人気ブログランキング |

天候に恵まれず、雨に降られたサークル、江ノ島撮影会の翌日は良いお天気で、
小林鉄斎さんの写真展を観た後は、撮影機材装備で江ノ島リベンジに挑む事にしました。
集まってくれたサークルの皆さんには申し訳ないような気もしますが、
お天気ばかりは仕方ないのでお許し願いましょう(笑)



江ノ島からの日没
前日が悪天候だったせいか、この日は打って変わって人の多さも半端なかったです。
茅ヶ崎から江ノ島に移動するにも渋滞で、カメラを取り出した時点で夕日はすでにこの状態。



江ノ島・シーキャンドル
夕日が沈んだ後は、シーキャンドルの点灯を待つのみでした。
撮影は α7RⅡ + タムロン15-30mm です。
もう少し空の照度が落ちてくれた方が良い感じっぽいので待つことにします。



江ノ島・シーキャンドル
この15mmも構図の端っこにシーキャンドルを入れるとパースがキツイっすな。
シーキャンドルが点灯じゃなくて転倒になりそうです。



江ノ島・シーキャンドル


江ノ島・シーキャンドル
だんだん良い感じになってきました。
この被写体ほどマジックアワーが似合う物もありません。



江ノ島・シーキャンドル
α7R + HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮影。
10mmはやはり15mmとは全然違う画角で、放射状の光源がゴージャスなんですが、
本来、下の方が細くくびれているシーキャンドルが寸胴に写るのがイマイチ。
しかし、金平糖みたいな光芒が何とも可愛らしい!



江ノ島・シーキャンドル


江ノ島・シーキャンドル
定番の撮影場所は混雑しておりました。
三脚を一番小さく広げ、縮こまって撮影しておりましたが、
何枚も撮っても仕方ないので、数枚撮ったら撤収!



江ノ島・アイスチューリップ


江ノ島・アイスチューリップ
チューリップと玉ボケを撮ろうと135mm F2.8 [T4.5] STFにチェンジ!
しかし、人の多さが尋常ではなく、光源が人の往来で遮られるので撮影にならず、
これだけ撮って断念したという有様。

前日、悪天候で人もほとんどいなかった江ノ島ですが、
その反動で、この日はごった返してしまったというオチだったみたいです。
逆に考えてみたら、この日が撮影会当日だったら最悪だったかもしれません。

最近、江ノ島がえらい人気みたいで、5年くらい前から比べると人が圧倒的に増えたと思います。
お土産屋さんとかは嬉しいんでしょうが、個人的にはちょっと微妙な感じもします。

レンズ5本をバッグに入れて、相当重たい思いをして挑んだ江ノ島でしたが、
人の多さに圧倒されて、考えていた3割くらいでしか撮影できなかったなぁ。



いつもポチッていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-01-18 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

チューリップの撮影は苦手意識が強いのでストレス満載でしたが、
シーキャンドルみたいな物は、それほど苦手意識もないので少し前向きに撮影ができます(笑)



江ノ島シーキャンドル
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalでシーキャンドルを撮るのは初めてになると思いますが、
さすが10mmの超広角、シーキャンドルのほぼ真下から撮ってもスッポリ入ってしまいますね。
シーキャンドルは上の方が太くて、下の方が細い構造をしているのだけど、
この手の超広角レンズで撮ると寸胴に写ってしまい、ちょっと美しさが削がれるのが難点。

しかしまあ、こんな写真撮っても全然面白くないですわな(笑)
ここで写真を撮る人のほとんどが、こんな写真を撮って帰るんでしょうから・・・・・



江ノ島シーキャンドル
そんなわけで、何度も通っているこの場所です。
いつもと違う写真を撮りましょう!という課題を持ち、レンズ特性を活かす撮影をしてみました。



江ノ島シーキャンドル
っていうか、この超広角レンズのパース感は物凄いものがありますね(笑)
シーキャンドル倒れてるじゃないですか!



江ノ島シーキャンドル
手すりのすぐ脇に三脚を置いて撮影。
なんか非日常な写真がすぐ撮れるのが楽しいです。しかも点光源が光芒になり金平糖みたいに・・・・・



江ノ島シーキャンドル
シーキャンドルの写真は沢山撮られたと思いますが、
この構図で撮った人は今までいなかったでしょうね~。自分でも斬新な構図だと思います。
こんな場所から撮ってみよう!と思う、自分の発想がそもそも変態なんでしょうけどね。

ここの撮影は意外と難しくて、あまりに画角が広いレンズなもんで手すりの上が切れてしまうんです。
レンズを手すりにぶつけるくらいくっつけて撮らないといけませんでした。



江ノ島シーキャンドル
敷地内ではイルミネーションをやっているので、せっかくだから下に降りて撮ってみましょう。
下からシーキャンドルを撮ると、10mmの画角だと一網打尽!
こういうレンズで、こういう場所を撮るのは楽しいですね。 おっさん一人で・・・・(笑)



江ノ島シーキャンドル
ほぼ同じ位置からクロップで撮影。 35mm換算で15mmになりますけど、それでも十分広角。
イメージサークルの中央部分しか使わないので、描写もすこぶる良い感じだと思います。
フルサイズ16mmで撮るなら、この10mmクロップの方が良い結果でいけるんじゃないかな?



江ノ島シーキャンドル
こちらもクロップです。
α7Rで撮ってるので4800×3200となり、画素数でいうと1536万画素となりますね。
α7RⅡやα7RⅢを使えば1800万画素程度にはなるので、十分実用に耐える写真になると思いますよ。



江ノ島シーキャンドル
シーキャンドルもレンズ1本で楽しめました。
ここも人が多くて撮影がしにくい場所ですが、特に若いカップルが多くておっさんは微妙です(笑)
今回もまた平均年齢を上げてしまい申し訳ありませんでした。

HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalについての感想。
基本的にフルサイズ用という事になるわけですが、α6000とかα6500とかを持っている人が15mmのレンズとして使いたい・・・
というのであればすごいオススメいたします。
ソニーにAPS-C用の10mmスタートのズームレンズがありますが、それの10mmよりは綺麗に写ると思うな~(多分)
まあ、ソニーのそれよりお高いから当たり前かもしれないけど。


ランキング!いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




第2回プラチナブロガーコンテスト



by momoken805947 | 2018-01-16 16:16 | 撮影記 | Comments(0)

次の週末はacafe内のサークルGαsha!で江ノ島撮影会です。
担当、引率は自分なので、事前にちょっと見ておこうとカメラを持って江ノ島に行って来ました。




江ノ島入り口
江ノ島の投稿というと、この場所からいつもスタートです(笑)
相変わらず物凄い人の数ですなぁ。カメラバックと三脚を持って歩きたくない場所です。



江ノ島神社
人をかき分けて歩いて行き、ここまで来ると一段落。ふぅ~。
人が多いのは数メートルだと思うので頑張って歩きましょう。 途中、饅頭とかせんべいなどの誘惑に負けてはいけません。



江ノ島エスカー
今まで「カメラマンは歩かないといけない」がポリシーだったのですが、
頂上に行くまでに撮るものもないし、目的地にすぐに行きたいという事で、
最近はエスカレーターを使うようになってしまいました。こうして人間ダメになっていくという見本です(笑)



江ノ島エスカー
頂上まで歩かない自分に、何となく罪悪感を感じながらエスカーで登っていきます。



江ノ島ウインターチューリップ
エスカーで頂上まで上り、サムウェルコッキン苑に入ると、すぐ目の前にウインターチューリップが広がっております。
今月の前半暖かかったせいか、チューリップもなんか開き気味のような気がしますな~。
色は綺麗なんですけどね。 口開けて空を見上げているようでマヌケな気がします。



江ノ島ウインターチューリップ
チューリップの写真って、多くの構図が似たり寄ったりなので、ちょっと変わった視点という事で真上から撮ってみました。
この方が何となく勢いを感じますな。




江ノ島ウインターチューリップ
一部分を切り取ってみました。
本来、花の撮影はシベにピントを合わせるのが基本ですが、
今回は花びらの一番上あたりを狙ってピントを合わせてみました。
変なような、そうでないような微妙な感じですが、これはこれでアリかな??



江ノ島シーキャンドル
だんだん日が落ちてきたのでシーキャンドルの方に移動。
今回の機材はα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。
太陽を構図に入れても全然大丈夫なレンズなので、ここは安心して撮ることができますね。

撮影していたら、突然目の前にYurieどんが!!
なんと自転車で江ノ島まで来たという事で、いきなり現れるのでこちらはビックリ!!
遊び心の塊みたいな彼女に、シーキャンドルを支えてもらう事にしました。




江ノ島シーキャンドルを支える!
ファインダーを見ながら 「上の手をもっと引いて・・・ 下の手をもっと出して・・・」とかやりながら、
上のような写真を撮りました。  タイトルは 「Yurieどん! シーキャンドルを支える!」



江ノ島シーキャンドル


江ノ島シーキャンドル
毎度綺麗だな~とは思うのですが、
似たような写真を量産しているだけのような気もしますな。
シーキャンドルの電飾も毎年同じだし、イベント的に足を運んでいる感じですね。



江ノ島シーキャンドル HDR
上の写真をHDR現像してみました。
コントラストの低い、淡い感じになりました!

この後、Yurieどんは自転車で爆走して帰宅し、次の日足が筋肉痛だとメールがきました(笑)
シーキャンドルを支えた腕も、さぞ筋肉痛だったんでしょうな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
by momoken805947 | 2016-01-18 19:30 | 撮影記 | Comments(2)