人気ブログランキング |

時間軸でいうと、昭和記念公園での撮影の後になります。

昭和記念公園の撮影は、午後3時頃で切り上げたのですが、
ノッチ師匠はこの後、東京に戻って夜景を撮るというのでついて行きました。
同伴していた女性二人は三脚を持っていないというので帰宅してしまい、
じじいとおっさんの二人での撮影となり、テンションもあまり上がらないけど仕方ない。



皇居・銀杏並木
昭和記念公園の最寄り駅「立川口」から、東京駅まで真っ直ぐ電車で移動しましたが、
そこそこ遠かったもんで、目的の皇居のお濠に到着したのは17時近く。
東京駅に電車が到着した時、ノッチ師匠は完全に熟睡しており「師匠、東京に着きましたぜ!」と起こしました(笑)

写真は最初のショット! まだ空が微妙に青く良い感じです。



皇居・銀杏並木


皇居・銀杏並木
日没からそこそこ時間が経過しているので、空の雰囲気は分単位で変化していきます。
ノッチ師匠は、この場所には何度も撮影に来ているので、多くの事を把握しているようです。

風が吹くとビル群の写り込みが乱れ、風がやむ時は向こう側から収まってくるとか、
浮いている鳥が動くと水面が揺れるが、鳥は夜になるとどこかへ行ってしまうから大丈夫とか、
まるで自分の家の事のように状況を把握していました。 恐るべしノッチ師匠!



皇居・銀杏並木
使用機材は α7RⅡ + シグマ24-105mm F4 DG HSM。
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalと比べると見劣りする写りとしか言いようがありませんが、
シグマ24-105mm F4 DG HSMだけで撮ったのを見ると、十分良い解像感で撮れていると思えます。
師匠は先日、川に落とした24-70mm F2.8 GMを買い替えて使用していました。
内心、またお濠に落としたら大笑いなのにな・・・と思ってましたけど(笑)



皇居・銀杏並木
橋の欄干の横に三脚を置いて撮影していましたが、あえて欄干を入れたらどうだろう?と後ろに下がってみました。
意外と欄干の質感がいいような気がしますね。 写り込みがあまり入らないけど、
これはこれで構図としてはアリかと・・・



皇居・銀杏並木


皇居・銀杏並木
ノッチ師匠はひたすら同じ構図を撮り続けていたようですが、周囲を見渡してみると良い構図があります。
振り返ると銀杏並木が綺麗なので撮ってみました。



明治生命館


明治生命館
この、どこかの国の神殿みたいな建物は「明治生命館」というそうです。
照明の当たり具合とか、コントラストが良いのでいいですね。

ノッチ師匠がなんで同じ所ばかり撮っているのか?といえば、
現像ができないので全て撮って出しなのだけど、HDRで撮影するので人の3倍時間がかかるっていう事のようです。
RAWで撮る人は、露出やピントに気を使うのは同じでも、
クリエイティブスタイルみたいな味付け部分はどうでもよいので、
現場で無駄な時間を使わずに済むというのはあります。

撮影が終わった後、ノッチ師匠に「何か食べて帰りますか?」と聞いたら、
「いや、俺は帰るわ」と言い放ち、さっさと駅のある地下の階段を降りて行ってしまいました。

師匠、自分より10歳以上も年上のジジイなのだから、
「よし!今日は奢るから飯でも食っていこう!」と、いつか気持ちよく言ってくれると期待してますよ(笑)



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-30 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

ノッチ師匠からメールが来て「昭和記念公園に行くよ」との事で、
調べてみたら、片道2時間近く電車に乗るようだったので迷ったのですが、
昭和記念公園には行ったことがないし、頑張って行ってみようと「行きます」と返信。

東横線の武蔵小杉駅で南武線っていうのに乗り換えると、立川まで永遠と各駅停車でございまして、
立川で青梅線に乗り換え、路線図を見たら「もうちょっと行ったら奥多摩ですやん」という場所でした。



昭和記念公園


昭和記念公園
昭和記念公園の写真を見ると、この場所が定番のようでよく目にしていましたが、
あまりにも人が多いうえ、塩害のせいか葉っぱもだいぶ落ちてしまっていました。
撮影は α7RⅡ + シグマ24-105mm F4 DG HSM。



昭和記念公園
葉っぱが落ちてしまってる場合は、望遠レンズの圧縮効果でごまかすというのがいいのです。
撮影は α99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II

この日はα7RⅡ + シグマ24-105mm F4 DG HSM と α99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II の2システム。
カメラバッグも一番大きいの持ってきましたが、とにかく荷物は重たかったです。



昭和記念公園
あまりにも人が多くて、全体を撮ってもろくな写真にならないので諦め一部を切り取る作戦に変更しました。
α99Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM IIは、いつ使っても本当に素晴らしいと思いますな~。
AFは速いというより瞬間的に合う感じだし、出てくる絵のクリアさといったら関心します。



昭和記念公園


昭和記念公園
どこに行っても人が多いので、風景的な構図はどうしても人が入ってしまうのでNG。
こんな感じで切り取る撮り方をするしかないのだけど、
綺麗に紅葉した葉があると、撮ってみようという気分になるので楽しい撮影でした。



昭和記念公園
紅葉は日の当たらない場所を撮ってもコントラストが悪くて面白みに欠けますね。
光の当たり方を見て、コントラストの良い場所を狙うのがいいと思います。



昭和記念公園
上手に顔が隠れるように撮りました(笑)
これなら投稿するのに躊躇せずできますね。



昭和記念公園


昭和記念公園
日本庭園の方に来ました。



昭和記念公園
日本庭園の中には、真っ赤な紅葉がありましたが、
このすごい赤はカメラで撮ると色が飽和してしまってNGですね。
現像時に少し赤色を殺してしまえばいいのでしょうが、あえてダメな写真として掲載しておきます。



昭和記念公園
この日は風が冷たくて寒かったです。
天気予報では晴れでしたが、意外と雲が多くて青空という感じではなかったな。



昭和記念公園
池に浮いていた葉。



昭和記念公園
光の方向を模索しながら透過光を狙ってみます。

なんかこんな撮り方なら、別に昭和記念公園まで来なくてもよかったんでしょうな(笑)
でも、昭和記念公園には初めて来たし、こんな場所なんだというのが分かったので満足です。
家から遠いので、しょっちゅう来れる場所でもなさそうですが、
機会があったらまた訪れてみたいと思います。

この日、冒頭で書いたようにα7RⅡとα99Ⅱを持っていきました。
Eマウントだけを持って撮影に行く時にはあまり気にならなかったのですが、
α99Ⅱのファインダーがあまりにも素晴らしく、α7RⅡのファインダーを覗くのが嫌になったほどです。
撮影中「ファインダーの見え方が全然違うわ~」と、同伴していた女性2名にα99Ⅱを渡して見てもらうと、
覗いた瞬間「うわ~」と感動されたほどです。

う~ん・・・やっぱりAマウントちゃんと使おうかな~と思わされた昭和記念公園でした。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-28 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回からの続きです。

逗子海岸 流鏑馬
すっかり視界を塞がれてしまった状態になり、どうにもならなくなってしまいましたが、
何とかこの場所から撮れるネタはないものか?と思い、
しばらくファインダーを覗くのをやめて周囲を観察する事にしました。

すると・・・・



逗子海岸・流鏑馬
矢を放った後、止まるのに苦労している馬がいる事に気が付き、
これは意外と面白いのかもしれない・・・と思ったので撮ってみると、
脚の描写が意外と美しいようであります。



逗子海岸・流鏑馬
これなんて、この後に馬が転んだんじゃないかな?と思うような足の形。



逗子海岸・流鏑馬


逗子海岸・流鏑馬
流鏑馬の写真は何度も撮っていますが、馬の脚がこんなに美しいとは気が付きませんでした。
これも変な撮影場所にハマってしまったからなんですが、
矢を放つシーンはもう何度も撮ったし、今回はこれを撮ってみようという気になってきました。



逗子海岸・流鏑馬
馬の顔がのけぞっています。



逗子海岸・流鏑馬
勢い余って止まるのが大変そうな馬。



逗子海岸・流鏑馬
走り終えた後、馬をポンポンと叩く射手の方がいまして、
馬への愛情も深いんだなと思ったシーンであります。
これは見ていてほのぼのしました。


逗子海岸 流鏑馬
ちなみにこれは昨年撮った写真。
まあ、矢を放つシーンの方が迫力はあるし、流鏑馬といえばこういう写真なんでしょうけどね。

今回は場所取りに失敗したので、止まろうとしている馬を撮ってみました。
馬にも個性があって、速い馬もいれば遅い馬もいる事が分かった次第。
来年、また撮影に来るかどうかわかりませんが、次回は撮影場所は吟味しないといけません。



逗子海岸・流鏑馬


逗子海岸・流鏑馬


逗子海岸・流鏑馬
自分の敷いたシートの上に荷物を乗せていた男性は、流鏑馬が終わるとお礼を言って帰って行きましたが、
最後に馬が目の前を通る事を知っていたので、しばらく座って待っていました。
普通の人が撮らないこういうシーンが好きなんですよね。
激走した馬の皆さん!お疲れ様でした。後でニンジンもらえたんでしょうか?(笑)



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-26 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

流鏑馬の撮影はちょっと飽きてきた感があるのですが、
逗子海岸は家から近いし、天気もよかったのでちょっと行ってみようと出かけてみました。

昨年はα77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMII を持っていきましたが、
どうも写りに納得できないところがあって、今年は70-200mm F2.8 G SSM IIでいってみます。



逗子海岸 ヨット
逗子海岸は普段どおりの感じで、ウインドサーフィンのスクールもやってました。
風もあまりなく、穏やかな雰囲気。



逗子海岸
写真でそれを伝えるにはこんな感じだとわかりやすい(笑)



逗子海岸 流鏑馬会場
会場はすでに最前列は全部場所取りされていて、最前列より後方から撮ると前の人の頭が入ってしまいダメ。
後方で立って撮影するとロープが邪魔でそれもダメでした。
逗子の流鏑馬は、最前列を確保しないとメインの場所からは撮れない事が判明しました。
仕方ないので他の場所を探してみる事に。



逗子海岸 流鏑馬会場
ここは今まで撮った事のない角度で撮れそうだ! という事でここに決定。
望遠側が200mmしかないけど、ちょっとトリミングすれば何とかなるでしょう。

ここでブルーシートを敷いて荷物を置いて待っていたら、
隣にいた男の人が、重そうなバッグを持っていたので「よかったら荷物置いてください」と声をかけると、
「ああ、助かります」と言ってバッグを置いたのですが、
持ってたカメラがα6500だったので、しばらくカメラの話をしてました。



逗子海岸 流鏑馬
馬が走る前の余興が始まりました。
ここでAFなどをチェックしながら本番に望みます。



逗子海岸 流鏑馬
悪夢はここから始まりました。
さっきまでいなかったスタッフが配置されると「えっ!こんな所に立つんですかい?」
こんな所に立たれたら写真撮られへん!と言いたいのですが、
運営上決まってる事でしょうから、そんな事言えるわけもありません。
「しまった~えらい場所選んでもうた」



逗子海岸 流鏑馬
何とかスタッフの隙間から撮ってみるも、矢を放った後という何ともショボイ写真。
この場所は最悪や~。



逗子海岸 流鏑馬
悪夢は更に続き、走り終えた馬の待機場所が目の前(笑)
もう、馬のケツしか写らないという「馬の尻地獄」に落ちてしまいました。

場所を変えたいと思いましたが、もうどこも人だかりで撮影できる場所もないうえ、
敷いたシートに隣の人の荷物もあって「移動するので荷物どけてくれ」とも言いにくい・・・・
さて困った・・・まさにピンチである。

つづく



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-25 09:33 | 撮影記 | Comments(0)

イルミネーションの撮影はパッとしませんでしたが、
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalをバッグに忍ばせていたのでチェンジ!
これでまた例のクネクネを撮ってみようと思い、クイーンズスクエアの方に行ってみました。


YOKOHAMA METALLIC


YOKOHAMA METALLIC
人の往来が激しかったので、人が切れるのを待っても無理だと判断。
微妙に残像が残ったけど、まあこのくらいなら仕方ないでしょう。

ちなみにこのオブジェ、調べてみたら正式名称ってのがあったんですね。
「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」というらしいのですが、
もくもく湧く雲というイメージだとか。
https://hamarepo.com/story.php?story_id=1

さすがに10mmで撮るとパースが強烈で、
αcafeに投稿したら「こんな形でしたっけ?」みたいなコメントもらいました(笑)

e0341572_20360476.jpg

久しぶりに「人気のフォト」に入りましたが、こういうのがウケるんだよね。αcafeは・・・




いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-22 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

なぜかタイトルからキレてる感じですが、
別に誰かに「おっさんはイルミネーション撮るな!」とか言われたわけではありません(笑)
まだ11月ですが、横浜でイルミネーションが始まったので、
下見を兼ねてちょっと行ってみようとフラフラ出かけていきました。



横浜サンモールイルミネーション


横浜サンモールイルミネーション
ドヒャ~!  すごい人ざんす。
まあ、土曜日の夜に行った自分も悪いというか、考えれば想像できる事でしたけどね。
考えようによっては、人がいる方がイルミネーションぽいかもしれないです。



横浜サンモールイルミネーション
持ってきたレンズは、久しぶりの登場!135mm F2.8 [T4.5] STF。
このレンズ、本当に素晴らしいと思うのだけど、使い所が難しいので持ち出す事が少ないです。
イルミネーションといえばこのレンズを使いますが、135mmという焦点距離がなかなか難しい・・・。



横浜サンモールイルミネーション
とにかく人が多いので、人を入れないようにするのが難しいし、
人をちょっとだけ入れようとするのもまた難しい(笑)
橋の欄干の端っこの方に陣取って、立ち止まる人狙いで撮ってみた1枚。



横浜サンモールイルミネーション


横浜サンモールイルミネーション
長時間露光で撮れば、とりあえず人は写らないような気がするけど、
幽霊のような残像が残るので微妙です。写真としてはダメかなって思います。
むしろISO上げて、人をきちんと止めた方が写真としてはいいのかなって思いますね。
すぐ上の写真は人が写ってませんが、奇跡的に人が切れた瞬間を狙い撃ちしました。



横浜サンモールイルミネーション


横浜サンモールイルミネーション
本当は点光源にもっと接近して、綺麗な玉ボケにしたかったのですが、
この光源、一番低い所にあるのでさえ自分の頭の上くらいでして、
一番小さい三脚を持ってきてしまったものだから、そこまで届かないという失態!
手持ちだと届くのですが、長時間露光を手持ちでできるわけもありません。



横浜サンモールイルミネーション


横浜サンモールイルミネーション
135mmという焦点距離に翻弄され、構図を決めるのに四苦八苦。
思い通りに撮れないもんで、だんだんつまらなくなってきました(笑)



横浜サンモールイルミネーション
ようやく接近できる光源を見つけたので、それを入れて構図にしてみました。
かなり無理矢理作った感の強い構図ですいません。



SHAKE SHACK
イルミネーションを外して、ほんのりした照明のお店を撮ってみました。
135mm F2.8 [T4.5] STFは、こういう暖色系の色を撮ると綺麗に撮れますね。

イルミネーションは、αを買ってすぐくらいの頃はよく撮影したのですが、
ここ数年は「イルミネーションなんて撮ってもなぁ」みたいな感じだったので久しぶりです。
確かに自分で認めるしかないくらいうまく撮れない(笑)
女性が撮ると、イルミネーションはいい感じに撮るんですよね。

まあ、いい歳したおっさんが、イルミネーションでもないんでしょうが、
こういう苦手な撮影も、たまに挑戦してスキルを上げていきたいと思います。
また行く機会があれば、一番背の高い三脚持っていってリトライかな。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-20 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

撃沈の裕次郎灯台

本来11月は、空気もスカッとしていて天気が良い日が多いイメージなんですが、
今年の11月は天気の悪い日が多く、晴れているようでも雲が多いという日が多いと思います。
紅葉は台風の塩害の影響で、イチョウなんかは枯れ葉になってしまっている物もありますね。
鎌倉あたりは紅葉にはまだ早く、なかなか「これを撮りに行こう!」というものがありません。



2017/11/03 森戸海岸
そんなわけで昨年の写真を見てみると、森戸の裕次郎灯台の上に夕日が落ちる写真をみつけ、
同じような時期だったのでまた撮ってみようと出かけてみました。



海辺の猫
裕次郎灯台は画角いっぱいに撮ろうと思うと意外と遠いので、α77Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
いつもの駐車場のそばで猫をみつけたので試し打ち。
70-400mm F4-5.6 G SSMIIは重たくはないのだけど、体積が大きいから少し準備運動が必要なんです。



漁船
遠くにいた漁船を道路から360mmで撮影。
APS-C + 400mmはファインダー覗いてるだけで楽しいですね。
普段フルサイズを使う事が多いので、望遠側は弱いから新鮮。



カモメ
肉眼では鳥がいる事がようやく分かるような距離に浮いているブイ。
35mm換算600mmで撮っても、鳥はあまり大きく写せないほど遠いです。
600mm、35mm換算で900mmくらいあるといいんですけどね。



森戸夕景
森戸に到着しましたが、雲が多くて太陽が隠れてしまってます。
こりゃ~あまり期待できそうもありませんねぇ~という感じ。



裕次郎灯台


裕次郎灯台
下の方に雲が多いので、太陽が沈むにつれてダメなんじゃないかという雰囲気ありあり。
三脚にカメラ乗せて、スタンバイしながら撮影。



裕次郎灯台
あ~あ・・・こりゃダメだな(笑)



裕次郎灯台
夕日はどこに行ったやら・・・。

基本的にブログには、良く撮れた写真を載せたいと思うのですが、
たまにはこうして失敗した話を載せるのもアリかと思います。
だいたい写真というのは、このように努力が無駄になる時の方が多いのです。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-18 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

α7Ⅲのマウントがキツイ・・・から始まった横浜散歩ですが、
最終ラウンドは客船、セレブリティ・ミレニアムの撮影ということで大桟橋埠頭にやってきました。



セレブリティ・ミレニアム
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮影。



大桟橋埠頭
HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮影。

天気予報は晴れでしたが、雲が多くて微妙な感じ。
夕方になっても空が焼けるという感じでもなく、イマイチなんですよね~。



セレブリティ・ミレニアム
α7R + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical、絞り開放で撮ってますが凄まじい解像感!



セレブリティ・ミレニアム
α7RⅡ + シグマ24-105mm F4 DG HSM。
シグマ24-105mm F4 DG HSMも非常に良く写りますが、
家に帰ってから、LightroomでMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮った物と拡大して比べてみると、
「ん?シグマの方はピントが合ってないのか?」と思ってしまうほど違いました。



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
みんなが撮っていない構図で撮ろうと場所を移動。
ここは人が通るので、待っている時間も長かったけど何とか撮れました。
King、Queenの文字を入れるのに、三脚の高さ調整が微妙でした。

ここで撮っていたらエーデルさんから電話が来て、
船の後ろの方に移動してますから来てくださいと、強制集合が発令されましたので移動。



セレブリティ・ミレニアム
この船は意外と角ばっています。
ノッチ師匠は、船のお尻が大好きな尻フェチなので喜んでます。



みなとみらい
つい撮ってしまういつもの「みなとみらい夜景」です。
この夜景だけで今まで何枚撮ったのか?という構図ですが、
目の前にあると、つい撮ってしまうというみなとみらいマジック!



セレブリティ・ミレニアム
大さん橋から少し移動して、船のお尻を撮影していたら雨が降ってきました!
前回もここで撮ってたら雨が降ってきたんだよな~。
ノッチ師匠がいると雨が降ってくるので、よほど普段の行いが悪いんだと思いますわ(笑)



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
雨宿りするべくプロムナードの下に逃げ込みましたが、
雨が降ったせいで地面が濡れ、反射が美しかったのでチャンスとばかり撮影。

天気予報は晴れマークだけでしたが、このあたりだけピンポイントに雨が降ったみたいですね。
雨が降ったら急に気温が下がり寒くなったので、参加者はモチベーションが落ちてしまい、
「焼き鳥屋に行こう!」という事で夜の街に消えて行ったのであります。
めでたし、めでたし・・・・



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-16 18:00 | 撮影記 | Comments(0)

先日、横浜散歩と称して、αcafeメンバーの知り合い数名と集まったのですが、
久しぶりにお会いしたMさんが、新たにα7ⅢとSEL24-105 F4を購入したという事でお披露目でした。
久しぶりにお会いしたMさん、開口一番「ちょっと見てもらいたいんだけど・・・」とα7Ⅲのボディを出し、
何かと思えば、レンズの脱着の際に異様に固いというんです。
実際、Mさんがレンズを回してみると、その回し方や回り方を見るだけで固いとわかる程。

自分も手に取ってレンズを回してみましたが確かに固い。
しかし、固いといっても回るわけだし、男性の自分からしたら回すのが困難という程でもありません。
物づくりに関わる自分の見解からすると、精度が高いからではないか?と思う部分もあり、
ここまでキッチリしていれば、雨が降ったりしても、マウント部から水が侵入するという危険も少なそうです。

帰ってからネットで調べてみると・・・

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0001036274/SortID=21718637/

https://terahit.com/2018/03/24/ilce-7m3/

同じようにレンズの脱着が固いと思っている人はいるようですが、
着けられない、外れないという人はいないようなので、決定的に不具合というわけでもなさそうです。

・・・と、この事を調べていたら、サンセットスタジオのα7Ⅲに関する動画をみつけました。





マウントが固い件より、こっちの不具合の方が深刻な気がしますね。
どんな不具合かは、ダイスケさんの説明を聞いていただくのがいいと思います。

ダイスケさんはこの件について文句を言っているわけでもなく、
ソニーにケチつけているわけでもなく、現状を冷静に伝えてくれていると思いますし、
α7Ⅲのユーザーの事を考えて、情報を集めたいというコンセプトのようです。
話を聞く限りでは、ソニーのサポートもちょっと的を得ていない感じがしますしね。
(知っていてとぼけている可能性も否定できないかもしれないけど)

自分のような趣味でカメラをやっている人間はまだいいですが、
ダイスケさんのようなプロカメラマンには、機材の故障は深刻な問題だと思います。
最近、プロカメラマンがソニー機を使い始めたという話を聞くようになりましたが、
こういう問題を迅速に解決できないと、だんだん「やっぱソニーダメじゃん!」と言われるでしょうね。

幸か不幸か、自分はα7Ⅲは持っていないのですが、
デジタル物は、新しいものに飛びつくとこういうリスクがあるんです。
自分はα99Ⅱの初物に飛びつきましたけど、ジョイスティックの反応に問題がありましたからねぇ。

ダイスケさんの「サンセットスタジオ」は、好きでよく観ているんですが、
特にカメラ初心者には興味深い内容が多いと思いますし、ユーザー視点で親切だと思います。
α7Ⅲの不具合については、上の動画のコメント欄に情報を求めているようなので、
今後のα7Ⅲユーザーのためにも、ぜひ協力してあげていただきたいと思った次第であります。
自分の知り合いにもα7Ⅲを買ったばかりという人も多いので、なんとか解決してくれるといいんですが・・・



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-14 19:10 | Eマウントボディ | Comments(2)

冗談のつもりで買ったHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalですが、
やはり冗談なので、普段しょっちゅう使うという事もなく、防湿庫の肥やしになりつつあるんですが、
ごくたまに気まぐれで、なんとなくカメラバッグに入れてしまうという事があります。

この日もそんな感じで持ってきていたので、
たまには10mmの変態画角使ってみるかな~と、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalからチェンジ!



Yokohama Historic Car Day 7th
ドヒャ~!(笑)
久しぶりにファインダー覗いてぶったまげました。
本当変態画角だと思いますわ。効果的な使い方をするにはちょっとした知恵が必要だったりします。



Yokohama Historic Car Day 7th


Yokohama Historic Car Day 7th
このレンズを使う時は、水平をきちんと取ろうとか考えない方がいいようです。
とにかく写真の基本とか、常識をぶっとばした方が面白い写真が撮れるような気がします。



Yokohama Historic Car Day 7th


Yokohama Historic Car Day 7th



Yokohama Historic Car Day 7th
超広角レンズ全般に言える事ですが、
近いものはドーンと強調され、離れているものは更に遠く表現されるわけだから、
とにかく撮りたい物には寄れるだけ寄る!ってのがいいと思います。

一番下の写真なんて、ナンバーにぶつかるくらい寄ってるので、
そばにいた人からすれば「こいつナンバー撮ってるのか?」と思ったでしょうな。



Yokohama Historic Car Day 7th


Yokohama Historic Car Day 7th
ドアを開けて展示してあった車がありましたので撮ってみました。
まるで象の耳でございます。



Yokohama Historic Car Day 7th
視点を車のコックピットから撮ってみました。
かなり寄ってますが、ハンドルまで距離があるように見えます。
とにかくファインダーを覗いてみないと、どう見えるのか想像もつかない場合が多いです。
35mmや50mmだと、ファインダー覗く前からわかるんだけど、こればかりはどうもわからん。



Yokohama Historic Car Day 7th
うっかりすると、自分の少し後ろにいる物や人が入ってしまうことも・・・
右側におっさんの手が入ってしまいました(笑)
気がつくと、自分の指が写ってしまってる事もあるから恐ろしい。

前にエーデルさんにこのレンズを貸してあげたら酔ったらしく、
貸してあげましょうか?と言ったら「結構です」と言われました(笑)

このレンズは写真を撮るより、ファインダーを覗く方が楽しくて、
エスカレーターに乗りながらファインダー覗くと、
物凄いスピードで移動しているように見えてビビリますからお試しあれ!



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-13 19:00 | 撮影記 | Comments(0)