久しぶりにサークルGαsha!の撮影会に行ってきました

ここのところ、幽霊部員となっていた写真サークルGαsha!ですが、ノッチ師匠が「お江戸桜まつり」の撮影会を企画してくれまして、
長らくお会いしていないメンバーの皆さんとも顔合わせしておこうと、またしても茅場町までノコノコと出掛けていきました。
事前の募集では25名から30名くらい来るということで、相変わらず大人数の撮影会の模様。



お江戸桜まつり
撮影会は3月24日という事だったもんで、どうせ桜なんて咲いていないだろうが~と思っていたら、
今年は桜の開花が昨年よりかなり早く、意外とちゃんと撮れるかも?と少々期待できる展開!
当日は天気が悪いっていう程でもなかったのですが、雲が多くて青空とはいきませんでした。



お江戸桜まつり


お江戸桜まつり
川沿いの桜は満開にはちょっと早いけど、それでも十分開いていてキレイなものでございました。



お江戸桜まつり
サークルで一番ご高齢だと思いますがSWANさん! 大きなレンズを持ってお元気でした。
カメラの趣味は歩く事が多いし、健康にいいと思うので続けていただきたいと思います。



お江戸桜まつり


お江戸桜まつり


お江戸桜まつり
川沿いの桜というシチュエーションは、日本にはいくつもあるのだと思いますが、写真を撮るとなると桜と船を入れるという構図が多いのでしょう。
撮影はα77Ⅱ + 70-300mm F4.5-5.6 G SSM です。
望遠レンズをメインで撮ろうと思ったのは、まだ桜も満開ではないだろうという事で、
圧縮効果を使って少ない桜を多く見せようという姑息な作戦であります(笑)

この日の集合時間が午後3時でしたが、桜は午前中の光で撮らないとダメな被写体ですね。
雲も多かったし、参加者の皆さまが手持ち無沙汰っぽい感じでした。

この後、夕方から夜にかけては、ノッチ師匠が得意とする永代橋での撮影という事で移動です。



永代橋そばの桜
永代橋のすぐ脇にも桜がありましたが、まだ満開というには数日かかる感じでしたね。
女の子が桜の木を見上げていましたが、花粉シーズンの今、マスクをしている人が多いので投稿しやすいです(笑)



永代橋夕景
時間経つに連れて、空も良い感じになってきましたが、
何しろ大人数なので、写真を撮る人よりおしゃべりしている人の方が多かったような気もします。
自分はmikkuさんとmuneiraさんとあーだ、こーだと話をしていました。



永代橋光跡


永代橋光跡
多くの人は永代橋の上から撮影していましたが、自分はmikkuさん、muneiraさんと3人で上流側の橋に移動。
いちお屋形船の光跡は撮ったのだけど、光跡オタクじゃないのでちょっと撮ったら飽きてきました。
光跡2枚めは珍しい写真で、屋形船が目の前でいきなりUターン! 面白い光跡が撮れました。



首都高
レンズをHELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Asphericalに付け替えて、橋の後ろ側にあった首都高を撮ってみました。
なかなか面白い構図で撮れましたけど、首都高の裏側って意外と汚いものです。



永代橋光跡
10mmで光跡を撮ったらどうなるんだろう?と、興味半分でカメラを向けてみた所、意外と面白い写真が撮れました。
永代橋と向こう岸のリバーシティは点みたいになってしまいましたが・・・・

自分たち3名は別行動だったので、そろそろ永代橋に戻ろうという事で撤収。
橋の上は風が冷たくてかなり寒かったです。 3月といっても夜は結構冷えますね。



永代橋
永代橋に戻ると、サークルの皆さんがゾロゾロと並んで撮影してました(笑)
自分、光跡はもうよかったので、永代橋の方に向けてちょっと撮ってみましたが、10mmだと結構面白い世界です。

最近、サークルGαsha!は、メンバーの総勢が200名くらいなもんで、
顔と名前が全然一致しないし、撮影会が終わって考えてみると一言も会話していない人も沢山います。
そういうのも何か寂しい感じがしますけどね~。

というわけで今日のベストショット!
お江戸桜まつりで見たお犬様
お江戸桜まつりの会場で繋がれていたお犬様でございます。
お後がよろしいようで。




ポチリよろしくお願いしまーす
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村




SONYランキング
[PR]
トラックバックURL : https://momoken819.exblog.jp/tb/27160861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by momoken805947 | 2018-03-29 00:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)