きっと明日はいいことあるふぁ!

momoken819.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:八景島( 3 )


2016年 01月 01日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
2016年もまた、好き勝手な事を書かしていただこうと思っておりますので、
「しょうがないな~暇だから読んでやるか」という、優しい人がおりましたらお付き合いよろしくお願いいたします。

さて、新年早々の撮影といえばやはり初日の出であります。
元旦は人が集まったりと、いろいろとあるのであまり遠くへ撮影は行けないという事情があり、
今年もまた、海の公園から八景島へ登る初日の出を撮りに行きました。



2016年 元旦の朝 八景島
初日の出30分ほど前です。
あまり人もおらず、空は綺麗なマジックアワー。
下の方に少し雲があるのが気になりますが、このくらいなら何とか初日の出は拝めそうな予感。



2016年 元旦の朝 八景島
だんだんと人が集まってきました。
人間の心理なのか、最前列で初日の出を見ようと波打ち際まで前に出たいようです。
写真の構図的には、初日の出だけ撮っても面白くないので、
人のシルエットを入れて、人の多さを表現するという位置で三脚をセット。

ちなみに三脚は買ったばかりの新品です!
VelbonのE740というごっついやつを買いましたが、値段もまたごっつかった・・・・。
http://www.ogisaku.com/products/detail.php?product_id=8971
足を伸ばすとファインダーが覗けないくらい高くなる頼もしいやつですが、メチャメチャ重たいのが難点。



2016年 元旦の朝 八景島
日が昇るまで時間があるので、カメラを左の方にパンしてみました。
後ろに見えている三角形の建物は、八景島の水族館であります。



2016年 元旦の朝 八景島 初日の出


八景島初日の出
太陽が顔を出しました。
構図的にはジェットコースターの背後からの初日の出。
何枚も撮りましたが、見てくれている方達は2枚くらい見れば十分でしょうね(笑)
自分の周囲で初日の出を見ている人も沢山いましたが、
中には手を合わせている真面目な方達もおりました。

この日の機材 α7R+70-300mm F4.5-5.6 G SSMです。
写りは70-200mm F2.8 G SSM IIの方がいいのですが、何があっても撮れるように400mmを最近選んでしまうなぁ。
ま、70-200mm F2.8 G SSM IIは逆光に弱いってのもあるんですけどね。



初日の出に集まる人々
こんなに人いまっせ! っていう意味でパノラマで!
日が昇って数分経つと、人々は一斉に帰り始めました。
昨年は曇できちんと見れなかった初日の出ですが、今年はいい状態で見ることができました。


今年は一度くらいは1位ゲットしたいものです
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]

by momoken805947 | 2016-01-01 10:00 | 八景島 | Trackback | Comments(4)
2015年 07月 21日

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」

ノッチ隊長と横浜で撮影した次の日、かなり疲労感が残っていたので夕方から八景島に行きました。
八景島は夏になると、週末に10分間だけ花火を打ち上げるという行事があります。
名づけて  八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」

八景島は近いのでいつも車で行くのですが、この日は花火のイベントがあるのでシーサイドラインで行きました。

平潟湾

平潟湾

平潟湾
シーサイドラインの始発であり終点の金沢八景駅周辺です。
ここは平潟湾という湾になっている場所で8つある風景、つまり八景の中のひとつであります。
日没まで待てば綺麗な夕日が撮れそうでしたが、今日はそれが目的ではないので移動です。



シーサイドライン
シーサイドラインの車両です。お台場のゆりかもめと大きさなんかは同じくらいですね。
のんびり走る車両です。乗車料が意外と高いんじゃないかな?とは思いますが便利といえば便利。
たまにしか乗らないけど・・・。



八景島駅
シーサイドラインの八景島駅ホームから下りの階段を撮影。まさに夢の国の入り口というペイントをほどこしてあります。
こんな場所で写真を撮っている人は自分だけですが、ブログでいろいろ説明するのを考えながら撮るので、
こういう小ネタは必要なんであります。



八景島
八景島に渡る橋に来ました。周囲はだいぶ暗くなってきています。



八景島
橋の左側は水族館であるアクアミュージアムの建物が見えます。
この日は雨が降るかもしれないといわれていたので、空には雲が結構ありました。
しかも強風で花火ができるのか?とちょっと心配にもなりましたけど、ここまで来たのでとりあえず行くしかありません。



八景島
橋の右側は海の公園です。ちょうど夕日が沈んだところでした。



八景島

八景島
橋を渡って更に奥に入って行くと、さまざまなアトラクションがあるわけです。
この日は花火の開始が20:30というちょっと遅目の時間だったことから、アトラクションもそれなりに混んでましたね。
ここにはよく来ますが、おっさん一人で来てアトラクションに乗る事もなく、横目で楽しそうやな~と通り過ぎるだけ。



八景島

空を見るとなんか雨降りそうですな。



あじさい写真展示
先日、八景島の紫陽花フォトコンテストがあり、自分もいちお応募したのでその展示場に行ってみました。
中はクーラー効いていてホッとしました(笑)
応募数は300弱という事のようで何らかの入選作品が展示されている模様。
自分の写真があるかどうか探してみたら・・・・



あじさい写真展示
あった!あった!ありました!

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #19
最優秀賞とか上の方の賞ではないみたいですが、とりあえず選んでいただいたのでよかったです!



八景島
あまり展示している写真を見ている時間もなく、外に出てみたらだいぶ暗くなってます。



八景島

八景島

八景島
ISO1250あたりで手持ち撮影ですが、α7Ⅱは5軸手振れ補正がついているのでSSはあまり気にせず撮影ができます。
高感度についてはα99よりα7Ⅱの方が確実に綺麗ですね。
このくらいの暗所でしたらα7Sの高感度が必要というほどでもないしα7Ⅱで十分。

花火開始までまだ1時間以上という感じでしたので、
どこに三脚を立てて撮影するか?を探してみようと徘徊してしてみると・・・



八景島

八景島

八景島
開始までまだまだ時間があるというのに既に凄い人ざんす。
こんなシート敷いている中に入っていって三脚を立てるという雰囲気ではありません。
周囲を見ても三脚を持っている人も、立てている人も全くおらず、そんな人自分一人という孤独な事になってきました。

何とか人のいない所に三脚を置いて時間の来るのを待っていたら、だんだん人が増えてきてカメラの前に立ちはだかっています。
どいてもらうわけにはいかないので自分が移動。
あと15分くらいで始まるというところに来て場所探しする羽目に・・・。

あっちウロウロ、こっちウロウロして無理やり何かのポールの下みたいな場所に三脚を立てました。
周囲には結構人がいて、横目でジロリとこちらを見てはうざったそうな顔をされましたが、
なるべく三脚の足を縮めて・・・・。
それでも行き交う人達が三脚をバシバシ蹴っていきます。 邪魔なのは自分だから仕方ないと思いながら時間が来るのを待ちました。

花火が始まる前に周囲の照明を消すので、人の往来は禁止になってホッと一安心。
そしていよいよ花火が始まりました。

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」Ver6

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」Ver5

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」Ver4

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」Ver3

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」Ver2

八景島シーパラダイス アイランドサマー15'「花火シンフォニア」Ver1
写真というのは、見てもそれまでの苦労って全然わからないものですわな(笑)
八景島の花火は10分間で終わりなので始まるとあっという間なのですが、今回は場所を確保するのにえらい苦労しました。
かなり前に付き合っていた彼女と、八景島の花火を見に来た記憶がありますが、
その時も相当混んでいて、隅っこの方に座って見たのを何となく覚えています。
周囲を見渡しても三脚立ててBULBで撮影しているカメラマンなんて一人もいません。 そりゃ~そうだよね。これじゃ。

写真の左の方が薄っすら白っぽくなってますよね?
これ何かというと、左の脇でバーベキューやってましてね、その煙が写ってしまってるんです(笑)
ま、言われなければ気にならない感じですが。

大抵、ブログの締めくくりに 「また来てみたいと思います」 と書くのが定番ですが、
ここはもう来なくていいです(笑) 花火の写真を見ていただければわかると思いますが、
手前の人の密度すごいでしょ? ここに三脚立てるなんて無理ってもんです。

※ただいま4位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]

by momoken805947 | 2015-07-21 20:00 | 八景島 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 25日

ソニーのカメラは雨でも大丈夫か?(八景島あじさい祭り)

梅雨時の被写体というと紫陽花が一番人気なのでしょうが、
先日、鎌倉に行って人の多さでえらい目に遭い、ろくに写真が撮れなかったので、今回はあじさい祭りと称してイベントをやっている八景島に行ってきました。

e0341572_19560606.jpg
しかし、当日は結構な雨が降っていて、ソニーのカメラの防水性能を全く信用していない自分は、
少しはまともそうなα77と、そのキットだったDT16-50mm F2.8 SSM をシステムに選択。
α77Ⅱは買ったばかりなので水没したらガッカリすると思い、オシャカになってもガッカリしない旧型をあえて持ちだしました。



2015-06-22 八景島紫陽花祭り #27
傘を差しながら撮影する際にオススメなのは、コンビニの安い透明な傘です。
黒い傘だと自分の視界が暗くなりますので、手元のカメラが見難いしあまりよろしくありません。
あと、ハンカチのようなものではなくて、普通のタオルも必須です。
カメラを拭きながら撮影する事になるので、タオルは絶対あったほうがいいですよ。



八景島 2015-06-21 blog #3
昨年も同じ場所に来ているのですが、こんなに咲いていたかな?というイメージ。
雨は降っていましたが、木が多い場所なので下があまり濡れていませんでした。
こういう場所はありがたいと思うのですが、紫陽花は雨に濡れている方が味わいが出ますよね。
風景だけ撮っても面白くないので、ここに誰か来るのを待つとしました。



八景島 2015-06-21 blog #5

八景島 2015-06-21 blog #4
やはり人が入ってくれる方が構図になりますね。
しかもこの日、雨が降っていましたから傘を差してもらえるとなおいいです。
よし!しばらくここで待ち伏せして、人が来たらチャンスを狙おう作戦です。



八景島 2015-06-21 blog #7

八景島 2015-06-21 blog #10

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #12

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #13

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #14
カップルの写真ばかりですが、
紫陽花の明るいイメージは、楽しそうなカップルの方が雰囲気が同調すると思います。
けして羨ましいとかそんなのではありません。 えっ?




2015-06-22 八景島紫陽花祭り #17

八景島 2015-06-21 blog #6

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #26

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #24
DT16-50mm F2.8 SSMというレンズはZeissでもGでもない無印のキットレンズですが、
並みのレンズよりよく写る印象で、たまに色がおかしいと思う事はありますがなかなかの描写をします。
この日は35mm換算で24mmから75mmの画角での撮影でしたが、不足は全く感じませんでしたね。
雨が降っていなかったら50mm F1.4 DG HSMで撮影していたでしょうが、
防水処理は何もしていないであろうレンズではちょっと心配です。



2015-06-22 八景島紫陽花祭り #23
場所を移動しながら撮影していると、雨がだんだん強く降ってきました。
もう、自分もカメラもかなりびしょ濡れでしたが、多少の防水能力はあるだろうと薄っすら信じ撮影続行。
このレンズはボケもそれほど悪くないな~と改めて関心。
最近あまり使っていなかったけど、これは結構いいのとちゃいますのん?



2015-06-22 八景島紫陽花祭り #25
この乗り物の名称は知りませんが、園内を定期的に走っている汽車風味の乗り物です。
高齢の方とか、足の不自由な方はこれに乗って園内の紫陽花を見学するんでしょうね。
「よし!この場所でこの汽車もどきを写そう」と構図を決め、びしょ濡れになりながら待つこと数分。
ようやくやってきたので連写でゲットです。



2015-06-22 八景島紫陽花祭り #29

2015-06-22 八景島紫陽花祭り #18
結局、ずぶ濡れになりながら3時間近く撮影。
八景島は撮影エリアが広いので、移動しながらの撮影だとかなり時間を要すると思います。
紫陽花に雨は雰囲気があっていいと思いましたが、強い雨はもうちょっと勘弁ですね(笑)
カメラもレンズもずぶ濡れでしたが、タオルで拭く程度で何の誤作動もなく快適に撮影ができました。
でもやっぱり、雨の中の撮影はオリンパスかペンタックスのカメラの方が信頼できるんだろうね。



2015-06-22 八景島紫陽花祭り #30
さて、帰りましょう!と駐車場に戻った途端、雲が切れて太陽が・・・・
う~ん・・・なんかツイてるのか、ツイていないのか?
でも、まあ、久々の雨の中の撮影は意外と気持ちよかったので良しとしましょう。

これを読んでくれている方の中には 「あんたダイバーなんだから濡れても全然平気でしょ?」というご意見もありそうですが、
服を着ていて濡れるのは、ダイビングと違ってやはり気持ちのいいものではありませんです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村
[PR]

by momoken805947 | 2015-06-25 19:00 | 八景島 | Trackback | Comments(0)