人気ブログランキング |

ノッチ師匠を捕まえろ!

先日、αcafeに投稿した写真のやりとりで、ノッチ師匠が「明日、横浜に飛鳥Ⅱ撮りに行きます」というのがあったので、
自分も久々に飛鳥Ⅱ撮ろうということで仕事が終わった後、大さん橋まで速攻で移動しノッチ師匠を待ち伏せする事にしました。
ノッチ師匠が横浜で夕景を撮る場合、大さん橋にやってくるか、マリンタワーの上から撮るかどちらか?
おそらく大さん橋に現れるだろうと山を貼り、見通しのいい場所で三脚を構えてました。



みなとみらい夕景
当日の大さん橋は雲が多めでしたが、何とか夕景は撮れました。

しばらくするとノッチ師匠が下の方を歩いていたので「師匠!遅いですよ」と声をかけると、
なんでこいつがいるんだ・・・というキョトンとした顔しておりました(笑)



みなとみらい夕景と飛鳥Ⅱ
ノッチ師匠は時間の使い方が非常にうまい人で、
撮影現場で無駄に待つような事はあまりしません。到着早々に夕景は良い状態です。
おっさん二人でファインダー覗きながら「いい感じっすね!」と言い合いっ子。



みなとみらい夕景
この日は手持ち撮影はしないだろうという事でボディは7R。
レンズは最近お気に入りのシグマ24-105mm F4 DG HSMです。
望遠側が105mmあると、いろんなシーンで便利ですし精神的に楽でいいですね。
この日は珍しく大さん橋から富士山が見えておりました。

ノッチ師匠は撮影環境をよくわかっている人なので、空の状態がピークを過ぎると撮るのをやめます。
「あぁ・・もうピーク過ぎたね。移動すっか~」と、飛鳥Ⅱを下から撮ろうという事で移動。



飛鳥Ⅱ
 

飛鳥Ⅱ
この24-105mm F4 DG HSMというレンズは、世間の評判はそれほどいいというわけでもありませんが、
これはかなりクッキリ解像していると思いますよ。
元々F4スタートのレンズですが、こういう撮影はF8くらいまで絞るのが普通なので、
F2.8とか全然必要ないし、非常にいい選択だと思うんですよね。



飛鳥Ⅱ
象の鼻エリアのあたりから90mmで撮影。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMだと望遠側が70mmまでしかないので足りませんでしたね。
こういうシーンで105mmまであると使い勝手いいな~。
拡大して見ていただければわかると思いますが、望遠側の描写が甘いって事もないと思います。
このレンズ最高やな。



飛鳥Ⅱ
港街横浜といえばカップルですな。
港、海、船、カップル・・・横浜に似合うアイテム盛りだくさんという事で(笑)

この後、ノッチ師匠と別れ、自分は車で帰宅しましたが、
ノッチ師匠は電車の中で寝てしまい、危うく寝過ごしてしまうところだったそうです。

というわけで、ノッチ師匠のギャラリーはこちら。
http://acafe.msc.sony.jp/20429398



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

by momoken805947 | 2016-05-30 17:00 | 撮影記 | Comments(0)