人気ブログランキング |

前回投稿した「みうら観光写真コンクール」表彰式は14:30くらいに終わりましたが、
そのまま帰るには早いし、遠回りして三浦半島をを南下してみる事にしました。



三浦海岸
当初、三浦海岸で撮影しようと思っていたのですが、
表彰式をやった建物の2階から浜を見ると、
誰もいないし、何もないのでちょっとがっかり。

三浦海岸は歩いて移動できるような距離じゃないので、
車で少し南下してみましたが、それでもこんな閑散とした感じ。



三浦海岸


三浦海岸
浜には形のある物はあるので、何となくスナップみたいなのは撮れますが、
こんなのばかり撮ってもなぁ~と・・・



三浦海岸の砂紋
砂紋の綺麗な場所がありましたが、
海岸は何もなさそうなので、更に車で南下してみる事にしました。



三浦の漁港
三浦半島の先っぽの方は、こういう感じの小さい漁港が点々としています。
漁港があると車を停めて降りてみるんだけど、
こじんまりした風景撮るだけでした。



三浦のバス停
江奈というバス停、本当にポツンと置いてありました。
調べてみたら、この道は「上宮田金田三崎港線」というみたいです。
週末の日曜日なのに、ほとんど車とすれ違う事もなかったなぁ。



毘沙門漁港看板
少し行くと海側に港が見えたので寄ってみました。
どうやら毘沙門漁港という漁港のようです。



毘沙門漁港の猫
何もなかったけど猫がいました。
そして、まさに船の上に飛び乗ろうとしているところです。



毘沙門漁港の猫
飛び乗った後、船の上にいるところを撮ろうと思った矢先、
今度は下に飛び降りようとしています。
飛び乗って、飛び降りるなら船の後ろ通れや!(笑)



毘沙門漁港の猫
着地しました!
後ろ足を綺麗に揃えて美しい姿勢!
審査員は全員、10.0のポイントをつけています!
(オリンピックの解説風)



諸磯湾


諸磯湾
城ヶ島、三崎港は素通りして、油壺の諸磯湾に来てみました。
ここは4月の後半にダイヤモンド富士があるので、
下見というか、ロケハンというかそんな感じ。

ここでウロウロしていたら、だんだん黒い雲が出てきたので退散。
スッキリした天気なら、夕景を撮ってもよかったんですけどね。



真名瀬漁港
真っ直ぐ帰ろうと思ったら、だんだん雲がなくなって綺麗な空に!(笑)
定番の森戸海岸の前を通ったので、ここで夕日撮って行こうと作戦変更。

夕日が富士山の左側に沈んでいますが、
4月9日あたりがダイヤモンド富士になります。
平日だから自分は仕事で来れないのが残念。



真名瀬漁港
風が強かったけど、視界も良くて綺麗な空でした。
ダイヤモンド富士の日がこのくらいの天気なら、
かなり良い写真が撮れるんじゃないでしょうか?

三小田智子姉さまが、ここのダイヤモンド富士を撮りに行くと言っていたので、
姉さまの写真に期待したいと思います。



いつもポチっていただいてありがとうございまする。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-04-03 20:19 | 撮影記 | Comments(3)

石原裕次郎って誰?

ほぼ一ヶ月くらいホームグラウンドの森戸海岸に行っていなかったので、
たまにはパトロールしておこうと行ってみる事にしました。
比較的天気もよく、ここのところ寒くて湿度も低いから富士山も見えるだろうと・・・・



真名瀬漁港の光芒


真名瀬漁港の光芒
天気良いと思っていたら、西の方だけ雲があってなんだかなぁ~。
富士山も全く見えないし、もうこの時点で来た意味が50%削減ですよ。
しかし、天使の梯子は綺麗に出ていました。



森戸海岸
数ヶ月前までは賑やかだった海岸も、この寒さでほとんど人もいません。
しかも、太陽の角度が悪い時期なので、日の当たる場所がなくてコントラストが全くありません。
こりゃ~海岸はダメだな・・・と、森戸神社の方に行ってみました。



森戸の光芒
雲が多かったせいで、長い時間天使の梯子が出ていました。
この日持ってきたのは、α99 + 70-300mm と α7R + 24-70mm F2.8 の2つ。
海での撮影は標準ズームはあまり出番がないのだけど、たまに50mmあたりが使いたい時があるもんで。



森戸の光芒
今年の初めの頃だったと思いますが、宇宙線の影響で今後は雲の多い日が増えると何かで読みましたけど、
振り返ってみれば、今年は雲の多い日が多かった気がします。
これが宇宙線の影響なのかどうかわかりませんが、
今年は撮影に来たけど天候に恵まれなかったという事が多かったと思います。



森戸の夕景
ここで撮影していたら、後ろから若い女性が二人やってきて、
「あ、なんか顔があるよ」と言いながら、顔を近づけて「石原裕次郎だって?」と言っていました。
どうやら石原裕次郎さんを知らない二人だったようで、それを横目にしながら、
あ~もう日本人でも石原裕次郎さんを知らない人たちがいるんだな~と時代の流れを実感。
確かに石原裕次郎さんや、美空ひばりさんを知らない人が沢山いるんでしょうね。
改めておっさんになったのだと思いましたわ。



森戸の夕景


森戸の光芒


森戸の光芒
海ばかり撮っていても仕方ないので、夕日を見に来ていた人たちをシルエットにしてみました。
毎度、似たような写真ばかり撮ってますが、何度も同じ場所に通うとこんなもんでしょう。

写真の事で一部の人に「撮影場所」について質問される事があるのですが、
その際に言うのは「できれば定期的に通って撮影できるホームグラウンドをつくるといいかもしれません」と言っています。
初めて行く場所というのは、気分的には新鮮で撮っていて楽しいのですが、
被写体、構図を探しながら撮影し、終わってみるとたいした写真も撮れないという事が多いです。

通っている慣れた場所は、ここの立ち位置だとこんな構図になるとか、
この季節は太陽の角度があっちから来るから、こちら側から撮るとコントラストが良いとか、
さまざまな条件を把握できるようになるので、そういう意味では撮っていて楽しいというのはあります。

ただ、同じ場所は撮っていても新鮮さがあまりなく、条件が悪いと本当につまらない事もありますね(笑)
そんな事もあり、通うには忍耐もいるのですが、基本的には森戸海岸は好きな場所だから続いているんでしょう。



毎度ポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-17 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

茅ヶ崎モノクロスナップ

しばらく忙しかったというのもあり、
夏休みに白馬に行った時に
買ったお土産をゆりやんに渡そうと、今頃になって茅ヶ崎まで行ってきました。

何となくそんな感じになるような気がしていたので、お土産は賞味期限が長い物をチョイス(笑)
りんごジュースとか、山菜とかそんなもんでしたけど・・・

ゆりやんにお土産を渡したら、茅ヶ崎ダブルドアーズで軽く食事。
ゆりやんはお腹はすいていないというので、何か飲んでいただけでした。



茅ヶ崎スナップ


茅ヶ崎スナップ
特に何を撮ろうというのもなかったのですが、いちおカメラは持ってきていました。
久しぶりにα99 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMという、古典的なシステムでしたが、
何だかんだいっても、標準ズームってのは便利です。



茅ヶ崎スナップ


茅ヶ崎スナップ
茅ヶ崎という街は、何ともフォトジェニックな所で、
カメラを持ってウロウロすれば、雰囲気の良いお店や風景が沢山あります。



茅ヶ崎スナップ
海岸の方にやってきました。
ここに来ると、台風の爪痕が修理されずに残っている箇所が多いのが目立ちます。
この辺のアバウトさが、茅ヶ崎だと許されるし味になるのが不思議。



茅ヶ崎スナップ
最近、ゆりやんはモノクロに凝っているので、モノクロ映えしそうな被写体を探しましたが、
だんだん、マニアックになっていって、一般の人にはウケそうもない写真ばかり撮ってます。



茅ヶ崎スナップ
こんなのとか(笑)
ゆりやんは更にマニアックで、上の写真の丸い穴から向こうに見える烏帽子岩を撮るとか言ってました。

しばらくするとゆりやんが「腹減った」と言い出し、
おにぎりを食べてくるから待っていてと、人を置き去りにして帰っていきました。
仕方ないので、一人で写真撮ってましたが・・・・



茅ヶ崎スナップ
長く生きていますが、一緒にいる最中に腹が減ったと言って、
おにぎりを食べに家に帰る女性は初めてです。

普段はおにぎりをラップに包み、腹が減ると取り出して食べてるんですが、
それを見る度、「おんどれは山下清か?」とツッコミを入れたくなるのを堪えてます。


いつもポチっていただきありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-09-07 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

4月の森戸海岸

定期的に通っている森戸海岸の撮影になります。
定期的に通わないといけないという変な義務感もありますが、何度行っても発見のある場所でもあります。

4月後半の週末は、やたら気温が高くて暑い日になりましたので、
海にも沢山の人が出ていて、少し前の行っても誰もいないという雰囲気とは大違いでした。



20180422 森戸海岸
どのくらい暑かったか?というのを言葉で表現するより、この外国から来たおじさんの格好が全てを物語っています(笑)
あまりの厚さに自分もTシャツ一枚でしたからねぇ。 5月の後半とかなら分かりますが、まだ4月ですからちょっとおかしいですよ。



20180422 森戸海岸
学生さんのヨット部ってやつでしょうか?
気温が高かったせいか、人がやたら沢山いて何だか嬉しくなってきました(笑)
少し前まで森戸海岸にやってきても、ほとんど人がいなくて撮るような被写体もないって状態でしたからね。



20180422 森戸海岸


20180422 森戸海岸
ヨットを浜にあげる学生さん! 若いって素晴らしいね(笑)
自分もこんな年代があったわけだけど、自分は二十歳の頃からダイビングやってましたから、若い頃はこんな感じだったんでしょうなぁ。



森戸海岸ウインドサーフィン


森戸海岸ウインドサーフィン
ウインドサーフィンの人も多かったような気がします。
年間を通じて同じ場所で撮影を続けていると、季節が変わるといろんな事に気が付きます。
いつも思うのは、通って撮り続けるホームグラウンドを作る事は重要です。



20180422 森戸海岸


20180422 森戸海岸
外国から来たと思われる女性の方がウインドサーフィンをやっていました。
最近は観光地に行くと外国の方ばかりですが、こうして日常を普通に日本で過ごす外国の方も多いのでしょうね。
こんな風に海からあがって帰っていくのを見ると、きっとお住まいも近いんだろうと想像。



20180422 森戸海岸
海から引き上げた船を積む台車のようです。タイヤがもっこりしていて可愛い(笑)



20180422 森戸海岸
もっこりタイヤは α7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM で撮影。
こういうスナップ的な撮影はF2.8があると開放で撮ってしまいますが、EマウントボディにAマウントレンズは、正直でかくてミラーレスの意味があるのかないのか。



20180422 森戸海岸
暑くて海日和だったせいか、小さな子どもたちが沢山いました。持ってきたのであろう玩具は散乱しておりました。



20180422 森戸海岸


20180422 森戸海岸
森戸神社の方には、もう鯉のぼりが設置されていました。
この日も風が強くて、鯉のぼりを撮ろうと思うと良い感じの位置に揃ってくれませんね。
風と鯉のぼりの動きを見ながら、タイミング良さげなところでレリーズ!

この日は昼間暑かったので、Tシャツ一枚で来てしまったのですが、
だんだん夕方になってくると気温が下がってきて、風も強かったので寒くなってきてしまいました。
帰ろうかな~とも思ったのですが、夕日も撮りたいので寒いの我慢して夕方まで待つことに・・・・


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-28 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

先日、弟の嫁のお父さんが亡くなりまして、まあ、自分からすると遠い関係にはなるんでしょうが、
甥っ子や姪っ子の運動会や行事なのでよく会っていたので、自分は「おやっさん」と呼んで親しく付き合ってもらっていたんです。

昨年の10月、甥っ子の運動会におやっさん来ていまして、
http://momoken819.exblog.jp/24745163/

その時に「なんか右手がしびれるんだよ」と言っていて、病院に行っても原因がわからないとの事だったんですが、
しばらくしたら肺癌だった事がわかり、その後その癌が脳に転移したという事で入院。
いろいろと進展が早かったと思いますが、運動会からおよそ1年で亡くなってしまいました。68歳でした。

これからお通夜、告別式となるので、おやっさんに最後のお別れをしたいと思います。
おやっさん、どうもありがとうございました。

そんなわけで、ここのところ気が重く写真撮影がどうこうという感じでもないのですが、
自分は自分のできる事を一生懸命やろうと思うので、なるべく通常通りに仕事、撮影、ブログとやっていきたいと思います。



森戸海岸から見えた富士山
12月はお台場で花火もやっていて、それを撮りに行こうかとも考えたのですが、
どうしても遠方まで行くパワーというか、気力がなくてホームグラウンド森戸海岸、森戸神社です。
撮影はα99 + 70-300mm の基本システム。 標準ズームは今回持参なしです。



橋を渡る船
現地に到着したのは15:30くらいだったのですが、最近の日没は16:30くらいなので手持ちでいけるのは1時間くらいしかありません。
森戸海岸で陸に上げた船が橋を渡っていく風景。
長らくここに通っているけど、こういうシーンを見たのは初めてかもしれません。



森戸 千貫松
森戸海岸の方にはやっぱり人が少ないので、早々に森戸神社の方に移動してきました。
千貫松と富士山を良い構図で撮りたかったのだけど、足場が悪い所でいいポジションが取れませんでした。



森戸海岸の富士山
最近はカメラを持った人を森戸でよく見るようになりました。
このお二人はインスタ映えする写真が撮れたんでしょうか?(笑)



裕次郎灯台と夕陽
夕陽をあえて岩の裏側にして、岩のラインのコントラストを強調してみました。
この季節の空は、湿度が低いせいかカラッとして良い色をしていると思います。



森戸の夕陽
いつもの場所からいつもの構図。
夕陽をカップルの間に入れる角度を狙って撮ってみました。
毎度、同じ場所から撮っていると、いろいろとひらめいてやってみたりしていますが、
こういう工夫は大切なんだろうと思う今日このごろ。



富士山とSUP
海の上で富士山を眺める二人。
冬のヒヤッとした空気を顔に受けて、海上から富士山を眺めるなんて贅沢なんでしょうな。



森戸グラデーション
この日は気まぐれでSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMを持ってきたのでレンズ交換。
元々、APS-C用のレンズなので、APS-Cモードに切り替えて使用しています。
当然クロップなので画素数は1000万画素程度に落ちてしまいますが、
最近はInstagramに投稿する事が多くなったので、1000万画素もあれば十分であります。



森戸グラデーション


森戸グラデーション
この手の超広角レンズは仕方がないのですが、隅っこの方の描写が流れてしまいます。
なので構図的には1枚目のように、左上の方に松の木が入ってしまう構図ではなくて、
2枚目のように端っこには空しか入れないという構図の取り方がいいと勝手に思います。



森戸海岸のある風景
駐車場まで歩いて帰る途中、海が見える路地があるのですが、
そこにバイクが停まっていて、海にSUPに乗ってる人がいたので構図にしてみました。
ナンバーが丸見えだったもんで、そこは修正して塗りつぶしてあります。あんまり違和感ないと思うけど。



船をあげる漁師
ちょうど漁師さんが船を陸に上げているシーンに出会いました。
最短の70mmでもちょっとキツイ感じだったので縦構図。 なんか変な構図になってしまいましたけど、
これはこれで貴重なシーンという事で。



真名瀬バス停からの富士山
ここからは三脚使用。
久しぶりにこんな綺麗な富士山を見たような気がします。
これからしばらくの間、こういう富士山が見られると思うと嬉しいですね。



真名瀬漁港の富士山


真名瀬漁港の富士山
毎度見飽きた構図です。
前回来た時と空の色が違いました。同じ場所でも、来る度に風景が違うのが不思議です。
この時はマジックアワーの青色が特に綺麗に思いました。

空を見ながら、おやっさんの事を思い出しました。


うわっ!エーデルさんに抜かれてしまった!(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-12-10 12:00 | 撮影記 | Comments(2)

ダイビングにα99とα7Rを持っていってみた!と言っても、水中に持ち込んでみたという話しではなくて、
せっかく西伊豆に行くのだから、陸上でも何か撮れるのではないか?と思って持参してみました。

伊豆に行く際には、江ノ島の前を通って、西湘バイパスで相模湾を突っ切って行くのですが、
西湘バイパスを走っている途中で、雲の切れ間から天使の梯子が見えたので、
国府津パーキングエリアに車を停めて、7Rで海の方を撮りました。



相模湾の光芒
レンズはシグマ24-105mm F4 DG HSMですが、マウントアダプターがLA-EA3だったもんでMFですが・・・・

e0341572_10542215.jpg
ちなみにこの写真、αcafeに投稿したらBravo!が100つきまして、
人気の写真という事でトップページに載りました。αcafeの皆様どうもありがとうございます。



黄金崎
いつも海の中ばかりなので、潜っている海の陸上はこんな感じだという写真です。



エントリー
この坂になっている所(スロープ)からダイバーは海の中に入っていきます。
撮影はα99 + 70-300mm Gです。望遠レンズを持ってきてよかった。



タンク
タンクが並んでいたのでスナップ的に撮ってみました。
ちなみにこれ「酸素ボンベ」ではありません。こんなものに酸素を詰めて吸ったら人間大変な事になってしまいます(笑)
これはただ単に空気が入っているだけなので「エアータンク」です。
しかし最近はタンクではなくシリンダーというそうで、古いインストラクターには何とも違和感があります。



タンクとダイバー
タンク置き場の向こう側で準備をするダイバーたち。
F2.8スタートの70-200mm F2.8 G SSM IIとかで撮れれば、もっと雰囲気のある描写ができたんでしょうけどね。
次はSonnar T* 135mm F1.8 ZAを持ってきて撮っても面白いかもしれません。



SCUBA
準備して置いてあった器材。
おそらく講習生の器材だと思うのですが、この日は若い人の講習が沢山いて活気がありました。
ダイビングも年齢層が高齢化してるから、若い人のエントリーは歓迎です。



黄金崎 馬岩
ダイビングが終わった後は、夕方まで待って夕景を撮るという事にしました。
この岩は馬の顔に似ているという事で「馬ロック」という名前がついています。



黄金崎夕景


黄金崎夕景



黄金崎夕景
さすがに夕陽の名所だけあって人も多く、三脚を持っていったのだけど脚を伸ばす事ができませんでした。
仕方なく脚を開かずに、一脚のようにして撮影しました。 7Rと24-105mm F4 DG HSMだと手ぶれ補正がないから気を使います。



黄金崎夕景
夕陽を見ていた親子。
見ていたといっても、子供の方は夕陽を見入るような感性もないのかウロウロして撮りにくかったけど・・・(笑)
お父さんはしんみりと夕陽見てましたな~。



黄金崎夕景
日が沈んだのは17:15くらいだったかな?
この後、撮影機材を片付けて横浜まで帰ったら、帰宅したのは23:00近かったですけどね。
西伊豆に夕陽を撮りに来る時は、できれば泊まりで行きたいもんですな。


いつもポチリありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-10-16 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

更新が少し遅れてしまいましたが、
船体に描かれたペイントが印象的な客船、スーパースター・ヴァーゴが横浜初入港という事で行ってみました。




スーパースター・ヴァーゴ横浜初入港
スーパースター・ヴァーゴはこんな船です。
http://www.starcruises.co.jp/ships/superstar-virgo.html

全長268m、東京ドーム1.5個分のスペースがあるそうですが、この船もなかなかでかい。
船の横に読めない漢字が書いてあるので、どこかアジアの船っぽいと思っていたらドイツの船なんですな。



大桟橋埠頭夕景
理由はわかりませんが、スーパースター・ヴァーゴは大桟橋埠頭の山下公園側に接岸されていたので、みなとみらい方面の景色は丸々見えました。
この日も雲が多くて綺麗な空という感じではありませんでしたが、少し風があったので涼しかったかも。



月夜の山下公園
スーパースター・ヴァーゴが山下公園側に接岸されていたため、山下公園から撮ってみようと移動してきました。
この日は綺麗な月が出ていまして、周囲も明るかったような気がします。



月夜の山下公園
芝生の入り口にロープが張られていて、人が誰もいなかったのでまっさらな芝生を撮ってみました。
ちょうど真上に月があったので、構図的にも良い感じになりました。



月と氷川丸
氷川丸と月のコラボも撮影。
もう少し早い時間に撮れば、氷川丸の真上に月があった状態で撮れたんですけどズレましたね。



スーパースター・ヴァーゴ山下公園より
肝心のスーパースター・ヴァーゴです。
この日持ってきたレンズはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMだけだったので、
70mmではちょっと遠かったかな?という感じです。 24-105mm F4 DG HSM持ってくればよかったです。
ボディはα99でしたが、三脚使って撮るならEマウントで十分です。



みなとみらい夜景
車を大桟橋埠頭に停めたので、また戻りながらチマチマ撮ってみました。
この日はパイプ径32mmのでかい三脚を持ってきていたので、手摺をもろともせず撮影することができました。
小さい三脚だと高さが足りず、手摺をかわすのが難しい時があります。



みなとみらい夜景
横浜といえばこの紫色のオブジェ。
すっかり見慣れてしまったせいか、最近は撮るような事もなかったのですが、あえて撮ってみようと思い構図を考えてみました。
意外と人が通るので、タイミングの難しい撮影でしたけど・・・・



スーパースター・ヴァーゴ
大桟橋埠頭に戻ってきたのでスーパースター・ヴァーゴを横から撮ってみました。
ちょうど船の下に車がありますが、この車と比べると船の大きさ、ペイントの大きさがわかりやすいと思います。
このペイントの女性が実際にいたら、ガンダムくらいの大きさなんでしょうな(笑)



スーパースター・ヴァーゴ
後ろに下がって人物のシルエットを入れてみました。
よく見ると乗船している人もこっちを見たり、撮ったりしていたんですね。
客船の撮影に来るといつも思いますが、同じ場所に固定されている状態なので、自分が動き回らないと構図がとれません。
毎度似たような場所からしか撮れないので、似たような写真ばかりになってしまうし、ちょっと飽きてきたかな~。

ブログランキング長らく3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-07-17 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

7月の森戸海岸

沖縄でダイビングのお店をやっている友人から、7月の三連休に潜りに来ませんか?と誘われていて、
仕事が忙しくなかったら行けるかなぁと淡い期待をしていたのですが、
蓋を開けてみれば、7月の三連休は今年に入って一番忙しい週になってしまうという皮肉な運命でした。
仕事は忙しい方が収入も増えるし嬉しいのだけど、こう暑いとそうも言ってられませんねぇ。
見ていないと思いますが、うちの取引先の各社様、暑い時は仕事いらないので涼しくなったらお願いします。

そんなわけで昼間の暑さは半端ないので、カメラを持ってウロウロしようなどと全く思いません。
夕方になったら出かけるという感じがしばらく続くと思いますが、
先日、夕方から森戸海岸の方に出掛けてみました。




森戸海岸夕景
夕方から出かけたのでいきなり夕景です。
7月から森戸海岸は海水浴場になるので、人もかなり多く砂浜には音楽が鳴り響いていました。
梅雨時というのもあってか、空気が淀んでいる感じで白っぽく、江ノ島もあまりよく見えませんでした。



森戸海岸夕景
夕方とはいえ、水着でウロウロしているおねーさんも結構いまして、
α99なんていうでかいカメラを持っていると、怪しい盗撮オタクと間違われかねません。
何があろうと水着のおねーさんの方にはカメラを向けないのが賢明です。 かなり気を使います。



熱い風を追いかけて
この写真、αcafeの方に投稿したら、あっという間に人気のフォト入りしましてBravo!も100を越えました! 
投稿する時には「こんな写真投稿してもなぁ」と思っていたのですが、他人様の評価というのはわかりませんね。
Bravo!コメントいただいた方、どうもありがとうございました。



森戸海岸夕景
森戸海岸は西側を向いているので、夕景の撮影は思い切り逆光になり、
キラキラ輝いている水面以外は、シルエットになってしまうという作品作りになります。
若者数名が防波堤に座っているというシーンですが、向こう側を指差しているおねーさんのシルエットは、
人物の動きがあっていいと思ったので投稿してみました。



森戸海岸夕景
海水浴場のシーズンなので、遊泳エリアのロープが張ってありましたが、
ちょうどロープの延長上にSUPで浮いているおねーさん達がいたので構図にしてみました。
多分水着を着ているんでしょうけど、こんな撮り方なら何の問題もないでしょう。



森戸千貫松
富士山が見えていると、富士山バックにいろんな構図があるのですが、
富士山どころか江ノ島もよく見えなかったので、森戸神社の方に移動してきました。
あまり撮るものもなかったので、空が少し赤いうちに千貫松を撮っておこうと最後のショット。

7月から海水浴場になっている森戸海岸ですが、この時期は駐車場の料金が割高になるので損した気分です(笑)
普段は200円くらいしか払ってないような気がしますが、夏は1000円とかすぐにいってしまいますからねぇ。
この前は茅ヶ崎で出庫する時に6000円とか表示されてビビりましたが、
皆さんも海の近くの駐車場に車を停める際は、夏料金という罠があるので気をつけてくださいませ。


ブログランキング、なんだかずっと3位です
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-07-13 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

カメラ仲間の情報によると、紫陽花のこの季節、
平日に鎌倉に行っても、紫陽花で有名なお寺は相当混んでいるらしく、
そんな所に行ってわざわざ人の頭の写真撮ってきても仕方ないので、たまには横浜の方にでも行ってみるべと一路横浜へ。
それなりに歩くと思ったので、α99 + シグマ24-105mm F4 DG HSM、サブのボディにα7R、三脚は一番軽いManfrottoを持って出かけました。

最近思いますが、三脚を持っていくのが面倒なのは、
三脚の重量の問題ではなく、荷物がひとつ増えて嵩張るって事ですね。軽いからいいってもんじゃありません。
でもまあ、持っていかないといけないので、軽い事に越した事はありませんが。

電車に乗ってJR石川町駅からスタート!
駅を出たらすぐにカメラをバッグから出して、ここから撮影スタートです。
この日は作品を撮ろうとか、良い写真を撮ろうとかではなく、とにかく歩きながら撮っていきます。




元町商店街スナップ
鋭い視線を感じたのでそっちを見ると、どうやら美容室の看板の模様。
街中の撮影になるので、何でもいいからきっかけがあったらとにかく撮っていきます。



元町商店街スナップ
ここから先は元町商店街。
ここ元町商店街を山下公園の方に抜けて海の方に向かっていきましょう。



元町商店街スナップ
元町商店街は12:00から18:00まで歩行者天国になるようです。



元町商店街スナップ


元町商店街スナップ
鎌倉と違って人が多いという感じでもなさそうですが、特に撮ろうと思うような物や場所もなさそうな予感。
まあいいか・・・何かあったら撮ってみます。



元町商店街スナップ
商店街の道のりは、ず~と花があるのでとりあえず撮ってみます。
だいたい持っているレンズがF4スタートなもんで、背景をぼかすってのがあまり得意ではありませんが、
被写体の距離感を考えて撮れば、何となくこんな描写にはなりますわな。



元町商店街スナップ
元町商店街といえば、この「M」のマーク!
こういうベンチも特注で作るんでしょうな。モノ作りが仕事の自分としては気になります。



元町商店街スナップ
建物と建物の間に自転車! えらい狭いスペースだと思うのですが、
この商店街は意外とこういうスペースがあって、覗いてみると人家の玄関があったりしてビックリします。



元町商店街スナップ
レトロなコーラの販売機。
この販売機の写真はよく見るので、色んな人がスナップの被写体として選んでいるようです。
前に来たときにはなかったと思うのですが、販売機に「コーラの買い方」という説明が貼ってあったので、
きっとお金は入れたけど、どうやって買えばいいのかわからないという人が多いのかも。



元町商店街スナップ
風が吹くと涼しい日でしたが日向は暑かった・・・・
日傘を差しながらベンチに座るご婦人。 何となく傘が目に入ったので撮った一枚。



元町商店街スナップ
歩道からはみ出して停めてあった自転車。
背景が緑色になるので、赤色が良い感じだと思って縦構図にて。
これを撮った後、すぐに持ち主が来て乗って行きました。



元町商店街スナップ
たいした写真も撮れないまま、元町商店街も終点を迎える事となりました。
このまま、山下公園の方に行ってみたいと思います。



元町歩道橋
川を渡るのに歩道橋を歩いて行くと・・・・



天井がスレスレの歩道橋
首都高が頭スレスレの場所があります。
しかし、ここを通る度に「首都高スレスレやないか!」と、大阪人並にツッコミを入れたくなるのですが、
何ともすごい作りで歩道橋を作ったもんだと思います。



マリンタワー前
マリンタワーの脇を通って山下公園の方に出てきました。
山下公園周辺も少しだけど紫陽花が咲いているんですね。白色のが多かったです。



紫陽花と氷川丸
なんとか紫陽花と氷川丸を撮れないか?とウロウロ探してみたらありました!
ちょっと背が高くないと撮影が難しい場所でしたが・・・



山下公園
少し前に来たときには、花が沢山咲いていたような記憶があるのですが、
この時は緑こそ多かったですが、花はあまり咲いてなかったですね。 夏っぽい風景です。



山下公園噴水
マリンタワーと噴水。
横浜らしい風景だと思ったので撮ってみました。



ぱしふぃっくびいなす
大桟橋埠頭に移動してきました。
この船、ぱしふぃっくびいなす という船ですが、あまり大きな船ではなく、
しょっちゅう大桟橋にいるのでレアではありません。



シャドー


ママさんのシルエット
ここで夕方になるまで待って、夕景と夜景を撮ろうと思いまして、
待っている間、昼寝しながらいろいろ撮ってました。
夕日の角度によって、デッキが綺麗に反射する場所があるので、そこにカメラを構えてやってくる人を狙います。
カメラで撮るとコントラストが面白いです!

長くなりましたので、夕景から夜景は次の投稿で!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-06-20 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

毎度、しつこく書いているように、花の撮影は苦手意識が強いのですが、
最近、花の撮影も積極的にしてみようと思っている自分がいるので、ちょっとやる気スイッチが入ったかな?と思います。
先日、皇居に菖蒲の撮影に行きましたが、調べてみると家から近い所に「横須賀しょうぶ園」という菖蒲が咲いている所があり、
HPで調べてみると、今が見頃だという事で行ってみる事にしました。

http://www.ryokukazouen.jp/iris/index.html

この日の前日に、エーデル鎌倉隊の鎌倉散策があったので、
鎌倉から帰ってきて、そのまま放り出してあったα99に70-300mm を装着し、
α7RにはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着!
「面倒くさいからこれでいいや~」

そして、いちお焦点距離の長い撮影がメインだろうという事で、先日購入した一脚を使ってみようと思い立ち、
これらを車に放り込んで、一路横須賀しょうぶ園へ!



2017 /06 /11 菖蒲園


菖蒲園


菖蒲園
入場料310円を払って園内に入って思いました。
「うわ~やってしまった!」
目の前に広がる美しい風景に、面倒臭がってα99Ⅱもα7RⅡも持ってこないのは失敗だったと思ったのです。
この風景をきちんと撮るには、α99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII 持ってくるべきだった・・・。



2017 /06 /11 菖蒲園
園内に入ってシステムの選択に失敗したと思ったのですが、
帰ってから撮影した写真を見てみると、意外とこのα99 + 70-300mm F4.5-5.6 G SSMの撮影結果が良いような・・・。



2017 /06 /11 菖蒲園
しょうぶ園のHPを見ても、花摘みの事の記載はなかったと思うのですが、
突然、この衣装の女性たちが現れて、菖蒲が植わっている所に入っていきました。
花の事は全く詳しくないのですが、枯れたりした物を選定して摘んでいるんでしょう。
写真的にも、この純和風な風景は撮ろうという気にさせてくれました。



2017 /06 /11 菖蒲園
こういう撮影はAマウントが最高!
構図決めたらフォーカスポイントをチャカチャカ動かしてバシッと撮れますね。
先日、α7RⅡのアップデートがきて、フォーカスポイントについての更新があったみたいですが、
まだアップデート後にα7RⅡを持ち出せてないので、使用感がどうなっているのか気になります。



2017 /06 /11 菖蒲園
使用したレンズ 70-300mm F4.5-5.6 G SSMですが、このレンズの自分なりの立ち位置は、
白くてでかいレンズを持ち出すのが面倒な時、気軽に持ち出せるサブ的なレンズだという認識なんですが、
今回、この撮影で「むむ・・・このレンズ、実はすごいレンズかも・・・」と思ってしまいました。

自分の持っているのはⅡ型ではなく初期型なんですが、AFは遅くて動いている物は撮れないのですが、
こういう風景の撮影には問題ないし、AFは遅いけど合焦精度は高いような気がします。



2017 /06 /11 菖蒲園
70-200mm F2.8 G SSM IIのように、F2.8から始まるというレンズじゃないので、
背景のボケも大きくはありませんが、撮影結果を見るとボケは綺麗だと思うんですよね。
しかも、クリエイティブスタイル スタンダード で、彩度やシャープネスなども全部 0 にしても、
色乗りが良すぎて彩度が高い・・・・。 マイナスにしてもいいくらいですわ。



2017 /06 /11 菖蒲園


2017 /06 /11 菖蒲園
レンズの話ばかり書いてしまいましたが、とてもいい風景に出会えて楽しい撮影でした。
こういう風情のある光景は、今後も積極的に残していっていただきたいものであります。



2017 /06 /11 菖蒲園


2017 /06 /11 菖蒲園
今回の撮影は機材云々もありますが、撮影条件が薄曇りという感じでベストだったと思います。
これで太陽が出ていて、う~ん!気持ちいい天気! って感じだと、花の撮影には向いていなかったでしょうし、
花の撮影には来なかったと思います。

ちなみに持っていった一脚! これが非常に役に立ちました。
ただ、部屋に転がっていたビデオ用の雲台をつけていったのですが、パン棒が長くて邪魔だったので撮影がし難かったな~。
一脚用の雲台は今後どうするかまた考えないと。

この場所は入り口に「三脚禁止」と書いてあるので、三脚は使えないという事をお伝えしておきます。
スタッフの人に聞いたら、一脚は場所をとらないから別にいいですよとの事でした。

この菖蒲、まだ見頃が続いているので、機会があったら機材を変えてまた行ってもいいかもしれませんね。
ただ、今回のα99と70-300mm F4.5-5.6 G SSMは、いい結果を出せる実力があったのだと見直しました。
というか、十分でしょ。これで(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-06-17 00:00 | 撮影記 | Comments(2)