本題の撮影記に入る前に、最近スマホで投稿された記事の写真が見れないという現象について、
写真を投稿しているPHOTOHITOさんの運営の方に問い合わせをしてみました。
以下、自分がPHOTOHITOさんの方に問い合わせた内容です。


いつもお世話になります。
こちらに投稿させていただいた写真をブログ貼付から、エキサイトブログに貼り付けて使用させていただいております。
最近、一部のスマホユーザーから、貼り付けてある写真が見れないという話を数件聞き、
自分でも調べてみたところPCでもブラウザによって表示されないものがあります。
Internet ExplorerとChromeは表示されますが、Firefoxは表示されません。
また、更に調べてみたところ、こちらの表示方法が変更される以前の写真はFirefoxでも表示されているのですが、
表示方法が変わってからの写真は表示されていないようです。
ご確認が可能でしたら調べてみていただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。


この内容を送信した後、自動返信でPHTOHITOさんからメールがきまして、
内容によっては返信にお時間がかかるかもしれないという内容でしたが、翌日すぐに返信をいただきまして、
以下、PHTOHITOさんからの返信内容。

お問い合わせいただきありがとうございます。
PHOTOHITO事務局です。
ご連絡をいただいた件についてお調べしておりますが、
現在のところ再現ができておりません。
恐れ入りますが、調査のため、PHOTOHITOの投稿写真を貼付している
ブログのURLを本メールへご返信いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


という事で、このブログのURLを返信にてお送りいたしました。
現在、PHOTOHITOさんの方で調査をしてくれていると思いますので、ご回答があり次第報告させていただきます。
毎度の事ながら、迅速かつ誠実に対応していただけるPHOTOHITOさん運営の方、どうもありがとうございます。

さて、本題にいきたいと思います。

先日、三浦半島で毎年開催される「道寸(どうすん)祭り」の方に行ってきました。
撮影の目的は笠懸ですが、馬に乗った射手が弓で的を射る流鏑馬のようなものと言えば分かりやすいでしょう。



道寸祭り
実際に馬が走るのは13時くらいになるのが毎年のパターンなのですが、
何しろ場所を取らないと撮影もできないという事で、10時30分頃には現地到着でございます。
馬だけ撮るなら望遠レンズ1本で済むのですが、ブログに説明として必要な写真のためにα6000とSEL1635Zを持参。



道寸祭り
緑の中の細い道を歩いて、笠懸の会場がある荒井浜海岸を目指します。



油壺湾 ヨット
この道は油壺湾のすぐ上を通っているので、すぐ下の海にはヨットが頻繁に往来しておりました。
休日の天気の良い日に、自分のヨットを海に出してのんびりするなんていう生活をしてみたいものです(笑)
安物レンズを買うか、買わないか悩んでいるような自分には無理かな~。



道寸祭り 太鼓演技
荒井浜海岸の方に降りていくと、会場では太鼓の演技を披露しておりました。
自分のα6000は3年位前に買ったと思うけど、ファイル番号見てみたらまだ2000ショットくらいしかしてませんでした。
まあ、普段全然使いませんからねぇ。 


道寸祭り
当日は風が少し強かったけど、比較的穏やかでイベント日和。
ただ、太陽が出ていたから、日陰のほとんどない海岸で待機するのはキツかったです。
いちお帽子と長袖のシャツは過去の経験から持参です。



道寸祭り 笠懸会場
笠懸のステージはこんな感じ。
馬の走るコースはロープで道になっており、観客の立ち入りできるラインも設置されています。
あまり近づくと馬が跳ね上げる砂をもろに食らうと思うので、このくらいが丁度いい距離感でしょう。



道寸祭り 会場
馬が走るのは13時頃と書きましたが、それまで2時間以上この場所で待機しないといけません。
特に撮るような物もないし、仕方ないので待っている人たちを狙って遊んでみました。
キヤノンのカメラを持ったこの女性も、手持ち無沙汰だったのか、飛んでいるトンビを撮って時間つぶしてました(笑)



道寸祭り 打ち合わせ風景
時間が迫ってくると、笠懸スタッフが動き始めました。
若い女の子に男性のスタッフの方が、何か説明しているようです。動きのあるシーンをショットしましたが、
若い女の子のバラバラな動きが面白い(笑)



笠懸
笠懸本番の前に、出場する馬と射手の方はコース上をゆっくりと歩いて往復します。
この時にファインダーを覗いて画角を探り、馬と的の位置関係や構図的なものをイメージ。



道寸祭り スタッフ
馬は動物なので所構わず「う○こ」しますわな(笑)
それを後ろからスタッフの人が掃除しているというシーンでございます。
さすがに馬のう○こは大きく、少し離れた自分の場所から見てもハッキリと分かるほど!

そういえば、毎年この場所で一緒に撮影をしていたエーデルさんの姿がありません。
この場所に来れば、先に来ていて会えるだろうと勝手に思っていたのですが、今年はもうすぐ始まるって時になっても現れないじゃないですか!
エーデルさんどうした? 仕方ないのでエーデルさんにメールして、
「道寸祭り、どうすんだ?」
しかし、しばらく経っても返事がありません。これはきっと前に「味噌と醤油どっちにしますか?」でネタにしてしまったので、
それに怒って来ないのではないか?と心配になりましたが、
エーデルさんから返事が来る前に、笠懸は本番へと突入するのでありました!

続く



いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2018-05-31 12:16 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)

ここのところあまり気にしていなかったのですが、Aマウントボディで使うバッテリー(NP-FM500H)の劣化具合が気になり、
純正の物は比較的大丈夫そうでしたが、4つくらいある互換品の性能低下が著しいようなので、
そろそろ買い増ししておこうかとネットで調べてみたら、もうNP-FM500Hの互換品ってあまり売ってない事に気が付きました。

それでもいちお売ってるのだけど、中華製の怪しいのがAmazonでいくつかヒットするだけで、
4年くらい前に普通に売っていたロワ製なんかは、すでに製造中止になっていて手に入らない模様。

最近の世の中ってのは、お金にならない事はバッサリと切り捨てられるようで、
SIGMAやTAMRONでさえ、もうAマウントのレンズは販売しませんぜ~っていう有様ですからね。
Aマウントユーザーはいろいろと苦難の乗り越えなければなりません(笑)

仕方なくソニーストアでバッテリーを購入しようと見てみると・・・・・


e0341572_23002065.jpg

高いっすな~。電池1個がこの値段ですわ。
こんな金額出したら、どんな美味いものが食べられるか?と思うと・・・・。
しかし、今どきのカメラは電池がないと動きませんから仕方なく購入しました。



e0341572_22573622.jpg
でも、まあ、Aマウントのボディは5つも持っているし、バッテリーくらいは仕方ないと思えます。
今後、Aマウントボディが出たとしても、今更バッテリーの形状を変えたりしないでしょうからね。


バッテリーの問題はAマウントよりEマウントの方ですよ。
α9が発売された時に、バッテリーの容量が大きくなって形状が変わりました。
α7RⅡまでのボディを使っていた人は、α9やα7RⅢに乗り換える際にはバッテリーの変更も余儀なくされたわけです。

そんな事があったので、いずれα7RⅢを購入するとなると今使っているバッテリーは使えません。
なので、今使ってるEマウント用のバッテリーは、あまり積極的に買い増ししたくないというのが本音。
しかし、バッテリーは補充しないといけないとなると、高価な純正を買うよりも、
性能の良い互換品はないのか?と考え、いろいろ調べて見た結果買いました!



e0341572_23122014.jpg
RAVPOWERというメーカーのようですが、
https://www.ravpower.jp/

モバイルバッテリーなんかも作っているメーカーのようで、そのあたりのノウハウもありそう。
2個セットで2.480円程度だったので、騙されたと思って買ってみました。


充電時間が純正よりも早いので、おそらく寿命は純正より短いでしょう。
使っていて純正より撮影枚数が少ないとか、持たないとか感じませんし、今のところ特に純正と遜色なく使える模様。

しばらく使ってみて何か気がついたら報告しますが、α7Ⅱとかα6000とか使っている方で、
純正バッテリーは高いからな~と思う人は、購入の際の参考にしてみてください。

自分はヤフーショッピングで購入しましたが、2個入りで送料込み2.480円でした。
送料込みでこの値段は、自分の購入したのが最後だったようなので、
欲しい人は商品名検索して探してみてくだされ。



いつもどうもありがとうございまする!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2018-05-29 17:00 | Eマウントボディ | Trackback | Comments(0)

一昨年、昨年とフォトコンで賞をいただいている「湘南ひらつか観光風景写真コンクール」には今年も応募したいと思っているのですが、
そのためには何よりも平塚に行って写真を撮らないといけない!という事で、おっさん一人ではなかなか行きにくいけど、花が沢山咲いている花菜ガーデンに行ってみました。



5月に富士山が見えた湘南
この日はお天気が良くて日差しが強かったのですが、湿度が低くて風が冷たいという不思議な天気。
平塚からも富士山がよく見えたので、信号待ちの時に富士山の写真を撮っておきました。
さすがに5月ともなると、富士山の雪も頭の上の方に残っているだけですね。



花菜ガーデンの花


花菜ガーデンの花


花菜ガーデン
花菜ガーデンには何度か来たことがありましたが、5月は一年でも一番良いシーズンみたいで料金もMAX価格!(笑)
駐車場も満車に近い状態で人も沢山いましたけど、広い場所だから人口密度はそれほど高くありませんでした。



花菜ガーデンの花
ここからも富士山が見えたのですが、花の咲いている場所と富士山の位置関係がイマイチ。
どうにか構図にまとめてみようと思ったのですが、手前の木が邪魔だったりしてなかなか良いポジションがありません。
富士山の方にも雲がかかってきちゃったしな~。



花菜ガーデンの花


花菜ガーデン


花菜ガーデン
来ている人の多くはカップルですが、女性が花の前に立って男性がそれを撮るっていうシチュエーションだらけ。
おっさん一人で来ている自分は「ふん!どうせおっさん一人だよ」と、ふてくされながら、そばにいる人に写真に入ってもらいました(笑)



花菜ガーデン 
この日使ったレンズは2本だけ。 お気に入りのFE 90mm F2.8 Macro G OSS と シグマ50mm F1.4 DG HSM です。
どうも最近、ズームレンズを使う気がせず、画角のバリエーションは狭くなっても単焦点持ち出してますね。



花菜ガーデン
情報ではもう後半という事でしたが、バラが沢山咲いているという事なので、そっちの方に行ってみる事にします。



花菜ガーデン
う~ん・・・なんかエレガント!個人的には小便小僧がバイオリン弾いてますがな!って感じでしたけど。
自分、前ボケの写真をあまり撮らない気がしますが、FE 90mm F2.8 Macro G OSSは前ぼけも綺麗ですね。
何より絞り開放で撮っても、ピント面の解像感はちゃんとしててええのと違いますの?



花菜ガーデン バラ


花菜ガーデン
シグマのArt 50mmで花を撮る事はあまりなかったのだけど、撮ってみると何ていうか透明感ある感じがしますな。
前にmuneira(ムネイラ)さんと一緒に鎌倉に行った時、muneiraさんが花の前で光の当たり方を吟味していたのを思い出し、
自分も光を読んで・・・と思いましたが、相手が花だとどうもよくわからんです。



花菜ガーデン マクロ


花菜ガーデン マクロ
せっかくマクロレンズなんだし、マクロも撮ってみようとミツバチ狙ってみました。
小さいうえにチョコチョコ動きやがりますので、ピント追いかけるのが至難の業でございます。



ハエ
被写体としてどうなんだ?とは思いますがハエでございます。さすがにガチピン!とはいかず、微妙にブレてしまいましたけどね。
ハエも一箇所に長く留まらず、すぐに飛んでいってしまうので撮影は困難。
ちょっと近寄ろうとするとすぐ逃げるしね。

花に囲まれメルヘンチックな花菜ガーデンでしたが、メルヘンチックなおっさんは3時間くらい粘りました。
富士山が見えるくらい空気が澄んでましたから、夕景はさぞ綺麗なんだろうと思ったので帰りに稲村ヶ崎に寄ってみたところ・・・・



稲村ヶ崎 


稲村ヶ崎 
天気が良かったせいか道路が渋滞していて、なかなか稲村ヶ崎にたどり着く事ができませんでした。
しかも、富士山は見えはしましたけど空は雲に覆われ、何がどうという風景でもなく・・・・。

この時期になると、天気の良い週末は車の数が多くなって渋滞がひどくなりますから、こちら方面には行きづらくなります。
今年はマクロレンズ片手に、家の近くで虫でも探して撮ってるのが無難かも(笑)



いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2018-05-27 17:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)

あの”神レンズ!再び!

FE 90mm F2.8 Macro G OSS
前回、鎌倉スナップの投稿をしましたが、撮影に使ったFE 90mm F2.8 Macro G OSSはお気に入りのレンズで、
解像力もあってスカッと写るし外見も格好良いうえ、AFも正確でマクロレンズにしては速いので最高なんですが、
元々、Aマウント使いの自分にとっては、何かが足りない・・・と思うのは、きっとあのレンズの味を知ってしまっているからでしょう。

そう、そのレンズとは!



SONY 100mm macro



20180521 macro100 (2)
Aマウント使いなら知らない人はいない100mmマクロです!(パッと撮ったもんで背景が適当ですんません)
実はFE 90mm F2.8 Macro G OSSを買う時、もう100マクロはいらないだろうと思って手放してしまったのです。
しかし、FE 90mm F2.8 Macro G OSSを感心しながら使いつつも、
どうも100マクロのような味がないな~と何となく思ってたんですよね。
別れた女房が気になるってんですか? 
なんかそんな気分でずっといたもので、先日、ヤフオクで中古の100マクロをゲットしてしまいました!
ちなみに自分、女房と別れた事はありません。



SONY 100mm macro
自分がカメラボディやレンズを買うと、それがいくらするのか値段を調べているという人が広島にいるので、
何かを買ったネタを投稿するのが微妙なんですが、今回のこのレンズは中古で2万円程度だから調べなくていいですよ。兄ぃ(笑)
価格コムで調べてみたら、現在の新品最安値は6万円を微妙に切る感じのようです。
http://kakaku.com/item/10506511768/



SONY 100mm macro
ミノルタ時代からあるレンズで、外見はソニー製になってからリニューアルされましたけど、それでも見た目が古臭いっすな(笑)
電源を入れてAFを駆動させるとギャーギャーと、中にカラスがいるんじゃないか?と思うような大騒ぎ。
久々に「あ~これこれ」と懐かしくなりましたが、機構的には酷いもんですわな(笑)
こんなレンズですが写りは今でも絶品ですよ。写真を撮って感動したっていう記憶は、このレンズを使った時が初めてでしたからね。

そんなわけでヤフオクで落札した100マクロが手元にやってきたので、動作確認がてらマクロ撮影で遊んでみました。



マクロレンズで撮ってみる 爪切りの先っぽ
どーでもいいような物ばかり撮りましたが、これは爪切りの先っぽです。
普段じっくり見るなんて事はありませんが、こうして写真に撮ってみると刃物部分の仕上げが荒っぽいですな。
まあ、100円均一で買ったような物だからでしょうが・・・・



マクロレンズで撮ってみる 時計
普段している腕時計。ロレックスとか買ったこともないし、買うお金もないのでこんなのです。
時間が分かればいいや~って買った時計ですが、これも写真に撮ってみると傷だらけですわな(笑)



マクロレンズで撮ってみる ボールペンの先っぽ
このボールペンはフォトコンテストの賞品で貰った物で、買ったらそこそこの値段すると思うのですが、
こうしてドアップにしてみると、意外と汚い物だと気付かされます。これも普段、こんな風に見る事ないですからね。



マクロレンズで撮ってみる ヘアブラシ
一度も使った事がないヘアブラシ。
マクロレンズで撮影してみると、ブラシがどうこうというよりホコリがいっぱい着いているな~と思いますな。
肉眼ではほとんど気にならないし、見えないんですけどね。



マクロレンズで撮ってみる 1000円札
千円札撮ってみました。
今月は沖縄にも行ったし、すでに諭吉さんは財布の中から逃亡していませんでした(笑)
こうして見ると、お札って細かい線で書かれているんだなと改めて思います。

ちょっとしたイタズラみたいなものでしたが、久々に手にした100マクロで遊んでみました。
この100マクロの味は、本来ピントの合っていないボケ部分の美しさだと思うので、
こんな使い方じゃなくて、次はちゃんと撮影に出て使ってみたいと思います。

今回の結論!
自分の持ち物は意外と汚い!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2018-05-25 18:00 | Aマウントレンズ | Trackback | Comments(2)

写真が趣味になると、カメラだレンズだとハードの話題が多くなりますが、
実は写真を撮るにあたって重要なのは、何を撮るか?どこに行くか?というソフトの面だと思うのですよ。
世界中を転々として暮らしているという人は別として、例えば自分のように横浜に住んでいるとしたら、
週末に撮影に行けるのは横浜周辺とか、せいぜい都心や湘南方面となるのですが、
長年そういう週末を過ごしていると、次はどこに行こうか?と考えるのが結構難しくなってくるわけです。
流鏑馬とか竿燈演技みたいなイベントがあると、それが目的になるので行動はしやすいんですけど、
今後はそこがテーマになってきそうです。

そんな事を考えつつ、ここのところずっと海で撮影していたというのもあり、
たまには緑を撮りに行ってみようと鎌倉の方に行ってみる事にしました。
最近、1kgを超えるようなズームレンズは取り回しが面倒だと思い始めてきているので、
この日は90mmマクロ1本だけで行ってみようと思いました。


鎌倉スナップ
たまにはα6000を使ってみようかな?とも思ったのですが、そうすると画角的には35mm換算で135mmになるので、
それならフルサイズ + Sonnar T* 135mm F1.8 ZA の方がいいな~と思ってしまいます。
個人的な思い込みで裏面照射のセンサーは、昼間使うとあまり良い結果にならないと思っているので、
先日、縦グリを買ったα7Rを使う事にしました。
裏面照射が嫌いなので、またα7Ⅱを買い戻そうかとも考えていたりするんですけどね。



鎌倉スナップ
今回は王道ルートの北鎌倉駅下車スタート。目の前の円覚寺から行ってみる事にしました。
紫陽花シーズンとか、紅葉シーズンになると人ばかりで写真どころじゃないけど、
特に何もない今頃は、人もほとんどいないし写真を撮るにはいいんじゃないでしょうかね。



鎌倉スナップ
円覚寺で拝観料払うと、すぐ左側にこんな建物がありまして、
以前、RX100M3を持って撮影に来た時に、弓道をやっているエリアがあったよな?と思い出したので行ってみると・・・



鎌倉スナップ
やってました。
一般の人が立ち入れる場所が限定的なので、こんな構図になってしまいます。



鎌倉スナップ
順番を待つ人は後ろの方で待機なんでしょうか?
きっと精神統一するのに気が散らないよう、弓を引く人以外は外で待つんじゃないか?と勝手に想像。
少し撮ったらα7Rのシャッター音が、泣く子も黙るほど大きいので悪いと思い撮影やめました(笑)



鎌倉スナップ
90mmでスナップを撮るとなると、長いと感じる人が多いんじゃないかと思います。
王道は50mmとか35mmなんでしょうが、自分は意外と90mm好きだったりします。



鎌倉スナップ
背中が写っている男性は、円覚寺の中の人のようでして、竹箒(たけぼうき)で掃除してたんですが、
Tシャツの「禅」の文字が妙に似合っていて萌えました。、



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
90mmのスナップとなると、被写体をサーチするのは50mmの感覚とだいぶ違いますね。
マクロレンズは寄れるので、被写体に接近するのに制約がないのは非常に楽だったります。
お寺の中は立ち入れない場所が多いので、少し長めの90mmはとても便利。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
場所は変わって東慶寺でございます。
紫陽花は咲いているのもあるけど、まだまだこれからという感じでした。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
いつもこのFE 90mm F2.8 Macro G OSSを使うと、その描写力に関心、感激します。
できればF1.8くらいを使いたいので、85mmのレンズが欲しいな~と最近思ってるんですけどね。
無印FEの85mmを考えているんですが、あまりの人気で品薄らしくて購入しずらいようです。
GMは値段が3倍するってのもあるけど、あの大きさと重さはスナップ向きじゃないよね。



鎌倉マクロ
マクロレンズの本領発揮!
このくらい小さな虫だと90mmではちょっと長さが足りなかったのでクロップしました。
更にトリミングしているので320万画素程度になってしまいましたが、それでもこの解像力はさすが90マクロ!
本格的にマクロ撮影をしたかったら150mmくらいの焦点距離が良さそうですね。
巷ではα7Rはシャッターショックが大きくて、ブレブレの写真しか撮れないとかいうレビューが多いですが、
あの話は誇張した話で、全然そんな事ないと思いますよ。
あるとすれば、それはカメラのホールドの仕方の問題だと思うな~。



鎌倉スナップ
気になった像がこちらなんですが、唇のところがほんのり赤いんです。
これ何か塗ったとかなんでしょうかね? 何となく萌えました。



鎌倉スナップ 海蔵寺に行く道
たまには海蔵寺(かいぞうじ)に行ってみようと思い、そっちの方に向かっていく途中の道。
鎌倉だというのに人が誰もいない(笑) こんな静かな鎌倉には初めて来た感じです。
これで紫陽花が咲くと、人を避けて歩かないといけなくなるから極端。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ
海蔵寺にやってまいりました。いつもの赤い傘が印象的。



鎌倉スナップ 海蔵寺
エーデル鎌倉トリオで撮影に来ると、みけさんが花に詳しいのでいろいろ教えてもらえるんですが、
おっさん一人だと花が綺麗で終わってしまうのが悲しいっすな(笑)



鎌倉スナップ
お賽銭を入れたら、建物の奥の方の光の入り方がよかったので撮影しました。



鎌倉スナップ


鎌倉スナップ 人力車
海蔵寺を後にする頃には、気温と湿度が高くてかなり汗びっしょりな感じ。
撮りながら思ったのは、歩きながらのスナップは気候的にもう限界だなって事でした。
そうなると次にこういう撮影ができるのは、秋になってからという事になりそうですが、
まだ気温が低くて比較的楽だという日もありそうなので、そんな日があったらまたやってみたいと思います。


いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2018-05-23 18:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)

先月、5月も行けたら森戸海岸に行ってみたいと思いますと書いたので(誰も覚えてないと思うけど)
定点撮影ともいうべき森戸海岸の投稿になります。時間軸でいうと「漁港の責任者」の撮影をした後なんですけどね。



森戸三角屋根
森戸海岸に行く途中、いつも前を通るオシャレなお店「三角屋根」
いつもおっさん一人だし中に入った事はないのだけど、今回は白くてかっこいい車が前に停まっていました。(ナンバーは消しました)
この日はα99 + SAL70300G と α7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS の2台体勢。
沖縄に行って使ってから、この7Rと1635Zのクロップが非常に便利だと思って多用しています。



森戸海岸ヨット部


森戸海岸のヨット部
長年、この場所にカメラ持って通っていますが、ここのところヨット部が物凄い数いるんですよね。
まあ、被写体になってくれるから、居てくれた方が自分にとっては嬉しいんですけどね。若い人がいると活気もあるし。




裸足で歩く森戸海岸


楽しそうな足


それ~
5月ともなると裸足で波打ち際を歩く人、遊ぶ人が増えてきました。
冬には考えられない光景だと思うと、やはり同じ場所に一年間通うという事は変化を感じられていいと思いますが、
海水浴シーズンになると周辺の駐車場も料金爆上げになるし、水着のおねーさま方が増えるので盗撮と間違われるから来にくくなります。



森戸海岸の夕景


いざ海へ!


森戸海岸の夕景
昔は夕景撮る時はWBを日陰にしたり、クリエイティブスタイルを夕景にしたりしていましたが、
その設定だとオレンジ色にベタ~と塗りつぶしたようになるので、最近はスタンダードに撮ってRAWで調整しています。
夕景はしょっちゅう撮っているけど、自分が気に入った色になかなかならないんですよね。



森戸海岸の夕景
自分の撮り方だと、どうしても望遠がメインになってしまうんだけど、
広角を持ってくると、こういうのも撮れるのでバリエーションは増えますね。
特に今回持ってきているVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSは、太陽を入れるような撮影に向いているし、
F4通しだから軽くてコンパクトだから最高のレンズだと思いますよ。
FEにはF4通しの24-70mmがあるけど、あれ何であんなに評判悪いんでしょうか?
前にゆりやんにちょっと使わせてもらったけど、言われているほど悪いレンズじゃないような気がしました。



森戸海岸夕景


森戸海岸夕景
今回は普段あまり撮らないボート置き場の方から撮ってみました。
ちょっと雲が多くてスッキリしない空だったけど、まあ何とか夕陽が撮れたって感じです。



真名瀬夕景
風が強くなってきたので帰ろうと駐車場に戻る途中、ずっと持ち歩いていた三脚を使ってなかった事に気が付き、
このままだと持って来ない方がよかったという事になると思い、悔しいので1枚だけ三脚使って撮りました(笑)

もう少しすると関東も梅雨入りって事になるし、そうなると森戸海岸での撮影も休戦という事になりそうですね。
考えてみたら森戸海岸で撮影した写真がフォトコンなどで入選、入賞したという事がないので、
今年は森戸海岸の写真を何かに応募してみたいと思います。



皆さんのポチリのおかげでずっと2位です!ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2018-05-21 19:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)

沖縄の投稿は、ブログ機能の方にアップロードして表示するようにしていましたが、
この方法だと大きなサイズでの表示ができず、解像度も低くて写真ブログとしてはちょっと役不足なもんで、
長らくPHTOHITOに投稿した物を表示するようにしていたのですが、この方法だとどうも表示できないスマホやブラウザがあるようで、
何とか高画質できちんと表示できる方法はないかと、fiickerに登録していろいろやってみたんですがダメなので断念。

自分のパソコンの環境ですと、Firefoxでは写真が表示されないのですが、Internet ExplorerとChromeは問題なく表示されます。
ブラウザの問題かな?と思ったのですが、昔の投稿で「フォト蔵」にアップロードしたものがあったので表示してみたところ、
それはきちんとFirefoxでも表示されるので、もしかしたらPHOTOHITOの方の問題なのかもしれません。

とりあえずブログ機能の方に写真をアップロードして投稿していると、あっという間に容量一杯になってしまいますので、
今後、解決策がみつかるまで、今まで通りPHOTOHITOの方にアップロード、投稿していきたいと思います。
見ていただける方につきましては、いろんなブラウザで試していただけると幸いでございます。
N本さん、見れるスマホに買い換えてください(笑)



真名瀬漁港



真名瀬漁港
しょっちゅう森戸海岸に撮影に行っているのは、このブログを読んでいただいている方には周知の事なのですが、
海岸の方に行く前に、必ずと言っていいほど真名瀬漁港に立ち寄る事にしています。
それは何故かというと、あまり見ないのだけど猫がいるからなんですが、今回はその猫の投稿でございます。



真名瀬漁港の猫
ここの猫は人と交流があるとは思うのだけど、意外と警戒心が強くて近づくと逃げるんですよ。
なので、そぉ~とゆっくり接近しつつ撮り始めるんですけど・・・・



真名瀬漁港の猫
あ、やべ!見つかっちまった!
見てくださいよ、この猫の目と顔を! 漫画のように吹き出しをつけてセリフを入れるとすれば、
「おい、おめ~何やってんだよ」っていう感じだと思いますよ。少なくとも歓迎はされてませんね(笑)



漁港の責任者
少し探してみたら、また違う猫が日向ぼっこしてまして、口笛吹いてもこっちも向かずに無視しているもんで、
反対側に回って正面からアプローチしようとしたところ・・・・



漁港の責任者


漁港の責任者
こ、この猫は!
やっとみつけたぞ!この猫は自分が通称「漁港の責任者」とあだ名をつけて探していた猫です!
しかも、今回見つけて出会えたのは、おそらく3年ぶりくらいじゃないかと!
この瞬間に思ったのが「こいつ生きておったか!」という事でした。



漁港の責任者
日向が気持ちいいのか、少し近づいても逃げようとしません。3年くらい前に会った時は、すごい顔して敵対心むき出しだったので、
「あ~こいつも人間(猫)丸くなったんだな~」と思っていたら・・・



漁港の責任者
突然、物凄い形相になって敵対心むき出しでございます。 しかしこやつ、えらい目つき悪いなぁ~。 



漁港の責任者ノビをする
目の前で写真撮られてウザかったのか、立ち上がると変な伸びをしましてこんな変な体型に・・・・



漁港の責任者立ち去る
そして通称、漁港の責任者はどこかに行ってしまいました。
今回、ここで見つけたという事は、ずっとこの周辺にいたんでしょうけどね。何で今まで見ることがなかったんだろう?とは思いました。
目つきは悪いし、可愛いというには程遠い猫ではありますが、また探してネタにしたいと思います。



漁港の責任者もポチってます!(笑)
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2018-05-19 17:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)

まだまだ沖縄のネタで引っ張りますが、今回の投稿は最終日なので、どう引っ張ってもこれが最後になります。
沖縄から戻ってきて散々仕事しているので、もうすっかり日常、通常モードになってしまっていますが何とか投稿しましょう。

最終日の5月7日は、ダイビング屋の友人のお店には、ダイビングをするお客さんがいなかったので、
7日まで残っていた自分とN本さん、ナベちゃんを空港まで送ってくれるという事で宮古島へ!


e0341572_16124816.jpg

N本さんは飛行機の時間が早かったので、宮古空港で涙のお別れでしたが
残った自分とナベちゃんは15:40の飛行機だったので時間的に余裕がありました。
とりあえず友人夫婦とナベちゃんとお昼を食べようと、そば屋さんに行く事に。



e0341572_16124803.jpg

ちょうどお昼だったというのもあり、店内はお客さんで結構混んでいたのですが、
注文してからソーキそばが出てくるまで、なんと30分もかかるという沖縄時間。
横浜あたりでそば頼んで、30分出てこなかったらお客怒って帰りますわな(笑)
でも、まあ、自分たちは4人いたし、座ってあーだ、こーだと話をしていたから退屈ではなかったけどね。



e0341572_16124998.jpg

そばを食べた後も飛行機まで時間があったもんで、友人夫婦が来間島まで連れてきてくれました。
ここに来るのは自分、多分3回目か4回目だと思いますが、その時と全く変わってませんでしたね。
写真は来間島にある竜宮展望台という所ですが、建物がまさに竜宮城みたいですわな。



e0341572_16144719.jpg

上に上るとこんな感じ。


e0341572_16144773.jpg
e0341572_16124860.jpg
e0341572_16125035.jpg

う~ん・・・海が青いぞ~。
長い事ダイビングをしてきましたが、海って地球上全部つながってるわけですよ。
それなのに東京湾とこの海のこの色の違いは何なのだろう?と思いますわな。
写真に撮るとこんな画角になってしまうけど、リアルに肉眼で見ると大パノラマなわけで、
海って本当にすごいと思いましたわ。


e0341572_16135028.jpg
戻りながら何か冷たい物でも飲もうと立ち寄ったお店。
南国っぽい雰囲気で何となく良さげ。
若い人の方が似合うんだろうけど、それはまあ仕方ないといえば仕方ない。


e0341572_16135177.jpg
e0341572_16144857.jpg
店内はこんな感じ。なかなかオシャレでした。


e0341572_16144613.jpg
メニューもすごく多かったのだけど、ナベちゃんが「黒糖抹茶」ってのを頼んだから、
自分もそれにしようと思ってナベちゃんとお揃いで(笑)


e0341572_16160662.jpg
黒糖抹茶を飲んだ後は、ナベちゃんが知っているというBEACHへ!
全然人がいなくて穴場のBEACHという感じだったけど、とにかく暑いし眩して目を開けているのが大変でした。
沖縄に来る時は、サングラス持ってこないとダメだね。


e0341572_16160625.jpg
暑くてあまりいられなかったけど、とりあえずスナップしておきました。


e0341572_16160678.jpg
友人に空港まで送ってもらって少し出発の遅れた飛行機に無事搭乗。
ナベちゃんと同じ飛行機だったのだけど、自分が29Aの窓際の席でナベちゃんが30Aの席で自分の後ろでした(笑)
宮古を離陸した時はいい天気でしたけど・・・・



e0341572_16160723.jpg
関東の方に移動するにつれ、段々と雲が増えてきて天気が悪くなってきました。
この日、関東は大荒れの天気で、着陸したらかなり雨が降っていたんですよね。
「こりゃ~最寄り駅から自宅まで帰るのに困ったなぁ」と心配していたところ、
駅で降りたら雨やんでましてラッキー!
家に帰って助かった~と思っていたら、数分してまた大雨になったのでなんてツイているんだろうと思いましたわ(笑)

そんなわけで5泊6日の沖縄ダイビングツアーでしたが、久しぶりに行けて楽しかったですよ。
何よりもよかったのは、やはりそこで会う人達が皆さん良い人ばかりで、
友人のダイビング屋も、そういう人達に囲まれて良い仕事できてるって確認できた事でした。

伊良部島でお世話になった皆さん!いろいろとお世話になりましてありがとございました。
是非またお会いいたしましょう!


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村




SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2018-05-17 17:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(2)

まだ連休中のネタで引っ張りますが、写真が沢山あるのだから仕方がない(笑)
5月6日はダイビングはせず、一度やってみたかった島の中をカメラ持ってブラブラでございます。
ブラブラといっても、さすがに徒歩だと機動性が悪いので、宿でレンタル自転車借りての移動ですが。

e0341572_16265973.jpg
到着日に自転車で走ったこの道をまた行きます。空にはどんよりした雲が立ち込めていましたが雨は大丈夫そう。



e0341572_16270017.jpg
e0341572_16270043.jpg
やってきたのは「渡口の浜」島の南側です。
カラフルなカヌーが浮いていましたが、空が青くないのであまり絵になりませんです。
しかし水の色はさすが沖縄! 伊豆半島の海の色とは全然違いますな。



e0341572_16270074.jpg
e0341572_16265997.jpg
砂浜は白くて綺麗ですが、あまり人もいなくてちょっと寂しい感じ。
5月6日ですから、ほとんどの観光客は連休最終日で帰る支度でしょうからね。
自分は本当は6日に帰りたかったのだけど、飛行機が取れなくて仕方なく7日帰りだったんですよ。



e0341572_16270220.jpg
e0341572_16270204.jpg
スーパーで飲み物でも買おうと行ってみたら、日曜日は定休日という事でおやすみでした。
なかなかローカルで味のあるスーパーだったので軽くスナップ。



e0341572_16301926.jpg
周囲はなかなか沖縄っぽい雰囲気でしたが、背後にある建物は無いほうがよかったかも。
周囲を散策してみたところ、古くなって崩れそうな建物は多かったですが、
土地柄か手を付けずに放置されていたりしておりました。



e0341572_16270128.jpg
e0341572_16270196.jpg
近くにあったガジュマルの木。
ゆりやんがグーグルストリートビューで周辺を見たらしく、メールでこの木を撮ってきてと指令がくだりました。
前々からこの木の存在は知っていましたが、マジマジと見るとなかなかの風貌。
RAWから現像し、HDRにしてみたけどディテールがすごいです。



e0341572_16265991.jpg
e0341572_16301902.jpg
途中、気になっていた食堂でタコライスを食べて、外に出てみたら晴れてきました。
やはり沖縄は青い空が似合うと思います。
通り池の方にも行ってみたかったのですが、さすがに自転車では大変だと思い断念。
仕方ないので初日に夕景を撮った「佐和田の浜」の方に行ってみる事にしました。


e0341572_16301941.jpg

佐和田の浜に到着したらすっかり晴れておりました。
雲の形が面白かったので空を大きく入れて、持ってきていたPLフィルター装着して撮影。



e0341572_16301818.jpg
e0341572_16301800.jpg
青い海と空の下に赤い建物が映えていたので構図に入れました。

どこにカメラを向けても空も水も青くて写真映えしますが、あまり撮るところもないような・・・・


e0341572_16301897.jpg

ちなみに今回乗ってきたマシーンはこれ! 

名付けて「コーラルホテル4号」です。
おばちゃんが乗ってるような普通の自転車ですが、背景が海だとそれなりに見えます。


e0341572_16320128.jpg

太陽が出てきてしまったために、沖縄の直射日光が容赦なく照りつけました。
このままでは丸焼きになってしまうと思い、宿に帰ろうと自転車を漕いでいるとこんな橋にやってきました。


e0341572_16320187.jpg

これはこの島の象徴の鳥、さしばをモチーフにした物だと思いますが、なかなかの貫禄。
人も車の全くやってこない場所で、しばらく撮影してから撤収。
あまりにも暑く、このままではヤバイと思ったので、この後すぐに宿に戻りましたです。


e0341572_16320136.jpg
e0341572_16320049.jpg
夜はまたダイビングのお店をやっている友人と、そのお客さん達と一緒に食事をするという事で、
宿に迎えに来てくれるという前に、宿の前で夕景を撮影してみました。
宿の敷地内には貫禄のある木がいくつかあるので、なかなか良い感じの写真が撮れます。



e0341572_16354565.jpg
今回のお食事処はここ!
虹の絵が壁に描いてあってオシャレなお店でしたが、頼んでもいないのに友人の奥様がこんなポーズ。
「こらこら、虹の建物を撮るのに邪魔だよ!」と、テレパシーで送ったのですが伝わらず、
仕方ないのでスーパーモデルと一緒に虹の撮影。



e0341572_16354646.jpg
自分のブログには、あまり食べ物の写真は出てきませんが、今回は少し食べ物撮ったので投稿しておきます。
このお刺身はカツオとマグロですが、特にこの島で食べるカツオは本当に美味しいですよ。
横浜で食べるカツオは、何となく臭いがするんですが、ここのカツオは独特な臭みが全くありません。



e0341572_16354626.jpg

「なんだ枝豆じゃん!」と思うなかれ。この枝豆は新鮮そのものでして、
食べた瞬間、自分こう言いました 「あっ!まるでトウモロコシのような味がする!」
枝豆といっても、収穫する土地で味が違うもんなんでしょうかね。


e0341572_16354654.jpg
沖縄といえばゴーヤチャンプルー!
とまあ、この日は一日中カメラ持ってた感じでしたよ。
ほとんどα7RとVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSで撮りました。
α7RⅡも持っていっていましたが、ほとんど使う事がなかったなぁ。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村




SONYランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2018-05-15 17:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)

連休中に撮影した水中写真を帰宅してから見てみると、数はそこそこあるもののろくな写真がなく、

正直いうとかなりガッカリしたのですが、ガッカリしていても仕方ないので使えそうなのを投稿してみたいと思います。


e0341572_17050321.jpg


http://www.inon.co.jp/products/lens/uwlh10028m67/top.html
今回は直前になってワイドコンバージョンレンズを購入し、ぶっつけ本番で海の中で使用しましたが買って正解でした。
以前使ったことのあるオリンパスのやつは、えらいでかくて取り回しが悪い上に、周辺画質も流れまくってました。
このINONのレンズも大差ないんだろうなと期待せず使ってみたら、周辺もそれほど悪くなくて十分お値段以上だったと思います。



e0341572_15084524.jpg

e0341572_15071475.jpg
e0341572_15084592.jpg

GWの沖縄といえば、梅雨に入るか入らないかみたいな微妙な時期というのもありまして、お天気は結構微妙でした。
5月3日は気温がグッと下がって寒かったし、水中は太陽が出ていないと照度がガクッと落ちます。
ISOでいえば結構変わってくると思いますが、今回の写真のクオリティはあまりよくなかったなぁ。


e0341572_15084510.jpg
e0341572_15071345.jpg

ポイント「アントニオガウディ」では、もう少し広い画角が欲しい感じでしたね。
正直、ここはfisheye(魚眼)レンズで撮る方が面白いかもしれません。
誰よりも先に一番深い所まで降りていって、振り返りながらダイバーのシルエットを撮る感じです。
ここは意外と水深が深くて、水深計見たらたしか34mだったと思うんですが、
ソニー純正のハウジングが40m防水という事なので、残り6mしかないと思うとあまり気分の良い物ではありません。


e0341572_15071343.jpg

ちなみにアントニオガウディの造形美を堪能するには、こんな風に水底に座って鑑賞しましょう!
ただし深い場所なので、水深計やダイブコンピューターは豆にチェックね!


e0341572_15033367.jpg

この足の長いお方は広島の兄ぃです。


e0341572_15071406.jpg

背後から光を浴びて神々しい兄ぃです。


e0341572_15071447.jpg

何故かいつもカメラ目線の兄ぃです。

e0341572_15033125.jpg

たまに何をやっているのか意味がわからない兄ぃです。


e0341572_15033257.jpg
e0341572_15033213.jpg
e0341572_15033206.jpg
e0341572_15033200.jpg

ここでのダイビングは地形のダイナミックさがウリなので、洞窟のような中に入ったりとスリリングです。
そうなると暗い洞窟の中から、外の明るい光を撮るという事になるのですが、
そこらへんの露出補正がすごく難しく、明るい部分を飛ばさないようにするのが至難の業です。
そう思うと1インチのセンサーではダイナミックレンジが乏しいですよね。
最も適したカメラはα7Sシリーズって事になりそうですよ。


e0341572_15033375.jpg
e0341572_15033333.jpg
e0341572_15084487.jpg

陸上と違って光の乏しい水中なもんで、ISO AUTOで撮影しましたけど、あっという間にISO6400とかになってしまいます。
さすがに1インチセンサーでISO6400あたりは使い物になるか微妙です。
そのあたりはフルサイズを持ち込んでみたいけど、フルサイズは被写界深度の問題があって、
絞らないといけないとなると、この照度では結構厳しいかとも思うし・・・・

e0341572_15091761.jpg

入る前に打ち合わせして、手をつないでの記念撮影!
かなり画角の広いレンズだし、それほど離れなくても撮れるだろうと思っていたら、
さすがに9人が横に手を繋いでいくと思いのほか長く、少し後ろに下がらないといけませんでした(笑)

そんなわけで写真はこのくらいにしておこうと思いますが、1インチセンサーは水中で使うには良い落とし所かもしれません。
もう少し暗所に強いとありがたいのだけど、普通のダイビングはもっと明るい所でやりますからね(笑)
ワイドコンバージョンレンズが欲しいと思っている方、INONの製品をオススメいたしますよ。
比較的コンパクトなうえに、周辺の画質も十分耐えうるものだと思います。


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村




SONYランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村


[PR]
by momoken805947 | 2018-05-12 18:00 | 水中写真 | Trackback | Comments(5)