2016年 10月 09日 ( 1 )

10月に入り、紅葉の撮影が頭をよぎるようになりましたが、
逆にいえば、緑を撮るのもこの時期が最後かな?と思い、たまには三渓園に行ってみようと足を運びました。



三渓園
久々にα99の出番です。 レンズは70-200mm F2.8 G SSM II。 これも持ち出すのは久しぶりかな。
新型のα99Ⅱが発表されましたけど、α99もこうして使ってみると全然現役で使えるカメラですよ。
・・・というより、自分ごときの腕でしたらα99でも手に余るくらいです。
ま、所詮カメラなんて趣味は、自己満足の部分が大きいわけですから・・・・
新型のカメラが欲しい!なんて言ってるのは、子供がミニカーを欲しがるのと一緒なわけです(笑)



三渓園


三渓園


三渓園
三渓園でみつけた生き物シリーズ!
α99と70-200mm F2.8 G SSM IIで関心するのは、AFの速さと正確さ。
トンボの写真は200mmでは寄りきれなかったのでトリミングしてありますが、
AFで狙ってもトンボの目にきっちりとフォーカスしてます。やっぱりAマウント最高やね。



三渓園


三渓園


三渓園
この時期、まだどこを撮っても緑色。
この緑色がしばらく経つと赤色に変わっていくわけです。 今年の緑もこれが最終ラウンドでしょうね。

三渓園や神社、お寺・・・みたいなカテゴリは撮るのが苦手で、被写体を目の前にして固まってしまうんですよね。
撮った写真を見ていただければおわかりかと思いますが、まあ何とも下手っぴな構図ですいませんです。



三渓園


三渓園


三渓園
こちらはα7Ⅱとシグマ24-105mm F4 DG HSM。
このレンズの絞り開放はF4ですが、背景をぼかした写真チックな描写で撮ろうと開放で撮影。
こういう撮影はやはり最低でも開放値がF2.8のレンズが欲しくなりますね。
個人的に24-105mm F4 DG HSMは風景用のレンズで、パンフォーカスで撮るために買ったような物です。
この手の写真は単焦点を使いたいところですが、この日の荷物を考えるとこれ以上は無理です。
ちなみにこの日の装備。
ボディ α99 α7Ⅱの2台。 
レンズ 70-200mm F2.8 G SSM II  24-105mm F4 DG HSM  FE 90mm F2.8 Macro G OSS  Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの4本。
暇な方がいましたら、これらの総重量を計算してコメントで教えてください(笑)


三渓園


三渓園
場所柄、着物で歩いている女性が多いですね。
さすがに顔出しはできませんので、後ろ姿となってしまいますが、しっとりとした情緒のある後ろ姿です。
日本人に生まれてよかった! と思う一瞬でもあります。



三渓園
ちょっと視点を変えてみました。
ススキは秋の象徴だと思いますが、何となく秋の雰囲気を出すべく構図をとってみました。



三渓園


三渓園
今年最後の緑を・・・というテーマでしたが、三渓園の中には、すでに赤色が芽生えつつあったようです。
それも赤っぽいとか、そんな色ではなくて見事に赤色でした。



三渓園


三渓園
少し園内を歩きながら撮ってみましたが、どうもしっくりきませんね。
つくづくこういう場所での撮影が苦手だとわかり、自分のセンスの無さにうんざりしてきました。



三渓園
15:00近くに撮影していますが、だいぶ日が傾いてきた感じです。
木の間から太陽光が差し込んでいたので、微妙な位置を模索しながら三脚を使って撮影。
これも自分のイメージ通りに撮れなかったのですが、まだまだ修行が足りないようです。

花の撮影も苦手ですが、こういう場所の撮影もどうしたらいいのかよくわからんとです。
三渓園は毎年写真コンテストを開催してますが、いつかは三渓園の写真で入選してみたいですね。


いつもポチリしていただきましてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-10-09 17:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)