人気ブログランキング |

10mmで撮る東京国際フォーラム

先日購入したばかりのVoigtlanderの10mmを持って都心の方に出掛けてみました。
αcafeの方でノッチ師匠が「付き合ってあげるよ~」と言ってくれたので、東京駅の南口ドームで待ち合わせです。
この日はα7RⅡに10mmを装着し、これ以外のボディ、レンズは持って行っておりませんです。



東京駅ドーム
せっかくドームに来たのだから撮ってみようとカメラを取り出しまして、ガンダム風に言えば、
「見せてもらおうか、新しいレンズの性能とやらを・・・」 そしてファインダーを覗いた瞬間、
「あはっ!」
圧倒的に広い画角に、つい笑ってしまうという・・・・



東京駅ドーム


東京駅ドーム
しかし、さすが世界で一番画角の広いレンズです。
ガンダム風に言えば「圧倒的じゃないか~このレンズは・・・」ですな。



KITTEガーデン


KITTEガーデン
ゆりえどんから「KITTEも撮ってきて!」という命令が出たのでKITTEにも行ってみました。
ちょうど恐竜のイベントというか展示があったので、それと一緒に撮影。



KITTEガーデン
エスカレーターで5階まで行って上から撮影。
注意書きに「身を乗り出して撮影しないでください」とあるので守りましょう!
しかし、それほど広くはない建物なので、ほとんど全部入ってしまう感じです。



KITTEガーデン
屋上の庭園に出てみました。
この手の広角レンズでいいと思うのは、人を構図に入れてもカメラ自体が違う方を撮っているように見えるので、
躊躇しないで人を構図内に入れる事ができる点ですね(笑)
しかしこの場所、いろんな国の言葉が飛び交っておりました。



KITTEガーデンから東京駅
東京駅周辺です。定番の構図ですが、人も車もミニチュアのようです。
ここまで超広角なのに、歪も少ないし優秀なレンズですね。
いや~素晴らしいと思いますよ。 解像力も十分あります。



KITTEガーデン
近くにあるビルを撮るとパースペクティブは面白いです。
下から伸びていく角度は、エジプトのピラミッドみたいな感じですわな。
こういうレンズの醍醐味は、やはりこういう描写だと思うのでつい都会で使ってみたくなるんですよね。



KITTEから見る東京駅
東京駅もほとんど全景が入ってしまう感じ!
こうしてみると東京は広いんだか、狭いんだかわからなくなります。



丸の内
ノッチ師匠と合流して国際フォーラムへ向かいます。
途中、あちこちにカメラを向けるのですが、その度にノッチ師匠が、
「見せて、見せて」と自分のカメラを奪い、覗いては笑うという子供のような奇行を・・・・(笑)
左上の木の部分にパープルフリンジが出てますね。あえてLightroomで除去しませんでしたが、パープルフリンジは出るようです。



都会のビル群


都会のビル群
確かにファインダーを覗くと、そこは肉眼ではあり得ない光景が広がっていますから面白いですよね。



国際フォーラム
国際フォーラムへ到着! 下の方で何かイベントをやっているようで、
下から撮る事ができないので上の方へやってきました。



広角レンズで指が写ってしまった例
このレンズの注意点。画角が広すぎて油断すると自分の指が写ってしまいます(笑)
これは右下に指が入ってしまった例です。

あまりウダウダと写真投稿していると長くなりそうなので、今回撮りたかった構図、写真はこれです。
                

国際フォーラム
下にガラスがあるので、そこに天井が写り込むような構図。
ノッチ師匠が案内してくれましたが、日没後のごく短い時間だけしかこの色が出ないという瞬間です。



国際フォーラム
ここは三脚禁止なようなので、こんな風にして撮影しています。
写真はノッチ師匠ですが、レンズの描写特性で妙に足が長く見えているのがしゃくにさわります(笑)
実際はこんなに足は長くありません。



東京駅
国際フォーラムを出たら、ノッチ師匠は帰ると言って帰ってしまったので、仕方なく一人で東京駅周辺を撮る事にしました。
とは言っても、周辺は工事ばかりなのであまり撮る場所もありません。



東京丸の内
建物の角部分から撮影。
都会のこんな場所で、三脚立てて撮影しているおっさんは変かもしれませんけどね。
とりあえず害はないので許してくだされ。



東京駅
以前、シグマSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMで撮った事のある場所だったので、是非撮っておきたかった場所です。

今回、Voigtlanderの10mmを使ってみた感想としては、解像力は十分あります。
シグマSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMと比較すると、
解像力が10mmの方が圧倒的にあり段違いなので、8-16mm F4.5-5.6 DC HSMはきっと使わなくなってしまうでしょう。
夜景を撮ってみても、ゴーストやフレアもあまり出ないようなので、逆光耐性はあると思います。
今後、昼間太陽を入れるような撮影をしてみてどうかというところでしょうか。

AFが使えないレンズですが、F8まで絞ればまず全域被写界深度に入る感じで、
EVFでピントを拡大してみても、全くピントの山はつかめません。
撮影していて最後の方は、もうピントは気にせずバシバシ撮ってました(笑)


ランキング3位です!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2017-03-12 12:00 | 撮影記 | Comments(0)