人気ブログランキング |


先日、撮影に行った帰り道、お腹がすいたのでラーメンでも食べて帰ろうと思いラーメン屋に寄りました。
寄ったラーメン屋は20代の頃からの常連なので、通算何杯食べたかわからないくらいの馴染みの店です。

店に入って食券を買い、ラーメンができるのをカウンターに座って待っていると、
さっきラーメン屋から出て行った男の人が戻ってきて、
「車で来てる人いますか? 警察来てますよ」 と言うので、ヤバイと思い走って車に戻ったところ、
すでにフロントガラスに素敵なステッカーが貼ってあり、警察官が自分の車のナンバーをデジカメで撮影している最中。

長い人生経験、もうこの段階でアウトなのは百も承知でしたが、
「あの、車停めてからまだ5分くらいなんだけど」と言うと、
「ええ、5分くらい待ちましたが戻って来なかったもんで」とあっさり。
ここで悪態ついたり、言い訳しても絶対に許してもらえるわけもないし、面倒くさかったので、
「食事中なんだけど、食事してから動かせばいいかな?」と言うと、 
それは許してもらえたのでラーメン屋に戻りましたが、
何ともツイてない状況に、ラーメンの味などわかるはずもなく・・・(笑)

ちなみに、そのラーメン屋は大きな道路沿いにありますが専用の駐車場がないため、
客は道路の脇に車を停めて店に入ってきますが、車を停めても片側一車線を潰してしまうという事もなく、
一車線が広いので、特に車の通行に邪魔で差し障るという事も物理的にはないように思えます。
(ルールからいえば、停めてはいけないのだろうけど)

20年以上このラーメン屋に車で来ていますが、
駐禁を取り締まっているところを目撃した事もないし、地域の人から聞いた事もありません。
それはおそらく周囲には飲食店はもちろん、いろんなお店があるので、
きっとここで駐禁を取り締まると、商売に差し支えるという事で警察も目をつぶってるんだろう・・と勝手に思ってたんですけど、
そんな風に考えていた自分が甘かったと思うしかないですな。

普段、いろんな場所に撮影のために車で行く自分ですが、必ず駐車場に車を停めているし、
パーキングチケットが必要な所では、お金を払ってチケットを出していますが、
このラーメン屋に行く時だけは、長年の経験で前の道に停めてしまってたからなぁ。

ちなみに車のフロントガラスに貼られた素敵なステッカーはこれ。

自分の車に貼り付けてあったのを剥がしてスキャンしました(笑)
e0341572_21262642.jpg

本来、放置車両という事で、運転手が見当たらない車に貼り付けられるものですが、
このステッカーを貼られた時にどうすればいいのか調べてみました。

このステッカーを貼った警察は、運転手が誰だかわからないので、後ほど車の所有者に書類を送ってきます。
中には反則金を払いなさいと、バーコードのついた振込用紙が入っています。
反則金を払えばそこで終わりになり、運転手が誰だかわからないので免許の点数には何のペナルティもありません。

が、しかし!

正直にステッカーを持って交番に行き「あの~こんなの貼ってあったんですけど」と言うと、
あんたが運転手か?と聞かれ、免許のペナルティ + 反則金 というコラボを食らってしまうようです。

まさに! 正直者が馬鹿をみる! システム!

それがわかったので、何もせず放置していましたが、
10日くらい経ったら、やはり書類を送ってきて反則金15000円!!
しかしまあ、高いラーメン食ったもんだ。



皆さんも駐禁には注意しましょう!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-31 17:00 | その他 | Comments(2)

8月25日は地元の花火大会「金沢まつり」が開催されました。
前日にまたエーデルさんからメールがきまして「金沢まつりどーすんだ?」と聞かれましたが、
今年は野島展望台から撮ろうかと考えていたので、別行動で行こうかと悩んだのですが、
せっかくだからエーデルさんと撮ろうと、八景島から撮る事にしました。
エーデルさんが「なぽれおんさん」を誘ってくれたので、総勢3名の撮影隊です。



第44回 金沢まつり花火大会 花火打ち上げ前
八景島にした本当の理由は、野島展望台は三脚を置くスペースがほとんどなく、
かなり早い時間に行って場所を取らないといけないという難関があったからなんですが、
この息をするのも困難なほど暑い中、三脚の前で長々と待つのが嫌だったんです(笑)

八景島は意外と穴場で、人もあまりいないのでゆっくり集合。
日没の写真を撮りながら、花火開始を待つのでありました。



第44回 金沢まつり花火大会 花火打ち上げ前
日没直後、空が綺麗だなぁ~と、暇つぶしの撮影をしていたら・・・・


第44回 金沢まつり花火大会 花火打ち上げ前
何故か空がこんな事に!
この現象は、何がどうなるとこうなるんでしょうね?



第44回 金沢まつり花火大会 花火打ち上げ前
ジェットコースターの後ろには、富士山のシルエットが地味に見えていました。

この日は前日まで台風の影響が残っていたので、ここに来ても風が強くて花火はどうなんだろう?という感じ。
カメラの固定が不安だったので、持っている中で一番大きな三脚を持参しました。



第44回 金沢まつり花火大会 
19:00に花火スタート!
思っていたより花火が右側に上がり、構図をチマチマいじって変更。
1時間打ち上がる花火ですから、慌てる事もありません。ゆっくりやりましょう。



第44回 金沢まつり花火大会
最近、打ち上がるとキャラクターの顔になったり、メガネになったりするアート花火がありますが、
それについては、観る分には面白く撮るとつまらないというのが定番のようです。
その手の花火が上がった時は、シャッターは切らないで自分の目で楽しむようにしています。



第44回 金沢まつり花火大会


第44回 金沢まつり花火大会


第44回 金沢まつり花火大会


第44回 金沢まつり花火大会
この日の撮影は α7R + シグマ24-105mm F4 DG HSMでした。
意外と距離があるような気がしたので、70-200mmを持ってきた方がいいだろうか?と思いましたが、
現場に来てみれば、そんな距離感じゃ全然なかったですね(笑)
ほとんど24mmから35mmあたりで撮っていたと思います。



いつもポチっていただいてどーもです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-29 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

外国の人は、写真を撮る時にピントを合わせる作業がとても楽しいらしく、
そんな楽しい事をAFで機械任せにしたら勿体無いと言い、MFで写真を撮るのが至高なのだと聞いた事がありますが、
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを使うようになってから、その意味が分かる気がします。

お盆の後の数日間は、風が北向きで湿度も気温も低く快適だったので、

(ここ数日は殺人的に暑いけど)
鎌倉にスナップに行くなら今だ!と、α7ⅡにMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalをつけて出陣です。



鎌倉スナップ
比較的涼しいといっても、日差しは夏なのでやはり強烈でした。
鎌倉駅で下車し、そのまま長谷寺まで歩いて行く事にしました。
紫陽花、紅葉シーズンは、混雑していて行く気がしませんが、夏なら空いているだろうという読みで・・・



鎌倉スナップ 長谷寺
この像のテカリ具合が良く、コントラストが良かったので撮ってみました。
α7Ⅱはα7RⅡと比べると、ファインダーの視野率が低いので微妙に窮屈ですが、
EVFの見え方は、MFでピントを合わせるには十分です。



鎌倉スナップ 長谷寺


鎌倉スナップ 長谷寺
α7ⅡにMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを装着して撮った写真を見て、
やはり写真はボディよりもレンズだ!と確信に近いものを感じました。
ここに貼り付けた写真からは、おそらく伝わらない解像感だとは思うのですが、
オリジナルの写真を4Kモニターで見ると、本当に素晴らしい解像感!



鎌倉スナップ 長谷寺からの風景
長谷寺の上の方に行ったら海が見えたので、F8まで絞って撮影。
F8まで絞ると全域でパキィと写りますな~。風景撮るにも良さそう。



鎌倉スナップ 長谷寺


鎌倉スナップ 長谷寺
このレンズは非常に素晴らしいと思うのだけど、
何を撮っても絵になるという奢りがあって、人間の方がレンズに頼ってしまうのが良くないですね。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを使う時に同じような感覚になるのだけど、
魔力のような写りをするレンズって、きっとそういう罠があると思うのです。



鎌倉スナップ 
木の上の方にセミの抜け殻があったのですが、何しろ木の上の方なので遠く、
65mmでとりあえず撮って、トリミングしてみましたがビックリ!
ターゲットがあまりにも小さくて、ここまでトリミングしたら147万画素ですよ(笑)

e0341572_20344935.jpg

イメージとしたらこんな感じです。
4200万画素からのトリミングなら、そこそこいけたと思いますが、
2400万画素からのトリミングですからねぇ。
それでもここまで解像しているのにはビックリ!



鎌倉スナップ 由比ヶ浜
歩いて由比ヶ浜までやってきました。



鎌倉スナップ 由比ヶ浜


鎌倉スナップ 由比ヶ浜
混雑している砂浜で、広い空間を演出するような撮影は難しいっすな。
人が入らないように画角を調整して、そこに入れたい人や物だけ入れる。
きっとフォトヨドバシを担当しているカメラマンさんも苦労しているに違いない。



鎌倉スナップ 由比ヶ浜


鎌倉スナップ 由比ヶ浜
すぐ脇には漁師小屋があって、漁をする道具が沢山置いてあるので、
それらをどう撮ったら官能的か?と、自分にテーマを与えて撮影してみました。
こういう物撮りは難しいと思いますわ。絞り開放で撮ればいいってわけでもありませんしね。
モノクロで撮ってもよかったかもしれません。



鎌倉スナップ 江ノ電鎌倉駅
だんだん空が白くなってきたので撤収。
江ノ電に乗って鎌倉駅まで戻りました。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを使うために買ったα7Ⅱ正解でした。
MFですから、瞳AFも動体追尾も関係なく、それらが優秀と言われるα7Ⅲは必要なし。
撮れた写真を見る限り、十分解像感、立体感があり、
4200万画素のセンサーを使わないと、レンズ性能を引き出せないとかそんな事もなさそうです。

より上のクオリティを目指す人は、α7RⅢでMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを使えば、
素晴らしい解像感の写真が撮れると思いますよ。


いつもポチっていただいてどーもです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-27 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

前から、そのうち試してみないと・・と思っていて、やっていなかった事があったのでその検証です。
少し前に購入したタムロンのレンズSP 70-200mm F/2.8 Di USD、果たしてEマウントのボディで位相差が効くのかどうか?

e0341572_13562323.jpg


ちょうどα7Ⅱを購入したばかりなので、この際調べてみようとマウントアダプターLA-EA3を装着して検証です。

装着後、家の中でシャッター半押ししてみたら「ピピッ!」と来たので、
「あ~これは大丈夫そうだな」とは思ったのですが、
いくらうちが広いとはいえ(ここに書くだけなら書き放題)やはり外で試してみないと。



森戸海岸スナップ


森戸海岸スナップ


森戸海岸スナップ
いつもの森戸海岸でスナップしながら試してみましたが、なかなか良い感じであります。
おそらく純正の70-300mm(Ⅰ型)よりAFは速いと思いますし、精度も不満はないレベル。

基本的に純正のSSMのレンズはLA-EA3で位相差が使えるのですが、
シグマやタムロンのレンズは、使ってみないとどうも分からないようで、
例えばシグマ24-105mm F4 DG HSMは位相差が効いて、良い感じで撮影ができるのですが、
50mm F1.4 DG HSMは位相差が効かなくて、
Eマウントで使う時は透過ミラーの入ったLA-EA4が必要だったりするんですわ。



森戸海岸スナップ
寝転んでいる猫は、何の問題もなく撮れますが・・・・



森戸海岸スナップ
動いている犬を追うのは厳しいかもしれません。
もちろん寝転んでいる犬なら問題ないのは言うまでもありません(笑)

使用感としては、どうもワンテンポタイムラグがある感じで、
純正の70-200mm F2.8 G SSM IIとは比べ物になりませんね。
動いていない物なら撮れますが、動いている物はタムロンでは厳しいかな。
Aマウントボディを使えば、タムロンでもそこそこいけそうですが、
まあ、マウントアダプターじゃしょうがない。



森戸海岸スナップ


森戸海岸スナップ


森戸海岸スナップ
夏にしては珍しく富士山が見えたので風景を撮りました。
AFのスピードは遅いけど、純正より逆行耐性は良いと思いますよ。
風景をパンフォーカスで撮るのなら、純正よりタムロンの方が解像力もあるし良いかもしれません。
黒の締まり具合も良い感じです。



森戸スナップ


森戸海岸スナップ
日が落ちてきて照度が足りなくなってくると、AFが迷うのでイライラします。
シルエットみたいな写真は、人と風景の境目を狙わないと合焦しません。

(そこはレンズの問題より、α7Ⅱのボディ側の問題の方が大きい思います)

所詮、α7Ⅱ+マウントアダプターって感じですが、それが不満ならα99Ⅱ使えばいいんだけどね。



真名瀬漁港
いつもの真名瀬漁港の風景。
やはり富士山が見えると、この風景も撮ろうという気になります。

EマウントボディにタムロンのSP 70-200mm F/2.8 Di USDを装着してみましたが、
結論からいうと位相差は効きます。
明るい昼間に使うなら、比較的快適な撮影ができるので良いと思いますが、
動体を追うような撮影は言うまでもなく向いていません。

撮影テンポから考えて、スナップ写真や風景写真を撮るような用途には無問題でしょうけど、
やはりAマウントボディを使う方が、圧倒的に快適な撮影ができますな。



毎度ポチリんこありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-25 08:00 | Aマウントレンズ | Comments(0)

15日の朝、白馬村を後にして、中央道をひたすら走って帰宅しましたが、
家に帰ってから携帯を見たら着信履歴があり、見てみると「平塚観光協会さん」です。
このお盆の時期に直接電話があるというのも不思議でしたが、きっとまた何かの印刷物に写真を使わせてくださいとか、
そんなお話だろうと思い、折返し電話をしてみたところ、
7月に応募した写真コンクールの入選通知を郵送したのだけど、宛先不明で戻ってきてしまったという事でありました。

観光協会の方が、住所を読み上げるので・・・というので聞いていると、
郵便番号は合っているのだけど、住所の表記が違っていて、
「間違ってます。そこは東じゃなくて南です」というやり取り。

改めて送りますが、結果から言うと今回は2枚入選です・・との事。
えっ?2枚? そりゃ~自分がいくら二枚目でも、2枚入選するとは思ってませんでした。
(この記載についての苦情は一切受け付けません)

つきましては、入選した写真の元データをメールで送ってくださいというので、
「どの写真が入選だったのでしょう?」と聞いてみると、
一枚目は「七夕飾り輝く平塚の夜」 
二枚目は「相模湾と夜景を見下ろす湘南平」ですとの事。

湘南平のは1枚しか応募しなかったのですぐわかったのですが、
七夕飾りの写真は数枚応募したうえに、全部同じタイトルをつけたのでどれか分かりません。
仕方ないので、観光協会の方に、
「写真に番号をつけてメールで送るので、入選した写真を番号で教えてください」と提案。

応募した写真を縮小し、ファイル名に番号をつけて送信。
しばらくすると返事が来て「9番です。ブルーとグリーンの飾りのお写真です」

翌日、メールに写真を添付して送ろうと思ったら、七夕飾り写真はα7RⅡで撮ったせいでサイズが大きく、
40MB以上あったのでメールで送れず、仕方ないのでデータ便にて送りました。

https://www.datadeliver.net/

しばらくするとダウンロードされたという通知が来たのでホッとしていたら、
また観光協会の方からメールがきまして、
「写真のコメントを金曜日までによろしくお願いします」という事でしたが、
その日は木曜日で 「え?明日までですかい?」というドタバタ(笑)

夏休み最終日だったので、急いで書いてメールで送信しましたが、
えらいバタバタな入選だったなぁ~と・・・(笑)

というわけで、今年の平塚写真コンクールは、2枚入選したという予想外の展開でした。

e0341572_19201323.jpg

e0341572_19193939.jpg


数日したら、送っていただいた入選通知も無事郵送されまして、入選通知が2枚入っていました。
まだ観光協会さんのHPに結果発表がないので写真は掲載しませんが、
とりあえず今年で3年続けての受賞、ホッとしました~(笑)



毎度ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-23 17:00 | フォトコンテスト | Comments(2)

長野ネタも今回までなので、良い子の皆は我慢して見てください(笑)

長野に持ってきた機材を書くと、ボディはα7Ⅱ、α7Rの2台です。1台だと壊れた時にバックアップがありませんから、
こういう遠出の時は最低2台持参という事が多いです。
レンズはFE1635Z F4、シグマART35mm、シグマ24-105mm F4 、100mmマクロの4本。
星が撮れればα7RⅡとタムロン15-30mmも持ってきたかったのですが、星は絶望的だったので置いてきました。
これだけ持参しましたが、FE1635Zがずっとメインで、シグマの35mmをちょっと使っただけ。
あとは持ってきただけで一度も使う事もなく帰還です。



ちひろ美術館
お盆の頃は日本中がおかしな天気だったんでしょうけど、
長野も晴れている場所もあれば、大雨の降っているような場所もあって、
ようするに雨雲があちこちにあって、その下は雨が降っているという感じだったようです。

雨が降っても問題ない所という事で、ちひろ美術館に行ってみましたが、
意外と晴れていて、雲の切れ間から青い空が見えておりましたです。



ちひろ美術館
美術館というと、多くは撮影禁止って事が多いのですが、
ここ、ちひろ美術館は、特に撮影禁止というわけでもないみたいでした。
ただ、こういう場所は、あまりバシバシ撮るのも申し訳ないような気もしますわな。



ちひろ美術館


ちひろ美術館
展示してある絵を撮るのは気が引けるので撮りませんでしたが、
天井から吊るしてあったオブジェが綺麗だったもので、これだけ撮らせてもらいました。
Instagramに投稿したら、みけさんがコメント欄で「ざる?」とあったのですが、
これは「空気の入れ物」というアートでございます。



白馬 山のホテル
ちひろ美術館を出たら外は雨が降ってまして、このあたりの天気は急に変わりますな。
もう行く所もなかったので、早目に休もうとホテルに移動してきましたが、
ホテルの目の前に、長野オリンピックで使用したジャンプ台がありましたので、
荷物を部屋に置いて、カメラだけ持ってジャンプ台の方に行ってみました。



長野ジャンプ台
NAGANO 1998 とありますが、もう20年も前の話になるんですねぇ。
原田さんがジャンプしたのをテレビで観ていましたが、そんな前のような気がしません。
しかし、16mmでも目の前から撮ったので端まで入らなかった・・・(笑)



長野ジャンプ台
うお~!これがジャンプ台ってやつか~! 初めて見ました。
せっかくだからもっと近くに行ってみましょう。



長野ジャンプ台
テレビや写真で見るとよく分かりませんでしたが、これはどえらいと思いました。
人間は訓練すれば、こんな所を滑って飛べるようになるんですね。
眼の前で見るともの凄い高さ、急斜面ですよ。これにはびっくりしました。
また、着地した後、止まるのに必要な直線部分がえらい短い・・・・高梨沙羅ちゃん!えらい!



長野ジャンプ台
カッコいいジャンプ台を撮ろう!と正面に回って撮ったのがこれ。
右側にフレアが出ましたが、このフレアがむしろカッコ良いと思いました。

そんなわけで2泊3日の長野旅行も終わりまして、何がどうという事もありませんでした(笑)
写真がメインというわけではなかったので、終始7Rと1635Zで事足りてしまいましたわ。
とは言っても、この組み合わせは非常に良く写ると思うし、小さくて軽いから便利でしたけどね。

残念なのは星が撮れなかった事ですね。
この後、夜になったらすごい雨が降ってまして、山の天気は本当によくわかりません。
今年の夏は星を撮る機会がなさそうです。



毎度ありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-21 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

長野旅行2日目、8月14日の内容になります。
天気予報を見ると、お盆中の白馬村周辺は曇りと雨マークしかなく、
天気が悪いのに山の上の方に行っても下も見えないし、それなら善光寺にでも行ってみようと考えていたら、
14日の朝は予想外に晴れたので、これは山の上の方に行ってみよう!と八方の方に移動しました。


ゴンドラリフト アダム
駐車場に行くと満車と立て札がありましたが、おじさんがやってきて立て札を取ると、
「あんた運がいいね~今、一台出て行ったところだよ」との事。
続けて「普段の行いがいいんだろうな」と、きっと毎度使い回しのジョークを繰り出しました(笑)

車を降りてゴンドラ「アダム」で「うさぎ平」を目指します。
ちなみにゴンドラアダムですが、どこかにイブがあるのかどうかは知りません。



ゴンドラリフト アダム
20代の頃はスキーに行っていたので、ゴンドラやリフトはよく乗りましたけど、
おっさんになってから、高い所が怖いという意識が増幅したようです。
結構、ゴンドラって怖いんだよね。 みなとみらいの観覧車も怖いけどさ。



うさぎ平テラス


うさぎ平テラス
数分ゴンドラに乗って、うさぎ平に到着!
来たかったのはこのテラスなんですが、空も青いし来て正解だったようです。



うさぎ平テラス


うさぎ平テラス
雲はそこそこあったけど、太陽が出ると日差しが強烈でした。
ただ、風が吹くと気持ちよかったです。
それほど沢山の人がいるというわけでもなく、テラスも広いし良い場所でありました。



うさぎ平 パラグライダー


うさぎ平 パラグライダー
テラスの真横は、パラグライダーが飛び立つ斜面があり、
間近でそれが見れるので迫力があって、写真も撮ろうという気になりました。
しかし、こんな所を飛んだら気持ちいいだろうなぁ~と思いますわな。



白馬うさぎ平テラスにいたカエル
うさぎ平というけれど、見渡してもウサギの姿はどこにもなく、
足元を見たら、山の上なのになぜかカエルがおりました。


うさぎ平テラスからの眺め
自分がいる辺りは、黒い雲が結構かかっていたのですが、
向こう側の山には、真っ白い綺麗な雲があったので写真的には良かったですね。



うさぎ平テラス
ここより上に行くと八方池もあって、行ってみたかったけど黒い雲がかかっていたのでやめました。
1時間くらいいたら、中国から来た家族がドローンを飛ばし始めて、
その音がえらいうるさくて嫌になったので下山。

下に降りた後、天気が悪くなってきて雨が降ってきたので、
いい時に登って、いい時に降りてきたようです。
これも駐車場のおじさんの言うように、普段の行いが良いからだと自負しております(笑)



毎度ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-19 08:00 | 撮影記 | Comments(2)

お盆の季節に長野の方に行こうと思うと、自分の家からは圏央道から中央道に乗って移動する感じなのですが、
圏央道は長いトンネルの中で渋滞だし、中央道に乗ってからもしばらく渋滞という有様で、
以前は朝5時頃家を出ていましたが、早目に出ても渋滞は免れないとわかっているので、
13日は朝7時に家を出発して長野の白馬村を目指しました。

白馬村に到着したのは午後3時頃。
なんだかんだと8時間もかかりましたが、宿のチェックインにはちょっと早いと思ったもので、
軽く散歩する程度の場所はないかと調べてみたら、
白馬コルチナ・イングリッシュガーデンというのをみつけたので、
そこに行って写真でも撮ってみる事にしました。



白馬コルチナ


白馬コルチナ
イングリッシュガーデンの眼の前にあるホテルですが、何とも造りが印象的な建物です。
基本、スキー場の前にあるので、冬のスキー客がメインなんでしょうな。
調べてみたら立派な建物だけど、宿泊代はそれほど高くないみたいです。

https://www.hgp.co.jp/inf/Z01/hgp/



白馬コルチナ
イングリッシュガーデンは、ホテルの建物の裏側にありました。
ここで入場料を払って中に入るのですが、ホテルに宿泊している人は200円、
自分のような一見さんは800円という事で、ちょっとお高いけど来てしまったから仕方ない。



白馬コルチナイングリッシュガーデン
花の事は詳しくないのでよくわからないのですが、これは紫陽花じゃないんですかね?
白馬は気温が低いから、今頃紫陽花が咲いてるんだなぁ~と勝手に納得してましたけど・・・(笑)
みけさん!見ていたら、これが紫陽花なのか教えてくださいませ。



白馬コルチナイングリッシュガーデン
近くに良いベンチがあったので、構図にしてまとめてみました。
美しい女性が座っていたら、いいポートレートになりそうなんですけどね。



白馬コルチナイングリッシュガーデン


白馬コルチナイングリッシュガーデン
イングリッシュガーデンという割には、花もそれほどないし微妙でした。
撮影もそれほど期待していなかったので、α7Rと FE 16-35mm F4 だけ。
それもほとんどクロップで撮ったんじゃないかな?



白馬コルチナイングリッシュガーデン


白馬コルチナイングリッシュガーデン
涼しいと思ってやってきた白馬村でしたが、カメラ持ってウロウロしていたら汗びっしょり!
例年だとこんなに暑くないんだけどなぁと思いながら、早々に車に退散してエアコンONですわ。

どうも草木の元気がないような気がすると思っていたのですが、
後でペンションのオーナーに聞いたら、白馬は長いこと雨が降らなかったという事なので、
そのせいで草や花が枯れたり、元気がなかったんじゃないかな?と思います。

今回から投稿する写真を小さくしました。
実は白馬にノートPCを持っていったのですが、そこで自分のブログを見てみたら、
写真のアスペクト比がおかしな事になっている事に気が付きまして、
おそらく4Kモニターと、そうじゃないモニターは見え方が違うようですね。

長らく大きな写真を投稿していましたから、多くの人に不便な見え方だったと思います。
申し訳ございませんでした。たまに自分のノートPCでチェックする必要がありそうです。


ちなみに全くの余談なんですが、長野に行っている間、

山口県で2歳の男の子が行方不明だというニュースを見ていました。

帰ってきてから、無事に発見されたというのでホッとしましたが、

世界中で2歳、3歳の子供が突如としていなくなり、その後無事発見されるという事例が多数あるようです。

非常に興味深い話だったので、皆さんにご紹介したいと思います。


https://indeep.jp/he-will-be-back-and-they-had/




毎度ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-17 19:00 | 撮影記 | Comments(0)

全日本写真展2018のオチ

13日から長野県の白馬の方に行っておりました。
目的は避暑なのですが、例年だと涼しい白馬村も今年は暑くてたまりませんでした。
宿泊したペンションのオーナーの話だと、やはり今年は異常に暑いという事です。

13日は全日本写真展2018の発表が朝日新聞の紙面に載るという事だったので、
長野に行く途中、コンビニに寄って「朝日新聞売ってますか?」と聞いた所、「今日は休刊日です」というツレナイ返事。
入選通知には確かに13日の朝日新聞と書いてありましたが、どうやら通知する方が間違えたようであります。
だとすると翌日だろうと、14日に長野のセブン・イレブンで朝日新聞を2部購入し、
早速、車の中で「どれどれ~」とワクワクしながら開いてみたら、なんと!写真が掲載されているのは、本当の上位者の作品だけで、
自分は下の方に小さく名前が出ているだけというオチでした。

e0341572_17132531.jpg


入選した写真はタイトル「初挑戦」でしたが、αcafeにも堂々と投稿し、
13日の朝日新聞に載るから見てね!とキャプションにも書いたのですが、13日の新聞は休刊、発表が出たと思ったら名前だけという・・・
特にαcafeで自分の写真を見ていただいた皆様、本当にお騒がせして申し訳ありませんでした。

まあ、入選させていただいて、こう言うのもどうかと思いますが、下位の入選だと、扱いはこの程度なんでしょうなぁ。
新聞に掲載されていた上位の写真は、とても自分に撮れるような代物ではありませんでした。
政治的にメッセージ色の強い物とかもありましたしね。

というわけで、白馬から帰ってきたので、撮った写真を整理して次の投稿にしたいと思います。


いつもポチリありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-15 19:00 | フォトコンテスト | Comments(0)

夏休みに入りましたが、猛暑なのは変わらずという感じで暑い日が続きます。
夏休みの夜は、ほぼ毎日八景島の花火があるので、夜ちょっと出かけて撮影するにはちょうどいいですね。
たった10分間の花火なので、遠方からわざわざ撮影に来るというのはどうかと思いますが・・・

今年に入ってから、八景島の花火撮影は初でしたので、
撮影データをチェックしてみたらフルサイズ100mm近辺の距離。
この日はα6000にMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalでいってみよう!と思いつきました。

レンズ 光芒チェック


 レンズ 光芒チェック
早目に撮影場所に到着したので、レンズの光芒の出方とゴーストをチェックしてみました。
上の2枚の写真はF11まで絞って撮っていますが、光芒の出方はキラ~ン!と派手に出るようです。
また、ゴーストは1枚目がわかりやすいですが、暗闇に強烈な光源があってもあまり派手には出ないようです。



八景島花火シンフォニア
花火が打ち上がりました!
今まではズームレンズを使ってこの花火を撮っており、ピントを合わせるのにファインダー拡大すると、
向こう岸のジェットコースターは、ディティールが潰れてピントが合わせにくかったのに、
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalは、ピント拡大してもディティールがしっかり残っていて、
ピントの山を掴むのが非常に楽でした。
良いレンズを使うと、ファインダーを覗いた時点でもう違うんですよね。



八景島花火シンフォニア
ボディはα6000なので、センサーはAPS-Cになりますが、
それでも解像力は、以前撮影したα7R + 24-105mm F4 DG HSMより上なんじゃないかな?と思うほど。
いや、このレンズ本当にすごいと思いますわ。



八景島花火シンフォニア


八景島花火シンフォニア
たった10分間なので、あっという間に終わってしまいますわな。
今回は実験的にα6000でMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalを使ってみましたが、
APS-Cセンサーにおける、35mm換算100mmのレンズとしても十分使えると思います。
ただ、α6000は手ぶれ補正がないので、35mm換算で100mmはちょっと手ブレが心配かもしれません。
使うなら手ぶれ補正のあるα6500がいいですね。

MACRO APO-LANTHARは、近々110mmってのが出るようで、
この65mmがあまりにも優秀なもんで、110mmも買ってしまいそうで怖いなぁ。


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-12 12:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)