人気ブログランキング |

6月最後の週末から、7月初めの週の天気予報を見ると、
傘マークのオンパレードでありまして、しばらく憂鬱な日々が続くなぁと思ったところ、
6/28の金曜日、夕方晴れ間が出たので夕方葉山の方に行ってみました。

カメラを準備しようと思ったら、
Aマウント用のバッテリーを1つも充電していなかったのに気が付き、
たまにはα6000を使ってみようと、
これにタムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDを装着。

この組み合わせで使ってみるの初めてだわ!と思いつつ、
どんな写りをするのか楽しみだったりして。



葉山の空


真名瀬漁港夕景
上空にはモクモクした雲があって、
夏が近い雰囲気が漂っておりました。
雲ひとつない晴天より、雲がある方がドラマチックですな。

α6000と28-75mm F/2.8 Di III RXD良く写るけど、
ボディにもレンズにも手ぶれ補正の機能がないので、
シャッタースピードは気持ち速めでいかないとダメでしょうな。



森戸デニーズ閉店


森戸デニーズ閉店
駐車場から森戸海岸に行く道には、
春に閉店となった森戸デニーズがいよいよ解体なのか、
こんな姿になってました。
海が見えるファミリーレストランとして有名だったのに、
何となく勿体無いような気がします。



平日の森戸海岸
森戸海岸にやってきました。
金曜日でしたから人もあまりおりません。



森戸海岸 海の家
知らぬ間に海の家が出来ていました。
そうか~もう7月ですからね。
海水浴シーズンになると、海岸でカメラ持ってウロウロしにくくなるなぁ。



森戸海岸の空
かろうじて江ノ島は見えるけど、
さすがに富士山までは見えませんね。
青空もしばらく見れないと思うと名残惜しい・・・



森戸 みそぎ橋
海岸の方には撮る物がないので、
神社の方に行ってみる事にしました。



森戸神社の裏


森戸千貫松
神社の裏の方は、人が何人かおりまして空を眺めてました。



森戸夕景
風もなくて穏やかな日でしたから、
夕方、のんびりするには良い場所だと思います。
近くにお住まいで、歩いてこんな場所に来れる人は幸せです。



裕次郎記念碑
裕次郎記念の後ろ側は、
夕陽のコントラストが綺麗でした。
28mmスタートのこのレンズ、α6000で使うとフルサイズ42mmの画角なので、
横構図では入り切らず縦構図で撮りました。



ビーナスベルト
夕陽とは反対の南側には、ビーナスベルトって言うんでしょうか?
虹色のような帯が出ていました。



森戸夕景
日没の頃になると、富士山が見えるようになりました。
6月後半に富士山が見えるのは意外とラッキーかもしれません。



真名瀬 夕景
さすがに手持ちでは無理な暗さになったので三脚登場。
昼間、NDフィルターつけて富士山撮ってみても面白いかもしれません。



真名瀬漁港 夕景


真名瀬漁港 夕景
そんなわけで思い立ったようにやってきた森戸でしたが、
今後、しばらくお天気が良くないようなので、
ここは貴重な晴れ間だったのだと思います。

この日はα6000にタムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDを使ってみましたが、
正直、びっくりするほど良く写りますね。
まあ、レンズの性能なんでしょうけど、
小さくて軽いし、この組み合わせはハマりそうです。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-30 09:30 | 撮影記 | Comments(0)

元号が平成から令和に変わり、新たな時代がスタートとなりました。
平成という時代について、いろいろと書きたい事もあるのですが、
それはそのうち書くとして、今回は令和初日の撮影記を投稿したいと思います。



横浜市金沢区・スナップ写真
ほとんどの人が写真を撮るというと、
風景の美しい撮影スポットに行ったり、綺麗な女性をモデルにしてポートレートとなるのかもしれませんが、
自分の住んでいる街で、スナップ写真を撮るという人はあまりいないと思います。

多分、それは普通に見慣れた街だし、
写真を撮っても面白くもおかしくもないからなんでしょうが、
自分の住んでいる街の写真を撮っておくというのは、
実は大切な事なのではないか?と最近思うようになりました。

というのも最近、いろんな建物が壊されてなくなったり、
駅が改装されて、前の風貌と全く変わってしまったりするのを見ているからなんですが、
残しておきたい風景という意味では、自分が普段、見慣れた街は重要です。

ただ、写真としての作品性は全くありませんが・・・。
まあ、どちらかといえば記録ですね。



横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真
写真は京浜急行 金沢文庫駅 周辺です。
写真として何が面白いというわけでもなく、撮っている自分も楽しくもありません(笑)
平成から令和に元号が変わりましたが、街並みは何一つ変わらず・・・(当たり前か)



横浜市金沢区・スナップ写真
同級生がオーナーのBAR。
最近行ってないけど・・・



横浜市金沢区・スナップ写真
そんなわけで「撮るもんあるんかいな?」とは思いつつ、
令和になった地元の街を、カメラ片手にパトロールしてみたいと思います。



横浜市金沢区・スナップ写真
だいたいどこにでも つつじ って咲いてるもんだと知りました。
車に乗っていると気が付かないけど、歩いてみると意外と目につくんですよね。



横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真
地元に定着しているサニーマート。
建物の老朽化も進んでいますが、調べてみたら開業から50年ですよ。
親から聞いた話なので、本当かどうか確証はないのですが、
当時は、東洋一横に長い店舗 だったそうです。
(本当かどうか分からず、調べてもわかりませんでした)

子供の頃は、よく親に連れて来てもらいました。
ゲームセンターにあるスマートボールが楽しかったんだよなぁ。



横浜市金沢区・スナップ写真
老朽化のせいなのか、経営の問題なのかわかりませんが、
AからCまである店舗は、AとBを閉店してしまったようです。



横浜市金沢区・スナップ写真
おまけに自転車まで放置されると、悲壮感しかないような・・・



横浜市金沢区・スナップ写真
サニーマートのすぐ隣には、皆さんもよく知ってるであろうイオンがあります。
金沢文庫から金沢八景って、意外とこの手のお店の激戦区なんだよね。



横浜市金沢区・スナップ写真
感性に触れたのは、この数えきれない程の自転車の数。
これ、買い物に来た人の物かね?ってくらいあります。
すぐ近くに金沢八景駅があるので、駐輪場にされてるんじゃないの?と、
個人的には思うのだけど?



横浜市金沢区・スナップ写真
イオンの周辺をウロウロしてみる事にしました。
この自転車の倒れ方たるや、倒れたというよりぶん投げた感じですよね。



横浜市金沢区・スナップ写真
駐輪場の敷地内には、こういう自転車がえらい沢山ありました。
これ、どう見ても放置されてるやろ?



横浜市金沢区・スナップ写真
長々と自転車撮っていても仕方ないので移動。
金沢八景の駅前までやってきました。



横浜市金沢区・スナップ写真
通るたびに「狭いなぁ」と思うので撮っておきました。
ここは歩道の中に、歩道橋の階段があるので、
歩道のスペースがえらい狭く、歩行者が円滑に行き交えないという場所。

この状況だと、向こう側から来た人は、
対面から来た人が通り過ぎるまで待たないといけない状況です。



横浜市金沢区・スナップ写真
そんな狭い歩道のそばにある瀬戸神社。
平成12年に重要文化財に指定されています。
噂によると有名なパワースポットだとか?



横浜市金沢区・スナップ写真
元号が変わったせいなのか?
意外とお参りに来る人がいて、微妙に並んでいました。



横浜市金沢区・スナップ写真
唯一、元号が変わった事で、普段と違う雰囲気の場所でした。



横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真
自分もお参りして「令和が平和な時代でありますように」とお祈りしておきました。

正直、元号が変わったとはいえ、街の中の何かが変わるわけでもなく、
撮影という意味では面白くもなかったけど、
新時代の初日、自分の住む街を写真に収めておいたという感じです。

この日使ったシステムは、
α6000 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD。
広角側が狭くなるけど、解像感を見ても良い感じだし、
使い勝手も良かったです。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-02 07:19 | 撮影記 | Comments(0)

夏休みに入りましたが、猛暑なのは変わらずという感じで暑い日が続きます。
夏休みの夜は、ほぼ毎日八景島の花火があるので、夜ちょっと出かけて撮影するにはちょうどいいですね。
たった10分間の花火なので、遠方からわざわざ撮影に来るというのはどうかと思いますが・・・

今年に入ってから、八景島の花火撮影は初でしたので、
撮影データをチェックしてみたらフルサイズ100mm近辺の距離。
この日はα6000にMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalでいってみよう!と思いつきました。

レンズ 光芒チェック


 レンズ 光芒チェック
早目に撮影場所に到着したので、レンズの光芒の出方とゴーストをチェックしてみました。
上の2枚の写真はF11まで絞って撮っていますが、光芒の出方はキラ~ン!と派手に出るようです。
また、ゴーストは1枚目がわかりやすいですが、暗闇に強烈な光源があってもあまり派手には出ないようです。



八景島花火シンフォニア
花火が打ち上がりました!
今まではズームレンズを使ってこの花火を撮っており、ピントを合わせるのにファインダー拡大すると、
向こう岸のジェットコースターは、ディティールが潰れてピントが合わせにくかったのに、
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは、ピント拡大してもディティールがしっかり残っていて、
ピントの山を掴むのが非常に楽でした。
良いレンズを使うと、ファインダーを覗いた時点でもう違うんですよね。



八景島花火シンフォニア
ボディはα6000なので、センサーはAPS-Cになりますが、
それでも解像力は、以前撮影したα7R + 24-105mm F4 DG HSMより上なんじゃないかな?と思うほど。
いや、このレンズ本当にすごいと思いますわ。



八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア
たった10分間なので、あっという間に終わってしまいますわな。
今回は実験的にα6000でMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを使ってみましたが、
APS-Cセンサーにおける、35mm換算100mmのレンズとしても十分使えると思います。
ただ、α6000は手ぶれ補正がないので、35mm換算で100mmはちょっと手ブレが心配かもしれません。
使うなら手ぶれ補正のあるα6500がいいですね。

MACRO APO-LANTHARは、近々110mmってのが出るようで、
この65mmがあまりにも優秀なもんで、110mmも買ってしまいそうで怖いなぁ。


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-12 12:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)

この前の三連休の真ん中の土曜日は、夕方になったら撮影に行こうと車に機材を積み込んだ途端、
空に雲が広がってきて、そのまま見事な曇り空になってしまい、わざわざ積んだ機材を下ろして撮影活動中止。
天気予報を見ると、翌日の日曜日の方がスッキリ晴れそうだったので、日曜日の午後の早い時間に葉山の方に出掛けてみました。




2017/11/03 一色海岸
午後1時くらいにいつもの駐車場に車を停めましたが、時間が早かったのでたまには一色海岸に行ってみようと思い足を運びました。
一色海岸は葉山御用邸の裏手にある海岸で、森戸海岸のように人が沢山いるという感じではありません。
どちらかというと大人の雰囲気ですが、あまりにも静かで被写体もあまりありませんでした。
そんなわけで写真はこれだけ(笑)
撮影はα6000 + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

せっかく早い時間にやって来たのに、撮って面白いような物もなく、
結局、夕方にならないと撮影にならん・・・という事で、近くのラーメン屋さんで食事した後、
車の中で昼寝してから活動する事に。



2017/11/03 森戸海岸
森戸海岸にやってきたら、遠くの方でヨットが見えたので近づいて行ったのですが、
自分が近くに到着した頃には、ヨットの帆もすっかり片付けられてしまった後でして、
こんなショットしか撮れなかったという不覚。



2017/11/03 森戸海岸
最近、日が短くなりましたが、午後3時くらいになると夕方の雰囲気になってきます。
まあ、そういうWBで撮ってるってのもあるのですが、そういうWBにしたくなる雰囲気になっているという事です。
写真は波打ち際で何かを拾っていた外人さんのカップル。 シーグラスとか流木を探していたみたい。



2017/11/03 森戸海岸
この日は風がほとんどなかったせいか、ウインドサーフィンがいませんでした。
風や波に関係なくSUPに乗る人は必ずいるので、こういう絵はたいてい撮れるんですけどね。

夕方になっても撮るような被写体もなく、モチベーションも上がらないので帰ろうかな・・と思った時、
昨年の今頃、裕次郎灯台に日が沈んだ事を思い出したので、
この日もそれが撮れるんじゃないか?と思い、夕陽が沈むまで森戸神社の方で待つことにしました。



2017/11/03 森戸海岸
森戸神社の方に来てみると、雲は多いながら夕陽は見えておりました。
このまま太陽が沈んでいくと、裕次郎灯台の上に被ってくる感じになりそうです。
撮影する位置は微調整が必要だと思いますが、まだ少し時間がありそうだったので、
太陽の位置を確認しながら近くで被写体探しです。



2017/11/03 森戸海岸


2017/11/03 森戸海岸
ここは夕陽スポットなので、こういう写真はいくらでも撮れます。
周囲にはかなり沢山の人が集まっているのですが、夕陽というのは人を惹き付ける何かがあるんでしょうな。



2017/11/03 森戸海岸
そろそろ夕陽が灯台に近くなってきたので、気にしながら自分の立ち位置を決めようと思います。
太陽は沈みながら微妙に右に移動しているので、立ち位置をずらしながら微調整しないといけません。



2017/11/03 森戸海岸
灯台と夕陽が重なるシーンを撮りたかったのですが、残念な事にここで終了。
この後、夕陽の下にある厚い雲に阻まれてしまい、夕陽は見事に見えなくなってしまいましたです。



2017/11/03 森戸海岸
夕陽が見えなくなってしまっても、余韻に浸る女性二人。空の色がいい感じで哀愁が漂っております。

今回の撮影はα77Ⅱ + SAL70-300mm でした。
望遠域が有利だという事でα77Ⅱを使ってみたのですが、やはり70mm画角を使いたくなるので不便な時があります。
やっぱりフルサイズに70-400mm F4-5.6 G SSMIIがベストみたいです。


あれ?また2位に戻りました
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-11-06 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

湘南平の夜景

平塚写真コンクールの表彰式の後、時間もあったのでゆりえどんと湘南平に夜景を撮ろうと行ってみました。
カメラはα6000にFE16-35mm F4しか持っていませんでしたが、
夜景はどうせ広角しか使わないし、
35mm換算で24mmから50mmくらいはカバーできるから問題ないかと。



湘南平の夜景

湘南平の夜景

湘南平の夜景
高画素のフルサイズを使っているので、α6000で夜景なんてと思っていましたが、
撮ってみると意外とカッチリ写るもんですね。侮ってました。
むしろフルサイズで撮るより綺麗かもしれません。

よく聞く話として、APS-Cセンサーでフルサイズ用のレンズを使うと、
解像力の高い中央部分だけ使うので、むしろ美味しいみたいなのがありますが、
あれは都市伝説ではなく、実は理論的にまともなのかもしれませんね。

しかも、単位面積あたりの画素数は、今のところAPS-Cの方が多いというのもあるので、
パンフォーカスで絞って風景撮るなら、APS-Cというのが正解かもしれないですよ。
上の写真を拡大してよく見ていただければ、それなりに解像しているのがお分かりになるかと・・・・。



湘南平の夜景
こちらは伊豆半島方面になります。
残念ながら富士山は見えませんでしたけど、小田原あたりはかなり明るいんですね。



湘南平の夜景
こちらは伊勢原方面。
雲がおどろおどろしい感じだったので、空を強調した構図にしました。
しかしこの雲、いわゆる洗濯板状の地震雲ですわな。
不気味な感じがしましたが、地震だけは勘弁していただきたいものです。

富士山が見えるようになったら、夕景から撮ってみたいですね。
湘南平に明るいうちに来たという事がないので、近いうちにそれは実現させてみたいと思います。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-11-02 00:00 | 撮影記

金沢まつり花火大会!

8月27日は地元、金沢の花火大会がありました。
天気予報では雨でしたが、外は曇りという感じで、区のHPを見ても開催されるという事でした。

いつ降ってくるかわからない感じだったので、行くかやめるか悩んだ末、
降らなかったら後悔すると思い、カメラと三脚を持って一路野島へ向かいました。

現地は風が強く、場所取りのために敷いたようなブルーシートがヒラヒラしていましたが、
それらを横目にどんどん歩き、目の前は日産追浜工場という場所まで移動。

このあたりでいいかと準備を始めたら雨が・・・・・



雨の中の花火大会待ち
ドヒャ~! 結構降ってきました。
持っていたビニール傘をカメラの前に差し、透明なのをいいことに傘越しに撮影(笑)
前の女の子達も花火待ちですが、何ともわびしい感じですな。

不思議な事に、花火がそろそろ始まりまっせ!という頃になったら雨はやみ、
これも自分の普段の行いの良さだろうと思いますが、
自分の行いのおかげで、花火を見に来ている人達皆が幸せになれたという話です(笑)



第42回 金沢まつり 花火大会
花火の前にはだいたい画角を決めておくのですが、
たいていは 「あのあたりが打ち上げ場所かな?」 程度の感じなので、上がってみないとわかりません。
実際上がってみると「あれ?」と見当違いで、今回も全くそれでした。
本当は八景島のジェットスターなんかも入れたかったのに、実際にはずっと左側が打ち上げ場所。

上がる花火を見ながら構図を設定し直して撮影開始です。



第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会
この日は雨が降るだろうと予測していたので、
できれば防塵防滴の撮影システムが好ましいのですが、ソニーのカメラはこのへんが怪しく、
自分が持っている機材で、一番雨に強そうなのは α77Ⅱ+ DT16-50mm F2.8 SSMあたりかと思います。

出かける間際になって、またAマウント用のバッテリーを充電していかなったのに気が付き、
仕方なくα6000にLA-EA3、DT16-50mm F2.8 SSMだけを持って来たのですが、
ピントを合わせる際、拡大して背景の街を見ると何ともボンヤリ。

「あれ?このレンズって、こんなに眠たいレンズだったかな?」 と・・・

普段、キレキレのシグマを使う事が多いからか、このレンズ全然ボンヤリやないか!と再認識。
とはいっても、これしか持ってこなかったのだから仕方ない。



第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会


第42回 金沢まつり 花火大会
同じ場所から撮ったものを多数投稿しても仕方ないので、
何となく形が面白いものを貼り付けておきました。
風が強くて撮影もし難かったのですが、煙がさっさと流れていくので煙の影響はなかったですね。

近くには家族連れで花火を見に来ている家族が多かったのですが、
小さな子供は数分で花火に飽きるのか、すぐに走りだしてウロウロし始めるので三脚にぶつからないか心配でした。
なぜか子供は、三脚のすぐ横を突っ走って行くんですよ(笑)

そんなわけで1時間の花火大会が終わりましたが、
結果からすれば、フルサイズを持ってくればよかった・・・という事でした。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-08-28 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

平日ですが、横浜の方に行く用事があったので、夜は撮影して帰ろうと思いカメラと三脚を車に乗せ行ってみました。
今回は気合を入れて撮ろうみたいな感じではないので、何となく思いつきでα6000 + SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMだけ。
超広角レンズで赤レンガ倉庫とサークルウォークを撮ってみたかっただけです。



赤レンガ倉庫のチャリ
このSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMというレンズは、広角側が8mm(35mm換算12mm)という広さ。
魚眼ではないので、周囲があり得ない世界に写るわけではありません。
広角レンズの特徴として、近いものをより強調して写すというのがあります。
黄色の自転車に近づいて撮るとこんな感じです。



赤レンガ倉庫


赤レンガ倉庫
週末になると混雑している赤レンガ倉庫の敷地内ですが、平日となると人もまばらですな。
しかも、特にイベントもないので広場も閑散としたものであります。



赤レンガ倉庫
最近、風が強い日が多いのですが、この日も文字通りの強風でした。
木が激しく揺れるので、葉がぐしゃぐしゃに写っております。しかしこの強風、何とかなりませんかね?
明るいうちに撮ってもあまり面白くもないので、少し暗くなってきてから活動したいと思います。



赤レンガ倉庫シンメトリー
日が沈んで倉庫がライトアップされると雰囲気がガラリと変わりますな。
超広角レンズの場合、絞らないと周囲の描写が悪いので絞ります。F11からF13くらいまで!



赤レンガ倉庫とみなとみらい
向こう側にあるランドマークタワーや、コスモワールドの観覧車も点灯しました。
写真を撮るには、空と風景の露出が近いのでいい時間であります。この状況はだいたい30分くらいです。
夜景を撮る場合は、この30分間が勝負だと思うのでいつも焦ります。



赤レンガ倉庫
αcafeに登録しているので、カメラのお仲間さんは大抵ソニーのカメラユーザーですが、
ほとんどの人が純正のレンズは持っていても、シグマやタムロンのレンズを使っている人はいませんね。
というより、純正レンズ意外の製品についての知識があまりなく、このレンズも知らない人がほとんどじゃないかな?
このレンズ、純正より安価ですが優秀ですよ。

これ以上ここにいると、空が真っ暗になってきてしまうのでサークルウォークの方に移動したいと思います。



サークルウォーク
だいぶ前に撮った写真ですが、サークルウォークというと上から撮ったものばかりだったので、
今回は下から撮ってみようと思います。 サークルウォークなら下から撮っても逮捕されないと思います(笑)



サークルウォーク
下から撮ってみました!
車道に出るわけにはいかないので、歩道の端っこから撮るしかないのですが、
さすがに8mmというレンズでも、全体がすっぽりと入るわけではありませんでした。
向こう側に見えているのはワールドポーターズですが、この構図が一番綺麗に見える角度かもしれません。



サークルウォーク


サークルウォーク
右上に光源を入れてみましたが、このレンズはフレアやゴーストがちょっと汚いかも・・・。
絞ると光芒は良く出るんですけどね。



サークルウォーク


サークルウォーク
自転車が置いてあったので構図に入れてみました。
超広角レンズなので、自転車にかなり接近して撮っていたら、後ろの方にいた駐車場のガードマンみたいな人が、
不審に見えたのかこちらをチラチラ見ていました(笑)
最近、自転車を盗む奴とか多いんでしょうからね。 

夜になってしまうとかなり暗い場所なので、露光時間も30秒近かったのですが、
風が強いので三脚を懸命に押さえて撮影しました。
広角だったからよかったけど、望遠の撮影だったら絶対に無理だったろうな。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

by momoken805947 | 2016-05-28 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

昨年の11月、茅ヶ崎ヘッドランドから江ノ島に登る日の出を撮影しにいきました。
http://momoken819.exblog.jp/23845823/

この時は雲に阻まれて朝日は見れなかったので、今回はその時のリベンジという事で再挑戦です!
茅ヶ崎ヘッドランドはYurieどんの庭なので、勝手に行ったら怒られると思いYurieどんの許可を得て一緒に行きました(笑)



江ノ島夜明け前
朝日を撮る場合は、日の出1時間前には現地で準備しておきたいのです。
最近の日の出時刻は6時30分くらいなので、この日は4時に起床、5時30分には三脚を立ててスタンバイです。
システムは望遠に有利なα6000 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII です。
写真は夜明け1時間前、露光時間約1分。



茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け前


夜明けのカメラマン
世の中には同じことを考えている人というのはいるもので、日の出前からカメラ片手にウロウロしている人達がいます。
Yurieどんはこの場所でカメラを持っているおじさん数名と仲良しなので、早朝からあーだ、こーだと立ち話しておりました。
おじさんの一人がソニーのカメラを使っていましたが、手持ちでバシバシ撮ってるので聞いてみると、
「ISO3200だよ!」と・・・・(笑)



江ノ島夜明け前
この日は波がほとんどなく、サーファーが全くいませんでした。
日の出1時間前に来る理由は、空が青色と赤色に染まるマジックアワーを撮りたいからです。
自分で撮っておきながらつくづく 「墨絵のようだな~」 と思います。



茅ヶ崎ヘッドランドからの富士山
振り返ると富士山が姿を現しました。まだ太陽が出ていないので、薄っすら青がかっております。
実はこの日、ここでの撮影が終わったら、先日天気が悪くて条件の悪かった吾妻山公園に行く予定です。
この段階で富士山がクッキリ見えると期待できます。



江ノ島日の出直前
江ノ島の背景が燃えるようなオレンジ色になってきました。太陽がすぐ後ろに迫っていて、発射準備段階に入ってきました。
ファインダーを覗きながら太陽が顔を出す瞬間を待ちます。



江ノ島日の出
朝日が顔を出しました。
昼間、太陽の動くのが速いなどと実感する事はありませんが、
ここからの太陽の動きは予想外に速く、のんびりしているとどんどん登ってきてしまいます。
カメラはプレビューやノイズリダクションは切っておきましょう。
そんな設定にしていると、太陽の動きについていくのは不可能であります。



江ノ島日の出


江ノ島日の出


江ノ島日の出


茅ヶ崎ヘッドランドからの江ノ島サンライズ
江ノ島シーキャンドルが朝日に飲み込まれました。
本当は上に刺さるような位置で撮りたかったのだけど、今回もまたシーキャンドルの真後ろの位置です。
こう見ると本当に太陽ってすげーな。



江ノ島日の出
太陽はぐんぐん右に移動し、シーキャンドルから逸れていきました。
上の方に雲があるけど、これがもう少し低かったら日の出も見れなかったでしょうね。
これも自分の普段の行いが良いせいとしか考えられません。



茅ヶ崎ヘッドランドの朝
波打ち際にいたカップルも朝陽を眺めておりました。
こうして江ノ島のシルエットを見ると、なんかクジラが水面にいるみたいだな~と思います。
ちなみにYurieどんは、雲の形を何かに見える!という想像力が天才的。
そのうち雲を撮影して、これは何に見えるシリーズやりたいと思います。



茅ヶ崎ヘッドランドからの早朝富士
富士山は頭の方だけが太陽の光を浴びて、薄っすら紫色になっておりました。
朝の風景は本当にドラマチックだと思いますよ。 ロマンちっくな自分が言うのだから間違いありません(笑)



茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け

この後、Yurieどんとバイバイして、自分は吾妻山公園を目指して二宮の方に移動しました。
富士山は朝のうちが勝負!! 今日こそ菜の花と富士山のコラボを撮るぞ!と意気込んでいましたが、
何しろ朝4時に起床、3時間しか寝ていない状態なのでちょっと弱気だったのは歳のせいでしょうか?



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-02-12 18:00 | 撮影記 | Comments(4)

前回からの続きです。 
ここから先は、特にお食事中の方は読むのをおやめください。
できれば食後30分をオススメいたします。

辻堂海浜公園のトイレに入り、便座に座って視線を左にやると、そこに恐ろしい光景が!で前回終わりました。
だいたいの方には察しがついていると思いますが・・・

「トイレットペーパーがない!」

公園等のトイレのトイレットペーパーは、
「トイレットペーパーがない時は、このレバーを引いてください」と予備がありますが、
その予備もないのがすぐにわかりました。

もう、出かかっている モノ を止めなければ!
急ブレーキです。 車でいえばタイヤから白煙を上げている状態です!
40年以上生きてきましたが、なかなかない修羅場です。
戦いの結果、何とか出口を封鎖して突破を阻止しました。

仕方がないので、隣のトイレに入っている人が出るのを待ち、その人が出てから隣に入りました。
もちろん、入ってすぐにトイレットペーパーがあるのを確認!
無事にミッションを達成することができました。

写真撮影をしていると、トイレに困るという事は多々ありますね。
実はトイレットペーパーがない!という経験は、今回が初めてではありません。
次回からはポケットティッシュは必携としたいと思います。

スッキリしたので目的の浜須賀歩道橋に移動です。



国道134号線 浜須賀歩道橋


国道134号線 浜須賀歩道橋


国道134号線 浜須賀歩道橋
撮影機材は α6000+8-16mm F4.5-5.6 DC HSMです。
自分が持っているレンズでは、一番画角の広い広角レンズになります。
このレンズはガッツリ絞ってやらないと、端っこの方の描写が悪いのでガッツリ絞ります。
撮影モードはBULB。 露光時間はだいたい60秒が目安です。

闇雲に撮ればいいというわけではなさそうで、
信号のタイミングはある程度計る必要がありますね。
車の来る数やタイミングは、光跡がどう撮れるか?という事に大きく関わりますので。



国道134号線 浜須賀歩道橋


国道134号線 浜須賀歩道橋


国道134号線 浜須賀歩道橋
下に降りて撮影してみました。
車はある程度来るのですが、人はほとんどと言っていいほど通りません。
そんな中、ファインダーを覗いていると、足元に花束がありました。
道路に花束という事は、どなたかがここで交通事故に遭われて亡くなったんでしょうね。
周囲に誰もいないし、ちょっと背筋が・・・・

前に城ヶ島大橋の下、真っ暗な中撮影していたら誰もいないのに、
男の人の声が聞こえたという事があったのですが、今回はそれはなかったのでよかったです。

寒い中風は冷たいし、人は誰もいないし、
ふと我に返り・・「お、おれはいったい何をしているんだ?」 



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2015-12-29 12:00 | 撮影記 | Comments(4)

11月3日の文化の日の撮影記になります。
祝日が入って撮影日が増えると、投稿がその週のうちに間に合わない感じなので、
これからはなるべく撮影に行かないようにしたいと思います(笑)

この日は茅ヶ崎ヘッドランドから見て、江ノ島の後ろから朝日が登る日になります。
朝・・・というか、夜中の3時半に起きて真っ暗な中、車を走らせて茅ヶ崎に向かいました。



夜明け前の江ノ島
写真データを見るとAM5:20となっているので、日の出45分前という感じです。
かなり真っ暗でしたが、江ノ島にカメラを向けて3分間の長時間露光で撮影しました。
この場所から江ノ島はそれほど遠くありませんが、空気が霞んでいて江ノ島もぼんやり。
背景には雲が結構あるので「こりゃ~朝日は見えないんじゃないかな?」とモチベーションも下がってきました。



夜明け待ちのカメラマン
周囲の暗さはこちらの写真の方が現実っぽいです。
自分と同じ事を考えているカメラマンの方だと思いますが、江ノ島の方を見て日の出を待っている様子でした。
とりあえず、この日一緒に撮影しようと打ち合わせをしていたYurieさんに「着いたよ~」と連絡。



夜明け前富士
江ノ島とは反対側に富士山がぼんやりと見えてまいりました。
こちら側にはあまり雲がなく、比較的視界は良いようであります。左下にポツンとある灯りは、湘南平の展望台のものでしょう。



茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け
朝日が登る時間になりましたが、かなり分厚い雲に阻まれみごと撃沈!
う~ん・・・まん丸朝日を撮る事はできませんでした。



茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け


茅ヶ崎ヘッドランドの夜明け
朝日が登る過程で、たまに雲の切れ間から光が見えるので狙って撮りました。
この場所はYurieさんのホームグラウンドなので、どう頑張っても彼女には勝ち目もないと思い、
彼女の持っていない16mmのレンズで撮影しました(笑)



早朝富士山
太陽の光が富士山の上の方を照らしました。
何となく独特な雰囲気だったので70-400mm F4-5.6 G SSMIIで撮影。
ボディはα6000を使いましたが、焦点距離は160mmなのでフルサイズでもよかったですね。
初めての場所での撮影は、距離感がイマイチ掴めないのでボディとレンズの選択が難しいです。



早朝カメラ女子
Yurieさんも富士山撮っておりました。
カメラの構え方ひとつとっても、このお方只者ではない感じです(笑)
この写真を撮ったカメラはα7Rですが、Yurieさんのカメラもα7R。



夜明けのカメラマン
Yurieさんの背後を撮ったと思ったら、自分も背後を撮られていました(笑)
「ブログに使っていいよ~」という事で送ってもらいましたが、
自分の姿を写真で見るというのには慣れていないので、何となく小っ恥ずかしい感じではありますね。
ちなみに自分、板前ではありません(笑)

結局、江ノ島から登る朝日は撮れませんでしたが、
富士山の写真も撮れたし、Yurieさんに写真撮られたし(?)来てよかったです。

実はこの日、江ノ島から登る朝日が撮れなかった悔しさから、
江ノ島に沈む夕陽を撮ろう!と夕方は七里ガ浜に繰り出しました。
そのレポートは次の更新で。


ブログランキング6位です
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2015-11-07 19:00 | 撮影記 | Comments(2)