タグ:Aマウントレンズ ( 29 ) タグの人気記事

α99Ⅱで爆走する馬を追ってみる!

5月28日(日)は、三浦半島油壺で開催される道寸(どうすん)祭り、笠懸の撮影に行ってきました。

昨年の道寸祭りの記事 
http://momoken819.exblog.jp/24441262/

毎度、単独行動が多いので、今回も一人で行くつもりで予定してたら、
当日の朝、エーデルさんから「道寸祭りどうすんだ?」というメールが来たので「はい、行きます」とお返事。

うちの親父が膝を痛めて歩けないので、家庭菜園に水をあげたりしていたら遅くなってしまったのですが、
エーデルさんが早目に到着したようで、場所をとっておいてくれるというサプライズ!
エーデルさん良い人だな~。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
11時頃現地に到着しまして、エーデルさんが確保してくれていた場所にシート敷いてカメラ構えたのですが、
12時15分からスタートという笠懸は、例によってお祓いとか、おエライ人のお言葉とかいろいろあって馬が走るまでなが~~~いのです。
周囲のおじさん達も「今年はえらいなげーな」と言っておりました。



ワンちゃん、こんにちは
えらい長く感じるのは、海岸で開催される行事という事もあり炎天下。
自分も帽子被って長袖着て行きましたけど、いや~この日はマジで暑かったですわ。
あまりにも炎天下だったので、カメラとレンズにタオルを掛けて直射日光を防いだくらいですからね。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
お祓いやお偉いさんの時間が終わっても、まだいろいろと儀式があってなげーのです。
暑くてもうあかん・・・という感じでして、会場の放送では熱中症に気をつけましょう~とか言ってましたが、
日陰もないこの場所、会場を去るしか対策がないだろうーとツッコミたくなりました。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
いよいよ馬が出てきました! 
毎年、あちこちの流鏑馬行事に出場している「あけみさん」
あけみファンとしては、他の馬や射手など目もくれず! あけみさんだけを撮るのであります(笑)

タイトル通り、今回はα99Ⅱです。 
いよいよα99Ⅱの真骨頂であるAFで走る馬を追いたいと思います。ちなみに昨年はα77Ⅱで撮りました。
レンズは70-400mm F4-5.6 G SSMII。 やはり望遠側が長い方がいろいろと融通が効くと思います。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
撮影は三脚使用です。
最前列での撮影だったので、三脚は脚を伸ばさずに一番短い状態で使用。
自由雲台を微妙に動く程度に調整し、カメラをフリー状態で取り回せるようにセッティングしました。
馬が走ってくるのを追うには、カメラをパンしながらになるので一脚より三脚の方がいいと思います。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸


油壺 第40回道寸祭り 笠懸
縦構図です。
縦構図は縦位置グリップ必須ですね。レンズの三脚座でカメラを90度回転させて、
縦位置グリップの方のシャッターで追います。
カメラを縦にすると、被っている帽子のツバが邪魔になるので、帽子は後ろ向きに被りましょう!(笑)



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
うおっ! あけみさん!カッコイイ~!



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
AFエリアはゾーン、当然AF-Cで追うのですが、
馬は弧を描いて走ってくるので、正確にエリア内に入れて追うのは簡単ではありませんでした。
α99Ⅱは4200万画素という高画素なので、少し引き気味で撮影してあとで微妙にトリミングしていくという方がいいと思います。
このスピードの被写体を、風景並みに綺麗な構図で一発で決めようなどというのは無理があります。
この写真もトリミングしてみたら、アスペクト比ごと変えた方がスッキリでした。 アスペクト比16:9



笠懸流し撮り
笠懸は流鏑馬と違い、往路と復路で的を狙うのですが、
復路は走る方向が逆になり、下の方にある的を狙うので撮影しにくい感じでした。
あまり積極的に撮ろうというのもなく、黙って見ていても仕方ないので流し撮りしてみました。

トライアスロンの自転車と違って、馬は上下にも動くので横方向の流し撮りでも馬はブレますね。
むしろその方が自転車よりスピード感あるんでしょうけど。



油壺 第40回道寸祭り 笠懸
そんなわけで、今回動体をα99Ⅱで追ってみましたが、さすがAFは素晴らしいの一言です。
歩留まりはα77Ⅱの時よりもいいですし、何よりも画質がα77Ⅱと比べたら圧倒的に上だと思います。
ただ、連射時の安定感は物理的な違いもあって、α77Ⅱの方が安定しているような気はします。(気がするだけかもしれないけど)
カメラという道具の特性として、連写についてはフルサイズよりAPS-Cの方が得意なんじゃないかな?
α9を使ってみた事がないからわからないけど、自分には20連写なんて桁外れな性能はいらないし、
今回、α99Ⅱを使ってみて、これで十分だと思ったのでありました。
そしてやっぱりAマウントで写真撮るの楽しいですね。 カメラは性能だけじゃなくて、使っていて楽しくないと!



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-06-03 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

遊び心でα57を運動会の撮影に使ってみた!

周囲のカメラ仲間に聞くと、運動会の際にカメラが使えるという事で駆り出される人は少なくないようです。
孫の運動会という事なら、自ら喜んで撮影に行くのかもしれませんが、
甥っ子の運動会って結構微妙で、個人的には「カメラ貸してあげるから親が撮ってあげればいーじゃん!」って思うのですが、
前にそう言ったら「使い方わからないし無理」と言われまして、まあそうでしょうな。

個人的にはどーでもいい撮影なので、遊び心でα57を持って行ってみました。
レンズは標準ズームじゃどうしようもないので、いちお70-400mm F4-5.6 G SSMIIを持っていきましたけどね。
今回は買ったばかりの一脚を使ってみたかったので、それのお試しってのもありました。



運動会に駆り出されたカメラマン
まぁ、だいたい小学校の運動会というと、みんな似たような体格なうえに、
似たような服を着ているので、どれが甥っ子のケンなのかわからないのであります。
弟の嫁にどのあたりにいるのか聞いて、プログラムを見せてもらって・・・と、実はかなり大変な作業。

画面真ん中でオレンジ色の靴を履いているのが、甥っ子のケンであります。
まだ北斗神拳の伝承者の修行はしていませんから、北斗神拳は使えません。



運動会に駆り出されたカメラマン
この手の撮影は肖像権の問題があるので、バシバシ撮って何でも投稿できるというわけではないのが困ります。
あ、先生ですか・・・ご苦労様です。
こんな風に後ろを向いている写真なら大丈夫でしょう。
しかし、どうでしょうかね? α57+70-400mm F4-5.6 G SSMII なかなかいい仕事してくれていると思いますよ。



運動会に駆り出されたカメラマン


運動会に駆り出されたカメラマン


運動会に駆り出されたカメラマン
ケンの顔出しはおじさん権限で良しとしましょう(笑)
後ろの女の子は、他所様のお子様なのでクマちゃん貼り付けて顔出しNGです。

α57ですが、正直運動会の撮影には向いていませんでした。
というのも、フォーカスポイントの移動が、Eマウントボディと同じでいちいち面倒くさかった・・・
Aマウントのボディなので、てっきりキーだけで移動できると思い込んでいたんですがそうではなかったようです。

しかし、AF-Cは意外と優秀なようで、リレーの選手に選ばれたケンのスピードもきっちり追っています。
ピントの精度も悪くないと思います。 あまり動きものをα57で撮ろうなんて思った事がなかったので、
今回の運動会ではちょっと見直した感じです。



運動会に駆り出されたカメラマン
ケンは小さな頃から、かなり足が速かったのですが、
現在でも学年で1、2番を争うくらい速いらしいのです。今回もリレーの選手になり一周走ってバトンを渡す場面。
小さな子どもはカメラで追うのが難しいですよ。



運動会に駆り出されたカメラマン


運動会に駆り出されたカメラマン
カメラ好きとしては、爆走する子供たちを撮るのは結構楽しくて、
小学校高学年のリレーともなると、それなりに速いし迫力もあります。
もちろん顔出しはできませんが、この子の走るポーズがかっこよくて躍動感ありました!



運動会に駆り出されたカメラマン
運動会の撮影という事になると、撮ってみて思ったのはやはり走る競技が一番撮り甲斐がありますね。
今回、半分冗談みたいなつもりでα57を持ってきてみましたが、
これまた意外とちゃんと撮れるし、出て来る画もα77Ⅱにも負けてないんじゃない?って感じです。

そして今回初使用の一脚ですが、エルロックのついた物を購入したのは正解でした。
とにかく伸縮がさっとできて便利! 先の方は結構細いので心配していたのですが、
400mm程度のレンズだったら強度的にも十分だったようです。 

また、結論としてはやはり雲台をつけた方がいいです。
画角を微妙に上下したい時、首が動かないので一脚を傾けるか、足を伸ばす、縮めるという動作をしなくてはならず、
運動会の場合、周囲に人がいると一脚を傾けるというのはやりにくかったし、
いちいちエルロックを緩めて、足を伸縮されるのも面倒くさかったです。

そんなわけで、次に一脚を使う機会が来るまでに雲台を買おうと思います。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-29 22:00 | 撮影記 | Comments(2)

DxOMarkにソニーFE85mm F1.8 のスコアが掲載されて思い出した事

最近、買う資金もないので、撮影機材の話題は関心が薄いのですが、
デジカメinfoさんは癖のようにちょくちょく覗いていて、DxOMarkにセンサーやレンズのスコア記事が出ると興味深く見ています。
どんな事か簡単に説明すると、カメラに搭載されているセンサーやレンズのデジタル的、光学的な事に点数をつけるというような話です。

ただし、背景のボケのように、人によって美が違う点については点数はつけられないので、
そんなアナログ的な部分には触れておりませんし、優劣はつけてないと思います。

そんなDxOMarkですが、先日 FE85mm F1.8のスコアが出ていました。

e0341572_20053222.jpg
またデジカメinfoさんから拝借してしまいましたが、
このFE85mm F1.8というレンズがどんな立場かといえば、ZeissでもGでもGMでもない無印のレンズ。
今、価格コムで最安値を見たら57.380円となっていました。

一方、比較対象となっているFE85mm F1.4 GMですが、同じ焦点距離のレンズというだけで、
大きさも価格も全く違いまして、特にお値段は170.000円なり~。 F1.8のレンズの3倍ですよ。
ちなみにBatis1.8/85については、お値段130.000円くらい。

価格だけを見ればF1.8は、文字通り桁違いに安いのですが、
解像力は3つの比較の中で最も優秀だし、Batis1.8/85との比較では透過は引き分けだけど、
他の項目では全部勝ってるって・・・・(笑)

しかし、こういったスコア的な数値って、人間の目で見た時に決定的にわかるようなものじゃないと思います。
実際、ブラインドテストで、同じボディで同じ風景を同じ条件で撮影して当てろと言われたら、
ほとんどの人がわからないんじゃないかと思いますよ。

その昔、現役バリバリでダイビングのインストラクターだった頃、
ダイビング器材であるレギュレーター(水中で呼吸をする装置) の新製品が出たという事で、
メーカーから借りて使用した事がありました。
メーカーいわく、旧製品よりも呼吸が軽くできるようになっていると言われて使ってみたのですが、
自分にはどうしても旧製品の方が呼吸が楽に感じたので、
ショップに戻ってから、その借りたレギュレーターを返しながら、
「う~ん・・・どう考えても旧製品の方が呼吸は軽いと思う」と正直に言ったら、
帰ってきた答えが「計測してみてデータ上は軽いはずなんだけど・・・」と言われた事があります。

そんな経験もあり、道具というのはデジタル的な数値が、人間の感覚と一致しない事もあると思っているので、
カメラのセンサーやレンズが、デジタル的にいくら優秀と言われても、
人間の目や感覚で判断すると、あのスコアはおかしい・・・という事も多々あるのではないかと疑うわけです(笑)

似たような話ですが、少し前にノッチ師匠がAマウントのSAL70-200mm F2.8 G SSMを落として壊してしまい、
新たに購入したのがFE70-200mm F2.8 GMだったのですが、
ノッチ師匠いわく、FE70-200mm F2.8 GMの方が解像力は高いしカッチリ写るけど、
SAL70-200mm F2.8 G SSMの方が空気感のある描写をする良いレンズだった・・・との事。
ま、これも個人的、かつアナログ的な感覚だと思いますけどね。

世の中の法則的にいえば、高額な物は良品である可能性は高いのですが、
安くても良い物は沢山あるわけで、今回話題になったFE85mm 1.8みたいなレンズもそのひとつかもしれません。
大雑把に言えば、道具に点数をつけるみたいな話は、
参考にはなるけど鵜呑みにしない・・・ってのが正解なのかも!(笑)




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-24 21:00 | Eマウントレンズ | Comments(4)

Distagon T* 24mm F2 ZA SSMで撮る 称名寺ライトアップ

前回の投稿の続きではないのですが、先日仕事で外回りの際、
トイレに行きたくなって工業地帯の振興センターのトイレを拝借したのですが、
例の事があったばかりなので、公衆のトイレが何か気持ち悪くて、用を足しながらキョロキョロしてしまうというトラウマです。

トイレでのゾッとする話を投稿したら、普段の写真の時よりもアクセス数が多く、
自分の投稿は写真よりも、こんな話の方が面白いのだとへこみました(笑)

まあ、それはいいとして、今回の投稿も連休中の内容になりますが、
体調崩して急遽、長野から帰宅したせいで、日程的にあまってしまうという形になり、
他に予定もなかったので地元のお寺、称名寺のライトアップの撮影に行くことにしました。




2017 GW 称名寺ライトアップ
ここ称名寺は定点撮影と言ってもいいくらい、何度も足を運んでいる場所なので、
こんな画角のレンズを持っていけば、こんな写真が撮れるというのがよくわかっていて、
今回はDistagon T* 24mm F2 ZA SSMを久々に持ち出して、単焦点で戦ってみる事にしました。

こちらの構図はもう定番。称名寺といえばこの風景なんですが、
何度も来てこれでは芸がないと思い、今回はこの構図の裏側にまわって撮ってみようと思いました。
ただ、この定番構図を撮るために、多くのカメラマンの方達が三脚を立てているので、
その邪魔にならないように・・・という配慮はしないといけません。



2017 GW 称名寺ライトアップ


2017 GW 称名寺ライトアップ
定番構図の撮影位置から、池を時計回りで移動する構図で撮っていきます。
連休中はずっとそうだったのですが、この時も結構な強風だったために、手前の黄色い菖蒲も被写体ブレおこしてます。
構図全体を見るという鑑賞の仕方なら、特に問題はないと個人的には思うのですが・・・。



2017 GW 称名寺ライトアップ
焦点距離固定なので、構図を決めようと思うと自分の足で移動しないといけません。
まあ、当たり前な話なんですが、安易にズームリング回すっていう撮影ではないので、
単焦点で撮る苦労もそれなりに楽しいもんです。



2017 GW 称名寺ライトアップ
Distagon T* 24mm F2 ZA SSMというレンズは結構癖があると思うのですが、
絞って使うと感動するような解像力を発揮しますし、逆光耐性がかなり低い事以外はお気に入りのレンズです。
巷の評価はそれほど高くないようですが、このレンズも手放したくない1本だったりします。



2017 GW 称名寺ライトアップ
ライトの色が怪しい色なので、お寺という雰囲気でもないですね(笑)
構図的に何がどうというわけでもないと思いましたが、いちお称名寺の本堂という事で!

今回は写真がちょと少なめでしたが、意外と人が来るので待ち時間が長く枚数が撮れませんでした。
この24mmという画角は、便利ズームの24-70mmや24-105mmの広角端で済ませてしまう事が多く、
写真を見るとそこそこ撮れてるので「まあ、これでいいか・・」と妥協しがちなんですが、
Distagon T* 24mm F2 ZA SSMで撮って見てみると「あぁ・・・やっぱり単焦点は違うわ」と思ったりします。

このレンズ、上に書いたようにお気に入りの1本ではあるのですが、
絞らないとイマイチ! できればF8以上は絞って使う方が感動できると思います。
そしてピントを合わせる場合は、画角の中央ではなくて端っこで合わせる方が吉だというのが自分の持論。

そこそこ使いにくいレンズですが、決まった時はバッチリです!


ポチリよろしくお願いします!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-05-12 00:00 | 撮影記 | Comments(0)

気になるレンズ タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD G2

現在、所有しているレンズの中で、最も焦点距離が長いのは70-400mm F4-5.6 G SSMIIの400mmなんですが、
ごくたまに400mmよりもっと長いレンズが欲しいな~と思う事があります。
しかし、純正で400mmより長いレンズというと、500mmの単焦点しかなくお値段も100万円ですから買えるわけもありません。

サード製のレンズには400mmよりも長い物はいくつかありますが、
描写性能とか考えると、う~ん・・・という感じでイマイチだったのですが、ここにきてタムロンから良さげなレンズが出てきました!


e0341572_22161671.jpg
何よりも嬉しいのは、見捨てられつつあるソニーAマウント用があること!
最近はシグマのArtシリーズもソニー用は作ってくれなくなりましたし、何か寂しい気分だったところに朗報です。
価格コムで見ると http://kakaku.com/item/K0000946171/ 
お値段はだいたい12万5000円くらいが最安値のようですね。まあ、自分にとって12万円は大金ですが、
この手のレンズの価格としては、かなりお手頃といってもいいんじゃないでしょうか?

http://www.tamron.jp/product/lenses/a022.html
タムロンの公式サイトでサンプルを見ると、望遠の圧縮効果は400mmのそれとは違いますね。
水泳選手を600mmで撮影した作品なんかは、独特な描写をしていて圧倒されるものがあります。

個人的には写りも気になりますが、重量も気になりますね。
仕様を見るとニコン用、キヤノン用がだいたい2kgだから、そのくらいになるんでしょう。
まあ、一日中振り回していたら腕が痛くなりますわな(笑)

とりあえず欲しいレンズ候補に入れておきますが、
これからいろいろ新製品が発表されるという話もあるので、何か買うのはしばらく待つ事にしたいと思います。


ただいまランキング3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-03-08 00:00 | Aマウントレンズ | Comments(0)

α99Ⅱクロップで撮る! 江ノ島シーキャンドル

江ノ島シーキャンドルは、散々撮ったので結構お腹いっぱいなのですが、
今年はα99Ⅱを手にしたので、ちょっと使ってみたいレンズがあり久々に行ってみる事にしました。そのレンズというのはこれ。
シグマのSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMです。
APS-Cセンサー用のレンズですが、4200万画素のα99Ⅱで使うと約1800万画素になりますね。
今までα77やα77Ⅱ、α6000などで使っていたのですが、
おそらく自分の勘では、画素数は減ってもα99Ⅱで使用する事で、今までより好結果でいけるんじゃないか?と・・・。

α99Ⅱは販売してから1ヶ月以上が経ちましたが、未だに供給が間に合っていないようで、
これから手にする予定のユーザーが、いろいろと情報を欲しがっているようであります。
このSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMとα99Ⅱの組み合わせの情報については、
それほど興味のある人はいないかもしれませんが、異色な組み合わせだと思うので、
現時点でネット上を探してみても、ほとんど情報はないと思います。
そういう意味では貴重かな~(笑)



江ノ島シーキャンドルイルミネーション
まずはシグマの24-105mm F4 DG HSMで撮ってみました。
画角は24mmですが、シーキャンドルのあるサムウェルコッキン苑は、
意外と敷地が狭く木が多いので、三脚を立てる場所がありそうで無いです。
撮影場所はいいアングルだと思うのですが、24mmだともっと後ろに下がりたくなります。
そこでSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMに交換。



江ノ島シーキャンドル

自分では広角端の8mmで撮ったつもりなのだけど、Exif見ると10mmになってました。
35mm換算で15mmだから、これならFE16-35mmで撮ってもよかったかも(笑)





江ノ島シーキャンドル
11mmで撮影



江ノ島シーキャンドル
広角端8mmで撮影。 パース効いてますな(笑)



江ノ島シーキャンドル
これも8mmで撮ったつもりなのだけど、Exif見ると10mmになってる。
このレンズ、前からそうだと思っていたのですが、ズームリングが勝手に少し戻ってるのかもしれません。
8mmで撮ったつもりが9mmだったりと、前から結構あるんですよね。



江ノ島シーキャンドル
シーキャンドルの真下にやってきました。
シーキャンドルは下の方が細くて、上の方が太い構造になっているのだけど、
このレンズで撮ると、寸胴なスタイルに写ってしまいますな。
まあ、これは超広角レンズの特性だから、このレンズに限った事ではないと思いますけどね。



江ノ島シーキャンドルイルミネーション
少し下がって撮る方が良い感じでしょうか?
感覚的な印象ですが、α77Ⅱやα6000の2400万画素で撮るより、
α99Ⅱクロップの1800万画素の方が描写が良いような気がしますよ。
このあたりは画素数という事より、センサー特性の良さなのかもしれません。
ただ、デジタル的な検証をきちんとしたわけではないので、
このレンズを長らく使ってきた一人としての感覚、イメージです。



江ノ島シーキャンドル
こういう建築物は、なるべく画角の中心に入れた方が見やすいとは思いますが、
あえて中心から外していくとえらいパースペクティブ(笑)
これ、シーキャンドル倒れてますがな・・・ってくらい傾いてます。
ま、これも写真の面白いところ、味なんですけど。

この手のレンズはぼかすなんて事はしないし、
どう撮っても全域が被写界深度に入ってしまうわけですが、
AFについては速いし正確だと思いますよ。十分実用範囲だと思います。
こんなレンズで動いている物を撮るって事もあまりないと思うので、
追従については今回は何も検証してません。



江ノ島シーキャンドル
もろ足元から撮ると、子供の頃によく観たアニメ、バビル2世の「バビルの塔」のようです。

あまり参考にはならなかったかもしれませんが、
ちょっと異色なレンズ、SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMとα99Ⅱはいかがでしたか?
このレンズ、とても評判がいいし、持っている人は少なくないと思うんですよね。
今までα77Ⅱなんかで使っていたという方で、α99Ⅱを購入予定のある方には楽しんでいただけたかと思いますが・・・(笑)


ポチッとお願いします~。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-12-29 00:00 | Aマウントボディ | Comments(2)

Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで山下公園

Sonnar T* 135mm F1.8 ZAは、つい先日購入したばかりなのですが、
購入した途端、モデルチェンジされるというような噂が出てきまして、

http://digicame-info.com/2016/06/sonnar-t135mm-f14-za.html

「なんだよ~」と一瞬思いましたが、
考えてみたら、Sonnar T* 135mm F1.8 ZAのモデルチェンジは前々から噂がありましたし、
変更されるのはSSM化されるのと、防塵防滴仕様になるという事くらいで、
光学的な変更はないようなので特にガッカリでもありません。

だいたいこのレンズ、設計は古いのかもしれませんが、
撮った写真を見る限り、最新のレンズにすら圧勝していると言っても過言ではありませんし、
光学的な変更は全く必要ないと思います。
またSSM化されたり防塵防滴仕様になると、価格も一気に上がるんでしょう。

現在の仕様はSSMではありませんが、100マクロのようにジーコジーコとうるさいわけでもなく、
AFも結構速いと思うので、使い勝手が悪いとも思いません。
個人的にはSSMのⅡ型が出たら、値下げされた初期型を買うのがお得のような気がしますな。

そんなわけで、新型が出るという噂のレンズを持って、横浜の方にスナップを撮りに行ってみました。



横浜スナップ


横浜スナップ


横浜スナップ
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAは元々Aマウント用のレンズなので、
α99で使うのがベストだと思っているのですが、この日もまたα99用のバッテリーの充電を忘れてしまい、
仕方ないのでα7ⅡにLA-EA4で行くことにしました。
なんでα7RⅡじゃないのか?って?  スナップ写真に4200万画素はいらないでしょう~(笑)

例によって135mmという焦点距離にF1.8スタートのこのレンズ、
ピントも極薄で浮き出るような描写が良いですね。 フォーカス精度を考えるとF1.8より少し絞ってあげたほうがよさそう。



横浜スナップ


横浜スナップ


横浜スナップ


横浜スナップ
どうやら自分、自転車が大好きみたいで、街中で自転車を見ると撮りたくて仕方なくなる自転車フェチです。
車体が赤かったりすると、牛並に興奮してしまいます(笑)
このレンズ、F2.8まで絞ると恐ろしいくらいカッチリ写りますな。
こんなレンズを使ってしまうと、ズームレンズなんてお呼びでないって言いたくなってしまいます。



横浜スナップ
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAを持つと、横断歩道で信号待ちしている人を撮りたくなるんですよ。
135mmという長さは、横断歩道の向こう側までの距離を圧縮して表現するし、
向こう側に行くにつれて、きれいにボケていく感じが好きなんですね~。



横浜スナップ


横浜スナップ
ソフトクリームを売っているおばちゃんです。
背景をなが~い歩道にすると、奥行きのあるこんな描写になります。



横浜スナップ


横浜スナップ
スナップ写真なので、目についたものをパシパシ撮ってるだけなんですが、
ファインダーを覗いていると、ピントの合った部分だけがクッキリ見えるので、
楽しいことこの上なく、自分が違う世界を見ているような錯覚に陥るマジック!



横浜スナップ


横浜スナップ
人って動きによって、いろいろなオーラが出ると思うので撮りたくなるのですが、
顔がハッキリわかるようだと問題もありますから、個人特定ができないような撮り方をしているつもりではあります。
これで若い女の子ばかり撮っているようだと、ちょっと変なおじさんになってしまうのかもしれません。



横浜スナップ
春からこの時期にかけての山下公園は、花がすごくて本当に綺麗ですよ。



横浜スナップ
面白い視覚で・・・・(笑)
ベンチに座っている人の足だけが写る角度です。



横浜スナップ


横浜スナップ
白色がモチーフのおしゃれなお店。 



横浜スナップ
よく来たな。まあ、座れ!



横浜スナップ


横浜スナップ
この後は客船、MSCリリカが大桟橋埠頭に入港してくる予定です。
客船の撮影には単焦点のSonnar T* 135mm F1.8 ZAの出番はなさそうですね。
次の投稿は、横浜には初入港のMSCリリカの撮影です。


今まで2つのランキングに登録していましたが、
面倒なのでひとつにする事にしました! これからもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

















































[PR]
by momoken805947 | 2016-06-24 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

24-105mm F4 DG HSMでくりはま花の国を撮る

24-105mm F4 DG HSMを持って、くりはま花の国に行ってきました。
いつも書いているように、花の撮影はものすごく苦手意識があるので微妙なんですが、
それでも練習しないと・・・というチャレンジ精神です。



くりはま花の国
ここには一面にポピーとネモフィラが咲いているのですが、
ただ、広い範囲を広角で撮ってもな~と思いますし、とりあえずどう撮るかは現地で考える事にしましょう。



くりはま花の国
自分が撮ると、どうしても風景写真になってしまうんですが、
人を入れる事で現場の広さを表現できるし、向こう側にいる人のおかげで奥行きも表現できます。
これは花の写真とは言えませんね。



くりはま花の国
花の写真・・・と考えていると、頭の中がショートしそうなので自然体でいきます(笑)
女性の帽子が素敵で、つい花よりも帽子に目が行ってしまいますな~。 
女性にピントを合わせているので背景の花はぼけていますが、ボケは悪くはないと思います。



くりはま花の国
これは「花の写真を撮りました!」と言ってもいいでしょう!
ボディがα7RⅡではなくα99なので、目を見張る解像感!というわけにはいかないのですが、
合焦している部分は良いと思うんですけどね。



くりはま花の国


くりはま花の国


くりはま花の国
走ってくるフラワートレインを撮影。
純正のレンズではないのでAF-Dは効きませんでした。
AF-Cで撮影していますが、ゆっくり走ってくるこんな乗り物は十分追えます。
このレンズ、いろいろ言われていますがVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMよりシャープだと思います。
風景を撮るならこっちの方が向いていると自分は思う・・・。



くりはま花の国
小さなカメラマン! 帽子の縁が邪魔なのか、上を向いて撮影していました(笑) かわいい。



くりはま花の国


くりはま花の国
F4スタートのレンズですが、F5、F5.6でもいい描写していると思います。
用途としては風景用になりそうなので、常時F8くらいで使うようになるでしょう。
F2.8が必要な場面ならVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM使えばいいわけだし・・・。



くりはま花の国
最短撮影距離は45cm、撮影倍率1:4.6です。
もう少し寄れたら嬉しいって感じですが、でもまあ、このくらいでしょう。

性能的に特化したレンズではないのかもしれませんが、
24mmから105mmまで使用できるってのは便利ですね。結構いいと思います。
ズームリングの回転方向が純正と逆なので、その点は使っていて「ん?」となることがあるのですが、
そこは使っているうちに慣れると思います。

まだ試していないのですが、おそらくこのレンズはAPS-Cで使う方が快適なんじゃないかと思います。
そのうちα77Ⅱやα57で使ってみたいと思いますね。
旅行に持っていくなどの用途には、とても良い選択のレンズなのではないでしょうか?



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

[PR]
by momoken805947 | 2016-05-18 17:00 | 撮影記 | Comments(0)

24-105mm F4 DG HSMを導入

5月の連休において、富士五湖周辺での撮影に際しての機材の話です。
少し前に投稿した、田貫湖から新倉山浅間公園までの撮影について、レンズは2本しか使用していません。
Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM と Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS だけでした。

実は持って行ったレンズは数本で、
・Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM
・Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
・35mm F1.4 DG HSM
・Distagon T* 24mm F2 ZA SSM
・FE 90mm F2.8 Macro G OSS
・Sonnar T* 135mm F1.8 ZA

写真という趣味において、風景をできるだけ綺麗に撮りたいと思うのは当たり前なので、
より写りのいい単焦点レンズで・・・と思い、数本の単焦点レンズを持って行ったのですが、
例えば展望台みたいな場所だと、立ち位置が決まってしまうので焦点距離固定だと構図的に難しかったり、
その場所が砂埃の懸念があったりすると、レンズ交換に躊躇したりというシーンが何度かあり、
結局、ズームレンズ2本しか使用しなかったという結果だったのです。

ズームレンズ2本のうち、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMについては、
それほど写りに不満があるわけでもありませんが、満足しているというわけでもなく、
設計も古いレンズですし、絞らないとシャキッとしないイメージがあったり、
望遠側が70mmまでというのも、意外と物足りない感じがしていました。

そんなわけで、前から気になっていたシグマの24-105mm F4 DG HSMを導入してみました。
このレンズ、Aマウントなので、ボディの更新があるかないかという不安もありますが、
今あるシステムでも、今後便利に使えるだろうという事で妥協です。

e0341572_15535155.jpg
シグマレンズは数本所有していますが、何を購入してもこの白と黒のラインの箱です。
ソニーのレンズの箱のような派手さはありませんが、箱は使う物じゃないのでコストをかけないのは正解かも。


e0341572_15535137.jpg
箱を開けると、これもまたいつものケースにレンズが入っています。
ソニーのポーチもそうですが、特にレンズを入れて使ってるという事もないので余ってしまっています。


e0341572_15535278.jpg
e0341572_15535373.jpg
ケースから出してみるとこんな感じです。 
防湿庫の前で撮影したので、背景の月刊ダイバーに貰ったステッカーが目立ちます(笑)


e0341572_15534831.jpg
今回初めてフィルター径82mmというレンズを購入したので、
レンズフィルターも当然82mmです。 定番のケンコーPRO1 Digitalをチョイス。


e0341572_15534960.jpg
ちなみにPLフィルターも同時購入ですが、82mmのPLフィルターとなるとかなりお高いですね。
ケンコーのはちょっと高かったので、こちらの3500円ってやつを買ってみましたがどうでしょうか?
使ってみたらレビュー書いてみたいと思います。



e0341572_15535008.jpg
レンズフィルターを装着してみました。 レンズでかっ!(笑)
77mmの物と比べてもかなり大きく見えます。こんなにでかいのにF4スタートなのか~と思ってしまいます。



e0341572_15535445.jpg
とりあえず大きさが分かりやすいようにα99に装着してみました。 
α99のボディもでかいと思いますが、それに装着してもこのでかさ。やっぱりでかい!



e0341572_15534707.jpg
真横から撮ってみました。Diverのステッカーが目立ちます(笑)
しかしでかいな~と思うのですが、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMより軽いようです。

ちなみにちょっといじってみたところ、AF-Dは効かないようですね。
動体を撮影する場合はAF-Cを使うしかなさそうです。 ま、このレンズで動体を撮ることはないと思います。
また、ズームリングがVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMと逆なので、
慣れるまでちょっと使いにくいかもしれませんね。

AFの精度はα99で使う分には悪くなさそうですが、α7系をマウントアダプターで使うにはどうでしょうか?
それは今度検証してみたいと思います。

フルサイズで使うより、77ⅡのようなAPS-Cセンサーで使う方が便利かもしれません。
35mm換算で36mm~157.5mmという画角で使えますからね。
写りの方は単焦点並みとか、そんな事は期待していませんが便利ズームという感じで使えたらいいなと思っています。
重いとか、でかいとかはあまり苦にならないのですが、だんだん面倒くさがりになっているのは確かかもしれません(笑)



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村



カメラ(SONY)ランキングへ

[PR]
by momoken805947 | 2016-05-16 17:00 | Aマウントレンズ | Comments(2)

Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで湘南を撮る!

すっかりSonnar T* 135mm F1.8 ZAに惚れ込んでしまったので、
続けてこのレンズでの撮影レポートとなります。

確かにすごいレンズで気に入ってはいるのですが、
135mmの単焦点というと使いドコロが限定的になると思ったので、
サブにα57 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA というシステムを持ち出しました。
α57を持ち出すのは珍しいのですが、使ってみるとこのボディはかなりいいですよ。



フリーマーケット ボンネット売り場
七里ヶ浜でやっていたフリーマーケットでの一コマ。
レトロ感のある車のボンネットの上に商品を陳列しておりました(笑)
α57は1600万画素ですが、個人的にはα77Ⅱよりいい描写をするような気がするのは気のせい?
ちなみに撮影はPLフィルター使用してます。



フリーマーケット ボンネット売り場
少し後方からSonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮影。
フルフレームF2.2で撮影しているので、味付けがα57とは違う感じですが伝わるかな~。
前回はレンズという機材の話がメインだったので、この回はちゃんと写真メインでいきたいと思います。



ラグビーボールの彼
人間の目、感覚というのは面白いもので、
例えば50mmのレンズを持っていると、目が50mmの画角で被写体を探しますが、
今回のように135mmのレンズを持っていると、目が自然と135mmの画角をサーチするようになりますね。
50mmだと人の顔まで入れる構図になると思いますが、
135mmだと思い切ってボールに寄るような意識になるものです。



707ショップ
赤色が綺麗だったので、背景の海が入る角度で狙ってみました。
広角だと全体を入れたくなりますが、今回はこんな構図になりました。



フリーマーケット サングラス
フリーマーケットというカテゴリは、あまり興味も縁もなかったので知らなかったのですが、
イメージとしては古着しか売ってないと思ったら、意外と新品でいろんな物を売ってるんですね。
こちらサングラスの陳列。 こういう物撮りも楽しいです。



スクーターとサングラス美人
ピンはスクーターのメーターに合わせました。



七里ヶ浜 お昼寝
ジムニーの色が黄色で、背景の海とコントラストがよかったので惹かれました。
また、昼寝をしている男性の服が赤で、写真的には面白いかな~と。



七里ヶ浜のおじさん
Sonnar T* 135mm F1.8 ZAで撮ってくれ!と言わんばかりのシチュエーション。
主役と背景に距離があると、このレンズの真価を発揮します!
写真的にはフォトヨドバシっぽいところがお気に入り(笑)



茅ヶ崎ヘッドランドでのお散歩
舞台は茅ヶ崎ヘッドランドに移動しました。
ここに来ると黄色い倉庫みたいなのが目立ちますね。
これを背景に・・・と思っていたら、犬を散歩している人が来たのでゲット!
髪の長い綺麗なお姉さんだったらポイント高かったな~と思いながら・・・。



波ジャンプ!


波ジャンプ!


波ジャンプ!
数名の子供が波打ち際で遊んでいました。
横に並んで波が来るとジャンプ!! しばらく連写で粘りましたが、
立体感のある描写で捉えることができたと思います。



夏を待てない!
背景はボカせばいいというわけでもなく、
後方に子供が遊んでいるという輪郭を残す計算で絞りました。
こんな絵を撮ると、あ~もうすぐ夏なのか~と言いたくなりますが、
この日はまだ3月下旬で、風も冷たく寒い日でありました。

今後の被写体は桜になりそうですが、このレンズは活躍してくれそうですね。


ポチリよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2016-04-02 15:38 | 撮影記 | Comments(0)