人気ブログランキング |

森戸海岸の夕景

この時期は一日の気温差が激しくて体がキツイですね。
朝夕は意外と涼しいのに、昼間太陽が出るとカァ~と暑くなるので、つい薄着で家を出てきてしまうと、
夕方になってから急に涼しくなって後悔するというのを繰り返しています(笑)

この時も昼間暑かったもんで、家を出る時にTシャツ一枚で出てきてしまいまして、
夕方になってきたら風が冷たくて寒かったです。



20180422 森戸海岸夕景


20180422 森戸海岸夕景
昼間暑かったせいか、子どもたちが結構たくさん海に入って遊んでいました。
この時期は相当水冷たいと思います。水温でいえば14度から15度程度じゃないかな?
海の水温は陸の季節より遅れる感じなので、一番水温が高くなるのは9月頃で、一番水温が下がるのは2月から3月くらいです。
ダイバーの方なら知ってると思いますが・・・。



20180422 森戸海岸夕景
森戸海岸は犬を飼っている方の散歩コースなんでしょう。
最近、犬を散歩している人を見ると、外国からの方が多くなってきたような気がします。
この辺りで散歩しているという事は、近くにお住まいなんだと思います。
周辺は物価も高いし、結構お金持ちの方が住んでいるというイメージがあるんですけど、外国の方もお金持ちが多いのかもしれません。



20180422 森戸海岸夕景


20180422 森戸海岸夕景


20180422 森戸海岸夕景
昼間は霞んで富士山は全く見えなかったのだけど、日が沈むに連れて富士山が姿を見せてくれました。
春らしいボヤ~とした空ですわな。 この空はこの空でディフューザーかけたようで好きなんですけどね。



20180422 森戸海岸夕景
森戸神社の方にやってきました。
最近はInstagramなんかの影響からか、ここで夕日を見ている人がすごく増えてきたような気がしますよ。
三脚も持っているような本格的な撮影をしている人もいますしね。



20180422 真名瀬夕景
真名瀬バス停の脇から富士山を撮影。
既に夕日は沈んでしまった後でしたが、蜃気楼のような富士山を見る事ができました。



20180422 真名瀬夕景


20180422 真名瀬夕景
Tシャツ一枚で震えながら何とか撮影終了!(笑)
やはり春の夕景を撮影しようと思ったら、フリースのひとつくらいは持ってこないとダメですね。
この日は綺麗に空が焼けて、寒いの我慢しても帰らないで撮影してよかったと思いました。

5月もまた、一度くらいはこの場所にカメラ持って来てみたいと思います。


いつもポチっていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-30 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

4月の森戸海岸

定期的に通っている森戸海岸の撮影になります。
定期的に通わないといけないという変な義務感もありますが、何度行っても発見のある場所でもあります。

4月後半の週末は、やたら気温が高くて暑い日になりましたので、
海にも沢山の人が出ていて、少し前の行っても誰もいないという雰囲気とは大違いでした。



20180422 森戸海岸
どのくらい暑かったか?というのを言葉で表現するより、この外国から来たおじさんの格好が全てを物語っています(笑)
あまりの厚さに自分もTシャツ一枚でしたからねぇ。 5月の後半とかなら分かりますが、まだ4月ですからちょっとおかしいですよ。



20180422 森戸海岸
学生さんのヨット部ってやつでしょうか?
気温が高かったせいか、人がやたら沢山いて何だか嬉しくなってきました(笑)
少し前まで森戸海岸にやってきても、ほとんど人がいなくて撮るような被写体もないって状態でしたからね。



20180422 森戸海岸


20180422 森戸海岸
ヨットを浜にあげる学生さん! 若いって素晴らしいね(笑)
自分もこんな年代があったわけだけど、自分は二十歳の頃からダイビングやってましたから、若い頃はこんな感じだったんでしょうなぁ。



森戸海岸ウインドサーフィン


森戸海岸ウインドサーフィン
ウインドサーフィンの人も多かったような気がします。
年間を通じて同じ場所で撮影を続けていると、季節が変わるといろんな事に気が付きます。
いつも思うのは、通って撮り続けるホームグラウンドを作る事は重要です。



20180422 森戸海岸


20180422 森戸海岸
外国から来たと思われる女性の方がウインドサーフィンをやっていました。
最近は観光地に行くと外国の方ばかりですが、こうして日常を普通に日本で過ごす外国の方も多いのでしょうね。
こんな風に海からあがって帰っていくのを見ると、きっとお住まいも近いんだろうと想像。



20180422 森戸海岸
海から引き上げた船を積む台車のようです。タイヤがもっこりしていて可愛い(笑)



20180422 森戸海岸
もっこりタイヤは α7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM で撮影。
こういうスナップ的な撮影はF2.8があると開放で撮ってしまいますが、EマウントボディにAマウントレンズは、正直でかくてミラーレスの意味があるのかないのか。



20180422 森戸海岸
暑くて海日和だったせいか、小さな子どもたちが沢山いました。持ってきたのであろう玩具は散乱しておりました。



20180422 森戸海岸


20180422 森戸海岸
森戸神社の方には、もう鯉のぼりが設置されていました。
この日も風が強くて、鯉のぼりを撮ろうと思うと良い感じの位置に揃ってくれませんね。
風と鯉のぼりの動きを見ながら、タイミング良さげなところでレリーズ!

この日は昼間暑かったので、Tシャツ一枚で来てしまったのですが、
だんだん夕方になってくると気温が下がってきて、風も強かったので寒くなってきてしまいました。
帰ろうかな~とも思ったのですが、夕日も撮りたいので寒いの我慢して夕方まで待つことに・・・・


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-28 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

写真を始めた頃は、モノクロの良さというのは全然理解できなかったのですが、
最近はモノクロの持つ奥深さが分かるようになってきたのか、モノクロ写真を見ると感銘を受けるようになりました。
SNSサイトのαcafeなんかだと、モノクロ写真は全く人気がなく、逆に油絵みたいなドロッとした彩度の高い写真に人気が集まりますね。
空が紫色だったりすると人気があるようなんですが、写真を始めたばかりの人はそういう派手な方が綺麗だと思うみたいです。

そんなわけでαcafeにも今回の子安スナップの写真を投稿しましたが、モノクロだと相手にされないので色をつけました(笑)
撮影時にモノクロで撮っても、RAWデータは色が残るのでどうにでもなります。



20180421 子安スナップ
ここは駐車スペースのようなのですが、普通の住居と違って後ろ側が抜けています。
おそらくこれは、船から下ろした物を積み込むためだと想像するのですが何とも面白い構造です。



20180421 子安スナップ
この階段はどうやって上に上がるんでしょうね? 下側のほとんどが壊れてしまっていました。
壊れたまま放置されているという物が多いようです。



突然現れた黒鯛
写真を撮っていたら、上の方からおじさんの声がして「おにーさん!」と呼ばれました。
何撮ってんだ!と怒られるのかと思ったら、水際にクロダイがいるから撮りなよ!って事だったみたいです(笑)
クロダイをモノクロにしても仕方ないので、ここはカラーにしましたけど、PLフィルターつけなかったから反射しまくりです。
しかしこのクロダイでかかったなぁ~。こんな所にクロダイがいるとはビックリしました。



20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ
子安から横浜方面に移動していくと鉄工所が多く見られました。
金属でできた扉の重厚感とか、錆びているところのコントラストなんかが美しいですねぇ(笑)
長いこと写真撮っていると、美しいという感覚がだんだん変態的になってくるような気がします。
でも、荒川鉄工所さんの重たそうな扉とかかっこいいな~。
この扉ならゾンビの集団に襲われても、閉めれば封じる事ができそうです(映画の観すぎ)



20180421 子安スナップ
こんな所を撮っていると、通行人に「あの人何撮ってんだ?」と思われそうな場所ですが、
こういう朽ちた木の感じとかもモノクロにすると質感が出ますね。 カメラマンの伴さんもこういうの好きそう(笑)



20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ
これらのスクーターも動くのか動かないのか?
表面の汚れた感じとかが微妙にモノクロだと良い感じになります。
こういった微妙な感じを表現するには、写真自体をアンダーで撮った方がいいと思います。
適正露出だと白い部分の表現が弱くなりそうな気がします。



第一京浜信号待ち
大きい通りに出て現実に戻ったので色付きでお送りします(笑)
どうせここまで来たのだから、横浜駅まで歩いてみようと電車には乗らずに歩くことにしました。



横浜駅近く
途中、特に撮るような物もなかったのですが、花が綺麗な場所があったので少し撮ってみました。
こうして見るとモノクロの写真というのは、見るのにエネルギーを使いますね。カラーだとホッとします(笑)


e0341572_10041892.jpg
子安駅から歩いた距離を調べてみました。結果は3.7kmという事でした。
地図から距離を測定するサイト → https://japonyol.net/editor/distancia.html
自分の感覚だと5kmくらい歩いたんじゃないかな?と思ったのですが、感覚よりも距離は短かったようです。

モノクロ写真はちょっとマニアックな感じがしますけど、個人的には好きなカテゴリーのひとつです。
派手な色でごまかせないモノクロは、構図と階調だけで表現しないといけないという事になると思いますが、
まだまだ奥が深いので、今後も積極的に撮って勉強したいですね。



毎度ありがとーございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-26 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

5月の連休は沖縄、宮古島でダイビングの予定で、久しぶりに水中写真が撮れるという事で楽しみにしています。
先日、水中用の新しいワイドレンズも購入したので、それを使うのも楽しみです。

毎度、沖縄に行っても、水中にいる時間が圧倒的に長いので、陸の写真はあまり撮れないのですが、
陸で使うカメラは何を持っていこうか?と考えると、あまり使わないのに荷物になるような大きなシステムは手にあまるし、
かと行ってコンデジだけ持って行ってもなぁ・・・って感じなので、α6000を持って行ってみるか!と思い考えてみたら、
相応のレンズを持っていない事に気がついたので、それならマウントアダプターにDT16-50mm F2.8はどうだろう?とひらめきまして、
試しにそれで何か撮ってみようという事で、子安の街をスナップしてみる事にしました。



20180421 子安スナップ
今回の写真はほとんどがモノクロです。
何故モノクロかというと、モノクロが似合いそうな街、風景だからという理由であります。
撮影はα6000 + LA-EA4 + DT16-50mm F2.8です。



20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ
こちらはもう一台のシステム α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS です。
モノクロなのでお分かりになるか分かりませんが、撮った写真のシャープさが全然違います(笑)
DT16-50mm F2.8は所詮キットレンズって事なんでしょうかねぇ。 まあ、ボディもα6000だし仕方ないかもしれませんが。

しかし、この風景のゴチャゴチャ感!  東京の下町にもこういう場所はありそうですけど、
ここは本当に時間が流れていないんじゃないか?というような雰囲気です。



20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ
船がひっくり返ったまま放置されていました。この朽ち様だと、相当時間が経過している感じがしますね。
こういうシーンはモノクロでの表現が合うような気がします。 色がない方が重たい雰囲気が出ます。



20180421 子安スナップ
自分にはひとつ年上の従兄弟がいるんですが、その従兄弟が幼稚園くらいの頃、この辺りに住んでいた事がありました。
小さい頃、父親の車に乗せられて従兄弟の家に遊びに来た記憶があるので、
ここにやって来たのは、おそらく40年ぶりくらいなんじゃないかと思います。
写真に写っている住居は、その外観からすると当時からあったんじゃないかな?
記憶にあるわけじゃないので、懐かしいとかそういう気持ちにはならなかったのですが、何となく複雑な思いがしました。



20180421 子安スナップ
こういう船は物置になってるんでしょうかね?
どう見てもエンジンをかけて出ていくっていう感じがしません。



20180421 子安スナップ
猫発見!
FE 90mm F2.8 Macro G OSSのクロップ、35mm換算で135mmで撮影しました。
警戒心が強く、目つきの悪い猫であります(笑) 
ここに来る前に調べたら、周辺に猫が多いという情報があったのですが、あまり猫には出会いませんでした。



20180421 子安スナップ
周辺は車も入れないような路地が多いです。多くは行き止まりなんでしょう。



20180421 子安スナップ
周辺には味のある建物が沢山ありました。
カラーで錆の色を表現してもよかったのかもしれませんが、ここはあえてモノクロを貫きましょう。



20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ


20180421 子安スナップ
自分が子供の頃からあったんじゃないか?と思う建物ばかりですが、
それらが昔は綺麗だったという記憶もないんですよね。もしかしたら従兄弟の家に当時の写真があるかもしれません。
今度、従兄弟に会う事があったら聞いてみよう。



20180421 子安スナップ
通りの右側は普通の住居ですが、左側はシャッターが並んでいる漁師小屋みたいな感じだと思います。
スケートボードに乗った少年とすれ違いました。

写真の枚数が多いので2部構成にしたいと思いますが、
最初に書いたα6000 + LA-EA4 + DT16-50mm F2.8については、モヤっとした写りでかなりイマイチな感じです。
スナップだから写ればいいかな?って思ったのですが、それにしてもぼんやり写りすぎ。

沖縄に持って行こうと考えましたが、マウントアダプターつけて外側も結構大きくなるし、
焦点距離の幅は小さくなるけどVario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSを持っていく事にします。

この子安スナップは結局、子安から横浜まで歩く事になるのですが、それは次回の投稿にて~。



いつもどうもありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-24 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

さて、前回の続きになります。
豪華客船セレブリティ・ミレニアムがベイブリッジをくぐって行ってしまった後は、のんびりベイブリッジを撮影しようとシステムチェンジ。
ボディはα7R、レンズは純正Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMとSP 15-30mm F/2.8 Di USDの2本を持参。
巷でよくやっているレンズ対決!みたいな話ではなく、ただ24mmより広い画角が必要そうだからSP 15-30mm F/2.8 Di USD持ってきただけなんですけどね(笑)



ベイブリッジ
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di USD 18mm F8で撮影。
左の方に行ってしまった客船が写ってる・・・(笑) 
光条(光芒)の出方は良い感じだと思います。特にキツイ光源が構図内にあるわけじゃないのでゴーストも確認できません。
ん?脚の上の方にあるのはゴーストじゃないよね?



横浜ベイブリッジ
SP 15-30mm F/2.8 Di USD の 30mm 望遠端です。
ゴーストかと思った脚の所にあるやつは、焦点距離変えても同じ位置にあるからゴーストじゃないみたいね。
出目金レンズは夜景撮影に向かないかもしれないと思いましたが、これなら撮れるんじゃないかな?って印象。



横浜ベイブリッジ
こちらVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM の 30mmです。
特にどちらの方が綺麗に撮れてるとかなさそうです。どちらが良いか?と聞かれたらわからんです。



横浜ベイブリッジ
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 70mm F10



横浜ベイブリッジ
TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di USD 24mm F8

ベイブリッジを真下から撮影したのは初めてだったのですが、あまりにも真下すぎて構図的なバリエーションはありませんね。
もう少し離れた場所から望遠で撮る方が面白そうです。



横浜ベイブリッジ
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM 35mm F10

反対側からも撮ってみましたけど、こちら側の方が何となく良い感じかな?向こう側に大桟橋埠頭や、みなとみらいの街が見えますしね。
タムロンのレンズを買ったばかりだったので、どんな感じか楽しみに持ってきてみましたが、優等生という感じで普通にいいレンズだと思います。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMは設計が古いレンズで、あまり良い評価を聞かないのだけど、こうして使ってみると十分良い写りしてると思いますよ。
ただ、このレンズは絞らないとイマイチだからっていう評価は納得なんで、絞って風景撮るには良いレンズって事で。


いつもポチリありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-22 20:00 | 撮影記 | Comments(0)

今年の1月に大黒ふ頭からみなとみらいを撮ろうと思い、行ってみたら公園が工事中で立入禁止だった記事を投稿しました。
https://momoken819.exblog.jp/26467886/

後に調べてみたら、公園の工事は平成29年度で終わるという事でした。
http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/kouchou/search/data/29000406.html


30年度に入った今は工事が終わっているだろうと思い、それなら行ってみようと諸情報を検索してみたら、
当日は大桟橋埠頭に客船、セレブリティ・ミレニアムが停泊しており、19::00に出港という事だったのでこれ狙いで行ってみました。



大黒ふ頭中央公園
情報の通り、きちんと整備されて開放されていました。
この場所はまさにベイブリッジの真下にあたり、客船が目の前を通過していくという素晴らしい場所であります。



大黒ふ頭スカイウォーク
2010年に閉鎖されてしまったスカイウォークですが、どうやら来年の4月から復活するかもしれませんよ。
http://hamarepo.com/story.php?page_no=0&story_id=6658&from=

スカイウォークが復活してくれると、みなとみらいの夜景や客船を撮る楽しみが増えるというものです。
これから調査が始まるようですが、是非スカイウォークの復活をお願いしたいところです。



大黒ふ頭中央公園
余裕を持って早目に来たのですが、特に何の問題もなくスムーズにこの場所に入れてしまったので手持ち無沙汰(笑)
特に撮る物もなくボォ~とベンチに座って時間が経つのを待っていました。 周囲は釣りをする人しかいません。



大黒ふ頭からマリンタワー
この日は客船の出港が19:00という事で、撮影は暗くなってからだろうと高感度で有利なα99Ⅱをチョイス。
レンズも距離を考えると400mmが無難だろうと70-400mm F4-5.6 G SSMII。
退屈だったので400mmを望遠鏡の代わりにして横浜の街を見て遊んでいましたが、マリンタワーが見えたので撮っておきました。
ま、風景写真としては、何がどうという事もありません(笑)



大黒ふ頭からのセレブリティ・ミレニアム
良い感じになってきたので撮影開始。
フルサイズ400mmだと寄ってもこれが限界です。かといってα77Ⅱやα6000では暗い所に弱いしな~って感じです。
これ以上寄りたければ、画素数が少し減ってもα99Ⅱのクロップの方がいいでしょうね。



大黒ふ頭からのセレブリティ・ミレニアム
19:00になる少し前に、セレブリティ・ミレニアムは大桟橋埠頭から出港になりました。
しかし、予想していたよりも現場が暗く、ISO3200くらいで撮れるかと思っていましたが無理でした。
ISO6400にしてもレンズが暗いのでシャッタースピードは1/13しか稼げません。 船は動いているしなかなか厳しい。



大黒ふ頭からのセレブリティ・ミレニアム
周囲は暗いけど、船は明るいのでAFは何の問題もなかったです。
多分、α7RⅡにマウントアダプターだと、迷って使い物にならなかったでしょうな。
ここはさすがα99Ⅱって感じですが、動きののろい客船だからMFでも追えたと思いますけど。



大黒ふ頭からのセレブリティ・ミレニアム


大黒ふ頭からのセレブリティ・ミレニアム
船が近くなってくるにつれて、相対的に動きが速くなるのでISO8000。
自分が客船を撮る時は、毎年開催されている客船フォトコンテストへの応募が頭にあるのですが、
あまりISOを上げて撮ると、作品としてのクオリティが落ちるので苦渋の決断になってきます。

普段、高ISOでの撮影ってあまりしないのですが、こうして見るとα99ⅡのISO8000は使えないって程ではないですね。
αcafeに投稿したら、しまさんから「α99ⅡのISO8000は綺麗ですね」とコメントいただきましたが、
このくらいのクオリティなら、客船フォトコンテストに応募できそうですね。



セレブリティ・ミレニアム ベイブリッジ通過
いよいよベイブリッジの下をくぐる所まで来ましたが、目の前に来ると意外と船のスピードが速くISOは10000に!
シャッタースピードは 1/15 にしかならなかったから、よく見れば船はブレてると思うけど何とかって感じでしょうか?
いや~暗いところで動いている船を撮ろうなんて、撮影としては一番苦しい場面ですよ。

船はこの後、ベイブリッジをくぐって行ってしまいましたが、ベイブリッジも撮影して帰ろうとカメラとレンズをチェンジ!
この後、タムロンの15-30mm F2.8とVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMでベイブリッジを撮ってみました。
長くなりそうなので、それは次の投稿で~。


ポチリよろしくです~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-20 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

前回の続きです。
α77Ⅱ + シグマ50mm F1.4 DG HSMを持って鎌倉をウロウロですが、次はエーデルさんご推薦の安国論寺に行ってみましょう。
妙本寺から安国論寺までは、歩いて10分くらいでしょうか? そんなに遠くはありません。
空を見ると徐々に雲が多くなってきていましたが、雨が降るまでには時間がありそうです。



八雲神社


八雲神社
安国論寺へ行く途中、いつも前を通る八雲神社です。開運、厄除けの幟(のぼり)が沢山あって目を引きます。
毎度、この前を通る度に気になる事があるのですが・・・・



八雲神社 犬の散歩禁止
それはこれ。
「当分の間、犬の散歩禁止します」とあるのですが、この立て看板は相当前からありまして、
この「当分の間」というのが一体いつまでなのか? が、気になって仕方ありません。



八雲神社
一番奥の方まで行ってみましたが、人影も全くなく寂しいので引き換えしたところ・・・・



八雲神社
木と幟の間に隠れるように、またしても立て看板があるではありませんか!
書かれた内容を読んでみると「犬の糞は飼い主が始末してください」とあります。
ここで勘の良い方は気がついたかもしれませんが、当分の間犬の散歩は禁止なのに、犬の糞を飼い主が始末してくださいというのは何か変だぞ~(笑)
まあ、散歩禁止と書いても、犬連れて入ってしまう困った人がいるからなんでしょうな。



安国論寺のそばにある不思議な木
あと数メートル行ったら目的地の安国論寺という場所ですが、ここには不思議な木が道に覆いかぶさっています。
こういうのを見ると、どう撮ったら官能的に撮れるか?と考えてしまいますね。
(α7R +Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS)



安国論寺のそばにある不思議な木 モノクロ
カメラマンの伴さんだったら、きっとモノクロにするだろうと思ったのでモノクロにしてみました。
(伴さんはこんなハイキーにはしないと思うけど)
葉っぱの部分のディテールが凄いことになりますね。



鎌倉で見たでかい木
少し離れて撮ってみるとこんな感じ。
きっと大きなトラックとかが通る際は邪魔なんでしょうけど、切らないで残してくれる方が写真的には嬉しいです。



安国論寺


安国論寺
安国論寺へやってきました。
新緑の若々しい緑色が気持ちいい空間でした。
桜が終わったばかりかもしれませんが、人もほとんどおらず静かな場所です。



安国論寺


安国論寺
このお寺はエーデルさんが教えてくれた場所なんですが、エーデルさんが連れて行ってくれるお寺は素敵な場所ばかりです。
写真のセンスもピカイチのエーデルさんなので、撮影場所の選択も素晴らしいものがあります。
(ここまでヨイショすると、次回は昼食を奢ってくれることでしょう)



安国論寺
前回に引き続き、α77Ⅱ + シグマ50mm F1.4 DG HSMで撮影していますが、
普段、鎌倉に来るというと便利さを優先してしまい、ついズームレンズを持ってきてしまうんですけど、
じっくりと撮ろうと思ったら単焦点の方がいいですね。 何よりも気が散らないで撮影に集中できる感じがします。
エーデルさんも35mmや85mmだけで撮ってる事がありますが、ああいうスタイルは共感できます。



安国論寺


安国論寺
この日はお寺に一人で来ているという人によくすれ違いました。
こういう方達はピーク時を避けて、ひっそりしている時に来るんだろうなと思います。
紫陽花のシーズンになると尋常ではない人が鎌倉に押し寄せてやってきますが、そういう時はあまり行きたくありません。
逆にピークの後は人が一気に少なくなると思うので、そういう時こそ撮影は狙い目かも!
(もちろん紫陽花の写真は撮れませんけど)



安国論寺
最後に今回あまり出番がなかったけど、サブで持ってきたα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSにて。

今回はα77Ⅱとシグマ50mm F1.4 DG HSMをメインに鎌倉散歩してみましたが、
今まで50mmの単焦点レンズといえば、フルサイズで使うってのが当たり前に思っていたところがありましたので、あえてAPS-Cセンサーのα77Ⅱで使ってみました。
結果的には思っていたよりも好結果でしたし、換算75mmの画角ってのは使いやすかったです。

前回の投稿でカメラマンの伴さんの動画を貼り付けさせていただきましたが、
その中で伴さんが「むしろ良いレンズがついているかどうかが重要」みたいな事を言ってまして、その部分はまさにその通りだと思います。
正直、ボディなんて何でもいいんですよ。 良いレンズを使うって事がやはり重要ですね。
これは良いレンズを使うとそう思うのですが、変なズームレンズばかり使ってると忘れてしまうんです(笑)

忘れないように、たまには単焦点できちんと丁寧に撮りたいと思います。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-18 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

4月の第二週目の週末は、大荒の天気になるという予報があったもので、
天気が崩れる前に撮影に行こう思いまして、午前中に家を出て鎌倉に向かうのでありました。

この日、防湿庫からシグマ24-105mm F4 DG HSMを出そうと思い、間違えて掴んだのがシグマ50mm F1.4 DG HSM。
シグマのARTレンズは外見がそっくりなので、たまに間違える事があるのですが、
24-105mm F4 DG HSM と 50mm F1.4 DG HSMは大きさも似ているので、
毎度、レンズに書いてある文字を確認してから持ち出さないといけないという面倒臭さがあったりします。

24-105mm F4 DG HSMと間違えて防湿庫から出してしまった50mm F1.4 DG HSMですが、
何となく「う~ん・・・今日は50mmの単焦点でいってみるかな」という気になり、
そういえばこの50mmをAPS-Cで使った事あったかな?と思ったもので、ボディは連写が必要なわけでもないのにα77Ⅱを出動させる事にしました。



20180414鎌倉スナップ
鎌倉駅を降りたらすぐにワンちゃんに会いまして、おそらく飼い主の方はお買い物に行っているでしょう。
カメラバッグからα77Ⅱを取り出して、この日の最初のショット!
このレンズは毎度思うのですが、ファインダーを覗いた時に見える景色がもう違います。
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAや135mm F2.8 [T4.5] STFを使った時にファインダーを覗いた時と同じ感動があります。



20180414鎌倉スナップ


20180414鎌倉スナップ
妙本寺に行こうと歩いていると、干物を干してあるのが目に入ったのでスナップ。
上に網があるのは、猫に持っていかれないようにという事なんでしょうが、今どきは人も持っていきそうですな(笑)
これはカマスでしょうかね? 朝ごはんに良さそうです。



妙本寺


妙本寺
妙本寺にやってまいりました。
桜が終わってしまったので、ほとんど人もいなくて静かな環境でありました。
お寺ってのはシーンとしている方が雰囲気があっていいですね。心も落ち着きます。



妙本寺


妙本寺
前回来た時も同じ構図で撮りましたが、前回はFE 90mm F2.8 Macro G OSSだったのでちょっと長かったんですよね。
α77Ⅱに50mm F1.4 DG HSMは、35mm換算で75mmの画角になりますが、このあたりの画角が個人的には一番扱いやすいかもしれません。
自分のPCでオリジナルの画像を見ると、ハッとするほどの解像感があるのですが、
アップロードしてここで表示されている画像は、何となくぼんやりしていて非常に残念です。
オリジナルのスカッとした写真を皆さんにもお見せしたいものです。



妙本寺
普段F2.8のズームレンズなんて使っていると、F2.8は明るいと思ってしまうのですが、
F1.4のレンズを使うとF2.8がいかに暗いかわかりますね。 やはり明るいレンズは正義だと思いますよ。
上の写真はF2.0で撮っていますが、こういうレンズを使うと写真撮るの楽しい~。



妙本寺
F8まで絞ってみました。 全体的にカッチリいきますね。
だいたいF1.4のレンズはF8あたりまで絞ると絞りすぎな感じはします。
F4.0からF5.6くらいに描写力のピークがあると想うので、あまり絞らない方がいいんでしょう。
でも、こういう奥行きを表現したいような時は、ついいつもの癖でF8まで絞ってしまう・・・・



妙本寺
シグマ50mm F1.4 DG HSMは解像力はあるし、出てくる絵は素晴らしいと思うのだけど、
カール・ツァイスのように全面にドンと出て主張が強い描写ではなく、どちらかというとあっさりしていて関西風なんですよね。



妙本寺
ちなみにこちら、サブで持ってきたα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。
やっぱり描写特性が違いますよね。 まあ、WBや諸条件が違うから一概にどうこうは言えないのですが、
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの方がでしゃばった描写をすると思うけど、50mm F1.4 DG HSMの方が描写に品があるかな。



妙本寺
こちらもα7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSです。
いかにもソニーのカメラで撮りました!っていう感じがしますね(笑) 個人的にはあまり好きではないかな。

いつも沢山のレンズを持っていくのが面倒で、ついズームレンズを持ち出してしまうのだけど、
たまに単焦点の優秀なレンズを使ってみると、写真を撮るという事がどういう事か考えさせられますね。

かなり前から好きでチェックしている、プロカメラマンの伴さんの動画でも言ってるように、
変なズームレンズなんて買わないで、FE55mm買えばいいんだという話もすごく納得できます。
写真うまくなりたかったら、FE55mmみたいなレンズで撮り倒した方が絶対にいいね。


変なズームレンズと聞いて思い出すのは24-70mmとか、24-105mmみたいなレンズなのだけど、
正直、こういうレンズ使っていると、写真撮るのうまくならない気はしますわ(笑)


ポチリありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-16 21:00 | 撮影記 | Comments(0)

久しぶりの茅ヶ崎ヘッドランド撮影です。
撮影当日は春だというのに非常に気温が低く、風が強かったのが幸いしたようで、
普通、春というと空気が白っぽく霞んでいるものなのですが、この日は空気がクリアでスカッとしておりました。



茅ヶ崎ヘッドランド ボードウォーク
撮影は夕方から開始でしたので、海の方は太陽が斜めから入っていて、
木でできたボードに太陽光が反射して独特な雰囲気を醸し出しておりました。
撮影はα99Ⅱ + 70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。 この日はこのシステムしか使用していません。



カメラ女子波打ち際


カメラ女子波打ち際
波打ち際の方に行ってみると、こちらも夕陽が反射して美しい風景になっておりました。
ちょうどカメラ女子の方がいまして、素敵なシルエットを撮る事ができました。 履いているブーツが何とも印象的。



茅ヶ崎ヘッドランド


茅ヶ崎ヘッドランド サーファー
太陽が沈むにつれ、サーファーが海からあがってきます。
サーファーの皆さんは体力を使ってお疲れのせいでしょうが、目の前の富士山に目線をやる事もなく帰っていきます。
ダイバーもそうだけど、海からあがった時の疲労感って相当ありますから気持ちはわかります。



茅ヶ崎第一中学前歩道橋から
例の富士山が見える歩道橋の方に移動してきました。
数日前にダイヤモンド富士が見れた場所なので、夕陽も富士山のごく近くを沈んでいきます。



茅ヶ崎第一中学前歩道橋
この歩道橋は知る人ぞ知る撮影スポットなので、それなりにカメラを持った人達が集まっています。
手前のおじさんなんて、おそらく600mmみたいなレンズ使ってるんじゃないでしょうかね? 気合入っています。



茅ヶ崎第一中学前歩道橋から
夕陽はすごい速さで沈んでいき、富士山の右側に消えていくのでありました。
これほど照度差の激しい撮影もないってくらいですが、できればα99Ⅱは太陽に向けたくないんですよね(笑)



茅ヶ崎第一中学前歩道橋から
何だかんだと言っても、夕陽が沈んだ後の方が空も綺麗だし撮影もしやすいです。
ここのところ空は青いというより白っぽいし、遠方の風景なんて霞んでしか見えなかったのに、
この日は富士山もクッキリと見えてボーナスステージだったと言ってもいいでしょう。


e0341572_09500525.jpg
ここで撮った写真は、この後αcafeに投稿したのですが、
久しぶりに人気のフォトに入りまして、寒い思いしながら撮影した甲斐があったというものです。

ここ茅ヶ崎は、森戸海岸と共に通って撮影しているポイントですが、撮影条件がハマってくれると良い写真が撮れますね。
湘南界隈は早朝や夕方に来ると、何かしら撮れるので本当にいい場所だと思います。


いつもポチっていただきましておかげさまで2位です!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-14 20:01 | 撮影記 | Comments(0)

前回の投稿でタムロンのSP 15-30mm F/2.8 Di USDの事を書きましたが、
購入したレンズはすぐに使ってみたくなるので、自然を撮ってみようと小田原の方に車を走らせました。
街中の桜はもう全く残っていませんが、標高の高い場所に移動すると開花が遅い分、まだ見れる場所がいくつかあります。



小田原の春
ここは穴場的な場所でして、カメラをやっている年配の方から教えていただいた情報なのですが、
その情報元の方から、ネット上に位置情報を出さないで欲しいという事なので、小田原の山の中とだけ書いておきます。
確かに人に知られていないせいか、美しい場所なのにほとんど人がいません。



小田原の春


小田原の春


小田原の春
何とも色彩あふれる美しい場所なのだろう~と思います。
この美しい風景を撮ろうと使用したのは、タムロンの15-30mmのレンズでございます。
いや~このレンズ! 素晴らしい描写をしますな。 純正品だったら高額商品になってるんでしょうね。
やっぱり買ってよかった~と思います。



小田原の春
こういう美しい風景に出会うと、写真撮っていても時間を経つのを忘れてしまいます。
撮影は広角端の15mmですが、隅の描写も焦点距離を考えれば十分良い感じだと思います。



小田原の春
望遠端30mmで撮影。
この手のレンズは広角端の性能が良くて、望遠端はそれよりも劣るってのが定番のようですが、
デジタル的な測定をして判別できるような事だと思うので、人間の目で見る分には気にする必要もないんでしょう。
だいたい撮ったデータをどこかにアップロードした時点で圧縮された画像になるので、
レンズやボディの性能の判断材料には全くなりません!というのが正解なんだと思いますよ。
元データは40MB以上ありますが、アップロードできないので縮小してしまっていますからね(笑)



小田原の春


小田原の春
このレンズはフルサイズでの隅の描写が最も良好なのは22mmあたりだというのを何かで読みましたが、
ズーム全域で隅の描写は安定して良いと思いますので、細かいことを考えないで安心して使えると思えばいいだけでしょう(笑)



小田原の春


小田原の春
ベンチで休んでいる方達がいましたので、若干低い位置からのアングルで撮影。
広角レンズはこういう使い方をすると楽しいですね。 周囲の美しい物を全部入れてやる!みたいな感じで!



小田原の春
ここから使用レンズが変わります。70-400mm F4-5.6 G SSMIIです。
広角レンズの広さゆえの気持ち良さもいいですが、望遠レンズの圧縮感もまた良い表現になりますね。
超広角レンズから、いきなり超望遠の持ち変えると感覚的にスイッチの切替が大変ですけど・・・。
ベンチに座っていた女性のオレンジ色のパーカーが、周囲の風景の色と良いコントラストでした。



小田原の春


小田原の春
桜の花は望遠で撮る方がゴージャスに見えるような気がします。
圧縮効果を狙いたかったので、あえて後方に位置を取って切り取っています。
ここの枝垂れ桜は見事なものですね。連日の強風で花びらがだいぶ落ちてしまったようですが。



小田原の春
池にはカモが優雅に浮いておりました。

標高が若干高い場所なので、急に冷えてきたというのもあり2時間くらいの撮影で撤収。
ここはヤマビルがいるらしく、血を吸われたら嫌なので足元が気になります。
紅葉の季節も綺麗な風景になりそうなので、また時間があれば足を運んでみたいと思います。


いつもポチリありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-04-12 21:00 | 撮影記 | Comments(0)