人気ブログランキング |

10月27日は、第49回湘南ひらつか観光風景写真コンクール表彰式の日でした。
今年で3回目の表彰式ですので、すっかり慣れた感じで新鮮さも薄れてきましたが、
3回目ともなると、親しみが湧いてくるというのもあります。


e0341572_18363043.jpg
表彰式は14:00からでしたが、湘南方面は車の渋滞が懸念されたので早めに家を出たところ、
予定よりかなり早く到着してしまったので、ひらつか市民プラザで写真の展示を見ることにしました。
ま、ブログのネタ集めというのが本心でございます(笑)



e0341572_18310134.jpg

e0341572_18310078.jpg
今年入選した写真が並んでおりました。
個人的には盛大な写真展より、こういうローカルな方が好きだったりします。


e0341572_18305947.jpg


e0341572_19334760.jpg



e0341572_18310056.jpg


e0341572_19345185.jpg
自分の写真は2つ入選したので、当然2つとも展示されておりました。



e0341572_18305811.jpg
意外だったのは「販売コーナー」
水色のだるまさんの斜め上に飾ってある1枚の写真、良く見ると自分の写真でした(笑)


e0341572_18362826.jpg

e0341572_18362995.jpg



湘南平の夜景
昨年のコンクールの入賞作品ですが、販売コーナーに何で置いてあるのかは不明なれど、
なんとなく嬉しいサプライズ!


e0341572_18363030.jpg



e0341572_18362755.jpg

表彰式の会場です。
昨年は近代的な建物だったのですが、この古い学校みたいな建物は一昨年と同じ場所。
個人的には、味のある校舎みたいなこの建物が好きなんですけどね。


e0341572_18362721.jpg

中に入るとローカルでシンプルな飾り付け(笑)
こういう手作りっぽくて、温かみのあるのが良いと思いますよ。
賞状を手渡ししているようなシーンは、個人が写ってしまうので撮りませんでしたけどね。

表彰式が終わった後、若い男性の方がこちらに近づいて来て声を掛けてくれました。
お話させていただくと、自分のブログを読んでくれているという事で何とも嬉しいお話です。
普段からブログのアクセス数はチェックしていて、意外と沢山の人が見てくれているんだなぁとは思っていましたが、
こうして実際に声を掛けていただくと、数字だけとは違い本当に嬉しいですね。
これからも頑張ってブログを更新しようというモチベーションになりました。
どうもありがとうございました。



いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-30 21:00 | フォトコンテスト | Comments(2)

3部に分けて投稿した西伊豆記もこれで最後になります。
ダイビングを終えた時間がかなり早かったため「すぐに帰れば渋滞を避けられるかも!」と思いましたが、
せっかく天気も良いし、ここは頑張って西伊豆で夕景を撮影しようと思いました。

伊豆半島を更に南下してしまうと、家がどんどん遠くなってしまうので、
北上しながら撮れる場所はないか?と考えたところ、戸田村に行ってみようと思いつき、
ひたすら海沿いを北上して行ったのであります。



戸田村 富士山
戸田村の御浜岬の駐車場にやってくると富士山ドーン!
早朝、富士山クッキリ見えていましたが、午後には見えなくなるだろうなと思ったのは取越苦労だったようです。
このまま夕方まで待てば、綺麗な夕景富士山撮れるだろうと期待。



戸田村 富士山
岬の先の方に行ってみると灯台がありました。
本当は長い焦点距離で後方から撮影し、空間を圧縮する方が富士山に迫力が出たんでしょうが、
地形的にそれはどうも撮れそうもなく、灯台の前から100mm程度で切り取り。



戸田村 富士山
灯台の下はゴロタと呼ばれる大きな石が沢山あります。
ここは潜ったら絶対に面白いはず!と思うのですが、残念ながら潜る事はできない場所です。



戸田村 富士山


戸田村 富士山
いくら富士山が綺麗に見えているといっても、ひたすら富士山だけ撮っても面白くないので、
船や人が来ると構図に入れるという形で撮影。

しばらくこの場所で撮影していましたが、夕方になっても富士山しか見えそうもないし、
もっと面白い構図はないか?という事で、車に乗って周囲を散策してみることに・・・・



戸田村 富士山


戸田村 富士山
車でちょっと移動してみたところ、良さそうな構図を見つけたのでここに決定!
三脚を出し70-400mm F4-5.6 G SSMIIをα99からα7Rに交換して撮影しました。

夕日が富士山の頭の方に当たっていい感じです。
αcafeに投稿したら「船が邪魔だと思う」という人がいまして、
自分は船が良い脇役だと思っていたので意外だったのですが、
人の感性というのはいろいろあるものだなと思いました。

この後、日没まで戸田村にいたのですが、帰りは渋滞もあり家まで5時間かかりました(笑)
西伊豆、やっぱり遠いなぁと思いましたが、またそのうち撮影に行きたいと思いますよ。



いつもポチっていただいてありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-28 21:00 | 撮影記 | Comments(2)

二十歳の頃から海に潜っている自分は、写真を始めたのも水中からという特殊な経歴を持っていますが、
当時は当然フィルムカメラであり、一番最初は写ルンですをハウジングに入れて撮影していました。
その後、ニコノスを使うようになり、デジカメが普及し始めるとデジタルに移行していきましたが、
当時使っていたカメラは200万画素、オリンパスのC-2っていうカメラだったっけな?

現在はRX100M3を使っていますが、当時の200万画素のカメラに比べると撮れる写真のクオリティは雲泥の差ですね。
本当にいい時代になったと思いますよ。 デジタル技術の進化は、水中写真にこそ革命をもたらしたと思います。



西伊豆 黄金崎ダイビング
う~ん・・・水の中は陸上のどんな場所よりも落ち着くなぁ(笑)




西伊豆 黄金崎ダイビング


西伊豆 黄金崎ダイビング


西伊豆 黄金崎ダイビング
RX100M3にマクロコンバージョンレンズをつけて撮影していますが、
それでももっと寄りたいと思います。
RX100は広角側だと結構寄れるんだけど、望遠側だとあまり寄れないのが難点。
5センチくらいまで寄れる被写体なら広角側で撮れるのだけど、
さすがに魚は5センチまで接近すると逃げてしまいますからね。




西伊豆 黄金崎ダイビング


西伊豆 黄金崎ダイビング
ソフトコーラルと呼んでいますが、要するに柔らかいサンゴです。
こういう被写体は逃げないので楽に撮影できますが、24mmよりもっと広角で撮りたいです。
ちなみにストロボはつけていないので、LEDライトを照射して撮影。
どんなに明るいLEDライトでも、ストロボの光には到底かなわないのですが、
上手に使えばLEDライトでも無いよりはマシ。




西伊豆 黄金崎ダイビング
ハタタテダイは中層でチョロチョロするので、なかなか目にピントが合わずに苦労しました。
こういう撮影を考慮すると、RX100はM3じゃなくてM5が有利なんだろうなぁ。



西伊豆 黄金崎ダイビング
アオリイカ。
イカは目がいいので、近づくのが難しい生物です。
70mmで寄れるところまで寄って、トリミングしてみました。



西伊豆 黄金崎ダイビング
クマノミは例年だと沢山見かけたのですが、この時はこれしか見なかったなぁ。
まだまだ水温は高いので元気でしたけど、冬になったらどうなることやら。



西伊豆 黄金崎ダイビング
ムラサキハナギンチャク
こういう動かない被写体が一番撮るの楽でいいです(笑)
しかも結構綺麗だと思うしね。




西伊豆 黄金崎ダイビング
水中で唯一すれ違った集団。
何か見ていたようなので、何かいたのかな?と後から行ってみたけどわからんかった。



西伊豆 黄金崎ダイビング
さて問題です。
この写真には魚が写っていますが、その魚がどれかわかりますでしょうか?
一見、ゴミしか写ってないじゃん!と思うかもしれませんが、
ちゃんと目にピントが来てるんだな。これが。



西伊豆 黄金崎ダイビング
唐揚げにすると美味しいカサゴちゃん!
Instagramに投稿したら、みけさんが「背鰭に毒があるから気をつけてくださいね」とコメントくれました。
きっとダイビング関係の知り合いが見たら、大笑いしていると思います(笑)



西伊豆 黄金崎ダイビング
そんなわけでダイビング2本分の写真をまとめて投稿させていただきました。

普段、ダイビング・ログをつけないので、ここに記載しておきたいと思います。

ダイビング1本目
潜水日 2018/10/21
気温 20度   水温 23度
潜水開始 9:22  浮上開始 10:14  潜水時間 52分
深度最大  21.1m   深度平均  12.6m


ダイビング2本目
潜水日 2018/10/21
気温 23度   水温 23度
潜水開始 11:41  浮上開始 12:40  潜水時間 59分
深度最大  15.8m   深度平均  9.6m


お客さんを連れて入る時は、だいたい1回の潜水時間は40分くらいなんですが、
単独で入ると長いっすな(笑)
まあ、水の中も暖かかったしね。



いつもポチっていただいてありがとうございます!

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-26 20:00 | 水中写真 | Comments(0)

10月21日は珍しいと言っていいくらいの快晴で、調べてみたら西伊豆の海況が良いようなので、
久しぶりに水中写真を撮りに行ってみようと計画しました。
当日は朝4時に起床、5時に家を出て一路西伊豆黄金崎を目指します。



西湘バイパス 国府津パーキングから見た朝日
家を出た時は暗かった空も、西湘バイパスの国府津パーキングまでやってくると朝日が登ってきました。
写真だけ見ると、朝日も夕日も区別がつきませんが・・・。


たまに朝日の写真をαcafeに投稿し、タイトルを「湘南で見た朝日」とかにしても、
コメントに「素敵な夕日ですね」と書いてくる素っ頓狂な人がいますけどね(笑)



西湘バイパス 国府津パーキングの早朝
朝と夕方の違いは、空気の澄み具合でしょうな。
朝は空気が綺麗で張り詰めた感じがするので、夕方よりパキッとした写真になるような気がします。



西伊豆 土肥から見た富士山
熱海から山を越えて、伊豆半島の西側「土肥」までやってくると、
富士山がこれ以上はないというくらいクッキリと見えておりました。
一人で行動していると、ここで写真を撮りたい!と思ったら車を停めて、
好きなように撮影ができるのがいいですね。



西伊豆 黄金崎から見た富士山


西伊豆 黄金崎から見た富士山
目的地の黄金崎に到着しましたが、富士山があまりにもよく見えるので、これを撮ってから潜ろうと思いました。
長年ダイビングをやってきて、何度もこの場所には来ていますが、
ここまでクッキリと富士山が見えた日はそうありません。



黄金崎ビーチ
富士山は綺麗に見えますが、この日は潜りに来たので富士山ばかり撮ってもいられません。
海の方にやってきましたが、この日はちょっと波があったかな。



黄金崎ビーチ
天気の良い日曜日だというのに、ダイバーはそれほど沢山いませんでした。
前日の土曜日は結構いたらしいんですけどね。

自分が若い頃、ダイビングはブームだったのでダイバー人口はそこそこ多くて、
伊豆半島のダイビングポイントは賑わっていたものです。
今、ダイビングは一部の海好きしかやってない感じですからねぇ。
若い人は「海はベタベタするから嫌だ」と言って、海に行きたがらないらしいし・・・・



黄金崎ビーチ


黄金崎ビーチ


黄金崎ビーチ
それでも海に憧れる若い人はいるもので、この日は若い人が数名、インストラクターの講習を受けていました。
海に関われる人生は、きっと素晴らしいものになるでしょう!と、無言のエールを送っておきました。



マイギア
自分の器材の写真を撮っておきました。
この日は新しい器材を購入し、初めて海で使うので記念です。
しかし、このBCDはダイビング人生でいくつ目かな? 今後10年は使わないと・・・・



黄金崎ビーチ 器材干し場


黄金崎ビーチ タンク
α99 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII と α7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM を持参したので、
周囲をウロウロしながらスナップしてみました。

この日の撮影は早朝の朝日から、夕景の富士山、水中写真までかなりあるので3部に分けて投稿したいと思います。




いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-24 19:05 | 撮影記 | Comments(0)

10月20日は「ふじさわ江ノ島花火大会」が開催される日で、10月に花火大会?と思う方もいると思いますが、
夏の花火のように暑い中出かけていく必要もなく、空気も夏より澄んでいるので、
考えてみると、花火を観るのには10月が一番良いのかもしれません。

この「ふじさわ江ノ島花火大会」は、江ノ島周辺に物凄い人が集まる事で有名なので、
現地にはあまり近寄りたくないという理由から、定番の森戸あたりから望遠レンズで撮るというのが得策で、
今回もまた70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持って森戸から撮影することにしました。



波打ち際で遊ぶ子供


波打ち際で遊ぶ子供
花火は18:00から打ち上げ開始ですが、どうせ森戸に行くなら早めに行って撮影しようと現地入り。
天気は良い方でしたが、さすがに10月後半ともなると海岸にはあまり人がいません。
ただ、海の水は一年を通して一番水温が高い時期なので、海に入って遊ぶ子供もいました。



葉山の猫
人もあまりいない海岸はネタがなさそうなので、葉山マリーナの方に行ってみると猫発見!
なんか目つきの悪い奴だな・・・・



葉山の猫
体は斜めを向いているのに、目はこっちを見ているという悩ましいポーズ。
これはポートレートのモデルのようだ!と思いました。
猫ポトレと名付けましょう。



葉山の猫
更に歩いていくと違う猫発見!



葉山の猫
正面から撮ってみました。
塀の上にいたので、塀が前ボケになった形です。
しかし、ふてぶてしいのか、人に慣れているのか逃げる様子が全くありません。



葉山の猫
あ、あくびした(笑)
この写真をαcafeに投稿したところ、顎が外れそうだというコメントが多数。
確かに口の開き方が尋常ではありません。



葉山の猫
しばらくすると、また違う猫に遭遇。
普段、猫に会うって少ないのですが、今日は猫の日か?と思うほどです。



森戸の空
だんだん暗くなってきたので、花火を撮影する場所に移動して準備をしましょう。



藤沢花火打ち上げ前構図チェック
しばらく車の中で待機し、あと20分くらいで打ち上げ!という時間にカメラのセッティング!
手前の鳥居と花火を一緒に撮ろうと思い、構図チェックを兼ねて撮影したのがこれ。

と、

ところが!

打ち上げまであと2分という時、突然強風が吹いてきたのであります。
そして空には雷が光り始め、状況は文字通り一変しました。
長らく海に関わってきた経験で「これは土砂降りがくる!」と思ったので、
花火が打ち上がったのと同時くらいにカメラ、三脚を片付けて車に戻りました。

す、
すると次の瞬間!

ザー!と土砂降りです!まさに間一髪!
撮影場所には多くのカメラマンがいましたから、彼らは雨にやられたと思います。

しかし何というタイミングでしょう。
とうとう花火の写真は1枚も撮れず撤収しました。
まあ、カメラとレンズは助かったけど、こんな事もあるのかと思った体験でございました。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-22 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

この日は、前日の予報が一日雨という事だったので、
たまにはのんびり映画でも観て過ごすかな~と、すっかりマッタリモードに入っていたのですが、
蓋を開けてみれば天気予報は大外れで、太陽が顔を出して意外といい天気になってしまったのであります。
そうなると「撮影に行かな!」と、無言のプレッシャーがかかるので仕方なく森戸海岸にまた行ってきました。



森戸海岸 20181014
駐車場に車を停めていつものように歩いていると、
手前の岩の上に、人が3人上陸しているのが見えまして「何やってんだろう?」と思い撮影。
今日はこの後、この人達が何で岩の上に居たのか分かることになります。



森戸海岸 20181014


森戸海岸 20181014
天気予報は外れたけど、空に雲は多いし特に何がどうという事もない森戸海岸。
だんだん秋が深まってくるにつれ、人も少なくなってくる法則。



森戸海岸 20181014
夕方、青い空と夕焼けが混在する時間帯が一番綺麗ですね。
普段、望遠系のレンズしか持ってこないのに、この日はなぜか標準ズームを持っていこうという気になり、
レンズ交換して撮影してみたら、標準ズームは意外と海で使いやすいことを知りました。



森戸海岸 20181014


森戸海岸 20181014
人も船もあまりいないので、構図が決まらずシャッターもあまり押せませんでした。



真名瀬バス停
日没後、駐車場に戻る途中で真名瀬バス停を撮っていたら、
地元の人が近づいてきて「今日は花火を打ち上げるから観て行ってよ」と声を掛けられました。
なるほど!昼間岩の上にいた人達は、この花火の準備をしていたわけです。
そういう事なら少し待って、花火撮影をしてから帰ろうと待機。

不思議なのは、いつもボディに望遠レンズをくっつけて、それだけしか持ってこないのに、
この日はなぜか標準ズームも持ってきたし、偶然にもバッグにレリーズが入れっぱなしになっていました(笑)
これだけあれば花火撮影はできますから問題ないっす。



真名瀬花火


真名瀬花火


真名瀬花火
花火撮影にバス停を入れたいと構図を考えたのですが、
周囲に電線や街灯があって、写真的にあまりよくなかったので断念。
仕方なく海に向かってそのまま撮りましたが、とにかく背景が暗いっすな。

さすが地元の花火で、20秒から30秒に一発上がる感じなので、
3分くらい露光しないと、まとまった花火の写真になりません(笑)
それでもまあ、今日はサプライズがあったので、ちょっと良いことがあったなぁと思うべきでしょうな。



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-20 10:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿、山手西洋館からの続きです。

最近はめっきり日が短くなって、油断するとあっという間に薄暗くなってしまいますわな。
山手から港の見える丘公園を抜け、山下公園にやって来るとイベントをやっていました。
それはインドのお祭り「ディワリ」というやつですが、毎年山下公園でやっているので初めてではありません。
以前、STFレンズしか持っていない時に、このお祭りを撮影してダンサーをMFで追いかける大変な思いをした記憶があります。



ディワリ・イン・ヨコハマ
この日は24-70mm F2.8 ZA SSMと、100マクロしか持っていなかったので、
焦点距離の長い100マクロに付け替えましたが、それでもこの距離で少し足りない感じ。
この手のイベント撮るなら70-200mmが最適な選択ですね。
まあ、持ってきていないのだから仕方ない。



ディワリ・イン・ヨコハマ
端っこの方で撮影会みたいなのやっていたので便乗。
インドのお祭りなので、インドの女性もいたようですが、中には日本の女性もいたような・・・



ディワリ・イン・ヨコハマ
踊り子さん達も、だんだんテンションが上ってきたのか陽気になりました(笑)
やはり構えていない笑顔ってのはいいものです。



セレブリティ・ミレニアム
すっかり暗くなってしまいましたが、大桟橋埠頭の方に移動してきました。
100マクロを付けたままだったので、客船セレブリティ・ミレニアムを撮影しましたがデカイなぁ。
この船は毎度思うのですが、正面に照明がないので前から見ると暗いんだよね。



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
レンズをVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMに付け替えて撮影です。



セレブリティ・ミレニアム


セレブリティ・ミレニアム
ノッチ師匠いわく、この船は前が暗いのでお尻の方が良いと言っておりました。
さすが尻フェチのおっさんです。女性も船も尻ばかり追いかけています(笑)



セレブリティ・ミレニアム
ゆりやんに「あの X を撮っておいて!」と命令されたので「はい」と言って撮影。
この日は風が強く、気温が低かったのでとにかく寒かった。



セレブリティ・ミレニアム
少し移動して、象の鼻パークから撮影していたら雨が降ってきました。
これもノッチ師匠の普段の行いの悪さのせいだと確信しています。
同行していた女性たちも、寒いし腹減ったから食事に行こうと言い出しました。
そんなわけでここで撮影終了!

今回はα7Ⅱを使いましたけど、家に帰って撮った写真を見たらやはり甘い!
普段、7Rやα7RⅡで撮ってる写真と比べると、やはり客船のような撮影は解像感が微妙です。
後日、同行した人が撮ったα7RⅢ + 24-70mm F2.8 GMで撮った写真をαcafeで見ましたけど解像感はかなり違いますね。

やっぱりレンズかなぁ~。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMはもう設計も古いし、写りも今となっては微妙だと思いますよ。
今回のこの撮影において、24-70mmF2.8GMはいいな~と思う部分もあるのですが、
あの重さと大きさはちょっとなぁというのもあり、タムロンの28-75mmも気になります。

でも、今更そこそこの標準ズーム買ってもつまらない気もしますしねぇ。




いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-17 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

13日の土曜日は、ノッチ師匠と数名のα仲間と客船、セレブリティ・ミレニアムを撮影することになり、
早めに集合して、山手西洋館から大さん橋までフォトウォークです。
この日は特に西洋館でテーブル装飾があるとか、イベントがあるわけでもなかったので、
そんな何もない西洋館は、いったいそんな雰囲気なのか? かえって興味があったりして・・・・



山手西洋館スナップ
この日は相当歩く事が予想されたので、重たい機材は嫌だな~と思いまして、
持ってきたのがボディα7Ⅱ、レンズは 24-70mm F2.8 ZA SSMと100マクロの2本だけ。
西洋館は意外と中が暗いので、F4スタートのレンズだとちょっとキツイのです。



山手西洋館スナップ
西洋館での撮影といえば、小物を撮るようなカテゴリーになると思うのですが、
まあ、こういうのは女性の方が圧倒的にうまかったりするわけです。
それでもおっさんの感性で撮るしかなく、とにかく頑張って撮ってみましょう。



山手西洋館スナップ
なんだかんだ言っても、ズームレンズって便利だな~と思いました。
24mmって単焦点では風景を撮るくらいの認識しかないのだけど、
こうして狭い空間に入ると24mmが使えるのはいいですね。



山手西洋館スナップ
自分、ここの階段大好きなんですよね(笑)
いつもいろんな角度から撮ってみるんだけど、未だにベストショットがありません。
階段が反射している部分のコントラストが美しいと思います。



山手西洋館スナップ
誰か人が来てくれるといいんだけどな~と待っていたら、
一緒に行っていたYちゃんが降りて行ってくれたので激写!(笑)



山手西洋館スナップ
ここのコントラストはいつ見てもいいですね。
あまり天気が良すぎると、コントラストが強くなってイマイチなんですが、
この日は曇っていたから、光も柔らかい感じでよかった~。



山手西洋館スナップ


山手西洋館スナップ
標準ズームに銘玉なし!と言われるように、標準ズームにはあまり期待していないのですが、
近接の被写体だと意外といい感じかもしれません。
でも、こういう構図だと、F1.4の開放を使いたくなりますね。



山手西洋館スナップ


山手西洋館スナップ
定番のタイプライター。
昔は闇雲に撮っていたけど、さすがに今は光を読んでから撮ろうという余裕があります。
まあ、誰が撮っても似たような角度、写真になるんだけどね(笑)



山手西洋館スナップ
縦構図にして照明まで入れてみました。
窓の外を白飛びさせないように、アンダー気味で撮影してライトルームで調整です。



山手西洋館スナップ
バスルーム
明るくて爽やかな空間です。うまく表現できたかなぁ?
こういうのを
三小田姉さまが撮ると、神がかり的にすごい写真になるから不思議。
まあ、あの方の写真は、ある意味魔法ですから。



えの木てい
西洋館じゃないけど、ここはお茶するところ「えの木てい」

西洋館でゆっくり撮りすぎて、だんだん時間が押してきたので山下公園の方に移動です。
山下公園ではインドのお祭り「ディワリ・イン・ヨコハマ」をやっていますから、
それも少し見てみたいですし、ここのところ日没も早いですからね。

というわけで、客船の撮影は次の投稿で。




いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-15 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

今回の投稿は珍しく葉山の一色海岸です。
一色海岸といっても、イマイチよくわからない方もいるかと思いますが、
葉山御用邸のすぐ裏側にある海岸でして、たまに皇族の方々がお散歩しているシーンがニュースで流れる事があります。

そんな場所なので、周囲には警察官が警備、見回りをしており、
カメラを御用邸や警察官の方に向けたりしたら、おそらく注意されると思うので、
撮影は確実に海の方にしておくのが無難でしょう。



葉山・一色海岸
少し高くなっている場所から、一色海岸を撮るとこんな感じ。
一般の人も普通にいる海岸ですが、むしろおまわりさんがいるので安心度も高いのかも。



葉山・一色海岸
持ってきたのはα77Ⅱ + SP 70-200mm F/2.8 Di USD です。
特に何を撮るでもなく、とりあえず久しぶりに行ってみようという気まぐれです。



葉山・一色海岸


葉山・一色海岸
目の前を沢山の子供たちが駆け抜けて行った後、周囲は足跡だらけになったのが面白くて撮影。
2枚目は何か人間の足じゃないみたいだな・・・(笑)



葉山・一色海岸
奥の方まで行くと橋があるのですが、久しぶりに来たら老朽化のせいか、
欄干が危ないみたいで端っこにコーンが立ててありました。
橋の本体は大丈夫みたいだったので渡ることは可能でした。



葉山・一色海岸


葉山・一色海岸
ここには芝生のエリアがあるので、家族連れなんかはここでマッタリしに来るようです。
この日はどんよりした空だったけど、空が焼けた日はいい写真が撮れそうな予感!



葉山・一色海岸
テニスボールを投げて、犬がくわえて戻ってくる遊びをしていたので、
AF-Cで追ってみましたけど、意外と犬は速かったにもかかわらずちゃんと追えました。
ピントも犬の顔にちゃんと来てるし。



葉山・一色海岸


葉山・一色海岸
森戸海岸は浜の雰囲気が明るくて、何となく活気があるのだけど、
一色海岸は大人しいというか、静かというか雰囲気が全然違いました。
人もあまりいないってのもあるのでしょうが、何となく怖いというか、
第六感に触る感じがする場所です。



葉山・一色海岸
ほんの少しだけ太陽が顔を出しました。
この日は空もイマイチだし、良い写真が撮れそうな感じでもないので早々に撤収。
久しぶりに一色海岸にやってきましたが、特に何がどうとうわけでもなかったですね。

カメラ持ったまま手持ち無沙汰だったけど、距離だけは歩いたから良い運動にはなりましたよ(笑)



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-13 18:00 | 撮影記 | Comments(0)

原宿や渋谷に久しぶりに行きましたが、いや~あの人混みはどうも慣れそうもありません。
都会の独特な雰囲気は、写真撮るには面白いんですがね。
そんなわけで、自分には都会より湘南の方が性に合ってると思うし、
海に行くだけで気分的にも落ち着くので、またしても海の撮影に行ってリフレッシュです。



湘南・七里ヶ浜
森戸海岸ばかりではブログ的にも面白くないと思いまして、今回は湘南の七里ヶ浜です。
ここの駐車場は海岸線に沿って長いので、端から端まで歩くと結構写真撮れます。
この日はα99 + 70-400mm F4-5.6 G SSMII を持ち出してみました。



湘南・七里ヶ浜
ピントは中央にいる外国のおじさん。
手前の自転車は、あえて前ボケに入れてみました。
焦点距離の長いレンズを持つと、後方から狙い撃ちできるので射撃のようで楽しいっす(笑)



湘南・七里ヶ浜


湘南・七里ヶ浜
七里ヶ浜は江ノ電の駅がすぐ近くなので、観光客から地元の人まで様々。
週末は憩いの場になっておりますが、人間模様がよく現れる場所でもあります。



湘南・七里ヶ浜
江ノ島は目の前なのでよく見えますが、視界があまり良い日ではありませんでした。
この70-400mm F4-5.6 G SSMIIは、撮影条件によってコントラストが著しく落ちる事があります。
でも、海のキラキラを入れたかったので仕方ない。



湘南・七里ヶ浜
波打ち際で女の子がはしゃいでいました。
台風が通過した後でしたからね。波が結構高いし飛沫も飛んでました。
おかげでカメラもレンズもベタベタでございます。



湘南・七里ヶ浜


湘南・七里ヶ浜
久しぶりに光のシャワー! 通称「天使の梯子」を見る事ができました。
もう少し広い画角で撮りたかったけど、広角端が70mmだからしょーがない。
車の中に24-70mmのレンズがあったのだけど、交換しているうちに消えてしまうかもしれないと思いレンズ交換は断念。

七里ヶ浜で1時間くらい撮影した後は、ゆりやんに「これから行きます」と連絡し、
茅ヶ崎に撮影場所を変えようと移動です。



茅ヶ崎ヘッドランド
途中、江ノ島のあたりで渋滞があったので、茅ヶ崎に着いた頃は薄暗くなってました。
さすがに焦点距離400mm シャッタースピード 1/25だと微妙にブレますわな(笑)



茅ヶ崎ヘッドランド


茅ヶ崎ヘッドランド
三脚持ってきてなかったし、暗いレンズなので気持ちの中では終了モード。
雲が多くて富士山も見えないし、空もきれいというわけでもなく・・・・



茅ヶ崎ヘッドランドお祭り


茅ヶ崎ヘッドランドお祭り
近くでイベントをやっていて、人が沢山集まっていたので行ってみました。
茅ヶ崎は土地柄なのか、陽気な人が沢山いる印象があります。
音楽とサーフィンの茅ヶ崎って感じかな。

もう暗かったので、ゆりやんもあまり写真は撮ってなかったけど、
家に帰ってからゆりやんからメールが来て、開いて読んでみたところ、
「今日のあの事をブログに書いたら許さないからね」という脅迫状でした。

ブログを読んでくれている方には、あの事ってのが何か気になると思いますが、
既に脅迫されているので、ここに書くことはできません(笑)



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-10-11 19:00 | 撮影記 | Comments(0)