人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 34 )

ここ最近、新しいカメラボディが欲しいとか、新しいレンズが欲しいというのもあまりなく、
物欲のない仏の心に近づいておりますが、
製品情報なんかは見るだけで楽しいので、暇があるとちょくちょく覗いていたりします。

普段はブログの記事にしようという話題もほとんどないのですが、
ちょっとすごいセンサーの話が出ていたので記事にしてみます。

e0341572_20234289.jpg
小難しい事をどうこう書いても仕方ないので簡単にいきますが、
上の IMX555CQR というのは、ソニーが準備しているという噂のイメージセンサーのようで、
何がすごいって画素数が100MP、1億画素ですよ!

現在、高画素機といわれるα7RⅢやα99Ⅱでさえ4200万画素ですから、
1億画素というと、その高画素機の約2.4倍!
そりゃ~驚くほど綺麗に撮れるのでしょうが、
こんな画素数のカメラが必要なんでしょうか?

あ、いや、必要な人もいるでしょう。
駅の広告にするような巨大なポスターを製作する用途とか、
何か緻密な物を広範囲に撮影するとか、
壮大にトリミングできるから便利とか・・・
あまり思いつかないけど、必要な人は多分いる。

そういう必要な人は大多数じゃないと思うので、
ここは普通の一般的なユーザーからの視点という事ですが、
個人的にはカメラの画素なんて、2400万あればいいじゃん!と思ってるし、
4200万画素のボディは持ってるけど、
街中で猫を撮るには必要ないわけで、
むしろ、画素数が多いとファイルサイズも大きくなるし、
Lightroomで現像する際にも、処理が重たくなるのでかったるいわけです。
データの保管も容量を食いますしね。

この化物みたいな1億画素センサー、もしかしたらα9Rに搭載される?
http://digicame-info.com/2019/04/100mpimx55cqr.html

一体、どのくらいのユーザーが欲しいと言って買うんでしょうか?
自分が使うとしたら、すごい感動的な風景のシーンがあって、
その1枚をこのカメラで撮りたい!って感じかなぁ。
1億画素のカメラで街中スナップ? しないでしょ~(笑)

興味半分で購入して「モデルさんの鼻毛までくっきり写る!」とか、
そんな話題で持ち切りになりそうですわな。


いつもポチっていただいてありがとうございまする。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-04-05 20:46 | その他 | Comments(0)

昨年の年末、お台場のでの花火撮影の際、
エーデルさんが小林鉄斎さんの写真展のパンフレットを持ってきて、


鉄斎さん写真展
「こういう写真が撮りたい」というので、「あ~鉄斎さんですね」と言うと、
知ってるんですか?と聞かれまして、個人的には全く面識もないのだけど、
ゆりやんが知り合いのようで、たまに鉄斎さんと海で会ったとか話題になるんです。


そんなわけで「ゆりやんが知り合いみたいですよ」というとビックリしてましたが、
そんな鉄斎さんの写真展を茅ヶ崎でゆりやんと見てきました。



鉄斎さん写真展
ゆりやんの知り合いが、ワールド・フォトグラフィック・カップ2019日本代表ですからすごいですね。
あ、別にゆりやんがすごいんじゃなくて、鉄斎さんがすごいんですが(笑)



鉄斎さん写真展


鉄斎さん写真展
写真が展示してある左側を見ると、写真撮影OK、SNSへの投稿OKって書いてあったので、
ポケットに入っていたRX100を取り出して撮影しました。



鉄斎さん写真展


鉄斎さん写真展


鉄斎さん写真展


鉄斎さん写真展
αcafeやInstagramを見れば、綺麗な写真なんていくらでも見る事ができますが、
鉄斎さんの撮る写真は、言葉でうまく表現ができないのだけど、
感性に体当たりされるような迫力がありますよ。
写真に押されるっていうんですか? ぶつかってくる感じです。
こういうすごい写真は、なかなか拝見する機会がないので貴重でした。



鉄斎さん写真展
自分のような素人とは、やはり目の付け所が違います。
この写真は目が釘付けになって、しばらく眺めてしまいました。
機材がどうとか、現像技術がどうとか、そういうのを超越したものがあります。



鉄斎さん写真展
肉まんみたいな帽子を被ったゆりやん!


本当にすごい人の写真って、見るだけでエネルギーもらえる感じがしていいですね。
あまり写真展とか見に行かない方なんですが、小林鉄斎さんの写真は足を運ぶ価値があると思います。

https://www.townnews.co.jp/0603/2018/12/14/461714.html

鉄斎さんの写真展は、1月27日までイオンスタイル湘南茅ケ崎で見れますので、
興味のある方は是非、足を運んでみてください。



いつもポチッていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-01-16 12:00 | その他 | Comments(0)

1月12日はサークルGαsha!で江ノ島撮影会が予定されており、
まとめ役、幹事は自分だったのですが、天気予報は雪が降るとか降らないとか曖昧で、
前日になってみたら曇りになりましたが、直前には雨という何ともグダグダな予報。

当日の朝、かなり雨が降っていたので、ノッチ師匠に「どうしますか?」と相談したところ、
「ダメなら江ノ島水族館に行けばいいからやろう」と言うので中止にせず、催行という形で掲示板で連絡。

その後、どっとキャンセルが出ましたが、それでも集まってくれる方たち13名。
さて、どうなることやら・・・と江ノ島に13:30集合となりました。



江ノ電江ノ島駅


江ノ島駅の雀たち
わたしゃー幹事なので早く到着せな!という事で、12:50には江ノ島に到着。
江ノ電でやってきましたが、集合は小田急線の片瀬江ノ島駅なので徒歩で移動します。



片瀬江ノ島駅
片瀬江ノ島駅にやってきてみましたが、さすがにまだ誰も来ていませんでした。
この日は幹事という事で、ちゃんと撮影するとか無理なのでRX100M3を持参。

少しすると皆さん集合し始め、集合時間の前に全員集合。
簡単な自己紹介をした後、雨が降っていないので水族館じゃなくて、
チューリップの撮影に行ってみようという事になり、一行は江ノ島を目指すのでした。



江ノ島参道
天気が悪いと、いつも前に進むのが大変なくらい混んでいる参道もガラガラ(笑)
天気の悪い日に来た事がないから、こういう事情も初めて知りました。
江ノ島に観光に行く方は、天気の悪い日に行く方がいいかもしれませんよ。



江島弁財天
普通、江ノ島の上の方を目指す人は、お金払ってエスカレーターを使うんですが、
ノッチ師匠が「エスカレーターに金払うの嫌だ」というので徒歩で階段ですよ。
上る前は嫌でしたが、上ってしまえばそれほど大変でもないですな。



チューリップ
チューリップの撮影は、皆さん手荷物が邪魔だろうという事で自分が荷物番。
目の前にあったチューリップをRX100で撮りましたが、今が一番見頃じゃないかな?
曇っていてコントラストがないので、むしろ天気が良い日より撮影には向いています。



チューリップ
わたしゃー荷物番なので、荷物のある場所から動くことができず、
立ち位置から撮影した分だけ投稿するとします。




チューリップ


チューリップ
撮影している皆さん

花を前にして「さあ、どうぞ!」と言って面白いのは、
男性はすぐに手持ち無沙汰になって雑談が始まるんですね。
聞くと「どう撮っていいのかよくわからない」って人が多いのですが、
女性は結構長い時間撮ってたりするんですよ。
このあたりは感性の違いなんでしょうけど、花が苦手なのは男性共通のようです。



シーキャンドル
日没後、シーキャンドルの撮影に入ったら雨が降ってきてしまいました。
これもノッチ師匠の普段の行いの悪さ以外考えられません。

それでも皆さん、濡れながら1時間くらい撮っていたでしょうかね。
自分も証拠写真という事でシーキャンドル撮っておきましたが、
RX100の広角端では画角に入られへん。

18:00まで撮影して終了。

その後、皆さんで食事をして解散となりましたが、
遠くは埼玉、茨木から来ていただいている方もいて、
もう少しお天気に恵まれてくれればなぁという撮影会でした。
参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。



いつもポチッていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-01-14 10:42 | その他 | Comments(0)

前回の投稿で朝日新聞から電話が来て、新聞掲載についての打ち合わせがあった事を書きましたが、
うちは朝日新聞はとっていないので、当日の朝、駅前のセブンイレブンに寒い中歩いて買いに行きました。

新聞に自分の撮った写真が掲載されるのは、おそらくこれが4回目だと思うのですが、
前の3回については、事前にお知らせもなかったので突然目にした感じでした。

今回は新聞社の方と打ち合わせがあり、こんなアポまであるくらいなのでどんな掲載の仕方なんだろう?と疑問でした。
12月9日の新聞に掲載されますと言われたので、αcafeなどでも「みんな見てね!」と宣伝しましたが、
正直、あまり大げさに言って、片隅に小さくしか掲載されなかったら「大げさ」になってしまうので、
掲載されるまで結構ドキドキしました(笑)

e0341572_22541959.jpg


結果的にはこんな感じでしたけど、
正直、この程度の掲載の仕方なら、わざわざ了承とかもいらないので勝手にやってよ~って・・・(笑)
まあ、大手新聞社ともなると、そういうわけにもいかないんでしょうけどね。

それでも、こうやって自分の写真を取り上げていただけたのは嬉しい事ですね。
やはり大きな写真展で、何らかの賞に入選できると扱いも大きいんだなと思いました。

掲載された写真の大きさを考えると、ブログを読んでいただいた皆様には、
「大変お騒がせしました」と言うべきなんでしょうかね?(笑)



なぜか1位の人がいなくなってしまって繰り上げ1位になってました


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-12-10 23:15 | その他 | Comments(0)


11月最初の週末は、間際まで天気予報は晴れだったのですが、
蓋を開けてみれば曇り、雨という感じで撮影に行こうという気分にもなれず、
ここのところの寒暖の差のせいか体調も悪かったため、撮影に行くのはやめようと決めて映画を観てました。

家でゴロゴロしながら映画を観るのも悪くないな~と思いつつ、
あぁ・・・今週はブログのネタがないな~と思っていたところ、本日ノッチ師匠からメールが来たので見てみると、

「今日、24-70GMを永代橋からボチャン!川の底に消えちゃった・・・」

最初、何かの冗談だと思ったのですが、
要するにFE24-70mm F2.8 GMレンズを永代橋の上から川の中に落としてしまったという事のようで、
折返し「マジですか?」と返信したら、すぐに返信があり、どうも冗談ではないようです。

師匠がボディやレンズを買う時は、ソニーストアで5年のワイド保証をつけているようですが、
仮にバラバラに壊れてしまっても、本体があれば無償で修理、交換してくれるワイド保証も、
盗難や紛失だと保証されないので、川の底に落としてしまうと回収しない限りどうにもならないという現実。

潜ってもいい場所なら、自分が潜っていって回収してあげてもいいですが、
船がしょっちゅう行き交う永代橋の下なんて潜水禁止でしょうし、
あれだけ流れのある川ですから、もう落としたレンズもどこかに流れていって見つかるわけもないでしょう。

よりによって落としたレンズがGMレンズとは・・・・

https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL2470GM/?s_tc=aff_012_0_10_51141&utm_medium=aff&utm_source=001


e0341572_17501212.jpg


ソニーストアで見ると、税込みで30万円のレンズですよ!
師匠は諦めるしかないと言っておりましたが、相当ガッカリしていると思います。

しかし師匠! レンズは川に落としてしまいましたが、このブログにネタを提供してくれました。

師匠のGMレンズ!無駄ではなかったとお伝えしておきます。

多くのEマウントユーザーは、事の重大さを理解してくれる事でしょう。 たぶん・・・




いつもポチっていただいてありがとうございます!


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-11-07 21:00 | その他 | Comments(0)

いや、だ・か・ら ~

写真やカメラのネタが無いわけでもないのですが、
先日、台風21号が関西で大きな被害をもたらし、身内が大阪にいるので連絡したりもしていましたが、
どうやら大阪の身内は、ベランダの屋根が根こそぎ吹っ飛ばされたようです。
怪我をしたなどの人的被害がないようなのでホッとしましたが、
まさか大阪辺りで、あんな台風の被害が出るとは考えにくかったですね。

台風21号のニュースで、一番印象的だったのは関西空港の連絡橋にぶつかったタンカーですが、
その関西空港は数千人という人が取り残され、停電になって暑くて夜も眠れないとか、
コンビニでも食料が売り切れで・・・とかやっていましたが、
個人的に思うのは、台風って地震と違い、接近する日時もほぼ正確だし、大きさ規模もほぼ正確なのに、
なんで飛行機に乗ろうと思って空港に行くんでしょうか?




ダウンタウンのまっちゃんに代弁してもらいたいと思いますが、
台風が直撃したら飛行機は飛ぶはずありません。

まあ、空港内に取り残された人の中には、いろんな事情の人がいるんでしょうが、
普通の一般の人が、飛行機が飛ぶかもしれないと思って空港に行ってみたというパターンが多いんでしょうな。

ダイビングのインストラクターで現役バリバリだった時代にも、

台風が接近しているのでダイビングは中止というと、なかなか納得しない人がいたのを思い出しますが、

台風の時は飛行機は飛ばないし、ダイビングもできませんから。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-09-06 00:12 | その他 | Comments(0)

自分の誕生日は8月なんですが、先日、知り合いの娘(高校2年生)普段は「ちー」と呼んでる仲良しが、
「あっつおめでとー」と言って、手作りバースデーカードをくれました。

どうやらソニーのα7シリーズを真似て作ったようです。

e0341572_21270014.jpg



注文したカフェラテと一緒に撮ってみました。

e0341572_21273670.jpg


このカードは作りが凝っていて・・・

e0341572_21282679.jpg


開くと液晶、ファインダー、各ボタンなどもあります。

このデジタル時代、手作りのバースデーカードとは嬉しいものです。
しかも女子高生にもらえると、おじさんも頑張って生きようと思えました(笑)
さて、ちーの誕生日には何を買ってあげましょうか?


頑張って生きるおっさんにポチりよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-09-03 21:38 | その他 | Comments(0)


先日、撮影に行った帰り道、お腹がすいたのでラーメンでも食べて帰ろうと思いラーメン屋に寄りました。
寄ったラーメン屋は20代の頃からの常連なので、通算何杯食べたかわからないくらいの馴染みの店です。

店に入って食券を買い、ラーメンができるのをカウンターに座って待っていると、
さっきラーメン屋から出て行った男の人が戻ってきて、
「車で来てる人いますか? 警察来てますよ」 と言うので、ヤバイと思い走って車に戻ったところ、
すでにフロントガラスに素敵なステッカーが貼ってあり、警察官が自分の車のナンバーをデジカメで撮影している最中。

長い人生経験、もうこの段階でアウトなのは百も承知でしたが、
「あの、車停めてからまだ5分くらいなんだけど」と言うと、
「ええ、5分くらい待ちましたが戻って来なかったもんで」とあっさり。
ここで悪態ついたり、言い訳しても絶対に許してもらえるわけもないし、面倒くさかったので、
「食事中なんだけど、食事してから動かせばいいかな?」と言うと、 
それは許してもらえたのでラーメン屋に戻りましたが、
何ともツイてない状況に、ラーメンの味などわかるはずもなく・・・(笑)

ちなみに、そのラーメン屋は大きな道路沿いにありますが専用の駐車場がないため、
客は道路の脇に車を停めて店に入ってきますが、車を停めても片側一車線を潰してしまうという事もなく、
一車線が広いので、特に車の通行に邪魔で差し障るという事も物理的にはないように思えます。
(ルールからいえば、停めてはいけないのだろうけど)

20年以上このラーメン屋に車で来ていますが、
駐禁を取り締まっているところを目撃した事もないし、地域の人から聞いた事もありません。
それはおそらく周囲には飲食店はもちろん、いろんなお店があるので、
きっとここで駐禁を取り締まると、商売に差し支えるという事で警察も目をつぶってるんだろう・・と勝手に思ってたんですけど、
そんな風に考えていた自分が甘かったと思うしかないですな。

普段、いろんな場所に撮影のために車で行く自分ですが、必ず駐車場に車を停めているし、
パーキングチケットが必要な所では、お金を払ってチケットを出していますが、
このラーメン屋に行く時だけは、長年の経験で前の道に停めてしまってたからなぁ。

ちなみに車のフロントガラスに貼られた素敵なステッカーはこれ。

自分の車に貼り付けてあったのを剥がしてスキャンしました(笑)
e0341572_21262642.jpg

本来、放置車両という事で、運転手が見当たらない車に貼り付けられるものですが、
このステッカーを貼られた時にどうすればいいのか調べてみました。

このステッカーを貼った警察は、運転手が誰だかわからないので、後ほど車の所有者に書類を送ってきます。
中には反則金を払いなさいと、バーコードのついた振込用紙が入っています。
反則金を払えばそこで終わりになり、運転手が誰だかわからないので免許の点数には何のペナルティもありません。

が、しかし!

正直にステッカーを持って交番に行き「あの~こんなの貼ってあったんですけど」と言うと、
あんたが運転手か?と聞かれ、免許のペナルティ + 反則金 というコラボを食らってしまうようです。

まさに! 正直者が馬鹿をみる! システム!

それがわかったので、何もせず放置していましたが、
10日くらい経ったら、やはり書類を送ってきて反則金15000円!!
しかしまあ、高いラーメン食ったもんだ。



皆さんも駐禁には注意しましょう!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村


by momoken805947 | 2018-08-31 17:00 | その他 | Comments(2)

前回の続きを書いていこうと思いますが、はたして読みたい人がいるのかどうか疑問です。
mikkuさんがメールで「続きが楽しみです」と言ってくれたのがせめてもの救いです。

この投稿から読んでも意味がわからないので「何の話?」という方は下のリンクを先に読んでください。


http://momoken819.exblog.jp/27069486/



さて、天使の微笑みで「あつしさん、味噌と醤油のどちらにしますか?」と聞いてくれたエーデルさんですが、
この問いの意味をお伝えするのに、非常に分かりやすいエピソードがあるのでそれを交えて解説していきます。

これも昨年の初夏だったと思いますが、鎌倉在住のエーデルさんが、αcafeの知り合い数名を鎌倉巡りに連れて行ってくれました。
エーデルさんは鎌倉なら猫の通り道も知っているんじゃないか?というくらい、いろいろな撮影ポイントを案内してくれまして、
さらに案内してくれる前には、自分ひとりで下調べしてくれるという親切さ。
そんな気遣いや頼もしさを総合し、自分は「エーデル隊長」とお呼びしております。

その日は鎌倉のお寺をエーデル隊長に案内してもらった後、
江ノ電と徒歩を駆使して移動し、夕方には稲村ヶ崎に夕景を撮ろうとやってきました。
残念ながら夕景は曇り空のせいでイマイチでしたが、日没後に撮影が終了したので、皆で食事をしようという事になったのであります。

藤沢の中華料理屋

参加者の帰宅ルートを総合すると、江ノ電で藤沢まで出た方がいいという事になり、
自分の家は全く反対方向でしたが、帰りますというのも大人げないので一緒に藤沢まで移動。
あまりのんびりお店を探している時間もなかったので、駅前のビルの中にあった中華料理屋さんに入ろうという事になりました。
少し待たされたと思いますが、通された席は対面して10人くらい座れるようなテーブル。
席についた皆さんは、個々にファミリーレストランにあるようなメニューを眺めております。


担々麺 VS あんかけ焼きそば

毎度の事なんですが、エーデルさんはお店に入ってからメニューを決めるのが早い!
メニューを見ながら「私はあんかけ焼きそばにしよう~」と言うと、
何故か周囲の人も「私もそれにしよう~」となり、
自分が何を頼むか決定する前に、ほとんどの人が「あんかけ焼きそば」なわけです。
皆さんが「あんかけ焼きそば」と連呼するので、それがどんな物かパラパラとメニューをめくって確認してみると、
それはそれで美味しそうではありましたが、他のメニューはどうなんだろうと物色していると目に止まったのが「担々麺」
「あぁ・・・僕は担々麺にしようかな~」と、誰に言うわけでもなく声に出すと、
何か視線を感じたので、メニュー越しにエーデルさんの方をチラッと見てみると・・・・

に、睨んでる・・・

そ、そうだった・・・・


エーデルさんが睨む理由とは・・・・

エーデルさんと一緒に撮影に行くと、昼食や夕食を一緒に食べるという事は多々あるのですが、
エーデルさんのこだわりというか、ルールというか適切な表現がないのですが、
「皆で同じ物を頼めば早く出てきて、早く食べれる」というのがあるようで、
それが推奨事項という生易しいものではなく、特に自分に向けては半ば強制的に近いものがあるのです。
今回の事でいうと、皆さんが「あんかけ焼きそば」を頼もうとしているのに、自分が「担々麺」などと言ったものだから、
無言でこちらを睨みつつ、心の中では「おい、あつし・・・まさか担々麺注文しようとしてねーよな!」という事なんです(恐)
スカイさんいわく「美人のエーデルさん」という事ですが、美人に睨まれると恐さも増すというものです。
まさに蛇に睨まれた蛙・・・


あんかけ焼きそば

ボソッと「担々麺」などと言ってしまい、我に返ってしまった自分はもう担々麺どころではありません。
このまま担々麺を注文しようものなら、生きて藤沢から帰れるとは思えません。
「あはっ!あ、あんかけ焼きそばも美味しそうだなぁ・・・僕もあんかけ焼きそばにしよう~とっ!」
そう言ってメニューを閉じ、店員さんに大量の「あんかけ焼きそば」を注文したのでありました。
まあ、それはそれで美味しかったのでよかったのではありますが・・・・


「あつしさん、味噌と醤油どちらにしますか?」

さて、そんな皆と同じ物を頼まないと許してくれないエーデルさんとのラーメン屋に話は戻ります。

自分より先にお店に入って、おじさん二人と注文するラーメンを決めたであろうエーデルさんが、
味噌と醤油の二つに限定してきたという事は、この3名はどう2:1になったのかは不明なれど、
味噌ラーメンと醤油ラーメンの2種類のみに決定している・・・という事が想像できます。
つまり天使の微笑みを浮かべて問いかけてきていますが、わかりやすく翻訳すると、
「あなたはもう、味噌ラーメンか醤油ラーメン以外は注文できないのよ。おわかり?」という事です。


いつもとは事情が違う!

このエーデルさんの奇行は、いつもの事なので驚くような事でもなかったのですが、
この時のラーメン屋はいつもの それ とは事情がかなり違います。 
それは言うまでもなく、前回の投稿で書いた、少し前にこの店に入って超不味い味噌ラーメンを既に経験済みという事実です。
エーデルさんは、自分が過去にこの店に入った事も、二度と来ないと心に誓った事も、
弟の恐い嫁が、このラーメン屋を「禁止」した事も知りません。
しかし目の前にいるエーデルさんは、味噌ラーメンか醤油ラーメンに決めろと迫ってきます。
さて、皆さんならどうするでしょう?


選択

既に味噌ラーメンは、生まれてこの方、食べた事がないくらい不味い事は経験済みです。
普通なら味噌ラーメンはやめておこう・・・と思うのでしょうが、こんな不味い味噌ラーメンを作る店だったら、
醤油ラーメンはもっと不味いかもしれない・・・という可能性を秘めています。
しかしポジティブに考えれば、何かの間違いで奇跡的に醤油ラーメンは美味しいという事も・・・・。

その昔、若い頃にダイビングを始め、それにハマって付き合っていた彼女をしばらく放置してしまい、
ある夜、彼女に呼び出され「私とダイビング、どっちを取るの?」と問いただされた事がありましたが、
今回の味噌ラーメンと醤油ラーメンの選択は、私とダイビングを選ぶより難しい・・・・


チャレンジ!

いろんな思惑が頭の中を走馬灯のように駆け巡っている中、エーデルさんは笑顔でこちらを見ています。
き、決めなくては・・・決めないと怒られる・・・
内心焦っていましたが、そこは冷静を装い「醤油ラーメンにします!」
膨大なデータを総合した自分は、とうとう未知の領域に挑戦してみる事にしたのであります。


醤油ラーメン

そして味噌ラーメン同様、早くも遅くもなく醤油ラーメンは運ばれてきました。
割り箸をパキッと割りながら、醤油ラーメンを上から覗いてみると、やはりほどんど具もないラーメンで殺風景。
恐る恐る食べてみると・・・・

や、や、やっぱり不味いぃぃ~

「星一徹!」と叫びながらテーブルをひっくり返してやりたいところでしたが、
向かい側にエーデルさんが座っていたので、恐れ多くてそれは当然できるわけもありませんでした(笑)

e0341572_18425209.jpg
どのくらい星一徹だったかというと、
味噌ラーメンの点数を-100点としたら、この醤油ラーメンは-95点くらいでしょう。(微妙にマシだったような気がした)
昔、アパートで一人暮らしをしていた際、主食にしていた「出前一丁」の方が数倍美味しい!


考えてみたら・・・・

もう、ラーメンの不味さを解説する必要もないと思うので、そこは省略しますが、
結局、ラーメンを食べ終わった後も、おじさん達と写真の話やカメラの話をして1時間くらいは店内に居たような気がします。
年間通じて、エーデルさんのお友達という方を何人も紹介していただきますが、
皆さん、本当に気さくで良い方ばかりなので、お話をしていてとても楽しいのです。
しかし、ふと考えてみたら、ラーメン食べ終えてから1時間も店内にいるのだったら、
味噌ラーメンか醤油ラーメンに限定して注文し、早く作ってもらう意味もあまりなかったんじゃないでしょうか?(笑)


エーデルさんフォーエバー!

ラーメン屋を出て、駐車場で解散となりました。
エーデルさんはおじさんの軽自動車に乗せてもらい、自分より先にその場を離れたのであります。
お見送りの際、助手席に座るエーデルさんは、可愛らしく手を降っておりました(笑)
さようならエーデルさん。あなたの事は忘れない・・・



※この物語はフィクションではありません。


エーデルさんも登録しているランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-02-17 21:15 | その他 | Comments(2)

昼食はラーメンにしよう!

昨年の春、とある場所に一人で撮影に行った際、お腹が空いたのでどこかで食事をしようと車を走らせていると、
少し先の右側にラーメン屋の看板が見えたので「あぁ・・あそこでラーメン食べよう」と立ち寄ってみました。
比較的広い駐車場で車も停めやすいし、お店の外観も普通のラーメン屋さん。

店内に入ってみると思っていたより広く、カウンター席があって4人、6人のようなテーブルがいくつかあり、
お客さんもパラパラといたのですが、ざっと見積もった感じでは50人くらいは座れるのかな?という感じ。
その日は一人だったもんで、躊躇せず目の前のカウンター席に座りました。

カウンターに座り斜め上を見上げると、メニューがずらりと紙に書いて並んでいて、
意外とメニューが多いなぁとは思ったのですが、とりあえず初めて入ったお店だったし、手始めに味噌ラーメンを注文してみる事にしました。

注文した味噌ラーメンは、特に早いわけでも、遅いわけでもなく出てきて、
割り箸をパキッと割りながらラーメンを上から覗いてみると、もやしや野菜といった物もほとんど乗っておらず、
えらい殺風景な味噌ラーメンだな・・・とは思いつつ、まずは一口食べてみると・・・・

ガーン!
「ま、ま、ま、不味いぃぃぃ~」

40年以上生きてきましたが、こんなに不味いラーメンは今まで食べたことがないというレベル。
アパートで一人暮らししていた際、主食にしていた「サッポロ一番みそラーメン」の方が数倍美味しいじゃないか!

自分がカウンター席に座っていてよかった。 テーブル席だったら脊髄反射で、
「星一徹!」と雄叫びをあげながら、テーブルをひっくり返しているところでした。
e0341572_18425209.jpg
あまりにも劇的な不味さに、周囲の客の反応が気になったので上目遣いで店内をサーチ。
特に「オェ~」とえづいている人も、のたうち回っている人もいませんでしたが、
あまりにも感動的に不味いラーメンを食べる事になった運の無さに嫌気がさしてきました。

撮影活動中に昼食を食べる事は当たり前にありますが、ラーメンは頼めば比較的早く出てくるし、
食べるのもズルズル~と簡単なもんで、ラーメン屋に入るという事は多々あります。
多くは感動するほど美味しいという事もなく「まあ、そこそこ美味しかった~」という感じなのですが、
この時に食べた味噌ラーメンは、感動するほど不味かった・・・・
接客している店員さんを呼び止めて「作った奴を連れてこいぃ~」と言いたくなったほど。

しかしその時は非常に腹が減っていたというのもあって、
頭を切り替えて食事という概念を捨て、車がガソリンを入れるような燃料補給!だと思って完食。
店を出る際「このラーメンで金取るのか!」と言いたいのをクレーマーになりたくないので押さえつつ、
「ごちそうさま~」と言いながら店を出たのであります(笑)
車に向かって歩きながら
「もう二度とこのラーメン屋には来るものか!」

と固く誓ったのは言うまでもありません。



「禁止」のラーメン屋

週明け、弟に会った時にふと不味いラーメンの事を思い出したので、
「なあ、こっちから行って○○駅を通り越してしばらく行くと、右側にラーメン屋があるの知ってるか?」と聞いてみました。

弟は少し考えてから、何かに触れたようにハッと思ったのか、

「し、知ってるよその店!不味いラーメンだったから、うちはあの店禁止になったよ」 と言い放ちました。

どうやら弟の家族4名は、例のラーメン屋で食事をした事があるらしく、あまりにも不味かったので弟の家では「禁止」の店になったとか。
この「禁止」という言い方は、自分のように一人で行動する人間は使わない言葉だと思うので、
弟はきっと嫁に「もうあの店は禁止ね」と言われたのでしょう。

弟の嫁は姪っ子が小さかった頃、近所のボスママという地位でPTAの会長もやっていた程。
義理の兄である自分も、とにかく一切反抗しようなどと思えず、何を言われてもただひたすら従うしかないという存在。
そんな恐ろしい・・・じゃなかった、力のある人に「禁止!」と言われるほどのラーメン屋! 恐るべし!



皆で昼食を食べましょう!

月日は少しだけ流れて初夏。 
詳しく書いてしまうと例のラーメン屋が特定されてしまいそうなので、
なるべくわからないように進めていきましょう。 営業妨害をするつもりは一切ございません(笑)

年に一度しか開催されない行事があり、カメラを持って撮影に行く予定でしたが、
当日の朝、ちょっとバタバタしたせいで家を出るのが少し遅くなり、車で移動しながらも撮影場所を確保できるのか心配でした。
家を出て少しすると、エーデルさんからメールがきて「あつしさんは今日来られますか?」との事。

どうやらエーデルさんは、知り合いのおじさん数名と既に現地にいるようで、
場所は取っておいてあげるから、焦らずに来てください・・・という何とも素敵なお話。
「あと1時間くらいで行けると思います」と返信して現地に向かいました。

晴天の日の初夏という事もあり、日陰がほとんどない場所でしたので撮影は過酷でしたが、
その行事の撮影を終え、車を停めている駐車場までエーデルさんと、エーデルさんのお友達のおじさん達と歩いて戻りました。
車に戻った時は、お昼は少し過ぎていたと思いますが、
「よかったら皆で昼食を食べませんか?」という話になりました。

自分はそういうシチュエーションで、何が食べたいとか、あそこに行きたいという人ではなく、
誰かが決めた事にくっついていくだけのタイプなもんで、自分以外の人達が話し合っている横で結論が出るのを待っていましたが、
しばらくすると決まったようで・・・
「ラーメンを食べに行きましょう」という事に。 (皆さん、次の展開はもう予想がつきましたね!)

それぞれのおじさん達は車で来ていたので、3台の車で移動するという形になるのですが、
個々にラーメン屋まで移動なので、おじさんにラーメン屋の場所を教えてもらおうと思い説明を聞いているうち・・・

「ん?」 おじさんが言う ○○の交差点を左に曲がって・・・ どうも頭の中で車を走らせてみると、
もう忘れかけていた、例の悪夢だった不味いラーメン屋の近くのような気が・・・・

おじさんに「もしかして○○な駐車場の脇にあるお店ですか?」と聞くと、
おじさんは無情にも「そうそう、そのお店」

ガーン!
もう二度と行かないと誓い、弟の嫁が禁止令を出したあのラーメン屋に間違いない!
さっきまで楽しく撮影をした事などすっかり忘れるくらい気分はブルーに・・・・

しかし、おじさん達が相談して決めた事ですし「あそこは嫌だ!」などと言うのも大人げないと思ったもので、
自分の車に乗り込むと、来た道を戻って例のラーメン屋を目指したのでありました。


「あつしさん、味噌と醤油どっちにします?」


ラーメン屋の駐車場に到着すると、既におじさん達の車はそこにあり、周囲に姿が見えなかったので既に店内だな・・・と。
少し前に来たばかりの、いろんな意味で記憶に新しいそのお店・・・・
待たせては申し訳ないと小走りで店に入ると、入り口の右側にあるテーブル席におじさん二人とエーデルさんの姿がありました。
「すいません、お待たせしました」

エーデルさんの向かいの席が空いていたので、そこに座ろうと椅子を引くと同時くらいに・・・
「あつしさん、味噌と醤油どっちにしますか?」
まるで天使のように微笑みながらエーデルさんが自分に問いかけてきました。

さて、冒頭にも書きましたが、このラーメン屋は味はともあれ非常にメニューが豊富です。
なのになぜ? エーデルさんは味噌と醤油の二つだけを聞いてきたのか? これを読んでいる人の大多数は疑問に思うことでしょう。

この 
「あつしさん、味噌と醤油どっちにしますか?」
と、エーデルさんに聞かれてから5秒くらいの間に、
自分の頭の中では、スーパーコンピューター並に膨大な情報を処理しないといけない羽目になりました。

それがどういう意味かは、長くなりそうなので次の投稿で・・・・・


そんなエーデルさんと激戦のランキング!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

こちらは3位!

SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-02-15 21:00 | その他 | Comments(0)