マリンタワーから撮る横浜風景

前回の投稿からの続きとなります。
山下公園からマリンタワーへ移動し、750円を払い展望台へ!
展望台へ行くエレベーター内は、カップルや家族連れのみで、おっさん一人は自分だけでした(笑)



飛鳥Ⅱ
マリンタワー展望台から140mmで撮ると、大桟橋の飛鳥Ⅱがこんな風に撮れるようです。
時刻は16:00ちょっと前という感じなので、日没まではあと約45分くらい、飛鳥Ⅱの出港まではあと1時間くらいです。



忍者レフ
展望台からの撮影なので、当然ガラス越しという事になります。
この写真で分かると思いますが、三脚の右の足のあたりに背景がガラスに写り込んでしまっています。
この写り込みをなくすために、忍者レフをレンズの前に取り付けたのがこの形。
丸い部分のこっち側は白いのですが、向こう側は黒くなっていて光の反射を抑えるようになっています。
ただ、ここで問題が起こりまして、持ってきたシグマの24-105mm F4 DG HSMはフィルター系が82mmというでかいレンズなんですが、
この系が忍者レフの真ん中の穴に入りづらい!
(いちお製品の説明では82mmまで入るって事みたいですが)
ぎゅうぎゅう押し込んでようやく何とかなったのですが、この製品はフィルター系77mmくらいまでのレンズで使う方がいいかも。



横浜の夕景
ちなみに夕日が沈むのは、マリンタワーから飛鳥Ⅱを見た時のだいたい左90度の方向。
だから飛鳥Ⅱの背景に綺麗な夕日を入れるとか、背景がマジックアワーになるとかのオマケはありません。
夕日を入れたいと思うなら夏至の頃に来ないとダメかもね。



飛鳥Ⅱ出港前
いよいよ飛鳥Ⅱの出港という時刻になりましたが、思っていたより周囲が暗くなりませんでした。
もう少し暗くなってくれると、写真的には良い感じだったのにとは思います。

上に書いたような夕日の位置的な理由で、背景の空は全然綺麗じゃないし(笑)
これから日が伸びていくから、今後は20:00出港くらいのスケジュールを狙わないとダメでしょうな~。



横浜夜景
飛鳥Ⅱがいなくなった後も、せっかく展望台に来たから夜景も撮って帰るべ!と暗くなるまで待って撮影。右下に見える船は氷川丸であります。



横浜夜景


横浜夜景
赤レンガ倉庫、みなとみらい方向です。
マリンタワー展望台の上から見ると、これまた随分と明るいんだな~と思いますね。
ここは船がいなくても、夜景撮るだけでも十分良い場所ですよ。



横浜夜景


横浜夜景


横浜夜景
撮影ポイントを移動して、マリンタワーから本牧ふ頭方面にカメラを向けてみました。
しかし、こうして見てみると、道路ってのは本当にすごいって思いますね。
夜景はα7R+シグマ24-105mm F4 DG HSMで撮ってますが、十分解像していると思います。
最近わかったのですが、シグマのこのレンズは玉ねぎボケが酷いので、
パンフォーカスで風景を撮る時専用という認識になりました。
ま、どうせ風景を撮る時はF8からF13くらいまで絞る事が多いし、F4スタートのレンズだからそれでいいでしょう。



ランキングにポチリお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
トラックバックURL : https://momoken819.exblog.jp/tb/25147132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by taephoto at 2017-01-13 05:42
あつしさん。
おはようございます。

マリンタワーには上ったことありません。
かなりな年数、横浜在住なんですけどね^^
お写真拝見して、一度は上らなきゃと思いました。
美しい夜景を眺めるだけでも楽しそうです。

いつもながらクッキリのお写真、気持ちがいいですね。
Commented by momoken805947 at 2017-01-15 00:30
> taephotoさん
いつもどうもありがとうございます!
マリンタワーには、写真を撮るようになってからは2度上りましたが、
その前は幼稚園の頃とかに上っただけだと思います。
マリンタワーは意外と高いようで、景色はとてもいいですよ。
360度見渡す事ができるのでオススメです!
by momoken805947 | 2017-01-13 00:00 | 撮影記 | Trackback | Comments(2)