人気ブログランキング |

α7RⅡの高感度を横浜で試してみる!

今までいろいろなカメラを使ってきましたが、
高感度というキーワードで思い出があるのは初代α77です。
このカメラは高感度に超弱い印象があって、ISO400でもあまり使いたくないカメラでした。
時間の流れと共にセンサーも改良され、高感度に関してはどんどん良くなってきまして、
α99を初めて手にした時、α77とは比べ物にならない高感度耐性に感動したのを覚えています。

ただ、これに関してはセンサーサイズが違うので当たり前といえば当たり前、
α77に言わせれば分の悪い勝負でもありますが、
その後、α7Rやα7Ⅱが出てきて、α99より若干良くなったかなぁ~という感じ。

α7RⅡが発表され、大型センサーでは初めての裏面照射型ということで、
高感度についてはα7Sには勝てないけど、いい勝負をするくらい改善されている・・・との事で、
お高い購入費の中には画素数への投資の他に、この高感度に対する期待も込めています。

そんなわけで、夜の街にα7RⅡを持ちだして実験くんです。



みなとみらい夜景 α7RⅡ高感度試写
まずは大桟橋埠頭からISO800で見慣れた、見飽きた風景を撮ってみました。
まあ、ISO800なんてα99でも余裕ですから、ウォーミングアップもいいところですね。
写真を見ていただける方は、ノイズ感なども気になるところだと思いますので、最初にお伝えしておきますが、
ノイズはLightroomである程度除去しています。 本来はJPEGでノイズリダクションをかけて投稿すればいいのでしょうが、
自分はRAWから現像する派なので、RAW現像していることを前提に見ていただきたいと思います。



みなとみらい夜景 α7RⅡ高感度試写
だんだん暗くなってきてISO1600です。
正直、同じISOで撮っても、照度の違いでノイズ感も違いますから公平な比較はできないのでしょうが、
写真は見た目そのまんまなので、このくらいの感じだとこうなるっていう風に見てください。
正確な測定みたいな事ではないので、ド素人の遊びながらの実験レポートです。



大桟橋埠頭 α7RⅡ高感度試写


大桟橋埠頭 α7RⅡ高感度試写


象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写
ちょっと小刻みですがISO2000です。
ノイズ感やディティールも良好な方ではないでしょうか?
高感度に強くなったと言われるカメラですから、ISO2000程度でどうこう言うのも・・ですね。



象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写
ISO3200です。
今まで持っていたカメラで撮影する場合、自分の中のISO上限はこの3200です。
α99だとこのISO3200はかなり厳しい感じではありましたが、α7RⅡはまだまだ良好に見えますね。
自分にとっては重要なラインであるこのISO3200、もう少し撮った写真を投稿してみたいと思います。



象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写


象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写


象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写


クイーン α7RⅡ高感度試写


象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写
気になる方は写真をクリックして、PHOTOHITOのページから拡大してみてください。
個人的には今まで使ってきたどのカメラよりもISO3200は良好だと思います。
次は更にISO感度を上げてみたいと思います。



象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写


象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写


象の鼻エリア α7RⅡ高感度試写


クイーン α7RⅡ高感度試写
ISO感度6400です。
今までだと緊急用くらいの認識しかない領域ですが、
さすがに空なんかを見ると、Lightroom使ってもノイズ感が残りますね。
まだノイズは取れると思いますが、これ以上やるとディティールが潰れるのでこの辺が個人的に適正値。

写真を見る限り緊急用という感じでもなく、使おうと思えば使える感じでしょうか?
しかし、どうもこのあたりのクオリティが自分に撮っては上限っぽいかな。



赤レンガ倉庫 α7RⅡ高感度試写
赤レンガ倉庫まで移動してきました。
ここからは状況に応じてISO感度をいじりながら撮影していきたいと思います。
これはISO1600で撮影。



赤レンガ倉庫 α7RⅡ高感度試写
ISO6400


赤レンガ倉庫 α7RⅡ高感度試写
ISO6400


赤レンガ倉庫 α7RⅡ高感度試写
ISO6400


赤レンガ倉庫 α7RⅡ高感度試写
ISO6400



赤レンガ倉庫 α7RⅡ高感度試写
ISO6400より上はないの?という意見もきっとあると思いますので、ISO12800で撮影してみました。
倉庫の手すり部分のような細かい部分も、それほど潰れていないように思えますね。
拡大してみるとそれなりですが、被写体によってはまあ何とか使えるんじゃないでしょうか?



ワールドポーターズから α7RⅡ高感度試写
同じくISO12800で撮影。
本来、三脚を立てて撮るような写真だと思いますが、とりあえず三脚なくてもこのくらいは撮れるようです。



観覧車 α7RⅡ高感度試写
ISO10000です。



万国橋から α7RⅡ高感度試写
こちら万国橋からISO3200で撮影。
とりあえず街中の明かりがある程度ある場所なら、ISO6400があれば何とかなると思いますので、
個人的にはISO3200~ISO6400くらいが使えれば十分です。
肉眼でもよく見えないような場所はα7Sの領域だと思いますが、
自分はそんなに暗い場所で何かを撮るということもないと思うので、このα7RⅡで十分かと思います。

今回の感想としては、高感度がよくなったと言われていましたが、
どうせ人間の目で見てはっきりとわかるほどではないだろうと思っていました。
実際に高ISOで撮ってみると、今までのセンサーとの違いは体感できるほど改善していると思います。

実際にはα7Ⅱとα7RⅡに同じレンズを装着して、同じ条件で撮影してみるのが一番わかりやすいのでしょうが、
同じレンズを2つ持っていないのでできません(笑)

そんなわけですごく適当にレポートしましたが、
参考になった方、全く参考にならなかった方いろいろいると思います。
結論としては!
   三脚持っていけ!
という事で、いいと思います(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


カメラ(SONY)ランキングへ

Commented by taephoto at 2016-04-26 22:51
こんばんは。

これは全て手持ちなんですね。
こんなに綺麗に撮れるなんて、素晴らしいです。
歩いている人がブレてないですね。
どんな機材でも使いこなしてすごいです。




Commented by momoken805947 at 2016-04-27 07:33
taeさん、いつもコメントありがとうございます。
三脚は持参しなかったので全て手持ちです。
どんな機材でも使いこなしているというより、機材に助けられている感じですね。
手ぶれ補正も優秀で、1/15くらいならブレないで撮れるようです。
最近の道具はすごいですね。可能性が広がりますよ。
Commented by 干し芋大好き at 2016-04-27 23:13 x
 初めまして。
αカフェの方でも作品を拝見させて頂き、参考にさせて頂いております。
1点質問がございます。
α7Ⅱを持ち歩く場合、ISOの上限設定をどの位で設定しておりますか?
Commented by momoken805947 at 2016-04-28 00:56
> 干し芋大好きさん
コメントいただきましてありがとうございます。
αcafeの方でもお世話になっております。
自分の場合は、ほとんどAモード(絞り優先)で撮影しているので、
カメラの方にISO上限は設定していませんが、α7Ⅱで自分なりに上限と決めているのはISO3200です。
α99でもISO3200を上限としていましたが、
α7Ⅱの方が高感度については、若干有利なような気がします。

by momoken805947 | 2016-04-26 19:00 | 撮影記 | Comments(4)