きっと明日はいいことあるふぁ!

momoken819.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 13日

タムロンSP 15-30mm F/2.8 Di USDで撮る平塚七夕まつり

前回の投稿の続きになります。

平塚七夕まつりの飾りは暗くなると灯りが点灯するので、昼間とはまた違った雰囲気になります。
昼間撮るなら背景が青空だと写真映えしますが、この日は今にも雨が降りそうなどんよりした感じだったので、
日没からが撮影の本番だと予想していました。

この日はどんな機材で挑んだかというと、暗くなってからの撮影という事で暗所に強いα7RⅡをチョイス。
レンズは小ぶりなVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSにしようかとも思ったのですが、
F4スタートのレンズは夜の撮影に向いていないので、ここはF2.8スタートのタムロンSP 15-30mm F/2.8 Di USDを使う事にしました。



2018年平塚七夕まつり
一番狙いたかった時間帯は、日没直後の空が真っ黒にならない時です。
背景を青色で抜けるので、写真的には独特な感じになると思います。
ただ、この空が青く写る時間というのは、おそらく30分もないので急いで撮らないと!



2018年平塚七夕まつり


2018年平塚七夕まつり


2018年平塚七夕まつり
一番最初の写真から15分くらいしか経っていないのですが、
空はもうここまで暗くなってきてしまいました。このくらいの色が一番良い感じだと思います。



2018年平塚七夕まつり


2018年平塚七夕まつり


2018年平塚七夕まつり
撮影の目的は、平塚観光写真コンクールに応募する事ですが、
構図的に難しいのは、これだけ沢山いる人を入れた方がいいとは思う反面、
人の顔がハッキリと分かるような撮り方は避けないといけないという矛盾です。

七夕飾りだけを撮っても、その大きさが分かりにくいので人を入れるのが一番いいとは思います。
本当はじっくり撮りたいのだけど、まず立ち止まる事ができないので素早く撮る事が重要。
立ち止まると後ろから人が来てバシバシぶつかってきます(笑)



2018年平塚七夕まつり
この写真なんかは、これだけ人が多い中で、個人が特定できるような顔の描写が少ないし良さげ。

撮影してみて、α7RⅡ + タムロンSP 15-30mm F/2.8 Di USDは正解でした。
24mmスタートの標準ズームだとちょっと画角的に厳しかったと思います。
飾りに灯りが点灯しているとはいえ、暗所撮影には変わりなく、
ほとんどの写真がISO3200からISO6400あたりを使っています。
5年くらい前だったら、ISO6400の写真をフォトコンに応募しようとは思わなかったでしょうね。
最近はセンサーの進歩のおかげで、暗所でもノイズの少ない綺麗な写真が撮れるようになりました。

とりあえず七夕まつりで写真は撮れたので、撮れたものを選んで応募してみたいと思います。




いつもポチリありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]

# by momoken805947 | 2018-07-13 01:21 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)