人気ブログランキング |

Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!

以前の投稿で、新製品、シグマ24-70mm F2.8 DG DNを購入予約した事を書きましたが、
発売日の12月20日に無事に手元に届きました!

発売日を過ぎたら、あちこちでレビューも上がり始め、
自分がレビューする意味があるような気もしませんが、
せっかくカメラ、写真のブログなんで、おまけ程度かもしれませんがあーだ、こーだと書きたいと思います。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051685.jpg

例によってシグマのレンズは、この洒落っ気もない白黒の箱です。
箱は製品の保護が重要なだけだと思っているので、
コストをかけず、シンプルなのが一番良いと思います。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051736.jpg

早速、α7RⅡに装着してみました。
82mmのフィルター径という事で、でかいだろうなぁと思っていましたが、
予想外にそれほどでもありません。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051750.jpg

自分、純正の24-70mm GMは持っていませんが、
ノッチじじいがいつも使っているので、それを見た感じから言わせていただくと、
純正のGMよりは、実寸というよりイメージ的に小さく感じるかも。



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051891.jpg

フードを取り付けてみるとでかいけど・・・(笑)



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13051514.jpg

このレンズのフードですが、ロックボタンがついていました。
今までシグマのレンズは数本購入していますが、
このフードにロックがついているのは初めてです。

しかも、フードの下半分にゴムが巻いてあるので、
脱着時に滑るという事がなく、非常に良い感じです。
ただ、ゴム部分にほこりが付着しやすいというのはあるかも。



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075800.jpg

タムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDには、
横にボタン類が一切ありませんが、24-70mm F2.8 DG DNにはいくつかあります。

まずはAF、MFの切り替えスイッチ。
28-75mm F/2.8 Di III RXDはボディ側でAF、MFの切り替えしないといけませんが、
レンズにこの切り替えがあるのは楽ですね。

135mm GMのスイッチはすごく切り替えしづらいんですが、
このレンズのスイッチは切り替えしやすいです。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075864.jpg

フォーカスホールドボタンがつきました!
自分の持っているシグマレンズは、AF、MFの切り替えスイッチはありますが、
このフォーカスホールドボタンが付いているのは初めてです。

ボディ側で設定すれば、いろんな機能に割り振ることもできるので、
ポートレートを撮る人は、瞳AFなどに割り振ることもできるようです。



Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075868.jpg

そしてまさか付いてくるとは思わなかったズームのロックスイッチ。
一日持って歩いてみましたが、ロックしなくても勝手に伸びるという事はなかったです。
ただ、あると精神衛生上いいですね。

自分の持っているカメラバッグは、横からカメラを出し入れするタイプなんですが、
たまに逆さに付けたフードが出す時に引っかかってレンズが伸びるので、
このロックがあると、レンズが伸びてからカメラが出てくるという事がないのでありがたい。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075628.jpg

おまけみたいなものですが、タムロンのと比べてみました。
箱の上に乗せたので、両方とも斜めってるのはお許しを!

比べてみると長さはほとんど同じ。
太さが違う感じですね。
持ってみると、明らかにタムロンの方が軽いのが分かるくらい違います。

ズームリングについては、タムロンの方が面積が広い感じで、
使いやすさからいうと、タムロンの方が操作性はいいような気がします。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075720.jpg

正面から見ると、明らかにシグマの方がでかく、タムロンの方が小さいです。
シグマはフィルター経82mm、タムロンは67mmですから当たり前か~。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13075746.jpg


ついでに同じ24-70mm F2.8のレンズという事で、
AマウントのVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMと比較してみました。
こちらも斜めってるけど、分かると思うので強行的に進めます。

Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMの方は、
フィルター経が77mmで小さいのですが、レンズ自体の太さが太いように見えますね。
長さはあまり変わらないですが、Eマウントのフランジバックの関係で、
シグマの方が若干長いようです。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN がやってきました!_e0341572_13104079.jpg


フィルター径はシグマの方が5mmほど大きいのですが、
その差は見てもあまり感じません。

シグマはフィルター径は大きいけど、
筒の部分が細くなっているので、感覚的に大きいような気がしないのですが、
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMは寸胴なので、
持っていて「でかいレンズだなぁ」って感じるんですよね。

重さは両方同時に持ってみると、若干24-70mm F2.8 ZA SSMの方が重たい感じです。
シグマの方は830g、24-70mm F2.8 ZA SSMは955gです。

今回は物としてどうなの?という視点で投稿させていただきましたが、
このレンズは非常に丁寧に作られている印象で、
フードのゴム巻きや、ロックボタン類の配慮はすごく良いと思います。
全体的な質感も良く、手を抜いてコストを削減しているという部分も見当たりません。
(むしろ純正レンズの方が、セコいところでコスト削ってる印象)

使用してみた印象としては、ズームは非常にスムーズで、
ズームリングの使い勝手も良いのですが、
フォーカスリングの抵抗が少なく、スルスル回ってしまうのがイマイチでした。
もう少し抵抗があって、トルク感があるとよかったんですけどね。

AFは速くて正確。
追従性能は検証してないのですが、ボディがα7RⅡしかないので意味があるかどうか・・・
このあたりの情報は、α7Ⅲやα9を持っている人に提供していただきたいですね。


次回は実際に撮影した写真も掲載していきたいと思います。


いつもポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-12-22 15:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)