人気ブログランキング |

2014年に初代α7とα7Rが発売された時、
専用のレンズは55mmと35mmの2本しかなくて、
当初の雰囲気は「Aマウントレンズをアダプターで使えや~」という感じでしたが、
あれから5年経って、FEのレンズも隙間なくラインナップされました。

このFEレンズを充実させるのにリソースをつぎ込んできたソニーですが、
その間、APS-C用のレンズは「そのうち出すからちょっと待ってくれ」って物言いで、
本当にそんなつもりがあるのか、ないのか疑心暗鬼でしたが、
ここにきてとうとう、本気でAPS-C用のレンズを出してきました。

e0341572_19252744.jpg


SEL16-55mm F2.8 G
フルサイズ換算で24mmから82.5mmの画角ですが、
α6000シリーズで使うには良さそうですよね。

自分も前から、軽量、コンパクトで気軽に持ち出せるAPS-C用レンズが欲しかったので、
「おお!これ買おうかな?」と思って値段見たら、
希望小売価格 \153.000 + 税 

た、高けぇ~! (笑)
フルサイズのレンズなら分かるけど、
APS-C用のレンズがこんなにするのか~と、ちょっとビックリ。

常識とかじゃなくて、自分の個人的な感覚だけど、
APS-C用のレンズは、お値段もコンパクトじゃないと存在価値が・・・と思うので、
せめて高くても10万円くらいにしてほしかった。



そしてもう一つ

e0341572_19253894.jpg


E70-350mm F4.5-6.3 G OSS

見るからにカッコいいし、フルサイズ換算で525mmの画角は魅力なんだけど、
できれば広角側を50mmか55mmにしてもらえると、
使い勝手が全然良くなるんですけどね。
まあ、画質を考えると、広角側をできるだけ削りたいのでしょうなぁ。

こちらのお値段は \109.000 + 税 という事なので、
16-55mmよりはお安いみたいですが、
それでも10万円超えなので、皆さんどう考えますか?

もうちょっと出せば、フルサイズ用の70-300mm買えてまうやん!と思うのですが、
α6000シリーズを使う人にとっては、
小型、軽量が重要な性能であって、
小さくて軽い事に、どこまでお金を出せるか?という事かもしれません。

これら2本のレンズ、発表はされましたが販売は10月、11月のようなので、
世に出て、多くの人からレビューが出てきてから購入を考えてもいいかもしれません。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-31 23:59 | Eマウントレンズ | Comments(0)

生まれてこの方、高円寺なる土地には一度も行った事がないのですが、
阿波おどりが開催されるという事で、誘われるがまま撮影に行ってまいりました。

誘われて「行きます」とは言ったものの、どういうシチュエーションの撮影になるのかも不明で、
どんなレンズを持って行けばいいのかも想像できず、
とりあえず踊りなのだから動いている被写体だろうと、
α99Ⅱに70-200mm F2.8 G SSM IIをメインにし、
標準域はRX100M3で何とかしようと撮影に挑みました。

17:00スタートという事ですが、
現地入りしたのは16:00頃、すでに混雑していて撮影場所なんてあるんかい?という感じ。
あれこれ模索して、スタート地点近くの場所を確保しました。



第63回 東京高円寺阿波おどり
スタート地点なので、踊る女性も近くにおりまして、
開始間際の姿を撮りながら、カメラや画角のチェックをしていました。



第63回 東京高円寺阿波おどり
いよいよ始まる!というシーンですが、
スタート地点という事もあって、横からは撮れるけど正面が撮れないというワナにはまりました。



第63回 東京高円寺阿波おどり
始まった瞬間に行ってしまい後ろ姿(笑)
やってもうた~という感じですが、この大混雑の中、
今更、場所を変えるわけにもいかないので、ここで撮るしかありません。



第63回 東京高円寺阿波おどり
始まった途端、後ろ姿なわけなんですが・・・



第63回 東京高円寺阿波おどり
たまに振り返ってくれるので、その瞬間を逃すわけにはいきません。



第63回 東京高円寺阿波おどり
メインのシステムは、広角端が70mmなので全体を撮るのは難しいと判断。
動きのよい個人を見つけて、表情を撮る作戦でいく事にします。



第63回 東京高円寺阿波おどり
この日はトータルで500枚くらい撮ったのですが、
こちらが個人的に選んだベストショット!
女性の指先のしなやかな感じとか、目に力がある感じなどが理由です。



第63回 東京高円寺阿波おどり


第63回 東京高円寺阿波おどり


第63回 東京高円寺阿波おどり
構図いっぱいに人を入れるのは壮観な感じになりますが、
どちらかというと観光客の写真のようになってしまうのが微妙です。

踊りの躍動感が伝わる写真を!とか、
作品といえるすごい写真を!などと考えても、なかなか撮れるものでもありません。



第63回 東京高円寺阿波おどり


第63回 東京高円寺阿波おどり
どうしても女性が主役に思えてしまうのだけど、
多くの男性も頑張っていました。



第63回 東京高円寺阿波おどり


第63回 東京高円寺阿波おどり



第63回 東京高円寺阿波おどり
こんな寄りに寄ったショットも撮ってみました。
せっかく70mmから200mmまで使えるので、すべての焦点距離に可能性があると思いたい。



第63回 東京高円寺阿波おどり
あまり出番がなかったけどRX100M3でのショット。
脇で待機していた女性の笑顔が良かったので。



第63回 東京高円寺阿波おどり


第63回 東京高円寺阿波おどり
時間と共に徐々に暗くなってまいりました。
撮影していると、どんどんシャッタースピードが遅くなってくるので、
ISOをチマチマ上げながら対処です。



第63回 東京高円寺阿波おどり
撮影開始から2時間弱って感じだと思いますが、
立ちっぱなしでキツかったのもあり、ここでタイムアウト!

初めて来た場所で、初めての撮影だったので課題は残りましたが、
次回はこうしよう、こう撮ろうというのがあるので、
来年、また来る事ができれば、もう少し良い写真が撮れるかもしれません。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-29 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

今年の4月に購入して使っていたマンフロットのギヤ雲台410ですが、
しばらく使ってみて、いろいろと不具合や、面倒な部分が出てきました。

e0341572_16240195.jpg
これがノーマル状態のギヤ雲台。
クイックプレートが付いている状態。



そのクイックプレートなんですが、
でかい上にコインがないとカメラに取り付けられないという事で、
SUNWAYFOTOのクイックリリース・クランプをプレートに装着して使ってましたが・・・

e0341572_16474787.jpg

真ん中のネジだけ締めても固定が甘く、
すぐに緩んで回ってしまうのでイライラするし、
取り付いている位置が変な感じで不格好です。


そこで考えました!
そうだ!おいらの会社は、金属を加工するのが仕事じゃないか!と。

e0341572_19062173.jpg

と、いうわけで、
作業中に写真を撮るのが面倒で、結果報告だけみたいな感じですが、
養生テープでグルグル巻にして、加工から塗装まで終わりました。
塗装も乾いたし、汚いのでテープを剥がしてみます。

e0341572_19062281.jpg

う~ん・・・我ながらよく出来た!
クイックプレートを外した状態の土台ですが、
出っ張っているところを切ったり、削ったりしてこの形になりました。
元々の形だった写真と比べてもらうと、小さくなったのが分かると思います。

クランプの方は、中央だけ止めても回ってしまうので、
左右にもネジを切って、3箇所で止める仕様に変更。
e0341572_19062250.jpg

e0341572_19101471.jpg

機械で加工したので、黒い塗装は削れてしまったけど、
まあ、どうせネジで止めてしまう場所だから無問題です。


e0341572_19101597.jpg

中央はM8のネジで止めます。
軽くしたかったのでチタンのネジをチョイス!
なんと1本300円もしたっす!

e0341572_19101204.jpg

次に左右のネジを止めます。
ここは少し小さなネジM5を使用します。
もちろんチタン製!


e0341572_19101278.jpg

ここにはプレートが入るので、ネジの頭が出っ張ってはいけません。
合わせながら加工したので完璧!


e0341572_19101322.jpg

e0341572_19101355.jpg

見事完成!

雲台の土台にガッチリ3本のネジで止めてあるので、
かなりガチガチに固定されています。
これなら緩んだり、ズレたりすることは絶対になさそうです。

無意味にでかかった上面もスマートになり、
こいつはかなり良い感じ!
こんな加工は朝飯前なので、もっと早くやっておけばよかったです。

この雲台のクイックプレートには、不満を持っている人が多いみたいですが、
この加工、商売にしたら需要ありますかね?(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-27 20:00 | 撮影機材 | Comments(2)

ここのところ、花火の投稿ばかりで恐縮ですが、
今年もまた「金沢まつり花火大会」の撮影に出掛けて行きました。

今年はどこから撮るか?と考えると、
野島展望台、八景島あたりはもう沢山撮ったような気がするので、
一度も撮ったことがない場所はないものか?と考えまして・・・・

e0341572_06492094.jpg
打ち上げ場所が●の所なのですが、
ヨットが沢山ある平潟湾、★の所から狙ってみる事にしました。

こんな所から花火を見る、撮る人はそうおらんだろうと、
花火開始の30分前に行けばいいと思って現場に行ってみると、
カメラの人は全くいない代わりに、家族連れ、カップルが大勢いて、
何とか三脚立てる場所を確保できた感じでした。



第45回金沢まつり花火大会
位置的な読みは悪くなかったようで、
左右にマンションがあるから、花火がその中間に上がるよう狙いました。
手前には停泊してある船を入れたかったのですが、
何となくイメージ通りいった感じです。



第45回金沢まつり花火大会


第45回 金沢まつり花火大会
今回は先日購入した新しい三脚を使用。
Manfrottoの190カーボンなんですが、安定感はbefreeとは比べ物になりませんな。
三脚については、また新たにレビュー書きたいと思います。



第45回 金沢まつり花火大会
同じ場所にどんどん上がる感じでもないので、
撮影はしやすい花火でしたが、見ている人には迫力に欠けたかもしれませんね。
まあ、花火までそこそこ距離があるし仕方ないっす。



第45回 金沢まつり花火大会
同じ場所から撮った花火を何枚も貼り付けても飽きるのでこの辺で。

ネットで検索してみても、この場所から撮影した花火は見た事がないので、
そういう意味では貴重な写真かもしれません。
構図的にすごい良いとか、良い写真が撮れたってわけでもありませんけど。

花火が終わって帰ろうと、金沢八景駅前に来たら人がごった返していたので、
電車に乗るのが面倒になり、歩いて帰る事にしました。
おかげで帰宅後のビールがうまいこと(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-25 07:30 | 撮影記 | Comments(0)

読んでいただいている皆さんも、八景島の花火ネタばかりでうんざりしているかもしれませんが、
投稿している自分もうんざりしてきたので、花火ネタはそこそこにして、
花火撮影にまつわるエピソードを書こうと思います。

夏休み最後の花火シンフォニアは、8月17日だったのですが、
この日は八景島の中から撮影しようと思ったので、
少し早目に行って車を駐車場に停めました。

車を停めた近くに、大きな三脚バッグを持った女性がいて、
誰かを待っているような雰囲気だったので、
「この女性も花火の撮影に来たんやな~」と思いながら、
自分は目的の場所まで歩いて行きました。



八景島シーパラダイス 
撮影場所は橋の上なんですが、
人も車もほとんど来ないので、かなりスッキリした景観です。
自分が来た時も誰もおらず、そんな中で三脚を出して構図の確認をしていました。



八景島シーパラダイス
手前の虹色の部分は、人が通行する歩道の屋根になっているんですが、
これを構図に入れたいと考えてました。

ただ、この構図だと上に全く余白がないので、花火が上がると構図に花火が入りません。
しかし、持ってきたレンズが24-70mmで、
広角端の24mmじゃ、上の写真の画角なもんでこれが限界。

もっと構図を上にずらして撮らんとあかんやないか~。
16-35mm持ってくるんやった~などと思っていたら、
先ほど駐車場で見かけた女性が、男性と二人でやって来て、
自分の横に並んで三脚を立てて、撮影の準備を始めたのであります。

男性が自分の隣だったのですが、見るとソニーのカメラを使っているようでした。
声を掛けてみようかと思ったのですが、
一緒に来ていた女性と楽しそうに話をしていたので、
邪魔するのも申し訳ないと思い、声を掛けるのをやめたのですが、
そのうち花火の打ち上げ時間になりました。



2019-08-17 八景島花火シンフォニア
結局、このくらいの画角で妥協し、
手前の虹色の屋根は、このくらいしか入りませんでした。



2019-08-17 八景島花火シンフォニア


2019-08-17 八景島花火シンフォニア


2019-08-17 八景島花火シンフォニア
手前の虹色にこだわらなければ、もっとズームしてもいいかもしれませんね。
水族館の三角屋根だけの方が、迫力があるかもしれません。



八景島シーパラダイス


八景島シーパラダイス


八景島シーパラダイス
花火が終わると、園内のお客さんが一斉に帰り始めるので、
駐車場の混雑を避けようと、しばらく周辺で暇つぶし撮影して帰りました。

帰ってから、撮った写真をInstagramに投稿したところ、
フォローしている方から、こんなコメントをいただきまして・・・・

e0341572_23244334.jpg

※特に問題ないと思いますが、いちお名前は隠しておきました。

どうやら、隣で撮影していた男性の方は、
Instagramでお付き合いのあった方のようでございました(笑)

Instagramの中では、この方の作風は良く知っているし、
写真も上手なので関心して見ていたのですが、
まさかそんな方が、自分の隣で撮影していたとは!

まあ、リアルにお会いした事のない人の方が多いSNSですから、
こんな偶然もたまにはあるだろうと思います。

意外と撮影現場で近くにいた人が、
SNSでやりとりしている人っていう事はあるのかもしれませんよ。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-22 17:00 | 撮影記 | Comments(2)

夏休み中、八景島の花火撮影は5回行きましたが、
いつでも行ける近場の撮影となると、いかに面白い構図をみつける事ができるか?がテーマになり、
あそこから撮ったらどうだろう?とか、いろいろ模索しました。

そこで八景島の花火には、どんな構図があるのかGoogleで画像検索してみたのですが、
「ん?」
 
どうも掲載されている写真の作風が、自分の物に似ている気がするブログ発見・・・

https://marog01.com/fireworks-sinfonia-access/

このブログのトップに掲載されている写真、
調べてみたら、自分が2017年の7月22日に撮影したものじゃないですか!
八景島花火シンフォニア
また勝手に写真使われたなぁ~と思って見ていると、
リンクのブログの一番最後の方にも、
見た事あるような写真がある・・・



八景島シーパラダイス 花火シンフォニア
調べてみたら2016年10月30日に撮った写真でした。

自分の撮った写真はアマチュアの物だし、
個人的には、それほど問題でもないのだけど、

写真を撮る他の人達にとっては、大切な問題であると思うので、
自分の問題だからといって、放置していいものかどうか判断が難しいですね。
ご意見、アドバイス等ございましたら、
コメント欄の方によろしくお願いいたします。



見つけてしまったので記事にしましたが、
気を取り直して本題に行きます。


日付は8月14日になりますが、この日は雨が降ったりやんだりという天候。
花火が始まる前は、雨やんだなぁという感じだったので行ってみたのですが、
花火開始5分前というところにきて、ポツポツ降ってくるという、
なんとも嫌がらせのような雨。



2019-08-14 八景島花火シンフォニア
今回は本土と八景島をつなぐ橋の上からいってみました。
雨粒が構図左側についてしまった模様。



2019-08-14 八景島花火シンフォニア
橋の上から花火を鑑賞する家族連れはいましたが、
写真撮影をしている人はいませんでした。



2019-08-14 八景島花火シンフォニア
何枚も貼り付けても同じ構図なので3枚という事で。

この場所からの構図は、すごいいい!って感じでもないけどバランスは悪くないと思います。
橋の上は、真ん中あたりだと揺れる事があるので、
できれば橋の端っこの方が安定していていいですよ。

花火はたった10分間だけなのに、最後の2分くらいになって雨が強くなってきて、
やめるか、最後まで撮るか悩みつつも、
悩んでいる間に終わった感じです(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-20 17:30 | 写真 | Comments(6)

本日で夏休みも終わりですが、
結局、台風が休みの真ん中に割って入ってきた感じになり、
海で活動するダイビングはできないうえ、遠出も一切できなかったという、
人生史上、つまらない夏休みのベスト3には入るんじゃないか?と思う9日間でした。

人間、モチベーションが落ちると気力が落ちて、
昼間の暑さを我慢する元気もなくなるので、
夜になったら行動しようと、
日没を待ってから出かけていきました。


横浜歴史博物館
今回は三脚にα7RⅡ + タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di USDを据え付けて、
歩きながら被写体を見つけては、長時間露光で撮っていくという企画。
まず最初は横浜歴史博物館から。



横浜歴史博物館


横浜歴史博物館
この日、使用した雲台がManfrottoのギヤ雲台だったのですが、
被写体に接近して、下から煽って撮るような使い方は最悪でした。
ギヤ雲台は上の方を撮りたいと思っても、首に角度がつかないようです。

この撮り方だと3WAYの雲台も同じで、
ハンドルが邪魔で角度がつかないですよね。
ハンドルを前に持ってこないといけないので面倒です。

結論から言うと、極端な角度で撮影する場合は自由雲台が最強です。



横浜歴史博物館


横浜歴史博物館
普段、何気なく前を通る場所ですが、
撮影してみると、いろんな事に気が付くもので、
意外と標識が多くて雰囲気台無しな感じがします。

また、夜とはいえど横浜で、ひっきりなしに人が車が通るもので、
長時間露光だと、なかなかキレイに決まりません。
何度も撮り直したなぁ。



横浜開港記念会館
次にやってきたのは横浜開港記念会館、通称ジャックの塔。
最初に撮影した横浜歴史博物館から少し歩くので、
重たい三脚と荷物のせいで汗だく。



横浜開港記念会館
ここは交差点を歩道から撮る形になるのですが、
目の前が交番なので、何となく気になるんですよね。
警察官が出てきて「これこれ、歩道で何やっとる!」とか言われないか?と・・・・



横浜開港記念会館
広角で撮ると、どうしても変な物が端っこに入ってしまうのだけど、
歩道のど真ん中に三脚を立てるわけにもいかないので妥協。
どうしても入れたくなければ、フォトショップで消せばいいんだけど、
そこまでする必要性も感じないのでオリジナルで。



横浜街スナップ
次はヨコハマ創造都市センターを撮ろうと行ってみると、
前で交通整理をしていて、人だかりがしており、
見てみると、何やらドラマの撮影をやっているようで近寄れませんでした。
仕方ないので後方からランドマークタワーを撮影。



横浜街スナップ
木が入らない方が都会っぽいかな?と、
カメラを木の前に出して撮影。
創造センターの前、人がいっぱいいるのわかるかな?
(左にある白い建物の前ね)



ランドマークタワー


ランドマークタワー
街の隙間から見えるランドマークタワー。
長時間露光で撮るスナップは、気軽にというわけにもいかないのだけど、
昼間は面白くもおかしくもない風景が、
夜はコントラストが美しいので絵になります。



万国橋
最後は定番 万国橋 から。
観覧車がレインボーになるのを10分くらい待って撮影。
本日はここでタイムアップ!

この日の教訓としては、
三脚を移動させながらウロウロする場合、
なるだけ軽くて小さい三脚に、自由雲台を使って撮影するべし!です。
そんなわけで、帰ってから新しい三脚を買うてしまいました(笑)
何を買ったのかは、またどこかで投稿します。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-18 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

鐙摺で夕景を撮った後は、八景島に花火を撮影に行ってみました。
ここから撮ったらどうだろう?と思う場所があったので、
自分の家から行くと、八景島の反対側になる場所になるんですが、
駐車場もあるので車で行ってみると、夏休みという事もあって駐車場も混雑。
何とか停める事ができたけど、八景島ってこんなに人が来るんだ~と改めて思いました。

撮影場所は真っ暗で、ライトがないと手元も見えないような場所でした。
近くに釣りをしている男性が一人だけいて、
三脚なんて周囲に全く見えないし、撮影は自分だけか・・・と準備をしていると、
突然後ろから「あら?あつしさん?」と声を掛けられ、
振り向いてみると・・・「あ!taeさん!」

そう、自分のブログのリンクを貼らせていただいているtaeさんでした(笑)
taeさんのブログはこちら!

https://taephoto.exblog.jp/

いや~こんな場所で偶然にお会いするとは思いませんでした~。
しかし、あの真っ暗な場所で、よく自分だと気がついたなぁ~と今でも不思議。

準備しながらお話させていただきましたが、
taeさんは三脚を持ってきておらず、手持ちで撮るという気合の入りぶり。



八景島 花火シンフォニア
今回は手前の青い歩道橋を入れてみたらどうだろう?という事で、
この場所を選んでみたのですが、taeさんも同じ考えだったようです。

花火が上がりましたが、右側にあるポールが邪魔でしたね。
構図をもっと左にずらしてもいいのかもしれませんが、
花火が右に寄り過ぎると、バランスが悪いような気がします。



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
続けて撮影していきましたが、
どうも風が弱かったせいか、またしても煙幕地獄に見舞われました。
煙が流れていかないので、怪しい展開に・・・・



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
こりゃダメだ・・・・
一面煙だらけになり、またしても最初の一発目だけがちゃんと撮れた感じ。

やはり花火撮影は、ある程度風がないとダメですね。
それか煙が出ない花火を開発してもらうか。



八景島 花火シンフォニア


八景島 花火シンフォニア
花火が終わるとtaeさんは自転車でお帰りになりまして、
自分は、煙がある程度なくなってから、
周辺の物をちょっと撮影して帰りました。

駐車場に戻って帰ろうと、車に乗って駐車場出口の料金所に来ると、
駐車場代が1300円! え~! 50分くらいしか停めてないのに~!
どうもこちら側の駐車場は、八景島で一日中遊んでも1300円が上限のようですが、
1分で出ても1300円取られる仕組みのようで、
ちょっとだけ撮影して帰る人は、こちら側の駐車場は避けた方がいいかもしれません。
すごく損した気分になります(笑)
ま、料金形態を知らなかった自分が悪いんだけどね。

taeさん、また撮影ご一緒いたしましょう!



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-17 19:30 | 撮影記 | Comments(2)

台風を懸念して、特に遠出もしない夏休みになってしまいましたが、
夏休みとなると、湘南地域や横浜の方は渋滞もひどいので身動きが取れません。
昼間は暑くてどうにもならないし、撮影は夕方から近場・・・という、何ともチマチマした行動です。

空が綺麗だと、海の方に行ってみたいと思うのですが、
森戸海岸は水着のおねーさんが沢山いて撮影しにくいし、
そうだ!葉山マリーナ周辺に行ってみようという事で出掛けてみました。



鐙摺 夕景
SUPのスクールでしょうか?
若い人たちが沢山波打ち際にいて、何やら楽しそうです。
日が沈むまで少し時間がありそうなので、葉山マリーナの方に行ってみます。



葉山マリーナ
夕方になると、ヨットも海から上がってるようで、
人や船が動いている感じはしませんね。



葉山マリーナ ヨット
ヨットを持っている友人はいませんので、
「おぅ!明日俺の船で海行かないか?」とか、そういう連絡もないのですが、
そういう友達がいたらいいなぁと思います。
ダイビングは連れて行ってあげれるのでお互いっこで(笑)


鐙摺 夕景
そんな友達がいないどころか、一緒に撮影に来る友達もいないので、
一人で港の方に行ってみる事にします。



鐙摺 夕景


鐙摺 夕景
思い切り逆光だったもんで、空に露出を合わせて撮影し、
現像時に船部分のシャドーを上げてます。



鐙摺 夕景
最初の場所に戻ってみると、SUPの若者達はいなくなっておりました。
しばらくここで撮影を続ける事にします。



鐙摺 夕景


鐙摺 夕景
同じ場所で待っていると、人が来たり沖から戻ってくる人がいたりと、
度々シャッターチャンスがやってきます。



鐙摺 夕景
こちらのシルエットの女性、この撮影後こちらにやってきまして、
「撮影のお邪魔だったかしら?」と声を掛けてくれたもので、
とっさに「あ、いや、きれいなシルエットが撮れましたので、むしろよかったです」と言うと、
「あちらの浄水場から撮ってもいいですよ」と教えてくれ、
「あっちは入れるんですか?」と聞いたら、どうも入る事ができるそうで、
ダイヤモンド富士の日は、ずらりとカメラマンが並ぶとの事でした。

とても感じの良い方でしたが、ブログ見ていたらコメントください(笑)



鐙摺 夕景


鐙摺 夕景
日没後は空の様子も変わり、奥の方には富士山のシルエット。
建物には灯りがついて、なかなか良い雰囲気になってきました。



鐙摺 夕景 パノラマ
空が広範囲に焼けたので、久しぶりにパノラマチックなアスペクト比でお送りします。
家から数分で来られる場所だけど、来てみると当たるって事はありますね。

この日は α7Ⅱ + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD の組み合わせ。
暗くなってくるとAFが迷うけど、
どのみち三脚に乗せると、AFは一切使わないので無問題です。

基本的に撮影に来ていますが、
こんな場所に座ってボォ~としてるのはいいもんです。
たまにはこんな夏休みもアリかもしれません。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-15 11:00 | 撮影記 | Comments(0)

ここのところ、やたらブログのアクセス数が多くなっておりまして、
それはそれで嬉しい事ではあるのですが、どの投稿が一番読まれているのか確認してみると、
過去にいくつか書いた「怖い話」みたいなのにアクセスが集中しているようです。

e0341572_11302850.jpg


ダントツなのがこの記事

https://momoken819.exblog.jp/23573364/

高校生の頃の話ですが、千葉に住んでいた親戚が占い師に呼び止められ、
身内の家のどこかに、破れた書があるはずだから修繕しろと言われたという内容なんですが、
また、日航機が落ちた8月12日も昨日だったというのもあるのか、
その話のアクセス数も伸びていました。

たまには怖い話も書いてほしいと言われるのですが、
前回、怖い体験をしたのが、白樺湖の駐車場にあるトイレでの出来事で、
それ以来、特にそういう事もないのでネタもありません。

作り話を書けるほど器用でもないし、
だいたい、本当にこういう体験をする人からすれば、
嘘、作り話は、そのリアル感が分かるのでバレますよ。
また、何か体験したら投稿しますけど、
体験もしたくないので永遠に投稿したくありませんが・・・(笑)

それほど怖い話もありませんが、
このブログのタグに「不思議な話 怖い話」というのがあるので、
読んでいただけると暇つぶしにはなるかもしれません。

さて、話は写真になりますが、
姉さま達と一緒に、ひまわりを撮りに行った翌日、
またしても八景島の花火を撮りに行ってみました。

八景島花火シンフォニア
今回は漁船というか、釣り船と一緒に撮ってみようと思いまして、
釣りバカ日誌でお馴染みの、太田屋さんの前でございます。



八景島花火シンフォニア
持ってきた機材は α6000 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
ちなみにα6000シリーズは、6300、6400、6500とありますが、
一番色が良いのはα6000だと言っていたプロカメラマンの人がいました。
誰だったかは覚えてないけど・・・



八景島花火シンフォニア
この構図の問題点は、手前の船が揺れていてブレる事。
水に浮いている船なので仕方ないかもしれませんが、
巨大な客船と違って、相当動いているので被写体としては微妙です。



八景島花火シンフォニア
撮影場所が橋の上なんで、通行人に邪魔にならないよう配慮がいりますな。
まあ、10分間だけなんで、それほど人も来ないんだけどね。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-13 12:01 | 不思議な話 怖い話 | Comments(0)