人気ブログランキング |

2019年 06月 05日 ( 1 )

多くの人が流鏑馬と笠懸の違いが分からないと思いますが、
自分もよく分からなかったので調べてみると、
流鏑馬はどちらかというと儀式的な要素が強く、
笠懸は競技的なものらしいです。
結局、よくわからんとです。ヒロシです。

そんな笠懸が始まり撮影開始となりました。



みうら道寸まつり 笠懸
今年はいつもと違う場所から撮影しました。
笠懸の的は2箇所あるので、的と的の中間くらいに陣取りまして、
欲張って撮ろうという魂胆です。



みうら道寸まつり 笠懸
ただし、2つ目の的は後ろ姿になってしまいますけどね。



みうら道寸まつり 笠懸
左から右に行った馬は、復路があって右から左に走ってきます。
復路は下の方にある的を狙うので、
射手もこんな感じで的を狙っています。



みうら道寸まつり 笠懸


みうら道寸まつり 笠懸
馬の右側にある的を狙って矢を放つと、
次の的は馬の左側になるので、長い弓を持ち替えないといけません。
この動作を素早く行わないといけないようで、
これは難易度が高そうでした。



みうら道寸まつり 笠懸
カメラの方も大変です。
次の的に行く際には、体の向きを変えないと撮れないうえ、
フォーカスポイントを移動させながら、
ズームリングを回して画角を変えないといけないという忙しさ。
最初は戸惑いましたが、慣れればいける!



みうら道寸まつり 笠懸
撮影は α77Ⅱ + 70-200mm F2.8 G SSM II
α99Ⅱはバッグに入れて持ってきたのですが、
フルサイズでは望遠側が微妙に足りないのでNGでした。

α77Ⅱはα6400なんかに比べて旧型ですが、
AFの追従と精度は十分だと思います。



みうら道寸まつり 笠懸
撮れた写真を見る限りでは、PLフィルターを装着したのは正解だったようです。
実際は砂浜の反射がキツくてギラギラしていましたが、
それが抑えられているようです。



みうら道寸まつり 笠懸


みうら道寸まつり 笠懸
この場所の撮影は、左側の視界が悪くて突然出てくるので焦ります。
過酷な暑さの中、ファインダーを覗いたままジッと待つのは意外と辛い。



みうら道寸まつり 笠懸


みうら道寸まつり 笠懸
こちらの射手の男性、イケメンでした。
おばさま達に人気が出ると予言しておきましょう(笑)



みうら道寸まつり 笠懸
α77Ⅱは12連射で撮影しましたが、
特にバッファの問題で止まる事もありませんでした。

コウジのPENTAXは、1つ目の的で連射すると、
2つ目の的はバッファが詰まって連射不能だったようです。
欲張って2つの的を撮ろうとしたのに意味なかった(笑)



みうら道寸まつり 笠懸
昨年も笠懸の日は暑かった記憶があるんですが、
今年の暑さはそれを超えてましたなぁ。
今回は連れがいたので、待ち時間も話し相手がいてよかったです。

帰りは汗びっしょりで「冷やし中華とか食べたいな~」と言うと、
コウジ「カレー食べないか?」と、
この暑い中、辛いカレーを食べたいと言い出すところがツワモノだと思いましたわ。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-06-05 12:00 | 撮影記 | Comments(2)