人気ブログランキング |

タグ:α77Ⅱ ( 31 ) タグの人気記事

70-200mmのレンズは、どのメーカーが作った物でも力を入れているカテゴリーだけあって、
描写力、使い勝手共に優秀なんでしょうが、
海で使おうと思うと望遠側がちょっと不足な感じなもんで、広角側を犠牲にしてAPS-Cセンサーで使ってみようと、
タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di USDにα77Ⅱをガチャンコとくっつけて、いつもの森戸海岸に行ってみましたとさ。



森戸海岸・スナップ
APS-Cセンサーのカメラでフルサイズ用のレンズを使う時は、
画角周辺の画質があまり落ちないので、そういう意味では安心して使えます。
まあ、こんな構図だったらそんな心配をする必要もないんでしょうけど・・・



森戸海岸・スナップ
焦点距離200mmは、35mm換算で300mm画角。
このくらいで使えると、海に持ってきても事足りる感じがします。



森戸海岸・スナップ
SUPの上で準備体操するおねーさん。



森戸海岸・スナップ
学生さんのヨットが沖から戻ってきました。


森戸海岸・スナップ
ヨットを背景に気持ち良さそうに昼寝する、外国から来たお父さん(笑)



森戸海岸・スナップ
猫は微妙な距離感で逃げるので、少しずつ近寄りながら撮ります。
フルサイズ200mmだと意外と逃げられる距離ですが、APS-Cの200mmだとここまで寄れます。



森戸海岸・スナップ
小さな女の子が二人で遊んでいたので、背景がヨットになるよう回り込んで撮影。



森戸海岸・スナップ
夕景モード!
この後、二人は走り回り、左の女の子は転んで顔が砂だらけになってました(笑)



森戸海岸・スナップ
広角端70mmで撮影。
広角端は使いにくいっすな。35mm換算で105mmとなると、
自分が後ろに下がらないといけないシチュエーション多々ありです。



森戸海岸・スナップ
望遠端200mmですが、少し距離が足りなくてトリミング。

α77Ⅱで70-200mmのレンズを使うと、望遠端は余裕を持って使えるのだけど、
やはり広角端に不満が出てくるパターンになりますね。
そうなると24-70mmみたいなシステムをもうひとつ持ってくればいいのだろうけど、
2台持ちは機動性も落ちるし、嵩張るからなぁってのがあります。

そうなるとやはり便利ズームが気になりますよ。
タムロンの28-300mmとかどうなんでしょうね?
画質がそこそこだというなら使ってみたいというのがまた湧いてきました。



いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-02 17:00 | 撮影記 | Comments(2)


本題の撮影記に入る前に、最近スマホで投稿された記事の写真が見れないという現象について、
写真を投稿しているPHOTOHITOさんの運営の方に問い合わせをしてみました。
以下、自分がPHOTOHITOさんの方に問い合わせた内容です。


いつもお世話になります。
こちらに投稿させていただいた写真をブログ貼付から、エキサイトブログに貼り付けて使用させていただいております。
最近、一部のスマホユーザーから、貼り付けてある写真が見れないという話を数件聞き、
自分でも調べてみたところPCでもブラウザによって表示されないものがあります。
Internet ExplorerとChromeは表示されますが、Firefoxは表示されません。
また、更に調べてみたところ、こちらの表示方法が変更される以前の写真はFirefoxでも表示されているのですが、
表示方法が変わってからの写真は表示されていないようです。
ご確認が可能でしたら調べてみていただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。


この内容を送信した後、自動返信でPHTOHITOさんからメールがきまして、
内容によっては返信にお時間がかかるかもしれないという内容でしたが、翌日すぐに返信をいただきまして、
以下、PHTOHITOさんからの返信内容。

お問い合わせいただきありがとうございます。
PHOTOHITO事務局です。
ご連絡をいただいた件についてお調べしておりますが、
現在のところ再現ができておりません。
恐れ入りますが、調査のため、PHOTOHITOの投稿写真を貼付している
ブログのURLを本メールへご返信いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


という事で、このブログのURLを返信にてお送りいたしました。
現在、PHOTOHITOさんの方で調査をしてくれていると思いますので、ご回答があり次第報告させていただきます。
毎度の事ながら、迅速かつ誠実に対応していただけるPHOTOHITOさん運営の方、どうもありがとうございます。

さて、本題にいきたいと思います。

先日、三浦半島で毎年開催される「道寸(どうすん)祭り」の方に行ってきました。
撮影の目的は笠懸ですが、馬に乗った射手が弓で的を射る流鏑馬のようなものと言えば分かりやすいでしょう。



道寸祭り
実際に馬が走るのは13時くらいになるのが毎年のパターンなのですが、
何しろ場所を取らないと撮影もできないという事で、10時30分頃には現地到着でございます。
馬だけ撮るなら望遠レンズ1本で済むのですが、ブログに説明として必要な写真のためにα6000とSEL1635Zを持参。



道寸祭り
緑の中の細い道を歩いて、笠懸の会場がある荒井浜海岸を目指します。



油壺湾 ヨット
この道は油壺湾のすぐ上を通っているので、すぐ下の海にはヨットが頻繁に往来しておりました。
休日の天気の良い日に、自分のヨットを海に出してのんびりするなんていう生活をしてみたいものです(笑)
安物レンズを買うか、買わないか悩んでいるような自分には無理かな~。



道寸祭り 太鼓演技
荒井浜海岸の方に降りていくと、会場では太鼓の演技を披露しておりました。
自分のα6000は3年位前に買ったと思うけど、ファイル番号見てみたらまだ2000ショットくらいしかしてませんでした。
まあ、普段全然使いませんからねぇ。 


道寸祭り
当日は風が少し強かったけど、比較的穏やかでイベント日和。
ただ、太陽が出ていたから、日陰のほとんどない海岸で待機するのはキツかったです。
いちお帽子と長袖のシャツは過去の経験から持参です。



道寸祭り 笠懸会場
笠懸のステージはこんな感じ。
馬の走るコースはロープで道になっており、観客の立ち入りできるラインも設置されています。
あまり近づくと馬が跳ね上げる砂をもろに食らうと思うので、このくらいが丁度いい距離感でしょう。



道寸祭り 会場
馬が走るのは13時頃と書きましたが、それまで2時間以上この場所で待機しないといけません。
特に撮るような物もないし、仕方ないので待っている人たちを狙って遊んでみました。
キヤノンのカメラを持ったこの女性も、手持ち無沙汰だったのか、飛んでいるトンビを撮って時間つぶしてました(笑)



道寸祭り 打ち合わせ風景
時間が迫ってくると、笠懸スタッフが動き始めました。
若い女の子に男性のスタッフの方が、何か説明しているようです。動きのあるシーンをショットしましたが、
若い女の子のバラバラな動きが面白い(笑)



笠懸
笠懸本番の前に、出場する馬と射手の方はコース上をゆっくりと歩いて往復します。
この時にファインダーを覗いて画角を探り、馬と的の位置関係や構図的なものをイメージ。



道寸祭り スタッフ
馬は動物なので所構わず「う○こ」しますわな(笑)
それを後ろからスタッフの人が掃除しているというシーンでございます。
さすがに馬のう○こは大きく、少し離れた自分の場所から見てもハッキリと分かるほど!

そういえば、毎年この場所で一緒に撮影をしていたエーデルさんの姿がありません。
この場所に来れば、先に来ていて会えるだろうと勝手に思っていたのですが、今年はもうすぐ始まるって時になっても現れないじゃないですか!
エーデルさんどうした? 仕方ないのでエーデルさんにメールして、
「道寸祭り、どうすんだ?」
しかし、しばらく経っても返事がありません。これはきっと前に「味噌と醤油どっちにしますか?」でネタにしてしまったので、
それに怒って来ないのではないか?と心配になりましたが、
エーデルさんから返事が来る前に、笠懸は本番へと突入するのでありました!

続く



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-05-31 12:16 | 撮影記 | Comments(0)

3月21日は春分の日でしたが、天気予報は雨だったのに、実際に降ってきたのは雪でございました。
えっ?3月後半で、そろそろ桜が咲くっていうのに雪ですかい?とは思いましたが、
過去には4月に大雪が降ったという事もあったので、3月に雪が降ってもそれほど珍しくもないのでしょう。

休日という事もあり、雪が降るというのもある意味チャンスかと思ったもので、
カメラを準備して、金沢文庫にある称名寺に行ってみようと出掛けてみたのであります。



雪の日の称名寺
雪が降るほどなので気温は低くて相当寒かったのですが、
微妙に桜の花が咲いておりまして、もう数日後だったら桜と雪のコラボが撮れたなぁ~などと思いながらカメラを取り出しました。
今回はα77Ⅱ + DT16-50mm F2.8 SSMというシステム。

このDT16-50mm F2.8 SSMはZeissでも、Gでもない無印のソニーレンズではありますが、
とても良く写るし、前に紫陽花撮影で雨の中でも大丈夫だったので、雨が降る日はこのレンズを持ち出す事が多いです。



雪の日の称名寺
お地蔵様も寒そうでございました。
雨や雪の撮影は、シャッタースピードで描写が変わってくるので少し試し撮りしながらです。
ストロボ持ってくればよかったんだろうけど、突然の雪でエネループ充電してなかったんだよね。



雪の日の称名寺



雪の日の称名寺
雪の撮影の場合は、背景が白いと写らないから、なるべく暗い背景を選ぶのが吉。
定番の称名寺構図ですが、雪が降る日に来たのは初めてなので撮るのも楽しいです。
かなり降っていたもので、トイレの軒下に隠れながらの撮影(笑)



雪の日の称名寺



雪の日の称名寺
薄っすらと橋に雪が積もっていて良い感じなのと違いますの?

片手にビニール傘を持ちながらの撮影になるので難しいっすな。
だいたいソニーのカメラは、雨や雪の日は信用ならないんだよね。こういう日はペンタックスかオリンパスだな。



雪の日の称名寺
手前にアオサギがいるのが分かりますでしょうか?
これを撮っていたら、ご年配のご夫婦がカメラを持って撮影していて「鳥がいるね。何の鳥だろ?」と話していたので、
すかさず「あれはアオサギですね」と言うと、 「アオサギですか~」 とコミュニケーション。
実は自分、鳥は全然詳しくないけど、今年の1月に偶然アオサギを見て調べたから知っていただけです。

https://momoken819.exblog.jp/26631325/

たまたまアオサギだけ知っていたのだけど、ドヤ顔で教えてあげたのは言うまでもありません(笑)



雪の日の称名寺


雪の日の称名寺


雪の日の称名寺
傘を差しながらの撮影ですが、だんだん風が強くなって大変になってきました。
ふと足元を見ると、ズボンの裾がびしょ濡れになっている事に気が付きまして、えらいテンション下がってきました(笑)
しかし寒いな~。人もほとんどいないし。



雪の日の称名寺


雪の日の称名寺


雪の日の称名寺
たまに人がやって来ますが、平然とこの急な橋を渡ろうと歩いているので、滑って転んだり、落ちたりしないか心配になります。
このピンク色の傘を持っていたのは、女性の外人さんでして、とても美しい方でしたが後ろ姿でご勘弁を。



雪の日の称名寺
タオル片手にカメラとレンズ拭きながら撮っていましたが、かなり濡れてしまいましたのでそろそろ撤収です。
連写の動き物の時くらいしかα77Ⅱは持ち出さないんですが、こうして見るとかなり良く写ると再認識します。
DT16-50mm F2.8 SSMも良いレンズだと思うし、この組み合わせは紫陽花の撮影の時に活躍してくれそうな予感。



みんな~ポチっといてね~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




SONYランキング
by momoken805947 | 2018-03-27 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

23日の勤労感謝の日は、午前中は雨が降っていましたが、
午後になって雨が上がり、青い空が見え始めてきたのでカメラを持って出かける事にしました。
ゆりやんが「今日は波が高いから、海の方に行ってサーファーを撮りたい!」というので、
そういう事ならα77Ⅱだな・・・と、70-300mmでやってみる事にしました。

本当は70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持っていきたいのだけど、茅ヶ崎は波が高いと海水がミスト状態になって舞っているので、
ズームリングを動かすという事は、レンズ内に海水を吸い込むわけでありまして、
カメラやレンズには相当過酷な条件になり、あえて壊しに行くようなのも嫌なので70-300mmは古いしいいや~という感じです。
(持っている70-300mmは、内部にゴミが沢山入ってしまっている状態)




サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド
300mmだと微妙に届かなくてトリミング必須です。
現地の状態はやはり飛沫がミスト状態になり、少し遠い風景は白っぽく霞んでいました。
こういう条件だとソニーのカメラは安心して使えませんね。
防塵、防滴のレベルが高いオリンパスかペンタックスでしょうな。



サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド


サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド


サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド
波が高い日は面白いですよ。
ただ、サーファーも波情報を聞いてくるようで、海もサーファーだらけ。
メインのサーファー意外を構図に入れないように撮るのは意外と大変です。



サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド
小学生くらいの子も上手に波に乗っていました。
きっとお父さんか、お母さんがやっていて一緒に来ているんでしょうが、
うちの親もこういう事やっていてくれたらよかったな~と思うんですけどね。



サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド
だんだん厚い雲が立ち込めてきまして、あっという間に真っ暗ですよ。
サーファーなんて速いシャッタースピードでしか撮れないし、ISOをAUTOに設定していたらISO3200という・・・。



サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド
暗い条件だとサーファーの撮影は厳しいです。
カメラ側の設定でISO上限を3200にしているのですが、レンズが暗いので厳しい感じです。
Lightroomでノイズ除去しているので何とか見れますけど、これJPEG撮って出しとか無理っぽいな~。



サーファー 茅ヶ崎ヘッドランド
かなり夕方になってきていたし、このあたりが限界っぽいですね。
ゆりやんのRX10M3は、既にAFがサーファーに合焦しにくくなっていたようでした。
そういう条件でもα77Ⅱは、AFに関してはしっかり追いかけていたので優秀だと思いましたね。
α9だと楽勝で撮れるんでしょうが、フルサイズは望遠側で不利だから物理的な問題もあります。

α77Ⅲが出たら即購入すると思いますが、サーファーを真剣に撮るならタムロンの150-600mmが最高ですね。
ただ、撮影環境がカメラやレンズに厳しいですよ。
海水が霧状に飛んでいる中での撮影ですからね。システムを壊す覚悟がないとできない撮影です。


ただいまランキング2位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

こちらはランキング3位!

SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-11-24 22:30 | 撮影記 | Comments(0)

昨年も撮影に行った逗子海岸の流鏑馬が今年も開催されまして、
今回初めて知ったのですが、今年は第26回という事なので、それほど歴史が古い行事でもないんですね。
昨年はエーデルさんと一緒に行ったのですが、エーデルさんは最近いろいろと忙しいようで連絡がなかったもので、
現地に行けばきっといるんだろうと思い、一人でノコノコと出掛けて行ったのであります。



逗子海岸 流鏑馬
朝のうちは雲が多く、曇りの中での撮影でSSが稼げないかも?と思っていたら、お昼くらいから雲がなくなり良いお天気になりました。
これも自分の普段の行いのおかげだと自負しております。



逗子海岸 流鏑馬
昨年は始まる1時間前に来たら、あまり人がいなかったので余裕こいて30分前に到着したところ、
こんな風にすごい人でして、撮影場所どうしよう?という感じになってしまいました。



逗子海岸 流鏑馬 太鼓の余興
流鏑馬は馬というでかい動物が、物凄いスピードで走るから危ないというのもあり、
意外と立入禁止エリアが多く撮影場所もかなり限定的。 コースの海側も立ち入る事ができないし、
反対側の道路の歩道も立入禁止という、何とも徹底した立ち入り禁止っぷり!
どこから撮るか?とウロウロしていたら、余興の太鼓も終わってしまいそうに・・・・。



逗子海岸 流鏑馬
とりあえずここから撮るかな・・・と決めたら、仮装した人達がやってきて目の前に立ちはだかってます。
始まる直前になって、いろんなスタッフが配置されて死角だらけになってしまったので急遽移動です。



逗子海岸 流鏑馬
そうこうしているうちに、流鏑馬のマドンナと言うべき「あけみさん」登場です!
いつ見ても水色の衣装が素敵過ぎる!(笑) 



逗子海岸 流鏑馬
今回はやはり撮影場所がよくなくて、射手と的を構図に入れようと思うと、こんな引いた画になってしまいました。
この手の撮影はまず場所取りが重要で、どんな構図にするか?をイメージしたら、
場所を確保して撮影に挑まないとダメだという事を実感。



逗子海岸 流鏑馬


逗子海岸 流鏑馬
しかし、的を構図に入れないといけないと誰かが決めたわけでもないので、
そこはこだわりを外してしまえば、写真自体はどうにでもなるんですけどね。



逗子海岸 流鏑馬


逗子海岸 流鏑馬


逗子海岸 流鏑馬
他の射手の写真はうまく撮れなくても、あけみさんだけはきちんと撮らないといけない!というプレッシャー!
今回はα77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII で挑みました。
AFの追従は走ってくる馬くらいは難なくこなしますが、背景の観客あたりが二線ボケ?って感じでうるさく感じます。
どうも70-400mm F4-5.6 G SSMIIは、条件によっては背景のボケが綺麗じゃないんですよね~。



逗子海岸 流鏑馬
今回は縦グリを持って行かなかったので、横構図の物を縦にトリミングしてみました。
縦構図だと長い弓が入るので、これはこれでアリなような気もします。



逗子海岸 流鏑馬
馬の顔ドアップも面白いかも(笑)
馬の顔はきっと同じなんだろうけど、こうして見ると真剣さが伝わってくるような気がしないでもありません。

流鏑馬会場はロープが張ってあり、ロープから3列目までは座って見学してくださいとの事だったので、
後方に下がって一脚を使用して撮影しました。
きちんとルールがあるにも関わらず、ロープ際の最前列で禁止されている三脚を使い、
立ったまま撮影しているおっさん(爺様)もいました。

http://www.shokonet.or.jp/zushi/yabusame/
逗子海岸 流鏑馬のHPには、

近年、写真撮影のために安全基準の無視や、他の方の観覧の妨げになる行為をなさる方がいらっしゃいます。
一年に一度の行事です。譲り合って楽しくご観覧ください。
その他、スタッフからお願いさせていただく場合があります。ご了承下さい。


と、記載されています。

写真を撮る人は、こんな風に書かれてしまわないように気をつけないといけませんね。
もちろん自分もそうですが、これからも気をつけて撮影していきたいと思います。


いつもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-11-21 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

11月も中盤になると、定番の森戸海岸は夕陽が浜に対して左側から入る感じになり、
構図的にちょっとイマイチな感じになるので、
e0341572_22241574.jpg



これからしばらくは、夕陽が浜の正面から入ってくる逗子海岸の方がいい時期になります。
そんなわけで、今回は逗子海岸に出掛けてみましたです。

e0341572_22243091.jpg
逗子海岸はJR逗子駅からも、京急新逗子駅からも歩いてすぐですから、
電車で移動するという方でも、気軽に行けると思いますのでオススメいたします。



逗子海岸 天使の梯子
実はこの日、適当にα77Ⅱ + 70-300mm F4.5-5.6 G SSMだけを持って行ったのが失敗でした。
雲の切れ間から光のシャワーが出現していたので、もっと広い構図で撮りたかったのですが、
スタートが70mmなので、35mm換算で105mmが広角端の画角なのですよ。
逗子海岸は砂浜が狭いので、後ろに下がる事もできないし・・・・・。
せめて16-50mm F2.8 SSM くらい持ってくるんだったなぁと思いながらの撮影となりました。
やっぱり便利ズーム買おうかなぁ~。



逗子海岸 天使の梯子


逗子海岸 天使の梯子


逗子海岸 天使の梯子
だいぶ夕方だったのでWBを変えて撮影。
光のシャワーが見えているうちに、砂浜を走りながら構図を捕まえていきます。
時間勝負の撮影なので、レンズの画角がどうとか甘い事も言っていられません。

光のシャワー、通称「天使の梯子」は、その出方によってコントラストが違いますが、
現像時にコントラストと明瞭度を調整してあげると、こんな風になりますのでやってみてください。



逗子海岸 親子
光のシャワーにこだわらず、いいシーンだったのでゲット!
左にある砂の山がないと、右側の重心が重たい構図になったかもしれませんが、
砂の山があるので、構図のバランスもそれほど悪くないんじゃないか?と思います。
海にいる小さな子どもは、本当に無心だと思うのでほのぼのします。
大人になると「良い構図を見つけたい!」とか、欲望だらけですからねぇ(笑)



逗子海岸 サーファー
夕方は海から上がってくるサーファーがいるので、特に大きなボードを持っている人は良い被写体になりますね。
個人的には女性のポニーテールのシルエットがお気に入り(笑)



逗子海岸 光芒
天使の梯子が消えたと思ったら、雲の切れ間から夕陽の光芒が出ました!
今度はこれを背景に!と砂浜を行ったり来たり走り回ります。 その運動量たるやかなりハード!



逗子海岸 光芒
正面に夕陽が沈む逗子海岸に来て正解だったかもしれません。
何だかんだと2時間くらいは砂浜を走り回ったでしょうか?
この後、夕陽が雲に隠れてしまったので撮影終了。 靴の中が砂だらけになってしまったので、
靴を脱いで靴をトントンして砂を出したのだけど、なんかスッキリしないな~と思ったら靴下の中まで砂だらけ!!

カメラは格闘技なのです。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村















by momoken805947 | 2017-11-15 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

この前の三連休の真ん中の土曜日は、夕方になったら撮影に行こうと車に機材を積み込んだ途端、
空に雲が広がってきて、そのまま見事な曇り空になってしまい、わざわざ積んだ機材を下ろして撮影活動中止。
天気予報を見ると、翌日の日曜日の方がスッキリ晴れそうだったので、日曜日の午後の早い時間に葉山の方に出掛けてみました。




2017/11/03 一色海岸
午後1時くらいにいつもの駐車場に車を停めましたが、時間が早かったのでたまには一色海岸に行ってみようと思い足を運びました。
一色海岸は葉山御用邸の裏手にある海岸で、森戸海岸のように人が沢山いるという感じではありません。
どちらかというと大人の雰囲気ですが、あまりにも静かで被写体もあまりありませんでした。
そんなわけで写真はこれだけ(笑)
撮影はα6000 + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

せっかく早い時間にやって来たのに、撮って面白いような物もなく、
結局、夕方にならないと撮影にならん・・・という事で、近くのラーメン屋さんで食事した後、
車の中で昼寝してから活動する事に。



2017/11/03 森戸海岸
森戸海岸にやってきたら、遠くの方でヨットが見えたので近づいて行ったのですが、
自分が近くに到着した頃には、ヨットの帆もすっかり片付けられてしまった後でして、
こんなショットしか撮れなかったという不覚。



2017/11/03 森戸海岸
最近、日が短くなりましたが、午後3時くらいになると夕方の雰囲気になってきます。
まあ、そういうWBで撮ってるってのもあるのですが、そういうWBにしたくなる雰囲気になっているという事です。
写真は波打ち際で何かを拾っていた外人さんのカップル。 シーグラスとか流木を探していたみたい。



2017/11/03 森戸海岸
この日は風がほとんどなかったせいか、ウインドサーフィンがいませんでした。
風や波に関係なくSUPに乗る人は必ずいるので、こういう絵はたいてい撮れるんですけどね。

夕方になっても撮るような被写体もなく、モチベーションも上がらないので帰ろうかな・・と思った時、
昨年の今頃、裕次郎灯台に日が沈んだ事を思い出したので、
この日もそれが撮れるんじゃないか?と思い、夕陽が沈むまで森戸神社の方で待つことにしました。



2017/11/03 森戸海岸
森戸神社の方に来てみると、雲は多いながら夕陽は見えておりました。
このまま太陽が沈んでいくと、裕次郎灯台の上に被ってくる感じになりそうです。
撮影する位置は微調整が必要だと思いますが、まだ少し時間がありそうだったので、
太陽の位置を確認しながら近くで被写体探しです。



2017/11/03 森戸海岸


2017/11/03 森戸海岸
ここは夕陽スポットなので、こういう写真はいくらでも撮れます。
周囲にはかなり沢山の人が集まっているのですが、夕陽というのは人を惹き付ける何かがあるんでしょうな。



2017/11/03 森戸海岸
そろそろ夕陽が灯台に近くなってきたので、気にしながら自分の立ち位置を決めようと思います。
太陽は沈みながら微妙に右に移動しているので、立ち位置をずらしながら微調整しないといけません。



2017/11/03 森戸海岸
灯台と夕陽が重なるシーンを撮りたかったのですが、残念な事にここで終了。
この後、夕陽の下にある厚い雲に阻まれてしまい、夕陽は見事に見えなくなってしまいましたです。



2017/11/03 森戸海岸
夕陽が見えなくなってしまっても、余韻に浸る女性二人。空の色がいい感じで哀愁が漂っております。

今回の撮影はα77Ⅱ + SAL70-300mm でした。
望遠域が有利だという事でα77Ⅱを使ってみたのですが、やはり70mm画角を使いたくなるので不便な時があります。
やっぱりフルサイズに70-400mm F4-5.6 G SSMIIがベストみたいです。


あれ?また2位に戻りました
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-11-06 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

5月13日(土)と14日(日)は、山下公園周辺で横浜トライアスロンがありました。
当初、13日(土)に撮影に行ってみようかと計画していたのですが、土砂降りと言っていいくらいの雨だったので、
14日(日)に計画を変更して行ってまいりました。




横浜トライアスロン 2017 イベント
AM10時くらいに家を出て山下公園に到着すると、ステージでフラメンコを踊っている美しい女性たちがおりましたが、
運悪く演技が最後の方だったようで、早く撮らないと終わってしまう~というタイミングでした。





横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
まずは山下公園内です。
このエリアは主にランナーの方が走っておりまして、とにかく沢山の人がコース内を回っている感じです。
最初、上の3枚のように走っている人を何となく撮っていたのですが、
このような撮影だと単調になってしまって、同じような写真を量産してしまうんじゃないかと思ったので、
表情とか仕草とか、そういう人間臭さを撮れたら・・・と、テーマを持ってみる事にしました。




横浜トライアスロン 2017
こちらの女性のように、素敵な笑顔で走ってくれているといいですし・・・




横浜トライアスロン 2017
時間を気にする仕草・・・みたいなのも変化があってよかったと思います。



横浜トライアスロン 2017
Instagramに投稿したら、あまり人気のない写真になってしまったのですが、
ランナーが給水所で水を受け取った際、落ちる水滴の描写が個人的に好きな1枚であります。
撮影機材に関しては、被写界深度の薄い写真にしたかったので70-200mm F2.8 G SSM IIを持ち出しています。
望遠側が足りないかもしれないという考えから、フルサイズは使わずα77Ⅱが出動。
結果的には良い選択だったと思っています。 改めてα77Ⅱはいいカメラだと再認識しました。



横浜トライアスロン 2017
少しマリンタワーの方に移動して自転車エリアにやってきました。




横浜トライアスロン 2017
自転車は走者に比べるとスピードが圧倒的に速く、撮影の難易度は若干上がりますね。
ここもどんどん自転車が来るので、何も考えずに撮っていると普通に走っている上のような写真を量産してしまいそうです。


横浜トライアスロン 2017
こちらのお姉さんのように、前傾姿勢でやる気満々だと撮り甲斐もあるってもんです。
カメラの設定は12連写。 f3.5固定でSSは 1/1000 です。AFは AF-Cで追従。フォーカスポイントはフレキシブルです。
α77Ⅱと70-200mm F2.8 G SSM IIだと、自転車の動きくらいは超余裕。



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
折り返し地点を狙います。
ここは物理的に減速しますから、直線的ではない動きが撮れるのではないか?という事と、
何か面白い動きが撮れるのかも?という期待がありました。



横浜トライアスロン 2017
折り返し地点からの立ち上がり加速場所ですが、
あえて前の方の自転車にピントを合わせ、手前の自転車は前ボケにしてみました。
これは公募展の先生がなんていうかわかりませんが、個人的には面白い写真だと思います。
まあ、こういうのを手前味噌って言うんでしょうけど・・・(笑)



横浜トライアスロン 2017
ゆりえどんがこの写真を見て「後ろから撮るのもいいね!」と言ってくれましたが、
確かに前方にいる自転車が後ボケになっているので、手前の自転車が追っている感じが出ると思います。
いろんな構図で撮っておくと、後々勉強になるのでいいですね。



横浜トライアスロン 2017



横浜トライアスロン 2017
普段、風景写真ばかり撮っている軟弱者なので、流し撮りは得意とは言えないのですが撮っておきました。
自転車については、流し撮りはスピード感が出ていいですね。

こういったスポーツの撮影は、普段全然やらないので正直困りましたが、あーだ、こーだと考えながら撮るのは楽しかったです。
そしてやはりAマウントは素晴らしい! 次はα99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIでも撮ってみたいですね。
自分の持っているEマウントのシステムでは、スポーツを撮る気がしませんが、
先日発表されたα9だったら最適なんでしょうな~。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-05-18 00:00 | 撮影記 | Comments(2)

松田町に春がきた!

ゆりえどんと江ノ島に撮影に行こうと予定をしていたのですが、
当日は非常にいいお天気で、江ノ島周辺は駐車場も全部満車なうえ大渋滞。
急遽、江ノ島はやめようという事になり、ゆりえどんが知り合いから教えてもらったという場所に行ってみる事にしました。
ただ、その教えてくれた人というのが、あまり教えたくないと渋々教えてくれた場所らしいので、
このブログで大々的に詳細を書くわけにもいかず、松田町という事だけお伝えしておきましょう。




ヤマビル注意
細くてクネクネの道を車で登っていくと、何とか現場に到着する事ができました。
それなりに標高の高い場所のようで、車から降りるとヒヤッと少し寒いくらいです。
江ノ島に行くつもりだったので、えらい軽装で寒かったのですがそこは我慢。

駐車場から少し歩くと池があり、そこには「ヤマビル注意」の看板が・・・・・
ヤマビルといえば、知らぬ間に足や首にくっついて血を吸うナメクジみたいなやつですよ。
そんなものがいるなんて、撮影もまさに命がけであります。



春の松田町


春の松田町


春の松田町
ヤマビルがいるようですが、静かでとても美しい場所でした。
あと10日くらい早く来れば、桜の花がもっと咲いていて綺麗だったんでしょうね。
少し遅かったとはいえ、木々の緑色に加え池が緑色で何ともいいコントラスト。
雲は多かったのですが、雲の切れ間から青い空も見えていて良い感じです。



春の松田町
この日は江ノ島でサーファーを撮ろうという話になっていたので、
α77M2+70-400mm F4-5.6 G SSMII。 α7RⅡ+24-105mm F4 DG HSMの2システム持参でした。



春の松田町
あまり人に知られていない場所のようで、人もほとんどいない感じでした。
花の赤色がすごく綺麗で、背景の青空を入れて構図にしてみました。
ここは山の上の方に登っていけるようだったので、カメラバッグを担いで少し登ってみましょう!



春の松田町



春の松田町
急な斜面を登ってきたら、さっきの池が下の方に・・・・。
まさか山を登るとは思っていなかったので、400mmを持って来てしまい大荷物に(笑)
でもまあ、せっかく持ってきたのだからと使ってみました。

あまり歩き回ると迷子になりそうだったので、無難な場所をちょっと歩いて池の方に戻りましたが、
ヤマビルがいるというのがずっと頭の中にあって、考えるだけでなんか痒かったです(笑)



春の松田町 鴨
池の方に戻ると鴨がいたので400mmで撮影。
この池はとにかく緑色がとても綺麗で、雨の降っている日に来ても良い写真が撮れそうな気がしました。



春の松田町
400mmは無くてもよかったけど、16mmを持ってこなかった事に後悔。
当初は江ノ島に行くつもりだったから仕方なかったのですが、24mmよりもっと広いレンズがあった方がよかったな。



春の松田町
16時くらいになると、だいぶ日が落ちて涼しくなってきたので撤収。
とりあえず今回は下見程度に考えて、次回は広角レンズと上着をきちんと持ってきたいと思います。

帰りの車の中で、ゆりえどんがお腹が痛いと言うので、
急いで帰ろうと高速に乗ったのですが、途中で治ったと言ったかと思ったら腹が減ったらしく、
デニーズで食事をしたら、デザートにアイスクリームを食べておりました。

さっきまで腹が痛いと言っていたのにアイスクリーム?

やはり只者ではないようです・・・・


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-04-25 23:00 | 撮影記 | Comments(0)

冬に菜の花が咲くということで有名な吾妻山公園ですが、
先日、αcafeでnewさんが吾妻山公園に行ったらしく写真を投稿していました。
コメントを見ると、何も知らずに行ったら300段の階段を登る羽目になりました・・とありましたが、
知らなくても、知っていても300段の階段は登らないといけません。



吾妻山公園の階段
昨年の写真の使い回しですが、今年もこの階段を登って頂上を目指します。
しかしこの階段、どんなに寒い日に上っても汗びっしょりになりますわな。



吾妻山公園
吾妻山公園は標高1300m以上の高い場所にあり、ここに菜の花が咲くので沢山の人が苦労して上ってきます。
今年もまたびっしりと咲いておりました。 昨年は2月に来たので、少し花の元気がなかったけど、今年は絶好調な感じで( ・∀・)イイ!!



吾妻山公園


吾妻山公園


吾妻山公園
皆さん、ここで写真を撮ったり、お弁当を食べたりと休日を楽しんでおります。
当日は朝8時半くらいにはこの場所に到着しましたが、風がほとんどなく最高の菜の花日和でした。
富士山もクッキリと見えていて、何とも気持ちいいっす!



吾妻山公園
昨年はα99でこの風景を撮りましたが、今回はあえてα77Ⅱです。
手前の菜の花と、背後の富士山を構図に入れる撮影になりますが、こういう撮影の場合は、センサーの大きなカメラは不向きかと・・・・
むしろセンサーの小さなコンデジの方が、菜の花と富士山をパンフォーカスしやすいと思います。
そんなわけでフルサイズはあえてやめて、少しセンサーの小さなカメラを持ってきたというわけであります。
とはいっても、両方にスパッとピントが合うのは難しいのですが・・・。



吾妻山公園 菜の花
こんな風に花だけ撮るならフルサイズの方が表現力があるのでしょうけど、撮る人に表現力がないからまあいいか(笑)
レンズは24-105mm F4 DG HSMですが、開放F4のレンズでも、背景はそれなりにボケてくれます。



吾妻山公園のチャミちゃん
昨年来た時にも、この場所にいた猫のチャミちゃん。
この時もまたここにおりまして再会となりました。なんかとても嬉しい気分。
チャミちゃんは飼い主さんがリードをつけて、チャミちゃんとここに登ってくるそうです。


吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん


吾妻山公園のチャミちゃん
なんかもう、筋金入りの人気者みたいですね。
ちなみにこのチャミちゃん、頭のてっぺんを触る分には問題ないそうですが、
それ以外の場所を触ると噛んだり、引っ掻いたりするので注意してください。



吾妻山公園


吾妻山公園
お天気はずっとよかったのですが、午後2時を過ぎた頃から強風になってきたので下山。
今年もまた、いい吾妻山公園を見る事ができて満足でした。



ポチリよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-01-23 21:00 | 撮影記 | Comments(0)