人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ダイビング2日目、この日が滞在中で一番天気が良かったなぁ。
沖縄でダイビングする場合、もちろん天気が良いのは嬉しいのですが、
日差しが強烈なため、紫外線に注意しないといけないのがねぇ。
何の対策もしないと、顔や首が真っ赤になって大変な事になってしまいます。



下地島 一ノ瀬ホール
この日は朝8時にピックアップ! 微妙な早起きです。
9時ちょっと過ぎには、海の中にいるという健康的な活動。



下地島 一ノ瀬ホール
光もふんわりと柔らかく、幻想的で美しい。
写っているモデルが女性で、スタイルが良いというのもクオリティ高い・・・



下地島 一ノ瀬ホール


下地島 一ノ瀬ホール
ポイント名は「一ノ瀬ホール」
名前の通り、穴をくぐって行くポイントです。


e0341572_19010717.jpg

ちなみにこの写真、αcafeに投稿したら「人気の写真」になりました。
bravo!押してくれた皆さん、どうもありがとう!



下地島 一ノ瀬ホール
コントラストが美しかったので、こだわって撮ってみたのですが、
どうもイメージ通りに撮れなくて、何枚も撮ったのだけどイマイチ。
伝えたい事が伝えられない葛藤はありますが、
何となく雰囲気は伝わるかと・・・



下地島 一ノ瀬ホール
シルエットがアシカみたいな兄ぃ。



下地島 一ノ瀬ホール
珍しい縦構図。
光の方から何か舞い降りてきそうな雰囲気でした。



下地島・インディ・ケーブ
ダイビング2本目はポイント「インディ・ケーブ」
名前の由来は知らないけれど、インディ・ジョーンズのような冒険チックなポイントだからか?



下地島・インディ・ケーブ


下地島・インディ・ケーブ
穴をくぐると、上の方から差し込むブルーの光!
気分はインディ・ジョーンズ!(笑)



下地島・インディ・ケーブ
上の方にある光は、島の中にある池に続いていています。
あの光に向かって浮上すると・・・



下地島・インディ・ケーブ
周囲を岩に囲まれた、こんな場所に出られるのであります。



下地島・インディ・ケーブ
おいら池の下から写真撮ります・・と行って潜り、
上を見上げると、そこには天使が!
ちなみにこの天使、出身は熊本です(笑)



下地島・インディ・ケーブ
このポイントはフォトジェニックでいいですね。
コントラストのバランスが良く、かっこいい写真が撮れます。



GTドロップ
この日の最後のダイビング、ポイントは「GTドロップ」
ドロップというのは、ドロップオフのドロップで、
水中にある断崖のことを差します。
このポイントは穴をくぐるのではなく、ダイナミックな地形を堪能し、
GT(ロウニンアジ)を見るのがメイン。



GTドロップ


GTドロップ
少し離れた場所から撮影すると、このダイナミックさ!
ダイバーは泳ぐというより、飛ぶという方が正解かも。



GTドロップ
ロウニンアジ現る!
体長は1mくらいでしたが、もっとでかいのもいます。
これが近くに泳いで来るのだから迫力ありますよ。



GTドロップ


GTドロップ
上の方にでかいロウニンアジがいるのですが、
岩と同じ色で写真では分かりにくい・・・

その大物を兄ぃは、追うかどうか迷ったのだそうです。
その迷っている兄ぃの姿がこの写真。



GTドロップ


GTドロップ
狭い岩の亀裂を並んで泳ぐダイバーの皆さん。
この地形も地震とか、地殻変動でこんな形になったんでしょうかね?
地球というのは本当にすごいと思うし、
特に海の中はダイナミックで、人間の小ささを実感する世界です。

次はいよいよダイビング最終日。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-13 07:15 | 水中写真 | Comments(0)

ダイビング初日は、友人の店も忙しかったようで、
午前中に他のお客さんのガイドをした後、
自分、兄ぃ、まっすぅ、ナベちゃんのおっさん4名と、
紅一点、ネモっちゃんは午後から潜る事になりました。


下地島 女王の部屋
今回のツアー、最初の1本目はポイント「女王の部屋」



下地島 女王の部屋
ライトを持って、こんな風に穴に入って行くのであります。



下地島 女王の部屋


下地島 女王の部屋
ダイビングポイントは、下地島の西側に集中していますが、
この周辺の地形は、世界的に見ても面白い形をしているそうです。
そんな地形をくぐったり、飛び越えたりして潜るのがここのスタイル。
特に暗い所から、光を見ると美しいのであります。

設定が甘くて、明るいところを飛ばしてしまったけど・・・



下地島 女王の部屋


下地島 女王の部屋
穴から出て壁沿いを泳ぎながらボートに戻ります。



下地島 女王の部屋
すると、先ほど自分たちが穴の中で吐いた泡が、
岩を通り抜けて上の方に出てきています。
いうなればジャグジーみたいなもんです。



下地島 女王の部屋
奈良から来たというMさん。
泡が出ている所を楽しそうに泳いでいました。
後ほどボートに戻った時に「あの泡はおっさんの吐いた泡や」と言うと、
微妙に固まっていたような、いないような・・・(笑)



下地島 女王の部屋
水中では姿勢の良い「兄ぃ」



下地島 女王の部屋
ボートに戻るところの「ナベちゃん」



下地島・ツインケーブ&ドルフィンアーチ
ダイビング2本目は、またナベちゃんからスタート。
ポイントは「ツインケーブ&ドルフィンアーチ」



下地島・ツインケーブ&ドルフィンアーチ
ポイント名の「ドルフィン」の由来は、
この穴がイルカに見えるという事であります。
まあ、イルカに見えなくもないけど・・・



下地島・ツインケーブ&ドルフィンアーチ


下地島・ツインケーブ&ドルフィンアーチ
奈良から来たという女性二人は元気だったなぁ。
若いというのは素晴らしい(笑)



下地島・ツインケーブ&ドルフィンアーチ
みんな揃って記念撮影。



下地島・ツインケーブ&ドルフィンアーチ
生き物の写真があまりないのですが、
最後にサメを見つけたので、ワイドレンズ外して撮影しました。
体長は1mくらいだったかな?

この日は午後に2回潜っただけだったので、
体も非常に楽で、おっさんの体力相応という活動でしたな。
翌日のダイビングに続きます。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-11 07:57 | 水中写真 | Comments(0)

2019GW 兄ぃとの再会

かつてない10連休だった5月のゴールデンウィークでしたが、
5月2日から7日までの6日間、沖縄の方にダイビング目的で行ってきました。

その間、ブログの更新が止まってしまうのが嫌だったため、
事前にせっせと投稿記事を書き上げ、下書き保存して現地でチマチマと放出!(笑)
とりあえず投稿期間を開ける事なく、無事に現在に至っているという感じであります。


GW羽田
宮古島へ向けて出発の日、
羽田空港ではいきなり雨でありまして、テンションも落ちました。
水中での撮影がメインの旅行なので、陸上で使うのはα7Ⅱを持っていく事に決定。
レンズもゴロゴロ持って行っても、どうせ使わないのは分かっているので、

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical

この2本だけ持って行きました。
なんで10mm?と思うかもしれませんが、
どうしてもこの10mmで撮ってみたい物があったのでありますよ。



飛行機上空
地上は雨でも、雲の上に出てしまえば天気はカンケーねー!
上空から雲を見ると、この上に飛び降りたらポンポン跳ねられそうでやってみたい。



飛行機上空
飛行機の席を確保する時は、いつも機体右側の窓際をとります。
理由は 富士山を撮影したい からなんですが、
こんなに雲がモコモコしていると、富士山も見えないのでは?と、
ちょっと残念な気分に・・・



飛行機から富士山
離陸して数分、どうせ見えないだろうと思っていた富士山ですが、
まるで雲が避けるようにあり、意外と見えてるじゃないですか!
急いでカメラを準備して撮影しました。



飛行機から富士山
しかし、望遠端の75mmでは全然届かず、
ええい!あとでトリミングすればいいや!と、APS-Cモードは使わず撮影続行。



飛行機から富士山
雲が多くてイマイチな感じでしたが、見えただけラッキーと思うべきか?
隣に座っていたおっさんが「ちょっと撮らせてもらっていいですか?」と言い、
スマホでずっと撮影していたものだから、
待っていて、自分はあまり撮影時間がなかったというオチに・・・。



宮古島まもる君
約3時間のフライトで宮古島へ到着。
宮古島名物「まもる君」がお出迎え。



コーラルホテル


コーラルホテル
宮古空港からタクシーに乗り、
約4kmという伊良部大橋を渡って下地島にあるホテルに到着。
宮古空港からホテルまで、タクシーで30分弱かかりますが、
料金も4000円超えるので微妙に痛い。



ハイビスカス
お昼に飛行機に乗って、明るいうちに着けるのだから楽なもんです。
翌日からダイビングですから、この後準備をしまして、
その後、ホテルのロビーで広島から来た兄ぃと1年ぶりに再会。

さあ、盛り上がってまいりました(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-09 23:03 | 撮影記 | Comments(2)

写真撮影において、カメラボディとレンズはメインの機材となりますが、
他にも重要なアイテムってのはいくつもあって、例えば三脚もそうだし、
その上に乗る雲台もそのひとつだと思います。

写真を初めたばかりの頃は、何がいいのかもよく分からないので、
とりあえず三脚と雲台がセットになった安物を買ってしまうのですが、
使っているうちに「もっと使い勝手が良いのが欲しい」となり、
あれこれ買って試しているうちに、三脚も雲台も部屋にいくつもゴロゴロしている状態に・・・

そう言いつつも、また雲台を買ってしまいました。

e0341572_16230553.jpg

e0341572_16221734.jpg
e0341572_16240195.jpg
マンフロットのギヤ雲台になります。
製品名は ジュニアギヤ雲台 410 という物ですが、
これ、全然ジュニアじゃなくて、雲台だけで1.2kgもあります(笑)

https://www.manfrotto.jp/410-junior-geared-tripod-head-easy-to-use-ergonomic-knobs

https://kakaku.com/item/K0000167616/

今まで自由雲台や3WAY雲台を使ってきましたが、
使っていて一番イライラするのが、構図を決めてネジを締め上げた後、
手を離すとボディとレンズの重量のせいで、微妙に構図が下にズレる事です。

例えるなら、
ワガママで機嫌の悪い女性とデートしている感じと言えば分かりやすいでしょうか?
(わからんわ!)

まあ、そんな苦情が来そうな例えはどうでもいいのですが、
ギヤ雲台は、写真の丸いツマミを回す事で各所を動かせるので、
構図を決める際には、正確な位置に画角を持っていけるというメリットがあり、
ボディやレンズの重量で、微妙に画角が下がるという事もありません。


分かりやすいようにYou Tubeの動画に丸投げ。


e0341572_16343822.jpg
カメラの取付はクイックシューなんですが、
このシューがとにかく大きくて、クレジットカードよりも全然でかい。
しかも、裏側のネジは、コインみたいな道具がないと回せないので、
全然クイックちゃいますやん!とツッコミを入れたくなるほど。




分かりやすいようにYoutubeの動画にまたしても丸投げ。



e0341572_16372962.jpg
クイックシュー外すとこんな感じ。


e0341572_16385426.jpg
いちいちこの大きいシューを取りまわすのは面倒だろうと思ったので、
部屋に転がっていた sunwayfoto のアルカスイス互換のクランプをシューに装着してしまう事にしました。



e0341572_16442550.jpg
こんな感じ。
なんか変な位置に取り付いていると思うかもしれませんが、
クランプを右側にずらすと、
クランプを緩めた時に、シューの面にクランプの可動部分が当たって動かなかったので、
左側ギリギリにずらして装着しました。



e0341572_16474787.jpg
雲台本体にシューを取り付けてみました。
シューがでかいので、なんかスペース的に違和感はありますわな。



e0341572_16485611.jpg

e0341572_16491775.jpg
三脚に雲台を取り付けていないので何とも言えませんが、
これでカメラを乗せる事ができると分かったし、
シューやクランプ周りはガタガタするような事もないようです。

とりあえずきちんと三脚に取り付けて、近い内に現場で使ってみたいと思います。
ただ、このギヤ雲台を乗せる三脚は、
http://www.velbon.com/jp/catalog/geocarmagnee/geocarmagnee740.html

脚だけで2.28kgあり、これにこの雲台1.2kgを取り付けると結構重たくなりますから、
電車で移動する際には、気軽に持ち歩けるとは思えないなぁ。
車で移動する時限定かも(笑)



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-08 19:40 | 撮影機材 | Comments(0)

昨年の夏にα7Ⅱを再購入した際、
背面液晶に貼る保護シートをガラス製のグラマスにした事を投稿しました。

https://momoken819.exblog.jp/27470130/

この背面液晶の保護ガラスは、純正の保護シートよりも厚みがあり、
ガラスなので傷もつきにくいし、汚れに対してもさっと拭けば綺麗になるので気に入り、
それならα7RⅡとα99Ⅱもこれにしよう!ということで買い足しました。



e0341572_19232719.jpg


e0341572_19232816.jpg



e0341572_19232590.jpg

ひとつ2700円もするので、結構頑張って買った感じですが、
高いレンズを買うわけでもないし・・・と、
自分自身に言い聞かせ、無理やり納得した次第。



e0341572_19232660.jpg
ボディを購入した時に貼った純正の薄いシートは、
これはこれで悪いというわけじゃないのですが・・・・


e0341572_19232603.jpg
何かがうまくいかなかったせいか、
たまに空気が入ったような感じになる事があるんですよね。
これでも視認性に問題があるわけでもないのですが、
美を追求する自分としては、何となく気になるところ。



e0341572_19232662.jpg
とりあえずグラマスに交換するべく、
最初に貼り付けた純正のシートを剥がしてみました。

剥がした後、微妙に糊っぽい感じが残ったので、
無水エタノールでさっと拭いておきました。

ソニーの液晶は、コーティングが弱いと巷では言われていますが、
剥がす時、無水エタノールで吹く時に、何か問題が生じたという事もなかったですよ。



e0341572_19232790.jpg

そして無事にガラス製のグラマスに交換。
写真では違いが分かりにくいかもしれませんけどね。
何となく厚みがあるのが伝わるかと・・・・


同じ手順でα99Ⅱのも交換したのですが、
作業が終わった後、「ん?」 
アイピースカップを見たら、ごっつい旧型のが付いてるじゃないの!

あれ?と思ってボディの前の方を見たら、
α99Ⅱだとばかり思って作業していたボディは、旧型のα99だった・・・・(笑)
結局、貼り付けたガラス製を剥がして、α99Ⅱに付け替えました。

旧型のα99の方は、純正のシートが傷だらけになっていたので、
α99Ⅱから剥がしたやつと入れ替えまして、
結果的にこれでよかったかな?と一件落着。

今、使っているボディの保護シートを交換するって、
普通はあまりやらないかもしれませんが、
これから新しくボディを買うという方!
保護シートは純正のより、このガラス製のをオススメしますよ。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村




by momoken805947 | 2019-05-07 08:31 | 撮影機材 | Comments(0)

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 1本で行く鎌倉スナップの続きになります。

正直、65mmなんていう焦点距離のレンズ1本で写真を撮ろうと思うと、
制約も多いし、構図も似たような物になりがちですが、
そういう不便さを持ってしても、このレンズ1本だけでも良いと思える価値があります。
何しろジェットダイスケさんが「運命のレンズ」と紹介したくらいですからね。



MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
今更写真を載せる必要もないと思いますが、
難点をいえばちょっと大きい事かな?



長寿寺
とまあ、そんなレンズ1本だけ持って、次にやってきたのは長寿寺。
ここは普段、一般に開放されていないのですが、
時々、一般開放する事があって、前を通ったらたまたまその期間だったようです。
「これはラッキー!」と思い、300円払って中に入ってみる事にしました。



長寿寺
中に入って庭や建物を見ると、人によって荒らされていない事が伝わってきます。
この感覚が普通の人にあるかどうかわからないのですが、
自分、海に潜るので、人が潜っていない海って見ると分かるんですよ。
自然がそのまま残ってるというか、
人が手を着いたり、着底していない場所だなと・・・
そういうのが、この場所にも雰囲気としてあるというか。



長寿寺


長寿寺


長寿寺
建物の中には、至る所に張り紙がしてあって、
「拝観する際は、おしゃべりをしないように」みたいな事が書いてあります。
確かに長寿寺の空間は、一言でいえば「静」という雰囲気で、
α7Ⅱのシャッター音でさえ、ちょっとヒンシュクかな?と思えるほど静か。
そういう理由で、遠慮して写真が少な目なんでございます。



長寿寺
建物の中は厳粛な雰囲気で、だんだん息苦しくなってきたので庭へ出ました。
どのみち、自分は一人で来ているので、おしゃべりする相手もいないんだけどね(笑)

長い石畳。
奥に行くにしたがってボケていく感じが( ・∀・)イイ!!



長寿寺
ここからの話はマジです。

自分、ブログに投稿する事を考えながら撮影をしていますが、
この場所に来た時、階段を上ると足利尊氏の墓があるという事なので、
前振りというか、説明的にこのショットを撮ったのですよ。

階段を上ると、すぐ目の前に足利尊氏の墓があったので、
ブログに投稿するために、墓の写真を撮ったんですが、
家に帰ってSDカードの中を見てみると、その墓の写真がないんですよね。

真っ黒に写ってるとか、真っ白に写ってるとかでもなく、
とにかくその写真自体が見つからない・・・
これは自分が撮ったつもりで撮ってないのか?
未だにそこがわからないのですが、とにかく墓の写真がなくてすいません・・・
(個人的には結構気味が悪い・・)



長寿寺
気を取り直していきます。
墓の後はきちんと撮れていて、撮った写真についての記憶もあります。

鎌倉のお寺には、意外と竹やぶがある所が多く、
ここでも筍が伸びていました。



長寿寺
長寿寺の中にあるせいか、石にも威厳があるように見えます。
ついている苔にも味がありました。



鎌倉スナップ
長寿を離れ、鎌倉駅の方に向かって歩いて行くと、
道端につつじが沢山咲いていました。



鎌倉スナップ
ここは自分のお気に入りの木。
摩訶不思議な形をしていて、くぐるとご利益がありそう?



鎌倉スナップ
鎌倉って細い路地が沢山あるので、
こういう感じで無理やり踏切があるんですよね。
意外と、こういう踏切ばかり探して写真を撮ると面白いかも!



鎌倉スナップ
フラフラ歩いていたら、ごく普通の一般のお宅なんですが、
駐車場の奥に停めてあった自転車、コントラストが良かったのでちょっと失礼。
いいな~。こういう明暗大好きですわ(笑)

そんなわけで鎌倉スナップはここまで。
あまり天気は良くなかったけど、いい運動になりました。

最近、自分のブログの検索結果を見てみると、
このMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalに興味がある人が多いのか、
このレンズについての検索が頻繁なようです。
現在、このレンズは価格コムの最安値で10万円切ってるし、
欲しいなぁと悩んでいる人がいたら、買った方が幸せになれるとオススメしておきます。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-05 22:31 | 撮影記 | Comments(0)

α7Ⅱ と MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを持って鎌倉に行ってきました。
鎌倉といっても、駅でいうと北鎌倉になりますが、
個人的には鎌倉駅周辺よりも、こちら北鎌倉の方が鎌倉らしい雰囲気だと思うので、
もし、鎌倉に来られる方は、北鎌倉も散策してみてください。



北鎌倉
前回来た時から、駅の看板が変わったようです。
新たに韓国語、中国語の表記が足されたのかな?
そのうち日本語表記が消されるんじゃないでしょうか?
・・・っていうジョークも、ジョークであって欲しいと思う雰囲気ですけどね。



北鎌倉駅前
連休中に鎌倉は激混みじゃないかな?と、
ある意味、怖いもの見たさではありましたが、意外と人も少なくて拍子抜け。



円覚寺
まずは駅前の円覚寺。
桜が終わると緑一色という感じですね。
65mmという焦点距離なので、こういう写真は後ろに下がらないと撮れないという不便さはあります。



円覚寺
来年の鎌倉フォトコンテストに応募するような作品を撮ろうっていう感じではなく、
散歩しながらスナップ撮る感覚です。
MFのレンズを持ってると、撮影ペースがまったりになりますが、
そのペースが好きだったりします。



円覚寺
上の方にある葉を透過して光が降りてくるうえに下が苔なので
全体的に緑っぽい写真になりました。
本来ならマゼンタ寄りに修正するんですが、見た目そのままで現像。



円覚寺
奥の方に行ってみましたが、やはり人は少なくて快適。
連休なのになぁ。



円覚寺
天気が良くてコントラストがキツイので、
写欲もあまり湧かず、本当に散歩になってしまいましたわ(笑)



浄智寺


浄智寺
浄智寺にやってきました。
ここも人少なかったなぁ。
紫陽花が咲くとごった返すんだろうけど・・・



浄智寺
静かに散策したい人は、紫陽花が咲く前に鎌倉に行くといいと思いますよ。
人が少ないと静かで、本来の雰囲気が体感できます。



浄智寺
周囲に誰もいなくて、こういう場所にカメラを向け、
MFでピントを合わせるなんて事をしていると、
ある意味、精神統一のような気分になります。



浄智寺
竹やぶの中には筍があったりして、
入ってくる光もいい感じだったなぁ。



浄智寺


浄智寺
狸の置物も光の当たり方が面白く、コントラストが良かった~。
まあ、狸の置物っていう被写体もどうかとは思うけど・・・(笑)



浄智寺


浄智寺
布袋様の周囲にも誰もいなかったので、布袋様と二人きりでした(笑)
お腹のあたりが黒光りしているのは、
来る人がお腹を触っていくからのようです。

65mmだけのスナップは、意外と制約もあるけど面白いです。
もう1本持ってくるとしたら35mmがいいな~と思いつつ、
次の投稿に続きます。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-03 18:07 | 撮影記 | Comments(0)

元号が平成から令和に変わり、新たな時代がスタートとなりました。
平成という時代について、いろいろと書きたい事もあるのですが、
それはそのうち書くとして、今回は令和初日の撮影記を投稿したいと思います。



横浜市金沢区・スナップ写真
ほとんどの人が写真を撮るというと、
風景の美しい撮影スポットに行ったり、綺麗な女性をモデルにしてポートレートとなるのかもしれませんが、
自分の住んでいる街で、スナップ写真を撮るという人はあまりいないと思います。

多分、それは普通に見慣れた街だし、
写真を撮っても面白くもおかしくもないからなんでしょうが、
自分の住んでいる街の写真を撮っておくというのは、
実は大切な事なのではないか?と最近思うようになりました。

というのも最近、いろんな建物が壊されてなくなったり、
駅が改装されて、前の風貌と全く変わってしまったりするのを見ているからなんですが、
残しておきたい風景という意味では、自分が普段、見慣れた街は重要です。

ただ、写真としての作品性は全くありませんが・・・。
まあ、どちらかといえば記録ですね。



横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真
写真は京浜急行 金沢文庫駅 周辺です。
写真として何が面白いというわけでもなく、撮っている自分も楽しくもありません(笑)
平成から令和に元号が変わりましたが、街並みは何一つ変わらず・・・(当たり前か)



横浜市金沢区・スナップ写真
同級生がオーナーのBAR。
最近行ってないけど・・・



横浜市金沢区・スナップ写真
そんなわけで「撮るもんあるんかいな?」とは思いつつ、
令和になった地元の街を、カメラ片手にパトロールしてみたいと思います。



横浜市金沢区・スナップ写真
だいたいどこにでも つつじ って咲いてるもんだと知りました。
車に乗っていると気が付かないけど、歩いてみると意外と目につくんですよね。



横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真
地元に定着しているサニーマート。
建物の老朽化も進んでいますが、調べてみたら開業から50年ですよ。
親から聞いた話なので、本当かどうか確証はないのですが、
当時は、東洋一横に長い店舗 だったそうです。
(本当かどうか分からず、調べてもわかりませんでした)

子供の頃は、よく親に連れて来てもらいました。
ゲームセンターにあるスマートボールが楽しかったんだよなぁ。



横浜市金沢区・スナップ写真
老朽化のせいなのか、経営の問題なのかわかりませんが、
AからCまである店舗は、AとBを閉店してしまったようです。



横浜市金沢区・スナップ写真
おまけに自転車まで放置されると、悲壮感しかないような・・・



横浜市金沢区・スナップ写真
サニーマートのすぐ隣には、皆さんもよく知ってるであろうイオンがあります。
金沢文庫から金沢八景って、意外とこの手のお店の激戦区なんだよね。



横浜市金沢区・スナップ写真
感性に触れたのは、この数えきれない程の自転車の数。
これ、買い物に来た人の物かね?ってくらいあります。
すぐ近くに金沢八景駅があるので、駐輪場にされてるんじゃないの?と、
個人的には思うのだけど?



横浜市金沢区・スナップ写真
イオンの周辺をウロウロしてみる事にしました。
この自転車の倒れ方たるや、倒れたというよりぶん投げた感じですよね。



横浜市金沢区・スナップ写真
駐輪場の敷地内には、こういう自転車がえらい沢山ありました。
これ、どう見ても放置されてるやろ?



横浜市金沢区・スナップ写真
長々と自転車撮っていても仕方ないので移動。
金沢八景の駅前までやってきました。



横浜市金沢区・スナップ写真
通るたびに「狭いなぁ」と思うので撮っておきました。
ここは歩道の中に、歩道橋の階段があるので、
歩道のスペースがえらい狭く、歩行者が円滑に行き交えないという場所。

この状況だと、向こう側から来た人は、
対面から来た人が通り過ぎるまで待たないといけない状況です。



横浜市金沢区・スナップ写真
そんな狭い歩道のそばにある瀬戸神社。
平成12年に重要文化財に指定されています。
噂によると有名なパワースポットだとか?



横浜市金沢区・スナップ写真
元号が変わったせいなのか?
意外とお参りに来る人がいて、微妙に並んでいました。



横浜市金沢区・スナップ写真
唯一、元号が変わった事で、普段と違う雰囲気の場所でした。



横浜市金沢区・スナップ写真


横浜市金沢区・スナップ写真
自分もお参りして「令和が平和な時代でありますように」とお祈りしておきました。

正直、元号が変わったとはいえ、街の中の何かが変わるわけでもなく、
撮影という意味では面白くもなかったけど、
新時代の初日、自分の住む街を写真に収めておいたという感じです。

この日使ったシステムは、
α6000 + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD。
広角側が狭くなるけど、解像感を見ても良い感じだし、
使い勝手も良かったです。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-05-02 07:19 | 撮影記 | Comments(0)