人気ブログランキング |

究極の50mm ! APO-LANTHAR 50mm F2

10月19日(土)、20日(日)は、横浜よさこい祭りの撮影に行ってきまして、
二日間の撮影枚数が3000枚近くなってしまい、まとめるのに時間がかかりそうという事で、
今回の投稿は気になるレンズの話をしたいと思います。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
昨年購入したMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalですが、
超お気に入りのレンズであるにも関わらず、
最近の撮影活動にマッチしてないため、あまり持ち出す機会がありません。

このレンズについては、ネット上でいろいろ評判を目にしますが、
どこかの誰かが言っているように「えげつない解像力」がウリです。

レンズの解像感みたいな比較は、ネット上のあちこちで見る事ができ、
例えばAというレンズと、Bというレンズがあって、
それぞれのレンズで撮った画像が並んでるけど、パッと見、あまりわからないなぁという感じで、
拡大して隅っこを見てみると、重箱の隅でどっちが上のような比較はありますよね。

MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮った写真は、
拡大などしなくても、全体的にすごい事がひと目で分かるくらいすごい解像力です。
クオリティが別次元とでも言うべきでしょうか。

このレンズの特にすごいと思うところは、
他のレンズで撮った写真をトリミングすると、
結果的に拡大するので解像感が落ちるのが普通ですが、
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalで撮った写真は、
盛大にトリミングしても、解像感がほとんど落ちないというマジック。
あのジェットダイスケさんも「何だこれ?」と言ってましたが、
本当にすごいレンズというのは、そういう事ができるのだと感動します。

前フリが長くなりましたが、
そのすごい解像力を持ったMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalですが、
その50mm版というレンズが先日発表されました。

http://digicame-info.com/2019/10/apo-lanthar-50mm-f20.html

究極の50mm ! APO-LANTHAR 50mm F2_e0341572_15401631.jpg


すでに予約が始まっていますが、
価格帯は \115.000から\130.000の間みたいですね。
50mm MFのレンズの価格からすると、えらい高いなぁと思いますが、
どうもこの50mmは「究極の50mm」のようで、
65mmの大ファンの自分としては、非常に魅力的で欲しいレンズです。

まだ自分で使っていないので分かりませんが、
65mmの出来から想像すると、とてつもない描写をするんでしょうね。


毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-10-21 17:00 | Eマウントレンズ | Comments(0)