人気ブログランキング |

全国1800人のコウジファンの皆様(いるんかい?)
長らくお待たせいたしました。今回もまたコージ君と一緒に撮影に行ってきました。
行ってきたのは平塚の花菜ガーデン。

何気なくHPを見ていたら「バラが見頃になりました」との事で、
エーデルさんご推薦のバラ園に行ったばかりでしたが、
追い打ちをかけるように撮って、バラ撮影のスキルを上げたいものです。



花菜ガーデン・バラ
見頃になったと宣言するだけあって、
園内のバラは見ごたえのある見頃でございました。



花菜ガーデン・バラ
特にこの色のバラは情熱的で、
胸に一輪差して歩いたら、似合うのは自分くらいのもんでしょうな。
(書きたい放題)



花菜ガーデン・バラ
またしてもお気に入りのTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXDを持ってきましたが、
このレンズはとにかく寄れるので、マクロ的な使い方もできるというスグレモノだし、
花を撮るには絶対オススメですよ。



花菜ガーデン・バラ
屋根のある休憩所には、ずっと人が座っていましたが、
ふと見ると誰もいなくなってました。
チャ~ンス!



花菜ガーデン・バラ
こちら側から額縁のように撮ってみたかったんだよね。
だから何?って言われたら、何とも言えないんだけど(笑)



花菜ガーデン・バラ
バラの周囲が良い感じだったので構図にしてみました。
ここのところ、花の撮影を続けてやっているせいか、
自分でも微妙に、花撮影うまくなったんじゃないかと思うんですけどいかがでしょうか?
ちょっと奥さん! 良い感じなのと違いますのん?



花菜ガーデン・バラ
この場所も白い柵に緑色の葉っぱがあって、
赤色のバラのコントラストが良かったのであります。
ちょっと奥さん! どうです?



花菜ガーデン
もちろん花撮影には90マクロも持参。
これはもう必須アイテムです。



花菜ガーデン・スイレン
バラ園からスイレンの咲いている池の方に移動しました。
池なので、思うようにスレイに近づく事はできず、
立ち入れる場所から撮れるポイントを見つけて撮影。



スイレンを撮るコウジくん
ま、撮る時はこうなりますわな(笑)
※デモンストレーション コウジ



花菜ガーデン
ポピーの咲いているエリアにやってきました。
親子連れがボールで遊んでいるシーンを背景に撮影。



花菜ガーデン
透過光で撮ると、茎の産毛みたいなのがモシャモシャ写ります。



花菜ガーデン
「女性がいれば花を背景に撮れるんだけどな・・」と、
お互いにおっさんなので、どうにもなりませんわな。



花菜ガーデン
若いカップルはいいですね。
花の構図には似合います。
おっさんはあかん!
そういえば、ゆりやんも言ってたなぁ。
「おっさんはどうしても絵にならない」と・・・



花菜ガーデン


花菜ガーデン
と、まあ、そんなわけで、
閉園間際までいたもんで、人もすっかりいなくなっていました。

ここ平塚の花菜ガーデンは、一年を通していろんな花が咲いているし、
家族で来て遊んだり、ゴロゴロするには良い場所です。

さて、次はコウジとどこに行こうか?(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-23 08:00 | 撮影記 | Comments(2)

マリリン・モンローのスカートの中を撮っていた、
ノッチ師匠達との撮影の続きです(撮ってへん)

一行は江ノ電に乗って「七里ヶ浜」で下車。
鎌倉文学館のバラを撮ろうと移動したのであります。



鎌倉文学館
途中の道も味のある鎌倉っぽい雰囲気であります。



鎌倉文学館
鎌倉文学館の入り口に到着。
右の方で焦ったような格好をしているエーデルさん。
顔が写ると怒られるので、黒く塗りつぶしてあげました。



鎌倉文学館
フォトジェニックなトンネルを抜けて行きます。



鎌倉文学館
建物の中にも入りましたが、撮影禁止なので外側だけ。
師匠いわく「山手の外交官の家みたいだな~」と、
誰にでも言えるようなお言葉を発した後、お目当てのバラ園へ。



鎌倉文学館
エーデルさんご推薦のバラ園。



鎌倉文学館


鎌倉文学館
おおっ~!
良い感じに咲いていましたが、ここからは苦手な花の撮影になりますので、
気を引き締めていかないと・・・



鎌倉文学館


鎌倉文学館


鎌倉文学館
マクロレンズで撮ると、
どうしてもこういう構図になってしまうんですが合ってる?(笑)



鎌倉文学館
建物とバラを撮る場合も、
このように建物にピントを合わせるか・・・・



鎌倉文学館
バラにピントを合わせるかで雰囲気が違いますね。
師匠にどちらが良いのか聞いてみたところ、
「バラでしょ」と、誰でも言えるような答えがあっさり帰ってきたとさ。



鎌倉文学館
背景に若い女の子がいたので、ぼかして構図に入れました。
90マクロのぼけは、背景の距離で雰囲気が違いますが、
この距離感だと綺麗にぼけてくれます。



鎌倉文学館
着物とバラは似合いますわな。

撮影しているとエーデルさんからアドバイスがありました。
ここは17:00に閉館だけど、16:30から人が入って来ないのだそう。
人が徐々に減っていくので、そこからがチャンスだと・・・

しかし、エーデルさんのアドバイス通りにいかず、
中にいた人は帰らないでウロウロしてました(笑)



鎌倉文学館
そんなわけで17:00ちょっと前になったら、
警備の人に「お帰りはあちら」と半強制的に退去させられまして、
そそくさと鎌倉文学館を後にしました。



江ノ電
次はどうする?という事になり、
ノッチ師匠が「江ノ島で夕景撮ろう」と、
誰にでも言えるような提案をしたので、一行は江ノ電に乗って江ノ島へ!
あ、みけさん!ちょっと邪魔。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-20 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

一昨年、昨年とフォトコンで賞をいただいている「湘南ひらつか観光風景写真コンクール」には今年も応募したいと思っているのですが、
そのためには何よりも平塚に行って写真を撮らないといけない!という事で、おっさん一人ではなかなか行きにくいけど、花が沢山咲いている花菜ガーデンに行ってみました。



5月に富士山が見えた湘南
この日はお天気が良くて日差しが強かったのですが、湿度が低くて風が冷たいという不思議な天気。
平塚からも富士山がよく見えたので、信号待ちの時に富士山の写真を撮っておきました。
さすがに5月ともなると、富士山の雪も頭の上の方に残っているだけですね。



花菜ガーデンの花


花菜ガーデンの花


花菜ガーデン
花菜ガーデンには何度か来たことがありましたが、5月は一年でも一番良いシーズンみたいで料金もMAX価格!(笑)
駐車場も満車に近い状態で人も沢山いましたけど、広い場所だから人口密度はそれほど高くありませんでした。



花菜ガーデンの花
ここからも富士山が見えたのですが、花の咲いている場所と富士山の位置関係がイマイチ。
どうにか構図にまとめてみようと思ったのですが、手前の木が邪魔だったりしてなかなか良いポジションがありません。
富士山の方にも雲がかかってきちゃったしな~。



花菜ガーデンの花


花菜ガーデン


花菜ガーデン
来ている人の多くはカップルですが、女性が花の前に立って男性がそれを撮るっていうシチュエーションだらけ。
おっさん一人で来ている自分は「ふん!どうせおっさん一人だよ」と、ふてくされながら、そばにいる人に写真に入ってもらいました(笑)



花菜ガーデン 
この日使ったレンズは2本だけ。 お気に入りのFE 90mm F2.8 Macro G OSS と シグマ50mm F1.4 DG HSM です。
どうも最近、ズームレンズを使う気がせず、画角のバリエーションは狭くなっても単焦点持ち出してますね。



花菜ガーデン
情報ではもう後半という事でしたが、バラが沢山咲いているという事なので、そっちの方に行ってみる事にします。



花菜ガーデン
う~ん・・・なんかエレガント!個人的には小便小僧がバイオリン弾いてますがな!って感じでしたけど。
自分、前ボケの写真をあまり撮らない気がしますが、FE 90mm F2.8 Macro G OSSは前ぼけも綺麗ですね。
何より絞り開放で撮っても、ピント面の解像感はちゃんとしててええのと違いますの?



花菜ガーデン バラ


花菜ガーデン
シグマのArt 50mmで花を撮る事はあまりなかったのだけど、撮ってみると何ていうか透明感ある感じがしますな。
前にmuneira(ムネイラ)さんと一緒に鎌倉に行った時、muneiraさんが花の前で光の当たり方を吟味していたのを思い出し、
自分も光を読んで・・・と思いましたが、相手が花だとどうもよくわからんです。



花菜ガーデン マクロ


花菜ガーデン マクロ
せっかくマクロレンズなんだし、マクロも撮ってみようとミツバチ狙ってみました。
小さいうえにチョコチョコ動きやがりますので、ピント追いかけるのが至難の業でございます。



ハエ
被写体としてどうなんだ?とは思いますがハエでございます。さすがにガチピン!とはいかず、微妙にブレてしまいましたけどね。
ハエも一箇所に長く留まらず、すぐに飛んでいってしまうので撮影は困難。
ちょっと近寄ろうとするとすぐ逃げるしね。

花に囲まれメルヘンチックな花菜ガーデンでしたが、メルヘンチックなおっさんは3時間くらい粘りました。
富士山が見えるくらい空気が澄んでましたから、夕景はさぞ綺麗なんだろうと思ったので帰りに稲村ヶ崎に寄ってみたところ・・・・



稲村ヶ崎 


稲村ヶ崎 
天気が良かったせいか道路が渋滞していて、なかなか稲村ヶ崎にたどり着く事ができませんでした。
しかも、富士山は見えはしましたけど空は雲に覆われ、何がどうという風景でもなく・・・・。

この時期になると、天気の良い週末は車の数が多くなって渋滞がひどくなりますから、こちら方面には行きづらくなります。
今年はマクロレンズ片手に、家の近くで虫でも探して撮ってるのが無難かも(笑)



いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-05-27 17:00 | 撮影記 | Comments(0)