人気ブログランキング |

歩きながら10mmでスナップするとこうなる

1日の撮影を3回に分けて投稿となりますが、
ブログを投稿している身とすると、かなりお得な撮影、投稿です(笑)
できれば1度撮影に行ったら、5回くらい投稿できると楽だなと思う今日このごろ。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalでの撮影を前回投稿しましたが、
後半はみなとみらい地区に移動し、
建物の中の撮影等があったので、
再度、HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalにレンズ付け替えました。



横浜スナップ
みなとみらいにあるワールドポーターズ内にある「カリヨンの広場」です。
何度も通っている場所でありながら、
天井まで見上げる機会がなかったのですが、
今回、超広角レンズを持っていたという事もあり、
自分の視覚と感覚が広角だったんでしょうね。
この構図は「みつけた!」という感じでした。



横浜スナップ
建物の外側が明るく、照度差が大きかったので、
試しにHDRで現像してみました。
こちらの方が、人間の感覚としては見やすいような気がします。
上の写真と比べてみてください。



横浜スナップ


横浜スナップ
なんて事ない信号待ち。
10mmの変態画角は、向う側の建物を撮っているフリをして、
手前の人も一網打尽にできるのが利点(笑)



横浜スナップ
クイーンズスクエア内でみつけた人形たち。
10mmで撮ると、目の前まで迫れます。



横浜スナップ
一番左側にあった人形にスポットを当てて寄ってみました。
レンズ特性として、近いものを強調するというのがありますから、
主張したいモノにとにかく「寄る!」のが、
広角レンズを持った時の心得だと思っています。



横浜スナップ
建物内も撮ってみましたが、
強調したい接近できるモノがないと、
この手のレンズは、味が出せないような気がします。
これはこれで構図にはなってるんでしょうが・・・



横浜スナップ
真ん中の丸い部分は、たまに投稿された写真で見ますね。
こんな超広角ではなく、もっと寄れるレンズを使って、
丸の中にスポットを当てて、構図を練ると面白い写真が撮れそうです。
覚悟して、丸一日ここで腰を据えて撮る根性があれば、
とびきりの1枚が撮れるかもしれない場所だと思います。



横浜スナップ
外に出て、例の有名なオブジェです。
普通に撮ってもそれなりですが、
インパクトが足りないのでHDR現像してみます。



横浜スナップ
描写が独特になり、それなりに面白いと思いますが、
写真というより絵画に近く、
この手の技法は、多用するとしつこいのでたまにやるのが良さそうです。



横浜スナップ
巨大なレスポールとランドマークタワー。
10mmのパースは強烈で、
これが嫌いだという人もいれば、
自分のようにキツイ冗談だと割り切れる人もいます。



横浜スナップ
ドックーヤードから撮影。
ランドマークタワーが全部入ってしまうのがすごいと思いますが、
さすがに縦構図にしないと入りません。
上空の雲が放射状なので、HDRにしたら面白いかも!



横浜スナップ
ランドマークプラザ。
駅の方に歩きながら撮っているので、
目の前にある光景を撮りつつ移動しているだけなんですが、
シンメトリーな構図は、どうしても撮ってしまいますな。



横浜スナップ


横浜スナップ
こんな場所で写真撮っている人はまずいないので、
周囲の人からすると不審者に近いのかな?(笑)

写真を撮るという行為は、人の顔を露骨に撮らない限り、
ある程度は図々しくならないと、何もできないというのが現状っぽいですね。



横浜スナップ


横浜スナップ
というわけで、今回もJR桜木町駅まで来てタイムアウト。
10mmなんていう超広角、画角は、正直邪道だとは思うのですが、
大阪人並に冗談が好きな自分としては、
ファインダー覗きながら「あはははは!」と、
笑えるのが楽しいので、ストレス発散に丁度いいです。

普段、標準ズームや、望遠ズームばかり使って撮っている方、
たまにふざけた画角の10mmを使ってみると、
非日常がモロに味わえるので、
ストレス発散のためにもオススメいたします。

12mmのフィッシュアイあたりも面白いかもしれませんよ。


by momoken805947 | 2021-02-28 00:00 | 撮影記 | Comments(0)