人気ブログランキング |

休日の朝、その日は桜を撮りに、横浜の元町公園の方に行ってみようと思っていました。
横浜は近いし、それほど早く家を出る事もないだろうと、朝、家でゆっくりしていたら携帯にメールの着信があるのに気が付きました。
見てみるとエーデルさんで「今日鎌倉に撮影に行くのでよろしければいかがでしょうか?」というお誘いです。
内容を良く読んでみると、◯◯◯さんも一緒とあったので、誰かお友達を一緒にいる模様です。

横浜は一人で行くつもりだったし、どうせなら連れがいる方が楽しいだろうと思ったので、
エーデルさんに「行きます」とメールして、お昼すぎに鎌倉駅で集合。

エーデルさんが鎌倉駅に現れて、同行していた◯◯◯さんはαcafeでいつもお世話になっているハンドルネーム「海辺の猫さん」でした。
「あっ!海辺の猫さんだったのか~」と、何度かお会いしている猫さんだったので、
初めまして~というご挨拶もなく、お昼だったというのもあり、いきなりエーデルさんに昼食を言い渡されお店へ!



エーデル鎌倉散歩
この日は「あつしさん、味噌と醤油どっちにしますか?」という事もなく、お店の女の子のオススメを注文。
でも、何だかんだ言って結局、エーデルさん、猫さん、自分と全く同じものを注文することとなりました。
(どうしてもエーデルさんと違う物を頼む勇気が出ません)

この後、頼んだデザートの写真を撮ったのですが、Exif見ると13時30分くらいだったから、
この場所に1時間半くらい居たんじゃないかなぁ~。 結果的にここで時間を使いすぎて、撮影時間が短くなってしまったんだけどね。



エーデル鎌倉散歩


エーデル鎌倉散歩



エーデル鎌倉散歩
都心の方が桜の開花は進んでいたようで、鎌倉の桜はまだ三分咲きっていう感じでした。
イマイチ迫力に欠けるけど、こればかりは仕方ないという事で、撮影の仕方を工夫するしかありません。



エーデル鎌倉散歩
こんな風に桜が沢山咲いている部分を切り抜くしかありませんな(笑)
ちょうど桜の下に、春らしい格好をした女子が居てくれましたので萌えました。後ろを向いていてくれてよかったな~。 



エーデル鎌倉散歩


エーデル鎌倉散歩
ここは光明寺というお寺で、近くに逗子マリーナがあります。
どうやらこのお寺は予定になかったみたいなんですが、エーデルさんがバスを降りた時に「間違えました」という事で、
エーデルさんが乗るバスを間違えてここになったという経緯。

このお寺を離れる際、エーデルさんが「地図を検索するの得意ですか?」と聞いてきたので、
スマホを持っていないうえに、面倒くさかった自分は「いいえ。得意じゃありません」と即答すると、
エーデルさんは目を細めてこちらを睨み「こいつ使えね~」って顔していたのは一生忘れません(笑)



エーデル鎌倉散歩
エーデルさんに使えね~奴扱いされつつも、次のお寺「長勝寺」へやって来ました。
しかし、もうかなり夕方で日が影ってしまい、写真の命であるコントラストが全くありません。
でも、どうこう言っても仕方ないので、撮れる環境で撮るしかありませんでした。



エーデル鎌倉散歩


エーデル鎌倉散歩
このお寺は午前中に来た方がいいですね。これらの像を撮ろうと思うと、午前中に順光になります。
もうあまり時間がないという事で、エーデルさんが「はい、次行くわよ」と強制連行。



エーデル鎌倉散歩
長勝寺から妙本寺へ! それなりに歩きました。
もうだいぶ日が斜めになっていましたが、おかげで門に日が当たってました。コントラストがよかったです。



エーデル鎌倉散歩


エーデル鎌倉散歩
持っていたシステムがα7R + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM だったもので、暗くなってくると手ぶれ補正がないから微妙でした。
でもまあ、手ぶれ補正なんてなくたって、撮りようでいくらでもどうにでもなりますが。
日が落ちてきて、コントラストのない場所ばかりだったので、見渡してみると境内の方が面白そう。



エーデル鎌倉散歩
お賽銭箱のあたりが良い感じでした。光の雰囲気も柔らかいし。



エーデル鎌倉散歩


エーデル鎌倉散歩
お参りにくる人を待って、光と影を狙ってみました。



エーデル鎌倉散歩
写真は光と影を写すものですが、このくらいの照度差も良い感じでした。
向こう側が満開の桜だったら、かなり迫力のある写真になったんでしょうけどね。残念。



エーデル鎌倉散歩


エーデル鎌倉散歩
すでに日没という時間帯でしたが、エーデルさんは三脚を持っていなかったので、
この灯籠を撮って欲しいと自分に言ってきました。カメラの後ろ側でエーデルさんが監視していて、
構図に対して「そうじゃないのよ」と、ありがたいご注文をつけておられました(笑)
あまりうまく撮れたとは思えないので、次回は自分で勝手に三脚持ってきて撮ってください。



エーデル鎌倉散歩
そんなわけで、ここで撮影終了となりました。
エーデルさんがチョコレートを自分と猫さんにくれましたが、天使のような微笑みで残ったゴミを自分に渡してくれました。
どうやら家に持って帰って捨ててね!って事のようです。

本当にありがとうございました。



そんなエーデルさんも参加しているランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


エーデルさん、こっちも参加してみては?

SONYランキング

by momoken805947 | 2018-03-31 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

ここのところ、幽霊部員となっていた写真サークルGαsha!ですが、ノッチ師匠が「お江戸桜まつり」の撮影会を企画してくれまして、
長らくお会いしていないメンバーの皆さんとも顔合わせしておこうと、またしても茅場町までノコノコと出掛けていきました。
事前の募集では25名から30名くらい来るということで、相変わらず大人数の撮影会の模様。



お江戸桜まつり
撮影会は3月24日という事だったもんで、どうせ桜なんて咲いていないだろうが~と思っていたら、
今年は桜の開花が昨年よりかなり早く、意外とちゃんと撮れるかも?と少々期待できる展開!
当日は天気が悪いっていう程でもなかったのですが、雲が多くて青空とはいきませんでした。



お江戸桜まつり


お江戸桜まつり
川沿いの桜は満開にはちょっと早いけど、それでも十分開いていてキレイなものでございました。



お江戸桜まつり
サークルで一番ご高齢だと思いますがSWANさん! 大きなレンズを持ってお元気でした。
カメラの趣味は歩く事が多いし、健康にいいと思うので続けていただきたいと思います。



お江戸桜まつり


お江戸桜まつり


お江戸桜まつり
川沿いの桜というシチュエーションは、日本にはいくつもあるのだと思いますが、写真を撮るとなると桜と船を入れるという構図が多いのでしょう。
撮影はα77Ⅱ + 70-300mm F4.5-5.6 G SSM です。
望遠レンズをメインで撮ろうと思ったのは、まだ桜も満開ではないだろうという事で、
圧縮効果を使って少ない桜を多く見せようという姑息な作戦であります(笑)

この日の集合時間が午後3時でしたが、桜は午前中の光で撮らないとダメな被写体ですね。
雲も多かったし、参加者の皆さまが手持ち無沙汰っぽい感じでした。

この後、夕方から夜にかけては、ノッチ師匠が得意とする永代橋での撮影という事で移動です。



永代橋そばの桜
永代橋のすぐ脇にも桜がありましたが、まだ満開というには数日かかる感じでしたね。
女の子が桜の木を見上げていましたが、花粉シーズンの今、マスクをしている人が多いので投稿しやすいです(笑)



永代橋夕景
時間経つに連れて、空も良い感じになってきましたが、
何しろ大人数なので、写真を撮る人よりおしゃべりしている人の方が多かったような気もします。
自分はmikkuさんとmuneiraさんとあーだ、こーだと話をしていました。



永代橋光跡


永代橋光跡
多くの人は永代橋の上から撮影していましたが、自分はmikkuさん、muneiraさんと3人で上流側の橋に移動。
いちお屋形船の光跡は撮ったのだけど、光跡オタクじゃないのでちょっと撮ったら飽きてきました。
光跡2枚めは珍しい写真で、屋形船が目の前でいきなりUターン! 面白い光跡が撮れました。



首都高
レンズをHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalに付け替えて、橋の後ろ側にあった首都高を撮ってみました。
なかなか面白い構図で撮れましたけど、首都高の裏側って意外と汚いものです。



永代橋光跡
10mmで光跡を撮ったらどうなるんだろう?と、興味半分でカメラを向けてみた所、意外と面白い写真が撮れました。
永代橋と向こう岸のリバーシティは点みたいになってしまいましたが・・・・

自分たち3名は別行動だったので、そろそろ永代橋に戻ろうという事で撤収。
橋の上は風が冷たくてかなり寒かったです。 3月といっても夜は結構冷えますね。



永代橋
永代橋に戻ると、サークルの皆さんがゾロゾロと並んで撮影してました(笑)
自分、光跡はもうよかったので、永代橋の方に向けてちょっと撮ってみましたが、10mmだと結構面白い世界です。

最近、サークルGαsha!は、メンバーの総勢が200名くらいなもんで、
顔と名前が全然一致しないし、撮影会が終わって考えてみると一言も会話していない人も沢山います。
そういうのも何か寂しい感じがしますけどね~。

というわけで今日のベストショット!
お江戸桜まつりで見たお犬様
お江戸桜まつりの会場で繋がれていたお犬様でございます。
お後がよろしいようで。




ポチリよろしくお願いしまーす
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




SONYランキング
by momoken805947 | 2018-03-29 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

3月21日は春分の日でしたが、天気予報は雨だったのに、実際に降ってきたのは雪でございました。
えっ?3月後半で、そろそろ桜が咲くっていうのに雪ですかい?とは思いましたが、
過去には4月に大雪が降ったという事もあったので、3月に雪が降ってもそれほど珍しくもないのでしょう。

休日という事もあり、雪が降るというのもある意味チャンスかと思ったもので、
カメラを準備して、金沢文庫にある称名寺に行ってみようと出掛けてみたのであります。



雪の日の称名寺
雪が降るほどなので気温は低くて相当寒かったのですが、
微妙に桜の花が咲いておりまして、もう数日後だったら桜と雪のコラボが撮れたなぁ~などと思いながらカメラを取り出しました。
今回はα77Ⅱ + DT16-50mm F2.8 SSMというシステム。

このDT16-50mm F2.8 SSMはZeissでも、Gでもない無印のソニーレンズではありますが、
とても良く写るし、前に紫陽花撮影で雨の中でも大丈夫だったので、雨が降る日はこのレンズを持ち出す事が多いです。



雪の日の称名寺
お地蔵様も寒そうでございました。
雨や雪の撮影は、シャッタースピードで描写が変わってくるので少し試し撮りしながらです。
ストロボ持ってくればよかったんだろうけど、突然の雪でエネループ充電してなかったんだよね。



雪の日の称名寺



雪の日の称名寺
雪の撮影の場合は、背景が白いと写らないから、なるべく暗い背景を選ぶのが吉。
定番の称名寺構図ですが、雪が降る日に来たのは初めてなので撮るのも楽しいです。
かなり降っていたもので、トイレの軒下に隠れながらの撮影(笑)



雪の日の称名寺



雪の日の称名寺
薄っすらと橋に雪が積もっていて良い感じなのと違いますの?

片手にビニール傘を持ちながらの撮影になるので難しいっすな。
だいたいソニーのカメラは、雨や雪の日は信用ならないんだよね。こういう日はペンタックスかオリンパスだな。



雪の日の称名寺
手前にアオサギがいるのが分かりますでしょうか?
これを撮っていたら、ご年配のご夫婦がカメラを持って撮影していて「鳥がいるね。何の鳥だろ?」と話していたので、
すかさず「あれはアオサギですね」と言うと、 「アオサギですか~」 とコミュニケーション。
実は自分、鳥は全然詳しくないけど、今年の1月に偶然アオサギを見て調べたから知っていただけです。

https://momoken819.exblog.jp/26631325/

たまたまアオサギだけ知っていたのだけど、ドヤ顔で教えてあげたのは言うまでもありません(笑)



雪の日の称名寺


雪の日の称名寺


雪の日の称名寺
傘を差しながらの撮影ですが、だんだん風が強くなって大変になってきました。
ふと足元を見ると、ズボンの裾がびしょ濡れになっている事に気が付きまして、えらいテンション下がってきました(笑)
しかし寒いな~。人もほとんどいないし。



雪の日の称名寺


雪の日の称名寺


雪の日の称名寺
たまに人がやって来ますが、平然とこの急な橋を渡ろうと歩いているので、滑って転んだり、落ちたりしないか心配になります。
このピンク色の傘を持っていたのは、女性の外人さんでして、とても美しい方でしたが後ろ姿でご勘弁を。



雪の日の称名寺
タオル片手にカメラとレンズ拭きながら撮っていましたが、かなり濡れてしまいましたのでそろそろ撤収です。
連写の動き物の時くらいしかα77Ⅱは持ち出さないんですが、こうして見るとかなり良く写ると再認識します。
DT16-50mm F2.8 SSMも良いレンズだと思うし、この組み合わせは紫陽花の撮影の時に活躍してくれそうな予感。



みんな~ポチっといてね~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




SONYランキング
by momoken805947 | 2018-03-27 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

休日、天気もあまりよろしくないし、どこにカメラ持って出かけようか悩んでいると、
コージ君からメールが来まして、お墓参りに鎌倉に行くので、その後に撮影どうよ?って内容でした。
暇だったし、鎌倉なら近いので即OKと返事し、午後3時頃に鎌倉駅で待ち合わせする事に。

ちなみにコージ君のプロフィール
30年以上付き合いのある同級生で会社社長。
球技は苦手だが、車の運転をさせると天才的な才能を発揮!
愛用のカメラはPENTAX KS-2。星の写真が撮りたいから、そのうち明るい広角レンズが欲しいというのが口癖。
参加中の写真SNSはInstagram  https://www.instagram.com/koji9903/

まあ、こんなところでしょう。コージ君からの異議申し立ては受け付けます。



レトロな鎌倉
鎌倉駅で待ち合わせした後、コージ君は長谷の方に行きたいと言うので、それなら江ノ電で行った方が早いと言うと、歩いて行くというので徒歩で。
そうだった・・・この男、とにかく歩く男であった。
途中、レトロな場所を見つけたので、そこでしばし撮影会になりました。



レトロな鎌倉


レトロな鎌倉
コージ君から連絡が来た時、相当歩く事は予想できたので持ってきたカメラはα57。
でかいレンズは重たいからパスして、考えた結果、シグマの35mm F1.4 DG HSMの単焦点をチョイス!
現像はちょいとレトロチックに。



椅子を売ってる店
α57 + シグマ35mm F1.4 DG HSM。
このボディとレンズの組み合わせも初めて使うのだけど、1600万画素のしょぼいセンサーとはいえレンズが凄いとそれなりに描写されるもんですなぁ。 
しかも焦点距離35mmだから、APS-Cセンサーだと50mm画角の感覚で使えるからいいですね。
ここでもう一台取り出すか~と、α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS登場!



レトロな鎌倉
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
レトロっぽく現像しましたが、さすがFEレンズ最高峰の描写を誇るレンズ!
このレンズは本当に凄いと思いますわ。撮った写真を4Kモニターで見ると感激するほどの描写力。



江ノ電踏切
α57 + シグマ35mm F1.4 DG HSM。
鎌倉は歩いていると、突然目の前に踏切があって江ノ電が通過していくのであります。
踏切が鳴ると江ノ電が来るので、慌ててカメラを持って撮るってのがまた楽しい(笑)



ざるそば
α57 + シグマ35mm F1.4 DG HSM。
小腹が空いたので蕎麦屋へ。 あれ?何だかピント合ってないような・・・まあいいか。



蕎麦屋からバス
α57 + シグマ35mm F1.4 DG HSM。
座っている席から入り口の方を見ると、扉の格子の向こう側が見えるので妄想。
コージ君に「向こう側を着物を着た女性が通ったら絵になるな」などと話していたんですが、
前を通るのは絵にならないおっさんとかばかりだったので、仕方なくバスを撮っておきましたとさ。



レトロな鎌倉
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。 江ノ電由比ヶ浜駅
コージ君は撮りたい物の目的があったようで、それが何かと聞いてみたら「ミモザ」という花だそう。
何やらどこかの人家に咲いているらしいとの事で、それをネットの情報で見たので行ってみたいと。
「そんな情報を晒される人家の住民も迷惑だな」と言いながら目的地へ。 



江ノ電が横切る
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
うわっ! また目の前を江ノ電が通過していきます。
人が二人並んで歩けるかどうか・・・みたいな細い道の先に電車とは(笑)



江ノ電線路
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
線路に出てみると、向こう側の踏切を女の子達が渡っている最中でした。
鎌倉のスナップって、こういうタイミングが醍醐味ですね。何ともアナログな世界が繰り広げられています。



ミモザ
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
そしてコージ君の目的だった「ミモザ」に到着。
個人的には「黄色い海ぶどう」ですわな。 きれいというより可愛い花でございました。
風が強いので撮るのに苦労しましたが、コージ君は一心不乱に撮影してましたです。



レトロな鎌倉


レトロな鎌倉
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。 ミモザ撮影の後は由比ヶ浜に行くことに。
レトロっぽい描写にしてみましたがどうでしょうか?
コージ君は、こういうのにあまり興味がないようで、さっさと歩いて行ってしまいます。



強風の由比ヶ浜
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
由比ヶ浜に来てみると、これまたえらい強風でございます。森戸海岸、永代橋に続いて、最近カメラを持って行く所々強風という悲運。
顔にバシバシ砂が当たって痛いし、この強風は萎えますな。



コージくんがゆく!
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
コージ君登場! 何を撮っているのかわかりませんが、何か撮っていたんでしょう。
素敵そうな人だから、顔を見たいという女性の方はコメント欄にご一報をください。ご紹介いたします(笑)



由比ヶ浜
α57 + シグマ35mm F1.4 DG HSM。



由比ヶ浜
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。



由比ヶ浜
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。



アンカー
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。



由比ヶ浜の砂紋
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
強風にもめげず材木座海岸の方までやってきました。
風が強かったので、砂紋がきれいに形成されているのではないか?と思ったのですがイマイチかなぁ。 
茅ヶ崎の方に行くと砂紋がきれいに出てる場所が多いのだけど、何か違うのだろうか?



由比ヶ浜の夕景
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。


由比ヶ浜夕景
α7R + FE 90mm F2.8 Macro G OSS。
材木座海岸から夕陽を見て、日没後に撮影終了。
日が沈んだら、さあ飲みに行くべ・・・という事で、おっさん二人は駅の方に向かって行ったのであった。
めでたし、めでたし。


ポチリよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-03-25 00:00 | 撮影記 | Comments(4)

前回からの続きです。
ノッチ師匠から逃走し、永代橋から箱崎ジャンクションへ向かいました。
この日は気温が低く強風でしたが、カメラと三脚をしまうのが面倒だったもので、そのまま持って移動しようとしたら、
アルミの三脚だったせいで手が冷たく「あ~あ・・・カーボンの三脚持ってくるんだった」と後悔。
しかし、後悔しているうち、あっという間に箱崎ジャンクションの下に到着しました。
とりあえず持っていた三脚を下ろし、そのまま撮ってみるかと撮影開始。



箱崎ジャンクション
撮影は α7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS。
なるほど・・・多くの人が15mm前後で撮影しているようなので出てきた構図に納得。
それなりにヤマタノオロチになってるけど、もうちょっと広い画角が欲しい感じはしますよね。
というわけで、三脚についていたα7Rを外し、α7RⅡ + HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalに乗せ換えで撮影してみます。



箱崎ジャンクション
どひゃ~!
全然構図が違う!(笑) 
あまりにも画角が広いもので、左側の信号なんかも入ってしまいました。
撮影する場所も狭いのですが、もう少し右側から撮ってみようと三脚を移動してみる事に。



箱崎ジャンクション
右の方に少し移動すると「駐輪禁止」という看板があって非常に邪魔でございます。
しかも、左側の入ってほしくない部分も出っ張ってくるようです。 12mmくらいだと微妙に入らないかもしれませんね。
もうちょっと何とかしてみようと・・・・



箱崎ジャンクション
三脚の脚を1本畳んで、ガードレールに立てかけるように前方にカメラを突き出してみましたが、
やはり微妙に左側の上部分が入ってしまいますなぁ。
画角を少し下げて、道路が入るような構図にしてみても厳しいか~。
仕方ないのでギリギリ行ける所まで右側に移動してみる事にしました。



箱崎ジャンクション
う~ん・・・この辺りがベターか!
手前の水銀灯や信号機が入ってしまうけど、これはアイテムの一部という事で納得できるような気もします。

ここは交差点なので、車の往来が多い場所です。
車のライトの光跡を入れる、入れないで写真が変わってくると思いますが、
そこを考慮するのであれば、信号のタイミングを計ってシャッターを押さないといけないでしょう。
ライトの光跡を入れたくない場合、さすがにシャッタースピード30秒とかだと長いので、
ISO200以上にして10秒から15秒くらいまでで設定した方が良さそうです。

もうこのくらいでいいか~と、時計を見たら7時40分くらいだったので「あと20分あるな」
機材を片付けて、またノッチ師匠の元に戻らないといけません・・・。

走れメロスの気持ちがよくわかりました。 あぁぁ・・・


ポチッとよろしくね~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-03-23 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

「飛び道具みたいなレンズ」と、オマケ扱いしていたHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalですが、
最近、自分が撮った写真を見てみると、その飛び道具で撮ったものが多い事に気が付きました。
50mm単焦点で撮る写真を「真面目な写真」というなら、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮った写真はネタなんでしょうが、
そんな10mmで一度撮ってみたかったのは「箱崎ジャンクション」

桜の時期になると、そんな物撮ってる時間もないと思い、今のうちに行ってみるかと計画。
箱崎ジャンクションから永代橋は目と鼻の先なので、そのあたりも少し撮れるだろうし、少し歩けば日本橋あたりでも撮れそうです。
GoogleMapを見ながら、そんな計画で撮影してみようと電車に乗って茅場町駅で下車。



茅場町スナップ
お天気がイマイチなのはいいとしても、風が強く吹いていて何とも寒いっす。
海で強風は仕方ないにしても、こんな都会に来ても強風とはツイてないな~と思う次第。




茅場町といえば、石原さとみさんがCMに出てましたね。
「茅場町に来たら気風がよくなりました!」と言っているので、自分も期待してみたいと思います。



茅場町スナップ
箱崎ジャンクションの撮影は、夜にならないと意味がないので、とりあえず永代橋に夕陽でも見に行ってみよう!と、
永代通りを橋の方に移動する事にしました。 撮影は α7R + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS のクロップ。



茅場町スナップ
途中、何とも光沢が美しい送水口!を発見! ちょっとマニアックすぎたかも。



桜と永代橋
永代橋のところまで来たら桜が咲いていました。
普通に撮っても背景が明るく、花が真っ黒に写るだけなのでストロボを取り出し日中シンクロで撮影。
何しろ強風だったもので、花がブンブン動くから撮れるかな?と思ったけど何とか・・・。



永代橋夕景
永代橋の上から夕陽を見ながら「あ~この時期は右側に太陽が沈むんだな」と納得し、
いちお夕景の写真もブログのために撮っておくか・・・と、撮影し終えてファインダーから目を外すと、
自分のすぐ真横に人の気配・・・・ん?何だ? と、そちらを見ると・・・
「あっ!師匠!」
ノッチ師匠がニヤニヤしながらこちらを見ているではないですか!

師匠が永代橋によく来ているのは知っていましたが、まさか本当に出会ってしまうとは思いもしませんでした。
冷静に考えれば、あのニヤニヤは「今日の連れを捕まえたぞ~」という事に他ならないはず。
そうなのです。自分は捕獲されてしまったのです。



永代橋の夕景


永代橋の夕景
ノッチ師匠が「夕景は上流側の橋から撮るのがいいんだよ」と、強制連行・・・じゃなかった。教えてくれて連れて行ってくれました。
しかも「ここは70mmくらいがベストなんだよ」と、ありがたいお言葉をかけてくれたので、
持ってきていた70-300mmにレンズ交換し撮影。 確かに師匠の言う通りきれいな夕景が撮れたのでありました。
師匠が「6時17分になったら永代橋に移動する」と言うので、明るいうちにまたレンズ交換して移動。



永代橋からの夜景
周囲はすっかり暗くなり、夕景から夜景に変わりました。
自分的にはこの風景が撮れればOKなんですが、師匠は屋形船の光跡を撮るのが目的なのであります。
永代橋に到着すると師匠が 「ここから撮るのがベストだから」 と教えてくれまして、そこに三脚をセット。
師匠は自分の横に三脚を置いて、屋形船がやって来るのを強風の中待ったのであります。

しばらくすると、上流側から屋形船がやって来るのが見えました。
師匠としては、予想より船のコースが右側だったようで、いきなり三脚を持って移動し始めたではありませんか!
その際、隣にあった自分の三脚を蹴り、せっかく船が来る前からシャッターを開いていたのに・・・



三脚を蹴られてブレた写真
あ~あ・・・ブレちゃったよ。
ファインダーで撮影結果を見て殺意が湧いてきました(笑)



屋形船光跡
気持ちを入れ替えて撮影続行しましたが、何ともやる気のない屋形船のせいで、ヨロヨロした光跡しか撮れず・・・
というか、自分は光跡を撮りたかったわけではなく、箱崎ジャンクションを撮りに来たわけで、
頭の中では「どうやって師匠から離脱するか?」という思考に!(笑)

「あの~師匠、箱崎の写真を撮りに移動したいんですけど・・・」と言うと、師匠は、
「俺は広角持ってないから行かない」と言うので、うお!よかったぁ~と、一人で永代橋を離れ箱崎ジャンクションに向かいましたとさ。

箱崎ジャンクションを撮って、そのまま帰宅してしまうのはさすがに申し訳ないと思ったので、
「師匠、帰りに飯食って帰りますか?」と聞くと、そうするという事だったので、
「じゃあ、8時にいつもの中華料理屋の前に集合にしましょう」 という事に!(笑)

時計を見ると7時前だったので、1時間ちょっとはあります。
逃走成功!! 箱崎ジャンクションの撮影は次の投稿で!



ポチリよろしくね~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-03-21 10:00 | 撮影記 | Comments(0)

久しぶりに立石に行ってみました。
立石といえば、定番中の定番と言っていいくらい有名な撮影ポイントです。
仕事関係の付き合いの人の中には高齢の人が多くいますが、昔は写真をやっていたなんていう人は大抵、
「あ~俺も立石によく通ったな」なんて言ってるわけです。
「シャッター開きっぱなしにしてさ、なんていうかこう、波をなだらかに撮るんだよね」なんて、
それっぽい事は言っていますが、長時間露光という言葉は知らないようです(笑)



立石夕景
自分の家はここから比較的近いし、近いからあまり来ないってのもあるんですが、
あまりにも沢山の人が、ここで写真を撮っていると思うと微妙な気分になったりもします。
しかし、何度見ても、やはり夕陽は美しいな~と改めて思ったりもして。



立石夕景
景勝地なので、遠くから旅行に来て立ち寄ったという人も多いようです。
カメラを持っていると、そういう方達にいろいろと聞かれます。きっとこの場所に詳しいと思うのでしょうな。
スマホやコンデジで夕陽を撮っている人が多いのですが、そういう人にこそ場所を譲ってあげないといけません。



立石夕景
夕陽の外側に輪っかができていて二重に見えますが、
先日、何かのサイトで読んだ情報によると、スギ花粉が大量に飛んでいる日は、こういう現象が起こるのだとか・・・・
事実かどうか検証するほどの事でもないので「ふぅ~ん・・・そうなのか」くらいなんですが、
5月くらいに来て、夕陽がこう写らなかったらそうかもしれません。



立石夕景


立石夕景
普段は太陽の動くスピードなんて気にしませんが、日没直前というのは夕陽の沈む速さにビックリします。
構図を変えようとして、ちょっとズームリングいじってる間に動いてますからね。



立石夕景


立石夕景
こうして夕陽が沈んでしまうと、周囲にいた観光客みたいな人達はぞろぞろと帰っていきます。
写真を撮る人は、日没から数十分が良いのを知っているので動く人はいませんね。
波打ち際に人が沢山いるので、風景写真としてはダメだと思いますが、それはまあ仕方ありません。



立石夕景


立石夕景
個人的には岩よりも、奥の方にある松の木の方が好きだったりします。
家から近いこの景勝地は、もうかなり見飽きている場所なんですが、それでも年に一度あるかないかという空の状態の日があり、
そういう空に出くわすと、ごく少数の人にしか撮れないという写真を手にする事ができるんですよね。

普段は仕事をしていて、週末にしか来れないとなると難しいのですが、
それでも「もしかしたら今日は・・・・」と思うと、たまに足を運んでしまう場所です。

この日は特に何がどうという写真も撮れませんでしたが、近いし時間のある時はまた来てみたいと思います。
一度でいいので、この場所で撮った写真をフォトコンに応募して入選してみたいものです。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-03-19 10:00 | 撮影記 | Comments(0)

定期的に通っている森戸海岸、葉山周辺は、風が強いこの時期あまり行きたくない場所でもあるのですが、
定期的に通う事が大切だという変な思い込みがあるので、何とか頑張って行ってみようと車を走らせてみました。
毎度、この定点撮影に来る時は、標準ズームと望遠ズームの2つのシステムを持ってくるのですが、
そろそろそれも面倒になり、便利ズームレンズを買うか、ゆりやんの持ってるRX10のようなカメラが楽なんだろうなぁ。



真名瀬漁港


真名瀬漁港
いつものように真名瀬駐車場に車を停め、車から降りてみると強烈な風が吹いておるではありませんか。
もう、この段階でモチベーションガタ落ちです(笑) 
この日は真名瀬漁港内でわかめを干していたので、物珍しいというのもあって撮ってみました。
撮影はα99+70-300mmですが、便利ズームだとここまでバシッと写らないんだろうなぁ~。



真名瀬漁港
そうこうしていると、強風の中釣り船が港に戻ってきました。
こんなに風が吹いていても、釣り船って出すもんなんだ? と思いながら見ていましたが、
ダイビングでもこのくらいの風なら何とかなりそうだと思えば、まあ釣りもできるんでしょうな。



森戸海岸
森戸海岸にやってきました。
風が強い日は、人があまりいないので何となく嫌な予感がしておりましたが・・・・・



森戸海岸
やっぱり人もあまりおらず、富士山が見えるわけでもないので何を撮っていいやら・・・
そうすると大抵ゆりやんからメールがやってきて「海はどう?」と聞かれるので「撮るものがないよ」と返信。



森戸海岸
風が強いのでヨットは全くいないようですが、ウインドサーフィンの人はパラパラといます。
海から上がってくるところはあまり絵にならないような気もしますが、撮るものがないからとりあえず撮ってしまう・・・



森戸海岸
散歩に来た感じのお姉さんも、あまりに風が強いものですぐに帰ってしまいました(笑)
普段だと犬の散歩をしている人とか多いのに、この日は風が強いから散歩中止って事なんでしょうなぁ。
地元の人はそのあたりの事情はよく分かっているんでしょうからね。



森戸海岸
気分を変えてみようとカメラを持ち替えてみる事にしました。
α7R + シグマ24-105mm F4 DG HSM、この日はAFが使えるようにアダプターはLA-EA4です。
どうもこのバギーは機嫌が悪いようで、顔が怒っているようにしか見えません。



森戸海岸
とりあえず何でもいいから、目の前にある物を撮ってみるしかありません。
いつも見ているフォトヨドバシの写真も、きっとカメラマンの方が「撮るものがないな~」と思って仕事しているような気がしてきました(笑)
手ぶれ補正のついていないシステムだけれど、昼間の撮影なら手ぶれ補正なんていりませんわな。
α7RはコントラストAFだから、スピードはイマイチにしても正確さは信頼できます。



森戸神社
仕方なく森戸神社の方にやってきました。
ここにも人がおらず、非常に寂しい撮影となりつつあります。
普段、じっくり見る事もないので、ちょっと中をウロウロしてみようと思ったのでありました。



森戸神社



森戸神社


森戸神社
酒樽の所に日が当たっていて、コントラストが面白いのか、面白くないのかわからないままスナップ。



裕次郎記念碑
裕次郎記念碑にやってきましたが、ここも風が強いせいで人がいませんでした(笑)
もうダメだ・・・人はいないし、風は強いし撮るものもない! と駐車場に戻る事にしました。



変なポスト
帰り際、独りぼっちでポツンと立っているポストに向かって、
「おぉ・・・ポストよ。おまえもか!」 とつぶやき、可哀想なので撮ってあげました。

こんな強風が吹く日に来たのはいいけど、撮るものもなく、ろくな写真が撮れない日というのは多々あります。
そうするとゆりやんからメールが来て「どうだった?」と聞かれるので、
「今日はろくな写真がないよ」と返信するのですが、最近この手の返信が多くてよろしくないです。

それでもまた来てしまう森戸海岸。 きっと明日はいいことあるふぁ~。




ポチリよろしくね~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-03-18 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

先日、秋葉原、東京駅の撮影をしましたが、あの日は昼間にゆりやんからメールがきて、「今日はどこに撮影に行くのか?」と聞かれ、
その時は全く決めていなかったのに、何故か突然東京に行きたいという気持ちになりまして、
秋葉原、東京の撮影となり、その写真を撮影、投稿したのですが、
後からあの日が3月10日だったと思い出し、考えてみたら3月10日は東京大空襲の日だったんですよね・・・・
忘れてしまっていた事が、日本人として恥ずかしいし、申し訳ないとは思いましたが・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/東京大空襲

今にして思えば、普段ほとんど行こうとも思わない東京方面なんですが、
急に東京の方に行きたくなった事が、偶然だったのか何だか不思議な気分でした。
今更ながらですが、心から手を合わせたい気持ちでございます。

さて、本題です。
今回で2回目になりますが、地元情報誌「よこかな」の表紙に、自分の撮影した桜の写真を採用していただきました。
http://yokohama-kanazawakanko.com/2018/03/09/yokokana35/
e0341572_11171942.jpg
自分の留守中に観光協会の方から電話をいただいたようですが、
電話に出たのが母親だったため「観光協会の人がなんちゃらだって~」という、
何ともいい加減な伝達で、その時は訳わからなかったのですが、どうやら、よこかなの表紙に写真を使わせてくださいという内容だったようです(笑)



(広報よこかな)  Volume35 表紙
この写真は入選はしましたが、入賞はできませんでした。
しかし、こうして地域の情報誌などに採用していただけるなど、地域貢献ができるという事は、
普段からカメラを趣味にする自分にとっては、非常に嬉しい事でありますね。




e0341572_11140991.jpg
この地域の情報誌の表紙の話題と同時に、今年も公募展が開催されまして写真を応募してまいりました。
3年続けて入賞をいただいておりますが、今年も入賞して4年続けて・・・となるかどうか。
今年はフォトコンテストみたいなのに、全然応募していないので何とか入選くらいはしたいものです。

第一次選考で入選できれば、またtaeさんにもお会いできると思いますので楽しみにしていますが、
結果の通知は4月になるようですので、ひたすら待つ事にいたしましょう。


ポチッとお願いします~
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-03-16 00:00 | フォトコンテスト | Comments(2)

自分が使っているメインのブラウザはFirefoxの64bit版なんですが、
少し前から自分のブログを見ると、写真のタイトルが表示されるだけで、肝心の写真が表示されないんですよね。
Internet ExplorerとGoogle Chromeだと問題なく見れるんですけど、なにかFirefoxの設定が悪いのかと調べても全然わからんです。 
原因と解決策を知っている方がおられましたら教えてくださいませ。
特典として、この御恩は一生忘れない事をお約束します。

本題に入ります。
秋葉原で電気街を撮影した後は、山手線で駅2つ分南下して東京駅で下車です。
長らく東京駅は工事中でしたが、昨年その工事が終わりまして、その後一度も足を踏み入れてなかったもので、
寄り道してみようという壮大な企画であります(笑)



東京駅


東京駅
東京駅に到着しました。
工事中の時は、駅を下りると目の前にバリケードみたいなのがあったので、すごく閉塞感がありましたけど、
そのバリケードもなくなって、駅の前はスッキリというか、だだっ広いというか・・・

とりあえず工事が終わったスッキリ東京駅を、お約束のKITTEガーデンの屋上から撮ってみましょう。



東京駅
どひゃ~!HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalで撮ると、周辺一帯が一網打尽ですわな。
昔はこの場所は三脚使ってもよかったのだけど、いつからか三脚、一脚禁止となりまして、夜景を撮るには一苦労ですよ。
手すりの上にカメラを押さえつけてISO200で8秒で撮ってみたら、やはりきちんと固定できないのでブレブレ。
仕方ないので少しずつISO上げてSS短くしながら模索したところ、ISO800で2秒くらいが安全圏でした。
まあ、α7RⅡでISO800くらいは高ISOとはいえないでしょうから無問題です。



KITTEガーデン
東京駅の方も撮ってみましたが、上から撮ると意外と暗いもんでございます。
三脚が使えればBULBで電車の光跡とか撮っても面白いんでしょうが、三脚が使えないから仕方ない。



KITTEガーデン


KITTEガーデン


KITTEガーデン
10mmだと後方から撮っても面白い事を発見!
KITTEからの風景はよく見るけど、こんな場所から撮ってるんだ~と分かりやすいと思います。
手すりの足元が明るく、後方が暗いのでコントラストが良い感じに見えます。



東京駅
大胆な構図で撮ってみると、屋上と東京駅真っ二つ!(笑)
三脚が使えないという理由で、写真を撮る人達が苦労しているのがお分かりになるかと思われます(笑)
確かに人の往来が激しい場所だし、通路も狭いから三脚禁止は妥当なんでしょうね。
風が強くて寒かったので、そろそろ下に降りて東京駅付近の撮影に移ります。



東京駅
東京駅の撮影といっても、周囲は広いだけで特に何があるというわけでもありませんが、
木が植えてあるので、この木を絡めて構図にしてみようとウロウロ。



東京駅


東京駅



東京駅
季節柄、木に葉っぱが全くないので、冬を表現しているようでいいかも。
撮影はα7R + 24-105mm F4 DG HSM、アダプターはLA-EA3です。フォーカスはマニュアル。
毎度のようにしつこいですが、解像力でないところの描写は、裏面照射じゃない7Rが素敵!というのが持論。



東京駅


東京駅
また個人的な意見ですが、このシグマの24-105mm F4 DG HSMも本当によく写るレンズだと思います。
光源を入れてもフレアやゴーストも出にくいし、欲をいえばもう少し光芒がキラキラしてくれるとよかったんですけどね。

このシステムで最高にいいと思うのは、マウントアダプターが三脚座になる事。
仮にEマウントのFE24-105mmを装着したら、三脚はカメラの裏にあるネジに止める事になると思いますが、
それだとレンズの重さがあって、もろフロントヘビーになってしまいます。
マウントアダプターのシステムだと、ちょうどカメラとレンズの真ん中あたりに三脚をセットする事になるのでバランス最高!

Aマウントはボディの底が大きいので、普通にボディの裏で固定しても安定するのだけど、
Eマウントはボディが小さいので、少し重たいレンズを付けると不安定なのが嫌なんだよなぁ。
FE70-300mmは持っていないのだけど、これを三脚に乗せて使ってる人は安定して使えるんだろうか?といつも思ってしまいます。

シグマのマウントアダプターは裏側に三脚のネジないんですよね。
あれでキヤノン用の24-105mm F4 DG HSMなんかを三脚の乗せている人も、意外と不安定なんじゃないかな?と思うのだけど、
そういう意味でもソニーのマウントアダプターは良く出来てると関心します。

三脚に乗せて使うならEマウントボディに、ソニーのマウントアダプター、Aマウントレンズってのが個人的には最高です。



東京駅
そんなわけでマウントアダプターについて、個人的見解を熱く語ってしまいましたが、
眼の前にいたカップルも熱かったというオチで、そろそろ撤収したいと思います。



毎度ポチっていただくおかげでランキング2位です。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村




ほっとフォトコンテスト





by momoken805947 | 2018-03-14 00:00 | 撮影記 | Comments(0)