人気ブログランキング |

お尻が寒そう~ 江の島、寒中神輿

この冬は本当に寒いと思いますわ。
話をする人の中には「温暖化だと言うのに、何でこんなに寒いんだろう?」という人多数ですが、
自分に言わせると「なんで?」と思ってるなら、今時ネットがある時代なんだから調べてみたらいいじゃん!と言いたくなるのです。

これを読んだ人の中に、もし同じ疑問を持っている人がいたら調べてみるといいですが、
地球は氷河期に向かっているというのがどうも真実っぱく、2015年から氷河期に入っているという学者もいます。
夏がすごい暑いからとか、冬にすごい寒いからという単純な話ではないようですが、調べてみると結構面白い分野ではあります。

氷河期と聞くと、かなりの人が世の中は氷に閉ざされてカチカチになるという、テレビの観すぎ的な発想になるようですが、
別にそんな事が心配なわけではないし、そんな事にはならないと思いますが、
最大の問題は、今まで当たり前にあった農作物が、気候の変動で収穫できなくなるという食糧問題だそうで、
今の野菜高騰も、そういう視点から見ると布石のように思えたりもするわけです。

そんな氷河期かもしれない1月の冬、江の島で開催される寒中神輿に行ってみました。



江の島 寒中神輿 
神輿を担いで海に入るという行事なので、男の人はふんどし?っていうか、こういう格好です。
αcafeにこの写真を投稿したら、エーデルさんがコメントで「私にはこのお祭りは(エグくて)無理でした」と書いていただきましたが、
別に殿方の尻を撮らないといけないというわけでもありませんから、
来年は是非、エーデルさんを誘ってあげたいと心から思っています(笑)



江の島 寒中神輿


江の島 寒中神輿


江の島 寒中神輿


江の島 寒中神輿
神輿の上には、その年に成人した新成人たちが乗る事になっているようで、
男性も女性もピチピチしていて活気がありました。

撮影機材については、昨年はフルサイズに70-400mm F4-5.6 G SSMIIでしたが、
フルサイズで400mmだと微妙に足りなかった記憶があったので、今回はボディにα77Ⅱを選択!
神輿は海の中に入ってしまいますが、自分らは波打ち際から撮る事になりますからね。

周囲に沢山いたカメラを持った人達は、持っている機材をパッと見ると標準ズームみたいなレンズの人が多かったです。
多くの人が本格的にカメラが趣味というわけでもなさそうで、家にあるカメラ持ってきた・・・みたいな感じでしたけど。
まあ、そんなレンズで撮っても、江の島の手前に何か写ってるぞ! って写真にしかならんでしょうな。

ゆりやんはRX10M3で撮ってましたけど、こういう時は自分の持ってるようなシステムより、RX10のようなカメラの方がいいかも。
ゆりやんは近い被写体もバンバン撮ってたけど、自分は近すぎて撮れないという場面も多かったからなぁ。



江の島 寒中神輿
男の裸も連なっていると美しいですな(そういう趣味はありませんが)
全員スキンヘッドだったら、更に美しさが増していた事は間違いありません。



江の島 寒中神輿
神輿の後ろをヨットが通ったので構図にまとめました。
神輿とヨットというのは、何の関連もないアイテムだと思う所がまた楽しい。
ヨットに乗っているおにーさんも、二十歳の女性に見つめられてご満悦!



江の島 寒中神輿
見学している人は、昨年と同じくらいのような気がしましたが、数自体はそれほど多くないような気がします。



江の島 寒中神輿 太鼓演技


江の島 寒中神輿 太鼓演技
神輿が海から上がって終わった後は、太鼓の演技が披露され盛り上がっていました。
周囲を観客が囲んでいるので、どこからでも撮れるってわけではなかったのが残念。
APS-C70mmが広角端だったので、撮りにくいったらありゃしない。



江の島のトンビ
観光客の弁当を狙って、上空を飛んでいたトンビを遊びで狙ってみました。
まあ、こんなのは今時のカメラなら何でも撮れるでしょうが、α7RⅡくらいまでのEマウントだと無理かもしれませんね。

70-400mm F4-5.6 G SSMIIついては、
男の自分には持った感じ軽く思えるんですが、
数十分から1時間くらい連続で手持ち撮影となると、結構腕がキツくなってきます。
普段からこの手のレンズを振り回している人は、そういう筋力がついているのだと思いますが、
次は素直に一脚持っていった方が楽かも。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



SONYランキング


PVアクセスランキング にほんブログ村

by momoken805947 | 2018-01-30 14:00 | 撮影記 | Comments(0)