人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 48 )

前にも書いた事がありましたが、
新型コロナ騒動で、誰よりもビビっていたのは自分で、
家族にスーパーの買物も禁止し、ネットスーパーで必要な物は購入していましたが、
配達された物は徹底的にアルコールで消毒、
新型コロナはエイズウイルスとのハイブリッドだという、
今にして思えばガセネタみたいな話を信じ、外国からエイズの薬まで購入。

海藻の「あおさ」が新型コロナに効果があると聞けば、
大量に買い込んで毎日味噌汁に入れて食べたり、
ウイルスに効果のある高額なアロマオイルを購入し、
外出時にはそれをマスクに吹き付け、
そりゃコロナデマにいくら使ったか分からないほど散財しました。

しかし、多くの情報やエビデンスが出てくると、
それが感染症ではなく、政治的な戦略だと徐々にバレてきて、
こんなものを怖いと思っていた事が馬鹿らしくなったので、
今は全く怖いとも思わず、マスクもしなければうがいもしてません。

なのでこの夏休み、好きな場所に行ける・・・はずだったのですが、
また政治的な戦略のせいで騒動が盛り返して来たので、
世間的な空気を考えると、好きな所に行けるというわけでもなさそうです。

自分が怖いと思っていなくても、
田舎の方に行けば、横浜ナンバーの車を見ただけで不愉快に思われるでしょうし、
なんかもうカオスな世界になってしまいました。

コロナ騒動と天気から夏休みの行動を考える_e0341572_10464930.jpg


夏休み中の横浜の天気予報を見ると、
(これもコロコロ変わるんだけどね)
来週の半ばは、微妙に天気が崩れそうな感じがするし、
富士山の方とか、信州方面は雨みたいですね。

コロナ騒動のせいで、移動する人は限定的な感じかもしれませんが、
出かけてもお店に入って食事はできないでしょうし、
コンビニで買って食事をして、車中泊しながら撮影もサバイバルです。

日帰りで座間のひまわりでも撮りに行ってみようかと思ったら、
今年は座間のひまわりは中止とあったのでこれもNG.
人が集まる場所は、軒並み閉鎖っぽいのでダメでしょう。

最近、α7SM3が発表されたとか、
シグマから新しい85mmのレンズが出るとか話題は多いですが、
肝心な撮影する場所や環境がどんどん縮小しているので、
ハードばかり進歩しても、どうなんだろうという思いです。

移動できない、食事もできない、
地方に行けば毛嫌いされる、人を誘うのにも躊躇する・・・

夏休みだけが長く、カメラやレンズの機材も売るほどあるのに、
どう夏休みを過ごすか?それが問題です。


いつもポチリありがとうございます
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2020-08-08 11:00 | その他 | Comments(0)

コロナ騒動にかき消されて、多くの事が誤魔化されてきたわけですが、
昨年の10月に実施された消費税増税が、正しかったのか間違いだったのかの議論が聞かれません。

現在、景気がどん底なのは、コロナのせいにされている雰囲気がありますが、
そもそも消費税を10%にした事での消費の落ち込みは、
GDPを7%落とすほどのインパクトでしたから、相当酷い結果だったのは事実でしょう。

そんな中で消費の落ち込みを軽減しようと、
キャッシュレス決済をすると5%ポイント還元しますという政策が、
今月6月いっぱいで終わるという事で、事実上これも増税の一種です。

カメラやレンズを買おうという人は、どう考えても6月いっぱいがチャンスであって、
7月からその手の製品は、一定レベルで売上が落ちるんでしょう。

個人的にはシグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS が気になっているのですが、
考えてみたら、今月中に予約しないと5%還元がなくなるわけで、
価格を考えたら、せいぜい5000円そこそこの損得の話なんですが、
どうせ購入するなら少しでも安く買える方がいいわけで、
ここにきてどうしようか迷ってしまいますな。


キャッシュレス決済5%還元が終わる前に・・・ _e0341572_21394867.jpg


シグマのHPで撮影した作例をダウンロードしてチェックしましたけど、
写りの良さはかなりレベルが高い印象です。
純正の100-400も素晴らしいと思っていましたが、
半額以下でこの性能が手に入るなら、破格と言っても過言ではないような・・・



最近、撮影のモチベーションもダダ落ちなもんで、
改めて持っている機材を見直してみたのですが、
レンズが23本も防湿庫に入っており、これらの数本は処分しようと考え始めています。

多くの人はボディやレンズをあれこれ欲しいと考えると思いますが、
機材はなるべくシンプルにした方がいいと思います。
レンズが欲しいと思った時には、
それが欲しいだけなのか? 本当に必要なのか?
そこのところをよく考えた方がいいかもしれません。






by momoken805947 | 2020-06-28 09:30 | その他 | Comments(0)

自粛太りが気になって、4日間くらい食事制限をしたところ、
微妙に体重が落ちたので、気を良くして再度ウォーキング計画です。

あまり遠くには行けないので、
普段の活動エリア内にしておこうと考えまして、
いつも行ってる森戸海岸から歩いて帰って来ようという計画にしました。

歩きながら撮った写真ばかりなので、
何の作品性もないと思いますけど、記録という事で投稿していきたいと思います。



柴崎バス停
そんなわけで、いつも車を停めている駐車場の前にあるバス停、
「芝崎」までバスに乗ってやってきました。
先日、電車に乗ったのが4ヶ月ぶりくらいでしたが、
バスに乗ったのは、おそらく1年ぶりくらいかと・・・



真名瀬駐車場
湘南エリアの駐車場は軒並み閉鎖中ですが、
ここも例外ではなく閉鎖しておりました。



真名瀬漁港
すごく久しぶりに来たような気になりましたが、
風景自体は何も変わっていない様子。



漁港立入禁止
普段、漁港の中に入るという事はないのですが、
コロナ前は釣りをする人がいたので、
コロナ騒動後は立ち入りが禁止になったようです。

ただ、緊急事態宣言が解除されても入ったらあかんとなっており、
「終息宣言」が出るまで立入禁止だそうです。
もう、永遠に入れないかもしれんね。



森戸海岸
いつもの森戸海岸にやってきました。
例によって「海岸への立ち入りはお控えください」とあります。
しかし、お控えしている人はいませんでした(笑)

ワイドショーだと、こういうシーンを撮って「けしからん」と煽るのでしょうが、
だいたいこんな場所を「控えろ」という方が愚策で、
人々が海岸に躊躇なく入っていくのは、
政治に対して何の信頼もないというのが根本的な原因だと思います。

皆さん元気でいいじゃないですか!
太陽の日を浴びて、ビタミンDを沢山作りましょう!
何よりも有効なコロナ対策ですよ。



森戸海岸
多くの人は良識ある判断がありますよ。
家族単位でまとまっていますが、
それぞれの単位は、かなり距離をとって離れています。

今回は写真を撮る事が目的ではないので、
海岸を北上して自宅の方に移動していきます。



森戸海岸
海岸を横断し、いつもの「漁師仕事場」の前



森戸海岸
個人的に好きな落書きの前を通り・・・



葉山の通れない道
葉山マリーナの手前で道路に出ましたが、
道が狭くて通られへん(笑)
この辺りは本当に道が狭いんですよねぇ。



葉山マリーナ
葉山マリーナから・・・



鐙摺港
先日、来たばかりの鐙摺港にやって来ると・・・・



鐙摺港のお兄さん達
お兄さん達が釣った魚をさばいていました。
刺し身で食べるんでしょうけど、うまそうだなぁ。



レストラン ラ・マーレ
一度も中に入った事はないレストラン、ラ・マーレの前を通り過ぎ



渚橋
渚橋までやってきました。
緊急事態宣言中でしたけど、かなり車多かったです。
まあ、ここはいつも混みますからね。



逗子海岸
ちょっと逗子海岸も覗いてみましたけど、
それなりに人はいましたね。
「立ち入りは控えましょう」なんていう立て看板を見て、
海岸に入らないようなヘタレ国民じゃなくてよかったです(笑)



逗子海岸から駅へ向かう
逗子海岸を後にし、どんどん歩いていきます。
もう結構歩いているような気がしますが、
家まではかなり遠いので頑張らないと!



神武寺駅前
京浜急行「神武寺駅」の前までやってきました。
EXIFで時間を見たら、逗子駅からだいたい30分ですね。



池子隧道
こんな道まで歩かないといけません。



池子トンネル
ふぅ、ようやくここから横浜市です。
かなり足も痛くなってきましたが、もう少し頑張って歩かないといけません。
この後は疲労困憊で、写真を撮るのを忘れました(笑)

結局この日、何歩歩いたかというと・・・・

森戸海岸から家まで歩いて帰ると何歩あるのか?_e0341572_15383086.jpg


13950歩!
距離にしておよそ10km、時間にして2時間13分だそうです。
消費カロリーは622kcalという事ですが、
サッポロ一番味噌ラーメン食べたらチャラですな(笑)
(調べてみたらサッポロ一番味噌ラーメンは445kcalでした)

いや~車だと遠いと思った事はありませんが、
歩いてみるとえらい遠いと思いました。

ほとんど休憩もしないで歩き続けたので疲れましたが、
休憩入れながらなら、一日30000歩とかいけるかもしれませんね。

しかし、緊急事態宣言が解除されたら、
ちゃんと写真をメインで撮りたいので、
もうこんなに歩かないと思いますけど・・・(笑)







by momoken805947 | 2020-05-25 17:00 | その他 | Comments(0)


本日はGWも後半の5月4日です。
朝から雨が降っており、天気が悪いと自粛日和ですね(笑)

サイエンスの世界では、
自粛や隔離が人々の命を奪っている事を証明していますが、
https://indeep.jp/incorrect-quarantine-is-killing-people-in-vain/

この事は、真面目な人ほど健康リスクが大きいと物語っているわけで、
個人的には感染リスクを回避しながら、
軽い散歩くらいはするべきでしょう。
命と健康は何よりも大切である!という精神は、
一歩も譲るつもりはありません。

「おまえみたいな奴がいるから、感染者が減らないんだ!」
という、抗議があるのでしたら、
甘んじて受けるのでコメント欄にどうぞ。

さて、今日は情報です。
コロナウイルスに感染しないようにするには、
何よりも免疫力が重要だとずっと言われていますが、
研究の結果、
ビタミンDが有効だというデータが出てきました。


「外出禁止が新型コロナウイルスの感染と重症化のリスクを増大させている」
太陽光により体内に生成されるビタミンDが感染症予防に劇的に有効であることが発表される


https://indeep.jp/irish-study-reveals-vitamin-d-could-help-to-fight-against-coronavirus/

ビタミンDといえば、
日光を浴びる事で体内生成される事を多くの人が知っていると思います。

自粛や隔離は、基本的に屋内待機ですから、
日光を浴びる機会を奪っているわけですし、
コロナウイルスのみならず、
多くの感染症に対する免疫力が落ちるそうです。

さらにコロナウイルスは感染後に軽症か、
重症かで運命が分かれるのは承知の事実でしょうが、
ビタミンDはコロナウイルス感染後の重症化も防ぐそうです。

「ビタミンDでコロナ重症化は防げる?」
https://golden-tamatama.com/blog-entry-vitamin-d-protect.html

この事から思い出していただきたいのは、
自宅待機していた方が、
重症化して亡くなったというニュースがありましたよね?

ここからは想像ですが、
亡くなった方は、自宅待機で日光を浴びていなかった事が、
重症化になった一因では?と考えます。
日光を浴びていれば、亡くなる事はなかったかもしれません。

貼り付けたリンク内には、
ビタミンDを含む食品の紹介や、
日光をどのくらいの時間浴びればよいかが記載されているので、
是非、参考にしてみてください。

政府や都知事のオバハン、テレビに出ている専門家達は、
こういった最新の科学を模索するような事をしないので、
「家から出るな」と、子供でも言えるような事しか言いませんが、
家の中でじっとしている事こそ、
感染リスクを高めている可能性を考えましょう。

最近、コロナが怖いと縮み上がっている人が多いと聞きますが、
知識こそ最大の防御策だと思います。
日光を浴びて免疫力を上げましょう!
自分の家の庭とかベランダでもいいわけですからね。









by momoken805947 | 2020-05-04 11:00 | その他 | Comments(2)

日付は5月になりました。
今月6日までと言われている緊急事態宣言は、
大方の予想通り延長戦に持ち込まれそうですが、
安易に延長してしまうと、観光業や飲食店の打撃が大きいと思うので、
感染リスクと経済的リスクのバランスをきちんと考えていただきたいものです。

個人的にもう一度、
この問題が経済活動を止めてまで緊急事態なのか?
他のリスクと交えて考えてみたいと思います。

緊急事態宣言は延長されるのか?_e0341572_23505494.jpg

4月30日までの統計を見ると、
新型コロナで亡くなっている方は415人となっています。
これは1月23日からの統計のようなので、
おおよそ3ヶ月間の合計死亡者数だと考えればいいようです。

緊急事態宣言は延長されるのか?_e0341572_14031428.jpg

こちらは同じ感染症であるインフルエンザです。
2019年だけで3252人の方が亡くなっています。
こちらは年間の死亡者数です。

新型コロナの死者数415人を4倍し、
統計期間の帳尻を合わせると1660人になりますが、
新型コロナの死亡者数は、
インフルエンザの死亡者数の半分にしかなりません。

インフルエンザ死亡者数で、
特に注目していただきたいのは2019年の1月ですが、
この月だけで1685人の方が亡くなっています。
この月は1日に平均54人の方が亡くなっていた事になります。

現在、新型コロナで経済活動や人の動きを止めている事を考えると、
少なくとも2019年1月は、
緊急事態宣言を出さないといけない状態だったのではないでしょうか?



緊急事態宣言は延長されるのか?_e0341572_23401823.jpg


こちらは交通事故で亡くなった方の数です。
2019年には3215人の方が亡くなっているので、
ほとんどインフルエンザの死亡者数と同じであります。

交通事故で亡くなった方を365日で割ってみると、
1日に平均9人の方が亡くなっている計算になります。

しかし、今まで交通事故で毎日9人が亡くなっているので、
交通を止めますという話を聞いた事があったでしょうか?

これは交通事故で亡くなる方が出るという被害よりも、
社会が受ける恩恵の方が大きいという背景があるので、
交通を止めるとか、自粛をさせるという事はありませんでした。

つまり社会というのは、
ある程度のリスクを受け入れながら動いているものだという事です。

この考え方は、社会を動かしていく上で、
妥協点を模索しながらだと思いますが、
現在問題になっている、新型コロナ感染症については、
そのリスクの大きさを考慮すると、
経済活動を止めてまで危機的な状況なのか?
非常に疑問です。

失業率が1%上がると、
自ら命を断つ人が2000人から3000人くらい増えると、

京都大学の藤井聡教授は言っておりましたが、
現在まで415人という、
新型コロナで亡くなった人の数をどう考えるか?

ちなみに癌で亡くなる方は、
日本では年間40万人くらいらしいのですが、
この数は1日に1000人近い方が亡くなっているという事になります。

ワイドショーは、明けても暮れても新型コロナをやっていますが、
癌で亡くなる人の多さを考えれば、
ハムやソーセージのような加工肉が、
最も発がん率の高い食品である事を伝えないといけないし、
パンの原料である小麦は、グリホサートで汚染されているので、
パンを食べないようにしましょうと喚起しないといけません。
それどころか最近は、ラウンドアップのCMまでやっている始末。

新型コロナ、武漢ウイルスの問題は、
何かおかしいし、矛盾だらけな問題だと思います。








by momoken805947 | 2020-05-01 11:30 | その他 | Comments(0)

自分はだいたい1ヶ月に1回のサイクルで髪の毛を切るのですが、
ここのところ例の騒ぎで床屋に行きそびれ、
2ヶ月くらい放置していたので髪の毛ボサボサ。

普段は1000円カットに行っているのですが、
1000円カットは大抵混んでいるし、
それほどの売上減でもないと思ったので、
こういう時期だし、きっとお客さんも減っているであろう、
地元の床屋さんに行ってみる事にしました。

車では前を何度も通っていますが、
お店の中に入ったのは初めてで、扉を開けて店の中に入ってみると、
お客さんのおじさんが一人と、
店の主人らしき人が、そのおじさんの髪を切っておりました。

椅子が3つあったので、
きっと他のスタッフもいるんだろうな・・と思っていたら、
店の主人が奥の方に人を呼びに行き、
出てきてくれたのは多分、奥さんであろうと思われる女性でした。

お店の中には、コロナに気をつけているという告知がされており、
マスク、手洗い、消毒を徹底してやっていますとの事。

理容という、人と人との距離が近くなってしまう商売は大変だなぁと思います。
自分を担当してくれた奥様らしき方は、
手作りっぽい大きなマスクをしていて、
眼鏡をしていたせいか、どんな顔をしているのかも分かりませんでした(笑)

個人的には、コロナウイルスに感染する確率は、
インフルエンザの1/1000程度だという認識だし、

(武田邦彦氏が計算して出したデータです)
あまり怖いとは思っていないのですが、
話かけたりして喋るのも、あまり歓迎されないと思い黙っていました。

たまに合わせ鏡で、後ろの方を写して、
「こんな感じですがいかがでしょうか?」と聞かれるので、
「はい、結構です。ありがとうございます」と返事する程度。

カットだけのコースを選んだので2000円程度でしたが、
それでも20分から30分くらいかけてカットしてくれて、
いつも1000円カットでやってもらっているせいか、
今回はすごく作業が丁寧に見えて、街の床屋さんはいいもんだなぁと思いました。

コロナ騒動で人とお金が動かない今、
床屋さんのような商売は、お客さんも減っていると思うし、
やっていくのも大変なんだろうなと想像しますが、
今後は、お客さんが沢山来ている1000円カットではなく、
街中で頑張っている床屋さんに通おうと思います。

街の人の一人一人が、そういう意識でお金を使ってくれれば、
床屋さんもそうですし、
小さなお店も何とかやっていけるのかもしれません。

最近はコンビニに入る時も、
駅前の人が沢山入っている店より、
裏通りにあって、なかなか集客が難しそうな店に入るようにしています。

自分ひとりがそんな風にしたからといって、
そのお店が生き残れるとは思えませんが、
今、この国に大切なのは、自分だけよければ良いという事ではなく、
皆で生き残っていくんだという精神かと思います。

安いといって1000円カットに行っている方、
街の床屋さんに行ってみてください。
多少、料金は高いかもしれませんが、

(自分も収入が減っているので勇気はいりますが・・・)
その丁寧な作業と技術は、

感動があるかもしれませんよ。

こちらの方もよろしくです!

https://seyana.exblog.jp






by momoken805947 | 2020-04-28 00:00 | その他 | Comments(0)

明かり消えた野毛の街

「明かりが消えた野毛の街」というタイトルで、
東京新聞の記事をみつけました。



野毛の飲み屋街といえば、
安くて美味しいお店が沢山あって、
リーマン・ショック当時、付き合っていた彼女とよく足を運んだものです。

どんなに景気が悪くても、人が多くて活気があり、
野毛の飲み屋街は、どんなに不況でも生き残れるんだろうと思ったものです。

写真を撮るようになって、
ここには何度かカメラを持って行きました。

明かり消えた野毛の街_e0341572_23150036.jpg


明かり消えた野毛の街_e0341572_23153083.jpg


明かり消えた野毛の街_e0341572_23160524.jpg


2018年9月に撮影した写真ですが、
野毛の風景といえば、けしてきれいな街とは言えないけど、
多くの人が集まる伝統的な雰囲気で、
これぞ横浜!という風情だと思います。

どんな不況でも活気があって、
お金がなくても楽しく過ごせる庶民の最後の砦でした。
しかし、まさか感染症のせいで、
こんな状態になるなんて思ってもいませんでしたね。

早く緊急事態宣言が解除されて、
元の活気ある野毛を取り戻して欲しいものです。







by momoken805947 | 2020-04-27 00:00 | その他 | Comments(0)

働くという戦い

なんかもう、現状の事を話題にすれば暗い話になるし、
何か明るい話を書こうと思えばネタもなく、えらい時代になったなぁと思いますが、
それでも生きていかないといけないので、なるべく前のめりにいこうと思います。

今日の朝、あまり仕事の事を聞いてきたりしない母親が、
「仕事の方はどうなんだい?」と言うので、
「あぁ・・まだまだ戦えるわ」と返すと、
「戦える・・・・か」と、ボソッと。

我に帰ってみると「戦える」という言葉を無意識に使ってましたが、
自分の気持の中では、既に戦いになってるなと思った次第であります。

おそらく多くの経営者の方が格闘技のような事になっていると思います。
会社が儲かっていても、資金調達がショートすれば倒産だし、
資金と仕事を集めるのに大変なのではないでしょうか?

リーマン・ショックの時は、仕事は非常に少なかったのですが、
感染症のコラボがなかったので、
自分の足を使って営業に走り回れたのですが、
今は状況が違うので、営業なんて行こうもんなら、
「こんな時に用も無いのに来るなよ」と言われかねません。

先日、うちの会社に営業の人が来たのですが、
腰が引けたように遠慮しているので、
「あ、いいよ。うちは(コロナ)気にしてないから」と言うと、
すごいホッとしたような顔で、
「どこに行ってもばい菌扱いで・・・ありがとうございます」と、
営業であちこちまわらないといけない人は大変そうです。

結局、その営業の人は、他に行くところもないようで、
えらい長い時間雑談して帰りましたが、
営業をしている方にお伝えしておきたいのは、
こうして時間を潰せるような会社、企業を作っておく事です。
もちろんそこには良好な人間関係が必要ですが、
こういう時代になると、その重要性がよく分かると思います。

一方、働いている人を捕まえて、
ばい菌扱いするような人、会社はどうかと思いますけどね。
そういう人情もない会社は、売るものだけ売って割り切るしかないと思いますが、
社会が良くならないのは、こういう部分だと思います。

皆さん、仕事をしているのですから、
そこはお互い様という事で尊重しないといけません。
自分が客なら、何をしてもいいというわけではないでしょう。

経営者も大変ですが、雇用されている人も大変ですよね。
いつリストラにあうか、会社が倒産するかという不安もあると思いますし、
多くの人がヒヤヒヤしているんでしょう。

自分は経営者なので、そのへんの事情をお伝えしておきます。
昔は、会社が危ないと社員、従業員には何となく分かったものですが、
今は会社のピンチを内部の人間に悟られると、
そこから周囲に情報が漏れるので、
会社は従業員や社員に最も警戒しています。

ここ数年、よく聞く話として、
月曜日に普通に出社したら、会社の入り口に張り紙がしてあって、
週末のうちに会社倒産してた・・・というのは数件ありました。
これからGWなので、連休が明けて会社に行ってみたら・・・
というのは、それなりの数ありそうな気がします。

自分の会社がどういう状況か知りたい場合は、
そこで働いている社員、従業員よりも、
取引している会社の方が状況を把握している場合が多いので、
出入りしている業者、取引先の人と仲良くしておくのがいいと思います。
もし、その人が知っていれば、こっそり教えてくれるという事もあるかもしれません。

今後、多くの企業が売上を大きく落としたり、
赤字になったりという事が予想されるし、
皆さんの給料、手取りに影響が出るという事も大いにあるでしょう。

影響の度合いもありますが、
今、職を変えようとしても、おそらくどうにもならないでしょうし、
多少、収入が減るような事があっても、
今働いている場所に、何があってもしがみつくべきだと思います。

経営者の方は、
この時期、新規で出てくるような仕事は警戒すべきで、
仕事にありつけた!と喜んでいると、不渡り食らったりする可能性も高いです。

このような危機的な不況になると、
信用できる人、企業が支えになる一方、
人を騙して・・・というのも沸いてくるので注意が必要です。
経営者は、四方八方に神経を尖らせないといけないと思います。





by momoken805947 | 2020-04-24 17:00 | その他 | Comments(0)

自粛、自粛、家から出るなという話題ばかりですが、
湘南方面は駐車場の閉鎖から始まり、いよいよ海岸を封鎖しろという話にまでなっています。
前の日曜日の19日には、江ノ島周辺の海岸は人出が多かったようで、
その様子を写真や映像で観た人達が、
よってたかってSNSで袋叩きにしているようです。
今回はちょっとその件について、振り返ってみようと思います。

まず、報道の始まりは今年の1月下旬あたりだったと思います。

自分は元々、潔癖症なので、東南アジアの方に旅行に行けば、
アルコールシートであちこち拭きまくるような人間です。
また、感染症について興味があり勉強した事があったので、
感染症の怖さというのを中途半端に知っていました。

2月の最初の週末、沖縄にいる友人が地元に帰っているので、
会って一緒に飲もうと連絡が来たのですが、
その頃から自分はビビりまくっていたので、
飲み屋みたいな場所に行くのは嫌だな~と思っていました。
かと言って、せっかく沖縄から帰ってきている友人に、
ウイルスが怖いからやめておくとも言えず、焼き鳥屋で飲む事となります。

その頃は沖縄の友人も今ほど気にしている様子もなく、
街を歩いていてもマスクしている人なんてほとんどいませんでした。
仕事でもマスクをしてくる営業もいなかったし、
その度に、誰も気にしてないという事が非常にストレスでした。

目からも感染するという情報を聞いてからは、
外出する際にはメガネをするようにしました。
取引先の事務所に入るのが怖くて、とにかくすぐに出たいと思っていましたが、
事務所の中の人達は、マスクしている人もおらず、
「あれ?メガネ?」と言われるので、
「ええ、そろそろ花粉が・・・」とか言いながら誤魔化しました。

撮影活動は、2月2日に森戸海岸に行ってからは、
外に出るのが怖いので、ずっと週末は家に籠もっていました。
その頃、自粛している人なんてほとんどいなかったし、
SNSにはいつもと変わりなく写真が投稿されていたと思います。

この頃はマスクが買えないなどという事もありませんでしたが、
この先、必ずマスクやアルコールが買えなくなると予想し、
マスクとアルコールを多めに購入しました。
おかげで今となっても、それらが足りずに困るという事はありません。
しばらくしたらマスクもアルコールも買えなくなり、
それは今も進行している状況なので、皆さんの知っている通りです。

次に撮影に出たのは3月22日です。
海のような広い場所であれば、感染リスクはないだろうと思い、
また森戸海岸に行きました。
平時なら帰りにラーメン屋に寄って、その後、コンビニで酒を買って帰るのですが、
建物の中に入るのが怖いので、
どちらにも寄らず、まっすぐ車で家に帰りました。

さて、ここまで書くと、いかに自分がビビっていたかお分かりかと思います。
自分が一番ビビっていたのは、誰も気にしていない頃だったというのが変ですが。
(今はカラクリが分かったので、もう全くビビってません)

3月後半になってくると、だんだん自粛ムードになっていきます。
それでも多くの人が週末になると出かけていたので、
皆が自粛しないと感染が収まらない!と思うようになりました。

自粛は皆で協力してやらないと意味がないし、
全く周囲の空気が読めない人達に、苛立ちすら感じていたのはこの頃です。

桜が咲く頃になると、カメラを持って桜を撮りに行きたいと思いましたが、
桜がある場所は人が多いはずだし、感染が怖いので行くことはありませんでした。
カメラ仲間が桜の写真を投稿しているのを見ると、
まだカメラを持ってウロウロしている人がいるのかと腹も立ちました。

しばらくすると、商売しているお店の営業を自粛しろという話になり、
危険なウイルスが蔓延しているのだから、これは仕方のない事だと思いましたが、
政府は休業する店に対して、補償をしないという態度に出ます。
お店の人は相当困るだろうと思いましたが、
それでも危険なウイルスが広がったヤバいのだから・・・という思考でした。

週末はずっと自宅に籠もっていましたが、
相変わらず知り合いは、桜の写真を投稿していて「いい加減にしろ」とさえ思いました。
それについて非難するという事はしませんでしたが、
ある日、非常に重要な事に気が付かされる事になったのであります。




このまま国民が過度な自粛を続けると、
感染症で死ぬ人より、経済的な理由で命を断つ人の方が多くなってしまう・・・

私は謝らないといけません。
家から出るな自粛しろ!という考え方は、あまりにも短絡的で無知だったと・・・

というわけで、今どう考えているかという続きは、
https://seyana.exblog.jp/31005560/

こちらの別ブログに書きました。

今、自粛をしないという理由で、
国民が国民を袋叩きにしている構図が浮き彫りなんですが、
これは当初の自分と同じ「何も考えてない」事に気が付きましょう。

かといって、カメラを持ってウロウロしていいのかと言われればそうではなく、
自粛という事で、外出を極力控える努力をしている人もいますし、
感染者が来てくれたら困るという地方や島もありますから、
そこは良識ある判断が必要だとは思います。

考え方は「疫病恐慌曲線」です。

外出する際は、なるべくお金を使う!という事で。










by momoken805947 | 2020-04-22 19:30 | その他 | Comments(0)

かなり前からTwitterのアカウントを持っていたのですが、
ほとんど見る事も、何か発信する事もなく放置していました。
この問題が始まってから、世間の様子をモニターするのに閲覧が増えたのですが、
個人的な印象としては無法地帯で、ここに来て自粛しない国民叩きばかりと、
内容のない安倍批判ばかりなので、あまり価値もないと思いアカウントを削除しました。

当然、全てのツイートを閲覧しているわけではないので、
立派な発言をする人や、するべき政治批判をしている人もいると思うのですが、
主観で見る限りは少数だったように思います。

先日、車の中でFMヨコハマを聽いていたら、
若い女の子の投稿で、Twitterの中でお父さんのアカウントを見つけてしまったというのをやっていました。
お父さんのアカウントを見つけるのは簡単で、
自分の名前にちょっと数字が入っている程度だったそうですが、
投稿者の女の子が、お父さんのツイートしている内容を読んだらビックリしたそうです。

家にいるお父さんは非常におとなしい人で、
お母さんに何を言われても反論もせず、じっと我慢しているような人らしいのですが、
Twitterの中では、まるで世の中のご意見番のごとく振る舞い、
世間に物申す的な雰囲気で、家にいる時と全く別人だったそうです(笑)

この話を聞いて思うのは、SNS上での発信というのはきっとそんなもので、
普段、大人しくて、人とろくに会話もできないような人が豹変し、
SNSの中では他人を攻撃する・・・というような事が多々起こっているんだろうと思います。

そう考えると、画面に顔を出して悪態をつくような百田尚樹さんのような人はフェアで、
批判は全て顔と名前で受け止めないといけないので正直だと思いますよ。
ごく稀に良い事を言うと思う時もあるし・・・

このブログも知り合いが沢山読んでくれていて、
自分の顔も名前も知っている人が多いので、
うかつな事は書けないなと思っていますが、
最近、世の中の事について書く事が増えたので、
既に気持ち悪い人認定されている可能性は高いですね(笑)

本日は4月19日(日)ですが、
空を見ると良い天気で「あ~カメラ持って外に行きたいなぁ~」と思いますわな。
皆さんも同じ気持ちだと思うのですが、
お互い、辛いのだと思って我慢するしかないですね。
あとで買い物のためにちょっと出かける程度はできると思うので。



by momoken805947 | 2020-04-19 12:00 | その他 | Comments(0)