人気ブログランキング |

タグ:みなとみらい ( 44 ) タグの人気記事

ここ数回、横浜で夜景を撮っていますが、
週末に行くとオフィスの灯りが消えていてビルが暗いので、
たまには平日の夜に行ってみようと、仕事が終わった後疲れた体を引きずって行ってきました。


2020-07-10 横浜夜景
昼間、雨が降っていたせいか、梅雨時だからなのか、
ランドマークタワーの上は霧がかかったようになっていました。



2020-07-10 横浜夜景


2020-07-10 横浜夜景
雲の流れが速かったので、長時間露光で撮ると面白いかも!と思いましたが、
撮ってみると、それほど面白い描写になるというわけでもなかったですね(笑)

平日の夜という事もあってか人通りも少なく、
汽車道でも人が途切れるので、快適にシャッターが切れました。



2020-07-10 横浜夜景
この日も風が強く、ここ数日ずっと強風が続いています。
日本のあちこちで大雨が降り、災害が続いているのも心配ですね。
早く収まってほしいものです。



2020-07-10 横浜夜景
JR桜木町駅前です。
車の光跡を撮ろうと思ったのですが、
平日なので車が少なく、あまりパッとしたのが撮れませんでした。



2020-07-10 横浜夜景
何枚も撮って比較明合成すればいいんでしょうけどね。
師匠に言わせれば、合成は邪道だという事です(笑)



2020-07-10 横浜夜景
三脚担いで場所を移動しながら撮影。
所有している三脚は、大中小あるのですが、
一番でかいのは持って歩くだけで大変です。

小は高さが足りず不便な事があるので、中がトータルで優秀です。
ちなみに中はManfrottoの190



2020-07-10 横浜夜景
この日は久しぶりにHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical持参。
久しぶりに使いましたが、何度見てもパースが強烈で面白い(笑)



2020-07-10 横浜夜景
まあ、建物を撮ると同じような構図になってしまいますけどね。



2020-07-10 横浜夜景
サークルウォーク。
ここは照明が強烈なオレンジ色なので、
ホワイトバランスは「電球」で行くのがいいようです。
どのみちRAWで撮ってLightroomで調整するからどうでもいいのですが・・・



2020-07-10 横浜夜景
赤レンガ倉庫の所にあるホームの跡。
パースがすごすぎて何だか分からない状態になってますな(笑)
右側の街灯の光芒がキラ~ンとかっこいい!



2020-07-10 横浜夜景
赤レンガ倉庫もこんな場所から撮ると、
何がどうなっているのか不明な建築物になります。



2020-07-10 横浜夜景


2020-07-10 横浜夜景
イベントをやっていたエリアは、
イベントができなくなったせいかベンチで埋まっていました。
間を開けて座れという事なのかもしれませんが、
規則正しく設置してあるので、撮り方によっては面白いかも。



2020-07-10 横浜夜景
今回やってきた目的はこの1枚。
水たまりの写り込み狙いでした。

この写真を撮るのに、三脚の足を開いて一番低くしたのですが、
それでも全然高すぎてダメだったので、
雲台を外してやってみたけどそれでもダメ。

どうしたもんか考え、財布の中身を全部出してバッグに入れ、
財布を水たまりに入れて、その上にカメラを乗せるという荒業を使いました。

水平が出せないので、そこは現像時に調整する事で対処しましたが、
財布はびしょ濡れになり、使い物にならなくなったのは言うまでもありません。



by momoken805947 | 2020-07-11 09:30 | Comments(0)

梅雨なので仕方ないのですが、週末は天気の良い日に当たらず撮影も腰が重いです。
特に撮りたいという物も思いつかず、どうしようか悩んでいたところ、
そういえば横浜ハンマーヘッドに一度も行っていないと思い出し、
散歩がてらちょっと行ってみようと出かけてみることにしました。



2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ
何か撮ろうという目的もなかったので、
4200万画素もいらないしα99でいいかなと適当に防湿庫から出し、
レンズ交換も面倒だなとシグマ24-105mm F4 DG HSMをガチャっとつけて出発(笑)
スタートはここ横浜開港資料館。



2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ
今回もまた飛鳥Ⅱが大桟橋に停泊していました。
クルーズ自体があまり盛況じゃないので、とりあえず大桟橋にいる感じでしょうかね?
他の客船は来ないのでしょうから、
しばらく飛鳥Ⅱしか見る事ができないのかもしれません。



2020-06-28 横浜スナップ
雨が上がったばかりでしたが、空もどんよりでイマイチですな。
撮っていて楽しいという写真でもありませんが、
散歩だと思って撮りながらとにかく歩いて行きます。



2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ
赤レンガ倉庫まで来ると、人は結構おりまして、
横浜に来て思うのは、マスク装着率が高いという事でしょうか(笑)



2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ
ハンマーヘッドまでやってきました。
初めて来たので中に入ってウロウロしたり、
写真に良い場所はないか探してみましたが、これと言って撮る物もなく・・・・



2020-06-28 横浜スナップ
新港埠頭にはにっぽん丸が停泊していました。



2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ
とにかく歩いて行ってみよう!という事で、
ぷかり桟橋までやってきました。
今までだと海沿いを歩いて来れたのですが、工事中で迂回しないといけないようですね。



2020-06-28 横浜スナップ
帆船が停泊していました。
雲の流れが早く、NDフィルター持ってきていたらなぁと思いましたが、
持ってきていないので仕方ない。



2020-06-28 横浜スナップ
新港パークまでやってきました。
撮影しながら大桟橋から歩いてきたので、ここまで1時間かかりました。
万歩計の歩数を見たら8000歩弱でしたが、ここまでそんなに遠いかな?



2020-06-28 横浜スナップ


2020-06-28 横浜スナップ
新港パークでは来る事があまりないので、
新鮮といえば新鮮な気分でしたが、
散歩というには少し距離があったかもしれません。



2020-06-28 横浜スナップ
水たまりにインターコンチネンタルホテルが写っていました。
水たまりが夜まで残ってくれれば、綺麗なリフレクションが撮れそうです。

まあ、何が面白いという投稿でもありませんが、
横浜の海沿いを歩きながらスナップした感じですね。

カメラの話をすると、さすがにα99と24-105mmの組み合わせで撮った写真は眠い描写で、
ボディもレンズも重くて大きい事を考えると、
今どき持ち歩く価値もないような気がします(笑)

撮影しながらふと「そろそろこいつらも処分かな・・・」と思ったりもして。


by momoken805947 | 2020-06-29 23:30 | 撮影記 | Comments(0)

横浜の夜景と飛鳥Ⅱ

前回の投稿と撮影日は同じなので続きとなります。
前回はFE135mm GMでのスナップでしたが、夜景を撮るのにレンズを交換しました。
交換したレンズは、昨年の年末に購入したのに、
コロ助のせいで最近出番のなかったシグマ24-70mm F2.8 DG DN。

発売されてから半年が過ぎましたけど、
未だに人気のあるレンズのようで、
タムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDと良い勝負しているようです。



飛鳥Ⅱ


飛鳥Ⅱ
夜景まで撮ろうと欲張ったのはよかったのですが、
この時期、一年でも一番日が長いとあってなかなか暗くなりません。
待ちくたびれて帰ろうかとも思ったのですが、
久しぶりに横浜に来たというのもあって、
大さん橋のクジラの背中でじっと待っておりました。



みなとみらい
久しぶりにこの風景を見たな~と思いつつ、
観覧車が虹色に変わる時間だけはきちんと覚えておりました。



飛鳥Ⅱ


プロムナード


みなとみらい
日曜日の夜というのもあるのでしょうが、
横浜じゃないくらい人がいませんでした(笑)
プロムナードの上の方に上がって、そこから撮影する事にします。



プロムナード
ここは今まで人通りが多く、
こういう風景を撮りたいと思ったら人の通るタイミングが難しかったのですが、
この日はほとんど人もおらず、簡単に撮影ができて快適ではありました。



県庁
県庁は青色にライトアップされていました。
東京都のアラートは赤色でしたが、
あれはパフォーマンスだったと思います。
都知事の「私頑張ってやってます」というの
に付き合わされただけ・・・




飛鳥Ⅱ


飛鳥Ⅱ


飛鳥Ⅱ
プロムナードの上から撮る方が、
微妙に角度がつくので構図が立体的になりますね。
下から撮ると平面的な写真になってしまうし、
これ以上高い所から撮ると、それもまた角度が付きすぎるかもしれません。



飛鳥Ⅱ


みなとみらい
赤レンガの方まで行ってみようと思ったのですが、
スタートが遅かったのでいい時間になってしまい、
今日はこのエリアで終了する事にしました。

日曜はみなとみらいのビルに明かりがついていないので、
夜景を撮るには向いていないのですが、
久しぶりに横浜で撮影できて、日常が少し戻ったような気になりました。

しかし、シグマの24-70mm F2.8 DG DNの写りはすごいですね。
単焦点と遜色ないと言っても過言ではないでしょう。
タムロンのより重くて大きいけど、
スナップを撮るならタムロン、三脚に乗せるならシグマと使い分けたいところです。


by momoken805947 | 2020-06-17 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿、山手西洋館での撮影の後は、
歩いて大さん橋、赤レンガ倉庫、みなとみらいへと移動したので、
その際に撮影した写真を24-70mm F2.8 DG DNのデータとして投稿していきたいと思います。


横浜スナップ


横浜スナップ
文字通り歩きながらのスナップなので、
特に作品性があるとも思えませんが、西洋館以外で撮った写真という事で、
24-70mm F2.8 DG DNが気になっている方には、
何か参考になる部分があれば幸いです。



横浜スナップ
午後になると、早々に暗くなってしまう感じなので夜スナップですが、
三脚は持参していないので全て手持ちです。
ISO800 F2.8で撮影。
最近のレンズらしく、開放からスカッと写る印象。



横浜スナップ
ちょうど大さん橋に飛鳥Ⅱが停泊していました。
F4まで絞って、ピントは手前のカップルです。



横浜スナップ
17:00に出航の飛鳥Ⅱを見送る人たち。
ISO1000 F2.8開放です。
被写界深度の問題はありますが、開放でこのくらい写ってくれれば十分です。



横浜スナップ
赤レンガ倉庫ではクリスマスマーケットをやっていましたが、
あまりにも人が多く、写真どころではないので早々に撤収。



横浜スナップ
ISO1600 F3.2
どんどん暗くなってきて、ISOも上がってまいりました。
街灯の光芒も出してみたいと思うのですが、
手持ちではF16とかに絞れるわけもなく、それは別の日に検証してみます。



横浜スナップ
ISO2000 F2.8 焦点距離70mm望遠端です。
本当、開放なのに良く写るなぁ~と関心します。
そのへんはSONYセンサーのおかげも貢献しているとは思いますけどね。
ISO2000とは思えないノイズ感の無さ。



横浜スナップ


横浜スナップ


横浜スナップ
被写界深度を稼ぎたい構図なのでF4にて撮影。
三脚があればF8くらいで撮りたい感じですが、手持ちとなると仕方ない。
それでも思っていたより良い結果で撮れたと思います。



横浜スナップ
手持ちで夜の撮影って、ここ最近はしていませんでしたが、
良いセンサーと、良いレンズで撮ればそこそこ撮れますね。
5年くらい前はα57でここを撮影した記憶がありますが、
さすがにα57で、夜手持ちは無理だったでしょう。



横浜スナップ
シャッタースピード1/13ですが、
手ブレ補正が優秀なのか、拡大してもブレてないのが意外でした。
撮影中は「帰って見たらブレてるんだろうなぁ」と思っていたんですけどね。
さすがに1秒とかだと無理でしょうが、手ブレ補正も5軸になって、
遅いシャッタースピードでも撮れるようになりました。



横浜スナップ
そんなわけでもうすぐJR桜木町駅。
35mm近辺でF4まで絞ると、全体的に締まった画になる印象。

この日は前の投稿の山手西洋館から、夜スナップまで24-70mm F2.8 DG DNだけで撮りましたが、
大きさ、重さが苦になるという印象はないですね。
個人的には大きさ、重さは妥協できる範囲であります。

写りについては満足できるレベルで、
開放からシャープ、少し絞ってあげると尚良い感じです。
今回はα7RⅡに装着して使ってみましたが、
今後、α7Ⅱやα7Rなんかでも使ってみたいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-12-26 19:00 | 撮影記 | Comments(2)

モヤモヤの大黒ふ頭

11月1日(金)は、本牧の方に用事があったので、
帰りはどこかで撮影して行こうと、車の後部座席にカメラと三脚を積んで出かけました。

調べてみると、客船「飛鳥Ⅱ」が、16:00に大さん橋から出航するという事だったので、
大黒ふ頭から飛鳥Ⅱを撮ろうと、用事が終わった後そのまま大黒ふ頭へ!



ベイブリッジ夕景
今頃の季節、16:00前でもすっかり夕方の雰囲気。

なんか変な色ですが、こんな空だったのでいじらずそのまま。
周囲には平日なのに、釣りをする人が結構いまして、
年金暮らしはいいなぁと思う反面、毎日釣りするわけにもいかんだろうなぁと・・・・。



真っ白で何も見えないみなとみらい
大さん橋はかなり遠い場所にありますが、
気温と湿度が高いせいで、200mmで撮るとモヤモヤ真っ白です。
あえて分かりやすいように、何もいじっていない写真を貼り付けましたが、
こんな状態では、ろくな写真は撮れない事確定です。



飛鳥Ⅱ出航
あまりやる気も出ませんが、せっかく来たし撮るだけ撮るか・・・と、
持ってきたのは α99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II

空気が霞んでいてモヤモヤだし、コントラストも酷いもんですわ。
やっぱり冬に来ないとダメだな~と。



飛鳥Ⅱ出航
飛鳥Ⅱが近くまで来ると、少しはモヤモヤがなくなる感じになったので、
Lightroomで現像しながら、少しは見れるようにいじってみました。
まあ、たいして代わり映えもしませんけどね。



夕刻の飛鳥Ⅱ
思いっきり逆光でして、逆光に弱いレンズだったので最悪です。
飛鳥Ⅱはシャドーを上げても、全然照度が戻ってこない感じ。
これは完敗だと思いつつ、ここでカメラをα7RⅡ + 28-75mm F/2.8 Di III RXDにチェンジ!



飛鳥Ⅱ ベイブリッジ通過


飛鳥Ⅱ ベイブリッジ通過



飛鳥Ⅱ ベイブリッジ通過
接近戦だと空気のモヤモヤも軽減されるので、比較的鮮明に写りますわな。
でかい客船の動きくらいなら、このシステムのAF-Cでも十分追従できます。



夕刻の飛鳥Ⅱ
ベイブリッジをくぐった後は、再度α99Ⅱに持ち替えて追跡!



大黒ふ頭から見た夕日


大黒ふ頭 夕景
飛鳥Ⅱが行ってしまった後は、特に撮る物もなく、
霞んだ夕景をちょっとだけ撮って撤収です。

撮影条件というのは、太陽の角度くらいしか事前に分かる事がないし、
来てみないと空気のモヤモヤも分かりません。
まだ、気温も湿度も高いので、遠景の撮影はちょっと無理がありそうです。

惨敗な写真しか撮れなかったというのもあり消化不良だったので、
この後、大さん橋に行って、にっぽん丸を撮る事にしました。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-11-04 08:00 | 撮影記 | Comments(0)

10月20日に開催された、横浜よさこい祭りの二日目になります。
二日目の会場は、初日の馬車道より海の方に移動し、象の鼻エリアや赤レンガ倉庫周辺です。

踊りが披露されるステージは、全部で5箇所くらいあったと思います。
写真を撮るという事になると、背景が重要なので見てきましたが、
狭いステージは背景がぼかせないのと、窮屈な感じになると思い辞め、
一番広い赤レンガ倉庫周辺を撮影場所に選びました。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
背景を綺麗な青空にしたかったのですが、
こればかりはお天気なのでどうしようもありません。
多分、一緒に行ったコウジくんの普段の行いが悪いせいでしょう。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
RAWで撮って現像が基本ですが、
そのままだと空がグレーで、どうも写真映えしないので、
無理やり青色っぽくしてみたけど、なんかやっぱり無理矢理っぽいっすな(笑)
でも、まあ、グレーよりいいか。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編


第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
動きの激しいシーンは、見ている分には躍動感があっていいのだけど、
写真になると人の動きがバラバラで、どうもまとまりがないのでイマイチ。

馬車道での撮影で、それが何となくわかったので、
全員が同じようなポーズをしている時がベストだと思い、
そういうタイミングでシャッターを切っていく作戦です。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
現像ソフト、Luminerの「スカイエンハンサー」という効果を使ってみました。
人工知能が空の範囲を判断し、空だけを加工できるという機能なので、
空だけを青くできて非常に便利!
これをLightroomやPhotoshopでやろうと思うと、
いちいち領域指定しないとできないですからね。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
このショット、踊り子さんの表情が素晴らしい!(笑)
全体ではなく、個々を撮る醍醐味はこれですね。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
小学生、中学生くらいのお子様も参加しておりました。
大人に混じって、こういう事ができるのは、
人生経験として貴重だろうと思いながら見ておりましたが、
踊りの方は大人に全然負けていません。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編


第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
背景が大桟橋埠頭になるステージに撮影場所を変えました。
昨年は背景に豪華客船が停泊したみたいですが、今年は客船がいなくて残念。
天気といい、今年は微妙に運が良くないようです。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編


第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
撮影していてすぐに気がついたのは、
後ろにある旗の位置が、写真的にかなり重要だという事です。

旗なので、当然振っているのですが、
タイミングが悪いと広がっていなかったり、
人の後ろに隠れてしまっていたりするので、
旗のタイミングを見ながらシャッターを切っていく感じです。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
その旗も2つあると難易度が増します。
旗の位置が良いからといってシャッターを切っていくと、
人の配置がバラバラだったりするので、
双方のタイミングが合うのはかなり難しい。



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編


第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
そんなわけで、旗の位置を気にしないで撮れるショットは楽です。
前回同様「可愛い子ばかり撮ってんじゃないよ!」というツッコミは無しでお願いします(笑)



第4回 横浜よさこい祭り 赤レンガ倉庫編
休憩が入ったとはいえ、12時から16時の撮影は長く感じました。
ファインダー覗きっぱなしなもんで、目も結構疲れましたが、
充実した撮影だったので、撮った甲斐があったというものです。

今回の「横浜よさこい祭り」の撮影は2日間で3000枚という数だったので、
ざっと見て現像し、ブログの投稿としましたが、
早く投稿しないといけないと思うと、結構キツい作業っすな(笑)

毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-10-25 12:30 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿で 12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYEというレンズを購入した事を書きましたが、
早速、何か撮ってみようと思い出撃してきました。


サークル・ウォーク
まずは横浜にある丸い歩道橋、サークルウォーク!
真下から撮ると、全部入ってしまうのがすごいっすな。



サークル・ウォーク
何でも入ってしまう、だだっ広い画角かと思いきや、
数歩後ろに下がるだけで、構図がガラリと変わるので意外とシビアかも。



サークル・ウォーク
更に数歩下がるとこんな風に。
実物のサークルウォークとは、だいぶ見た目が変わります。



サークル・ウォーク
α7RⅡに装着しましたが、解像力は十分ありますね。
光芒もVoigtlanderほどじゃないけど、ちゃんと出るので良いです。



サークル・ウォーク
移動して、先ほどの反対側から撮影。
写真に似合う車は来ないものかと待っていたら、
miniが来たのでシャッターチャンス。



ナビオス横浜
ナビオスの下から撮影。
撮影した物が曲がって写るのが特徴なので、
あえて直線で構成されている被写体を撮る方が面白いかと。



ワールドポーターズ
ワールドポーターズのエスカレーター前。
どんどん人が降りてくるので、タイミングが難しかったのですが何とか撮れました。



アニヴェルセル
結婚式場、アニヴェルセルの門。
これを撮っていたら、奥にスタッフの人がいてチラチラ見られました(笑)

門にぶつかるほどの場所に三脚立ててれば、
そりゃ怪しいと思われても仕方ない。



コスモワールド


コスモワールド
コスモワールドのジェットコースター。
元々、曲線で構成されている物なので、
フィッシュアイで撮っても特徴的ではありませんね。
ここはHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮る方が面白いかも。



コスモワールド観覧車
コスモクロック観覧車。
少し離れているように見えますが、
実際の撮影場所は、観覧車の真下に近いです。



グルグル


グルグル
コスモワールドのグルグル。
一枚目の写真、照明のゴーストが汚いですな。
光源によっては汚いゴーストが出る事を確認!



クネクネ


クネクネ
グルグルの後はクネクネ。
これは期待したほど面白くありませんでした。
これもHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮る方が面白いですね。



みなとみらい像
そんなわけで、三脚担ぎながら撮影してきましたが、
フィッシュアイは被写体を選ばないと面白くないですね。

水中には直線の物がほとんどないので、
フィッシュアイで撮影しても、曲がってる感が出ないのですが、
陸上は建築物が多いので、水中とはかなり勝手が違います。

ちなみにこのレンズ、電子接点がないのでExifに絞り値が残りません。
また、撮影中もF値が画面表示されないので、
手元の絞りリングで数値を確認する必要があります。

ピント拡大してもピントの山をつかむ事ができませんが、
少し絞れば、全域でパンフォーカスになるので、
余程の事がない限り、ピントを外すという事はないと思います。

フィッシュアイ購入を考えている方がおりましたら、
無難にオススメできるレンズではあります。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-10-06 18:00 | 撮影記 | Comments(2)

ブログのアクセスデータを見ると、いつも上位に入っている投稿がこれなんですが・・・

https://momoken819.exblog.jp/27102770/

ソニーのコンデジRX100で撮影した横浜の夜景という内容でして、
ここ最近、コンデジが売れないというニュースを目にしますが、
意外とRX100は売れているのか、その写りに興味のある人は多いようです。

そんなわけで先日、フォトコンの表彰式が終わった後、
RX100M3を使い、また同じように横浜の夕景、夜景を撮影してみました。



RX100M3で撮る 横浜夜景
雨が降りそうな空でしたが、
大さん橋からみなとみらい方向を見ると、空に穴が開いたように晴れ間が出ていました。
上の方にある雲も何か迫力があります。



RX100M3で撮る 横浜夜景
使用した三脚はManfrottoのbefreeでしたが、
この三脚、α7シリーズで使うと脚が細くて心もとないのに、
RX100で使うとすごく安心感あります(笑)
軽くて小さいは正義ですね。



RX100M3で撮る 横浜夜景
フルサイズでこういうシーンを撮ると、
手前のカップルにはピントが合っても、背景はボケボケになったりますが、
1インチセンサーで撮ると、背景までちゃんと撮れるのが利点です。



RX100M3で撮る 横浜夜景
象の鼻パークから。
週末に来ると、会社がお休みでビルの灯りもないのですが、
金曜日の夜は、いちお平日だし灯りが点灯していて絵になります。
やはりみなとみらいの夜景は、平日に撮らないとダメですね。



RX100M3で撮る 横浜夜景
このあたりも空いていてよかったです。
今回はこのプロムナードの上から撮ってみたいと思います。



RX100M3で撮る 横浜夜景


RX100M3で撮る 横浜夜景


RX100M3で撮る 横浜夜景
三脚が小さくて高さがないので、ちょっと工夫をしないと撮れませんでしたが、
何とか押さえつけて撮影しました。



RX100M3で撮る 横浜夜景
コンデジで夜景を撮ると、あまり絞る必要がないので露光時間が短くていいですね。
暗い所でも5秒もあれば十分な感じでした。
その点、フルサイズの撮影は30秒とか必要な時があるし、
そういう意味でも難易度は高いです。



RX100M3で撮る 横浜夜景


RX100M3で撮る 横浜夜景
綺麗に撮れるといえば撮れるのでしょうし、
普段、コンデジしか使っていない人だったら、RX100は優秀なカメラだと思うでしょうが、
フルサイズの画質を見慣れてしまうと、さすがにツッコミどころは満載です。
所詮豆センサーというところですが、それでもコンデジとしては十分じゃないかな?



RX100M3で撮る 横浜夜景
RX100で夜景を撮る際は、明るい部分があっという間に飛んでしまうので、
アンダー気味に撮るしかないのですが、
シャドー部分を現像時に持ち上げようとしても、
踏ん張りが効かず、全然上がって来ないので難しいです。
一言でいえば、ダイナミックレンジがフルサイズの足元にも及ばない感じです。



RX100M3で撮る 横浜夜景


RX100M3で撮る 横浜夜景
赤レンガ倉庫までやって来ました。
三脚もカメラも軽いので、ササッと撮ってササッと移動できて快適!
スナップ感覚で撮影できるので楽しいです。



RX100M3で撮る 横浜夜景
サークルウォーク。
フルサイズ換算で24mmが広角端なので全体は入りません。



RX100M3で撮る 横浜夜景
サークルウォークの上から、コスモワールドの観覧車を撮影。
観覧車がレインボーになるのを少し待ちました。

このあたりでバッテリーがなくなってきたのでタイムアウト。
表彰式の後というのもあり、もうええわって感じでした(笑)

普段から4200万画素みたいなフルサイズを使っていると、
RX100のようなコンデジはおもちゃみたいな物ですが、
それでも、ここまで写ると結構楽しいですね。
割り切って使うなら十分だと思いますし、
ちゃんと撮りたいならレンズ交換式のカメラを使えば良いという感じです。

本来、コンデジの使い方としては、
こんな明暗の激しいシーンではなく、昼間明るい場所で使うのがセオリーだと思います。
なにしろダイナミックレンジが狭いので、現像も難しいです。

しかし、この企画は、投稿の中でも人気があるので、
またやってみたいとは思います(笑)



RX100ええやん!と思った方、ポチリお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-09-03 18:18 | 撮影記 | Comments(0)

8月2日は横浜でスマートフェスティバル2019が開催されまして、
金曜日という平日でありましたので、また仕事切り上げて出撃してきました。
知り合いの多くはおそらく、みなとみらい地区から撮影するだろうと思ったので、
今回は大黒ふ頭から撮ってみようと、70-200mmだけ持って出撃です。


スマートフェスティバルで場所取りする人達
現地に16:30くらいに着いたので、場所取り用の三脚だけ設置して、
暑いので車の中で長らく待機。
18:00くらいに来てみたら、結構人がいて三脚も増えてました。

70-200mmしか持ってこなかったので、
ブログの説明用の写真は、スマホで撮ったのを採用(笑)



ベイブリッジ


大黒ふ頭から撮るみなとみらい
三脚の前に突っ立っていても、とにかく暇なので見える物撮ってました。
夕方になっても空が綺麗になるわけでもなく、
どんよりしていて、白っぽい感じ。
いくら高性能のセンサーやレンズでも、綺麗には写りません(笑)



ベイブリッジ
19:00を過ぎるとベイブリッジも良い感じ。
「あと30分もあるのか~」と、毎度花火の待ち時間は長いっす。



スマートフェスティバル2019
花火が打ち上がってみると、予想していたのより全然右側でした。
せっかく横浜の花火なのだから、ランドマークタワーを入れたいと思ってましたが、
これでは構図がアンバランスです。



スマートフェスティバル2019
仕方ない!と腹を決め、
ランドマークタワーは捨てて、何とかインターコンチネンタルホテルだけは入れました。
しかし、小さくて脇役にもなっていないというオチ。



スマートフェスティバル2019


スマートフェスティバル2019
結構、風が強かったのですが、
上がる花火の数が半端じゃないせいか、煙も大量に出るようで流れきらない感じです。



スマートフェスティバル2019
どうも上がる位置の問題かもしれませんが、
構図的にまとまらず、同じ場所にどんどん上がるので、
シャッターのタイミングが非常に難しい花火撮影でございました。



ベイブリッジ夜景
と、まあ、長いこと待った割には、ろくな写真も撮れず花火は終了。
周囲にいた人達が一斉に移動し始めたので、しばらく待ちながらベイブリッジ撮影。
ちなみにこれ、Lightroomで現像。



ベイブリッジ夜景
こちらはLuminar3の人工知能が現像したバージョン。
人工知能で現像する方が、若干彩度が高いかもしれませんね。
ま、おまけで比較してみました。


大黒ふ頭から撮る花火は、これが2回目だったかな?
どうも構図的にイマイチな事が多いので、
大黒ふ頭からの花火は、もう撮る事がないかもしれません。
写真って、撮ってみないと分からないし、
失敗して経験とするという、人生の縮図みたいなものであります。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-05 07:30 | 撮影記 | Comments(0)

予想通りα7RⅣが発表されました。
センサーは6100万画素という事です。
知り合い数名とオンラインでやりとりしましたが、
「こんな高画素いらん!」というのが大方の意見です(笑)

まだ、日本での発売価格がわかりませんが、
42万円から45万円って感じでしょうかね?
ちょっと今回のソニー、やっちまった感を感じるのは自分だけでしょうか?

さて、横浜中華街の投稿の続きとなります。

スパークリング花火は山下公園の沖側で打ち上げますが、
毎度の事ながら客船を構図に入れたいので、赤レンガ倉庫の裏側から撮影します。
海側の一番良い場所は、早い時間から三脚で場所取りがされていくので、
早めに行って三脚を設置しないといけません。

毎年、αcafeのメンバーが、数十名集まってくるイベントなので、
この日も15:00くらいには現地入りしました。

しかし、その時間には雨がしっかり降っておりまして、
これより雨が強くなったら中止じゃね?という不安もあり、
一緒に行ったメンバーは意気消沈の模様。

いよいよ花火が上がるという時間になっても雨は上がらないまま、
数分前にカメラセットです。



スパークリング花火2019
今回の客船は にっぽん丸 です。
昨年の飛鳥Ⅱよりだいぶ小さい船なので、花火の上がる位置、構図は変わってきます。
船の照明、花火の写り込みを考慮し、水面のスペースを広めに取りました。
この構図をベースに、花火の高さ、大きさに合わせてトリミングしていきます。



スパークリング花火2019


スパークリング花火2019
花火が上がりましたが、雨が降っているので空も白っぽい。
高めに上がる花火は、雲の中に吸い込まれていくような感じです。



スパークリング花火2019
撮影は α7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS。
この位置からの撮影だと、広角24mmではちょっと狭い感じなんです。
花火は打ち上がる高さがマチマチなので、
広めに撮って、若干のトリミングで対処が正解だと思っています。



スパークリング花火2019
打ち上がる花火の色で、WBが微妙に変わってきます。
現像で対処しますが、WBが変わるのは当然なので、
あまり神経質にならない方がいいようです。



スパークリング花火2019
低い位置に上がって小さい花火は、
船が切れてもいいくらいの感じでトリミング。
船の全体を表現しようと思うと、花火が小さくなりすぎて迫力がなくなります。
船の全体を入れないといけないという概念を捨てるしかありません。



スパークリング花火2019
時折、雨が強くなったりするので、
レンズ正面に水滴がついてしまい、写真に丸ボケができてしまいます。
シャッターを閉じた時に、ハンカチで拭くのですが対処しきれない場合もありました。



スパークリング花火2019
雨の中の花火撮影は初めてではありませんが、
水滴を拭かないといけないとか、いろいろ気を使うので忙しいです。



帰ってから撮影した写真をαcafeに投稿しました。

横浜スパークリング花火2019_e0341572_21245080.jpg

今回もまた、人気の写真に選んでいただきましてありがとうございました。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村








by momoken805947 | 2019-07-17 08:00 | 撮影記 | Comments(0)