α99Ⅱを海に持って行ってしまった!

この日は朝から雨が降っていて、今日は家でのんびり過ごそう!というモードに入っていたのですが、
午後になると雨があがり、午後3時くらいになるとお天気になってきました。
お天気が良くなってきたら行かないわけにはいきません。
しかし、日が沈むまで時間がなかったので、レンズがくっついていて足元に転がっていたα99Ⅱとα7Rをバッグに放り込んで森戸海岸に出陣です。



夕方のお散歩
ふぅ~何とか日没までには間に合いました。
しかし、α99Ⅱについていたのは逆光に最悪な70-200mm F2.8 G SSM II。
この写真にゴーストやフレアが出ていないのは、その部分をトリミングでちょん切ったからです。
このレンズ、夕日を撮るには最悪やわ~。



走る少年
200mmだと距離が足りなくてこれもトリミングしました。
αcafeのチチマルさんに言わせると、ファミコンのゲームみたいという事で納得(笑)
言われてみるとスーパーマリオみたいな構図ですわ。



灯台と若者
森戸海岸で撮影するには、やはり200mmでは距離が足りません。最低でも300mmは欲しいところでした。
いつもの防波堤に人が3名いましたが、いったいどういうシチュエーションなんだろう?と。



夕刻の漁
漁師さんが何やらやっていて、周囲にカモメが飛び回っていたので連写。
カモメの配置がいいものを選んでみましたが、もう少しカモメの数が多いとよかったですね。
ここも距離が足りなかったけど、α99Ⅱは4200万画素もあるからトリミングは躊躇せずできて楽です。



森戸海岸の黄昏れ
海岸から神社のある方へ移動。ここからはα7Rで撮影しています。
やはり冬は海に来ている人が少ないですね。寒いので当たり前といえば当たり前なんでしょうが。



森戸マジックアワー


裕次郎灯台夕景
日没後のマジックアワーも狙ってみました。
2枚目は岩と岩の間に灯台、そこを通るSUPという構図です。
何度も来ている場所ですが、ここからこの構図を撮るのは初めて。



森戸千貫岩
来ると必ず撮ってみる千貫松。
年間を通して撮っていれば、夕日の当たる角度で雰囲気が変わるのではないか?と・・・。

煽られるようにやってきた森戸でしたが、考えてみたら今年初の森戸撮影でした。
年間を通して通い続けている場所なので、今年はここに何回やってくるかな?と・・・。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
トラックバックURL : https://momoken819.exblog.jp/tb/25156540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by momoken805947 | 2017-01-15 00:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(0)