人気ブログランキング |

α7RⅡ + Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで丸の内を撮る

今回は湘南方面ではなく東京です。
丸の内にSonnar T* 135mm F1.8 ZAとα7RⅡを持って行ってきました。



東京駅
このレンズF8くらいまで絞ると、恐ろしいほどの解像力を持ってると思います。
こんなレンズを使ってしまうと、もうズームレンズなんて使えなくなってしまいますわな。
なんとも危険なレンズであります。
東京駅を降りたのは17:30くらいでした。 夜の撮影がメインなのであまり早く来ても暇になりそうだったもんで。



丸の内仲通り
撮影場所を丸の内仲通りに絞りました。 
あまり広範囲に行動すると、疲れるばかりで撮影の意図がわからなくなりそうだったので。
日没まで時間があったので、明るいうちにいろいろと下見してみようと歩いてみました。



中洲に取り残された若者
レンズの焦点距離が135mm固定なので、撮れる写真は限定的になってきます。
タイトル 「中洲に取り残された若者」  こういう写真はタイトルとセットになりますね。
個人的には今の社会において、メッセージ的な意味を持った写真でもあります。
手前のサラリーマンの視線と、向こう側にいる女性が振り向いているのがポイントかな。



読書の婦人
タイトル 「読書の婦人」
手前の木が微妙な位置にあって、構図を決めるのに時間がかかりました。
薄い被写界深度を利用して、都会の中で物静かに読書をするご婦人をクローズアップ。



不規則
タイトル 「不規則」
ガス灯をモチーフにした照明を横から撮ったら位置がバラバラ。
この不規則に並んだ感じが逆にいいなと思いました。



丸の内仲通り
特にタイトルを決めませんでしたが、
自転車を撮ろうとしていたら、人が歩いてきたので構図の中に取り込みました。



丸の内仲通り 都会のシャボン玉


丸の内仲通り シャボン玉
タイトル 「都会のシャボン玉」
そのまんまのタイトルですいません。 顔を出すわけにいかなかったので、
顔が写ってしまっているものは投稿できませんでした。
もう少し絞ってシャボン玉もきっちり写せばよかったかなと思います。



丸の内仲通り
タイトル 「新緑の中を赤バスがゆく!」
新緑の緑色と、バスの赤色のコントラストが面白いと思い撮影しました。
それほど速くないバスをAF-Cで連射しましたが、α7RⅡは意外とフォーカス外してます(笑)
やはり動いている物はAマウントで撮ったほうがいいです。



丸の内街灯と新緑
ガス灯のようなのがあったので、人の後ろ姿と撮ろうと待ち構えました。
たまにおっさんが来るのでそれはパス!(笑) 
絵になる女性3名がやってきたので「どうもありがとうございました」



夕陽のあたる丸の内


夕陽のあたる丸の内
だんだん日が落ちてきて、皇居の方からまっすぐ夕陽が入る通りをみつけました。
ここでも待ち構えて人が通るのを狙います。
影のコントラストがもっとハッキリ出ても良さそうでしたが、あまりクッキリと出ませんね。
太陽の角度や光の強さの問題もあるんでしょうけど。



丸の内 街灯
いよいよ暗くなってまいりました。
先ほど撮ったガス灯もすっかりいい雰囲気になっております。



丸の内仲通り
暗くなってくると、同じ場所でも雰囲気がだいぶ変わります。
今回は暗所に強いα7RⅡを持ってきているので、三脚は持参しておりませんです。



丸の内仲通り


丸の内仲通り


丸の内仲通り


丸の内仲通り


丸の内仲通り
135mmのレンズ1本で撮り切るとなると、それなりの慣れが必要だと感じます。
正直、50mmとか70mmっていう方が扱いやすいとは思いました。
この場所で撮影をするのに便利なレンズは、おそらく70-200mmのズームレンズでしょうね。

この日は風が強くてだんだん寒くなってきたので、そろそろ東京駅の方に戻るとします。



東京駅
135mmしか持っていなかったので、撮れる東京駅はこんなドアップですわな(笑)



東京駅前
東京駅から電車に乗って帰ろうかと思ったのですが、
何となく新橋まで歩いてみようという気になったので、そうする事にしました。
次は東京→新橋の間で撮ったスナップ写真を投稿していきたいと思います。


こちらはただいま3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

こちらはただいま2位!

カメラ(SONY)ランキングへ

by momoken805947 | 2016-05-22 17:00 | 撮影記 | Comments(0)