人気ブログランキング |

タグ:大桟橋埠頭 ( 23 ) タグの人気記事

前回の投稿と同じ日の行動ですが、
夜になるのをひたすら待ってからの撮影です。

雨上がりの日でしたので、あちこちに水たまりができてまして、
夜になったら周囲の物が写り込むかも・・・と、
水たまりを覗き込んでみたら、インターコンチネンタルホテルが写っていたので、
これは夜になったら撮ってみようと思いつきました。

しかし、周囲はまだ明るく、日没までは2時間ほど待たないといけません。
仕方なくあっちウロウロ、こっちウロウロとしていましたが、
だんだん疲れてきたので、水たまりの前に座ってずっと待ちました(笑)



2020-06-28 横浜夜景
ようやく周囲も暗くなり、目の前にあったにっぽん丸にも灯りがつきました。
水面の写り込みが綺麗です。



2020-06-28 横浜夜景
雨があがってから長い時間経ったと思いますが、
水たまりの水もなくならずにいてくれまして、
おかげでこんなリフレクションを撮る事ができました。
これを撮るのに2時間待つ価値があるかどうかは疑問ではありますが・・・



2020-06-28 横浜夜景
ハンマーヘッドの前からインターコンチネンタルホテルを撮影。
ここから大さん橋に向かって移動しながら撮っていきます。
三脚は持ち運びに楽なbefreeを持ってきましたが、
α99 + 24-105mm F4 DG HSMだと強度が不安です。



2020-06-28 横浜夜景
ハンマーヘッドの裏側に来てみたのですが、
工事中だし、ゴチャゴチャしていて構図になるような場所ではなかったです。
人がいないのでカップルがイチャついてまして、
なぜか腹が立ってきたので撤収!



2020-06-28 横浜夜景
マリンアンドウォークからインターコンチネンタルホテルを撮影。



2020-06-28 横浜夜景


2020-06-28 横浜夜景
赤レンガ倉庫。
いつもイベントをやっているイメージでしたけど、
コロ助のせいでイベントはやっていないのでしょうか?
椅子が等間隔で設置してありましたが、
これは「蜜るな」という事ですかね?



2020-06-28 横浜夜景
この辺りからは飛鳥Ⅱが良く見えるエリアなので、
大桟橋まで飛鳥Ⅱ狙いでいきます。



2020-06-28 横浜夜景
個人的に好きなのは、客船の煙突から出ている煙を長秒で撮る事。
風に流されている感じが出てると思います。



2020-06-28 横浜夜景
飛鳥Ⅱは照明が明るすぎて、夜は撮りにくいんですよね。
マイナス目で撮ってLightroomで調整。



2020-06-28 横浜夜景
照明の関係で寂しそうな象と飛鳥Ⅱ。
象よおまえもか!



2020-06-28 横浜夜景
プロムナード越しに狙ってみました。
床がアクリル板なので、綺麗に反射するかと思ったけどイマイチ。



2020-06-28 横浜夜景


2020-06-28 横浜夜景
大桟橋までやってきました。
ここで21時少し前という時間でしたので撤収。
日没が遅いので、撮影時間があまりないのがどうもいただけない。




by momoken805947 | 2020-07-01 22:01 | 撮影記 | Comments(0)

横浜の夜景と飛鳥Ⅱ

前回の投稿と撮影日は同じなので続きとなります。
前回はFE135mm GMでのスナップでしたが、夜景を撮るのにレンズを交換しました。
交換したレンズは、昨年の年末に購入したのに、
コロ助のせいで最近出番のなかったシグマ24-70mm F2.8 DG DN。

発売されてから半年が過ぎましたけど、
未だに人気のあるレンズのようで、
タムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDと良い勝負しているようです。



飛鳥Ⅱ


飛鳥Ⅱ
夜景まで撮ろうと欲張ったのはよかったのですが、
この時期、一年でも一番日が長いとあってなかなか暗くなりません。
待ちくたびれて帰ろうかとも思ったのですが、
久しぶりに横浜に来たというのもあって、
大さん橋のクジラの背中でじっと待っておりました。



みなとみらい
久しぶりにこの風景を見たな~と思いつつ、
観覧車が虹色に変わる時間だけはきちんと覚えておりました。



飛鳥Ⅱ


プロムナード


みなとみらい
日曜日の夜というのもあるのでしょうが、
横浜じゃないくらい人がいませんでした(笑)
プロムナードの上の方に上がって、そこから撮影する事にします。



プロムナード
ここは今まで人通りが多く、
こういう風景を撮りたいと思ったら人の通るタイミングが難しかったのですが、
この日はほとんど人もおらず、簡単に撮影ができて快適ではありました。



県庁
県庁は青色にライトアップされていました。
東京都のアラートは赤色でしたが、
あれはパフォーマンスだったと思います。
都知事の「私頑張ってやってます」というの
に付き合わされただけ・・・




飛鳥Ⅱ


飛鳥Ⅱ


飛鳥Ⅱ
プロムナードの上から撮る方が、
微妙に角度がつくので構図が立体的になりますね。
下から撮ると平面的な写真になってしまうし、
これ以上高い所から撮ると、それもまた角度が付きすぎるかもしれません。



飛鳥Ⅱ


みなとみらい
赤レンガの方まで行ってみようと思ったのですが、
スタートが遅かったのでいい時間になってしまい、
今日はこのエリアで終了する事にしました。

日曜はみなとみらいのビルに明かりがついていないので、
夜景を撮るには向いていないのですが、
久しぶりに横浜で撮影できて、日常が少し戻ったような気になりました。

しかし、シグマの24-70mm F2.8 DG DNの写りはすごいですね。
単焦点と遜色ないと言っても過言ではないでしょう。
タムロンのより重くて大きいけど、
スナップを撮るならタムロン、三脚に乗せるならシグマと使い分けたいところです。


by momoken805947 | 2020-06-17 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

大黒ふ頭で飛鳥Ⅱを撮影した後は、大さん橋に入港する「にっぽん丸」狙いです。
にっぽん丸は大きな船ではありませんが、個人的に船のお尻の形が美しく、お尻美だけで十分被写体になります。
そこんとこは女性と同じかもしれませんなぁ(笑)


大桟橋埠頭
大黒ふ頭から大さん橋までは、車で移動すれば数分の距離です。
途中、腹が減ったので夕食を食べ、大さん橋に着いた頃はちょうど良い時間。



にっぽん丸
何がちょうど良いのかといえば、お目当てのにっぽん丸が接岸するタイミング!
このタイミングでにっぽん丸を見るのは初めてだったのですが、
タグボートがにっぽん丸のお尻をグイグイと押してました。



にっぽん丸
そして無事接岸!
平日の夜という事もあって、人はあまりいません。



大さん橋 タグボート
にっぽん丸のお尻をグイグイ押していたタグボート。
見るからに作業用の船という感じです。



大さん橋 タグボート
港を支える人たちという感じがします。本当にご苦労さまです。
日本の国は、こういう表舞台に出ない人たちで支えられていると思います。

完全に静止している船ではないのでISO3200で撮影。
毎度、ソニーの4200万画素センサーは、ノイズが少ないと関心させられます。



にっぽん丸
前の方からも撮ってみました。
立ち位置が限定的ですから、構図も限定的なのは仕方ないですね。



にっぽん丸
ベイブリッジを入れて変態構図。
こんな構図もちょっとだけなら面白いかも。



にっぽん丸
少し高い所から撮ってみました。
右側の通路のコントラストが、写真的には良い感じだったと思います。



大さん橋からみなとみらい夜景
大さん橋に来て1時間くらいは撮ったと思いますが、
モチベーションが上がらない感じで、どうも気分が乗らないのでここでタイムアウト。

長年、写真を撮っている人には分かるかもしれませんが、
どうも撮影していて気分が乗らないなぁという事があります。
この日はまさにそんな感じだったもので、無理せず早目に帰る事にしました。

写真は趣味であり、仕事ではないので楽しい時だけ撮るのが基本。
気分が乗らない時は、良い写真が撮れない法則もありますしね。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-11-05 08:00 | 撮影記 | Comments(1)

普段からブログによく登場する人物、「ノッチ師匠」ですが、
ゆりやんいわく「あっつの方が写真歴は長いのに、何でノッチさんが師匠なの?」という疑問があるようで、
ぶっちゃけて言うと「師匠」ってのはあだ名みたいなものなので、
ゆりやんには「それを言っちゃ~元も子もない」と返答しています(笑)


金曜日の夜、ノッチ師匠に呼び出された!_e0341572_09335102.jpg

ちなみにノッチ師匠とは、左側にいるおっさんです。

さて、そんなノッチ師匠のすごいのは、
客船「にっぽん丸」を修理、メンテナンスをする仕事をしているって事なんですが、
にっぽん丸が大桟橋埠頭に停泊になると仕事のようで、
仕事が終わると撮影をしたいらしくメールが来ます。

「明日、仕事が17:00に終わるからにっぽん丸撮るよ」

普通は
「明日、仕事が17:00に終わるから、にっぽん丸撮るけど一緒にどう?」とか、
「明日、にっぽん丸を撮るけど予定はどう?」とかだと思うのですが、
自分の行動予定だけを言い放って(書き放って)来るので面倒です。



ぱしふぃっくびーなす


みなとみらい夕景
・・・・ったくジジイしょうがねぇな。
と、仕事が終わった後、車で大桟橋まで来てしまう自分。


金曜日の夜、ノッチ師匠に呼び出された!_e0341572_13451485.jpg

この日は、数日前に購入したギア雲台を試したかったんだよね。
(スマホで撮影)



みなとみらい夕景
17:00を過ぎても、ジジイからメールも来ないし姿も見えません。
まあ、ジジイがいなくても何の問題もないし、
放っておいて一人で撮ってるか・・・とマイペースに撮影。



にっぽん丸


にっぽん丸
周囲はだんだん暗くなってきましたが、ジジイから一向に連絡もありません。
自分は到着してすぐ「到着しました。デッキにいます」とメールしているので、
いる事は分かってると思うんだけどなぁ。



にっぽん丸
ようやくジジイはデッキにやってきました。
時間でいうと19:00くらいじゃなかったかなぁ。
人に何の連絡もせず、一人で勝手に違う場所で撮影していたようです。
仕事帰りだったので、見慣れないスーツ姿でありました(笑)



にっぽん丸


にっぽん丸


にっぽん丸
さて、メインのにっぽん丸です。
あ、この日の撮影機材を書いてなかった。
ボディは「まだ使ってるのか?」とたまに言われる α7R
レンズは、最近のお気に入り TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
このレンズが夜景撮影に使えるのか? というのに興味があります。



大桟橋埠頭
強い光源があったので、そちらの方にレンズを向けてみました。
F18まで絞ってみたけど、光芒はカッチリと出るようです。
しかも、フレアやゴーストも見受けられません。
このレンズ、夜景撮影に向いているんじゃないかな?



ぱしふぃっくびーなす
にっぽん丸の反対側に接岸されていた ぱしふぃっくびいなす号



ぱしふぃっくびーなす と みなとみらい
それほど大きな船ではありませんが、
白い船体が綺麗なので被写体としてはいいですね。



ぱしふぃっくびーなす


ぱしふぃっくびーなす
撮影に集中していたら、ジジイの姿が見えません。
すっかりはぐれてしまい、
どこにいるのか分からないので電話をしようと思った矢先にメールが来ました。

「ドミノの所に来たよ」



象の鼻エリア
ドミノとはこれの事。
ここまで重たい三脚を担いで移動してきました。



みなとみらい夜景
平日の夜という事もあって、人はあまりいませんでした。
ただ、みなとみらいのビルには、仕事をする人の灯りが残っているので、
夜景を撮るなら平日の方がいいですね。

しばらくするとノッチ師匠、
「今日はあまり撮るもんがないな~」と愚痴るので内心、
”撮るもんがないのに呼んだのだは誰だ? えぇぇ!”と言いたいのを堪え、
「師匠、桜木町駅まで送って行きますよ」と神対応。

駅前で下ろすと「今日中に写真投稿しておくように!」と言い放ち、
その姿は、夜の闇へと消えたのであります。

師匠、フォーエバー!

※TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDの性能が気になる方、
Flickrに投稿したので確認してみてください。
にっぽん丸 NIPPON MARU



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-27 12:30 | 撮影記 | Comments(0)

現在、横浜でCP+2019が開催されているので、話題はそればかりな感じですな。
自分はCP+は一度も行った事がなく、噂では物凄い人混みという話ばかり聞くもんで、
そんなところに行ってられるか・・・というのが行かない理由であります(笑)

135mmで横浜スナップ 山下公園~桜木町駅_e0341572_20101398.jpg



前回の投稿の続きですが、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮る横浜スナップの続きになります。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
中華街から山下公園にやってきました~。
それなりに人は多いけど、週末だからこんなもんでしょう。
135mmの圧縮効果で、みなとみらいの観覧車も近くに見えるってもんです。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
ピント面の浮き上がり感は半端ないですな。
お父さんが黒い服を着ているので、写真的にはイマイチでしたが・・・



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
カメラに露出をお任せすると、必ずカモメが白飛びしてしまういつもの構図。
135mmでもちょっと遠いので、できれば70-200mmがあるといいと思います。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
トリミングして580万画素程度にしても、
レンズの解像力のおかげでスッキリした描写。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
こちらのスズメちゃんなんて200万画素までトリミング。
鳥、撮り、トリミングですよ!



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ


Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
比較的寄れる135mmという事で、花を撮るのも得意なレンズだと思います。
新しく出たFE135mmも寄れるレンズみたいですよね。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
この構図、人が3人入っていますが、
3人共よく顔が分からないように撮ってます(笑)
得に手前の少年、シャボン玉で顔隠すって我ながら神業だと思ったりして。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
大さん橋にやってきました。
屋上デッキには、カメラマンが沢山いますが、
ここ、屋内のロビーにはカメラマンはいません。
あえてここで撮ってみる事にしました。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ


Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
ガラスの感じが面白くて、人が来る度にいろいろ撮ってみました。
こういう撮り方をするのに135mmは面白いです。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
意外とコントラストも良いんですよね。
床の反射も綺麗だったなぁ。



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ


Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
定番の横浜BLUE、プロムナードを抜け・・・



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
汽車道でショット!
奥行きのある構図が135mmにハマった感じ!



Sonnar T* 135mm F1.8 ZAスナップ
綺麗な夕景を撮りたかったのですが、空はどんよりで夕景はNG。
早々に桜木町駅まで歩き、この日の撮影はここまでとなりました。

ご清聴、ありがとうございました~。



いつもポチリありがとうございます~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-03-01 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

大桟橋埠頭からの夕景

このブログを書いている12月4日は、12月にしてはえらい暖かく、
昼間はTシャツ1枚でも、動くと汗が出るくらいの陽気でありました。
冬暖かいのは有り難いと思いますが、何か変だな~と思わずにはいられませんな。

また、暖かくてよかった~などと言っていたら、高校1年生の姪っ子がインフルエンザにかかったようで、
随分早いな~と言っていましたが、もうインフルエンザの驚異が始まったと思うと憂鬱になります。
仕事で外に出た際、可愛い姪っ子のためにユンケルを買ってきてあげましたけど、
早く治って楽になってもらいたいものであります。

さて、本題は大桟橋埠頭からの夕景です。



みなとみらい・夕景
今年は一年を通して、夕方の空が美しいという日が少ないと思いますので、
この日もあまり期待していなかったのだけど、意外と綺麗な空になったのでラッキーだったかもしれません。



みなとみらい・夕景
最近、大さん橋から夕景を撮っていなかったので分からなかったのですが、
ビル建設がだいぶ進んでおり、ビルの上のクレーンが目立つようであります。
カメラマンが一箇所に固まっていたので、何だろう?と思って行ってみると、
富士山が見える角度がビル建設のせいで一部だけになっていたせいのようです。



みなとみらい・夕景
空の色がピークを迎え、この日一番綺麗な時間帯となりました。
富士山は・・・なんか窮屈そうですねぇ。ビル建設はあまりしないでほしいけどね。



みなとみらい・夕景
赤レンガ倉庫には大きなクリスマスツリーがあって、いよいよクリスマス・マーケットが始まったみたいです。
ほぼ毎年、カメラを持って撮影に行っていたけど、今年は行くかどうかわかりませんな。
だいたいおっさんとクリスマスって、どう考えてもリンクしませんわ(笑)



みなとみらい・夕景


みなとみらい・夕景
一歩下がって人の背後から風景を撮ってみました。
撮影は α7RⅡ + シグマ24-105mm F4 DG HSM



飛鳥Ⅱ
α99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II
せっかく70-200mm F2.8 G SSM IIを持ってきたので、使ってみようと飛鳥Ⅱを撮影してみました。
シグマのレンズと比べると、大人の描写というかしっとりした雰囲気になるようです。



大桟橋埠頭
絞り開放で飛鳥Ⅱの照明を玉ボケにしてみました。
後からExifを見たら焦点距離が135mmだったので、STFで撮ったらもっと綺麗だったろうなと・・・。
メルヘンチックではないので、あまり玉ボケを撮る事もないのですが、
左端の方を見ると見事なラグビーボールなので、このレンズも口径食はしっかりあるようです。

大桟橋にも何回来ただろうか?というほど撮影に訪れていますが、
まだまだ良い構図、風景ってのはあるんでしょうね。
まだまだ通う価値のある撮影場所だと思うので、続けて足を運びたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-04 21:00 | 撮影記 | Comments(3)

α7Ⅲのマウントがキツイ・・・から始まった横浜散歩ですが、
最終ラウンドは客船、セレブリティ・ミレニアムの撮影ということで大桟橋埠頭にやってきました。



セレブリティ・ミレニアム
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮影。



大桟橋埠頭
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮影。

天気予報は晴れでしたが、雲が多くて微妙な感じ。
夕方になっても空が焼けるという感じでもなく、イマイチなんですよね~。



セレブリティ・ミレニアム
α7R + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical、絞り開放で撮ってますが凄まじい解像感!



セレブリティ・ミレニアム
α7RⅡ + シグマ24-105mm F4 DG HSM。
シグマ24-105mm F4 DG HSMも非常に良く写りますが、
家に帰ってから、LightroomでMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮った物と拡大して比べてみると、
「ん?シグマの方はピントが合ってないのか?」と思ってしまうほど違いました。



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
みんなが撮っていない構図で撮ろうと場所を移動。
ここは人が通るので、待っている時間も長かったけど何とか撮れました。
King、Queenの文字を入れるのに、三脚の高さ調整が微妙でした。

ここで撮っていたらエーデルさんから電話が来て、
船の後ろの方に移動してますから来てくださいと、強制集合が発令されましたので移動。



セレブリティ・ミレニアム
この船は意外と角ばっています。
ノッチ師匠は、船のお尻が大好きな尻フェチなので喜んでます。



みなとみらい
つい撮ってしまういつもの「みなとみらい夜景」です。
この夜景だけで今まで何枚撮ったのか?という構図ですが、
目の前にあると、つい撮ってしまうというみなとみらいマジック!



セレブリティ・ミレニアム
大さん橋から少し移動して、船のお尻を撮影していたら雨が降ってきました!
前回もここで撮ってたら雨が降ってきたんだよな~。
ノッチ師匠がいると雨が降ってくるので、よほど普段の行いが悪いんだと思いますわ(笑)



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
雨宿りするべくプロムナードの下に逃げ込みましたが、
雨が降ったせいで地面が濡れ、反射が美しかったのでチャンスとばかり撮影。

天気予報は晴れマークだけでしたが、このあたりだけピンポイントに雨が降ったみたいですね。
雨が降ったら急に気温が下がり寒くなったので、参加者はモチベーションが落ちてしまい、
「焼き鳥屋に行こう!」という事で夜の街に消えて行ったのであります。
めでたし、めでたし・・・・



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-16 18:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿、山手西洋館からの続きです。

最近はめっきり日が短くなって、油断するとあっという間に薄暗くなってしまいますわな。
山手から港の見える丘公園を抜け、山下公園にやって来るとイベントをやっていました。
それはインドのお祭り「ディワリ」というやつですが、毎年山下公園でやっているので初めてではありません。
以前、STFレンズしか持っていない時に、このお祭りを撮影してダンサーをMFで追いかける大変な思いをした記憶があります。



ディワリ・イン・ヨコハマ
この日は24-70mm F2.8 ZA SSMと、100マクロしか持っていなかったので、
焦点距離の長い100マクロに付け替えましたが、それでもこの距離で少し足りない感じ。
この手のイベント撮るなら70-200mmが最適な選択ですね。
まあ、持ってきていないのだから仕方ない。



ディワリ・イン・ヨコハマ
端っこの方で撮影会みたいなのやっていたので便乗。
インドのお祭りなので、インドの女性もいたようですが、中には日本の女性もいたような・・・



ディワリ・イン・ヨコハマ
踊り子さん達も、だんだんテンションが上ってきたのか陽気になりました(笑)
やはり構えていない笑顔ってのはいいものです。



セレブリティ・ミレニアム
すっかり暗くなってしまいましたが、大桟橋埠頭の方に移動してきました。
100マクロを付けたままだったので、客船セレブリティ・ミレニアムを撮影しましたがデカイなぁ。
この船は毎度思うのですが、正面に照明がないので前から見ると暗いんだよね。



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
レンズをVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMに付け替えて撮影です。



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
ノッチ師匠いわく、この船は前が暗いのでお尻の方が良いと言っておりました。
さすが尻フェチのおっさんです。女性も船も尻ばかり追いかけています(笑)



セレブリティ・ミレニアム
ゆりやんに「あの X を撮っておいて!」と命令されたので「はい」と言って撮影。
この日は風が強く、気温が低かったのでとにかく寒かった。



セレブリティ・ミレニアム
少し移動して、象の鼻パークから撮影していたら雨が降ってきました。
これもノッチ師匠の普段の行いの悪さのせいだと確信しています。
同行していた女性たちも、寒いし腹減ったから食事に行こうと言い出しました。
そんなわけでここで撮影終了!

今回はα7Ⅱを使いましたけど、家に帰って撮った写真を見たらやはり甘い!
普段、7Rやα7RⅡで撮ってる写真と比べると、やはり客船のような撮影は解像感が微妙です。
後日、同行した人が撮ったα7RⅢ + 24-70mm F2.8 GMで撮った写真をαcafeで見ましたけど解像感はかなり違いますね。

やっぱりレンズかなぁ~。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMはもう設計も古いし、写りも今となっては微妙だと思いますよ。
今回のこの撮影において、24-70mmF2.8GMはいいな~と思う部分もあるのですが、
あの重さと大きさはちょっとなぁというのもあり、タムロンの28-75mmも気になります。

でも、今更そこそこの標準ズーム買ってもつまらない気もしますしねぇ。




いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-17 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

更新が少し遅れてしまいましたが、
船体に描かれたペイントが印象的な客船、スーパースター・ヴァーゴが横浜初入港という事で行ってみました。




スーパースター・ヴァーゴ横浜初入港
スーパースター・ヴァーゴはこんな船です。
http://www.starcruises.co.jp/ships/superstar-virgo.html

全長268m、東京ドーム1.5個分のスペースがあるそうですが、この船もなかなかでかい。
船の横に読めない漢字が書いてあるので、どこかアジアの船っぽいと思っていたらドイツの船なんですな。



大桟橋埠頭夕景
理由はわかりませんが、スーパースター・ヴァーゴは大桟橋埠頭の山下公園側に接岸されていたので、みなとみらい方面の景色は丸々見えました。
この日も雲が多くて綺麗な空という感じではありませんでしたが、少し風があったので涼しかったかも。



月夜の山下公園
スーパースター・ヴァーゴが山下公園側に接岸されていたため、山下公園から撮ってみようと移動してきました。
この日は綺麗な月が出ていまして、周囲も明るかったような気がします。



月夜の山下公園
芝生の入り口にロープが張られていて、人が誰もいなかったのでまっさらな芝生を撮ってみました。
ちょうど真上に月があったので、構図的にも良い感じになりました。



月と氷川丸
氷川丸と月のコラボも撮影。
もう少し早い時間に撮れば、氷川丸の真上に月があった状態で撮れたんですけどズレましたね。



スーパースター・ヴァーゴ山下公園より
肝心のスーパースター・ヴァーゴです。
この日持ってきたレンズはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMだけだったので、
70mmではちょっと遠かったかな?という感じです。 24-105mm F4 DG HSM持ってくればよかったです。
ボディはα99でしたが、三脚使って撮るならEマウントで十分です。



みなとみらい夜景
車を大桟橋埠頭に停めたので、また戻りながらチマチマ撮ってみました。
この日はパイプ径32mmのでかい三脚を持ってきていたので、手摺をもろともせず撮影することができました。
小さい三脚だと高さが足りず、手摺をかわすのが難しい時があります。



みなとみらい夜景
横浜といえばこの紫色のオブジェ。
すっかり見慣れてしまったせいか、最近は撮るような事もなかったのですが、あえて撮ってみようと思い構図を考えてみました。
意外と人が通るので、タイミングの難しい撮影でしたけど・・・・



スーパースター・ヴァーゴ
大桟橋埠頭に戻ってきたのでスーパースター・ヴァーゴを横から撮ってみました。
ちょうど船の下に車がありますが、この車と比べると船の大きさ、ペイントの大きさがわかりやすいと思います。
このペイントの女性が実際にいたら、ガンダムくらいの大きさなんでしょうな(笑)



スーパースター・ヴァーゴ
後ろに下がって人物のシルエットを入れてみました。
よく見ると乗船している人もこっちを見たり、撮ったりしていたんですね。
客船の撮影に来るといつも思いますが、同じ場所に固定されている状態なので、自分が動き回らないと構図がとれません。
毎度似たような場所からしか撮れないので、似たような写真ばかりになってしまうし、ちょっと飽きてきたかな~。

ブログランキング長らく3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-07-17 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿の続きとなります。

6月半ばというと、一年のうちでも一番日の長い時期なので、
夕景や夜景を撮ろうと思うと、現場に早く着きすぎて待ち時間が長いというのはよくある事です。
この時も昼寝してしまい、2時間くらい板の上にいたのでお尻が痛くなりました(笑)

撮影の方はだんだん暗くなってくるのでボディをチェンジ!
α99に装着していたシグマ24-105mm F4 DG HSMをα7Rに装着して三脚にセット。
個人的にα7RⅡで撮ると綺麗なのだけど、なんかのっぺりしてる感じがしてすっきりしないので、
α7Rの出す絵の方が好きなんですよね。




みなとみらい夕景
お天気がよかったので、良い空になるかとおもっていましたが雲が増えてきました。
でもまあ、ここで夕景を撮るのも久しぶりだし、待っていてよかったと思えるコンディション。
昼間は暑かったのですが、この時間になると風が冷たくて半袖では寒かったです。



みなとみらい夕景


みなとみらい夕景
α7Rは巷の評判はあまり良くありませんが、それはシャッターショックが大きいとか、AFが遅いとか、
連写が弱いとか、そんな理由が大半なので、三脚に乗せてMFで長時間露光で撮るのであれば何の問題もありません。
要するにこんな撮影で必要なのはセンサー性能だけ。
そう考えて使うなら何の問題もないボディだし、センサー性能で考えたら破格の値段だと思うんですけどね。
ボディも小さくて軽いし、華奢な三脚に乗せても大丈夫だから最高のボディです。



みなとみらい夕景
普通に風景だけ撮っても面白くないので、人がいる場所を選んで背後から撮ってみました。
さすがに椅子に座っている人達に「動かないでくれ」とは言えないので、
比較的速めのシャッタースピードにするため、ISO800からISO1600くらいまでで撮りました。



みなとみらい夕景
このシグマの24-105mm F4 DG HSMは、絞り開放がF4ですが、撮影の仕方ではふんわり写す事も十分できると思います。
まあ、こういうシーンはSonnar T* 135mm F1.8 ZAとか、135mm F2.8 [T4.5] STFとか、
70-200mm F2.8 G SSM IIあたりで撮ればもっとハマるんでしょうけどね。



みなとみらい夕景
風景の長さを強調するためにアスペクト比16:9にしてみました。
左にあるお店の灯りのコントラストを入れたかったのですが、何しろ人の往来が激しいので幽霊出まくりです。



みなとみらい夕景
人が座っていない椅子をネタにしてみました。
観覧車がレインボーカラーになるのを待って撮影しています。
人がウロウロしているので「あぁ・・・頼むから画角の中に入ってこないでくれ~」と願いながらの撮影。
ピントはMFですが、拡大して一番左の椅子の背もたれのディティールに合焦させてあります。



みなとみらい夕景
椅子に座っている人はちょっと気取った感じですが、
大桟橋はこんな風に床や階段に座るラフな方が合っていると思います。
目の前にいた若者ですが、横浜らしい感じがしていいと思いました。



みなとみらい夜景
大桟橋を後にして、象の鼻エリアを抜けて赤レンガ倉庫方面へ移動していきます。
実は人はそこそこ歩いていたのですが、長時間露光で全員消えました(笑)
長時間露光中、黒い服を着ている人は脅威ではないのですが、たまに真っ白い服を着ている人が前を通るともうダメです。
横浜に来る皆様、なるべく黒い服を着てください(笑)



赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫
基本スナップ写真なので、構図とか頭を捻って考えるとかでもなく、
三脚置いてパッパと撮っていくテンポです。3枚目のはマリンタワーと倉庫のコラボですが、
この構図は初めて撮ったような気がします。



マリン&ウォーク
赤レンガ倉庫を抜けてマリン&ウォークの前です。
インターコンチネンタルホテルが目の前にドーンとある風景ですが、ここの風景も好きなのでとりあえず一枚!



サークルウォーク
いつも10mmのような超広角レンズで撮っていたサークルウォークですが、
今回はシグマ24-105mm F4 DG HSMしか持ってきていないので、後ろに下がって28mmで撮ってみました。
もちろん全体は入りませんが、これはこれで安定して見れる感じですね。
このレンズは光源を画角内に入れても、それほど酷いフレアやゴーストが出る感じでもないので使いやすいです。
ただ、光芒が綺麗に出るというレンズでもありませんから、そこは特徴を理解して使うしかありません。



汽車道からのグルグル
汽車道を歩いていたら、向こう岸にあるコスモワールドのグルグルが見えたので撮ってみようと思い立ちました。
こういう時に105mm域があると本当に便利ですわ。
しかもα7Rは3600画素あるので、APS-Cモードにしても1600万画素程度では撮れます。
高画素機はクロップも使いやすいから便利です。



観覧車レインボー
そんなわけで石川町駅からスタートして、ここまで歩きながら撮ってきました。
お昼頃家を出たと思いますが、帰宅したのは22時近かったので相当長丁場でしたね。
まあ、大桟橋で昼寝していた時間も長かったですが・・・(笑)


家に帰ってから、この日何キロくらい歩いたのか?
地図上で距離を測るページがあったのでやってみたところ・・・・
http://japonyol.net/editor/distancia.html

徒歩で6.5km歩きながら横浜スナップ! α7R+シグマ24-105mm F4 DG HSM_e0341572_22263144.jpg
帰りはJR桜木町駅を通り越して、京浜急行の日ノ出町駅まで歩きましたが、
それも含めて歩いたルートを赤線で辿ってみると、だいたい6.5kmの距離を歩いたみたいであります。
まあ、普通に長い距離ですが、ただ歩くだけでも1時間21分かかると表示されているので、
撮影しながらの移動だと、それなりに長時間になる事はお分かりでしょう。

体力的には結構ハードですが、レンズ1本しか持っていかなかったし、荷物は最小限だったので大丈夫でした。
しかしシグマ24-105mm F4 DG HSMは最高のレンズですね。
これ1本あれば、大抵のシーンが撮れてしまうと思いますよ。
今のところAにもEにも24-105mmっていう純正のズームレンズはないし、
おそらく発売されても高いと思うので、この9万円くらいで買えるシグマ24-105mm F4 DG HSMはオススメです!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-06-22 00:00 | 撮影記 | Comments(3)