人気ブログランキング |

名付けて「横浜夜景・長時間露光スナップ!」

本日で夏休みも終わりですが、
結局、台風が休みの真ん中に割って入ってきた感じになり、
海で活動するダイビングはできないうえ、遠出も一切できなかったという、
人生史上、つまらない夏休みのベスト3には入るんじゃないか?と思う9日間でした。

人間、モチベーションが落ちると気力が落ちて、
昼間の暑さを我慢する元気もなくなるので、
夜になったら行動しようと、
日没を待ってから出かけていきました。


横浜歴史博物館
今回は三脚にα7RⅡ + タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di USDを据え付けて、
歩きながら被写体を見つけては、長時間露光で撮っていくという企画。
まず最初は横浜歴史博物館から。



横浜歴史博物館


横浜歴史博物館
この日、使用した雲台がManfrottoのギヤ雲台だったのですが、
被写体に接近して、下から煽って撮るような使い方は最悪でした。
ギヤ雲台は上の方を撮りたいと思っても、首に角度がつかないようです。

この撮り方だと3WAYの雲台も同じで、
ハンドルが邪魔で角度がつかないですよね。
ハンドルを前に持ってこないといけないので面倒です。

結論から言うと、極端な角度で撮影する場合は自由雲台が最強です。



横浜歴史博物館


横浜歴史博物館
普段、何気なく前を通る場所ですが、
撮影してみると、いろんな事に気が付くもので、
意外と標識が多くて雰囲気台無しな感じがします。

また、夜とはいえど横浜で、ひっきりなしに人が車が通るもので、
長時間露光だと、なかなかキレイに決まりません。
何度も撮り直したなぁ。



横浜開港記念会館
次にやってきたのは横浜開港記念会館、通称ジャックの塔。
最初に撮影した横浜歴史博物館から少し歩くので、
重たい三脚と荷物のせいで汗だく。



横浜開港記念会館
ここは交差点を歩道から撮る形になるのですが、
目の前が交番なので、何となく気になるんですよね。
警察官が出てきて「これこれ、歩道で何やっとる!」とか言われないか?と・・・・



横浜開港記念会館
広角で撮ると、どうしても変な物が端っこに入ってしまうのだけど、
歩道のど真ん中に三脚を立てるわけにもいかないので妥協。
どうしても入れたくなければ、フォトショップで消せばいいんだけど、
そこまでする必要性も感じないのでオリジナルで。



横浜街スナップ
次はヨコハマ創造都市センターを撮ろうと行ってみると、
前で交通整理をしていて、人だかりがしており、
見てみると、何やらドラマの撮影をやっているようで近寄れませんでした。
仕方ないので後方からランドマークタワーを撮影。



横浜街スナップ
木が入らない方が都会っぽいかな?と、
カメラを木の前に出して撮影。
創造センターの前、人がいっぱいいるのわかるかな?
(左にある白い建物の前ね)



ランドマークタワー


ランドマークタワー
街の隙間から見えるランドマークタワー。
長時間露光で撮るスナップは、気軽にというわけにもいかないのだけど、
昼間は面白くもおかしくもない風景が、
夜はコントラストが美しいので絵になります。



万国橋
最後は定番 万国橋 から。
観覧車がレインボーになるのを10分くらい待って撮影。
本日はここでタイムアップ!

この日の教訓としては、
三脚を移動させながらウロウロする場合、
なるだけ軽くて小さい三脚に、自由雲台を使って撮影するべし!です。
そんなわけで、帰ってから新しい三脚を買うてしまいました(笑)
何を買ったのかは、またどこかで投稿します。



毎度、ポチっていただいてありがとうございます!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村



by momoken805947 | 2019-08-18 17:00 | 撮影記 | Comments(0)