タグ:豪華客船 ( 2 ) タグの人気記事

SUPERSTAR Virgo 横浜初入港!

更新が少し遅れてしまいましたが、
船体に描かれたペイントが印象的な客船、スーパースター・ヴァーゴが横浜初入港という事で行ってみました。




スーパースター・ヴァーゴ横浜初入港
スーパースター・ヴァーゴはこんな船です。
http://www.starcruises.co.jp/ships/superstar-virgo.html

全長268m、東京ドーム1.5個分のスペースがあるそうですが、この船もなかなかでかい。
船の横に読めない漢字が書いてあるので、どこかアジアの船っぽいと思っていたらドイツの船なんですな。



大桟橋埠頭夕景
理由はわかりませんが、スーパースター・ヴァーゴは大桟橋埠頭の山下公園側に接岸されていたので、みなとみらい方面の景色は丸々見えました。
この日も雲が多くて綺麗な空という感じではありませんでしたが、少し風があったので涼しかったかも。



月夜の山下公園
スーパースター・ヴァーゴが山下公園側に接岸されていたため、山下公園から撮ってみようと移動してきました。
この日は綺麗な月が出ていまして、周囲も明るかったような気がします。



月夜の山下公園
芝生の入り口にロープが張られていて、人が誰もいなかったのでまっさらな芝生を撮ってみました。
ちょうど真上に月があったので、構図的にも良い感じになりました。



月と氷川丸
氷川丸と月のコラボも撮影。
もう少し早い時間に撮れば、氷川丸の真上に月があった状態で撮れたんですけどズレましたね。



スーパースター・ヴァーゴ山下公園より
肝心のスーパースター・ヴァーゴです。
この日持ってきたレンズはVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMだけだったので、
70mmではちょっと遠かったかな?という感じです。 24-105mm F4 DG HSM持ってくればよかったです。
ボディはα99でしたが、三脚使って撮るならEマウントで十分です。



みなとみらい夜景
車を大桟橋埠頭に停めたので、また戻りながらチマチマ撮ってみました。
この日はパイプ径32mmのでかい三脚を持ってきていたので、手摺をもろともせず撮影することができました。
小さい三脚だと高さが足りず、手摺をかわすのが難しい時があります。



みなとみらい夜景
横浜といえばこの紫色のオブジェ。
すっかり見慣れてしまったせいか、最近は撮るような事もなかったのですが、あえて撮ってみようと思い構図を考えてみました。
意外と人が通るので、タイミングの難しい撮影でしたけど・・・・



スーパースター・ヴァーゴ
大桟橋埠頭に戻ってきたのでスーパースター・ヴァーゴを横から撮ってみました。
ちょうど船の下に車がありますが、この車と比べると船の大きさ、ペイントの大きさがわかりやすいと思います。
このペイントの女性が実際にいたら、ガンダムくらいの大きさなんでしょうな(笑)



スーパースター・ヴァーゴ
後ろに下がって人物のシルエットを入れてみました。
よく見ると乗船している人もこっちを見たり、撮ったりしていたんですね。
客船の撮影に来るといつも思いますが、同じ場所に固定されている状態なので、自分が動き回らないと構図がとれません。
毎度似たような場所からしか撮れないので、似たような写真ばかりになってしまうし、ちょっと飽きてきたかな~。

ブログランキング長らく3位!
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by momoken805947 | 2017-07-17 12:00 | 撮影記 | Comments(0)

大桟橋埠頭の飛鳥Ⅱとフォーレンダム

16日の土曜日、写真サークルGashα!(ガシャ)の撮影会があり、
大桟橋埠頭に接岸される飛鳥Ⅱとフォーレンダム、2隻の豪華客船をマリンタワー展望台から撮影しようという企画で、
サークルの集合時間は16:00でしたが、ノッチ師匠が集合前に合流してあちこち撮ろう!と誘っていただきました。

当日、大桟橋埠頭に12時集合でしたが、
朝、テレビを観ていたら熊本県で大きな地震があり、被害も相当大きいという事で、
正直、写真を撮るという気分になれませんでした。
しかもこの日は、沖縄から後輩夫婦が来ていて、品川で集まりがあったので用事が沢山。
どちらも行かないわけには行かないし、あまりやる気も出ないのでα7ⅡにVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSMを装着し、
それだけを持って大桟橋埠頭に向かいました。



飛鳥Ⅱ フォーレンダム
ノッチ師匠は「青空をバックに客船を撮るぞ!」と、メールで気合をみせていましたが、
現地に来てみると全然青空ではありませんでした(笑)
しかも、ノッチ師匠から「関内駅で降りたらチューリップが綺麗なので撮ってから行く」とメールがあり、
しばらくこの場所で待たされるという羽目になりました。



飛鳥Ⅱ
飛鳥Ⅱは頻繁に大さん橋にやってくるので、あまり珍しいという感じでもありませんが、
こうして見るとやはりでかい船だとは思います。



フォーレンダム
こちらはフォーレンダム号、オランダ船籍の客船のようです。
大きさは飛鳥Ⅱとそれほど変わらないような気もしますが、こちらの方が若干スマートかな?

雲が多くて青空ではなかったので、ノッチ師匠もやる気が失せたのかモチベーション低下。
自分も全然気分が乗らないので昼飯行こうという事になり、近くでカレーライス食べて腹ごしらえ。



ホテル・ニューグランド
山下公園に移動してきました。
被写体を探そうというモードになっていないので、全然シャッターを押すという行動になりません。
自分はブログの投稿の事しか考えていないので、証拠写真というか、状況を説明するための写真を撮るだけです。



氷川丸
ハナミズキと氷川丸のコラボです。
ハナミズキというと一青窈さんの歌ですが、あの歌の歌詞のイメージで5月の花という印象があります。
もうすぐGWだから時期的には同じか・・・・



ノッチ師匠
ノッチ師匠も撮ってました。
メガネを片方だけずらすのには、何か意味があるのでしょうかね?
ちなみにノッチ師匠、人のブログとか絶対に読む事がないそうなので、ここでどんな悪口を書いても大丈夫です(笑) 
サークルの掲示板では、僕のことは相当イジってくるのでここで仕返ししておきましょう。



チューリップ
港の見える丘公園に移動してきました。いや~ここは花が綺麗ですね。
おっさんが集まって花撮影も気持ち悪い感じがしますが、ノッチ師匠も花の撮影は苦手のようで、
二人して「どう撮っていいのか全然わからん」と、あーだ、こーだと言ってました。

そんな苦手な花撮影を少し投稿しておきたいと思います。

チューリップ


チューリップ


チューリップ


港の見える丘公園


チューリップ
ノッチ師匠が100マクロを使いながら「あ~ピントが合わねー」と言いながら撮っていました。
おっさんの花撮りも限界になり、そろそろ移動しようという事でイギリス館へ!



横浜市イギリス館
たまたまテーブル装飾をやっていました。
今回のテーマはよくわかりませんでしたが、今度はおっさんのテーブル装飾撮影です。
上のは自然光で撮っていますが、たまにはストロボ使ってみようと思いまして・・・・



横浜市イギリス館
こちらストロボ使用です。 コントラストが無いノッペリした感じがしますな。
元々、ストロボ撮影に関しては知識があるわけでもなく、毎回とりあえず使ってる程度なのでもっと勉強します。



横浜市イギリス館


横浜市イギリス館


横浜市イギリス館


横浜市イギリス館
ストロボも使い方うんぬんというより、使った方がいい場合と、そうでない場合の判断が難しいですね。
ストロボ使わない方が味が出る場合があると思います。
自分はどちらかというと、コントラストがある写真の方が好きなので、
できるだけ使いたくないかな。自然光が一番いいような気がします。

うろうろしたり、休憩したりしているうちに16:00が迫ってきたのでマリンタワーに移動です。



マリンタワーから
マリンタワーの前はしょっちゅう通るし、中に入ったのも1年くらい前にありましたが、
展望台に登ったのは、多分40年ぶりとかですよ。
懐かしいとか、目新しいという感じもしませんでしたけど、たまには面白いかもしれませんね。



写真サークル
写真サークルの皆さんです。



マリンタワーから
この場所からの撮影に慣れている人は、勝手がわかっているのでこんな装備(笑)
なるほどね。マリンタワーの展望台から撮る時は、小さな三脚があればいいって事で・・・。



マリンタワーから大桟橋
大桟橋埠頭の方を見ると、先ほど撮った客船が並んでおりました。
暗くなってくると綺麗なのかもしれませんが、自分はこの後、後輩の主催する集まりがあるので品川に行かないといけません。
19:00に品川なので、18:00には皆さんとさようならであります。



マリンタワーから夕景
最後にマリンタワーから夕日を撮ってファイナルです。カメラを片付けて早々に撤収。
撮影はこれからがいいのにな~という時間帯でしたが仕方ありません。

後輩夫婦の奥さんの実家が熊本で、聞いてみたら家の中で寝るのは怖いので車中泊という事でした。
早く地震が収まって、心配なく生活が出来るようになるといいのですが・・・。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(SONY)へ
にほんブログ村


カメラ(SONY) ブログランキングへ

[PR]
by momoken805947 | 2016-04-17 21:00 | 撮影記 | Comments(2)