞って使う事が多いのですが、
元々開放でもカッチリ写るレンズなので、ちょいと絞れば解像力は一気に良くなるという印象。
このレンズの描写力を基準に考えると、ズームレンズはこの領域にはなかなか踏み込めないでしょうね。 



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
AFはα99Ⅱのフレキシブルスポットを使い、人形の顔でピントを拾っています。
AFの速度は特化して速いというわけではありませんが実用範囲。精度に関してはたまに外す事もありますが、これも十分実用範囲だと思います。
シグマレンズはピント精度が悪いという意見をたまに見ますが、個人的にはそれほど悪くないと思いますよ。



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
そういえば、この日はα99Ⅱに初めて縦位置グリップを装着して使用してみました。
元々、α77Ⅱに使うために購入した物ですが、α99Ⅱが出て使いまわせるという事でお財布にも優しい互換性!(笑)
できれば旧型のα99の縦位置グリップが使えたらよかったと思いますが、ボディサイズが違うからこれは仕方ないか・・・・



ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾


ブラフ18番館 桃の節句   "華"!"花"!装飾
やはり縦構図は縦位置グリップがあると楽に撮影ができますね。



ブラフ18番館 本棚
今回使用した組み合わせ、α99Ⅱと35mm F1.4 DG HSMに関しては、アマチュアが趣味で使うには、ほぼ最高クラスの解像力を誇る描写が得られるのではないでしょうか?
自分、この手の撮影に苦手意識があるので、うまく撮れたとは全く思えないのですが、
開放F1.4のレンズを使っての撮影は、ファインダーを覗いているだけで楽しいものです。
このシグマ35mm F1.4 DG HSMは、個人的にオススメの一品!



ポチッとよろしく!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-02-26 00:20 | 撮影記 | Comments(0)

山手西洋館のテーブル装飾は、ハロウィンに行った時にお腹いっぱいになり、
テーブル装飾は花と並んで苦手な撮影だし、うまく撮れないからもう行かなくてもいいかな?と思っていたのですが、
エーデルさんと、みけさんに誘っていただいたので、お散歩のつもりで参加させてもらいました。



ブラフ18番館
当日はとても良いお天気!
思い返してみると、今年は春から夏くらいまでずっと天気が悪くて、
ろくに撮影にも行けずに愚痴ばかりブログに書いていたような気がしますわな。
ここに来てようやくお天気の日が多くなりましたが、良いお天気の日に屋内撮影とは(笑)


山手西洋館クリスマス装飾
今回もα99Ⅱです。 レンズはいろいろと悩みましたが結局Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM。
考えてみると、西洋館に24mmの画角を持つレンズを持ってきた事がありませんでした。
いつも広角を持ってこないのは、どうせ人が沢山いて広角では撮れないだろうと考えていたというのが理由なんですが、
なぜかここでは人がいないタイミングで撮れたから不思議。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
何度来ても、何度撮っても上達しないようで、どう撮っていいのかよくわかりませんです。
とりあえずその場で思ったように撮ってみるのですが、まあこんなもんでしょう。



山手西洋館クリスマス装飾
エーデルさんはα7RⅡとFE35mm F1.4というゴージャスな機材で撮影に挑んでおりました。すごいな~35mmの1本勝負ですよ。
今回、α99Ⅱに初めてVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着しましたが、
フォーカスも速くて正確! 描写も十分素晴らしいと思います。
ただ、何となく感じとしてレンズが負けているような気はしますな。
Aマウントの標準ズームは、そろそろ設計からリニューアルするべきだと思うに一票入れておきます。



山手西洋館クリスマス装飾
外交官の家にやってきました。
ここはいつ来てもとにかく 暗い 場所です。
しかも、現在外壁の工事中なので、外側をビニールで覆っていて更に暗い。
カメラマン泣かせの場所ですが、α99Ⅱを持ってきているという事でちょっと心強い感じ。


山手西洋館クリスマス装飾
テーブルの上に置いてあったリンゴですが、
こちらのスタッフの方にお聞きしたら、このリンゴなんと作り物だそうです!
てっきり本物のリンゴを置いてあると思ったのですが、本当によくできています。
蔕(ヘタ)の部分に汚れが着いているところなんてリアルでしょ?



山手西洋館クリスマス装飾
こちらミニチュアです。
あまり近くに寄れないのでトリミングで処理してみましたが、
さすがに4200万画素あると余裕で、お皿に書いてある絵までわかります。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
こちらベーリックホール。
ここはベトナムのクリスマスがテーマだったようです。
サンタの被っている笠と、バイクがその象徴みたいな感じですね。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
テーブルの方はこんな感じです。
カメラの性能に腕がついていっていないのが申し訳ない。
今回はカメラの高感度性能を信用し、ISOはAUTOで撮ってみました。



山手西洋館クリスマス装飾
装飾品の下に鏡が置いてあったので、反射が面白いと思い上の方から撮影。
こういうのはどこにピンを置くか? とか、被写界深度が難しいと思うのですが、
自分なりに撮るとこんな感じになりました。今度どう撮るかエーデルさんに聞いてみます。


山手西洋館クリスマス装飾
ベーリックホール2階にやってきました。
ここの2階は太陽光線の入り方によって、コントラストが出てくる場所です。
そんなのをジロジロ見ながら構図を考えてみました。



山手西洋館クリスマス装飾
キリスト誕生をモチーフにしたフィギアです。
ここもコントラストが良い感じだったので、いろんな角度で撮ってみましたが、これが一番良さげです。文字通り神々しい感じ・・・かな。



山手西洋館クリスマス装飾


山手西洋館クリスマス装飾
ベトナムの衣装はこうしてみるとオシャレです。
この建物は窓がいくつかあり、窓の形も独創的で面白いですね。



山手西洋館クリスマス装飾
手前の黒いぬいぐるみ、絶対にカメラ目線だと思います。



山手西洋館クリスマス装飾
こちらはエリスマン邸。
ここはいつもながら派手なイメージもなく、どちらかといえばシックな感じです。
ガツガツ撮るという感じもなく、ブログ用に撮っておこう程度。



山手西洋館クリスマス装飾
一度は誰もが住んでみたいと思う「お菓子の家」
パーツをよく見てみると、マーブルチョコやアポロチョコが・・・(笑)



山手西洋館クリスマス装飾


DSC00254
あとはイギリス館や山手111番館などにも行きましたが、
とにかく人が多くて思うように撮れないし、テンションも落ちてきたのでこんなところにしておきましょう。

この後、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに行きましたが、
それは次の投稿にしたいと思います。
・・・というか、写真の整理が間に合っていないと白状しておきます(笑)


ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-12-20 22:00 | 撮影記 | Comments(6)