人気ブログランキング |

トリオ撮影会 in 鎌倉

3月20日(日)の記事になります。長いので読んでいただける方は覚悟してください(笑)
久しぶりに例のトリオで鎌倉を散策する事になりました。
http://momoken819.exblog.jp/23671407/

この日は大黒ふ頭にクイーンエリザベスが入港する日でしたが、
情報を見ると貨物用岸壁に接岸で、一般の人は立ち入れないという事で撮影は諦め。
昨年は台風でクイーンエリザベスは来れなかったので、最後に撮影したのは2014年になりますが、
行っても撮れないのはつまらないという事で、トリオは鎌倉へと行くのでありました。



明月院
毎度の事ですが、最初に行くのは明月院。
例のうさぎとカメは、こんなお家を用意され風変わりしていました。
屋根に日本の旗が立っているのは、おそらく外国人観光客に配慮したものだと勝手に想像。
確かに鎌倉に来ると、日本語以外の言語が飛び交ってますからね。
まあ、それは鎌倉に限った事ではないのかもしれませんが・・・。



明月院
明月院といえば丸窓。
やはりここに来た人は、ほぼ全員がこれを撮って帰るんでしょうな。
ちなみに写っているお二人は、今回一緒に来た連れではありません。



明月院
ご一緒の方はこちら。
エーデルワイス鎌倉隊長! この御方!鎌倉は猫の通り道まで知ってるんじゃないか?というくらい、
あちこちに連れて行ってくれる頼もしいお方です。
今回は「三歩下がってついていきます!」と宣言したところ、
歩いていると「あ、あつしさん、三歩下がってない」と指摘されました(笑)



明月院丸窓
そんなわけで、自分も丸窓はとりあえず撮っておくかな・・・と。
この日のシステム α77Ⅱ + DT16-50mm F2.8 SSM のみです。
というのも、朝雨が降ってまして、一番防滴機能の高そうなシステムしか持ってきませんでした。
なのでモチベーションもあまり上がらず・・・・です。



明月院鳩
明月院の中にはリスがいるので、長いレンズがあれば撮れるのですが、
この日は長いレンズを持っていなかったので、生き物は撮れないと思っていたら鳩は近づいても意外と逃げません。
もっと近寄ってみよう・・・・



明月院鳩
かなり目の前まで寄りましたが、結構逃げないものですね。
観光地にいる鳩なので、人に慣れているっていうのもあるんでしょうけど。



明月院 竹林
竹林の中に入ってみると、何やら竹に紙が貼り付けてあり何か書いてあります。



明月院 竹林
こんな場所にまで来て、竹にキズをつけるとかそういう人がいるんですな。
最近のニュースを見ていると、日本人もキレやすい老人とか話題になってますが・・・・



明月院 竹林
神様も見ている事ですし(神様かどうかは知りませんが) 竹にキズをつけたりするのはやめましょう。



明月院 外人観光客
純和風な風景に外人さん。
外国人観光客といっても、本当にいろんな国から来ているんだな・・という印象でした。
トリオの中でも話題になりましたが、自分たち日本人は中国や韓国の方達を「外人」とは言いませんね。
外人というと、金髪で目が青い人の方がしっくり来るのですが、
これは日本人の共通の認識でしょうか? それとも自分たちだけ?



鎌倉の道案内
明月院を出て一行は海蔵寺へと向かっています。途中、道案内があったので隊長がチェック。
この赤いジャケットが何とも隊長っぽくて戦闘的!(笑)



海蔵寺
そして海蔵寺に到着!
ちなみに自分、海蔵寺(かいぞうじ)に来たのは初めてであります。
解像寺だったらカメラらしくてよかったのにな~と、一人でくだらない事を考えながら・・・。



海蔵寺
ここで目を引くのは赤い傘。
時期的に花も咲いていないし、隊長いわく「今日は下見だから」ということでしたが、
本当、カメラを向けるのに困るくらい閑散としてましたわな。



海蔵寺


海蔵寺
もうね、「傘しかないんですよ~」と泣き言を言いたくなるシチュエーションなわけです。
これで桜が満開になると形勢逆転なんでしょうけどね。



海蔵寺
微妙に咲いている花もあるのですが、この程度であります。
無理やりコメントをつけると、このDT16-50mm F2.8 SSMのボケはそれほど悪くないですね。
ぼかして使うレンズでもないと思っていましたが、それなりに良いレンズだと思います。



鎌倉スナップ
海蔵寺を出て鎌倉駅まで歩きました。次はランチタイムであります。
途中、鎌倉らしいオシャレなお店も何件か目にしましたが、
隊長は腹が減っていたのか無言でスタスタと歩くので、あまり写真は撮れませんでした(笑)
隊長はとにかく歩くのが早く、ある意味アスリートなのです。
多分、20代の若者でも付いて行くのは至難の業だと思いますよ。



光則寺


光則寺
長谷寺に行ったら、トリオ共通の知り合いの方にお会いしましたが、
その方は長谷寺から出てきたばかりだったので、一緒に光則寺に行くことになりました。
ここでもあまり撮る物もなく、こんなカットだけでお許しくださいませ。



長谷寺 


長谷寺 


長谷寺


長谷寺
長谷寺は人はすごく多いのですが、花が沢山咲いているというわけでもありませんでした。
それでも少ししかない花を構図に入れて奮闘。

外国の方は沢山いましたが、どうせ海外から遥々やってくるなら桜の時期がいいのにねぇ。



長谷寺 お地蔵さん


長谷寺 お地蔵さん
長谷寺の中には、こんな感じのお地蔵さんがいくつかあるのですが、
トリオ的には、このお地蔵さんの顔立ちから「えなり」と呼んでいました。
えなりかずき がネーミングの由来ですが、このおっとりした顔がえなり君に似てますね。



長谷寺 お地蔵さん


長谷寺 お地蔵さん
こちらは違う場所の えなり です。
ちなみに明月院にも えなり があったのですが、それは撤去されてなくなっていました。
あの えなり は何処に行ってしまったんでしょう?



長谷寺 お地蔵さん
こちらは子供の身長ほどある 巨大えなり。
そろそろこれを読んでいる人も「もうええわ!」とツッコミを入れたくなると思うので、
えなりはここでやめておきます。



鳥居と江ノ電
長谷寺を出ると、次は近くにある神社に移動。
隊長いわく、鳥居と江ノ電が一緒に撮れるポイントという事です。
空が青いとポイント高かったと思うので、ここはまた挑戦するつもりです。



お地蔵さんと江ノ電
次は江ノ電に乗って腰越に移動。
隊長いわく、お地蔵さんと江ノ電が一緒に撮れるポイントだそうです。
ただ、周囲はもう真っ暗に近く、すでにα77Ⅱでは撮りたくない時間帯になっていました。
しかも、このお地蔵さんと、お地蔵さんの隙間から江ノ電を撮るわけで、撮影というよりゲームのようでした。

昼間なら絞ってパンフォーカスで撮りたい感じですが、
暗いので開放でもISO3200です。 仕方なく江ノ電はぼかすことにしました。

ここまで読んでいただいた方、本当に長くてすいませんです。
実際、朝10時に集合して18時過ぎまで撮影していましたから、
写真の枚数も多く、これでもかなりざっと書いたつもりなんですけど・・・・

さて、今回ご一緒していただいた、エーデル鎌倉隊長、みけさん、途中でお会いしたmuneiraさん、
いろいろとどうもありがとうございました。


ブログランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

by momoken805947 | 2016-03-22 18:00 | 撮影記 | Comments(0)